homeに帰る←






   日  記     レース 回 顧   4 × 3・5・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
私は「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で




─────────────────────────────────────────






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくら私のモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ダルニー奨学金」を支援しています。   ←click here

わたしたちの1万円の寄付で、東南アジアの1人の子供が1年間、学校に通えます。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった気がする


 最初の成功  ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を最低人気で快勝し、翌年の東京ダービーも制覇。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、ブーサックばりの名配合とベタ褒めして、なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外は私だけだったに違いない。




●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それが私の血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●

メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、私の本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
      (『血統論』とセットで1700円=過去4版中、これは割安大特価です)
血統論』(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(900円)
週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(600円)


─────────────────────────────────────────


 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 

無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────


●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している 無料メールマガジン  ●●●


この登録フォームからでも、簡単に、登録できます.

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 




・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。
「ホースレター」か有料の「重賞・メイン全馬の軸馬指数」を御利用ください。

メルマガ購読・解除
笠雄二郎の「今日の一言血統論」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 



─────────────────────────────────────────


●●● 有料メールマガジン も発行しています ●●●


笠雄二郎の有料メールマガジン

「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」

「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです)。

「軸枠・軸馬決定法「枠目論」」
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
など、

メルマガサイト〈まぐまぐ〉からの「軸馬指数」と「テクニカル・チャート」など、
有料メルマガのご購読は、こちらから 、申込可能 】です。
   ↑ click here.
(「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」、「枠目論」は休刊中です)


軸枠・軸馬決定法「枠目論」は、こちらからでも、枠目論研究所のページからでも申し込めます。
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
枠目論研究所は、トップページの contents の中段あたり、ここです。



「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」(月400円(税抜き))は、
多面的な切り口で、ご活用いただけます。競馬の19種類のファクターに触れながら、競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ」(月4000円(税抜き)・毎週 火木日 発行)は、
私は90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのは私くらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018/3/30 で、多忙につき休刊中です)


「軸枠・軸馬決定法「枠目論」」(月400円(税抜き))
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。

─────────────────────────────────────────




有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。

─────────────────────────────────────────



植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●



  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想の私独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。私のものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も気付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、トップページの contents の中段あたり、ここです。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 私は私 

私の予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています




─────────────────────────────────────────

(ホームページのデザインは、Internet Explorer に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。IE は「互換表示設定」にしてください。ブラウザの「表示」拡大サイズは 100%が想定です。私の愛用は、Fire Fox だったりしますが。
日記」は下から上に読んでください。)






























1/20  マイナス1−9℃  晴  風・北→北西
◆「軸馬指数」は1着と2着で【2−1−0−4】。数字をまとめてこないと東京戦がやりにくい。
◆「ホースレター」は(3−1−0−2)で【7−3−0−10】。先週の2つの不思議な凡走が悔しい。
AJC杯のパドックが良く見えたのは、ジェネラーレウーノ(4着)、フィエールマン(2着)、ダンビュライト(6着)、ステイインシアトル(8着)、シャケトラ(1着)だった。
 馬場は中伸び。レースは、フィエールマンが1馬身理想よりも後ろの感じ。コーナーで仕掛けたが反応悪く、まくりの反応良いシャケトラに置いて行かれた。その後は伸びているのだが、まあ、ルメールで特別2つ勝って、ここも勝てれば最高だが、そうはいかなかったりして。微熱の影響も見えないところで、わずかにあったかもしれない。こればっかりは次走を見ないと分からない。
東海Sのパドックが良く見えたのは、チュウワウィザード(2着)、インティ(1着)、スマハマ(3着)、シャイニービーム(9)、アンジュデジール(12着)だった。
 レースは、インティの遅めの逃げ。抑えて2番点のほうが将来は楽なのだが、このレースに限っては逃げたほうがアッサリ勝てる。どうするのか悩んだが、こういう楽勝続きの馬は、1973年に3冠を達成したセクレタリアトのように、前走逃げてなくても、もう面倒だ、とばかりに逃げたほうが楽。結果、31馬身差の楽勝で、NHKの13時のニュースでやったのを偶然見てしまった。インティは身体がまだフニャフニャだが、上がりが、116-119 というのもあったが、そういう馬だ。

1/19  1−11℃  晴  風・北北西→北北東2
■すみません。競馬は見ていたのですが、感想は書けませんでした。
 ネットスーパーが品物をネットに載せないので、ネットの商品陳列の画面を画像保存して、10日間これでは買い物にならない、そう文句言って、やりあっていたら、レース回顧は書けませんでした。まったく。
 ヴェンジェンスはあの競りになってハナを奪うことはない。3番手で十分。馬も調子が悪かったのか。騎手がルメールでも、ああいうことがあるのが競馬だ。しゃあない。他の2レースは完勝。

1/18  1−9℃  晴  風・北西5
■YAHOOニュース「客引き役の大学生が京都市内で女性に声をかけ、△△容疑者らが経営する京都市内のバーに誘います。そこで飲食させて後日多額の請求をし、払えなければ女性らを性風俗店に紹介していました。警察によりますと、客引き役として現役の大学生約20人が犯行に関与していたとみられ、被害にあった女性はおととし10月から去年11月までで262人、被害額は7千万円以上にのぼるとみられています。」
 なんとまあ、大学生のやることが、最近は凄すぎる。大学に補助金なんか出すからおかしくなるのでは。そんなに税金が余るのなら、血統屋にでも出してほしい。

1/17  1−10℃  晴  風・南南東→西北西2
■「宇宙や地球の雑学」の中の好きなものグッズを書き替えました。とうとう、酪酸菌gが腸内で大活躍するという論文が出ました。私が酪酸菌を摂ってきたのは良い勘でした。2017年2月の血便続きの日は、とても尋常ではなく、大腸ガンだったと思います。たぶん。
ブギウギ が、こんなに凄いとは知らなかった。仕事帰りのガテン系の人まで飛び入りで、これだけ弾けるとは。(という芝居撮影みたいだが。)
 人生は、これくらいのノリでないとつまらんなあ。私はそう思う。ジャズ喫茶でライブなんかやると、飛び入りでピアノの処に行って、前衛のセシル・テイラー風に叩きまくりたい衝動にいつも駆られる。もちろん、全然、上手に弾けないけど(笑)。ノリの良さは、絶対にこうでなくっちゃ、じんせいじゃないよ(オイオイ)。ああ、自分がどういう人間か、ばれちゃった(笑)。

1/16  マイナス1−10℃  晴  風・北北西6


池袋西口の夕景。大学生の頃、目白と池袋の間の下宿に1年半住んでいたことがある。西口は立教に行く道があるだけで、西口の南側(写真の方向)は広大な空き地だった。空き地と山手線の間のラブホテルの裏に、ガテン系の人が朝飯食べる食堂が4時半頃開く。もちろん、当時はコンビニもないし、貧乏学生ばかりの時代だから冷蔵庫など家電は(電気スタンドとコタツ以外は)一切なし。
 夜に「週刊競馬ブック」関東版(関東と関西で中身も色も違っていた)で勉強すると、その店が開いているから食べに行って、帰り道は朝日が照り始め、帰って寝た。雨が降る日は、腹が減るから早く寝た。当時は新宿西口は淀橋浄水場の跡地で、最初に建った京王プラザ・ホテルもまだ建ってない頃。新宿や池袋や汐留(国鉄の西向き貨物駅)や南千住(国鉄の北向きの隅田川駅という野球場が5つくらい建つ広い貨物駅)や代々木や恵比寿や田町には、広大な土地があっても、誰も開発しようとせず、のんびりした御時世だった。
■そういえば、保育園のクリスマスで歌う「主は来ませり」という歌詞は、「シュワキマセリ」というクリスマスケーキの一種だと思って歌っていた。シュワシュワキマセリと歌うから、マシュマロは知らなかったが、なんか、おいしそうだった。
■小学生に入る頃、春日八郎が歌っていた「お富さん」の中の「粋な黒塀 見越しの松に」という歌詞が理解できなくて、「粋な黒兵衛、神輿の松に」だと思っていた。

1/15  マイナス3−8℃  くもり一時雨のち晴  風・南南東→南西2
■なぜか雨が降ってきたが、御徒町降りたら雨はやんだ。
■フェアリーSは馬と騎手の気持ちが一致してない事故だが、京成杯はあてないといけない。ということは、京成杯から逆算してシステムを作ろう。

1/14  マイナス2−9℃  晴  風・北2
■来週は大嫌いな3日開催のせいで、1日短い。相場は適当にして、テキパキやらないと。
◆「軸馬指数」は券外3つで【1−0−0−4】。アクアミラビリスとムイトオブリガードが来ないのには言葉も出なかった。
◆「ホースレター」は(0−2−0−7)で【4−2−0−8】。先週の絶好調が帳消しだった。

京成杯のパドックが良く見えたのは、ヒンドゥタイムズ(3着)、ランフォザローゼス(2着)、ラストドラフト(1着)、シークレットラン(4着)、ナイママ(6着)だった。
 馬場は中伸び。レースは超スローで、おまけに中だるみ。千二通過が1分14秒1という稽古みたいなペースで、上がりが 11.8-11.8-11.4-12.1 だから、好位に行ったルメール得意の競馬。ルメールは流れに乗ると楽に勝ってしまう。ほとんど乗っていて時計は読めているのだろう。シークレットランやヒンドゥタイムズでも後ろすぎるくらい。後者はイン差しで、前者は外回りの分の差で、どちらもどうしようもない上がり。
 ルメール−マーフィーの順で流れ込み、日本人Jは手も脚も出なかった。ミルコは、あの人らしく、これでは野垂れ死にだと捨て身で追い上げていったが、それでもダメ。捨て身で行く気もない騎手は4コーナー手前で慌てて追い上げようとしたが、前が楽しているのだから、それはムリだろう。
 ラストドラフトは母の父ディープだが体重よりも大きく見せて、自在性があるとなると、2戦連勝だけに、おもしろい馬だ。
 シークレットランは追い上げる勢いがなかったから、多少は12kg増が効いているのかもしれないが、位置どりのほうが大きな問題だ。
長寿の秘訣 だそうです。だいたい、悪そうなことを考えれば、その逆でよい。四つ足の脂肪、砂糖、塩分・・・の逆とか。

1/13  3−9℃  晴  風・北→北北西1
日経新春杯のパドックが良く見えたのは、グローリーヴェイズ(1着)、シュペルミエール(3着)、ガンコ(16着)、ウインテンダネス(11着)、ダッシングブレイズ(8着)だった。ムイトオブリガードは体重増も大きいが腹が出ていた。
 馬場は中伸び。レースはハイペースで始まって、有力馬は後方待機。グローリーヴェイズは切れるので一気に抜け出してきたが、インは伸びないので外へ少し寄ってきたが、終いはいっぱいいっぱいだった。やはり、この馬は二千の馬だ。
 ルックトゥワイスやシュペルミエールのステイゴールド勢は、ゆったり構えて外から。よく伸びた。岩田は好騎乗。
 ムイトオブリガードは14kg増で、腹が出て、どうしようもないパドックだった。正月競馬は、年始だけでなく、年末の追い不足もある。12月28日のホープフルSなんて、やめたほうがよいと思うけどなあ。毎日毎日、追い不足とか、そういうレースばかりで馬券はおもしろいが、予想はいやになるんでねえ。

■日記の1月9日の54円というのは、私のネット証券での、「NIKKEI225先物ミニ」の1回の売買手数料(税込み)です。手仕舞いすると往復で100円(税抜き)というわけです。だから、月に500回くらいデイトレやったから、5万4000円です。やるときはいちいち気にしないけど、終わって考えると凄い手数料で貢献している。ネット証券の安い手数料の手口は、こういうことで克服されているわけです。

1/12  0−7℃  くもり一時雨  風・北北東→西1
■今日は藤岡佑は乗れてないし、地球と太陽が逆になったみたいで、びっくりしたなもー。
フェアリーSのパドックが良く見えたのは、アクアミラビリス(抜群、5着)、レディードリー(7着)だけだった。他は牝馬だから細身でも良いといえば良いが、褒めるほどでもなかった。
 馬場は、内中伸び。レースは、アクアミラビリスが、またスタートでぎくしゃくして出遅れて、追い上げていくという展開。でも、先行馬が皆抑えまくったので超スロー。あっという間に先頭へ近づいたミルコは、急に驚いたように抑え始めたが、馬がスローすぎて言うこときかない。先行集団がそうやってモタモタしているうちに、後方から勝ったフィリアプーラなどがマクって来て一気の伸び。
 一気とはいっても、勝ち時計は1分36秒という大凡戦。どの馬も力を出し切っていない。上がりだけ、115-116 と速い瞬発力勝負で、9着まで 0.2 秒差という大接戦で、3頭除外になったのが痛かった。コントラチェックでも出ていれば先行するから、前の集団は、意識が少し違ったかもしれない。

1/11  マイナス2−11℃  晴  風・北西→北北西6
これぞ、神業
■大陸の高気圧が、もの凄いデカさで、毎日張り出している。終わらない。年末から、雨など降るどころではない。日本海側は雪でたいへんだろう。冬の間、中京や京都で雪にならないことを祈る。

1/10  マイナス4−7℃  くもり  風・北東→北北西2
■中国株がまったく元気がない。相場は景気の6カ月分の先行指標だ。だから、今年の初夏の頃から、中国の成長率鈍化の数字が出るのだろう。どこの国だってそうだ。

1/9  0−7℃  晴  風・北西→北北西7
■今年のデイトレは正月に策を練ったとおりに進んでいる。すべての上げ下げを取ろうとしなければよいのだ。すべて取りに行くと、ちゃぶつく。それと、午後は大きな上げ下げでもなければ休む。なぜなら、売買に疲れると、やられるから。やりすぎは良くない。
 12月は500回も売買した。54円の往復で108円×500=なんぼじゃ、5万4千円? うーん、凄い上客だw  馬券も相場も、やらないことには覚えない。でも、覚えたら機会は絞らないといけない。ということだなあ。

1/8  マイナス3−11℃  晴  風・南南東→西南西1
■今日のデイトレは負け。指し値入れて、価格が3秒くらいで振れる瞬間に値を付けるテクは修得した。でも、根拠のないウリカイは控えるべきだ。今日の午前は上げすぎ。途中で降りるべきだった。午後も再度の上げすぎ、これも控えるべきだった。全部取ろうとするのは、競馬と同じでカモの道だ。
 ほんとうは「樽の中に浮いている葉っぱを拾う」ようなときだけ手を出すという相場の格言が堅いのだが。

1/7  マイナス1−10℃  晴  風・北北西4
■〈まぐまぐ〉の登録が消える例が増えています。私が読んでいる メルマガも消えます(オイオイ)。再登録して、ログインして「再 送信」ボタンで、また読めますが、〈まぐまぐ〉に連絡して、注意 してあげていただけませんか? あそこ発行メルマガ多すぎて、システムおかしいと思います。めちゃくちゃ出してますから。

メルマガIDは、
メルマガID:0001584312「軸馬指数」
0000034508「ホースレター」です。
一斉攻勢お願いします。

有料メルマガについてのお問い合わせ
有料メルマガご登録・有料メルマガ全般の窓口はこちら
reader_yuryo@mag2.com

その他のお問い合わせ
読者問い合わせ全般の窓口はこちら
http://contact.mag2.com/reader (専用フォーム)
です。よろしくお願いします。

1/6  3−7℃  晴  風・北北西3
■「プロフィール」と「競馬論」を加筆し、「通算成績」と「メルマガ」を更新しました。
 来週はフェアリーS、日経新春杯、京成杯と3日連続の発行です。
◆「軸馬指数」は5着と1着で【1−0−0−1】。和田がタイムフライヤーで早仕掛けをしなかったら2着だろうから、正月から笑いが止まらず、夜中の10時頃まで笑い続けるところだった(オイオイ、まじかよ)。
◆「ホースレター」は(4−0−0−1)。ジュニアCも3番人気のヴァッシュモンで的中。

シンザン記念のパドックが良く見えたのは、ヴァルディゼール(1着)、ハッピーアワー(5着)、アントリューズ(8着)、ドナウデルタ(9着)、ミッキーブリランテ(3着)だった。
 馬場は中伸び。レースは中盤が中だるみの平均ペース。中盤でペースが落ちたときに、ハッピーアワーとアントリューズは折り合いを欠きぎみで、乗り難しい感じがした。距離短縮で成果が出た馬で、両馬ともに千四ベストかもしれない。アントリューズは肉付き抜群で、正月の変則調教で年末にビシッとやって年明けは軽め。正月のこういう馬は私は苦手で、少し腹目に余裕もあったから、叩けば良化しそうだ。直線入ると前が壁で、ひるんだが、壁が開いても伸びる気配もなかったから、敗因は別の要因だろう。血統的にはダートを走らせてみたい馬だ。そうとう強いダートの千四馬になりそうな気がする。
 勝ったヴァルディゼールは、新馬のパドックでツナギの柔らかさが目を惹いたが、今日も手先が軽くて、しなって脚を繰り出すから、すっと最内に入れたのが正解で、器用な脚が使えるから、そのイン差しでもスルスル伸びた。ちょっと得したかな(笑)。馬体はイマイチだが、脚が軽くて良い。こういう持ち時計の悪い馬を◎にするのが私の得意技で、全体時計も、上がり時計も遅いから、普通の時計理論の人は絶対に本命にできない馬で、今日のパドック見てもノーザンF関係者も買わないようで、4番人気まで落ちた。
 ふっふっふ。だから、年末の日記から、今年のシンザン記念は簡単だと書いてきたのに。口唇ヘルペスで疲れていたから正月の突然出た校正は仲間に回して、やめ。相場も休みで、やることないから、競馬と鉱物観賞と音楽鑑賞と掃除しかしなかった。「競馬だけやると楽だ」とずっと言い続けてきたが、とうとう今年の正月に、生まれて初めて競馬だけやることができて感無量だった。
 6日間も!競馬だけやってりゃいいんだから、なんと簡単な人生であることか。◎△△と来て、4着のパッシングスルーが3着だったら、今年は億ション買う夢でも持つかな、と、一瞬思ったが、最後が伸びそうで、ぜんぜん伸びなかった。あれはルーラーシップのジリ脚だ。私には億ションはガラでもないな。
 マイネルフラップは母が、Devil's Bag =Glorious Song 3×3の全きょうだいクロスだから△を打った。これで岡田さんもニアリーなクロスを理解できれば、ダービーも夢ではないのに、えっ、〈全兄弟クロス〉を知らない? 電話くださいよ。競馬をやる上で、それは致命的にまずいよ(笑)。隼人、これで元気出せよ、グチばっかり言ってないで。
 さあ、週明けから競馬と相場だ。

1/5  マイナス2−14℃  晴  風・北北西3
◆和田ちゃんの仕掛けのタイミングが早すぎた以外は読みどおりなので、悔いはないです。悔いがあるのがいちばんいけない。明日はなんとか・・。
京都金杯は軸でやりたいほど(笑)簡単で、川田のパクスアメリカーナが好スタートから下げたが、また届く位置にいて、キッチリ差し切った。年男で張り切っていた勝春のマイスタイルの絶妙の仕掛けも慌てず差し切った。川田は、もういつも言うことない。日本人ではダントツだろう。
中山金杯のパドックが良く見えたのは、タニノフランケル(3着)、アドマイヤリード(4着)、マウントゴールド(12着)、タイムフライヤー(5着)だけだった。
 馬場は中伸び。正月は内から3頭目あたりが強い。レースはスローで1枠のタニノフランケルの楽逃げ。あまりにスローと見て、ステイフーリッシュが早めに前に行ったが、これはこの馬のパターン。中山金杯は外枠は苦しいから評価を下げたが、京都新聞杯を先行策で勝ったこの馬にとっては、一発狙うならあれしかない。
 一緒に後方にいたタイムフライヤーがそれを追って上がっていったが、いくらなんでも、この馬にしては動くのが早すぎる。ウインブライトはそれらを見て、58kgでもあるし、じっくり仕掛け。ステイフーリッシュはあれで好走するタイプだが、タイムフライヤーは止まって、ウインブライトが中山巧者らしく、キッチリ差し切った。
 あとは2着から11着まで、ハナ、アタマ、クビのカタカナ着差続きで、どれでも2着に来れたレース。中でも、タイムフライヤーはもったいなかった。コーナリングが巧いだけに、ワンテンポ遅く仕掛ければ足りていた。
 あまりに接戦が凄すぎて、言葉もない。ウインブライトは12kg増でもあるし、パドックはギリギリに見えたが、さすがは格上で中山G2を勝っている巧者だった。

1/4  マイナス3−10℃  晴  風・北東→東南東
■口唇ヘルペスは、ネットの村田漢方のサイトに書いているとおり、板藍根+五苓散が著効。ゾビラックスなどアシクロビル製剤は一部に副作用もあるので1日しか塗らず。白山クリニック推奨のイソジンも綿棒に垂らして塗って著効。正月にあっという間に改善。かさぶたも取れて、口唇ヘルペスにしては広範囲にやられて、普通の人のように唇だけでなく、鼻の下まで顔面へらへらでマスクで隠して、ヒゲはシェーバー使えないから鼻毛切りのハサミで切るし、たいへんだったが、良化。イソジンの説明書には抗ウイルス、抗菌、とちゃんと書いてある。さすが白山クリニックの亡き中地亨先生。団塊の世代で東大の全共闘出だ。安田講堂には籠城してなかったらしい。日本で最初で最後のケイシー療法の病院を四谷駅前に出して厚生省と薬事法で揉めたのかな、撤退した経歴があるのを私は知っている。中地先生は政治はやめて音楽に傾斜したが、カラヤン指揮のスメタナのモルドウはちゃんと聴いていますよ。
■相場はアップルの業績下方修正で、アップルのアイフォン組立や半導体などのメーカーが総崩れ。NYも600$安。日本は下げて始まるが、中国がアップルは織り込み済みで(アップル不買運動が始まっていたし)、上海と香港が騰げ始めると日本株も上げる。でも、後場は米雇用統計待ちで静穏。午前に1万儲けて、午後はメルマガに専念する。最近は後場の相場はやらない方向に移行しつつある。
■出馬が出て、3ケ日に書いたメルマガを送信。正月は調教が変則でネットでも見ることができないから、エイヤッと。もっとも、新聞連載開始時は1週前の日曜夕刊に書いていたから、全メンバー、展開、天気、追い切り、馬体チェックはなしだった。だから、想像力は働くほうではあるが・・・。

1/3  マイナス3−9℃  晴  風・北北西5
■NYはダウは上げ直して引けたが、アップルが売り上げ下方修正で引け後急落。また、やり直しだろう。

1/2  マイナス1−10℃  晴  風・北北西5
■おお、下記を書いて1時間したら、NYダウ先物は530$安だ。もう、買う人がいない。買いが入るのは、ウリの買い戻しと、年金の買いだけか。サイクル的に、10年に一度はやってくる暴落だな。短期3年サイクル、中期10年サイクルがあるが。4日の大発会まで、ウリ持ちで臨もうと思ったが、31、2、3日と、3日も海外市場がやると、そこでドスーンと大暴落して、3日のNYか4日の東京で大反発かもしれないから、ウリが持てなかった。手ぶらだ。悔しい。
■中国もシンガポールもインドも経済指標は悪化。NYダウ先物も夕方時点で300$安。日経225先物は500円安。今年も、世界は売りから始まっている。
■川越は前の池上線沿線に比べて最低気温が5℃も寒い。HPつくった流山よりも朝の気温が低い。やれやれ、冬の羽毛掛け布団がほしいくらいだが、オイルヒーター点けて寝て我慢。むかしは枕元のコップが凍ったり、トイレに行くとタンクが凍ったりしていたからなあ。
今年の年頭所感・・・「軸馬指数」をあてること。なるべく時間作って暇すること。他になし。終わり(オイオイ。・・・でも暇するなんて私の人生では画期的なことだ)。
■病気は1つずつ経過や治療法を毎日記録していたが、なんだ、3年前に口唇ヘルペスやっていた。唇だけの軽いやつなので忘れていた。私が日本一と信じる村田漢方のブログでは板藍根+五苓散が秘法になっている。すぐネットで板藍根売っている薬局に買いに行っている。ホームドクターのメモではイソジンを塗る裏技が載っていて実践して、全部で5日で完治している。軽すぎて忘れたのだろう。板藍根も五苓散もその時のが残っている。思い出しただけよかった。

1/1  マイナス2−11℃  晴  風・北北西→南2
あけましておめでとうございます
 今年の正月の正月らしさというと、校正の仕事をしてないこと。食べ物は同じだと、なんか惰性になるから、チョコ・カカオ95%がネットスーパーで明日着くはず。

 昨年は裁判沙汰とかあって弁護士にも断られて、なんとかとんでもない賠償請求(こちらが300万から500万もらいたかった)を1円も払わずに解決。エアコン壊れて36℃くらいの猛暑の中、扇風機で生き残る。家買って、12年ぶりにシャワーだけでなく湯船に浸かる。
 秋には売主の不動産屋の「瑕疵担保責任」を追及し11箇所修理させて、ペンキの乾き具合を見るために、塀の上に登って歩いていて道路に転落。失神してメガネにヒビ入ってフレーム歪んだ。ロキソニンテープもらいに白山の医師に行く。
 この医師は、90分かけて医院に行くと、30分はフルトヴェングラーの指揮やフェリーニの映画や松本清張の話をして、太宰治の悪口を言い、タウリンとか未病予防の薬もらって帰るという、芸術や文学なら、なんでも話が合うという同じ団塊の世代の(元全共闘の人)、20年の付き合いのホームドクター。団塊の世代の同士のようなものだ。
 翌週だか翌々週だかの朝、医院に出て来ないので事務員が見に行ったらマンションで死んでいたという末期。細かく教えてくれないのだが、寝たままだろう。
 そのあと、ガックリして疲れが出たか、口唇ヘルペス。正月までに痛いところは、足首と膝と腰と背中と肩の痛みは治る。哀しい日々に、歯を適当に磨いていたので、虫歯になりかけて鎮痛剤を飲んで押さえ込んで寝ていたが、水溶性プロポリスで1日5回、ぐちゅぐちゅ、口ゆすぎを3週間続けていたら治る。
 予想はG1と「ホースレター」は過去最高成績か最多タイ。普通の「軸馬指数」は他のレース並み。
 校正の仕事は春から秋にかけて、猛烈なパワハラを受けて、激減。夏から我慢しないことにして文句言って、あちこちの人と、けんかばっかり。
 というわけで、今年も正月を迎えることができましたので、予想をやって生きていきます。よろしくお願いします。





----------------------------------------------------------
2019
----------------------------------------------------------

12/31  マイナス1−9℃  晴  風・北北西4
■昨日は「軸馬指数」の算出。今日は馬体写真見ながら原稿書き。シンザン記念は毎年簡単で助かる。金杯は年々、大混戦になっていく。子供の頃から初詣に行く習慣はなかった。40歳で日本株のバブルの大崩壊が起きるまでは、神社仏閣に見向きもしなかった。初詣に初めて行ったのは45歳か54歳だったと思う。思う、というのは、4回くらい行って、ここ数年また行かなくなった。大宮の氷川神社など、1時間くらいの行列だった。どうせ行くなら、正月明けの空いているときがよいと思うけどなあ。神社の清浄な雰囲気は嫌いではない。

12/30  マイナス2−8℃  晴  風・北西7


■「口唇ヘルペスと、帯状疱疹のヘルペスの区別は付かない」、「それは何か分からない」、「口唇ヘルペスは触った指で他を触っても感染しない」。昨日の内科で言われたことは、ネット検索すると全て間違いだった。何度も発病した読者の人のほうが断然詳しかった。やれやれ。医者は危険人物が多いからなあ。
■作家の大西赤人さんとメールやり取りしていたら、大西さんが昔はメーンは11Rじゃなかったと言い始める。なるほど、氏の所持している(1977年?)週刊誌では9Rだ。
 私がメルマガか日記に書いた<昔は最終週は中山大障害で、有馬じゃなかった>という記憶は、私にしては正しかった。
■「軸馬指数」の発行日の定義を〈まぐまぐ〉に変更申請しましたので、年明けから、「競馬開催日(なるべく前日配信)」と「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」の定義が変わることになりました。よろしくお願いします。
(あれ、〈まぐまぐ〉サイトの変更まだじゃないの。まあ、実質は読者の人は理解できているから文句は来ないけど、私に発行しないといけないと〈まぐまぐ〉からメールが来るのがたいへん)。

12/29  マイナス2−9℃  晴  風・西→北北西7


■朝、突然、校正の仕事が舞い込んで4日返しということ。でも、今日は内科と眼科へ行かないといけない。これやっていたら、正月無休になるから仕事仲間に回す。まだ、昭和25年生まれが1人生きていた。
 1週間前に年末に都合を電話で聞いておいた近くの駅前の内科に行って、14日目の鼻の下の法令あたりのデキモノを見てもらうが、電話で聞いたあれですが口唇ヘルペスですかと聞いても、「わからない」とのこと。それで薬は抗ヘルペス薬のゾビラックスをくれる。なんのことやら。あれは14日目に塗っても効かないということくらい帯状疱疹やったことある私だって知っている。けっきょく、14日間、ネット検索で抗ウイルスの板藍根や、何でも屋の銀翹散、「体外表出」の意味がある葛根湯を自分で決めて飲んでいたのだ(マネしないでくださいね)。母がヘルペスやって兄が処方したゾビラックスが効かないと言うときも、銀翹散を母の家の近所の薬局に取り寄せて治した。まあ、時間経過で自然に治ったのかもしれない(笑)。14日目でかさぶた出来て少しは良くなったし、考えるのもめんどくさくなる。
 眼科は目が痛い。塀の上から落ちたときにメガネの端っこに4本キズができたが、視界の端だから放置しておいたら、眼精疲労だろうけど痛くなってきたので、予備のもう1つのメガネに替えた。でも、キズがあると失明してもなんだから診てもらおうと行く。そうすると、前の患者にも言っているのが待合室に聞こえたが、私は28日までしか普通の医者はやらないが、私は29日もやっている、しかし、年明けは4日からだ。休日当番医は3月が担当で・・・、とか延々言いまくるので、「先生、昨日の夜から目の痛いの治ってきたから検査はやめときます」、そう言ったら、じゃあ、診察料は要らないからと言うから、さっさと帰ってきた。私なんか35年間、年中無休で仕事してきた。29日に病院開いても偉ぶるほどのことではない。お店なんか、年末年始も交代でやっているじゃないの。こういう医師に診てもらうと過去にもあるが、視神経萎縮だとか言われて、友人のコネで眼科で有名な昭和医大の名医に診てもらって、どうってこと無かった経験があって、無病でも金も時間も手間もたいへんなことになるから断って逃げ帰る。殺されるよ、ほんま。
 カフェから電話して私塾やりたいという読者の人に、年末年始の予定聞いたら、その人は、おお偶然、なんと2年に1回口唇ヘルペスになるそうだ。「罹るとすぐ塗らないとゾビラックスは効かない」という。やっぱりねえ。ネットの掲示板に書いているとおりだ。亡くなったホームドクターは内科も良いが、皮膚科が得意で、こんなこと診なくても電話で説明すれば、それでも病名も治療法も簡単だったのに。そのあと通っている、その先生の東大の同期の医師は遠くて行く元気なし。しょうがない。口唇ヘルペスで死ぬ人いないから。
 27日の日記にニッキの話を書いて、カフェでメニュー見ていたら、おお、シナモン・トーストがある。宇宙のご配慮メニューか。シナモンもニッキも同じようなものだ。正月は京都の八橋でも取り寄せて、凄い年なのにルメールやノーザンFに負けないG1成績残したのに、全体が43%じゃ、疲れたから、自分で自分を褒めながら独りで食べようと思っていたが、沿線の近くに見つからない。でも、これで食べることができた。
 じんせいは半分は運なんだろうか。

2/28  2−8℃  晴  風・北西
■「日記」は下から上に読んでください。「メルマガ」「予想成績」「枠目論ブログ」を更新しました。

◆「枠目論」は24戦15勝でした。「軸馬指数」で蹴ったアーモンドアイも、しっかり◎にしています。
今年のG1は【8−5−2−9】。
 1着8レースは3回目の最多タイ。連対13は過去最多。3着内15は最多タイでした。
◆「軸馬指数」は1着で【27−19−13−48】。連対率43%。新年は中山金杯とシンザン記念を予定しています。
「ホースレター」は(2−0−0−0)で【68−50−28−117】。
 ◎の連対率46%は過去最高

ホープフルSのパドックが良く見えたのは、ニシノデイジー(3着)、サートゥルナーリア(超抜、1着)、ミッキーブラック(9着)、アドマイヤジャスタ(2着)だけだった。
 馬場は内中伸び。レースは、サートゥルナーリアはいつものように好スタートで、超スロー。後ろの馬の出番はないラップだった。
 サートゥルナーリアは12kg増だが、まったく太く見えず全部成長分か。スタートが巧く、行く馬が少ないメンバーで、二千へ距離延長で、兄のように難しさが出るかと心配もあったが、好位で折り合って、新馬戦のように馬群のわずかなスキを突き抜けて、あとは馬なり。パドックも抜群で、今日の二千を楽勝したことで、この馬は名馬に育つだろう。
 ニシノデイジーは懸念したとおり、内枠引いて前が詰まって、脚を余した。あれは勝浦のせいではない。

12/27  4−14℃  晴  風・北北西
■松本憲二さん、日曜の日記ですが、名前間違えていたので直しました。憲二が怪しいと布団の中で考えていたが、名字のほうでした。最近は人に指摘されないと、何か怪しいから調べて直そうと思っても、起きると忘れるんですねえ。相場の弊害ですね。
 そういえば、子供の頃は、10円のアイスキャンディ買ってもらえなくて、ひもじくなると、台所の煮干しや、従兄の家に行くとニッキをかじっていたなあ。

12/26  マイナス1−11℃  晴  風・北北東→西北西
■今日の日本株のように、下げたところでで乱高下すれば、NYも底打ちするだろうに、あちらは無抵抗で下げている。いつ、乱高下に移行するか。

12/25  0−9℃  晴  風・東北東→南東
■投資信託も買った人は逃げてない。ほんの少し運用残額が減っただけ。ファンドを売ると、弱い者呼ばわりするのが日本の慣例だが、それはおかしい。逃げるときは逃げるべきだったのだが。
■NYがまた大幅続落。7日で270ドル下げて、22000を割ってきた。日経サイトに出る、株サイトのニュースに、「ここは辛抱のしどころ」だって。買い持ち いっぱいあるんだ。暴落は10年に一度のリズムでやってくるが、彼らは強気一色だった。プロたちはほとんどこうなって惨敗している。職業がプロと言うだけで、中身はないから。

12/24  5−11℃  晴  風・北北西・強風
■老子のよい本を散髪屋で見つけて、もらって帰る。

12/23  8−10℃  くもり  風・なし→北北西
■眼科は見つかりました。あと、皮膚科を教えてくださーい。

競馬ブック(私が読んでいたのは「週刊競馬ブック」)やラジオで、懐かしい松本憲二さんが脳梗塞だったのかな? 引退とのことで、ラジオ短波(おっと、ラジオNIKKEI)に出演していた。ケイシュウニュースにもいらしたがお会いしたことはない。でも、専門紙の人間としては、大川慶次郎さんに次いで尊敬する仕事をやってきたりっぱな人だ。週刊競馬ブックを見るにつけ、この人には負けたくないと思ってやってきた。お別れとは。お疲れ様でした。
今年のG1は【7−5−2−9】で52%。過去最高連対数だった。
◆「軸馬指数」は券外と2着で【26−19−13−48】と43%。オジュウチョウサンの指数を間違えると歴史に遺る恥になるので、時間の半分を費やして一生懸命考えたが、指数順どおりの着順だったのでホッとした。
◆「ホースレター」は(1−1−0−3)で【66−50−28−117】と45%。

有馬記念のパドックが良く見えたのは、パフォーマプロミス(14着)、ブラストワンピース(1着)、ミッキースワロー(11着)、レイデオロ(2着)、キセキ(5着)だった。
 馬場は、前のレースで降った小雨がやんで、やや重の内中伸び。レースは、内枠のオジュウチョウサンがハナへ行って、武らしい見せ場。これで外枠不利の有馬で7枠を引いたキセキの逃げはきつくなった。こういう牽制は最近は減ったから、その分、競馬はつまらなかったが、こういう駆け引きをやると単調な競馬が減って盛り上がる。
 中団は4枠のブラストが外。6枠のレイデオロは常に斜め前にブラストという逆ならいいのにと騎手は思うだろう位置どり。1周回って最後の直線までずっとそうで、パドックで気合い乗りが速かったブラストがまくっていくと、レイデオロは一瞬置かれてしまった。そこで勝負あり。
 よくも関西の池添を新馬は偶然かもしれないが、その後も乗せ続けたものだ。乗り替わりがないせいで、池添らしく嵌まった。そういう男だ。まあ、今の時代は乗り替わりが多すぎると思うけど。調教師はよく辛抱したものだ。
 菊は長すぎると思ったが、この距離までは守備範囲で、距離短縮分のプラスで、もう少し加点もできた。10レースからの雨で、父ハービンジャーだから、そうか! ブラストからレイデオロとキセキへ馬連2点流すかと閃いて、追加したのが正解だったが、雨で馬場が渋ったのが大きかったと思う。もっと早く閃けば、指数が全部で15点増えて、いくら軸馬指数とはいえ、指数全体の見栄えがよくなったのに。
 ゆりかもめ賞が強かったが、ダービーは勝って不思議ないレースだったし。大竹氏と池添とシルクの殊勲だと思う。菊から有馬へというローテは間隔的に王道でもある。レース間隔的に、JCからの連続好走は損になってきているのもたしかだ。

12/22  4−10℃  くもり  風・東北東
阪神Cは、また内4頭の競馬。つまらん。ミスターメロディとの2択を間違えた。こういう決め手のない馬を◎にするのは辛い。馬場の点数を15点くらいにしないと、釣り合わないか。
グレイトフルSはフェイズベロシティをルックトゥワイスに変えたら、2着と1着。7番人気から入ったほうが格好良かった。でも、簡単なほうから入るのが馬連的競馬の軸の鉄則だから仕方ない。3連馬券となると、逆の入り方もありだが。悩ましい。でも馬連15倍はおいしい。

12/21  1−12℃  晴  風・東→南東
■その人を作っているのは、食べているものだ。医食同源という意味もあるし、10兆くらい居る内細菌が、第2の脳として働いているから。最新の研究でも、腸は単なる消化器官ではないみたいだ。そういえば、「腑に落ちる」という言葉がある。なるほど、腑に落ちてきた。

12/20  1−13℃  晴  風・南東→北
■砂糖がいちばんの毒物。次が牛乳かな。ヨーグルトが好きな女性できれいな腸をしている人は稀だと、ファイバースコープと言うんだっけ、それの医師がそう言っていた。その次がフッ素と酸化チタンか。

12/19  0−13℃  晴  風・南→北西
■昨日はデイトレの研究をやっていて忘れちゃいました。今日は有馬記念をやって掃除。ネット巡回していて、やはり見つかった。私の持論だ。「砂糖は毒物だ」。とくに腸内細菌叢を阻害するという。そりゃたいへんだ。

12/17  1−13℃  雨のち 晴 のち一時雨 のち晴  風・北→西北西
■今日は朝から雨。出かけるおひる前から晴れてくる。近所の人に、私が通ると雨はやむんです、と言うが。帰りに駅降りると、にわか雨で地面はびしょ濡れ。コンビニのお客さんに、いつ頃降ったか聞いたら、私が電車を降りる20分前までしっかり降っていたそう。でも、星が見えてくる。今日は太陽と星が御挨拶。いつもこうだ。
■私の読者の2%は成績次第で増えたり減ったり。好調とスランプの逆の動きをしている。98%の読者は動かない。そういう、どちらの人のためにも最後の有馬をあてたいが、なんともはや難しいメンバーで。また、あの厩舎か。
■バイオリンは日本人の midori よりも、ヒラリー・ハーンのほうが断然巧い。 The last rose of summer 夏の最後の薔薇。ラストあたりが、ハーンのは圧巻だ。世間の評価はアテにならない。

12/16  −2ー6℃  晴のちくもり  風・東北東→北
◆今年のG1は【7−4−2−9】となりました。あと2つか。
◆「軸馬指数」は券外と3着で【26−18−13−47】。
◆「ホースレター」は(0−1−1−3)で【65−49−28−114】。
朝日杯JFのパドックが良く見えたのは、マイネルサーパス(10着)、ケイデンスコール(13着)、コパノマーティン(11着)、ファンタジスト(4着)、グランアレグリア(3着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、12.7-10.9-11.7-12.4 のスローで始まって、上がりが 11.8-11.3-11.2-11.9 という好位にいた馬の瞬発力勝負。
 グランアレグリアは尻餅突いたようなスタートで、鞍上が起き上がって、スローで内枠だからスッとハナへ。外から1頭来て2番手。あとは淡々と流れたが、グランアレグリアはちょっと行きたがる馬で、ハイペースのほうが合いそうだ。スローだと前走は出遅れて上がっていって巧くいったが、最初から急がせると折り合い欠いているのと同じことになるようだ。
 アドマイヤマーズはこういう好位で流れ込むレースが合っていて、直線でルメールが追い出しを待っている間に、一気に交わして先頭に立ったら、もう、勢いの差が付いて、グランアレグリアに食い下がろうという意欲も見えなかった。ルメールでもなすすべがないので、良いときと悪いときの差が大きすぎる。
 輸送のせいもあったかもしれないが、この厩舎の馬は条件が、休み明けとか長距離輸送とか、牝馬の牡馬相手とか、何かハードルがあると、嫌ったほうが効率は良いかもしれない。
 スローだから後方の馬は展開的にお呼びではなかった。

12/15  2−8℃  晴  風・北北西
ターコイズSのパドックが良く見えたのは、フローレスマジック(超絶、11着)、リバティハイツ(2着)、レッドオルガ(6着)、プリモシーン(8着)、ディメンシオン(5着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、カワキタエンカの逃げをフロンティアクイーンが追いかけ始めて、2ハロン目から 10.8-11.1-11.3 のハイペース。ソロッと出て速くなるから、まあまあ先行馬も残れる。リバティハイツはハイペースが好きだから好位で3着に粘った。
 プリモシーンとフローレスマジックの木村哲厩舎の2頭は、放牧明けで乗り込みが足りなかったか、6キロ増と10キロ増で、過去最高体重の前走よりもまた大きく増えて、パドックでは凄く良く見えたが、目一杯の仕上げでないときの立派すぎというやつか。ハイペースで息切れした感じ。これなら、半分ジョークだが、ら出遅れたほうがよかったくらいだ。
 直線はダンゴで、内が伸びる馬場なので追い込むのはきつかった。1着から11着まで 0.4 秒差。ターコイズSやダービー卿CTは難解だ。

12/14  1−8℃  晴  風・北北西
■白山のドクターが亡くなって、クラシック音楽に凄い知識があったから、聴いてから通って話するのが楽しみだったが、いなくなると聴く気が4分の1くらいになった。
 Jazzは高校時代から凄い級友がいて、高3の時にコルトレーンが急死したときに、私が古いラジオで南海放送のジャズ番組を聴いていたのを知っていたようで、朝の校庭で私を捕まえて「おい、コルトレーンが死んだぞ」と教えてくれた。上京しても、下宿に遊びに来いとか言って、4年くらい通ってはJazzを聴きまくった。そういう奴がいると、自分でも1日5時間は聴いた。延べでジャズ聴いたのは何万時間か、わからんが、よく聴いたのもだ。38歳で「ふぃあてるぱうぜ」に出会って、そこで、またジャズとクラシックを聴きまくることになり、そこからクラシック音楽趣味が始まった。
 人生はやることは尽きない。時間が足りないくらい。それだけは、確かだ。

12/13  4−10℃  晴  風・北北西→南南東
■私の上京してからの故郷は、3〜8年いたのが、目白−池袋付近。調布。世田谷の松原(梅ヶ丘と明大前の中間)。新松戸−流山附近。三鷹−吉祥寺−阿佐谷付近。千鳥町−池上付近。白山。と、7個所もある。
 仕事で長いこといたのが、田町。渋谷−原宿付近。駿河台−神保町付近。秋葉原−御徒町付近。と、4個所ある。
 遊びに通ったのが、新宿。下北沢。吉祥寺。水道橋。銀座−有楽町付近。と、5個所ある。
 全部で16個所。ほとんどの東京近辺は故郷みたいなものだ。あと住みたくて住んでないのは、皇居と汐留と東銀座と二子玉くらいか。20代に仕事で外回りで回ったのも含めると、ほとんどの駅を降りている、私は奇人だ。後悔しているのは、そういう各地の写真を撮りまくっていたら、今頃、写真集の印税で豪邸に住んでいただろう。
 馬も小学生の頃から、もう何万頭も見てきた。見足りないものは、ほとんどない。

12/12  3−10℃  雨のち晴  風・北北西
■部屋の湿度が30%〜33%で推移。気持ちよい。エアコンと空気清浄機で生きているようなものだ。
 加湿すると身体に良いとか言う人がいるが、加湿器は細菌培養噴霧器と言われて40年前にブームが終わった。最近、またブームになっているようだけど、しょっちゅう掃除しないといけない機械だから、とてもじゃないけど、やってられません。加湿器付き空気清浄機が流行しているとダイキンが言っていたが、とんでもない。

12/11  マイナス1℃−8℃  くもりのち雨  風・北北東→北

私の借りていた部屋は、白山クリニックの2軒隣だった。間のコーヒー豆屋さんが毎日凄い香りたっぷりのコーヒーの香りを流してくれて、部屋の中はいつも夢の世界のように心地よかった。

■昨日は「白山クリニック」に行ってくる。ホームドクターは春頃は2日酔いなのか病気なのか疲れた顔をしていたが、秋は10月から元気だった。近くに若い先生の、こぎれいな病院がいっぱい増えて客が減って、元気がなかったり、怒ってヤケクソ気味だったりだった。
 「赤ヒゲなんだから、いつまでもやってくださいよ」と言うと、もう団塊の世代だから「お金はどうでもいいんだよ」とか言っていた。お金がどうでもいいなら診察室で今までどおり本を読んでいたらいいのに。それで急逝とは信じられなくて見に行く。
 白山は40年前に東洋医学系の出版社の校正をやっていて、団塊の世代の著者が白山坂上にいて、何冊も本を出していたし、出版の賞ももらっていた。自分も鍼を打ってもらいに行ったが腕が良かった。今はその先生は、針灸学会の会頭だ。20年くらい前に住んでいたこともあるし、鍼の先生も、白山クリニックに、鍼よりも治りやすい西洋薬が必要なときは患者で行っていた。  20代から中国鍼の本を次々に出していた鍼の先生と、日本で初めてケイシー療法の医院を四谷にも開いていたホームドクターと、血統マニアの私は、3人とも互いに知っていた。白山坂上の歩いて2分の処に、世にも珍しい人物が3人いたわけだ。恐ろしい話だ。
 昨日は、行くと、「本日は休診いたします」とか貼り紙が。残務整理はするだろうから年内は事務の人がいると思ったけど。私が行く月曜だから休んだか? 近所で聞いて回ると、バイクがないからあの人来てないよ、とか。病院続けろと言ったのに患者がいないからイヤになって死んだことにして閉院したんじゃないの? 死因は何? とか聞くが、「持病があったからねえ」と事務員は言っていた、とか。なんか分からない貼り紙だ。エントランスの表札も剥がせばいいのに、どうしたんだろう?
 ほんとうに死んだのだろうかと、勝手知ったる白山だから、あちこち歩くが、不明。先生の人柄とか思い出話とか、別の話ばかり。皆に、おふざけで死んだことにして引退したという私の説は、否定された。
 しょうがない、わけわからんから、よく通ったそば屋で、あそこのいちばん美味いカレーそばを食べて帰る。
 人間、死んだらそんなものか。大橋巨泉とか山野浩一とか、もう誰も言わないものなあ。巣鴨の青山フラワーで、花瓶に挿すルスカスという葉物を買って帰る。菊とか供えるガラじゃないし。

地下鉄出口を出ると「映画館」というJazz喫茶(左)と白山クリニックが見える。ここからすぐ左に、鍼の先生の家があった。Jazz喫茶「映画館」の周囲1分に3人の大変人が居を構えていたという珍しい図。このJazz喫茶のマスターは、長年、山谷の町や労働者の映画を撮ってきた奇人の類の人。おお白山坂上、ここ白山坂上の近接地に4人の変人がいたのだ。マスターが亡くなるまで、いや今でも東京に残る2つか3つのJazz喫茶の1つでもある。それ自体が凄いことなのだ。おまけに、私の読者が、このへんに3人いたのだ(笑)。ああ、白山。


12/10  4−9℃  晴  風・北北西
■東や北の関東地方にいる人は、筑波山の初日の出はおもしろいですね。私も1回登りました。元旦でなくても、西の方も晴れている日がいいです。東京や富士山まで見えます。右のロープウェイで女山(だっけ?)に最初に登って、そこから眺めて、稜線を歩いて左の男山に登り、ケーブルカーで降りてくるのが正解です。なぜかというと、稜線の上が、なだらかな下りになるから。逆をやると、稜線の上がなだらかな上りになってたいへん。あと、女山の岩に登るときは死ぬ気で登ること。私は革靴で登って突如、雪が降ってきて、山の下まで滑り落ちるところでした。

12/9  4−9℃  晴  風・北北西
◆今年のG1は【7−4−1−9】になりました。武はもう社台や藤沢厩舎の馬には乗せてもらえないな。枠も外のほうが良かったし、武豊の運はここまでかもしれない。90年代の武と社台とサンデーサイレンスの活躍を記憶しているだけに、ある種の寂しさを禁じ得ない。私は来週から巻き返せるチャンスがあるだけ、武豊よりは恵まれているかもしれない。後藤、藤田、武・・・なんということか。
◆「軸馬指数」は券外2つで【26−18−12−46】。来週からデイトレの時間を制限しよう。あれは1日20回も決済していると脳が疲れるか。
◆「ホースレター」は(1−1−0−3)で【65−48−27−111】。

阪神JFのパドックが良く見えたのは、シェーングランツ(4着)、クロノジェネシス(2着)、タニノミッション(7着)、ビーチサンバ(3着)、ダノンファンタジー(1着)と、最終追切りが皆すばらしかったが、パドックもほとんどの馬がすばらしかった。
 へんな言い方かもしれないが、各厩舎の腕の凌ぎ合いが凄いことになっているのだろう。
 馬場は中伸び。レースは、クロノジェネシスが出遅れ。ペースは平均ペース。好位勢がゴチャゴチャして、タニノミッションは折り合いを欠いてもまれてしまった。
 シェーングランツは思い切り下げて外回すと思ったが、関係者が凄い面々だけにプレッシャーか、優等生的な競馬で、ミルコがよくやる内を走って直線で外へ出す構え。3コーナー手前から、ずっとすぐ外にいるサヴォワールエメをどう捌くかという流れだった。
 4コーナー手前から後方のダノンとクロノジェネシスがマクっていって勢いよく外から追い込んだ。シェーングランツは4コーナーで武が、好位勢が内でダンゴになって前が開かないから、外へ出そうとしたら、外にいる藤岡康のサヴォワールエメに被せられて出せず。あそこで決まった。坂で、前が開いてから追い込み始めたが、既に遅かった。カペラSの1枠のコパノキッキングみたいに、最後方から外回して勢い付けて上がっていったほうが脚を使えるし、それが武豊流だけど、居直れ?なかったか。
 勝ちタイムが遅かったように、1、2着馬も位置どりが後ろすぎて、脚を余して力を出し切ってないかもしれないくらいで、シェーングランツも、折り合い欠いたタニノミッションも脚を余して、もったいないレースになってしまっている。
 デキの良い馬が多かっただけに、少頭数でやりたかったというのも関係者に失礼だし、しょうがないか。

12/8  8−11℃  晴  風・北北東→西
■編集プロダクションも創立50周年となった。記念のボールペン送ってくる。私が社員並みのアルバイトやり始めて50年。同じ年だ。組織は創業者などが死去したあと、利権の奪い合いで四分五裂。会社が多すぎて、会員も増やしすぎて、仕事も増やしたから、おかしな仕事が増えて、おまけにダンピング競争。昔は1円もダンピングなどしなかった。今は、会員は働けど報いられず、になってきて、役員たちは10%ピンハネで無借金・無投資の楽な業界なのに、役員報酬は引き上げた。世の中めちゃくちゃ。人間の欲得と上昇志向のなれの果て。仕事もできない、組織や人も率いたことのない連中が役員の椅子を争って浮かれている。そのうち、派遣会社みたいになって、消えていくだろう。もう、本も雑誌も売れるとは思えない。時代の流れは株式相場と違って逆行はしない。仕事くれないから、こういうグチでも言っているしかない。今や会員同士の電話番号も個人情報だと言って教えない。団結して反乱を起こされるのを恐れているのだろう。会社がひっくり返るようなネタ、いっぱい持っているが。
■今日は2択を失敗。よかったのはダートだけだった。明日はなんとか。

12/7  8−17℃  くもり一時晴  風・北北西
■ホームドクターが亡くなってから、発見が多い。気付かされるというか、変転するというか、まあなんでもいいけど。ブルーアパタイトを探せという夢のお告げ。まあ、ネットにもあるけど・・どうしよう。夢って弱いんだよねえ、夢解釈が。

■冬だから、ホームページの色とかを変えました。私は腸を大切にしているので風邪を引きません。お気を付けて。

@abeautynature 氏のツイート。
Adorable Nature
@abeautynature
Curious friendship Gudbrandsdalen, Norway.

12/6  12−9℃  くもりのち雨のちくもり  風・北北西
■〈まぐまぐ〉は購読者でもあるのだが、有料メルマガで1つ読みたいのが出てきて、<月中に申し込むと、その月のは全部送られてくる>という文句に誘惑されそう。私の「軸馬指数」も誰か誘惑されてくださいなw
■昨夜のNYは先物だけやっていたが、経済制裁のイランに輸出した中国企業の副社長をカナダで逮捕の報で、一瞬で600$急落。ついに世界経済は私の読みどおり、混沌になってきた。
■苦手のデイトレは巧く行く。小さな波は3000円、大きな波は9000円で手仕舞いの指し値を入れておくと、値動きが激しいから瞬間タッチして値が付く。この瞬間芸が完成しつつある。

12/5  15−18℃  くもり一時雨  風・北北西
■大阪で万博だって。消費税上げて、五輪と万博で税金つかって、年金とか、どうするんだろう。

12/4  11−20℃  晴・くもり  風・南南東→南南西
■ホームドクターの後継の内科医は決まっていた。医者はピンキリだから、私は誰でもという主義ではない。耳鼻科は(今でも2時間くらいかけて)25年通っている。腎臓内科は昨年見つけた。名医でラッキーだった。今いないのは眼科と歯科だ。眼科の先生は明大前でやっていた名医で、看護婦も事務員も置かない変人だった。府中の2回スタンドで出会ってお互いに驚いたこともあるが亡くなられた。歯科医は千葉市まで行っていたが40代で他のことをしたいと言い始めて著作を始めて引退した。
 今は、その眼科医と、歯科医がみつからない。どこかにいませんか。腕が良いことと、人間性がピュアであること。この2つは医師や職人の絶対条件ですよね。大工さんなどもそう。

12/3  8−14℃  くもり時々雨  風・東南東
■今日は出かけるのをやめようと思ったが、バスを待つ20分前に急に出かける気になって着替えて慌てて飛び出る。空は出かけるのはやめると思ったのか、天気予報と違ってパラパラ降っていたが、晴れ男の私が玄関出たのを見て、1分でやむ。6時のバスで帰るときに地面が濡れているから、このへんは何時まで降ってましたか?とそのへんの人に聞いたら、5時頃だという。私が電車を降りる30分前にやんでくれたわけだ。いつも、ありがとう。
■最後にホームドクターが推薦したのは、マタチッチの40番だったが、You Tube にない。誰かupしてくれないかなあ。私が最後にドクターに褒めたのは、ヒチコックの映画だった。

12/2  5−12℃  くもり  風・東北東→北北西
今年のG1は【7−4−1−8】。あと4レースあるから、最良記録がまだ狙える。
「軸馬指数」は3着と1着で【26−18−12−44】。アルバートが回避してチャレンジCが的中だから悔やまれるが、ややこしいことは考えずに、計算に入れた。
「ホースレター」は(2−0−1−2)で【64−47−27−108】。

チャンピオンズCのパドックが良く見えたのは、ノンコノユメ(7着)、ルヴァンスレーヴ(1着)、サンライズノヴァ(6着)、ケイティブレイブ(11着)、ミツバ(8着)と多かった。
 レースは、スローで始まって、ルヴァンスレーヴは内枠から好位へ。長く良い脚を使う馬だからミルコとは合っている。積極的に好位に行って、馬群は縦長になって後方追い込みはムリな流れだった。
 ケイティブレイブは抑えすぎた。ウェスタ−ルンドは前走の不利が大きかったと見るべきか、プラスが大きく、離れたしんがりから脚を溜めて、4コーナーで左右に広がる馬群を尻目に、最内に入ったら、あっという間に5番手。前がルヴァンスレーヴが抜けた穴を狙って抜けて、きれいな2着。こういう追い込みは珍しい。藤岡佑は一発狙いをやり始めている。とすると、あと10点加点して最後の△をどうするかだが(「軸馬指数」は軸を決めるだけの指数だから)、3連複・軸1頭流しで、ここまで流してしまうのが正解か。

12/1  6−17℃  晴  風・北北西→北北西
◆今日はグレードを無視して「軸馬指数」はチャレンジCをやればよかったが、後の祭り。どちらをやっても、こんなもの外れるとは思わなかったし。長距離と短距離は血統期待の人が当然いるわけだから、2000mのG3は選びにくくて仕方ない面もある。アルバートがいないとなると、早めにマクってしまっても安心でよいリッジマンのほうが、展開の採点は良くなるので、結果は同点だったのだが・・。これ以上、何も言うまい。
チャレンジCのパドックが良く見えたのは、ダンビュライト(4着)、ダッシングブレイズ(11着)、レイエンダ(6着)、エアウィンザー(1着)、トリコロールブルー(10着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、エアウィンザーが好位抜け出して楽勝。1分58秒3なら文句なしだ。レイエンダは追えども伸びず。ハナへ行くメンバーでないから抑えたマウントゴールドは二千で強くなっただけあって渋い。レイエンダは間隔開いて何かあったのか? 間隔が開くと買いにくい厩舎だから次走か。
ステイヤーズSのパドックが良く見えたのは、モンドインテロ(3着)、ララエクラテール(6着)、リッジマン(1着)、アドマイヤエイカン(2着)、メドウラーク(8着)だった。
 馬場は内中伸び。レースは、アルバートが回避でメンバーが手薄。マイネルミラノも先行せず。かなりなスローペースを、淡々と順番変えずに周回するだけで、好位にいた3頭がそのまま流れ込んで、追走する馬も伸びず、力差だけで決まったレース。何も起きなかった。最後の最後でビュイックが追い込んで、観客の期待に応えて熱烈プレイを見せただけ。アルバートがいても、大したことないメンバーだから、こんなもので仕方ない。
 リッジマンは間隔が開いた点が問題だったが、最終追切りも良くパドックも良く出来ていた。

11/30  7−14℃  晴  風・北→東
■ギリシャのピタゴラス「病気は音で治療できる」。全てのものには周波数がある。地球のシューマン共振は、7.83Hz だったが、なぜ変化したか。わからん。

11/29  10−15℃  晴  風・北→北西
■ドクターとは最後に、東欧は文化の陰翳が濃くて味わいがある。という話だったなあ。今日は起きる気もせず、ダラダラ寝床にいた。

11/28  5−18℃  晴  風・北東→北西
■20年近いホームドクターが急に亡くなられて、びっくり。白山の2軒隣の医師。最後がフルトヴェングラーとカラヤンの比較とかの話。やれやれ。メールいただいた方、もう少し落ち着いたら返信します。よろしくお願いします。

11/27  10−17℃  晴  風・北北東→なし

Parked on a cloud above Mount Fuji, Japan. pic.twitter.com/SIdc2MF8L9

— Adorable Nature?? (@abeautynature) 2018年10月6日
流れゆく富士

■村上春樹も北野武もジャズ喫茶で働いていたが、それほど高尚な聴く耳があったとは思えない。私は、あまり行きたいと思わない店だったから。

11/26  5−17℃  晴  風・北→南南東
■2カ月で6kg半の体重増加で、4月か5月の体重に戻った。これで、目標は達成した。78→57をやったし、57→66をやったし、今度は59→65.5をやった。体重を増やしたり減らしたりするのは簡単だ。毎日同じものを食べる。何も食べない時間を15時間以上とると減る。12時間以内だと増える。あとは、1個か2個か、量の増減をするのみ。空白時間の長さの調節と、最後の1個を食べるかどうか。全体的には同じような食事を続けている。簡単だ。

11/25  4−15℃  晴  風・北北東→南西
今年のG1は【6−4−1−8】となりました。
◆「軸馬指数」は4着と1着で【25−18−11−44】。
◆「ホースレター」は(2−1−0−2)で【62−47−26−106】。

ジャパンCのパドックが良く見えたのは、アーモンドアイ(1着)、サトノダイヤモンド(6着)、サトノクラウン(9着)、キセキ(2着)、スワーヴリチャード(抜群、3着)だった。パドックの内側にも警備員が立って、やはり先週のマイルCSの醜態で競馬会もびびったのだろう。
 馬場は連続開催の最終週なのに内伸び。
 レースは、遅めの平均ペースで千メートル通過が59秒9。それで2分20秒6の驚異のレコード。オグリキャップもアルカセットも泣いているだろう。準OPのウエルカムSが上がりが、10.9-10.9-11.3 だったので、凄い時計になるだろうとは思っていたが。連続開催の最終週は、むかしは内が荒れて、外伸びだったが、今は馬場管理が凄くて、特に東京は凄くて、内伸び。ある意味では、外差しの馬は脚を余すからおもしろくはない。
 千メートル通過後は瞬発力勝負かと思ったが、長い長いハイペースラップで通過した。11.8-11.7-11.4-11.4-11.0-11.4-12.0 と、凄い流れで行って、最後は全馬がいっぱいいっぱい。追走した馬たちもいっぱいになって止まってしまって、前との差は詰まらなかった。
 キセキは、川田の先行は凄いといつも褒めてきた。内伸び馬場で、これで勝てないならどうしようもないだろう。
 スワーヴリチャードは天皇賞はフォトパドックでけなしたが、今回は一変して良かったが、途中で折り合いを欠いて、最後まで頑張ったが、その分、何馬身か詰め寄れなかった。
 アーモンドは折り合いも付くから、2マイルの天皇賞も勝てるかもしれない。ジェンティルドンナと同じような過程で3歳秋にJCを勝ったから、ジェンティルドンナが勝った有馬は楽勝だろう。
 秋華賞は最終追い切り後に3日間馬場入りせずにレースで快勝。レース後は熱中症になって補液治療という顛末。私は秋華賞のフォトパドックを見て、馬が疲れているからと、人気すぎると書いて蹴った。それで、そういう過程で勝たれたから「化け物」だと書いて、ジャパンCは諦めて◎を打った。しかし、強すぎて化け物だ。おもしろくないほどの化け物だ。凄いものを見てしまった。言葉がない。これも芸術か・・。
 地方馬のハッピーグリンも好走して、大雨期待で来日した?外国勢には先着した。これは十分に威張ってよいことだ。
ウェルカムSビュイックモレイラの叩き合いは凄かった。あれはビデオで6回くらい見たが、モレイラの腕を使った抑え方と、ビュイックの強力な下半身を使った追い方は芸術だ。秋に芸術を見てしまった。
「ケヤキの向こう」 もお気に入りに入れておいてください。

11/24  6−12℃  晴  風・北東→東北東
京都2歳Sのパドックが良く見えたのは、ワールドプレミア(3着)、スズカカナロア(7着)、ペルソナデザイン(6着)、ミッキーブラック(4着)だった。
 馬場は内伸び。レースは、少頭数のスロー。瞬発力勝負。ミッキーブラックは出遅れて、すぐ出して行ったので損。クラージュゲリエは馬体重は増えていたが、まだ薄く見える作り。祖母がトゥザヴィクトリーの全妹で、ここの切れで走っている感じ。モレイラが腕を動かさずガッチリ抑え込んで折り合いの心配をクリアした。馬群の中を進んで、外を回さず、内伸び馬場で1cmも損しないような乗り方をまたやっている。4コーナー手前で既に勝っていた。凄い騎手だ。
 今日の東京メーンのムーアとビュイックの、下半身微動だにせずの追い合いも凄かったが、モレイラも凄い。こういうのを見ていると、ルメールはその次ではないかという気がしてくる。
 良いものを見せてもらった。

11/23  6−13℃  晴  風・北北西→北北西
■月曜夜の雨で、またペンキが少し流れている。冬は根元まで乾かないのか??
■〈まぐまぐ〉から転載。
「INFORMATIONまぐまぐからのお知らせ
2018.11.15【お詫びとお知らせ】無料メルマガ一部ドメインへの配送障害と対応状況について
平素はまぐまぐ!をご利用いただきありがとうございます。
2018年10月30日頃より無料メルマガ読者様の一部ドメイン(主にHotmail,Outlook,live,icloud等)に対し無料メルマガが届かない障害が発生しました。
一時は復旧いたしましたが、現在再び一部ドメインには無料メルマガが届かない状態でございます。
当社にて急ぎ対応を進めておりますが、 復旧までしばらくお時間をいただかなければならない状況にございます。」
■「my favorites」の映画とジャスの項目を書き替えました。「profile」を一部書き替え、「競馬論」を加筆しました。「メルマガ」の「軸馬指数」自選集の血統誤記を訂正(今頃、遅ればせながら)しました。5月中旬から7月中旬の大スランプ時は頭の中が溶けていたようです。

11/22  9−15℃  くもり  風・北西→北西
■日産を2万人の首切りで黒字化したカルロス・ゴーンの年間報酬が、2000億円だったとは。20年で4兆円だ。ほとんど異常。それを決議した役員たちはほとんど無能。今の日本はこうした会社が大半。どこもかしこも日本は、こうなっていて、終わりつつある。

11/21  3−16℃  晴  風・東南東→北
■日産はどうやら社員のクーデター説が濃厚らしい。粉飾決算だから内部告発でないとバレないだろう。多額の報酬を得て、部下に信頼されないというのも裸の王様で、自動車業界の歴史に遺るほどの悲喜劇だ。
■日本のアナリストやステラテジストは、自らは、ほんとうにアップルやアマゾンやフェースブックを買っているのだろうか。給料が高いから、株はやってないのではないか? だって、既に資産が増えていっているのだから、増やす意味ないから。

11/20  10−15℃  雨のち晴  風・北北東→北北西
■株式相場は読みどおり、アップルやグーグルが急落して世界中沈没状態。何度も書いたが、日本のアナリストやストラテジストの高給取りが、「アップルやグーグルを買っていれば資産は増える」と大合唱したら、もう世界中に買ってない人はいないから騰がらない。じつに単純な法則だ。
■カルロス・ゴーン容疑者は、たしかに事実上潰れていた日産を助けた。めちゃくちゃな無能経営陣の放漫を救済してもらったのだ。日本がフランス政府に頭下げて救済してもらったのだ。でも、合理化を徹底的にやって報酬が高すぎて、世界中に豪邸が4つもあって、強欲すぎたから、日産の株は買うまいと思ってきてよかった。三菱もスバルも不正やって、あとはトヨタとホンダだけか。レーヌミノルはダイハツミゼットはどうした、とパドックで言っていたが。

11/19  12−17℃  くもりのち一時雨  風・北北西→北北西
■モズアスコットは外から横切られただけでなく、その前に内のレーヌミノルとぶつかったかもしれないという話を騎手談話から聞く。なるほど、レーヌミノルはパドックで前を横切られたから虚ろな顔をしていたんだよ。モズアスコットは、パドックの内に人がいっぱいいるとテンションが上がるんだよ。そろそろ、パドック対策は変えるべきと思う。
■塀から落ちたのと腱鞘炎で、白山のホーム・ドクターに湿布薬を大量にもらいに行く。20年前に白山に2年住んでいたから、以来、どこに住んでも白山まで通うのであった。今日は鎮痛法でなく、その医者の先生と映画の話。フェリーニの作品は全部良いと言うことで意見一致。帰りの始発ホームで電車を待っていた女子大生が背中にバイオリンのケースを背負っていたので「クラリネットですか」と声かけた。クラリネットとは全然違っていた(オイオイ)。スメタナのモルダウを昨日はずっと聴いていたと言うと喜ばれる。モルダウはフルトヴェングラーよりも、ベルリン・フィルのカラヤンのほうが好きなんだけど。こういう話は始めたら終点まで行っても止まらないから、いつも途中でやめてあげる。世の中には、おもしろいおっさんがいるなあ、という顔をしている。いるんだよ、圧倒的な少数派だけど。

11/18  11−16℃  くもり  風・北東→東北東
◆「軸馬指数」は着外2つで【24−18−11−43】。2歳Sは追い切り不足の馬を◎にしたのは、いくら素質馬でもむちゃだったか。土日2レースとも内伸びでどうしようもない。塀から落ちるわけだ。へー。
◆「ホースレター」は(0−1−0−4)で【60−46−26−104】。霜月Sの自信満々のサクセスエナジーまでゴール前で止まった。驚いた。

マイルCSのパドックが良く見えたのは、ペルシアンナイト(2着)、アルアイン(3着)、ミッキーグローリー(5着)、ケイアイノーテック(11着)、アエロリット(12着)だった。
 馬場は内中伸び。レースの前にパドックが酷かった。むかしは人は馬の列の中には入れなかったが、最近はどんどん入れて、G1はパドック内は人だらけ。馬のパドック映像も見えなくて困る。おまけに今日は、パドック内に14人も途中で遅れて入ってきたが、馬が歩く列に割って入って、馬を止めて、あれは何? 50年競馬やっているが初めて見た。
 なぜ、パドックの関係者は止めないの? レーヌミノルは立ち止まって、“今日は10人以上もなんで私の前を歩くの? 信号機はないの? この人たちはダイハツミゼットもダットサンブルーバードも知らないのだろうなあ・・”という困惑した顔をして眺めていた。なぜ、馬が止まって、人が止まらないのだろう。日本のパドックは12周も13周も歩かされて、私は4周でやめろという考えだが、歩かされて入れこんできてダメになる馬も多いのに、前を歩かれて止まらないといけないのでは競馬にならないのではないでしょうか。
 パドックで、何もなくても、立ち上がったり、暴れたり、芝生に寝転ぶ馬もいるが、そういう馬だったら、事故になるが、どうする気なのだろう。もう、TVに映りたいとか、観客に偉いところを見せて喜びたいとかの邪な考えは捨てて、入場禁止にして、馬優先の競馬をやるべきだろう。ルヴォルグに◎を打つ人と同じで恥ずかしい。

 レースはパドックで幼いところを見せていたモズアスコットは出も悪く、遅めの平均ペースなのに、二の脚もつかず、進んでいかないので、既に終わっていた。4コーナーでケツのほうにいて前をロードクエストに横切られたら、ひるんだりして、外へも出せず、前も壁で、レースにもならなかった。すんなり開いても届くような位置ではなかった。春はダイメイフジに負けて除外候補がやっと連闘で出たら勝って、秋は予定どおり一叩きして追い切りも良く、さて、と思ったら惨敗。競馬は難しい。
 アエロリットは急に止まったが、馬がりっぱすぎるのか、やはり輸送は3回目もダメだった。
 ペルシアンナイトは日曜から徐々に内伸び馬場になって、インにへばり付いていたが、アエロリットがジャマで、追えたのは200mだけだった。ミルコの秋は運もない。
 ステルヴィオは母系にサンデーサイレンス、トウショウボーイ、スピードシンボリの名前が並ぶ日本の名牝系で、2歳から今春まで、サウジRC、朝日杯、皐月賞と◎で推してきたが、何しろ追い込んで届かないので、前走は少しは前目で競馬できたが、今日は好スタートから好位にいるという驚きの位置どり。アルアインを捕まえたら楽に抜けてきた。やはり、あの馬は強いのだ。今頃、内枠で後ろから差すの?と減点したら、走られても私は困るが・・。
 土日の東京も、日曜の京都もイン伸び馬場で、ペースがハイペースにならないと、極端に内有利の競馬が続いて、東スポ2歳Sが1、2、3、4、5枠の順。マイルCSは1、1、2枠の順。こういう内枠有利のイン伸び競馬は、外の馬は全馬、脚を余すからおもしろくない。これは弁解ではなく、イン伸び馬場の競馬はいつもこういう感じで、私向きにはならない。同じことを芝管理が良くなってから10年以上言っている。
 パドックで前を歩かれて、止まって人の通過を待ったレーヌミノルは昨年は4着だったが、今年は好スタートから行き脚がつかず、しんがりの18着だった。走りながら、ずっと、パドックに信号機を付けられないか、競馬会に言うべきか、ダイハツミゼットは良い車だったなあ、とか考えながら走っていたのではないか?

11/17  10−19℃  晴  風・北北西→北北西
■塀から落ちる以前に、新馬終わって◎だったから、頭の打ち所は関係ないです。頭は打たずにメガネのフレームから落ちるというのは、ヒビの入ったメガネや、曲がったフレームを見ると確かにゾッとする。塀から落ちなかったら、あのキャンターみたいな追い切り見てやめたかな? でも、その時もヴァンドギャルドだろうからダメか。1着馬も2着馬も好きでないから、今の腱鞘炎用のロキソニン鎮痛膏薬をベタベタ貼った身体では、褒める気がおきない。
東スポ杯2歳Sのパドックが良く見えたのは、カテドラル(11着)、ヴェロックス(4着)、ダノンラスター(5着)、ホウオウサーベル(抜群、6着)、ルヴォルグ(抜群、9着)と多かった。
 馬場は内伸び。レースは、ルヴォルグが出遅れ。追走も手応えなく、向正面で急かしても進まない。馬場は内伸びで、外回して追い込みが利かない日。直線入り口でも再後方の外回しで、もうダメだった。ヴァンドギャルドがきれいに馬群を割ったが、牝系の奧にシングシングのクロスがあるせいか、距離が少し長い感じで止まった。ニシノデイジーとアガラスは内枠から内々回して、得した。ヴェロックスが追い込んできて、いちばん中身のある競馬をした。モンズンが利いていて良い馬だ。
 ホウオウサーベルもきれいな馬体をしている馬だが、後方から外回しで追い込んだが、今日の馬場では負けパターンで、競馬にならなかった。
 ルヴォルグはパドックで抜群の馬体で、太くもなく、パドック終わって急に単勝が売れたほどだが、外は伸びないし、出遅れるし、なによりも中2週もあるのに、追い切りやらずに勝とうというのは、いくらなんでもむちゃな話か(オイオイ、間違えちゃったよ。藤沢先生)。目を蔽うようなレースだった。次走はどうしよう。追い切り次第だなあ。頼んまっせ、藤沢先生。

11/16  5−17℃  晴  風・南東→南東
■外壁のめくれのコーキングと、ペンキ塗りは、不動産業者から買った場合の「瑕疵担保責任」に入らない項目だから、私が発注したのだと思ったそうだけど、違うといったら驚いていた。あれは、契約書付随の重要事項説明に付随の設備一覧表に、8箇所も間違った記載があるので、私が怒りまくっても売主の不動産屋も、仲介の不動産屋も居直って態度が悪いから、頭に来て、「私を下に見るなよ」と一言クギ差して、東京都と埼玉県の監督課に電話したら、虚偽記載の疑いがあるので処分や指導を検討したいと言うから、当然ですと言ったら、すぐ電話で業者に指導して、即日、「対処します」と業者から返事。役所が言うとおとなしい。それでトイレのウォシュレットの壊れたリモコンが、TOTOに在庫がないのが判明したから、交換できないので、代わりにペンキ塗りと外壁のコーキングを要求したら、その代案をまた2週間も放置。しかたないから、虚偽記載なのに居直っていると役所に電話したら、また、即日、「その代案で対処します」、とのこと。なんなの、あの人たちは。8箇所も虚偽記載があったら、都庁が言うように宅建業法35条で処分でしょう。庶民をなめている。
■薄っすらと流れたペンキのところが、なんとなくペンキが広がって分からなくなる。リフォーム屋に電話して、早朝にでも来て塗ってくれたの? と聞いたら、自然になじんで来るから、あれくらいの雨で良かったね、だって。塗装ってそういうものなんか(笑)。不思議な経験をした。

11/15  5−17℃  晴  風・北北東→南
■塀の上から落ちたのは、2mはないですね、ヘソの高さだから。その上に立って、足を踏み外して落ちたから、落ちるときにポン友の須賀田君に教わった柔道の受け身で、とっさに左に捻って頭を打つのを回避したのは覚えているが、3m以上引力の法則で地面に向かった左のメガネの端や、カカトで支えたのは、意識してないから覚えてない。車で通りかかった人が、「大丈夫か」という声で我に返って、大丈夫かどうか、頭を上げたら、左目の横が痛かったが、頭は上がった。それを見て生きているなと思ったか車は立ち去った。これで頭を強打するか、強打したか、両方で6回目だ。ミスターサロンパスになって。痛くて寝返り打つのに苦労した。トラックに轢かれるスレスレが2回あって、洋服がこすれたのは、さすがにゾッとした。
■朝冷える。朝方はオイルヒーター入れておくが、デロンギはほとんど十分には温かくならない。16年使ったフィリップスは同じ電気使用量で、めちゃくちゃ温かかった。真冬でも10畳の部屋で、オイルヒーターだけでやろうと思えば暮らせたほどだ。欧州で電機メーカー・ナンバーワンはフィリップスだが、日本ではオイルヒーターはデロンギしか売れないからフィリップスは撤退した。おかしな国だ。完全におかしい。

11/14  11−17℃  雨のち晴   風・北→北西
■よく見たら、ペンキ塗ったところが一部雨で流れている。困ったものだ。間近で見ようと塀に登ったら、足元不如意で、背中から道路に落ちてしまう。痛い。メガネが飛んでヒビが入ったが、レンズの隅のほうでよかった。フレームはペンチで曲げ直す。頭を打たなかったから、また予想ができる。
■うーむ、夜3時間くらい降ってしまった。西から来る雲は大丈夫だったが、関東は局地的ににわか雨になってしまった。でも、コーキングは防水だから、もつそうだ。

11/13  13−15℃  くもり  風・北→北東
■今日はリフォーム。契約時の設備一覧の書類に8箇所の不備記載。文句言うと、風呂場のタイルの破損(ひび割れから木部に水が入る)と、無いはずのアンテナ撤去は応じるが、それ以外は無視される。頭に来たから、売主の東京都と、仲介の埼玉県の業者監督課に電話で訴えると、虚偽記載の疑いもないでもないから処分か指導を検討するとの答え。指導の電話をしてくれて、ウォシュレット・リモコンの在庫がないので交換がムリだからとのこと。代わりに外壁の剥がれとか、ペンキの剥げたところの修理をやって欲しいというと、即OK。さすが、自治体の指導は業者には著効。リフォーム屋さんは良い人で、足元なんか見ないから修理をちゃんとやってくれる。今日はちらほら雨かもしれないとネット天気予報でいうが、天気予報なんか信じないから、藤沢か館山までしか雨は降らないと読んで、朝から強行。読みどおり、神奈川南部と千葉南部しか降らない。

11/12  12−16℃  くもり一時雨  風・北東→東
■今日は原宿。石屋で、超珍しいサルファー・イン・クォーツのクラスターを見つける。加熱のレモンクォーツとは違う。火打ち石のように叩けば、ちゃんと硫黄の匂いが嗅げる。生まれて初めて見たから衝動買い。
 駅へ帰って18時のバスを待っていると雨。晴れ男なのに不思議だなあと思っていると、家のバス停に到着するとピタッとやむ。OK。

11/11  10−20℃  晴  風・北東→南南東
◆「軸馬指数」は1着と5着で【24−18−11−41】。このところの◎は、
2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2・2・1・5着ときている。
 パワハラ受けて暇してからをトータルすると(8−8−1−3)だ。 今年のG1は【5−4−1−7】。
 1勝1敗のペースだと年間連対率は好転する。秋の連対率は84%以上のペースでないと落ちていく。なんか、笑うしかない。エ杯は印に後悔はない。5強全部に弱点があったから。正解の理屈は、まず、中間一頓挫あった馬を外して、残りで、元気な馬で、騎手が馬の弱点を克服できそうなリスグラシュー、だったということか。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。このパターンだな。よく、頭に叩き込んでおこう。
◆「ホースレター」は(2−1−1−1)で【60−45−26−100】。
 パワハラ受けて暇になってから(17−10−5−14)。

エリザベス女王杯のパドックが良く見えたのは、レッドジェノヴァ(4着)、カンタービレ(6着)、クロコスミア(2着)、リスグラシュー(1着)、ノームコア(5着)だった。真ん中に立ってしゃべっている上層階級がジャマでよく見えない日だったが、中間疲れがあったノームコアとモズカッチャンは、ほんの少しだけ腹目に余裕があるように見えた。
 馬場は、どこでも伸びそうだが、やや中伸び。レースは、クロコスミアがきれいなスタートでハナへ。リスグラシューが好スタートからモレイラ流にスイッと進んでから抑えて中団。かなりスローだが、全馬、まあまあの流れか。向正面でノームコアが少し動いたのが損か。エ杯らしく、今年も先行馬が残りそうなペースと雰囲気だったが、動いたら損だ。モレイラはいつものように全く動かない。スローでも知ったことかと前を射程にジッとしていた。この人は、ほんとうに抑える姿が美しい。掌がじっとしていて前後に動かない。馬群の真ん中に入っていって坂を下り、外へ出して距離損するのを1センチでも避ける乗り方で、直線入ったら前すぎず、後ろすぎないところから、まっすぐ走れば差し切れる位置にいるという不思議な人。
 モズカッチャンとノームコアは、やはり中間がちょっと何かあった馬は、何かちょっとデキが違う。この2頭は避けるのが正しかったか。
 モレイラは今日の京都は外国人が勝ちまくったが、この人がこのレースまでで競争中止が1つあって、5勝か。抜けている。ルメールが坂の手前で動いたのは、後ろのモレイラを意識したせいだろうか?
 クロコスミアはパドックが良かったので、3複1頭軸流しに当然のように入れて買ったが、後でオッズを見直せば、複勝が、5.6−8.7 だから、これを千円抑えるのが馬券的には正解だったようだ。

11/10  15−21℃  くもり一時晴  風・北北西→北北西
◆「軸馬指数」は、また1着。このところの◎は、
2・2・2・4・3・1・1・1・1・1・1・7・2・2・2・1・2・2・1着ときている。まだ、崩れない。アーモンドアイを蹴飛ばした秋華賞の7着がピカピカに光っている。最終追切りから3日間、馬場入りせず、快勝のレース後も補液注入で寝込んだそうだ。私の、不調という見立ては正しかった。また、同じレースがあったら、必ず蹴ります。
 神戸新聞杯のエポカドーロの4着は、出遅れがあったとはいえ、もう1回やったら◎は打たないでしょう。予想ミスですね。

◆今年の「ホースレター」は過去最高の連対率で来ています。加齢とともに良くなってくるのは、普通の評論家と真逆です。先週までの成績を載せておきます。
2004-----(57-27-20- 84)188R  0.303 0.447 0.553
2005-----(75-49-30-140)294R  0.255 0.422 0.524
2006-----(70-47-34-135)286R  0.246 0.411 0.530
2007-----(48-37-29-110)224R  0.213 0.378 0.507
2008-----(50-33-33-108)224R  0.223 0.371 0.518
2009-----(51-41-29-128)249R  0.205 0.369 0.486
2010-----(56-53-32-121)262R  0.213 0.414 0.536
2011-----(71-41-31-121)264R  0.269 0.424 0.542
2012-----(66-41-33-121)261R  0.254 0.412 0.538
2013-----(64-31-31-133)259R  0.247 0.367 0.486
2014-----(64-33-34-136)267R  0.240 0.363 0.491
2015-----(65-38-28-129)260R  0.250 0.396 0.504
2016-----(61-52-29-118)263R  0.232 0.430 0.534
2017-----(68-45-44-106)263R  0.259 0.430 0.597
2018-----(58-44-25-099)221R  0.262 0.462 0.575
計--(923-616-466-1794)3790R  0.244 0.406 0.529

デイリー杯2歳Sのパドックが良く見えたのは、アドマイヤマーズ(抜群、1着)、マイネルフラップ(8着)、メイショウショウブ(2着)、ダノンジャスティス(4着)だった。
 馬場は昼から乾いて中伸び。レースは、行く馬がいなくて、スタートも良く出して行ったアドマイヤマーズが仕方ないという感じでハナ。12.6-11.8-12.4-12.7 という超スローで流れて、上がり勝負が 11.6-10.8-11.5 で、一旦抜かれたマーズが33秒台の脚で差し返して快勝。まだ、余裕はあったが、ハナへ行ったことが次走でどうなるか、だ。
 メイショウショウブはパドックが良かった。芝で負けてダートで勝ち上がってきたが、見た感じでは芝の馬ではないか。ヒシアマゾンの名牝系でマズマズだ。
武蔵野Sのパドックが良く見えたのは、サンライズノヴァ(抜群、1着)、ルグランフリソン(5着)だけだった。
 レースは、ルグランフリソンの逃げ。けっこう競る。◎サンライズノヴァは、また後方から。直線に入って、ゴボウ抜きが決まって東京は強い。インカンテーションはパドックが悪すぎた。なんで、あのパドックを褒めるの? 自分が◎を打ったから? パドック解説失格だな。こういう人ばっかり。
 そのデキの悪さなのに、三浦は3コーナーから強引に外をマクっていって直線は伸びず。これで、次走も怪しくなった。三浦は終わったかもしれない。パドックで乗るときに、ルメールみたいにチラッとデキを測れよ。そうでないと、次走に繋がらないじゃない。G1に乗せてもらえないわけが分かるかな。


-------------------------------------------------------------



──────────────────────────────






─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつも私の書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。私は〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。私の人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5の私の環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトと私のG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとすると私が普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。私のページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元気な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元気もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」も私がわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみに私は Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人気なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という気になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。私の机は優しいから、昨夜、私にもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつは私も自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元気そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人気とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、私が電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、私のPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと気づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、私の希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・私も英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺気立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、私のせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、私の趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←