homeに帰る←






   日  記     レース 回 顧   4 × 2・3




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
私は「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で




─────────────────────────────────────────






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくら私のモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ダルニー奨学金」を支援しています。   ←click here

わたしたちの1万円の寄付で、東南アジアの1人の子供が1年間、学校に通えます。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった気がする


 最初の成功  ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を最低人気で快勝し、翌年の東京ダービーも制覇。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、ブーサックばりの名配合とベタ褒めして、なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外は私だけだったに違いない。




●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それが私の血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●

メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、私の本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
      (『血統論』とセットで1700円=過去4版中、これは割安大特価です)
血統論』(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(900円)
週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(600円)


─────────────────────────────────────────


 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 

無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────


●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している 無料メールマガジン  ●●●


この登録フォームからでも、簡単に、登録できます.

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 




・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。
「ホースレター」か有料の「重賞・メイン全馬の軸馬指数」を御利用ください。

メルマガ購読・解除
笠雄二郎の「今日の一言血統論」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 



─────────────────────────────────────────


●●● 有料メールマガジン も発行しています ●●●


笠雄二郎の有料メールマガジン

「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」

「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです)。

「軸枠・軸馬決定法「枠目論」」
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
など、

メルマガサイト〈まぐまぐ〉からの「軸馬指数」と「テクニカル・チャート」など、
有料メルマガのご購読は、こちらから 、申込可能 】です。
   ↑ click here.
(「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」、「枠目論」は休刊中です)


軸枠・軸馬決定法「枠目論」は、こちらからでも、枠目論研究所のページからでも申し込めます。
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
枠目論研究所は、トップページの contents の中段あたり、ここです。



「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」(月400円(税抜き))は、
多面的な切り口で、ご活用いただけます。競馬の19種類のファクターに触れながら、競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」(月4000円(税抜き)・毎週 火木日 発行)は、
私は90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのは私くらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018/3/30 で、多忙につき休刊中です)


「軸枠・軸馬決定法「枠目論」」(月400円(税抜き))
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。

─────────────────────────────────────────




有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。

─────────────────────────────────────────



植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●



  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想の私独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。私のものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も気付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、トップページの contents の中段あたり、ここです。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 私は私 

私の予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています




─────────────────────────────────────────

(ホームページのデザインは、Internet Explorer に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。IE は「互換表示設定」にしてください。ブラウザの「表示」拡大サイズは 100%が想定です。私の愛用は、Fire Fox だったりしますが。
日記」は下から上に読んでください。)






























11/21  3−16℃  晴  風・東南東→北
■日産はどうやら社員のクーデター説が濃厚らしい。粉飾決算だから内部告発でないとバレないだろう。多額の報酬を得て、部下に信頼されないというのも裸の王様で、自動車業界の歴史に遺るほどの悲喜劇だ。
■日本のアナリストやステラテジストは、自らは、ほんとうにアップルやアマゾンやフェースブックを買っているのだろうか。給料が高いから、株はやってないのではないか? だって、既に資産が増えていっているのだから、増やす意味ないから。

11/20  10−15℃  雨のち晴  風・北北東→北北西
■株式相場は読みどおり、アップルやグーグルが急落して世界中沈没状態。何度も書いたが、日本のアナリストやストラテジストの高給取りが、「アップルやグーグルを買っていれば資産は増える」と大合唱したら、もう世界中に買ってない人はいないから騰がらない。じつに単純な法則だ。
■カルロス・ゴーン容疑者は、たしかに事実上潰れていた日産を助けた。めちゃくちゃな無能経営陣の放漫を救済してもらったのだ。日本がフランス政府に頭下げて救済してもらったのだ。でも、合理化を徹底的にやって報酬が高すぎて、世界中に豪邸が4つもあって、強欲すぎたから、日産の株は買うまいと思ってきてよかった。三菱もスバルも不正やって、あとはトヨタとホンダだけか。レーヌミノルはダイハツミゼットはどうした、とパドックで言っていたが。

11/19  12−17℃  くもりのち一時雨  風・北北西→北北西
■モズアスコットは外から横切られただけでなく、その前に内のレーヌミノルとぶつかったかもしれないという話を騎手談話から聞く。なるほど、レーヌミノルはパドックで前を横切られたから虚ろな顔をしていたんだよ。モズアスコットは、パドックの内に人がいっぱいいるとテンションが上がるんだよ。そろそろ、パドック対策は変えるべきと思う。
■塀から落ちたのと腱鞘炎で、白山のホーム・ドクターに湿布薬を大量にもらいに行く。20年前に白山に2年住んでいたから、以来、どこに住んでも白山まで通うのであった。今日は鎮痛法でなく、その医者の先生と映画の話。フェリーニの作品は全部良いと言うことで意見一致。帰りの始発ホームで電車を待っていた女子大生が背中にバイオリンのケースを背負っていたので「クラリネットですか」と声かけた。クラリネットとは全然違っていた(オイオイ)。スメタナのモルダウを昨日はずっと聴いていたと言うと喜ばれる。モルダウはフルトヴェングラーよりも、ベルリン・フィルのカラヤンのほうが好きなんだけど。こういう話は始めたら終点まで行っても止まらないから、いつも途中でやめてあげる。世の中には、おもしろいおっさんがいるなあ、という顔をしている。いるんだよ、圧倒的な少数派だけど。

11/18  11−16℃  くもり  風・北東→東北東
◆「軸馬指数」は着外2つで【24−18−11−43】。2歳Sは追い切り不足の馬を◎にしたのは、いくら素質馬でもむちゃだったか。土日2レースとも内伸びでどうしようもない。塀から落ちるわけだ。へー。
◆「ホースレター」は(0−1−0−4)で【60−46−26−104】。霜月Sの自信満々のサクセスエナジーまでゴール前で止まった。驚いた。

マイルCSのパドックが良く見えたのは、ペルシアンナイト(2着)、アルアイン(3着)、ミッキーグローリー(5着)、ケイアイノーテック(11着)、アエロリット(12着)だった。
 馬場は内中伸び。レースの前にパドックが酷かった。むかしは人は馬の列の中には入れなかったが、最近はどんどん入れて、G1はパドック内は人だらけ。馬のパドック映像も見えなくて困る。おまけに今日は、パドック内に14人も途中で遅れて入ってきたが、馬が歩く列に割って入って、馬を止めて、あれは何? 50年競馬やっているが初めて見た。
 なぜ、パドックの関係者は止めないの? レーヌミノルは立ち止まって、“今日は10人以上もなんで私の前を歩くの? 信号機はないの? この人たちはダイハツミゼットもダットサンブルーバードも知らないのだろうなあ・・”という困惑した顔をして眺めていた。なぜ、馬が止まって、人が止まらないのだろう。日本のパドックは12周も13周も歩かされて、私は4周でやめろという考えだが、歩かされて入れこんできてダメになる馬も多いのに、前を歩かれて止まらないといけないのでは競馬にならないのではないでしょうか。
 パドックで、何もなくても、立ち上がったり、暴れたり、芝生に寝転ぶ馬もいるが、そういう馬だったら、事故になるが、どうする気なのだろう。もう、TVに映りたいとか、観客に偉いところを見せて喜びたいとかの邪な考えは捨てて、入場禁止にして、馬優先の競馬をやるべきだろう。ルヴォルグに◎を打つ人と同じで恥ずかしい。

 レースはパドックで幼いところを見せていたモズアスコットは出も悪く、遅めの平均ペースなのに、二の脚もつかず、進んでいかないので、既に終わっていた。4コーナーでケツのほうにいて前をロードクエストに横切られたら、ひるんだりして、外へも出せず、前も壁で、レースにもならなかった。すんなり開いても届くような位置ではなかった。春はダイメイフジに負けて除外候補がやっと連闘で出たら勝って、秋は予定どおり一叩きして追い切りも良く、さて、と思ったら惨敗。競馬は難しい。
 アエロリットは急に止まったが、馬がりっぱすぎるのか、やはり輸送は3回目もダメだった。
 ペルシアンナイトは日曜から徐々に内伸び馬場になって、インにへばり付いていたが、アエロリットがジャマで、追えたのは200mだけだった。ミルコの秋は運もない。
 ステルヴィオは母系にサンデーサイレンス、トウショウボーイ、スピードシンボリの名前が並ぶ日本の名牝系で、2歳から今春まで、サウジRC、朝日杯、皐月賞と◎で推してきたが、何しろ追い込んで届かないので、前走は少しは前目で競馬できたが、今日は好スタートから好位にいるという驚きの位置どり。アルアインを捕まえたら楽に抜けてきた。やはり、あの馬は強いのだ。今頃、内枠で後ろから差すの?と減点したら、走られても私は困るが・・。
 土日の東京も、日曜の京都もイン伸び馬場で、ペースがハイペースにならないと、極端に内有利の競馬が続いて、東スポ2歳Sが1、2、3、4、5枠の順。マイルCSは1、1、2枠の順。こういう内枠有利のイン伸び競馬は、外の馬は全馬、脚を余すからおもしろくない。これは弁解ではなく、イン伸び馬場の競馬はいつもこういう感じで、私向きにはならない。同じことを芝管理が良くなってから10年以上言っている。
 パドックで前を歩かれて、止まって人の通過を待ったレーヌミノルは昨年は4着だったが、今年は好スタートから行き脚がつかず、しんがりの18着だった。走りながら、ずっと、パドックに信号機を付けられないか、競馬会に言うべきか、ダイハツミゼットは良い車だったなあ、とか考えながら走っていたのではないか?

11/17  10−19℃  晴  風・北北西→北北西
■塀から落ちる以前に、新馬終わって◎だったから、頭の打ち所は関係ないです。頭は打たずにメガネのフレームから落ちるというのは、ヒビの入ったメガネや、曲がったフレームを見ると確かにゾッとする。塀から落ちなかったら、あのキャンターみたいな追い切り見てやめたかな? でも、その時もヴァンドギャルドだろうからダメか。1着馬も2着馬も好きでないから、今の腱鞘炎用のロキソニン鎮痛膏薬をベタベタ貼った身体では、褒める気がおきない。
東スポ杯2歳Sのパドックが良く見えたのは、カテドラル(11着)、ヴェロックス(4着)、ダノンラスター(5着)、ホウオウサーベル(抜群、6着)、ルヴォルグ(抜群、9着)と多かった。
 馬場は内伸び。レースは、ルヴォルグが出遅れ。追走も手応えなく、向正面で急かしても進まない。馬場は内伸びで、外回して追い込みが利かない日。直線入り口でも再後方の外回しで、もうダメだった。ヴァンドギャルドがきれいに馬群を割ったが、牝系の奧にシングシングのクロスがあるせいか、距離が少し長い感じで止まった。ニシノデイジーとアガラスは内枠から内々回して、得した。ヴェロックスが追い込んできて、いちばん中身のある競馬をした。モンズンが利いていて良い馬だ。
 ホウオウサーベルもきれいな馬体をしている馬だが、後方から外回しで追い込んだが、今日の馬場では負けパターンで、競馬にならなかった。
 ルヴォルグはパドックで抜群の馬体で、太くもなく、パドック終わって急に単勝が売れたほどだが、外は伸びないし、出遅れるし、なによりも中2週もあるのに、追い切りやらずに勝とうというのは、いくらなんでもむちゃな話か(オイオイ、間違えちゃったよ。藤沢先生)。目を蔽うようなレースだった。次走はどうしよう。追い切り次第だなあ。頼んまっせ、藤沢先生。

11/16  5−17℃  晴  風・南東→南東
■外壁のめくれのコーキングと、ペンキ塗りは、不動産業者から買った場合の「瑕疵担保責任」に入らない項目だから、私が発注したのだと思ったそうだけど、違うといったら驚いていた。あれは、契約書付随の重要事項説明に付随の設備一覧表に、8箇所も間違った記載があるので、私が怒りまくっても売主の不動産屋も、仲介の不動産屋も居直って態度が悪いから、頭に来て、「私を下に見るなよ」と一言クギ差して、東京都と埼玉県の監督課に電話したら、虚偽記載の疑いがあるので処分や指導を検討したいと言うから、当然ですと言ったら、すぐ電話で業者に指導して、即日、「対処します」と業者から返事。役所が言うとおとなしい。それでトイレのウォシュレットの壊れたリモコンが、TOTOに在庫がないのが判明したから、交換できないので、代わりにペンキ塗りと外壁のコーキングを要求したら、その代案をまた2週間も放置。しかたないから、虚偽記載なのに居直っていると役所に電話したら、また、即日、「その代案で対処します」、とのこと。なんなの、あの人たちは。8箇所も虚偽記載があったら、都庁が言うように宅建業法35条で処分でしょう。庶民をなめている。
■薄っすらと流れたペンキのところが、なんとなくペンキが広がって分からなくなる。リフォーム屋に電話して、早朝にでも来て塗ってくれたの? と聞いたら、自然になじんで来るから、あれくらいの雨で良かったね、だって。塗装ってそういうものなんか(笑)。不思議な経験をした。

11/15  5−17℃  晴  風・北北東→南
■塀の上から落ちたのは、2mはないですね、ヘソの高さだから。その上に立って、足を踏み外して落ちたから、落ちるときにポン友の須賀田君に教わった柔道の受け身で、とっさに左に捻って頭を打つのを回避したのは覚えているが、3m以上引力の法則で地面に向かった左のメガネの端や、カカトで支えたのは、意識してないから覚えてない。車で通りかかった人が、「大丈夫か」という声で我に返って、大丈夫かどうか、頭を上げたら、左目の横が痛かったが、頭は上がった。それを見て生きているなと思ったか車は立ち去った。これで頭を強打するか、強打したか、両方で6回目だ。ミスターサロンパスになって。痛くて寝返り打つのに苦労した。トラックに轢かれるスレスレが2回あって、洋服がこすれたのは、さすがにゾッとした。
■朝冷える。朝方はオイルヒーター入れておくが、デロンギはほとんど十分には温かくならない。16年使ったフィリップスは同じ電気使用量で、めちゃくちゃ温かかった。真冬でも10畳の部屋で、オイルヒーターだけでやろうと思えば暮らせたほどだ。欧州で電機メーカー・ナンバーワンはフィリップスだが、日本ではオイルヒーターはデロンギしか売れないからフィリップスは撤退した。おかしな国だ。完全におかしい。

11/14  11−17℃  雨のち晴   風・北→北西
■よく見たら、ペンキ塗ったところが一部雨で流れている。困ったものだ。間近で見ようと塀に登ったら、足元不如意で、背中から道路に落ちてしまう。痛い。メガネが飛んでヒビが入ったが、レンズの隅のほうでよかった。フレームはペンチで曲げ直す。頭を打たなかったから、また予想ができる。
■うーむ、夜3時間くらい降ってしまった。西から来る雲は大丈夫だったが、関東は局地的ににわか雨になってしまった。でも、コーキングは防水だから、もつそうだ。

11/13  13−15℃  くもり  風・北→北東
■今日はリフォーム。契約時の設備一覧の書類に8箇所の不備記載。文句言うと、風呂場のタイルの破損(ひび割れから木部に水が入る)と、無いはずのアンテナ撤去は応じるが、それ以外は無視される。頭に来たから、売主の東京都と、仲介の埼玉県の業者監督課に電話で訴えると、虚偽記載の疑いもないでもないから処分か指導を検討するとの答え。指導の電話をしてくれて、ウォシュレット・リモコンの在庫がないので交換がムリだからとのこと。代わりに外壁の剥がれとか、ペンキの剥げたところの修理をやって欲しいというと、即OK。さすが、自治体の指導は業者には著効。リフォーム屋さんは良い人で、足元なんか見ないから修理をちゃんとやってくれる。今日はちらほら雨かもしれないとネット天気予報でいうが、天気予報なんか信じないから、藤沢か館山までしか雨は降らないと読んで、朝から強行。読みどおり、神奈川南部と千葉南部しか降らない。

11/12  12−16℃  くもり一時雨  風・北東→東
■今日は原宿。石屋で、超珍しいサルファー・イン・クォーツのクラスターを見つける。加熱のレモンクォーツとは違う。火打ち石のように叩けば、ちゃんと硫黄の匂いが嗅げる。生まれて初めて見たから衝動買い。
 駅へ帰って18時のバスを待っていると雨。晴れ男なのに不思議だなあと思っていると、家のバス停に到着するとピタッとやむ。OK。

11/11  10−20℃  晴  風・北東→南南東
◆「軸馬指数」は1着と5着で【24−18−11−41】。このところの◎は、
2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2・2・1・5着ときている。
 パワハラ受けて暇してからをトータルすると(8−8−1−3)だ。 今年のG1は【5−4−1−7】。
 1勝1敗のペースだと年間連対率は好転する。秋の連対率は84%以上のペースでないと落ちていく。なんか、笑うしかない。エ杯は印に後悔はない。5強全部に弱点があったから。正解の理屈は、まず、中間一頓挫あった馬を外して、残りで、元気な馬で、騎手が馬の弱点を克服できそうなリスグラシュー、だったということか。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。
◆「ホースレター」は(2−1−1−1)で【60−45−26−100】。
 パワハラ受けて暇になってから(17−10−5−14)。

エリザベス女王杯のパドックが良く見えたのは、レッドジェノヴァ(4着)、カンタービレ(6着)、クロコスミア(2着)、リスグラシュー(1着)、ノームコア(5着)だった。真ん中に立ってしゃべっている上層階級がジャマでよく見えない日だったが、中間疲れがあったノームコアとモズカッチャンは、ほんの少しだけ腹目に余裕があるように見えた。
 馬場は、どこでも伸びそうだが、やや中伸び。レースは、クロコスミアがきれいなスタートでハナへ。リスグラシューが好スタートからモレイラ流にスイッと進んでから抑えて中団。かなりスローだが、全馬、まあまあの流れか。向正面でノームコアが少し動いたのが損か。エ杯らしく、今年も先行馬が残りそうなペースと雰囲気だったが、動いたら損だ。モレイラはいつものように全く動かない。スローでも知ったことかと前を射程にジッとしていた。この人は、ほんとうに抑える姿が美しい。掌がじっとしていて前後に動かない。馬群の真ん中に入っていって坂を下り、外へ出して距離損するのを1センチでも避ける乗り方で、直線入ったら前すぎず、後ろすぎないところから、まっすぐ走れば差し切れる位置にいるという不思議な人。
 モズカッチャンとノームコアは、やはり中間がちょっと何かあった馬は、何かちょっとデキが違う。この2頭は避けるのが正しかったか。
 モレイラは今日の京都は外国人が勝ちまくったが、この人がこのレースまでで競争中止が1つあって、5勝か。抜けている。ルメールが坂の手前で動いたのは、後ろのモレイラを意識したせいだろうか?
 クロコスミアはパドックが良かったので、3複1頭軸流しに当然のように入れて買ったが、後でオッズを見直せば、複勝が、5.6−8.7 だから、これを千円抑えるのが馬券的には正解だったようだ。

11/10  15−21℃  くもり一時晴  風・北北西→北北西
◆「軸馬指数」は、また1着。このところの◎は、
2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2・2・1着ときている。まだ、崩れない。アーモンドアイを蹴飛ばした秋華賞の7着がピカピカに光っている。最終追切りから3日間、馬場入りせず、快勝のレース後も補液注入で寝込んだそうだ。私の、不調という見立ては正しかった。また、同じレースがあったら、必ず蹴ります。
 神戸新聞杯のエポカドーロの4着は、出遅れがあったとはいえ、もう1回やったら◎は打たないでしょう。予想ミスですね。

◆今年の「ホースレター」は過去最高の連対率で来ています。加齢とともに良くなってくるのは、普通の評論家と真逆です。先週までの成績を載せておきます。
2004-----(57-27-20- 84)188R  0.303 0.447 0.553
2005-----(75-49-30-140)294R  0.255 0.422 0.524
2006-----(70-47-34-135)286R  0.246 0.411 0.530
2007-----(48-37-29-110)224R  0.213 0.378 0.507
2008-----(50-33-33-108)224R  0.223 0.371 0.518
2009-----(51-41-29-128)249R  0.205 0.369 0.486
2010-----(56-53-32-121)262R  0.213 0.414 0.536
2011-----(71-41-31-121)264R  0.269 0.424 0.542
2012-----(66-41-33-121)261R  0.254 0.412 0.538
2013-----(64-31-31-133)259R  0.247 0.367 0.486
2014-----(64-33-34-136)267R  0.240 0.363 0.491
2015-----(65-38-28-129)260R  0.250 0.396 0.504
2016-----(61-52-29-118)263R  0.232 0.430 0.534
2017-----(68-45-44-106)263R  0.259 0.430 0.597
2018-----(58-44-25-099)221R  0.262 0.462 0.575
計--(923-616-466-1794)3790R  0.244 0.406 0.529

デイリー杯2歳Sのパドックが良く見えたのは、アドマイヤマーズ(抜群、1着)、マイネルフラップ(8着)、メイショウショウブ(2着)、ダノンジャスティス(4着)だった。
 馬場は昼から乾いて中伸び。レースは、行く馬がいなくて、スタートも良く出して行ったアドマイヤマーズが仕方ないという感じでハナ。12.6-11.8-12.4-12.7 という超スローで流れて、上がり勝負が 11.6-10.8-11.5 で、一旦抜かれたマーズが33秒台の脚で差し返して快勝。まだ、余裕はあったが、ハナへ行ったことが次走でどうなるか、だ。
 メイショウショウブはパドックが良かった。芝で負けてダートで勝ち上がってきたが、見た感じでは芝の馬ではないか。ヒシアマゾンの名牝系でマズマズだ。
武蔵野Sのパドックが良く見えたのは、サンライズノヴァ(抜群、1着)、ルグランフリソン(5着)だけだった。
 レースは、ルグランフリソンの逃げ。けっこう競る。◎サンライズノヴァは、また後方から。直線に入って、ゴボウ抜きが決まって東京は強い。インカンテーションはパドックが悪すぎた。なんで、あのパドックを褒めるの? 自分が◎を打ったから? パドック解説失格だな。こういう人ばっかり。
 そのデキの悪さなのに、三浦は3コーナーから強引に外をマクっていって直線は伸びず。これで、次走も怪しくなった。三浦は終わったかもしれない。パドックで乗るときに、ルメールみたいにチラッとデキを測れよ。そうでないと、次走に繋がらないじゃない。G1に乗せてもらえないわけが分かるかな。

11/9  14−20℃  雨のちくもり  風・南南東→南東
■今日の「軸馬指数」は「ドナウブルー」という語を入れるのを忘れてしまった。なんという中途半端。こういうのは気象予報士に見られたら笑われる。ドナウデルタはロードカナロア×ディープ。母がジェンティルドンナの全姉で、Vマイル2着、マイルCS3着の牝馬。アーモンドアイ並みの超良血だ。未勝利戦は内容的に大楽勝だった。 ヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」 をウィーン・フィルで聴くと身も心も洗われる。このドナウブルーの子の美しき馬をモレイラがどう乗るか。水曜はこれを5回も聴いて日が暮れてしまった。とんでもない馬名をつけるものだが、「デルタ」は何? まあ、馬名はどうでもいいか。考えていては、今日も日が暮れてしまう。

11/8  12−20℃  くもり  風・北→北東
■スルガ銀行の不正融資問題は、凄い。ノルマも凄い。銀行の社会的使命もゼロ。経営陣に全部損害賠償させないと株主もゼロになるだろう。
朝日デジタルによると、「数字ができないなら、ビルから飛び降りろと言われた」「上司の机の前に起立し、恫喝(どうかつ)される。机を殴る、蹴る。持って行った稟議(りんぎ)書を破られて投げつけられる」「ものを投げつけられ、パソコンにパンチされ、オマエの家族皆殺しにしてやると言われた」「支店長が激高し、ゴミ箱を蹴り上げ、空のカップを投げつけられた」「死んでも頑張りますに対し、それなら死んでみろと叱責(しっせき)された」「『なぜできないんだ、案件をとれるまで帰ってくるな』といわれる。首をつかまれ壁に押し当てられ、顔の横の壁を殴った」。
 凄い。銀行やめて暴力団に入ったら楽できたのに。行員も、よく黙っていたものだ。

11/7  15−20℃  くもりのち晴  風・北北東→東北東
■モーツアルトのクラリネット協奏曲を、ジャズ界の巨匠=ベニー・グッドマンがクラリネットを吹くというレコードが、You Tube にあった。おもしろい。ケルよりは劣るが、日本人の下手くそな演奏よりは、はるかにはるかに良い。19:40のところから最後までが、いちばん盛り上がる。

11/6  15−17℃  雨  風・北→北
■「2007年問題」で団塊の世代の技術が継承されないのではないかと懸念されていたが、やはり2007年から2015年にかけて退職していって、日本車輌も日立も列車輸出して海外で事故。日本の電車の無事故性能なんて今や夢。もう、縮小撤退の方向へ行かないと事故が増えそうだそうな。東レもsubaruも、シャープもサンヨーも東芝もめちゃくちゃ。川重やNECや富士通もかつての精彩なし。私鉄は原因不明の事故ばかり。出版界もめちゃくちゃ。まともな出版物は激減した。私の校正プロダクションも、後輩の新人たちが役員やっているが、役員が何の仕事をどうやったらいいかすら知らないし、現場はチーフに任せるという原則すら知らない、あるいはできない。メディアは言論の自由を貫く気もない。これでは世界に勝てない。
■今日は雨でリフォームは中止。でも、ゴミ出しに行くとき10分だけ雨はやむ。帰ると、また降り始める。湿布は効いている。今日はエ杯の指数を出してしまおう。これが的中すれば、年末まで突っ走れるかもしれない、と思ってみたりして。

11/5  14−19℃  くもり一時にわか雨  風・北→東
■医者に湿布をもらいに行ったら、サリチル酸の冷湿布とか、辛子の温湿布とかは、被れるから古いそうで、ロキソニンの湿布をもらって帰る。ほんとうだろうか? 雨の予報だったが、家を出ると途端に青空の快晴になって、家に戻ると曇ってきて雨になる。

11/4  9−18℃  晴のちくもり  風・北北西→北
■道営の1日の誤審事件は、正しい着順で払い戻しするそうだ。イグナシオドーロの単勝に給料全部注ぎ込んでいた人がいたらたいへんだ。重賞なんだって。北海道2歳優駿。そりゃ払ってあげなきゃ。有馬記念で誤審したらたいへんだよ。馬券は最後まで諦めてはだめだな。エリザベス女王杯も諦めないことにしようか(笑)。

「軸馬指数」は、2着、2着で【23−18−11−40】。2レースとも、次位と15点差以上や、自己90点以上は全部来た。オブリガード obrigado!
 このところの◎は2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2・2着ときていて快調だ。アーモンドアイを蹴飛ばした秋華賞の7着が光っている。また、同じレースがあったら蹴ってやる。
 有名どころの評論家の成績も付けているが、最近は付けるのが飽きてきた。こちらは、校正を減らしたとはいえ、今週も金曜夜に校正ゲラが出て、土日は朝から夕方まで校正だし、平日は乱高下の株式相場を汗みどろで闘っているし、それで連対率83%の世界にいるんだから、重賞で30%の攻防やっている人や、G1で10%の攻防やっている人と比べても仕方ないと思うようになってきました。でも、スランプになるかもしれないから、しばらく付けておきたい。いざとなって偉そうなこと言われたら、「日本競馬評論史」を書いて、見せないといけないから。

「ホースレター」は(2−2−1−1)と金曜に予想したとおりの結果になって【58−44−25−98】と、過去最高の連対率を更新中。仕事減らしてから【18−10−5−16】と連対57%、3着内67%で来ている。

JBCは、スプリントの◎キタサンミカヅキが5番人気で、今日の勝負(複勝)だったが、ハイペースに騎手が抑えてしまった。京都は坂がないから、遠慮せずにルメールみたいに付いて行くのが正解。どうせ、2ハロン過ぎたら同じペースで付いていくのだから。
 クラシックの◎ケイティブレイブは福永が教科書的に乗ると思って、そのとおり乗れた。この人、教科書的に乗ると強い。
 レディスの◎クイーンマンボは前走悪かったのは無視できなかったか。ラビットラン◎で普通にやればよかった。ほんとうはアンジュデジールだと思っていたのだが、右回りがどうかさんざん悩んで、地方競馬見てない分、よく理解できなかった。

アルゼンチン共和国杯のパドックが良く見えたのは、パフォーマプロミス(1着)、ムイトオブリガード(2着)、ルックトゥワイス(8着)、ウインテンダネス(4着)、ホウオウドリーム(11着)だった。
 馬場は内伸びというか前残りの日。レースは、スローで始まって、アルバートやホウオウドリームは後方から。田辺や蛯名は乗れてないね。全然見どころない。
 ウインテンダネスがハナへ行ったが、ペースが遅すぎて瞬発力勝負になってまずかった。この馬の特性を考えたら、もう少しペースを上げて遅めの平均ペースでロングスパートかけるのがベター。こんへんが松岡の限界か。
 あとは差し比べ。パフォーマプロミスは強くて日経新春杯はもちろん◎だったが、ここは中間、巧くいかなかった面もあって軸にはできない指数だった。ムイトオブリガードは潜在能力もソコソコで好位レースはピッタリだったが、プロミスがキッチリ走っては足りないか。ゴール前は馬が、まだ強い馬がいたの?という感じで走っていた。3連勝の内容が楽すぎて馬が油断していた雰囲気だった。それでも、内伸び馬場で外からよく伸びたから重賞は勝てるだろう。

11/3  8−18℃  晴  風・北北西→南東
◆「軸馬指数」は、このところの◎は2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2着ときて、月替わりで読者は減ったが、ソロソロ外れるだろうという読み(?)には興味はない。的中させようと努力もしていない。淡々とやるしかない。ちなみに読者のピークは大スランプの6月だった(オイオイ、毎年、五月病だと言っているのに、読者数の流れは、毎年その逆をいっています。辛抱できませんか)(汗)。有名評論家でG1レース11連敗という人がいるそうだけど、そんな凄すぎることにも、興味は起きない。私は私のレースをするしかない。しょうがない。
 いつの日か、ここに成績を書き並べることをやめる日も来るんでしょうね。しょうがない。

ファンタジーSのパドックが良く見えたのは、ダノンファンタジー(1着)、ラブミーファイン(4着)、レッドベレーザ(5着)だった。(私のパドックは良い悪いだけを見ているので、成績的に来そうな馬を並べるようなメディアの解説者みたいなことはやっていません。あくまで将来のためのデキが良いかどうか、秘めた素質はあるのかのメモです)。
 馬場は内中伸び。レースは、淡々と流れたが、ダノンファンタジーは行かせると行くけど将来を失うから、抑えてゆっくりと進む。直線で外へ出して、ゆっくり追い出して、またゴール前は遊んでいる。川田と同じでムダなことはしない良い馬だ。アウィルアウェイと能力は互角と思うが、こちらはクセがなく、乗りやすそうだ。
京王杯2歳Sのパドックが良く見えたのは、ファンタジスト(1着)、メイショウオニテ(7着)、アウィルアウェイ(2着)だけだった。
 馬場は内中伸び。レースは、アウィルアウェイがちょっと出が悪く、前も狭くて下げた。下げてから内ラチに付いたが、超スローになって、折り合いを欠いて苦しがっていた。直線は、内ががらっと空いて、武が外をちらっと見て、楽に抜け出したが、その内にアウィルアウェイが入ってきて最後はさすがに、32秒台の脚を使って、伸びるので、10.8-11.0 の上がりラップでも2頭伸びて際どくなったが、武のファンタジストが凌いだ。
 このレースまでは千二の強いのが好位差しで頑張るが、今年もそうだった。アウィルアウェイはマイラーだな。千四を使いすぎると、将来が危なくなるから、早くマイルだけの路線にしたほうがよい。ダリア賞を使って、下げてから楽に後方一気をやったのが、あとあと、マイナス点として利いてこなければいいが。
 例年のパターンならファンタジスト、潜在能力ならアウィルアウェイと見たが、「軸馬指数」も同点。どちらの◎もありだが、まあ、ここは潜在能力で◎を打たないと、のちのち何か言われるのがイヤだから、そうしたが、ややこしいクセのある馬だ。どこで本格化するか。それまで、能力を殺がないように進めばいいが。

11/2  8−19℃  晴  風・北→静穏
■今日、「ホースレター」で長年の読者の方がメルマガ着かないとのこと。ログインして見てみたら、解除されていたそうで、なんのことやら。ときどき、恐れ入りますがチェックしてくださいね。再登録したり、登録あれば、〈まぐまぐ〉にログインして、→登録メルマガ→再送信、で着くはずですが、私が競馬以外で講読しているのも、ときどき来なくなったりして、変ですねえ。まあ、コツコツやるしかないですよ。こういうことは。発行メルマガ数が多すぎるのかな? 気が向きましたら、〈まぐまぐ〉にご一報をお願いします。
■モーツアルトの交響曲40番はクーベリックの少しハイテンポのが良いと信じていたけど、セルのを聴くとなかなか凄い。5回聴き比べて、負けたかもしれない。あと、5回くらい聴いてから降参しよう。
 でも、いちばん好きなのはクラリネット協奏曲で、クラリネットはケルだ。これは生涯、不動だろう。

11/1  8−18℃  晴  風・北北西→北北西
■電機メーカーは人材の海外流出で、自滅して消えていった。証券は仕組み債とか売りまくって客は損して逃げていった。ケータイだけは安泰だろうが、私みたいに、ショートメールのために月に1000円しか払わない人もいる。儲かりすぎている業界に就職するのだけはやめたほうがよいと思う。産業の栄華は30年くらいしか続かない。長くても50年だ。人生、3分の1はスキルで、3分の1は人間性で、3分の1は運かも、だなあ・・。
■野村證券の赤字も凄いね。小さな町の医者の家とかで、野村ですがとか言ってインタホンで営業マンが喋っていたけど、今どき、インターネットで株取引ができない頭脳で、株で儲けるのは絶対にムリ。だから、いくら営業しても、客が損していくから、続かないと思う。おまけに、運用下手のノルマ・ファンドや仕組み債を売りまくらないといけないから、大手証券はどこもたいへんだと思う。
■ドコモが値下げするという。ケータイ3社は今までが高かったから、どこも仕方ない。どのくらい高いかって、本社ビルは新宿御苑で写真撮っていても、新宿の町で撮っていても、どこもかしこも、ビルが画面に入るくらい高い。競争原理が働かないのかも。今日は通信株がそろって下げて、その分で日経225は180円くらい下げたかも。

10/31  8−20℃  晴  風・北北西→北北西
■いつも同じようなものを食べている、ようでいて、案外そうでもなく、ここ4年間でも、白砂糖やめて精製塩やめてコメやめてパンやめて肉やめて乳製品やめて、パンは復活し、魚はサバの塩焼きを復活し、みぞれ煮に変更になり、そばを復活し、またやめ、カボチャをやめてまた復活し、サツマイモ減らしてブロッコリーになって、ミネラルウオーターも岐阜が南アルプスに、それから島根になってアルカリイオンになって富士山になって、けっきょく変わってないのはアメリカカナダ大豆の納豆だけだ。最近は納豆のタレが当たり前の味すぎて旨いとも思えず捨てて、野菜や魚の煮物の煮汁を入れてパクチーやオレガノのハーブを入れて、それに麻の実油を入れて混ぜて食べている。変わってないのは納豆の中身だけか。いやあ、いつ何に変わるか変化は果てしない。

10/30  9−21℃  晴  風・北→北

家の前の水道工事で2mくらい粘土層を掘っている。私も運転席に座って記念撮影。

■前に住んでいた町では、マンションの前がビル建て替えの大工事で、裏が池上線の線路。私は駅で、「パワーシャベルお持ちですか」と聞かれた。「私は家で静かに仕事してますけど。轟音は前の工事で、私じゃないけど。パワーシャベル? マンションの狭い部屋にどこからどうやって入れるの。」と言ったら、若い駅員はおかしいといって腹ねじ曲げて笑い転げていた。誰がウソを告げ口したのか。その中年の上席のT助役は数日後に本社に異動とかでいなくなった(笑)。それから4年、電車が通るたびに、イヤミに、マンションの前だけ轟音で通過して、皆、深夜や早朝に起こされていた。普通の運転免許も持ってないのに、わたしゃ知らんよ。建築工事は昼間4箇所で4年も続き、毎年、何軒も引っ越していって、はきはきしていた明るい性格の線路際のお年寄りが亡くなられた。合掌。

■8週間で体重は5キロ増えた。筋肉も少し増えてきて、段差も少しはスムーズに歩けるようになってきた。今日は乗り換えばかりやって、上がったり降りたり、帰りのバスは乗り過ごして、田んぼの中の夜道を13分歩いて帰り、グッタリしたが、なんとかなる。鯖は続けて、鶏は2日に1回でいいか。昼に食べまくる方が効き目はある。あまり健康的でないけど。私の良いところは、増えようが痩せようが、血圧が不動だということか。血管と腸の掃除が、健康法の主目的になっているからかも。
■今週はJBCだが普通の中央の恒例のG1ではないし。「軸馬指数」はアルゼンチンと京王杯です。よろしくお願いします。

10/29  9−22℃  晴  風・北東→北


■稲刈りが早かった田んぼから稲が伸びて、もう稲穂が実ってきた。毎日、晴で凄い快晴続きだ。

10/28  11−21℃  晴  風・東→南南東
■平成天皇は最後の天皇賞に来場してほしかった。人気のある天皇として凄い歓待になって、松永幹夫がヘヴンリーロマンスで勝ったときの儀礼の再現が見られたかもしれないのに、残念だった。

「軸馬指数」は2着、1着で【23−16−11−40】。このところの◎は、
2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1着ときていて、アーモンドアイを◎にしていれば11レース連続連対だったが、何も悔いはない。
 レイデオロの単勝は意地だった。アルアインとのワイドが来てほしかった。
「ホースレター」は(1−1−0−3)で【56−42−24−98】。

天皇賞のパドックが良く見えたのは、レイデオロ(1着)、スワーヴリチャード(10着)、マカヒキ(7着)、アルアイン(4着)、キセキ(3着)だった。レイデオロはいつもうるさいが、馬体はオールカマーを一叩きして、厩舎の狙いどおりに良かった。1週前追い切りを途中で止めた影響は見られなかった。スワーヴリチャードは馬体も太くなかったし良かったが、気合いというか気配はミルコがインタビューで言ったように、走るたびに「どんどんどんどん」ずるくなったようで、どうでもいいのにまた走るのですか? という感じで、「軸馬指数」で心配したように立たせても歩かせても後肢の踏み込みが甘くて、競走馬らしい覇気はそれほど感じなかった。ラジオのパドック解説は褒めていたが、どうして褒めるの? 褒めるのが正しいのだろうか? この馬のパドックは、JRAビュアーで近4走くらいを後で見てキチンと整理しておきたい。
 馬場は内中伸び。レースは、スワーヴリチャードが出が悪い上に、隣のマカヒキが斜めに出て、ぶつけられたか、ぶつけられそうになったか、後方へ下がった。
 キセキがハナ。川田は最近、東京で逃げてばかりだから、天皇賞で逃げる練習だと思っていたが、やはりそうだった。逃げ馬がいないメンバーな上に、川田が逃げると渋太い。
 レイデオロは中団の好位置。直線に入っても進路はあるし、逃げ馬さえ捕まえられれば、もう勝ったようなものだった。レイティングが4位と週刊誌に載って、馬もそうとう腹が立っていただろう。仕上げも休み明け2戦目で馬体の張りが出て良かった。
 ミッキーロケットは7枠だから和田が遠慮したが、少頭数だから11番枠なんて例年なら6枠なんだから積極的に前へ行くべきだった。あれはミスだろう。アルアインの北村友もハナでも良かったのではないか。このへんは川田は一枚上だ。
 モレイラのサングレーザーは、二千の実績が足りず「軸馬指数」は数値が伸びなかったが、距離さえこなせば、2着か3着は有り得る馬だ。モレイラが、右ムチ、左ムチ、手で追うなど、あらゆる手を尽くして追って、香港や札幌よりも長い東京の直線でもずっと追い続けて姿勢も崩れない。先週の富士Sのハナ差2着に、天皇賞のハナ差2着と、モレイラでなければ3着までだったろう。こういうめちゃくちゃ上手な世界トップレベルの騎手に免許を与えられない哀しさをまた味わうことになった。ムーアだったらどうしただろう。英米仏の騎手でも落とす勇気があったのだろうか。

10/27  15−24℃  雨のちくもり  風・南南西→北北西
■明日の天皇賞もミルコとルメールの2択か。武はマカヒキか。どういうドラマが待っているのだろうか。私の「軸馬指数」は2択ばかりで波乱はないが、
◎が、2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2着ときていて、私は私のレースを見せるしかない。

アルテミスSのパドックが良く見えたのは、グレイシア(11着)、ミディオーサ(8着)、エールヴォア(3着)、ビーチサンバ(2着)、ウインゼノビア(4着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、ハイペースで始まって、グレイシアが中団のスタートなのに、出して行ってハナを窺う展開。さすがに行く馬がいて控えることができたが、多頭数の内枠だから包まれないように2番手をとりたかったのか、350mもハイペースに付き合って、これで終わり。情けない単調な競馬をしていた。
 中盤は中だるみのスローになったが、上がりは普通のラップ。中段外からビーチサンバが母のフサイチエアデールのスピードで楽に抜け出して、藤岡康も楽勝気配だったが、なんと後方の藤沢和雄厩舎の馬に乗った武豊のシェーングランツが大外ぶん回しせずに、馬群の後ろに付けて坂上がる頃に外へ出して、1頭だけ33秒台という、とんでもない脚を使って差し切った。
 ソウルスターリングの下で父がディープインパクトに替わって、ルメールが関西に行っているスキに、北村宏に代わって、こういう勝ち方をすると、武らしいとしか言いようがない。姉や前走を含めて、普通に考えれば、ここまで後方からの勝負はやりにくい。多頭数の内枠だから、田辺は出していったが、自分は多頭数の内枠だからケツから外回してもいいやという開き直りみたいな乗り方を、社台の良血馬で藤沢厩舎の馬でやってしまった。驚いた。次からも乗せてもらえるなら、武豊にとっては復権のチャンスになるが、ノーザンに押されている社台ファームがどうするか。私なら武に乗せて意地を見たいものだが。
 ルメールに戻したら、競馬はドラマではなくなるか・・。ルメールは上手だし、今回の騎乗がどういう約束になっているか知らないが、それはとても残念なことだ。
スワンSのパドックが良く見えた馬は(少しでも公平になるよう新聞も見ずに、なるべくゼッケンも見ずにやってます)、サフランハート(10着)、ベステンダンク(4着)、レーヌミノル(7着)、ロードクエスト(1着)、モズアスコット(2着)だった。
 馬場は中伸び。レースは、ロードクエストが出遅れ。300mほどスローで行って、そこから和田のレーヌがハイペースで逃げるという逃げ切りたいラップ。最初が遅かったので、ロードクエストも馬群の後ろのインにへばり付く。直線でモズアスコットがムリせず、普通に差し。ミルコは外へ出すが、モズアスコットの後ろで我慢して、ゴール前だけ外へ出して差し切った。1ミリも距離損しないように神経遣った追い込みで、大外ぶん回すことなく差し切った。これが三浦とミルコの差だと言わずに、何を言うべきか。
 モズアスコットは安田ができすぎたが、ここは1本追い不足で、九分の仕上げに見えたが、58でも貫録のあるレースができていた。
■校正中心の編集プロダクションの元々社長が、村上春樹の履歴書を持っていた。しばらくやって、つまらないから翻訳で稼いだのかもしれない。勝目梓はちゃんと仕事していた。
■相場は、どこまで下がるか。持ってないから、底の近辺で買いたいが、何日後か何週間後か何ヶ月後かは、テクニカルチャート次第だ。小反発か大きな反発かもテクニカル次第。何もかもテクニカル。

10/26  13−19℃  くもり一時晴  風・北東→南東
■アマゾンの決算が引け後に出て、悪かったというので世界の株が下がっている。だから、永遠に上がる株なんてないと言っているの。上がる上がると大合唱になると天井だ。「天まで登る豆の樹はない」という相場格言がある。これだけ、株が下げ始めると消費税増税は延期になるかもしれない。消費税関連の株が今日下げたのは、そういう理由だと私は見たが・・。
■ホームページを作った流山の戸建て賃貸は古い家だったが、風呂だけは殿様風呂で、沸かせておけば入るのが遅くなっても、入って冷めていっても、適温を保つために追い焚きを自動で続けるという、凄い風呂だった。あれ以来、東京のマンション生活はマンションの狭いユニットバスなんて沸かす気にもならず、カラスの行水のシャワーだけだった。今度の家は、間違った記載や不備記載が8個所もある手抜き見え見えの「付帯設備一覧表」で揉めて、埼玉県の監督課から指導をやってもらい、修理や改善を要求して4つ実現したが、書類に丸が付いてない風呂の追い焚きが機能しているかだけは時間切れというへんな理屈になる。監督課にまた指導や処分を依頼しようと思ったが、やめた。ウォシュレットのリモコンが部品在庫切れで直らないので、代わりに外壁のメクレのコーキングと、NTT回線引き込み木部のペンキ塗りをやってもらうことを実現したので終了。昨夜は試しに風呂を沸かしたが、13年ぶりに、お湯をたっぷり使って気持ちよかった。しかし、独りで風呂沸かして贅沢して喜んでいてもしょうがないけどさ。

10/25  12−22℃  晴  風・北北東→北北東
■NYが欧州景気鈍化で急落。これでNYも完全に終わりだろう。前も書いたが、夏頃は、どの社のストラテジストもアナリストも、アメリカのグローバル企業を買えば資産は増える、なぜ、買わないかと言いまくっていた。私は売り時だと思った。今や、アップル以外はほとんど下げている。彼らが言うことが的中したのを90年のバブルの崩壊以降、一度も見たことがない。「マネーボイス」も私に原稿依頼の打診したときに書かせてくれれば良かったのに。外れたこと言い続けて、毎年数千万円の給料もらったら空虚な人生だろうなあ。なぜ、彼らは外れるかって? それは、彼らは人と同じレベルのことを言えるように、同じレベルの勉強は人一倍、一生懸命やっている。でも、世間が言わないことを言う独自の研究はやってないから。

10/24  14−20℃  くもりのち晴  風・北北西→北北西
■植物は、人間や蜂などの昆虫に触られるとジャスモン酸(ja=jasmonic acid )という物質が生じる。jaは、病虫害や傷害に耐性を持つという。だから、植物を育てている人は、毎日触るのが良い。私は水を毎日取り替えるからそのたびに触っている(声まで掛けている、オイオイ)。だからか、花屋が驚くほど切り花も長持ちする。jaのせいかもしれない。植物は、傷害や食害を受けると、揮発性のjaも出して、周囲の植物に耐性を持つように知らせるらしい。これは、「宇宙や地球の雑学」でも書いた記憶がある。あれは揮発性のjaだったのだ。書き直しておこう。私の勘では、人間も同様なホルモンが出ると思う。だから、人体を触ったり、蜂の代わりに人間だと、針灸も良いかもしれない。
 暇だとこういう知恵だけは、いくらでも浮かんでくる。
向田邦子っていい顔してるんですよね。1981年の8月に台湾あたりで飛行機事故で死んじゃったけど、ちょうど忘れもしない31歳の時、「週刊平凡」の校了直前で、大日本印刷の出張校正室の一番奥の部屋にいた。その手前の部屋が「平凡パンチ」の校正室で、今は亡き辻さんがいた。売れなかった競馬のポケット本(ポケットに入れて競馬場に行くと役に立つ本)を80年に果敢に世に出した北海道の医者の息子の紙田もパンチにいた。週刊平凡の出張校正室に編集長が飛び込んできて、「向田邦子の飛行機が落ちたから、この記事差し替え、間に合えばいいんだけど」と、一転して騒然。速攻で校正して、4人いて私だけが原稿の間違い見つけて訂正。その訂正のおかげで、新人卒業試験?教室風になっていた週刊平凡は卒業して、幅広い各雑誌の、野に出ていくきっかけとなった。懐かしき思い出。いやあ、向田邦子さんの残念な死のおかげでも、あるんだよね。ありがとうございます。
 向田邦子も東久世壽々子も、凜とした顔して、昔の良き文化人。ああ、あの頃はまだ雑誌は活版印刷が残っていて、写植や、電算写植と、同時並行していて、いろいろな過渡期で、皆、編集や造本知識も読書量も豊富で、雑誌も味があって、めちゃくちゃ売れまくっていて、世はまさに「雑誌時代」だった。ほんとよかった。活字文化の頂点の頃だった。
■東久世壽々子が東京に出したレストランは「マキシム ド パリ」という名らしい。マキシマムドパリというキンカメの子が重賞勝っていたが、あれから来る連想馬名?
東久世壽々子 さんが、阿部譲二のホームページの「日記」の「タラモアデュー」に出ていたので、書いているとおりに検索して、『三島由紀夫が愛した美女たち』をクリックしたら、またおもしろい写真が続々。これだからインターネットがあると、新聞なんか読んでられない。TVで近鉄バファローズの日本一挑戦への試合を見ているのと同じくらい楽しい。

10/23  10−20℃  くもり  風・北→北北東

表参道の交差点から竹下通り出口の新しいビルを臨む

■カルシウムは食品から摂るべし。骨粉とかのサプリで摂ると、心臓の血管や脳に沈着するという研究を読んだ。アーモンドやノルウェー鯖には多くの栄養分が入っているから要らないといえば要らない。すぐ、ミネラルのサプリを捨てる。これで残ったのは、ビタミン(毎日摂取すると腸が自分で作る能力がなくなるから月に半分は休むのが良いらしい)、ノコギリヤシ(私の場合は前立腺)、黒ニンニク(ニンニクや生姜は東洋の漢方の定番)、タウリンだけ。他にデトックス系をときどき飲むけど。

10/22  9−22℃  晴  風・東→南東

表参道の交差点。今は TOKYU PLAZA。その前が GAP。若い頃はセントラルアパート。

■東京にいるからには、休日くらい都心に出ないとおもしろくもなんともない。千葉県の東葛地方から東京に戻ってからは、ずっと週に一度は都心に出続けている。東京の興趣は山手線の内側にあると思う。池袋や新宿なんて、むかしはトロリーバスや都電のチンチン電車が走っていた懐かしの町でもあり、コロコロ建て変わった街でもある。今日行ってきた原宿も行くたびに新しいビルができている。あの個性的なJRの駅舎もなくなるというから、これからは副都心線で表参道から入ったほうが価値がありそうだ。

10/21  11−21℃  晴  風・北→北東
「軸馬指数」は2着、2着で【22−15−11−40】。
 校正の仕事減らしてから(7−5−1−3)
 今日はエタリオウからの馬連が勝負で、24倍を的中したが、じつは秘かに3分の1くらいの資金で単勝も買っていて、ウインバリアシオン2世の悲しみを共有することになった。ペースが遅すぎて瞬発力勝負になったのと、ブリンカーをつけて三千を走ったことの悲しみが、どうにも忘れられないレースとなりそうだ。馬名は競馬で大事なものだが、外部者として他人の所有物の馬名にうるさいことは言いたくないけど、「エタリヤオウ」のほうが意味は同じだけど寸足らずの懸念もなく良かったかもしれない(哀)。
「ホースレター」は(0−3−0−2)で【55−41−24−95】。校正の仕事を暇することにしてから(15−7−4−12)

菊花賞のパドックが良く見えたのは、グロンディオーズ(13着)、エタリオウ(2着)、ブラストワンピース(4着)、ステイフーリッシュ(11着)、グレイル(10着)だった。エポカドーロとジェネラーレウーノは良い出来だがチャカチャカしていた。アフリカンゴールドは普通のデキでチャカチャカしていた。
 馬場は中伸び。レースは、ジェネラーレウーノが好スタートからハナ。あまりに単独でハナへ行ったので、先行馬が多いから競るかと思ったがスローになって、中盤が例年のように中だるみで、スローの上がりの競馬になった。
 アイトーンは1枠で絶好のスタートで、せっかくのチャンスが出たのに、なんと押して2番手だったのに、急に馬の首がねじれるほど騎手の国分恭が抑えまくったので(指示されていたのだろうか)競りはなかった。ずっとクビをねじ曲げて走って向正面からは、付いていけずに押して行き始めて、あいかわらず国分恭はやることがめちゃくちゃで、弱い馬が賞金的に出てきても良いけど、下手な騎手が出てくるとレースがみっともなくて見苦しく、歴史的にもきれいな映像にはならない。ローカル開催にでも行っていればいいのに。ノリも三浦も蛯名も内田も空いているのに。いつになったら、こういうことがキチンとできる世界になるのだろう。いくら、ノーザンファームSで、掲示板もノーザンファームで埋まるのだけど、だからといって、ノーザン以外の馬も真剣に勝負に臨んでほしい。少しは逃げ馬を突かないと勝負としては物足りないではないか。ほんと、競馬ファンに失礼だろう。スローでは困る私は腹が立ってしょうがなかった。
 エタリオウは読みどおり前走は挟まれて下がったが、今日は中段の後ろから早めにジリジリ上がっていって、ブラストワンピースの前。ブラストワンピースは前走の追い込みがきれいだったが、京都なら毎日杯のように乗っても良いくらいで、馬が行く気がなかったのか後ろすぎたか。
 こういうスローになると、いつものように四角イン差しが利いて、外回りの馬は距離損するが、ミルコは自信があったのだろう、早め先頭でまくってしまったが、残念なことに直線でソラ使ってしまった感がある。両目の深いブリンカーが長距離の菊までに外せなかったかどうか? そのせいで、内外が見えず馬はのんびりしていたから、私としてはムチを入れてほしかった。
 フィエールマンはそうとうな能力があると書いてきたが、今日は染め分け帽のルメールが好位馬群の中で前が壁で4コーナーで包まれて動けなかったが、それが幸いしてスローの瞬発力勝負で、前が開いたら 12.2-10.7-11.3 の上がりを一気に差し切った。千八までの経験しかないが、これは幸いだった。エタリオウには、これは不運だった。もう少し流れてくれれば、直線で前に並びかけて差し切るというミルコの頭に描いたとおりになっただろう。このハナ差はペースと内に包まれた問題だけで、ウインバリアシオン、いやエタリオウには運がなかった。そういう運命としか言いようがない。

10/20  13−21℃  くもり・雨  風・北北西→北北西
■ネットスーパー帰ったら、また本降り。帰るときに見たら、ここの東西南北は雨になっていた。やはり、晴れ男だ。

■富士S終わっても府中は晴れていたが、埼玉の我が家は土砂降りの夕立。雨の合間にアマゾンが来て、雨がやんだらネットスーパーが来て、一日終わった。
 大乱戦の室町Sも外枠からフワッとヴェンジェンスがマクって、これで5勝全部が(いや、今日はオープン初挑戦だから2着だったが)外枠。井崎さんも、必勝データ探しは、これくらい頑張らないと、あきまへんで(笑)。重箱の隅から隅まで突ついて閃いた私の、天から降ってきた閃きの勝利。
 ほんと学生時代は血統に凝る前は、こんなことばかりやっていた。キクオーカンは超巨体馬だから馬群をさばけないから、大外枠でないと来ないとか、私が『週刊馬』に投稿してなかったら、今の井崎さんはいたかどうか(オイオイ)。
富士Sのパドックが良く見えたのは、エアスピネル(4着)、ウインガニオン(18着)、ロジクライ(1着)、ワントゥワン(2着)、クルーガー(9着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、ゆっくり始まって、ハナを切ったマルターズアポジーが3ハロン目からペースアップしてハイペースに。途中から速くなるマイル戦は逃げ切り狙いの常道。これに、ゆっくり始まったので、すかさずルメールのロジクライが出がよいので、ピッタリ2番手。これが勝因。前残りのラップだが、元気のないマルターズアポジーは、あと1ハロンで止まって、あとは差し比べ。
 ペルシアンナイトは体重が減っていたのは誤算か。エアスピネルは輝くようなかつてのデキではなかった。ワントゥワンは後方からの競馬になるが、モレイラが最後方にならないように乗って、直線もなかなか外へ出さずに距離ロスを抑え、最後の最後でハナ差捉えた。普通の騎手免許とっている騎手なら3着か4着だろう。世界のトップレベルのモレイラは、ああいうところがムダがない。そういう巧妙な騎手は騎手試験は合格しないかもしれないw 
 レッドアヴァンセは、こういう血統だから底力が足りないので、北村友が好調だといっても、馬が突き抜けないから、2着だったように見えて3着だった。「軸馬指数」の読みどおり。

10/19  14−19℃  雨のちくもり  風・北→東
■今度は中国経済で世界の相場は乱高下。まあ、あれだけ高成長が続いたから、鈍化するでしょうね。アメリカに資金が集中して、新興国は資金逃避で苦しい局面。日本も世界中を相手に商売しているから、内需でやるしかないが、偽装ばかりだからなあ。Suikaとイコカが合併しそうなことと、東電の子会社のほうが親会社よりも電気代が安くすむこと、消費税導入で電子マネー利用中毒の私には関係ないこと、カルシウムを骨粉などサプリで摂ると心臓や脳に弊害があるかもしれない・・とネットで知って脳の機能後退を防げたか、などが良いこと。

10/18  14−21℃  くもり  風・北北東→東南東
■為替見ながらの神経質な相場。皆、もうカヤバの免震のデータ改竄みたいなことが普通の世界になっているから、疑心暗鬼で手が出ないらしい。そういう企業が半分くらいあるけど、残り半分から成長企業を探すしかないだろうね。半分の会社は既に終わっているが、今頃何を驚いているのだろう。皆、知人を辿ればインチキも違法も当たり前の時代だと知っているくせに。編集界なんて、ほとんどの人が本なんか読んでないよ(笑)。

10/17  15−21℃  くもり  風・北→東北東
■株の乱高下が速度速すぎ。私は先物好きだからいいけど、先物嫌いだと、東証上場株で指数売買できる S&P500(東証コード:1557)とかが速いです。ファンドだと、海外ものだと1日遅れるから。SP500やってりゃ、中国以外の株は、だいたいアメリカの後追いだから。中国だけは独自の動きだけど。

10/16  13−22℃  くもり  風・北東→東南東
■編集プロダクションで40年仕事してきたが、むかしは教養溢れた連中の集まりだった。最近はパソコンで字を打てるから漢和辞典も引けないし、ネットで検索できるから教養が無くてもできないことはない。汨羅の字が違うのは・・・と説明していたら、「また知識をひけらかす」と言われガックリして引いてしまう。老子と孟子を読んでいる人に20年くらい会っていない。全部読むのが退屈なら30ページでもいいから読んでいて当たり前。そういう人たちが新人の頃は仕事できなくて庇ってやったのに、今や知っている人間を「知識をひけらかす」とは、どこからそういう発想が生まれるのだろう。活字の世界で生きるには読書好きがあたりまえだと思うけど。
 出版界は、あと10年したら、個性的な本を出しているところ以外はバタバタ潰れていくだろう。週刊新潮とか週刊誌の薄っぺらくて判型が小さくなって、中身が無くなったのは、呆れるを通り越して、なぜ廃刊にしないか不思議で仕方がない。おそらく医院や床屋の待合室とかに置く需要があるからだろう。置いていても、1冊3分で読めてしまうけど。
■昭和大学でも入試が不公平な採点制で続けられていたようで、浪人は不利、卒業生の子弟は有利って凄いね。ジャングルの中の人食い人種が考えそうな野蛮社会だ。お詫びしている偉い人たちの顔を見ると人相悪い。この国は上に行くほど優秀な人がいるのとは、まったく真逆の、上に行くほど悪人が多いという社会も多い。どうせ、市立の医学部は、試験の点数に添って金積ませて入学させるのだから、試験を公平にやるなんてあたりまえだと思うけど。
■この市では、衣服や布類は、拠点回収といって拠点に持ち込まないといけなかった。車のない人は、細かく切って、いちいち燃えるゴミに紛れ込ませるしかなかったみたい。私が、それはおかしいと電話で要請したら、2カ月経って、来年度から月に1回、ゴミ出しの日を作ることになったそうだ。あたりまえだと思うけど。

10/15  14−20℃  くもり  風・南東→南東
■菊花賞のフォトパドック見て、ほっとして帰途に就く。駅で少し降って、バス停降りると雨がやんで折り畳み傘を差さず、玄関入ると雨が本気で降り始める。万年晴れ男、若いときから、いつもそうだ。いいよ、私は帰ったから。いつも、ありがとう。
■日曜新潟は、12番人気ジューヌエコールと、8番人気アイラインの2択だったが、裏目。アイラインの勝浦は、裏開催では、なんで自分が大きなレースに乗れないのだと、頭の中が燃えたぎって乗っているからバカにしてはいけない。また、うっかりした。こういう男はほんとうに怖い。
■日曜東京のオクトーバーSは、◎マウントゴールドから3複8540円は満足。人気でない◎は、3複でも配当が良ければ良し。

■鶏の胸肉を毎日100g食べて、起立の時の筋肉は戻った。体重は今日計測で、少ししか増えない。67kgでは重いと同じ団塊の世代の55kgのホームドクターが言うので、65kgで止めるかどうか。

10/14  13−18℃  雨のちくもり  風・北北西→東北東
◆「軸馬指数」は1着と7着で【22−13−11−40】。7レース連続1着(Win7)はできなかった。しかし、アーモンドアイもカンタービレもパドックは精彩なく、強さだけで勝った気がする。何回やっても、調教後馬体重が20kg増で、張りが無く、単勝120円のアーモンドアイを◎にすることは、一度もないだろう。プリモシーンは最後は鋭い脚を使ったが、小回りの内回りで3コーナー最後方では、どうにもならない。それは反省点だが、前走の好スタートの再現はなかった。再度やったら、先行馬のダンサールかミッキーチャーム狙いか。意地を張っているようだが、アーモンドアイが◎でないことは確か。それが意地っ張りの生き方だから、しょうがないなあ。こまったものだ。
 悔いが無いことだけはよかった。菊も意地を張るかどうか、迷っているが。
◆「ホースレター」は(2−0−0−3)で【55−38−24−93】。

秋華賞のパドックが良く見えたのは、ランドネ(6着)、オールフォーラヴ(10着)、ミッキーチャーム(2着)、プリモシーン(7着)、ダンサール(13着)だった。
 馬場は、内中伸び。レースは、内回りの小回りで、最初のコーナーまでの距離もないコース。2週目で内が伸びる馬場だから、何が先行してどういうペースになるかだった。出遅れは、サラキア、パイオニアバイオ、トーセンブレス、プリモシーン、ダンサール。大きな出遅れはないが、少しでも出遅れると厳しい。アーモンドアイは中団で、オークスほどではないが、位置どりは、わりと良かった。ダンサールは先行馬なので大外枠だし致命的だった。カンタービレも出は良くなく普通で、二の脚がつかず後方からで先行力を生かせなかった。サラキアは出遅れて最内をコーナーまでに追い上げたのは池添らしいズルさが光った。
 ペースはスローで、川田の逃げに誰も競らず。好スタートからバランス崩さず、スーッと川田らしい行き方で、あれで1馬身は違うから競らなかった。川田の先行は、いつも上手だ。12.1-10.9-12.7-12.1 で始まって、上がりは、11.8-11.5-11.8-11.9 だから、アーモンドアイは中段外から、33.6 秒の脚で切れたが、他は後方から。
 ◎プリモシーンは、ジリジリ下がって3コーナーは最後方。外へ出す暇もないから中を割ってきたが、2番目の上がりの脚=33.8 秒でも届くわけない。ローズSの1、2着のカンタービレとサラキアも思いどおりのレースができずに脚を余した。
 ラテュロスやランドネは秋山とか巧妙だから好位から上手に流れ込み。あとは逃げたミッキーチャーム以外は、脚を余して、もう少し小回りで流れるレースなのだが、逃げ馬が残る流れになって、おもしろいレースではなかった。
 ミッキーチャームはディープインパクト×ハービンジャーみたいな血統にスピードが入っているし、乗るのが川田か藤岡佑だから、おもしろい逃げ馬になりそうだ。

10/13  16−20℃  くもり  風・北→北東
◆「軸馬指数」は、これで6レース連続で軸馬◎が1着。問題は明日だが、どうなんだろうねえ。
■府中の春秋の開幕週は、内も中もどこも伸びる。2週目は内がかなり頑張る。
府中牝馬Sのパドックが良く見えたのは、クロコスミア(5着)、ディアドラ(1着)、アドマイヤリード(7着)、リスグラシュー(2着)、ミスパンテール(9着)だった。ソウルスターリングはイライラして負け癖付いて馬がうるさい。
 馬場は内中伸び。レースは、リスグラシューが出遅れ。ディアドラは二の脚がつかずに押しているのに最後方まで下がる。カワキタエンカがハイペースの大逃げ。あとは控えてスロー。直線は内が踏ん張るが、中のジュールポレールやリスグラシューが追い込んで決まったかと思ったところへ、わざと外へ出さずに、中も開かないのが見え見えなのに、馬群の後ろで我慢していた◎ディアドラが、最後だけ外へ出して一気の脚。これで切れに切れてゴボウ抜きした。
 直線に入って、すぐ大外に持ち出すと、集団で走るのが癖の馬にとっては、馬がやる気をなくすので、中で我慢して最後だけ外へ出したのはルメールらしい技あり。
 リスグラシューはミルコがジワジワ出遅れを挽回しようと中途半端に位置を押し上げた分のわずかな差で負け。馬体が増えて細く見えなくなって、凄いデキだっただけに勝ちたくなって動いたのだろう。
■大原Sでウオッカで評価を落とした武が、ウオッカの子に乗って2番手から快勝。今日は内が伸びる2週目の馬場だったが、これくらいの相手なら武も良いところを見せることができて嬉しそうだった。その気持ちは大いに理解できる。

10/12  19−23℃  雨のちくもり  風・北北西→北西
■ガスのメーターが10年経ったから交換と言ってきて交換して、草むしりしていたら、近所の5歳くらいの子供が一生懸命、眺めている。秋だねえと言おうとしたが、話したことないから感性が分からないのでやめる。でも、秋だ。ふとんを、夏の羽毛から春秋のレーヨンとアルミを織り込んだ西川のへんな製品(今は発売してない)に取り替える。私は、ほんとへんな製品に飛びつく。変わった感性がある。

10/11  19−25℃  雨のちくもり  風・東→南南東
■モレイラが騎手免許の試験に落ちた。全世界に対して、申し訳ない。
■さあ、明日から、株よりも難しく、商品相場よりも簡単な、血統予想だ。
■昨夜のNYダウが、831ドル安。NASDAQが1%超えて315p安。読みどおり、ネットを席巻するアルファベットやアマゾンの決算が悪いとのアナリストの発表で総崩れ。アマゾンやアップルを買いまくっていた日本の年金も1日で3%くらい減っただろう。あの小売のシアーズも破産法申請。今日のアジアは全面安で始まり、前場終わって日経平均は914円安。
 9月7日の日記で下記のように書いたのは大正解。私は87年のブラックマンデー以外は株で大きな損を出したことが一度もない。仕事の稼ぎは、貯金しない主義だから全部使ってしまった。資産は株で貯めた。商品相場は、株式チャートのメルマガでいつも書いてきたように、いつも損しているから、もうやらないだろうと思う。
───────────────
  「9/7  23−31℃  雨のちくもり一時晴  風・南→南
■ツイッターが言論に制限加えているという理由で調査入るとの報道で1日6%安。私のツイッター・アカウントは削除された。有名投資家や日本の年金が、グローバルなアップルやアルファベットの株を買いまくって、NASDAQは急騰していたが、急落に転じる。皆が買って、それに倣う人も買えばもう買う人はいない。日本の証券ステラジストは、夏になると、皆、アメリカのハイテクやグローバル企業を買わないと儲からないじゃないか、と宣言し始めた。この人たちは冬のトランプショックで、売るな売るなの大合唱していた人たちだ。だから、そろそろ、グローバル企業の暴落が始まると思っていた。狙いどおりだ。年収が何千万の日本のバカどもが、メルマガで買え買えという頃は暴落の足音がしているときだ。いつもそうで、30年例外がない。私のメルマガも「マネーボイス」から掲載の打診あったが、今年は、今は買うな買うなと書くからか話は流れた。」

10/10  18−26℃  くもり  風・東南東→南南東
■どうにも、おかしなデジャヴや記憶が甦ることが多く、どうやら私は宇宙人由来の地球人だと昔、15年くらい前に霊能者に言われたが、ピンとこなかったが、ほんとうかもしれない。子供の頃から昼でも夜でも空を見上げるのが好きだったし、何時間見ていても飽きなかった。雲って、すぐ形を変えていって、きれいなんですよね。青空も吸い込まれるように好きだし。へんな夢を見るし。天井からドスーンと閃きが音たてて落ちてくるし(いやあ、ほんと上から来ます)。まあ、死んだら帰るだろうから、見てこよう。

10/9  19−25℃  晴  風・北→東
■週刊誌を買いに行く。フォトパドックのページを見た途端、うーむ、考え込んでしまった。秋華賞は、ある意味、悩ましい。

10/8  21−23℃  くもり  風・東北東→東南東
■私の予想は普通の評論家と違って、加齢などなく、永遠に進化を続けると思う。まだ、今でも完全に競馬プロパーではない。AJG予想法も改良を検討中だ。忙しかろうと寝不足だろうと暇だろうと、あまり関係ない。それくらい、競馬は考えが尽きないゲームだから進化を諦めるわけにもいかない。メソッドは私がやるしかない。そのうち死ぬだろうけど。
◆「軸馬指数」は1着、1着、1着で【21−13−11−39】。
 これで5レース連続1着で、秋の2開催で(6−3−1−2)となった。
◆「ホースレター」は(6−0−0−1)で【53−38−24−90】。
 駅ハイの校正降りて、編集の仕事に対する執着を捨てて、暇してから4週間で、【11−4−4−4】となった。

京都大賞典のパドックが良く見えたのは、サトノダイヤモンド(1着)、アルバート(3着)、シュヴァルグラン(4着)、スマートレイアー(8着)、ウインテンダネス(6着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、やや中だるみの平均ペース。シュヴァルグランは好位に行けばいいのに中団、すぐ後ろでピッタリマークのサトノダイヤモンド。スマートレイアーはその後ろ。
 シュヴァルグランが坂の下りで仕掛けると、一息遅らせてサトノダイヤモンドがマクリに行く。シュヴァルグランは馬体重こそ辻褄を合わせてきたが、「軸馬指数」に書いたように、フォトパドックは腹目がぼったりして1枚太め。最終追切りでG1ホースが併せ馬で遅れるという事態なのに、なんとか仕上がるでしょうとか言うトラックマンがいっぱいいた。でも、互角の競馬やってきたのに、この仕上げではムリだろう。
 サトノダイヤモンドは「軸馬指数」に書いたように久しぶりの良馬場の長めのレースで、仕上げが十分で川田なら文句ない。これで負けたら陣営はガックリだったろう。
 私は藤田伸二と川田はけなした記憶がない。背水の陣とはこのことだ。シュヴァルグランは休み明けですという仕上げで58kgでは分が悪い。
 レッドジェノヴァは強くなっているのは分かっていたが、この血統だと隅から隅まで褒めにくい。二千なら褒められるけど、二千四百でG2でも通用した。池添らしく、ずるく好位のインにいて、四角のイン差しを狙っていたが、外から被されて出し直しの中割りになっても良く伸びた。モレイラで快勝してから馬が変わった。アルバートは春天のための執念の練習だろうが、モレイラでも、やはり淀の長いところは外回りで追い込むと届きにくい。



10/7  21−31℃  晴  風・北北西→北北西
◆「軸馬指数」は、2位と大差の馬と、90点以上の馬は、かなりの高率で連対しています。たいてい、勝ちます。
毎日王冠のパドックが良く見えたのは、キセキ(3着)、サトノアーサー(6着)、ステルヴィオ(2着)、ダイワキャグニー(7着)、アエロリット(1着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、平均ペースで流れてアエロリットの逃げ。2番手が押して出して行った川田のキセキだから競りにはならない。ほぼ、紛れのない楽勝。「軸馬指数」で3戦連続の落鉄はないと読んで正解。適距離の地元競馬で落鉄しないと、ほんとうに強い。これで、まだ体重は増え続けているから化け物だ。平均ペースの逃げ切りで、レコードタイムに近い44秒台だった。
 モレイラも先週まで(38−9−9−35)だから猛烈に安心騎乗。もう、この天才に逆らう人はいないだろう。
 キセキの川田と、ステファノスの福永は少し不利な開幕週の内枠で、出して行って正解。なかなか見応えがあった。好騎乗だった。ステルヴィオは好きな馬だから一安心。勝った馬が人気だったが◎▲△で3単万券ならOKだろう。土曜の京都メインと違って、巧い騎手が揃うと競馬は少しは楽だ。
■オパールSはグレイトチャーターが小倉で好走しているのを軽視した。土曜の京都は4番人気◎で的中だったが、今日は凱旋門を考えていて惜しいことをした。火曜まで競馬やって2日短いと大きなロスだ。

10/6  18−29℃  晴  風・南南東→南南東
     台風25号は韓国を通過して日本海へ
■サウジRCのメンバーはグランアレグリア以外は、総合力はあまり差がない(軸にする指数は差が出るけど)。だから、人気は競ると思ったけど、なんと内枠ばかりが人気。ドラウプニルが7倍なのに、ドゴールの単が45倍、サムシングジャストが33倍だなんて有り得ない。買っていく一手ですね。こちらは最終の配当を知ってやっているわけではないですから。当日の売れ方が偏っていたらチャンスです。このレースは、その典型でしたね。株もそうだけど、割高はダメ、割安は買い、が例外はあるが基本ですね。
サウジRCのパドックが良く見えたのは、ドラウプニル(4着)、グランアレグリア(1着)、ドゴール(2着)だけだった。
 馬場は内中伸び。レースは、グランアレグリアが出遅れ。パドックでも暴れたり、いろいろうるさく子供だ。ペースは超スローで始まって、すかさず、ルメールが行きたがったというよりもスローだから追い付いちゃえという競馬。すぐ2番手に取り付いて、直線も早めに抜け出して大楽勝。『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』で補正すると、1分32秒5だ。新馬は補正すると1分33秒1だと「軸馬指数」に書いた。こうなると、もう物が違っていてG1は確実。いくつ獲るかというレベルだ。ただし気性が安定すればだが。
 パドック見た感じでは、今日の他馬は1枚か2枚落ちる。
「軸馬指数」の自選集 を更新しました。

■買った古い家は、売主が個人から不動産業者に移動しているので、2年間の瑕疵担保責任が付いている。ところが契約書に付随していた設備一覧表の記載がデタラメで、故障無しばかりになっているが、じっさいは故障有りがいっぱい。入居日にガスの開栓立会やったら水漏れしていて2時間で工事屋呼んで緊急修理したのを手始めに、出るわ出るわ。交渉して修理を承諾させ、修理ばかりやって、態度の悪さにぶち切れている。やはり、どんな仕事でも、仕事は金のためでなく人生の喜びのためにやらないとつまらんと思う。

10/5  19−21℃  くもりのち雨  風・北→北(静寂)
■体重も戻ったし、脚の筋肉もかなり戻った。血中アルブミンの量は、医者嫌いだから血液検査もしないが、足先のむくみが消えたから解消した数値になっていると昨年の経験から推測できる。というわけで、低アルブミン血症も治癒。馬でも使えない利尿剤のラシックスをむくみ用に医師にもらったけど使わずに、食事療法だけで治した。これで、副作用で降圧剤になったり、抗うつ剤になったり、腸内細菌が過剰に死んだりしない。
 腸が身体でいちばん大事だと考えているから、アメリカのサプマートから、13種類の乳酸菌が入ったプロバイオティックなんとかを輸入して届いたから飲むと快調。こういう病後は、乳酸菌も、めちゃ多種類が良い、というのが私の考え。13種類とかになると日本には絶対にない。そういう思考法すら存在しないし、原価が安いのに、売価を上げて儲けを多くするから、菌の種類も減るのだ。これに酪酸菌のミヤリサンを飲む。これで、酢酸とかいっぱい分泌され、悪玉菌も死ぬというわけだ。

10/4  18−23℃  くもり一時霧雨  風・北→北東(静寂)
■光のコラボは、どうやらプロバイダーのほうが、自分に有利なことばかり言って、NTT側の特典を言わないから、wifi を今朝外したから、再度、今度はNTTに電話して計算すると、やはり出てきた。光メンバーズポイントが、私は光が長いし戸建てなので最大限度の月500円も付くらしい。とすると、この特典も料金に入っているようなものだから、実際は今までのようにNTT契約にしておくと100円高いだけだ。プロバイダー・コラボのほうが100円は安いが、初年度特典で初年度はもっと安いが、初年度は1回切りだし、プロバイダーは電話が通じないので、今後は故障しても直接NTTに電話できないから、それだけでも100円の価値はある。ということで、転用番号をもらう直前でNTTの116の人に「いいんですか」と諭されて、移行をやめる。皆、調子の良いことばかり言うものだ。
 電気料金は東電でなく、東電の安売り子会社に移行した。これは、ほんとバカバカしいような話だ。それに、ダメなら戻ろう。光コラボは二度と戻れないからなあ。

10/3  17−25℃  くもり  風・東北東→南東
■本庶先生は、日本特有の日陰者の免疫学者だったが、ノーベル賞で世界から脚光を浴びるとは、本人がいちばん驚いただろう。人生、どこでどう転ぶか分からない。低体温の人が最近増えたけど、あれきっと低免疫力だと思うなあ。そういう人って、よく病気しているもの。
■大学1年のときから、社員並みに近いローテで仕事して、アルバイトなのに組合も作っていたから、月給もやたら多かったし、ボーナスもあったし、年金や厚生年金基金まで加入していた。それから、バイトも含め、転職を4回して、50年夢中で仕事してきた。どうやら、私は兄弟3人ともそうだし、オヤジもそうだったが、基本的に仕事が好きでリタイアなんか考える気もしないみたいだ。でも、50年で(ちょうど50年に1日不足だったが)、もう競馬主体でいいやと思い始め、校正はちょっとだけにする。競馬だけやっていると成績が良いし、一度、そうなると元には戻らない。
 今日は年金事務所に行って年末をもって年金受け取る申請書を提出する。お疲れ様のご褒美に、安い そば を食べて、大きな白いダリアが好きなので買って帰る。まだ、競馬の仕事がある。明日からもう戦闘態勢だ。

10/2  16−27℃  晴  風・東北東→南
■本庶先生は、常識を覆すような基礎研究の大切さを強調している。そうなんですよね。血統の世界で本気で常軌を逸した基礎研究をしたのは、私と五十嵐氏くらいだ。他の人よりは1000倍は辛い思いをしている。それだけに発見の喜びも1000倍は大きいけど。
■ノーベル医学賞を本庶佑博士が受賞。これは凄いこと。けっきょくは、免疫力だということ。今まで、欧米ではかつての抗ガン剤は効果がないと専門機関が発表して使用率が減少して、それに伴ってガンの死者も増えなくなったが、日本だけは抗ガン剤で正常細胞まで殺すことが好きな患者が多いので、死者が増え続けてきた。このノーベル賞で、なんだ、ガンも免疫力なのか、と思った人たちが、民間療法に頼った小林麻央、忌野清志郎、川島なお美などに続いて、今度はオプジーボのような免疫力強化剤にも雪崩を打って移行するだろうから、これは医療後進国・日本にとっては大ニュースだ。
 これで3カ月でオプジーボの小野薬品の株価は3割上がった。10年で4倍近い(しかし薬価は下がる一方だ)。
 免疫力で検索すれば山ほど本は出ている。山野浩一氏には、抗ガン剤だけじゃないでしょう、と2回もメールしたのに、抗ガン剤を楽しみにしている、とブログに書いたりして、入院後に抗ガン剤投与で急逝した。筑紫哲也は死の間際に知らなさすぎたと後悔していたそうだが遅かった。無知は生存年数に関わる。
 私はベジタリアンで、納豆、オレガノ、アーモンド、重曹、少食、四白を摂らない、腸内細菌叢の維持などで、栄養素の次に免疫力には日頃から注意を怠らないできた。ほんと、日本人にとっては、いや、素直で思考力のある日本人にとっては、選択肢が拡がる画期的なノーベル賞受賞になった。
◆「ホースレター」は(4−0−1−0)で【47−38−24−89】と快調。
■ポートアイランドSを今頃やっているのだけど、リバティハイツは3着。良馬場ならミエノサクシードに決まっているが、新聞勢は予想変えられないから、私も意地でそのまま。それは薄情だと思わないでください。世間はそうなっているのです。馬場が乾けばミエノサクシードでしょうね。辛いところだけど仕方ない。順延競馬というのはそういうもの。もう、新聞社では、来週の想定が、先週末から(1週前追い切り終わってから)出回っているから、そちらの予想でてんてこ舞いなんです。私だって、夕方5時に来週の登録が発表されたら、そちらの予想を始めます。

10/1  26−33℃  晴  風・西南西→北西
■9月10日にホームドクターの処に行ったら、59.3kgだった。家を本気で探し始めて一気に引っ越しして、3カ月で6kg体重が減少したから、猛暑でムリしたせいだと思っていたが、どうやら、78kgを56kgまで、22kg減量したあと、昨年2月に、急性腎炎→低アルブミン血症→タンパク補給となった病状経緯と同じだと気付いて、食べ始めた。
 要するに、1日1食でベジタリアンだったが、タンパク質補給で身体が、自分の肉体の筋肉のタンパク質を分解し始めたようだ。どうも、脚の筋肉が衰えた感じがすると思った。マラソン校で毎日6年走っていたから、脚の筋肉の付き方は知っている。
 そう気付いたら速い。飼い葉にミネラル入れて坂路を毎日3本登坂、ああ、違う。昨年と同じで、プロテインBAR とか食べるし、豚ウインナー、鶏と食べ、パンを1日2つに、そばを1杯増やして、これだけ増やすと胃が持たないので、ウルソデオキシコール酸が入った胃薬を服用しながら、徹底的に食べまくり、スポーツドリンクで糖分補給!と、もう成人病になりたーい、という食事を徹底的に続けたら、3週間で3.5kg増えた。
 やはり、判断は正解だった。遅まきながら(笑)。
 ということで、20年間記録を保存している体重推移と、12本だいじに持っているジーンズのウエストと、体調を勘案すると、どうやら、私は禁煙前の62kgと、その後の20年で何度も増減のボックス圏の上限になった72kgの間が、ちょうど良いことが分かった。
 とすると、どうやら、禁煙後のボックス圏の下限の67kgが私の理想体重ではないか。過去の統計から、そう考えて、世間で使う指標を調べたら、BMIがいちばん有名らしい。それを計算すると、22.003だから、理想の22ではないか。なるほど。ホームページ作った日の68kgが理想に近い。あの年はアサクサデンエンとか予想も快調だった。
 あと、4kg増やして、安定化できるかどうか、それには何をどう食べるか、ここからが正念場だ。豚のウインナーはやめたい。ベジタリアンと言ってもサバだけは食べてきたが、鶏も食べるかどうか? 鶏はやめて、昼飯食べるだけでOKかもしれない。
■阪神は馬の輸送ができず、開催不能。火曜日になる。週刊誌が出るのは水曜だ。予想送るのは金曜だ。校正の仕事減ったからいいけど、何年経てば、関東にドカ雪が積もるのが3月で、台風は9月に来るというのが理解できるのだろうか。来週の3日開催に台風25号がこちらに来ないことを祈る。

9/30  16−25℃  雨  風・北東→南東 台風24号和歌山から岩手へ縦断
■近畿の熊野や、中部のアルプスや富士を越えたら、台風は弱化するだろう。かつても、四国の石鎚や九州の阿蘇を越えた大型台風は記憶にない。大型で被害大きいのは、いつも紀伊水道や豊後水道や、伊勢湾や長崎沖などの海を進路にとったケースだ。警戒は必要だが、過度の心配は不要だ。

◆今年のG1◎は【4−3−1−5】となりました。今年は年間12連対を狙います。
「軸馬指数」は1着と1着で【18−13−11−39】。
 公言どおり、アイビス以来は、また50%維持。アイビスからの夏競馬と秋競馬は得意というのは25年間、何も変わらない。毎年、同じことを言い続けている。
 馬券は土曜儲けたから、日曜のG1は印に責任とって、ファインニードルの単と、ラッキーバブルズの複(競争中止)だけ。儲かったけど形だけやってお終い。どうやっても3単の買い方が思い付かなかった。
「ホースレター」は日曜の阪神が月曜に延期になったが、(4−0−0−0)と完璧で日曜まで終了。
スプリンターズSのパドックが良く見えたのは、キャンベルジュニア(8着)、ファインニードル(1着)、レッツゴードンキ(5着)、ナックビーナス(7着)、ムーンクエイク(13着)だった。
 馬場は雨が降り始めたが、前日思っていたよりは良かった。中伸び。レースは、前のレースから雨になって、見た目よりも馬場は重かった。かなりなハイペースで、前は粘るが追い込みも利かない流れ。ナックビーナスが最高の位置にいたが、「軸馬指数」に書いたようにツナギが柔らかく、惚れ惚れするような歩き方をする馬で、朝から乾いてきていたのに、歩きが美しすぎて夕方の雨はかわいそうだった。
 外から差したのはファインニードルだけ。この重い馬場でハイペースで行ったので、後方は追走だけ。ファインニードルは川田が終始落ち着いていて、さすが川田という文句の言いようのない競馬だった。
 かわいそうなのは武のラインスピリットで、前が3頭壁で、直線に入って何も追えず、外にも出せず、じっとしていて追ったのは最後の100mしかなく、開いていたら勝っていた可能性が大だった。母系にマルゼンスキー×テスコボーイとウイニングチケットの近親なのが泣かせる。

9/29  15−20℃  雨  風・北北西→東北東
■今日は天気が読めず、G1のメルマガを送信する気になれない。ネットと光電話の「光コラボ」で毎月600円(最初の年は1000円)安くなることが分かったので、乗り換え。wifi も独り暮らしなら要らないから、300円外す。合計900円(初年度は1300円)安くなる。
 ついでに、電気自由化で、東電の子会社が安売りしているので、子会社がやるなら入らないと損だから、シミュレーションして年に2万円くらい安くなるので、乗り換え。東電の子会社が、東電より安い電気を供給するなんてアリなの?? まあ、台風の進路を見ている間に、競馬はあたるし、何から何まで儲かったからいいけど。
■シリウスSは「軸馬指数」25点差トップのオメガパフュームが楽勝。和田も最初から出たなりで少し外めに出して、まくれる態勢にしただけで、あとはそのまま我慢。3角から自然にマクって楽な勝ち方。まだ、余力はあった。これで高配当だから、がっはっは。まあ、明日の天気読んでるから、ガハハとか言って、喜んでいる気になれないが。

9/28  14−26℃  晴  風・北北東→南南東
■競馬はギリギリやれそうだが、JR西日本が近畿圏の日曜午後からの運行停止を検討し始めた。電車が停まったら100%競馬は中止になる。観客を入れずに競馬だけやったらよいと私は思うが、今でも競馬場に行って馬券買わないと困る人がいるのだろう。少しだろうけど・・・。

9/27  15−17℃  雨のちくもり  風・北北西→東
■ホワイトライオンを検索していて森下学説と出会う。食の基本、腸管造血説、経絡造血説。腸管造血説は千島学説で知っていたが、経絡造血説は知らなかった。ガン細胞は血液に戻せばよいというのは一考の価値がある。霊性の高い人は、生命のピラミッドの頂点がホワイトライオンだと主張している。大事なもの・・・日本の広葉樹林。縄文から江戸時代の日本人の生き方。北極熊に白い方が色的な隠れ蓑になって生きやすいのに、黒い個体が出現しているのは、なぜなのか。→あるべき自然への回帰?
■台風は日曜夕方に、鹿児島と宮崎の境あたりで、日曜の競馬は無事開催と読んだが。JRAは晴れ男なのか、雨男なのか。

9/26  19−22℃  くもり時々雨  風・北北東→東
佐藤かずあき・くりがしら さんの『重賞・イラスト日記』2018年前期が発売されました。Kindle 本でアマゾンに出ています。よく調べて勉強しているなあと感心します。読者諸氏の参考になると思います。
 私の立場から言えば血統論は驚くことはないけど、ほんとうは目からウロコのことがあってもよいのではと思うんだけど。もう、今の時代では新趣向はなかなか、ないかも・・。
■風向は12時と18時にしました。私がバスで出かける時間と帰る時間です。

9/25  21−25℃  くもりのち雨  風・北→北北東
■「新潮45」が大揺れになって休刊したらしい。
「新潮45」休刊発表を読んでみた。
「満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。彼らの触る権利を社会は保障すべきではないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。」
(文芸評論家・小川榮太郎氏「政治は『生きづらさ』という主観を救えない」より、一部中略)
 凄い。これで文芸評論家が名乗れるなら、誰だって名乗れる。新潮文庫は若い頃、飽きるほど読んだが。どこの出版社も、真人間は出世しなくなってきたということは感じてきた。活字の世界は、これからどんどん将棋倒しに倒れていくということは間違いないと思う。最盛期は私の認識では35年〜40年も前だ。
■永六輔が好きだった。彼の Wikipedia から辿っていくと、周囲の人の寿命は、野坂昭如85歳、永六輔84歳、小沢昭一83歳、大橋巨泉82歳、三木鶏郎80歳、井上ひさし76歳、三木のり平75歳、谷幹一75歳、青島幸男74歳、渥美清68歳、中村八大61歳。男の平均寿命は81歳。もう、総人口も減少を始めたし、平均寿命は伸びないと私は思う。
 朝起きて、考えることは、今日はなんのゴミ出しの日だったか。何を食べるか。身体を動かすか。血統予想は何時間やろうが気にもならないが、適当に1日6時間くらいやるか。少ない日があっても良いなあと。
 ほぼ広義の団塊の世代の仕事仲間は、F、K、F、K、H、Mと亡くなった。世話になった先輩は、M、S、I と亡くなった。昨年、生き残っている人には、リタイアしている人も含め、全員挨拶はしておいたからもういい。神経使い潰す熾烈な仕事だったが、私はギャラの安い家でやる校正をやって、パソコンいじったり、モーツアルト聴いたり、相場やったりしながらだから、なんとか息抜けたから生き抜けた。ギャラの安い仕事は取り合いにもならないし、プレッシャーもないから、幸せの原因と言えなくもない。仕事は、べつに高給とればいいというものではない。
 TV観てても退屈だし、アンテナ無いと売買の書類に書いていたからTVは捨てた。(2カ月経ってあるのに気付いた)。ラジオでも楽しむかと思ったが、若い頃は深夜ラジオブームで、皆、深夜ラジオ聴きながら高校・大学を過ごしたから、今さら聴いても楽しいこともない。音楽はジャズに淫したし、そのあとはモーツアルトやショパンだから、聴きながらの生活は延べで20年くらいにはなる。もう、勇んで楽しみなほど聴くものがない。
 けっきょく、音のない生活を暑い7月から続けている。松山の子供時代なら虫や蛙や蝉の声が、朝から夜中まで、一日中やかましいほどで、東京の親戚から泊まりに来る人は皆眠れなかったみたいだが、今の首都圏は蝉も虫も蛙も鳴かない。
 今日は雨で、午後から雷が鳴っているので心地よい。雷というのは、非常によくできていて、不愉快に聞こえたことがない。あれほど、楽しい音も珍しい。そう思いながらスプリンターズSの「軸馬指数」を採点しながら、聞くともなく聞いている。
 競馬の仕事はライフワークだから、べつに苦痛はないし、絶好調時でないと楽しいほどでもないが、呼吸しているようなものだ。
 最近は、心の奥底に何が沈殿しているか、時間は無数にあるから探ることにしているが、巧くいったら昇華できるだろう。頭と身体の力で生きてきたが、心にも力があるかもしれない。

9/24  21−26℃  くもり  風・北→東北東
■エポカが躓いて、ダンビュライトが跳び上がって、出遅れ。競馬もけっきょく、半分は運だと割り切るしかないかもしれない。そういう運も因果律だと悟ればいいのか。

9/23  19−27℃  晴・くもり  風・東南東→南東
「軸馬指数」は4着と3着で【16−13−11−39】。
 スタートでエポカドーロが躓かなかったら、ダンビュライトが跳び上がって出なければ、どちらも◎◯▲のきれいな3強対決だったが、勝負事だから仕方ない。2着でも3単は12点で17倍だから遊びにはよかったのに。
 昨日の夜に仁川と船橋に箒にまたがって飛んでいってゲートを磨いておくべきだったか。でも、まあ、いいや。お金は失ったが、考え方で失うことは何もなかった。読者の888888プレゼントの人とは、サインをするかしないかメールで掛け合い漫才になって楽しかった。
 きれいな批評で終わるなら、ダービー馬2頭がどうなるかの週だったが、どちらもなんとか勝った。私は両馬とも軸にしなくて○▲だった。でも、勝ったといっても、1/2とクビ差なんだけどねえ。マカヒキ以来のダービー馬は強いのかどうなのか微妙ではある。
「ホースレター」は(1−0−1−3)で【43−38−23−89】。
オールカマーのパドックが良く見えたのは、アルアイン(2着)、ガンコ(7着)、ダンビュライト(3着)だけだった。レイデオロはうるさかった。
 馬場は中伸び。レースは、スタートでダンビュライトが跳び上がって出て中団がやっと。私は天井があったから、天井を仰いだ。あとは予想どおり流れて、好スタートのインのアルアインが楽な競馬で抜け出して、ダービー馬が貫録でねじ伏せた。ダンビュライトは中団のインでイン差しを狙ったが、前が開かず、レイデオロに抜かれて、直線に入ると外へ出しかけるほど行き場がなく、最後はまたインに戻して伸びたが3着まで。
神戸新聞杯のパドックが良く見えたのは、ゴーフォザサミット(8着)、エタリオウ(2着)、ワグネリアン(1着)、ステイフーリッシュ(5着)、エポカドーロ(4着)だった。
 馬場は内伸び。レースは、スタートでエポカドーロが躓いて出て後方から。思わず天を仰いだ。リズムを崩してスイスイと走っていなかった。逃げたメイショウテッコンもパドックでうるさくて、縦長の馬群になったが、楽な逃げでない様子。四角できれいにワグネリアンが抜け出して、ケツから追い込んだエタリオウはあれしか手がない。スタートでエタリオウは少し挟まれて下がったが、レース後、ミルコが悔しそうな顔をしていたのは、そのことではないか。もう2列前で差したかったか?
 エポカドーロは好位で後続を待ってないといけないのに、終始急がせながらの追走で、慣れない追込競馬とあって競馬になってなかったので、ワグネリアンの後ろまで来て内によれてしまった。
 あとは、距離延びてエタリオウが脚質的に不利な追い込みが本番で利くかどうか。私はレース後の顔を見ていて、本番は中団からイン差しするような気がするが。

9/22  18−28℃  くもり一時雨  風・東→南東
■「最後は「免疫力」があなたを救う!」堀康典、をアマゾンの Kindle 本であっという間に読み終える。私は校正の仕事をするのも、1時間に2万4000字は読める。遊びの読書は、文庫本で40分だ。だから、若い頃は文庫本は買わずに、毎日1冊、調布駅の北口の本屋で立ち読みしてから家に帰っていた(オイオイ)。本屋の人も何も言わなかった。むかしは本屋は売れたし、学生は金持ってないと決まっていたから、たまに立ち読みで終わらない本を買うと、優しくしてくれた。
 堀先生の風邪くらい罹って免疫力付けたほうがいいというのは賛成だ。むかしは、「はしか」なんか、どんどん罹れと親は言っていた。早く罹ると後が楽だからだ。だから、日本には「そんなもん、はしかみたいなものだ」という言い方がある。
 こういう本が基本だな。
 競馬の話だが、今日はききょうS以外は全部外れた。まあ、はしかみたいなものだ。問題は明日の2重賞だ。

9/21  16−21℃  雨のちくもり  風・北北西→北北西
■今日は金星の最大光度らしいが、天気予報が外れて、ずっと雨で、見ることができない。そのかわり、朝のゴミ出しの6時半だけ、雨は傘が要るかどうか際どいくらいまでパラパラになって、家に入ったらドシャドシャ降った。今週はほぼ毎日雨だったが、家電買いまくって溜まった種々のゴミ出しが、月曜から金曜まで毎日あったが、スケジュールどおり、今日の燃えるゴミまで全部OK。ゴミ置き場の掃除当番の日の午後も晴れた。
■デロンギで洗濯物乾かす試験。合格。デジタル・タイマーもOK。
■エアコンは三菱の4年前の型を外してまで日立にしたが、やはり正解。カラッと除湿は、冷風が出ない設定にすることができるのは日立だけ。これで1年中雨の日は除湿できて快適。今日も部屋の湿度は41%だ。私に言わせれば、加湿なんて冗談でしょう、の世界。むかし、加湿器が流行ったが、あれは細菌培養噴霧器みたいな物だと思っていた。日立のカラッと除湿は古風な「送風」モードもあるし、eco機能もあるし、このエアコンとダイキンの空気清浄機があれば、西以外の陽当たりの悪い今の家でも、部屋干しでも快適。それは流山から実証している。外の空気のほうが汚れていると思う。
「メルマガ」の的中自選集は、6月から7月にかけての引越スランプ?で更新を忘れていましたが、追加しておきました。

9/20  18−24℃  くもりのち一時雨  風・北東→北北東
「ブログ」のコーナーにある弟のブログの、9月12日の処に、家にあった火鉢の話が。弟も大火傷して今でもアザが残っていると書いているが、私も4歳の頃、上の縁に登って、縁の上を歩くのが好きで、ある日も曲芸師風に歩いていたら火鉢の中に顔から落ちて、患者さんの待合室の火鉢なので、山ほど赤い炭火が燃えたぎっていて、顔に何年か焼け跡が残っていたのを覚えている。あの火鉢がまだあるとは・・。
 松山沖に来た清の国の船から病人が出て、祖父のやっていた病院に診てもらいに来て、鎹(かすがい)継ぎという秘法で火鉢を修繕してくれたのだそう。診察の御礼なんだろうか。我が家が清と交流があったとは・・。後に、父は戦争で中国へ行くことになったが、なんとか奇跡的に生きて帰ってきた。火鉢の縁のおかげか? 黒檀の大きな座敷の机も残っていてほしかったが。

■『サラブレッド配合史』は2版の素読み校正していただいた非常な功労者の森行氏の一家から、あと1冊送られてきているだけで、もう実家も私のも使ってしまって、もう掻き集めても、どこにもありません。3版の25冊とかのプレゼントは競馬通信社の原稿料代わりだったのです。長い間、ほんと、ご苦労様です。ご応募いただいてありがとうございます。栃木の最多落選の方、無念ですね。鉱物趣味があるそうで、石なら、日本屈指の元コレクターですから、いくらでもプレゼントさせていただきますが。
■フィリップスのオイルヒーターが16年使っても、まったく壊れない。さすがに気持ち悪くなってきた。400wから1300wまで上げることができるから、プラグは少しは熱を帯びるが許容範囲。でも、タイマーがアナログだから、回転音がうるさいと言えばうるさい。それで一晩いちばん低い400wで点けっぱなしでも電気代はもったいない。朝方だけでよいからだ。冬の間、月に6000円損すると、一冬で1台新しい安いのが買える。今の時代のはエコモードとか、多少は機能upもしている。暖房器具は掃除機とかと違って、機能upしたものが安全性でも良いだろう。
 デロンギのオイルヒーターで型落ちの安いのが1つだけデジタル・タイマーで音がしない。この型はデロンギらしくないフィリップス式の開放型フィンだが、私はデザイン的に日本人が嫌うこの開放型が断然良い。変なところにゴミが入ってしまう懸念がないからだ。日本は最初からデロンギ全盛で、誰かデロンギと言い始めると皆デロンギになる風潮の国だから、フィリップスやユーレックスを知らないみたい。
 型落ちだから部品の定例サポート期限が3年半しかないが、オイルヒーターは単純原理だから壊れないのは知っているし3年保証だ。元は3年で取れる。だから買い替えたが、操作性もよく正解。フィリップスよ、設計的に暖かいんだけど、ゴメン、ご苦労様。コンセントを圧力良いのに取り替えたら、まだ使えそうな気もするがよくわからん。
 月・祝曜に到着して、着いた途端に、しっかり雨になる。私のデロンギは濡れなかった。雨が降ってもいいようにダイキン空気清浄機みたいにビニールカバー掛けておけばいいのに。晴れ男だから、雨になっても間に合うけど。
 空気清浄機や帽子やオイルヒーターの余った緩衝材や段ボールを今日のゴミ出しで捨てて、家に入って寝直すと起きると雨になっていた。ゴミ出しも濡れず。

9/19  18−26℃  晴のちくもり一時雨  風・北東→南東
■大宮へ8年ぶりに行って驚いた。まったく別の町になっている。大きな商業ビルの1階を抜けて、人の流れが東西にあったが、そこがばかでかいパチンコ屋になったので、人の流れが止まった。あとは、デパートや銀行、歓楽街だから、普通の人は行かない。流山に住んでいた頃は毎週1回、大宮に行っていたが、驚いた。
 代わって、西口が、東急ハンズの入っているビルや、ビックカメラやCoCo壱番屋とかドトールとかあって明るくて、これからは誰もが予想だにしなかった西口の町になるんだろうなあ。三菱銀行など東口の目立たないところにあるけど、早く西口に移転すればよいのに、決断力がないのだろうなあ。公共料金の訂正来たので払いに行ったら、漫然と非効率な店舗運営をしていた。
 国分寺、町田、下北沢、大宮と変わってしまい、個性的な町がなくなっていく。

9/18  22−28℃  晴のち雨  風・東→南南東
■888888プレゼントは、当選者決まって、メールでご住所聞いたら、なんとまた愛知。愛知と岐阜が多いなあ。名古屋競馬に鈍行の大垣行きの夜行列車で行っていた頃は、なにしろ、東京千四ダートを逃げ切ったアラブの追っかけで行ったりだったから、何年か調べて思い出していると、歳がばれるから、万年二十歳の私にはできない。栃木の人、お元気? ガンが消失した方、当選でなくてよかったんじゃない? あまり良いこと続くと、運を使い果たすと、タケシが言っているよw ともかく、皆さん、お元気で。今回もいろいろありがとうございました。
■(日記は下から上に読んでください)それで、大宮のハンズにベッセルのマイナス・ドライバー買いに行く。プラスはベッセルを一通り揃えていたが、まさかマイナスは1本で十分と思っていたが、そうか止水栓があったか。
 時間余って眼鏡屋に行ったら、先日、洗濯機の下に防振ゴム挟むときに、洗濯機と壁の間に顔を挟まれ、メガネがパリンとレンズが外れて、フレームが歪んだ。ナットのようなペンチのようなもので挟んで、レンズを布でくるんで挟むと、パチンと音がしてレンズは入った。ついでに、フレームもペンチで曲げてもう一つのメガネと同じ角度にしたが、今日メガネ屋で測ってもらったら、少しズレていた。どうりで、焦点が10cm遠去かっていたわけだ。
 電車で川越に戻って18時のいつものバスに乗ったら、池袋の近くでゲリラ豪雨だとか、東京のどこが豪雨だとか話している。私の行くところは天気予報は外れ続けて、ずっと晴れていた。帰宅して東京電力の降雨サイトを見ると、なるほど午後はずっとどこかで雨だ。私は晴れ男だから今日も関係ない。雨がスレスレで、ずっと私から逃げていった足跡を辿れた。風呂に入ろうとすると、突然豪雨になる。おお。いつもどおりだ。
■台所の蛇口が、日曜夜に突然バカになる。水道工事屋さんに電話しまくるが、どこも今日はムリとか。あれは、夜中はやりたくないから電話番だけなのでは? タウンページも地元の町の工事屋さんを探したら、幸運にも1人見つけたので、近所の者です、水止めて欲しいんですけど、と言ったら、地元だからか、深夜でも、やはり来てくれる。こびりついて私のマイナスドライバーでは回らない止水栓を、ベッセルの大きいので回したら動き始める。お金はいらないというのを、ムリに受け取ってもらい、翌朝、教えてくれた方法で、TOTOの修理番号に電話して型番言うと、今朝すぐ来る。さすがTOTO。出張費2500円で迅速。ワンレバーの15年前の型らしいから、この家は15年前くらいに徹底的にリフォームしたようだ。どうりで、きれいに見える家だ。パッキンかと思ったら、そのなんとか言う筒みたいなシステム部品全体がヒビが入って割れていた。あれじゃ、緊急水道屋さんが来ていたとしても部品がない。その業者さんがTOTOの修理窓口まで教えてくれたかどうか。

9/17  22−31℃  晴のち一時雨  風・北→北北西
「軸馬指数」は2着と2着と2着で【16−13−10−38】。
 レインボーSとセントライト記念が、思ったよりも高配当で気分良し。校正を微細にまで減らして、競馬だけやっていると、ほんと楽。
 シャルドネゴールドも、レイデオロも3連系の配当が良く、ローズSこそ、人気がない読めない馬が紛れて来たが、他は幸運だった。連対確率の高そうな馬が2着に負けると、ほんとうに配当効率が良い。
「ホースレター」は(0−4−2−0)という珍しい数字の並びで【42−38−22−86】。

セントライト記念のパドックが良く見えたのは、ギベオン(13着)、グレイル(3着)、ジェネラーレウーノ(1着)、ダブルフラット(14着)、レイエンダ(2着)だった。
 馬場は内伸び。レースは、スローで始まって、タニノフランケルがハナへ。離れた2番手のジェネラーレウーノはスタートも良かったけど、このスローで絶好の位置。皐月賞のエポカドーロみたいになった。さすがに、先行も差しも五分の展開だが、なにしろ、馬場が阪神も中山も内伸び馬場で、先に抜け出したほうが有利な競馬続き。これでは、パドックも抜群に良く、馬体重も増えて成長も窺えて、展開も嵌まったジェネラーレウーノを差すのはムリだろう。

9/16  20−27℃  晴のちくもり  風・南東→南東
ローズSのパドックが良く見えたのは、サラキア(2着)、センテリュオ(7着)、サトノワルキューレ(6着)、ゴージャスランチ(4着)、ウラヌスチャーム(5着)だった。
 馬場は内伸び。レースは、◎サラキアが出遅れ。パドックはいつものように落ち着きがなかった。二の脚はいつものように速く、すぐ中団へ。馬体が増えていたのが春との違いで、使っても食いが落ちなくなった。馬場が極端な内伸びで、ルメールのカンタービレは狙ったような乗り方。最近のルメールはボケていると書いたが、またシャキッとしてきた。札幌のモレイラやワールドJシリーズ効果だろう。
 サトノワルキューレは仕上げだけ仕上げてきたという感じで、成長はなく腹目も薄かった。本番へのプラスがあるかどうか。角居厩舎からの変更・転厩で、時計は出ているが勢いは感じなかった。軸をやめて正解だった。

9/15  19−22℃  雨  風・北北西→北東
■レインボーSは「軸馬指数」が20点差だから、◎シャルドネ連対確保と信じて、3単を流しで十分。
 あとは相場で年に1回の中相場と、10年に1回の大相場で蓄財、という人生の継続だ。
■競馬と相場で食うという夢は、1日の時間がたっぷりあるから、なんとかしたい。年金もあるから。相場はチビチビで毎週、コンスタントにちょいちょいと、樽に浮いている落ち葉を拾うような簡単なときだけ出動している。上下に動きそうなときは、9時前の先物で仕掛けておくのも一法だ。そのスキルも月に2回ほどやる。年に1回は(チビチビでなく)中くらいの相場があるし。

9/14  20−24℃  雨一時くもり  風・南東→南南東
■(ネットの産経ニュース)
「台湾の外交部(外務省に相当)は14日、台北駐大阪経済文化弁事処(領事館)の蘇啓誠(そ・けいせい)処長(61)が同日朝、自殺したと発表した。外交部は自殺の動機は明らかにしていない。(中略)
 台風21号の影響で関西国際空港に多数の旅行客が取り残された問題をめぐり、台湾人旅行客への支援が不十分だったとして、日本にある台湾の出先機関の対応が批判されていた。この問題では、中国の駐大阪領事館が大型バスを手配して中国人を優先的に避難させたとの虚偽情報もネット上に出回っていた。」
 なんのこっちゃ。何が真実で何がデマで、なんでそれで死ななきゃいけないのか・・。

9/13  18−26℃  くもり  風・北東→南東
■北海道の人は無事だったけど、栃木の人メール来ないけど、お元気でしょうか? 888888の抽選は、べつに「軸馬指数」の読者限定ではありません。そうだ、読者限定にすれば良かったと今思ったが、もう遅いです。オール、ウェルカムですから。あと、かつて、東北(福島以外)と北陸3県がなぜか、いらっしゃったことがない。競馬が盛んではないのかな? 私の読者は首都圏か中京地区の人が多いですねえ。

9/12  18−25℃  晴・くもり  風・北北東→東

■ホームページが888888アクセスになりましたので、森行氏から提供のあった『サラブレッド配合史』第2版(箱入り豪華装丁版)1冊を、抽選で贈らせていただきます。ヤマトかゆうパックの日時指定(ご希望のほうの会社で、郵送料は発払い)ですので、お申し込みください。栃木の鉱物集め始めた方、何度も外れてすみません。お元気ですか、諦めずにお申し込みください。18日正午を締め切りとします。serabi3939 ★ yahoo.co.jpまで。★は@に替えて前後のアキは詰めてください。
 同じIPアドレスからは1日1アクセスしかカウントされません。ページが多いのだから、何度でもカウントするようにすればよかったと、よく言われますが、まあ、しゃあない。5倍くらい行ったかもしれませんが。それよりも私は予想だ。

9/11  21−25℃  くもり  風・北東→東
■九寨溝飯館 @eggtokyo氏の2018/9/7のツイート
関西空港に取り残されている中国人を救うべく、中国の在大阪大使館手配の下、大型バス15台が手配され、中国人のみを対象に救出作戦が行われたようです。バスに乗った人々は「偉大な中国を実感しました」「中国愛してます」など賞賛の声が上がりました、と、中国では結構大々的に伝えられてます。
 日本人は関空に取り残されて、壊れそうな日本を実感しました、という意見が多数。北海道電力でも、指くわえて決断できずにいたら需給バランス崩れて北海道中が停電。札幌だけ止めてしまえばいいのに、頭では理解できている社員も決断力は無かったということ。地方電力と言えばエリートの集まりだったが、いくら勉強ができても、決断力が無ければ、AI以下でしかない、ちゅうこと。


■これが地元のバス停で行くときに見て驚いたが、先日稲穂の写真を載せたのだけど、もう稲刈り終わっていた。もう、完全に秋だ。18時9分のバスで帰ると、先週は明るかったが、今週は暗闇の中を走って行った。日が短くなるのは、1週間に7分ずつくらいか。速いものだ。

9/10  23−30℃  くもりのち雨  風・南南東→北西
■北海道の読者の人から嬉しいメール。ガンは消失し、東京の大病院を紹介しようとした医師は拍子抜けして呆れているそうだ。そりゃ、「軸馬指数」読んでいれば元気になるさ。あれにはエネルギーが籠もっている。
■今日は20年前に住んでいた白山のホームドクターのところに体重量りに行く。運動も必要だし、どうせ競馬週刊誌を買うために週明けは外出の必要あるから。行きは天気予報は外れて降らず。板橋で新板橋まで200m歩いて都営三田線に乗り換え。町を歩いていると宝くじ売り場が目の前にある。川越の真人間の人に釣り込まれて、先月に川越で買った宝くじを思い出して調べてもらうと、1000円の配当。その配当で、また1枚ずつ2種類の宝くじを買う。凄い。売り場まで近寄ってくる。今度は1億円ではないか? 体重量って、医師に「腎臓が悪いならカロリー摂りなさい」と言われて、そば屋でカレーそばにコロッケ。家に帰り着くバスでは、ほとんど雨は上がって、傘ナシで歩けるくらいだった。相も変わらず、雨までやんでくれる。家に入ると、またまた6時間、どしゃ降りが続いた。
■昨年2月の急性腎炎は酷かった。今回は、それのソフト版。体重減少の持続。寝床から立ち上がるときに足に負担=起立性症候群。空腹。足の軽いむくみ。けっきょく、それは1日1食ベジタリアンの弊害だ。4つの症状が昨年よりも、4つ揃って軽いだけだ。
 それで先週火曜から、パン、ウインナー、森永のプロテイン・バーを食べているが、それでは追い付かない。エネルギー総量を増やすことにして、今日から暇さえあれば、胃薬飲みながら何かを食べるという、食べるマンに変身する。昨年は起きているのが辛いほど酷かったし、黒い水様性便や血液まじりの軟便が4日続いて、毎日の便の写真は撮り続けたが、さすがに医者に行かなくても、大腸ガンだと分かった。それから、検索しまくって、大量の乳酸菌と酪酸菌を摂取し続けて、2週間校正の仕事休んで、予想は好調を持続し、家賃を払い忘れ、大家が弁護士立てて契約解除だと督促してくるから、反論の長文を書きまくる日々という恐ろしい冬・春だった。そのうち、きれいな便に変わった。医者嫌いも(たまには幸運に)得なこともある。今年は2度目だからなんとかなるやろ。

9/9  22−32℃  雨のち晴  風・南南東→南南東
■「ブログ」コーナーの弟のブログも、北海道だから台風と地震でめちゃくちゃだな。牧場もいろいろやられているんだろうなあ。読者で北海道のガンの方、まだ生きているよね。メール出すわけにもいかんし。
■来週から、校正は1日1時間だ。いくら仕事が好きだからって、嬉しいなあ。毎日考えるのは、何を食べるかと、ゴミ出しは何曜日に出すかだなあ。あとは競馬だ。やっと、人間的になってきた。
「軸馬指数」は1着と着外で【16−10−10−38】。
「ホースレター」は(2−0−0−3)で【42−34−20−86】。
オータムHのパドックが良く見えたのは、ロジクライ(3着)、ロードクエスト(4着)、ヤングマンパワー(8着)、ミッキーグローリー(1着)、ワントゥワン(2着)だった。ヒーズインラブは+8kgと太く見えた。
 馬場は内伸び。レースは、ウインガニオンやヒーズインラブなど折り合いを欠く馬がいる中、やや後ろ目の外で、ミッキーグローリーは落ち着いていた。フォトパドックがなかったが、パドックは抜群だった。中山も好成績でAJGの資格もあったから差はなかった。
 ワントゥワンも外から伸びた。ディープインパクトのワンツーで、切れ味勝負となると、目立つほど強い。マイルの良馬場で、速めの平均ペースで、32秒台の決着で、こうなるとディープは強い。
セントウルSのパドックが良く見えたのは、ダイアナヘイロー(11着)、ネロ(6着)、アンヴァル(10着)、ファインニードル(1着)、アサクサゲンキ(12着)だった。
 馬場は重。レースは、超ハイペースでラブカンプーが逃げ、ネロが追走という流れ。重馬場にしては速い。ファインニードルは58kgだから良馬場がベターだったが、8枠は強いレースで、今日も外を回してジャマされずに力を発揮できて、枠も良かった。ラブカンプーも泥臭い血統だけに初の重馬場も良かったようで、この馬も枠も合っていた。
 他の馬は、絶好調そうな馬もいなくて、結果もテキトーにマチマチだった。

9/8  25−32℃  晴一時雨  風・南→南南東
■いちおう2階建てだから、ダイキンの空気清浄機を1台買い増す。「加湿機能付き」というのは修理屋のブログ読んでいると、オゾンが機外に漏れる構造らしく、ぜったいダメ。オゾンなんて海岸にあればいいので寝室にあったら人によっては健康を害する。とすると、1台しか買う物がない。それを買ったがガッカリ。今まで使っていたのは14年前の型で、わりとダイキンのきめの細かさで複雑な手入れが必要だったが、今度のは機能が増えて複雑すぎる。機能は増やせばいいというものではない。「送風」モードのなくなったエアコンみたいなものだ。そろそろ、日立のシンプルな方に移るかなあ・・。迷う。掃除機も今のサンヨーが壊れ始めているが、日立のは排気フィルターが7枚フィルターで、安いけどモーター性能は日立と並んで評価の高い東芝と、どちらにするか迷っている。まあ、掃除機だから電源喪失はないだろう。
■@@の駅ハイの校正は、あちこち歩き回った私には簡単で楽しみの多い校正だったが、あまりに得意すぎて、東大の赤門は土日閉鎖と書かれているが、両脇の小さな門は開いているんじゃないですかとか、指摘して、担当者たちに(妬まれたか)イヤミされるので降りる。仕事というのは、金よりも大事なものがある。生まれて以来、その筋は一度も曲げたことがない。
■16時−18時に、佐川、ヤマト3つ、ゆうパック、ネットスーパーと配送依頼。昼過ぎと直前にパラッときたけど、16時にはピタッとやんだ。どれも濡れずに済んだ。『配合史』第2版を森行氏が888888のキリ番用に用意してくれたが、合わせる顔がないので、恥ずかしくて、今日は荷物を開けられなかった。
■今日は、レースはあきまへん。マウレアは決め手ないから3着とみたけど・・。レッドベルローズは外枠で好スタートまでは良かったが、前に壁が作れず、ずっと折り合い欠いていた。6枠でノームコアの後ろがベストだった。世の中うまくいきませんなあ。

9/7  23−31℃  雨のちくもり一時晴  風・南→南
■ツイッターが言論に制限加えているという理由で調査入るとの報道で1日6%安。私のツイッター・アカウントは削除された。有名投資家や日本の年金が、グローバルなアップルやアルファベットの株を買いまくって、NASDAQは急騰していたが、急落に転じる。皆が買って、それに倣う人も買えばもう買う人はいない。日本の証券ステラジストは、夏になると、皆、アメリカのハイテクやグローバル企業を買わないと儲からないじゃないか、と宣言し始めた。この人たちは冬のトランプショックで、売るな売るなの大合唱していた人たちだ。だから、そろそろ、グローバル企業の暴落が始まると思っていた。狙いどおりだ。年収が何千万の日本のバカどもが、メルマガで買え買えという頃は暴落の足音がしているときだ。いつもそうで、30年例外がない。私のメルマガも「マネーボイス」から掲載の打診あったが、今年は、今は買うな買うなと書くからか話は流れた。
■グッチに続いてバーバリーもミンクなどの製品を作らないと宣言した。これで、毛皮の襟巻きをして喜ぶという野蛮な風習も廃れていくだろう。アフリカの猛獣刈りツアーも禁止したほうがよい。

9/6  22−34℃  晴  風・南南東→南南東  胆振で震度6強
■火星大接近があると、世界のどこかで大地震があるから要注意というサイトはあったから、地震が来て、またかと思った。前に大接近の時は流山の野原で火星を観たが、もう14年くらい経っただろうか。懐かしい。

9/5  25−34℃  晴  風・南→南
■その日は、メガネは巧くいくし、アトレは5%の割引があるアトレカードに誘われて即日発行。お祝いに商品券500円もらって地図買いに本屋に入ったら、本店から来ていた本屋の古参の人がマガジンハウスの40年前の話が詳しくて、お互い、40年前の出版業界の話に花が咲き、ここで500円の商品券で「ポケット地図」を買ったらタダやという妄想を隠して、商品券を鞄に戻したつもりが平積みの本の上に置き忘れ。あとでカード発行カウンターに届けてくれて、後日郵送されてきた。この時代に、真人間は、あちこちいるんだ。
■8月に川越で一気に用事を11個片付けた。急いでアトレに行ったら、ビルの外にひっそりと宝くじ売り場があったから、そこでくじ買っている女性に、「ここがアトレですよね。入り口どこですか」と聞いたら親切に笑顔で教えてくれた。川越来てから道聞いて教えてもらえたのは7回目で初めてです、と言ったら驚いていた。去ってから、考え直して「真人間に出会ったから、くじ買おう、あたるんじゃないか」と言いながら買ったら、その女性に笑われた。そのくじが、2枚買って1000円当選。ここまで人生で10万円の当選金や、1万円数回など、毎度1枚しか買わないのに、人生トータルで確実に儲かっている。暗算で確率計算できるが、いちばんよい方法は、買う機会に1枚ずつ買うことだ。

9/4  22−29℃  雨  風・南南東→南南東  台風21号は室戸へ。
■私はダイキンの空気清浄機のファンだけど、「加湿」機能付きのはダメです。あれは家電修理屋のブログを見ると、殺菌のオゾンが機内だけでなく、機外に意図して漏れ出すようになっているそうで、オゾンと相性悪く健康に悪い人がいるそうです。そういう人でダイキンを怖いとなると、日立のほうがシンプルな形状でいいかもしれない。シャープは誇大宣伝みたいでねえ。日立はまじめなメーカーだから。
■各所に電話したが帽子が見つからない。梅ヶ丘公園の写真で被っていたキャスケットだ。写真撮っていただけよかったけど、6箇所聴いて、あと2箇所。まだ、諦めない。今日は、朝のゴミ出しと、夕方の郵便ポストを見る時刻だけ10分くらい雨がやむ。人生もこういうふうに巧くいけばラクチンだなあ。

9/3  22−25℃  雨一時くもり  風・南東→東
■今日は12時のバスに乗るのに家を11時50分に出る。朝から雨だったが、11時45分に雨が上がる。やはり、晴れ男だ。でも、12時10分まで、ときどきパラパラ小降りになるので、慎重に、バスに乗り降りしやすいワンタッチ傘を持って出るが失敗。晴れ男なんだから、バス停で1分、降りて30秒降ったくらいで、やめとけばよかった。池袋の東京ハンズで買い物する頃は、晴れて暑く、上着も脱いで、買い物もハンズだから小物を次々にナップザックに入れていくから、帽子も脱いで、持ち物が5つになって、電車に座っていて、競馬週刊誌まで持って読んでいると、通路に持ち物を次々落としたりして、帰るとき気付くと帽子がない。やはり、最初だけ不便でも折りたたみ傘で出るべきだった。私が出かけると雨はやんでくれるのに、信用しなかった私のミス。

9/2  21−27℃  雨時々くもり  風・東北東→南東
■今週は校正の仕事が多くて、てんやわんや。そろそろ、2本か3本で済ませたいが、まあ今のは季節物だから、そろそろ暇になるだろう。暇になると住民税や健康保険も安くなるし、時間が余ってきて競馬に割けるので楽しみだ。
◆「軸馬指数」は3着と着外で【15−10−10−37】。枠で嫌うなら、新潟記念でなく札幌2歳Sだった。勘悪し。
◆「ホースレター」は(0−0−2−3)で【40−34−20−83】。
新潟記念のパドックが良く見えたのは、ブラストワンピース(1着)、ストーンウェア(6着)、レアリスタ(12着)、グリュイエール(10着)、セダブリランテス(7着)だった。
 馬場は中外伸び。レースは、ブラストワンピースが下げて外回して、余裕の追走。1枠の不利を余裕でこなして、直線は大外へ。追い出してから、外ラチへ向かっていって直千競馬の馬場の良い大外を利して楽勝だった。パドックもそうだが、小倉2歳Sのパドックとは大違いで、寂しいメンバーで、2着に20キロ増のメートルダールが来てしまう始末。どこかで一発をと△か▲に狙っていたショウナンバッハまで来てしまった。これでは、枠以外に、人気になりすぎた面もあって、ブラストを嫌ったのが裏目。
小倉2歳Sのパドックが良く見えた馬は多すぎるほどいた。今年のメンバーは例年よりもレベルが高そうだ。
 馬場は中伸び。レースは、シングルアップが出遅れて二の脚もつかず。荒れたインを通って追い上げていったが、直線で抜け出す力までは残っていなかった。ファンタジストはロードカナロア×ディープインパクト×デインヒルだから、ヒスマジェスティのクロスになる。血統は良いが、前走がイマイチだと思ったが、中京や阪神組は甘めに採点したほうが良さそうだ。来年からも、そういうレースになっていくだろう。

9/1  25−30℃  雨  風・南東→北東
札幌2歳Sのパドックが良く見えたのは、クラージュゲリエ(3着)、ニシノデイジー(1着)、アフランシール(5着)、ナンヨーイザヨイ(11着)、ヴィクトーリア(7着)だった。
 馬場は中伸び。レースは最初が遅くて、どっと先行馬が押し寄せたが、そこから速めの平均ペースになって、先行馬は総崩れ。クラージュゲリエは1枠があだとなって、もう少し前に行って中割りしてほしかったが、ペースが緩まず、追走も危ないから、外へ出してマクっていったが、距離損が大きく最後は疲れた。向正面で、外がニシノデイジー、内がクラージュゲリエだったが、あれが逆なら結果は完全に逆だっただろう。
 ニシノデイジーはハービンジャー×アグネスタキオンだから重い洋芝が合っていた。ニシノフラワーの牝系で、中央場所でもソコソコ活躍できそうな良い馬体でパドックを歩いていた。


-------------------------------------------------------------



──────────────────────────────






─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2018 年 1 月 から 09月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつも私の書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。私は〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。私の人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5の私の環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトと私のG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとすると私が普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。私のページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元気な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元気もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」も私がわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみに私は Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人気なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という気になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。私の机は優しいから、昨夜、私にもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつは私も自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元気そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人気とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、私が電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、私のPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと気づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、私の希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・私も英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺気立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、私のせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、私の趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←