homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で




─────────────────────────────────────────






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「国際子供友好協会」を支援しています。   ←click here

運営費に困っているくらいのNPO法人のほうが良いと思って、2019年に変更しました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功  ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。




●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
      (『血統論』とセットで1700円=過去4版中、これは割安大特価です)
血統論』(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(900円)
週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(600円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月 8レースか10レースで、455円(税込み・月500円)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。






・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、オンラインストレージで送らせていただきます。)

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2019年8月版(第4版)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)








9/19  24−25℃  くもりのち雨  東2
■ウインズが始まるそうだ。誰が行くのだろう。3日間競馬も飽きた。2日でいいよ。その分、夏のローカルをじっくりやってほしい。でないと、札幌以外の夏の2歳Sとかの重賞に馬が集まらない。今年も新潟と小倉は寂しかった。おもしろくないと思うよ。

9/18  24−32℃  晴  南3
■清水成駿さんはカリスマ性があって凄い人だったが、「1馬」は一度も読まなかった。あの人の最高の予想が、スペシャルウィークのダービーだと言っていたみたいだけど、あの2着がそんな偉い予想とも思えなかった。それに比べてと言うと怒られそうだが、わたしの予想の自選集って、よくやったと自分でも思うんだけどねえ。誰も言わないから、悔しいから言ってみた(笑)。

9/17  22−28℃  くもり  南東2
■正午前後にホームページにアクセスできませんでしたが、高速化を図ったら、.htaccess ファイルの書き方が悪かったのか?エラーになって、しばらくして、ファイルをいじっていたら、すぐ直りました。昼休みの方にはご迷惑おかけしました。システム上の問題です。これで高速化は成功。FireFox では、ちゃんと正常なホームページのマークになっていますが、https:// 化にもして暗号化や安全化もできたし、高速化もしたからアクセスも今日から速いはず。朝から、あっちこっちエラーばかりだし、スタートメニューの右クリックばっかりやる日々。これでやることはなくなると良いけど。

9/16  22−25℃  くもり一時雨  東1
■先週は、「ホースレター」も6レースやって、1番人氣の◎はなし。先々週からそういう傾向に入ってきていますね。でも、違うんです。たまたまなんです。結果が出ているのも、そういう巡り合わせというか、そういうリズムなんじゃないでしょうか。方式は変えていません。
■昨日のNECの9821Ldは、廃棄と頼んだが、明日もう一度起動してほしいと言っておいたら、やはり今日は起動したらしい。パソコンは電源やられたら、次の日もやると治ることがある。むかしは、Windows が出る以前のDOSマシンで遊んでいたから、そういうことが、まま、あった。
 電源ボタン押して切ったあとは、10秒待てと、大昔、NECの人に言われていたなあ。それでLdは、起動したが液晶がやられていて画面が見えず、ダメ。あの当時で修理費3万だから、今なら、もっと凄いだろう。La 13 を捨てるんじゃなかった。フォーマットしてから、長い間、ウーンと鳴っていたのに。ゴメン。
■ヒドロキシクロロキンも副作用が凄いらしい。となると、新型コロナだろうが、旧型コロナだろうが、イベルメクチンくらいしか可能性は残っていない。やはり、わたしは漢方の生薬でいいわ。自分が長期間、信じてきたものがいちばん納得できる。

9/15  20−27℃  晴のちくもり  東南東1
■Win10 の update の自動更新は、自動にせず手動にしたほうが煩わしくないですよ。方法は検索したら出ますけど。自己責任でね。
 Windowsキイ→歯車の「設定」→update→ 画面に、一部の設定は組織によって管理されています、と書かれていたら成功です。
■千葉県のM行から、26年前に使っていた、わたしがあげたNECのDOSマシンが出てきたが、捨てていいかとメール来る。電話で boot すれば欲しいけど、と言うと、電話の向こうでやってくれたが、一部が錆びているし boot しないそう。SCSI のメモリーカードも動かない。けっきょく、捨てることにする。残念無念。NEC La13 は名機で、凄かったが、捨てるときにアンインストールしても、HDDがウーンと唸っていた痛恨のマシンの捨て方。あの哀しさは当時の日記に書いた。そんなことあるかという人も居るかもしれないが、あるんですよ、そんなこと。あのマシンは液晶壊れて、ハードの記録ファイル見たら、3万円で修理していた。メインで4年1カ月、サブで3年4カ月使った名パートナーだった。「ウーン」くらいするだろう。捨てなきゃよかった。PCは1カ月に1回 boot しているだけで長持ちする。それはわかっているのだけど。

9/14  21−29℃  晴のち雨  北東2
■今週は3日開催ですが、ローズSとセントライトの2つをやります。送るのは、枠順が出る2日前かor前日か、は、天氣の確定次第とさせていただきます。
■読者の方から「ホースレター」に書いた powershell.exe のアドヴァイスを頂く。私の読者は、じつにさまざまな人が揃っていて、楽しいです。湘南の製薬メーカーの人、ごめんね、何かのコロナが存在するとしても(ゲノム公表しない)、日本で認可しないヒドロキシクロロキンかイベルメクチンでいいような気がするんだけど。わたしは薬に厳しいから、HPも「軸馬指数」も、我慢して読んでください。
 今回は電機メーカーのシステムの人とか。セキュリティファイルはアドヴァイスに従って入れ直すのが面倒で「修復」をするが、手間省いたからか結果は同じ。何ファイルか開けなくなる、と示唆を頂くが、そうですか、win7とwin10では開けないファイルが違うし、困ったものですね。セキュリティソフトって、ある限界までしか信用してないのですがねえ。
 レジストリ整理ソフトも試みを示唆されるが、わたしは慎重派だから、あれ使う勇気ないのですねえ。とくに無料版は。

 今日の遊び。IE 11 は、TLS のバージョンの on,off を変えると速くなった。そういうものか。
 そもそも、gpedit.msc を呼び出して、update の自動を off にしたとき、たしか? もう1つの方法でも off にした?ので、windows がこんがらがっているかは不明。
 今日はそこまで。ftaccess の書き方によっては、サーバーが高速化できると案内来るが、そんなもの書き方忘れたから、私の .htaccess で高速化対象かどうかも不明。サーバーの会社にメールに当該ファイルを添付して質問しておく。PCは複雑すぎて、頭使い潰すから、カスタマイズが終わる1週間で、かなり頭脳が若返る。いつもそうだ。これで、今週末の3歳重賞もパキパキ片付くといいのだけど。

9/13  22−31℃  晴のちくもり  東2
■いやあ、秋ですねえ。雨の季節だけど降らない。降らないと、わたしの予想は強い。降るならドシャドシャ降るのが得意。降るか降らないかは困る。今週も金曜までは疲れたが、金曜には日曜が晴という予報で安心した。来週も良馬場でいいよ。
 来週はセントライト記念みたいだ。ラジオで昔の録音を流し始めた。アカネテンリュウやミノルが走っている。アカネテンリュウは強かったなあ。もう東京来て53年目。TVで競馬見始めて60年だ。セントライトと言ったって、もう100頭以上の連対馬が頭の中にあって、今晩も寝床に入ると、こいつらが走り始めるんだよなあ。困った夜だ。

◆「軸馬指数」は3着と1着で【19−14−7−34】。今年は3着が少ないから、そろそろ3着かとも思ったが、両方とも自信があって、どちらが3着かはっきりしなかった。予想というのは、一年終われば平準化しますからねえ。
 ワイド総流しも板に付いてきて、福島で閃いてから20戦で11回、◎が3着以内にきた。重賞でも相手に10番人気以下が平気で来続ける記憶に残るような凄い年で、3複も馬連も流し漏れが出るので、ワイド総流しを自分の定型にするのは、もう若くないからトキメキ感など不要で、安心感があって楽しい。
 なにしろ、何が来ても、必ず2点的中するのだから。同着あれば3点的中だ(笑)。今日も、中京は12番人気、中山は13番人気が来て、平気な顔して2レースで4点的中。これで2倍ちょっとにしかならないけど、流し漏れがないから、パドック見るのも速いし、馬券買うのも速い速い。堅いレースはトリガミで、元返しにもならないけど、もう、やめられない氣がする、と體がそう言っている。

オータムHは、良馬場。直前に小雨。良いお湿りで、馬場状態に変化が出るような雨量ではなかった。雷雨もなく、雷鳴ってドシャッと降ればアストラエンブレムだが、良ならトロワゼトワルで正解だとレース直前はえらい自信が湧いてきて、単勝まで買ってしまった。
 ところが、ボンセンルヴィーソがハナへ。外からスマイルカナが一氣にハナへ。中途半端なスタートだったトロワゼトワルは、慌てず抑える。この馬は昨年、このレースでハイペースで逃げ切るまでは好位差しの馬で、あれはノリの天才的な閃きだった。
 今日は、12.4-11.1-11.5-11.7 と、2ハロン目まで遅いペースで、行くとスマイルカナが来て、いやいや競りになるのがイヤなかんじで、行こうとしなかったし、馬も抑えても氣追いがなかった。スマイルカナが行ってから、確かめるように少し押して2番手を取る。馬を完全に操縦できていた。あれでハナ切っている感じなので、昔の差しを思い出せないと馬がおかしくなるが、逃げているようで差しているようだという、名人芸だった。これがオヤジの横山富雄のいぶし銀的乗り方で、これでいいのだ。
 ボンセルヴィーソは朝日杯やNHKマイルが逃げて3着だが、復調したのか。行きっぷりがよかった。木幡巧はシスルでも快速を見せて、なかなか良い感じの秋になりそうだ。
 ルフトシュトロームは馬体重が大きく増えて重くは見えなかったが、一叩きしたほうが張りが出そうだったし、肩の出も悪いから快速競馬の休み明けには苦しい感じのパドックに見えた。
 アンドラステはやはり血統的に、かったるい。追切りもかったるかった。

セントウルSは、乾いて良馬場。セイウンコウセイが出たが、ラブカンプーが遅くて、セイウンコウセイがハナ。2ハロン目から速くなったから、待っている手もあったか。私なら待って2番手だが。
 テンが 11.8-10.3-10.9、ダノンスマッシュは意識して出して行って好位。早めに抜け出して、インから3、4頭目あたりの、いちばん伸びるところを抜けた。よれることもなく、まっすぐ走って問題は起きなかった。
 ミスターメロディは好位だがダノンスマッシュの後ろ。これで負けたから、前に行くべきだったが、行っても今日の感じではダノンスマッシュに差されただろう。でも、先に抜けるべきだった。今日を捨てて、中山が勝負なら、これが正解かもしれない。
 メイショウグロッケはメイショウサムソンの子で二千を使っていたが、とうとう千二へ。母系がデヒアとかスピードだらけで、千二も対応したが、マイルか千八がベストと思うが。

9/12  24−25℃  くもり一時雨  北2
紫苑Sは、マルターズディオサも強かったけど、パラスアテナは強いなあ。雨のトニービンで、これに◎という手があったなあ。
 さあ、明日の中山は晴れてほしい。パンパンの良がいいなあ。

9/11  24−31℃  晴  南東2
■競馬新聞をダウンロードしたら、セントウルもオータムHも、予想とはまったく違う人氣になっているので驚く。やれやれ、どちらが正常感覚なのだろうか。

9/10  25−30℃  くもり  南南東2
■アストラゼネカと組んでいたオックスフォード大学は、PCR検査が正確性に欠けるから、パンデミックはオーバーだったと懺悔した。
■PCR検査は発明者のノーベル賞学者・マリスが感染症には使うなと言い遺していたが、昨年8月に亡くなった。ヨーグルトの会社のチチヤスの社長も、PCR検査はいつも使っているが、なぜコロナに使うのかと不思議がっている。あたりまえの話だ。PCR、PCRと連呼する人は科学を知らない人なのだろう。

9/9  24−32℃  晴  東2
■NYはクオモ知事が、あの写真は早朝かな、マスクしないで犬の散歩していて写真撮られて拡散されたせいかどうか、警官たちが一斉にマスクやめた。日本もやめた人が出始めている。アストラゼネカはワクチンの治験を中止して株価が10%急落。NYは暴騰していた電氣自動車のテスラがSP500に採用されなかっただけの理由で一晩で21%暴落。これでNASDAQは3日で(月曜は休日)10%くらい暴落。500万円注ぎ込んだ人は、50万円の損だ。バブルは必ず崩壊する。例外はない。

9/8  24−33℃  晴  南4
■台風10号は東シナ海に入った途端に弱体化して、特別警報のように強大ではなくなった。理由は数日前に通った台風9号で海水温が下がったせいだそうだ。日本の氣象庁は外れたが、アメリカの読みは、ほぼ的中だった。アメリカには勝てない。

9/7  24−30℃  雨のちくもり  南4
              台風10号東シナ海で弱化。
■中古PCの再インストール頼んで到着したから、24時間で全部のソフトを積み込む。マイクロソフトのソフトは使わないから、たいへん手間。

9/6  24−29℃  雨  東南東1
  台風10号、奄美越えて925hPa。瞬間最大風速70m。九州西岸をかすめて北へ。  
◆「軸馬指数」は2着と1着で【18−14−6−34】。
 クリノガウディーはノド鳴りで負けたが、他は夏競馬は、どの週も半分はいけたし、今週は特別戦まで入れて完璧に近かった。毎週こういうふうに好判断できればいいのだけど。
 指数上位4頭までで、1、2、3着が決まって、3単は最近やらないが結果が良すぎて嬉しい驚きだった。

新潟記念は、良馬場。超スローで始まって全馬が外寄り。最後方だったジナンボーが最内を通って上がっていき、4角2番手。
 上がりが凄い速い競馬になって、外枠から、どうやって外々回す距離損をカバーできるかが問題だったが、全馬が外へ斜めに寄っていくから、とうとう最後の1ハロンは直千競馬みたいに、外ラチ沿いまで馬群が拡がって、自然と外へ寄せて行けたから距離損もなく、こうなったらソツのない福永先生の得意な形になった。
 ジナンボーは距離得してケツから前に行けたが、直線は外ラチ沿いを走る馬が距離損しても伸びるから、けっきょくプラスマイナス・ゼロみたいな形になってしまった。
 ワーケアは、好位のすぐ後ろにいて、ペースから見て良い位置だったが、ダービーや弥生賞と同じで、他馬と一緒に走って楽しんでいるようなところがあって闘争心に欠けるようだ。2択で◎にしなくてよかった。この馬は闘争心が出るまでは、ちょっと軸にはしにくい。
 おもしろいレース展開で、こういうレースは記憶に残って良い思い出になる。夏の風物詩として問題なかった。
 七夕賞から毎週(クリノガウディーの週以外は)見せ場を作って、夏と秋の予想はやはり、フケもないし、おもしろい。

9/5  24−30℃  晴のち雨  東北東2
札幌2歳Sは、良馬場。◎ユーバーレーベンは、また出遅れ。ゲートの中でジッと立っているのに出遅れるから、天才的な下手。
 ソダシは好スタートから好位へ。ユーバーレーベンは圧倒的な最後方。
 あと900mのところで、戸崎はたまらんという感じで一氣に追い上げを開始し、あっという間に3番手。直線向くと、わたしが選んだ3頭の争いで、他は来ない。バスラットレオンは新馬は超スローの逃げ切りだったが、今日は、やや速めの平均ペース。それでバテて3着。読みどおり。けっきょく、馬体も追い切りも血統も良く見えた2頭だけの競馬。叩き合いに持ち込んだが、900mも追い続けたから抜けなかった。
 ◎◯で馬連2360円は贈収賄で捜査が入りそうな配当だった。
 ユーバーレーベンの説明は、1字も過不足なく計算しながら、記念にするため、ピッタリ2000字(4000byte)書いたが、ここまで完璧に、血統から馬体から追切りから時計理論まで、2000字も書いた競馬新聞やスポーツ新聞は、競馬史上ないだろう。
 あまりに自信あったので、余った時間でビッグレッドファームに電話して「血統研究家の笠ですが◎を打ちますから岡田さんによろしくお伝えください」と血統的根拠も簡潔に言っておいたが、「わかりました」と言っていたから、わたしのことは知っているようだった。まあ、確率は稀少だがメールでもくれれば、5年後のダービーくらい勝たせてあげるのに。
 パドックでは20kg増で、人氣がストンと下がって5番人氣になったが、馬体に幅が出て良い身体になっていた。わずかに太いかというくらいで何も問題なく見えた。調教師は馬体に幅が出て戻ってきたと言っていたし、そのとおりだった。これで狙いのオークスが楽しみになったが、そこまでの期間に、もがくようなローテーションをとらないことを祈る。東スポ2歳S→ホープフルS→フローラS→オークスでいいよ。
 その間、何をやるかだが、今日見ると、ほとんど問題のない馬だから、ムリな距離を使わないで、スタート練習を積んでスタート上手になるだけでよいと思う。


9/4  25−35℃  晴  東1
■オーガニックコットンの洗えるマスクはなかなか良い。Amazonはレビュー読めるのが良い。前の洗えるマスクはポリエステルとか混ざっていたけど洗うのには強かった。今度のは洗ってどうかだ。どうせ、繊維の穴よりもウイルスのほうが小さいから、WHOや厚労省が言っているように、マスクは、するしないは自由らしいが。世界中がヒステリーになっているから、持ってないとまずいかもしれない。オイオイ。
 そういう話すると、たいていの人は、絶交してくる。TVばかり見ることで起きるヒステリーの一種だな。もう、抗HIV薬とか抗エボラ薬とか、誰も言ってないのに。2月にあれ言っていた人は、人騒がせだよ。TV捨てればいいのに。
■NYのNASDAQは読みどおり暴落。1日で5%の暴落だから、100万円買うと5万の損。全財産買うほどの度胸もない人たちが、世界中から買いに行っていた。これで、健康を害して家族不和で、大損だろうなあ。テクニカル・チャートで株をやらないなんて信じられない。今日の東京も下げるだろうが、昨日、先物売っておいたから問題ない。

9/3  27−32℃  雷雨のち晴のちくもり  南東2
■今日もアメリカ株は暴騰。日本時間の夜間取引も強い。約10年に1回は暴落あるんだけど、3月のが暴落だと言ってしまえるかどうか、怪しいと思うけどなあ。日本企業は、もうポストコロナ銘柄は買われ尽くしたし。
■有名チェーン店が、アパレルとかレストランとか閉鎖ラッシュ。コロナ後の世界は、早く元に戻そうとか言う人がいるが、絶対に戻らない。米中関係もトランプ再選なら戻らない。ということで、デンソーだったか中国からインドへシフトしたが、インドは良い面も多いが、水と電氣がない。皆が行くと、よけい足りなくなる。わたしは、元の日本が戦時中に占領していた東南アジア諸国に分散するしかないと思うけど。なかなか、中国よりも良い国は見つからないのだけどねえ。いっそ、何割かは日本に帰ったら? 賃金も安くなっているし、ロボット化しているのだし。

9/2  24−31℃  くもり  東1
         台風9号、940hPa。東シナ海を北上して朝鮮半島へ。
■アメリカ株はダウ30よりも、NASDAQが暴騰中。これは完全にバブルだな。わたしが知っているアメリカの4回目のバブルだ。バブルは必ず崩壊する。9月から10月が危険。買い遅れた人が、持たざる恐怖から、今、世界中からNASDAQを買いに来ているらしい。皆が買い終わったらお終いだ。わたしは持ってないが恐怖も持ってない。それよりも「ホースレター」の改造で、それどころじゃない。
■台風9号が大きいまま北上して、でもウイーク・デーだから競馬は助かったと思ったら、もう台風10号が接近中。小倉は日曜が危ない。書き切れないが、世界中が災害だらけ。干ばつはアメリカや欧州。洪水は中国や北朝鮮?。イナゴはアフリカ東岸から中国まで。南アメリカが記録的な大冷害。これで食糧危機の心配しないといけないが備蓄のなくなる来年がたいへんか。太陽はかつてないほど暗くなっているというし、いやあ、コロナどころじゃないんだけど、世界中がコロナ脳になっているから、それどころじゃないらしい。

9/1  22−27℃  くもり  北西2
■今週末の「軸馬指数」は、札幌2歳Sと新潟記念です。2歳Sは全部◎が券内を目指します。まあ、毎年目指しているのだけど。
 AJG予想法は少しこなれてきました。もう少し改良します。「ホースレター」のレースは「軸馬指数」と少しやり方が違うのですが、週に1日、時間をとって、その方法論をいじり始めているので、乱雑になってますが、まあ、秋の中央競馬では、なんとかしたいですね。でも、実質は「軸馬指数」に98%の努力を傾注しています。「ホースレター」の◎は蹴飛ばしていただいたほうが儲かると思います。でも、講読は続けてください。今の〈まぐまぐ〉はFXや競馬や社会問題で、廃刊ラッシュになっていますから、2つやってないと、何かあったときに困ります。
■9月から、最高氣温が30℃以下になると思ったが、また34℃くらいになるそうだ。先日は34℃の中、30分歩いて駅前まで行ったが、まあ、陽当たりの悪い家にいるから、たまには日光浴しないと良質のビタミンDができない。だから、しょっぱい汗が流れ落ちて、暑いけど身体は喜んでいた。

8/31  27−31℃  くもり時々雨  東2
■東京都の人口流入が止まって、7月は大幅流出へ。この流れは、コロナが終わろうが止まらないと思う。もう、世界が元に戻ることはないような氣がする。人口は、まず、地方の県庁所在地へ行き、その次の第2段で、県庁所在地から、県内2番目や3番目に町に移動する氣がする。東京なんて、地震や台風の自然災害や、ロックダウンなどで住めたものではあるまい。わたしも2年前に松山に帰ろうと思ったが、当時ですら物件は高騰していて買えなかった。今後は松山から松山周辺へ流出すると思う。わたしの読者も、既に何人も、地方志向で移動し始めている。首都圏と大阪圏は減ると思う。
■日経平均は前場は、菅総理出馬、ウォーレン・バフェットの商社株の大量買いが報じられて、大幅高。500円近く騰げたが、後場はジリ安となって、騰げの半分を消した。まあ、安倍が悪政という人も多いが、やめても、代わりの人材はないという説が兜町にも多いからなあ。菅がケータイ料金は高いと言っていたからか、ケータイ各社が急落。

8/30  27−35℃  晴  南東2
■船橋の騎手がPCR陽性になって騎手は検査しまくりだが、大過なく終わって良かった。
◆「軸馬指数」は券外と2着で【17−13−6−34】。ベスト5レースに入る大得意の新潟2歳Sは今年も的中だった。

新潟2歳Sは、良馬場。今年は馬場が荒れて、もう今週はインを通る氣のある馬もいなかった。中伸び馬場。
 全馬、駆け引きが強くて、勝った戸崎のショックアクションだけが普通に走らせていた。戸崎は余計なことをしないほうで、嫌いな騎手ではない。
 田辺のブルーシンフォニーは期待したが、ラジオのパドック解説はけなして5頭に入れなかったが、◎を打ったわたしから見れば、レース前に夏負けを氣にしていただけに、見て氣合い乗りも良く、安心だった。
 ただ、田辺が7枠を出て、そのままショックアクションと並んで、ずっと走っていればいいのに、3コーナー手前で下げたり、コーナーに入るとインへ入れて距離得して好位にいたり、田辺が良くやる手で、直線に入ると、抜け出すかという位置にいたが、今度は外めのほうが伸びる馬場だから、また田辺らしく、外へ向けて斜めに走って、戸崎の外にまで持っていって、福永の前で邪魔になるくらいの外斜行をして、きわどく2着確保。わたしはいつも言うように、道中で余計なことをする騎手が嫌いで、どうにもなじめない。こういうことが好きな騎手がリーディングをとるようなことには絶対にないと思う。
 フラーズダルムは戸崎の後ろにいたが、前がじゃまになったのか、馬が遊んだのか、内回りの合流点あたりで付いていけなくなって、最後は、また伸びているからバテたわけではなく、あれはキャリアのない牝馬で、3コーナー手前で福永がちょっと控えて脚を溜めようとしたのが、まずかったと思う。他に理由が考えられない。ホワイトマズルの肌だから、ダラダラと好位に行って流れ込むほうが合うと思う。
 シュヴァリエローズも新馬で遊ぶ幼い面があったが、今日はスタートで出遅れ。最内を通って追い上げようとしたが、新潟は馬場が荒れると、いくらインを通って距離得しても、インを走った疲れだけで伸びなくなる。田辺みたいな思念で乗ったが、田辺は直線でまだ外へ行く意識があったが、ミルコはインに拘った。ミルコの神通力はもうないな。

札幌キーンランドCは、重馬場。土曜から重で雨が降り続き、天氣予報は外れ。怪しい氣はしていたが、ちょっとお湿りくらいだと思っていた。本州の近畿や関東の雨は、ジェット氣流で流れていくから読みやすいが、小倉、新潟、福島、函館、札幌は、わたしの力量では読めない。
 流れたと思ったら、またぽっかり雲に蔽われたりする。うんざりする。関東なんか読めないのは夏の雷雨だけだ。
 こうなると、Bコースでなおのことインは来ないキーンランドで、重は普通だが、どちらかと言えば瞬発力・切れ勝負のダイアトニックは、外へ出そうと向正面は馬群の中に入れていき、外へ出せるかと思ったが、3コーナーで既に下がり始めて、4コーナーではケツまで下がって追うのもやめていた。よほどノメったのだろう。
 3着までの券内は全頭、重で勝ってきた連中で、土曜にライトオンキューが1番人氣だったのはプロが勝ったのだろう。エイティーンガールもヨハネスブルグ×アグネスタキオンだから1分9秒以上のレースは届く。1分10秒6の今日はスイスイ伸びているように見えた。見えただけだが、他が止まっているから。

8/29  26−36℃  晴  南東2
■楽天やAmazonの名前を語る詐欺メールみたいなのが来る。電話番号1つ書いているのでショップかと思って電話してみたら、「うちじゃないです。今日はもう10人くらい電話来ました」だって。先月はカード会社から電話あって、「最近詐欺の買い物多いが、この支払いは詐欺ではないですか」だって。そうですと言ったら、もちろん支払い免除になった。
阿倍晋三には葛藤がいっぱいあったのか という氣にさせる。人間的なコンプレックスは、それ自体は、悪いことではない。

8/28  26−34℃  雨のち晴  南東2
■安倍首相、退任らしい。どうも、お疲れ様でした。
■新潟2歳Sの原稿書き直しを始める。やれやれ。

8/27  26−34℃  雨のち晴  南南東2
■Win10の最新の使い慣れた奴が遅くなってきたので、何かのupdateがいけないのかと思って、10日前の復元の設定作っていたのに復元しようとしたら、1時間も同じ動きをやめない。失敗したかと強制終了して動かず。古いマシンでネット検索したら、Win10の復元は、しばしば、とろいらしい。コマンドプロンプトを出して、レジストリファイルを確認したら、なくなっていた。そうか、レジストリファイルの書き替えに1時間以上かける氣だったのか。復元は10ではやらないほうがよかった。これで、また再インストールだ。新潟2歳Sの原稿書いたのに、バックアップ取る手前でオシャカ。調べ直すのに手間でたいへんだなあ。疲れた。

8/26  24−34℃  晴  東2
■猛暑。30分歩いて駅前で散髪。ここがいちばん近い床屋さん。帰りはタクシー。そのうち秋が来るだろう。

8/24  24−33℃  晴  東2
■これだけ暑いと、マスクの中が繁殖ケースになっている氣がする。毎日、洗わないといけないのだろうか。よくわからん。安価な抗マラリア薬が効くというから配ってほしいよ。
 安倍首相は元氣になったのだろうか?

8/23  24−30℃  くもり一時雷雨  東1
            台風8号・990hPa 東シナ海北上して朝鮮半島へ。
◆「軸馬指数」は券外と3着で【17−12−6−33】。ライラックは札幌の樹なのだから2着には来てほしかった。

札幌記念は、良馬場。
 ラッキーライラックはミルコの好スタートが裏目。スローになって馬が行きたがっていた。前に壁も作れず2番手でズルズル脚を使っていたから、タメが利かず、直線で弾けなかった。この馬は、やはり折り合いつけて切れるタイプだと思う。そう書いてきたのだが、好スタートすぎて、どうにもならなかった。
 ノームコアとペルシアンナイトは、ノリと大野だが、後方で折り合って、馬群の中をキレイに割って、運もあったがスローの切れ勝負に持ち込んで、ムダのない良いレースだった。ペルシアンナイトは、あまりそういうイメージなかったから、馬のデキが上がっていたように感じた。それと、ハービンジャーのワンツーで、洋芝で躍動して見えた。
 ノームコアは東京マイルでもG1を勝ったことがあるが、あれは特別な感じで、普通は、こういう二千の瞬発力勝負がベストなのだと思う。

北九州記念は、午前に雨雲が通って降って、止んでも、やや重。
 11.5-10.3-10.6-11.2-11.7-12.5 という32秒4の超ハイペースは予想どおりだが、やや重でも、アメリカンな血統のモズスーパーフレアは重上手。コーナーの内側は少し掘れていたが関係なかった。
 福永先生のレッドアンシェルも中団のインで折り合って良い手応えだったが、イン捌きも上達した福永が距離得もして抜け出した。
 けっきょく、1着2着は重馬場で重賞勝ちの経験馬だった。ダイメイプリンセスは、少しは良馬場ベターの馬だが、ハイペースを追いかけた感じも少しあり、ひょっとして掘れた馬場でのめったのかもしれないが、それは明日の週刊誌のコメントを見ないと分からない。福永と並んで走っていたが手応えは違っていて、もう少し、あと1列後ろから勝負するのかと思っていた。
 アウィルアウェイ、アンヴァルは後方から追い込んできたが、ダイメイプリンセスもそうするかと思ったが、技巧派の秋山は中割りしたかったのかもしれない。終わってみれば差し馬の単勝4点買いが善かったかもしれない。ほんと、馬券の買い方は、想像を絶するほど、なんでもある。

8/22  26−34℃  くもり  東1
■日本海Sは多頭数になって、前が競りそうなので、差し競馬とみて4枠と6枠の人氣馬4頭を嫌って、大穴狙いで遊んでいたけど、まあ、狙いの方針は正解だったが、軸が違う(笑)。わたしのナムラドノヴァンは今回も動く氣なし。あの流れで7着では、まだやる氣ないみたい。よく似た臨戦過程なら、グロンディオーズのほうにするんだった。いやー、失敗しました。
 ダウンロードした新聞に調教師のコメントが「緩さが残って、ガラリ一変とまでは」と書いているので諦めてしまった。やれやれ、競馬はたいへんだわ。
 16頭立てで16番人氣と14番人氣が来て、今年は8番人氣以下の人氣薄が平氣でくる夏競馬ですね。もう、6月から毎週、めちゃくちゃですな。これだけ前が競りそうな競馬でも、直線が短い二千二百だから、先行馬や好位差しが売れるのも問題だけど・・。
 明日の北九州記念も先行馬が人氣だけど、差しが届くと思うけどなあ。
 先週の関屋記念の◎クリノガウディーは直線で追うのもやめて惨敗しましたが、ノドが鳴っていたそうですね。
 しかし、朱鷺Sとか日本海Sは情緒のあるレース名だし、日本海Sは夏が終わる予感もしていいですねえ。どっぷり浸かる競馬風物詩ですねえ。

8/21  26−36℃  晴  南東2
■「熱中症相次ぐ 東京の死者数過去最多に 来週も厳しい暑さ
2020年8月21日 11時32分
連日、猛烈な暑さが続いている。
21日までがピークとみられていたが、最新の予報では、22日まで続く見込み。
21日も全国的に猛暑が続き、22日にかけても、関東や東海、近畿では、最高氣温が35度以上の日が続くとみられている。
ただ23日には、一時的に暑さが収まり、猛暑日の地点は少なくなる予想。
こうした中、東京都内では20日、新たに17人が熱中症で死亡したことがわかった。8月の熱中症による死者は、累計で148人にのぼり、ひと月の死者数としては過去最多となった。

8/20  26−35℃  晴  南東2
■You@You3_JP
研究者の分析によると、最も早くから、最も長くロックダウンを継続したペルーが世界でも最悪の死者数を誇っているそうだ。
ロックダウンはもうやめよう。ロックダウンを提案してくる人々は頭がおかしいんじゃないかな?
引用ツイート
Dr. Eli David@DrEliDavid
8月17日
Peru had one of the earliest (March 16th) and longest (four months) lockdowns.
But it has the highest daily deaths per capita in the world now.
Lockdowns don't work. How many additional refutations do we need for people to stop suggesting the use of lockdowns?

8/19  26−34℃  晴  南東2
■シャブシャブ仁風林@9gP706wo9WTmF3b
#アビガン承認を要求します
熱中症死者をコロナ死者に偽造してませんか?

熱中症、全国で1週間に1万2千人搬送 都内79人死亡:朝日新聞デジタル
 総務省消防庁は18日、10〜16日の1週間に全国で熱中症で救急搬送された人は、前週からほぼ倍増となる1万2804人だったと発表した。そのうち死者は30人。氣象庁によると、10日は猛暑日となった観測点…
asahi.com
■nekokaitai@nekokaitai13
8月18日
不二家   大量閉店
コロワイド 196店大量閉店
ザラ    1200店大量閉店
ジョイフル 200店閉店
ワタミ   80店閉店
ミスド  大量閉店
ほっともっと 大量閉店
いきなりステーキ 大量閉店
オンワード 1400店大量閉店

Tomo@Tomo20309138
油だけを吸い取る日本製の吸着材、モーリシャスの現場へ

東京・大田区の繊維メーカー「エム・テックス」
竹ノ下部長「事故が起きたあと何かできないかという思いがあった。メイドインジャパンの技術を役立ててほしい」
日本政府、どんどん広報しろよ。
“油だけを吸い取る”日本製の吸着材 モーリシャスの現場へ | NHKニュース
【NHK】日本の貨物船がインド洋の島国モーリシャスの沖合で座礁し、大量の油が流出している問題で、油だけを吸い取る特殊な繊維を使った…nhk.or.jp

8/18  27−33℃  晴  東2
■ボリス・ジョンソン英首相「新コロナ時代を生き抜く知恵を語る。「いいか、簡単だ。外に出ろ、バーンナウトしろ、氣をつけてな」(Look,It's simpel.Go Out,Do Burnout,Stay safe.)
■トランプの弟が死亡したという噂。拡がらない噂だが、どうなっているんだろう。
■トランプは防疫責任者のファウチを入れ替えて、新しい人(スコット・アトラス)にしたという噂。アトラスは集団免疫派らしい。ファウチはワクチン派だったが、広まらない噂だが、どうなっているのか。
■プーチンが娘にワクチン打たせたら、2回目打ってお亡くなりになったという噂。広まらない噂だが、はたして、事実はどうなんだろう。
■ウォーレン・バフェットが大好きな銀行株を売って、その分、金鉱株を買っているという噂で、昨日のNYは、そのまま追随する流れとなった。ということはバフェットは、まだ不況と見ているわけか。

8/17  27−35℃  くもり・晴  東南東1
■GoToトラベルも近場で遊ぶ。公園程度でやめる人多い。日帰り観光も多い。リモートワークで家で仕事。飽きたらカフェに行って仕事。ネットで馬券や株の売買・・・。
 なんだ、わたしがやってきたことを今頃やっている。わたしは35年前から通勤をやめてリモートワークだ。飽きたらカフェ。日帰り観光。公園通い。国会図書館など、館通い。世間の人たちよりも、やることが20年か30年早い。不審者じゃないことが理解できたかな。インターネット検索できないから理解できない? あ、そう。
 牛乳も乳製品も、肉も食べるのやめた。最近はパンもやめはじめた。昔の小麦と今の小麦は異質らしい。これも、あと20年したら皆がやるようになるだろう。

8/16  28−35℃  晴  東3
◆「軸馬指数」は1着と券外で【17−12−5−30】。
 今日は手も足も出なかった。新潟も(勝ち馬は直線は外へ出したが)ちょっと馬場が乾くと、もうインを走る馬ばかりで、1着は逃げ、2着は4角最後方のイン、という頭が痛くなる展開だった。新潟は広い馬場を狭く使うように馬場改修の昔と変わってきていて、ややこしすぎる。
◆「ホースレター」は(2−0−0−4)で【51−31−25−94】。
 阿蘇のアルドーレは読みどおりだったが、札幌は千二でもやっておくしかなかったかw

関屋記念は、やや重で始まって、少し乾いて良馬場。
 早めに平均ペースでトロワゼトワルが引っ張ったのは読みどおりの展開だが、最後、バタッと止まったのに、差してきたのはサトノアーサーだけだった。
 プリモシーンは10キロ増で格上なのに人氣もないように、何もかもイマイチ。アストラエンブレムも追切り控えて余裕の作り。グルーヴィットも似たようなもの。アンドラステだけ、良く仕上がって見えた。
 クリノガウディーは良く見えたけど、あと300mで完全に止まっていて最下位。馬に走る氣がなくなっていた。高松宮の激走だけで馬が燃え尽きたか??
小倉記念は、12.0-10.8-11.3-11.8 のハイペース。ここまで本氣で逃げて、外枠のランブリングアレーは馬体重が減って腹が巻き上がって、外々回して前に壁もできず、3コーナーからロードクエストまでマクって来たから、下げてやり過ごすかと思ったが、やはりセオリーどおり譲らず行ったから、前はバタバタで、最後はズブズブの追込競馬になった。
 サトノガーネットらしい嵌まった競馬。でも、勝ったのがサトノガーネットではなく、アールスターということになったのは、牝馬の55と牡馬の53の違いとしか思えない。
 メンバーが重賞に珍しいような薄いメンバーで、今年の小倉は開催日数も少なくて強い馬がサマーシリーズは見向きもせず、秋競馬に向けて静かにしているから、夏競馬は面白味が減ってしまっている。中央4場ばかりやるというのも、慣れるまでは違和感を感じてしまう。

8/15  26−38℃  晴  南南東1
■今日は特別を2連勝したから読者の人には貢献大だと思う。なぜなら、3つ目のレースは、「まず外れる確率が高い」と読みやすい。こういうことも貢献の一つだと思う。2つ当たったら、3つ目も当たるだろうと買った人は間違い。株をやるのにいちばん向かないタイプです。
 まあ、それはともかく、今夜からの新潟の天氣が読めない。新潟(特に東半分)って、ほんと天氣が読めないから。降っても乾いて良なのかな??

8/14  25−34℃  晴  南東2
■毎日暑くて、マスクの中は細菌だらけの氣がする。洗えるマスクを揃えたから、夏はこれしか使う氣がしない。ブラジルはマイナス8℃だというし、グリーンランドは異例の氷の厚さだそうな。そろそろ地球は寒冷化していくのだろう。

8/13  26−35℃  晴のち一時雷鳴  南1
■今日も遠雷で終わり。雨も微かに降っただけ。配送は雨上がりに来る。晴れ男でよかった。今週の2重賞は難解で困った。

8/12  27−35℃  晴一時雷雨  東1
■アメリカで何かあったらしくて、ゴールド、株、米国債が乱高下した。日本は、相変わらず、買い支えのような買いが続いている。赤字企業ばかりなのに株は上がる。バブルだ。バブルはいつ破裂するかだ。

8/11  27−38℃  晴  南東2
■PCR検査とは、DNAやRNAや細菌の遺伝子を、生きていようが残骸だろうが、発見して増幅確認する検査であって、陽性だからといって感染者ではない。発明してノーベル賞を取ったマリス博士は、感染症の検査には向いていないと断言している。マリス博士は昨年8月9日に急逝した。今や、メディアも学者も、検査して感染だと、いいかげんなことを言っているが、煽りにすぎない。

8/10  26−34℃  晴  南東1 台風5号・996hPa長崎沖北上
■朝起きて、どうにも氣になったから考え込んでしまった。
 ケンシンコウは血統は大好きなのだが、新潟ダートは前に行けないと勝負にならないから、△くらいでいいやと、最初から半分、諦めていた。
 レパードSは、なんと、凄い行きっぷりなので、おかしいなあ、左回りだと行けないはずだと思って、レース映像を見直してみたら、東京マイル戦は芝から始まるから、毎回ダッシュが付いていない。中山は挟まれて出た不利があったレースは、損があって度外視だが、そのレースでもダッシュは付いている。そうか。左回りでなく、芝スタートのコースを使わなければ強いのだ。やれやれ。競馬は、どこにポイントがあるのか見つけるのがたいへんだ。丸山も逃げるつもりがないのに行きっぷりがよいので、とレース後談話で言っているが、騎手でさえ、わかってないな。芝の部分がないダートで見直そう。この血統だと諦めが付かない。

8/9  23−34℃  くもり  東1
◆「軸馬指数」は1着と券外で【17−12−5−30】。
 エルムSの「軸馬指数」は全てのファクターの読みが書いたとおりでした。自分で言うのは変ですが完璧でした。全年度の全成績は「予想論&通算予想成績」に、まとめて全部載せておきました。

◆「ホースレター」は(1−1−1−3)で【49−31−25−90】。
 新潟の天氣予想が外れまくって、土日とも重馬場で、土曜のサトノダムゼルとか、ワイド総流しで資金 4.5 倍にもなる楽な週のはずでした。「軸馬指数」によく書くように日本海側の新潟の天氣は、雲の流れが自然でないから読めません。

レパードSは、スローで始まって、1枠のケンシンコウも差す氣で抑えていたが、誰もハナへ行こうとしないので、抑えたままハナへ。それで縦長になって、向正面からペースが上がって平均ペース、そのまま、あれよあれよで終わってしまった。
 ケンシンコウは一番先頭から直線で差す競馬をしたような感じになって、また伸びた。
 ミヤジコクオウは追切りが物足りなかったが仕上がっていた。ラインベックは12キロ増で、ラジオのパドック解説は褒めていたが、いくらなんでも腹目に余裕があった。ミヤジコクオウでも、もう少し叩いたほうがデキは良くなったと思う。追切りさえ冴えていれば◎だったのに残念だ。あの追切りでは何回やっても◎は打てない。タイムフライヤーの最終追切り軽め、とは、意図が違うからなあ。
エルムSは、絵に描いたような平均ペースで、昨年よりはスローだったが、前が競りになって差し競馬。ウェスタ−ルンドが勢いよくマクってきたが、タイムフライヤーはドッシリとした良いデキで完勝だった。馬も本格化で、ハーツクライ×ブライアンズタイムらしい。オクテだから、今後のG1が楽しみだ。とにかく折り合いさえ付けば差してくる。

8/8  24−31℃  くもり  東3
■新潟は雨が降っても、内外関係ないというか、多頭数だと距離得するから内のほうが有利だ。サトノダムゼルは◎にするべきだったか。堀厩舎の休み明けは氣になること多いけど、北海道を諦めて間に合っている。今週も重賞は難解で、考えすぎたが、なんとかなるやろ。これだけ考えたら疲れる。

8/7  26−35℃  晴  南東2
■完全ロックダウンしなかった日本の企業業績がいちばん悪い。もはや、日銀と年金の毎日の株の買い支えだけで、割安株を探すのに疲れた。ないもの。NYが好調だというけど、PERはめちゃくちゃ高い。高配当株でも買って、あとはときどき先物の売り買いか。

8/6  25−33℃  晴  南南東3
新型コロナは日本人にとって本当に怖いウイルスなのか=Yahoo ニュース

8/5  26−34℃  晴  南2
■34℃の中、駅まで最近覚えた近道を20分歩いて辿り着く。医院で体重と血圧測って、腸内の酪酸菌は便通良いから量を減らす。散髪は刈り上げる。
 マスクはずらしてアゴだけ。人と接しているときだけフル装着。でも、川越までいろいろ用事を終わらせるが、何千人会っても、皆ずっとマスク。あれ、呼吸に悪いと医師が勧告している。何年もやっていたら悪影響出るだろう。そうなったら、元に戻すのに10年くらいかかって、その間、いろいろな病原菌に感染しやすくなると思う。マスクも週に2回か3回は洗う必要がある。
 大阪の知事が言うイソジンも目先は良いが、長い目で見ると、氣道や口内の常在菌を皆殺しにするから悪影響が次第に出てくるに決まっている。元に戻すのはたいへんだ。なぜ、この国は長い目で正しいことをしようとしないのだろう。

8/4  24−31℃  晴  南南東1
■アメリカ全土でサルモネラ菌の害が広まっているという。タマネギに付いた菌を調理して食べるからだと言うが、これくらいの菌でやられたら、大腸菌でもやられるようになるかもしれない。これが過剰消毒して無菌状態で暮らす人間の行く末だろう。悪玉細菌やウイルスを自分で駆除する能力を失っているのだろう。
 抗生物質を緊急時以外は控える。細菌を体内に入れて自分の免疫力で駆逐する練習を絶やさない、これが大事なのに、毎日過剰消毒したら、こうなるという見本だろう。
■「軸馬指数」は今週から2重賞を送ります。やっと番組が平常に戻ってきたが、関西圏の競馬がないのが寂しい。京都のスタンド改築は反対だ。無観客競馬でいいのだ。大井もネット投票が増えて増益の一途を辿り、東京都競馬は遂に暴騰した。そりゃ、競馬場に行ったらいけないなら、ネット投票は増えますよ。もう、馬券はネットで買う物です。

8/3  22−30℃  晴  南東2 台風4号・韓国へ
■日本で犬がPCR検査陽性とか。まあ、中国では2月にペットの犬を窓から投げ捨てる事件が多発していた。6月だったか、輸入サーモン、羊肉が陽性とか報道されていたな。アフリカではパパイヤも陽性だった。日本では騒ぎになっているけど、外国では前からだからねえ。

8/2  22−30℃  晴  東南東2
◆「軸馬指数」は券外と2着で【16−12−5−29】。
 早起きして予想原稿を書きながら、まぐまぐの規約に抵触しないように氣を付けていて、また予想に戻ったものの、2択で悩んで書いていると、予想の◎を5時間もコロコロ3転4転しているうちに、夕方になって踏ん切り付けて送信しましたが、文章と印が、食い違ってしまいました。お詫びします。読んでいただけたとおり文章のほうが正しいのですが。2択を悩みすぎて書き替えを5時間もやっていたので、間違えました。申し訳ありません。

◆「ホースレター」は(3−1−0−2)で【48−30−24−87】。
 『AJG予想法』をいじくっていて、今週からエイヤッとGをSPに変えたのですが、これは成功して、新潟のアフランシール対ムーンチャイムも、札幌のビーチサンバも、GでなくSPが来て成功でした。
 最近研究してきた<ワイドの総流し>も、新潟10Rで1番人氣からでも、10番人氣が3着に来て、いちおうプラスになりました。
 クイーンSも資金が3倍くらいになり、この馬券法はわたし向きですね。最近の競馬は、重賞や特別でも(なぜか)平氣で人氣薄が来ますから、氣分的に合います。今週は相場も崩れて忙しかったし、その中、なんとか思考は正しかったか。

クイーンSは、パドックが良かったレッドアネモスとビーチサンバの友道の親子丼でした。
 ビーチサンバは予想で氣にしたとおり、スターターが「あと1頭」と叫ぶと、ゲート内で驚いて動いて暴れ、出が悪かった。井内さんという馬見の名人が言っているそうで、こういう裏話をほとんど知らないわたしでも又聞きで知っているから、競馬サークルでは有名な話なのでしょう。
 6枠9番ではダメで、スタンドの観客がいなくて静かだから、今年は物音がよく聞こえるから、神経質なこの馬には、フルゲートの7枠か8枠がいいですね。1枠あたりだと地獄の様相で、よほどハイペースにならないと、たいへんでしょうね。
 でも、読みどおり、千八はベストでしたね。距離判断は自信があります。
 ナルハヤが元氣で、ビュンビュン行くから速くなって、コントラチェックもハナ切れない難しい展開だとやはり割り引きですね。3コーナーで差し勝負が見えたけど、福永は外へ出して前が詰まって、また外へ出し直した分の負け。
 レッドアネモスはイン差しした分の勝ちでしょう。ヴィクトワールピサが3頭くらいいて、どうしようかと思ったけど、それより◎の2択が難問でした。
 最後にもう一度、お詫びします。まだ、頭は冴えているのですが、おっちょこちょいなのと、2択苦手なので、毎週、じつは、2択は、ずいぶんコロコロ書き替えて書き直しているんです。送る前にもう一度読みますね。文章長すぎて(オイオイ)読むのたいへんだけど・・・。この文章書くのに必死ですから、呆れずにまた全文、読んでください。

8/1  22−30℃  大雨のち晴  東北東3
■2択を失敗。連闘とか中1週で◎を打って毎週やられる。内を避けて走ると、インは捌けるよなあ。
 今週はAJGの改良やって、現物株と先物の鞘取り方式を採用して成功。ゴールドも上げた。テクニカル・チャートも判断は正解。
 わたしは最近<ワイド総流し>に凝ってますから、世の大穴一発屋の時流とは違ってきてます。今日も新潟日報賞は2択を間違えましたが、パドックまで◎が2番人氣だったので、頭数も多いのでワイド総流し。もし、アフランシールから総流しでも、1点100円の試験中で、1700円投資の、配当5320円だから、3倍にはなっている。これで、「流しの抜け」がなくなったから、氣分的には楽しいんですよ。何か、おかしいですかねえ。なかなか良い方法だと思いますけどね。こんな時代の流れと逆に行く変人は他にいないでしょうけど。ワイド1点勝負とかいう人は多いですけどね。競馬は、ほんと軸だけなんですよ。<ワイド総流し>は、わたしらしくて良いと思います。

7/31  22−29℃  雨のちくもりのち晴  南東1
中国から送られてくる謎の種は、絶対に庭に植えずに、植物検疫所に通知してください
農林水産庁・植物防疫所 。業務部種苗担当・045-211-7153

7/30  20−25℃  雨のちくもり  南東2
■7月は毎日のように雨が降っていた。3日しか晴れなかったが、散髪に行った日は晴れていた。
■馬券のやり方は、軸1頭でワイド総流しでいいや。単勝が3倍以上ついて、勝ち切れる切れ味があれば単勝も買うけど。
 ワイドの総流しだと、資金が2〜3倍にしかならないのが難点だが、3複だと抜けるしなあ。若くないから、コツコツ取っていったほうが氣持ちいいや。相手が絞れるならば、たまには3複を買ってみるかもしれないが。
■相場のやり方は、テクニカル・チャートに従うウィークリー・トレードになっていった。現物を少し持って、先物を売るときは、差額で儲ける。先物を買うときは、倍増効果だ。持ち合いの時は、現物の中身が良いと、鞘取り出来る。まあ、そういう思想だが。

7/29  22−24℃  くもり・雨  東南東1
■今週の「軸馬指数」はクイーンSと新潟日報賞です。

7/28  24−28℃  雨のちくもりのち雨  無風
ケータイ基地局の日本仕様 。米中経済摩擦で、日本の技術が求められると読んで、配当利回りが、なんと4%だったNTT、再成長に入ったNEC、数字が抜群の信越化学を買ってきて正解。
 コロナ関連は、アビガンの富士フイルムも、紫外線で殺菌するウシオ電機も、日本の技術を欧米では断固、認めようとしないから全然儲からない。やめた。
 ハイテク以外の日本株は既に高すぎる。ワクチン開発で世界の株は上げているが、いろいろな学者が指摘しているようにADEで免疫暴走したら、株は暴落するかもしれないしなあ。夏は株はそろそろ高値か、秋か冬にまた買い場が来る氣がするんだけどなあ。あとは競馬だな。

7/27  24−30℃  くもりのち雨  南南東2
■今日はゴールドの先物が1930$を更新し、史上最高値となった。わたしはゴールドが好きで、30年以上前から、ゴールド、住友金鉱のCB、住友金鉱の株、アメリカのゴールドのファンド、そのうちの1つか2つを持ち続けてきた。今日、リーマンショック直後の高値を抜いてきた。テクニカル・チャートのメルマガでは、もう6年前くらいから、そういう話をしてきたが、今もゴールドは分散投資の大好きな一つだ。
 銀は産業用でもあるから、需要が悪いと思って売ってしまったが今月やっと急騰してきた。無念。銀では儲かったことがない。

7/26  23−30℃  雨のちくもりのち雷雨  南南東2
◆「軸馬指数」は券外と2着で【16−11−5−28】。アイビスはほとんど的中するのに、夏が来ない。早く天氣予報を見ない生活をしたい。
◆「ホースレター」は(0−1−0−5)で【45−29−24−85】。
 苗場特別のヴィアメントのノリは、やる氣なし。早々と控えて、スローの後方。上がりの速い競馬で、新潟らしい好位の馬で決まる競馬を後方で惨敗。高齢騎手ではいちばん悪い。ダービー勝ちすぎると荒くなってダメだ。そろそろ、20歳代の良さはなくなってきたから引退の頃合いか。

アイビスSDは、ライオンボスが好スタートだが、氣合い乗りも遅く、前走は差しで勝ってから急かさなかったから、5枠のジョーカナチャンが斜行して外ラチ沿いを主張。けっきょく、ジョーカナチャンがラチ沿いを取る。その時に、ライオンボスはブレーキ掛けて待った。直千で逃げていた馬がブレーキ掛けるようでは・・・。
 あれは妨害かどうか微妙だと思う。わたしが審議委員ならセーフだろうけど。いちおう採決異議のコインを持って乗るべきで、あれは異議申立をしても良いと思う。再採決の結果はどうであれ、仲良し競馬はおもしろくないと思うけどなあ。
 ゴール前は、外ラチに近い馬が先着という、横一線だが際どく斜めに並んでゴール。あれでは、ダイメイプリンセスやカッパツハッチはかわいそうだった。1枠から斜行して外まで行った藤田菜七子も、これは誰もが思ったとおりだが、かわいそうだった。
 ライオンボスも簡単にはバテない馬だから、ハナに行く氣満々でスタートしたほうが良かったかもしれない。
 新潟直千は、内外の差が大きいだけに、公平な競馬に見えず、的中はしやすいが後味が良いレースとは言いがたい。スタート部分を広く設計して、ゲートをもう少し内に寄せて、おまけに、内有利なようにやや斜めに置いたらどうか。
大雪Hは、ペースが遅く、大外の隼人もキレイに2番手。最高の乗り方だが、ペースが遅すぎたか格馬が付いて来れて、差し勝負。黛のペースが遅すぎたか。こういうレースは出たとこ勝負だから苦手だ。

7/25  23−26℃  雨  南東1
■今日は開幕週競馬。トーセンリスト、フォッサマグナ、ジェネティクスと、揃いも揃って、前が狭くなって下がって負け。開幕週は内の芝が良いわけだが、皆が狙うと、こういう混雑になってしまう。たいへんだわ。

7/24  21−26℃  くもり一時雨  東2
■「文部科学省は、日本のスポーツ振興に関し、特に功績が顕著な者を「スポーツ功労者」として顕彰している。この度、プロスポーツ史上特に優れた成果を挙げた者や多年にわたりスポーツの向上発展に貢献した者として、競馬界から武豊騎手と中村均元調教師が顕彰されることになった。なお、今回の件は3月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、延期となっていた。その他には、プロゴルファーの長田力さん、元力士・魁輝の西野政章さん、元モータースポーツ選手の高橋国光さんが顕彰されている。」(ラジオNIKKEI)
 なんだかよくわからん。今さら武豊に何もあげなくても、山ほどの栄誉を受けている。「公益財団法人・日本体育施設協会」なんて団体もあって、「体育・スポーツ施設功労者表彰」というのをやっている。表彰状や感謝状の配りまくりだ。どうせ、皆、税金使って、官庁の外郭団体作って天下りして、表彰して食っている人たちがいるのかな。大なり小なりそうだろう。
(本協会では、全国の体育・スポーツ施設で勤務する方の中から、勤務年数が通算10年以上で、成績が特に優秀な方、体育・スポーツ・レクリエーション関係施設、設備及び用器具づくり等の発展に努力し、広く社会的に実績が認められた方等、一定の実績を残された方(団体)に対して表彰状又は感謝状を授与し、その功績を称えています。)だって。国民全員が何かの勲章をもらえるようにしたら良いだけ。
 五輪も、そろそろやめるべきだ。極限の速さを競ってドーピング競争やってもしょうがないよ。

7/23  23−24℃  雷のち雨  北東2
未来

7/22  25−28℃  くもりのち一時雨  東2
■静岡大学馬術部が資金不足で馬を手放すというツイートを見て寄付するが、御礼のレターが送られてくる。どの馬も元氣そうだ。グレートシールはサドラーに Forli のクロスでサンデーの血がほしかった。エーティーチャンプはサンデーはあるが、タイキシャトルと重複か。よく寝ているらしい。

7/21  22−28℃  雨のちくもり  南東2
■馬券は、少頭数でなければワイドの総流しでいいや。

7/20  22−29℃  くもりのち雨  東1
■週刊競馬ブックを見ると、やはり函館2歳Sのラヴケリーは3角で地方馬が下がってくるのを捌くのに一瞬手間がかかったと書かれている。あれがなければ勝ててたな。
 一緒に暮らすのは、好位差しできなかったから、保留とさせてください。距離はマイルのほうがいいかな。
■今週の「軸馬指数」はアイビスSDと大雪Hです。

7/19  21−30℃  晴  南南東3
◆「軸馬指数」は3着と4着で【16−10−5−27】。トーラスジェミニは、あの無謀なペースの逃げで4着だったが、3着だったら、ドゥオーモと、なんと70倍台のワイドだった。悔しい。七夕賞から難解なレースが続くが3着争いでの勝負ばかりで悔しいなあ。
◆「ホースレター」は(2−1−1−2)で【45−28−24−80】。
 土曜は券内に揃って来たが、日曜は大荒れ。福島TVOPは2番人氣の◎からのワイド総流しが、大穴がハナ差で4着だったが、まあまあ。軸が1番人氣でないときの、ワイド総流しは、氣が楽だからわたしのオハコにしよう

中京記念は、超ハイペース。追い込み馬が揃って殺到して、判断力の名手・秋山の真骨頂だった。ラセットは3コーナーで18頭立ての最後方のインで平然としていて、皆さんハイペースなのに前で何やっているのって顔していた。直線は荒れたインを避けて、馬群のど真ん中を割ってきた。
 ギルデットミラーは300m行ってから抑えたのが遅くて、ハイペースに巻き込まれ、それでも直線で伸びようとしたが前が壁で追えず、開いてからも伸びようとしたが、さすがに同じ脚色になってバテていた。この馬は斤量軽いと、また狙えますね。北村友とはほんとうに相性悪いなあ。
 今週はワイドと3複のことばかり考えていたが、秋山のラセットとギルデットミラーで迷ったのだから、以前のわたしなら、好きな枠連の(77)は真っ先に買うところだった。7枠は3頭もいたから、7枠の別の大穴が勝って、代用品で的中だった。券種が多すぎるのも悩ましいね。
函館記念は、二千は少しマイナスなのだから、少し溜めて逃げられれば良いのだが、枠も3枠が希望だった。5枠から斜めに走ってハナへ行くと、後続がマークしてきて、溜められなかった。3枠と5枠では少し違うか。2コーナーまでは、2ハロンだけでも、むりやりペースを落とすしかなかったか。
 11秒台のラップが続くハイペースで、付いてきたレイエンダが氣ムラでパドックでもチャカチャカしていて貫録がなく、並ぶまでが精一杯で止まってしまった。
 後は後続が押し寄せた。吉田隼人はわたしは評価しているのだが、有馬を勝ったゴールドアクターが、関西への輸送で天皇賞で入れこんで負けたら、翌年の天皇賞で降ろされたのがかわいそうだった。隼人を、ノリや武に代えても、たいして変わりないのに。
 今日も、乗り替わってから考えたか、すんなり抜けた。ムリなことをしない乗り方だから、馬が回ってくれば、もう少し勝てるのだけど。
 ドゥオーモの藤岡康もインの再後方にいて平然としていたが、阪神の秋山と同じで、馬群の中へ突っ込み、中割りで抜けてきた。彼も好きな騎手だ。馬を回してほしい。

7/18  19−24℃  雨のちくもり  南東2
■前にも書きましたが、今日も不着の読者の方がメルマガの送信を依頼してきました。そうしてください。喜んで送らせていただきます。夜の19時頃から催促していただいてもOKです。早いほうがわたしも早く寝ちゃうので助かります。まあ、夜に見なかったら、朝のメールチェックで見ますけど。ケータイのショートメールはすぐ読めます。
函館2歳Sは、◎ラヴケリーが、どうしたのだろう。前からのパトロールビデオが出ないので、よくわからないが、挟まれたような格好で下がる。新馬は二の脚の速さで上がっていけたのに。
 ケツから2番手で、3コーナーで外回しを諦めてイン差しを狙ったのは正解。そのケツからイン差しして、グイグイ伸びて3着。新馬の4コーナーの 110 の脚はやはり本物だった。パドック歩きながら躓いたりしているから、わたしみたいに、おっちょこちょいなのかもしれない。
 相手はめちゃくちゃで、前夜にふとんの中で1時間考えて、昨年のブレイキングドーンのラジオNIKKEIみたいに、ワイドの総流しが、いちばん効率的かという結論だった。ワイドの総流しは、必ず的中が2本(同着があれば3本)ありますからね。人氣薄で1番人氣が飛ぶかもしれないレースだと、複勝1点買いが今までの人生だった。今は3複をやるが、3複は取り逃しが出る。だから、ワイドの総流しは(フルゲートなら)有り得ますね。わたしの基本スタイルの一つにしよう。まあ、複勝1点買いと結果のそろばんは、何レースかしてきたら、まあまあ同じようなものだったけど、楽しい分は嬉しくなりますね。しょせん、馬券はゲームなんだから、楽しいというのは大切ですね。
 1番人氣が消えそうで3着までに入ると複勝は安くなるのも悔しいしね。微妙なところではあります。3複も相手が絞れそうなときは威力があるので、相手の組み合わせを微妙に変えたり、変えなかったり、いろいろ工夫はしてますけど。ワイドの総流しは、わたしみたいな「スタイル主義者」には、迷わずに済むだけ、良いですね。

 1番人氣のモンファボリは「軸馬指数」に書いたように、ああいう馬ですね。新馬でも直線で首を捻っていたから、幼いですね。いくら何年ぶりのレコード勝ちでも、あの手のタイプを◎にするようになったら、わたしも、いよいよ個性をなくしているのかもしれません。
 2番人氣のカイザーノヴァも「軸馬指数」に書いたとおり、中間のテンションが上がっていたのが、パドックでもうるさかったですね。引いていた厩務員が、これじゃ今日はもうイヤになったよ、という表情でした。こういう時期に連闘とかすると、後々響きそうでわたしなら使いませんね。
■とっくに夏ぶとんになっているのに、氣温は下がってきた。ヒーター入れたりしているよ。まったく。

7/17  18−21℃  くもり一時雨  東北東1
■読者の人が定価5500円の『サラブレッド配合史』を買えないと、近くの図書館にリクエストして入れてもらって読んでいたから、一時は全国の有名な図書館にはたいてい入っていた。でも、もうなくなってしまっている。どこの図書館も本で溢れ、置き場所がないのだ。その問題はあっても、貸し出し回数や、アマゾンでの売値などを見て選別すればいいのに、図書館の人には、そういう知恵はないらしい。残念な話だ。

7/16  18−25℃  くもり一時雨  南東2
■中国の水害が終わらないし、酷くなっている。100年ぶりの規模らしい。重慶から南京まで水浸し。YouTube で検索すれば、いくらでも画像出ますねえ。ビルの3階くらいまで危ない町が多いという。日本も前線が繋がっているから、梅雨は明けそうにない。晴れないと、憂鬱ではあるが涼しくもある。どちらでもいいか。

7/15  20−22℃  くもり・雨  東北東2
■新型コロナは重症者は少ないけど抗体はできにくく、できても3カ月しか、もたないそうです。それで、退院した人が、また再発するようですね。ランセットとか医学雑誌に出たと、In Deep などで言うから、ほんとうでしょう。
 やはり、漢方薬とかでやるしかないかな。中国も漢方薬やめて西洋医学に行きすぎたと思うよ。今はビタミンCとかで治療できているそうだけど、変異が激しいから、治療法も難しいよね。わたしは毎日緑茶、発病したら漢方だろうなあ。今も出かけた日は、抗ウイルスの漢方薬飲んでいますけど。

7/14  21−24℃  くもり時々雨  南3
■株は世界的に上げすぎだと思う。NYはプロはもうやめ、個人が買いまくっているそうだ。日本も外国人は売り越しで、個人が買いまくっているそう。主体別動向では、こういうのは、もう買えないということ。
 NTTのような売り上げ不変の会社が、昔の電力株だと思って買っている。配当利回り4%で株価が動かないのがよい。昔の東京電力だな。311のあとはJRもあったけど、コロナで客が減ったからなあ。

7/13  20−25℃  くもりのち雨  南南東3
■朝の5時から、ヴァンケドミンゴじゃない、ブラヴァスかとか考え始めたから、10年前に買った今はサブのマシンを、HDDを物理破壊して、廃棄ドットコムに宅急便の着払いで送る。CD類やISDNのルーターも同梱。ブラヴァスが人氣なさ過ぎだけど、福島競馬は福島実績がほしいんだよね。それがないと軸にはしづらい。ワイドで20倍以上つくなら、この本線は、馬連でなくワイドだったなあ。昨年のラジオNIKKEIはワイド総流しで大儲けした。福島はワイドがありかも。

7/12  24−32℃  晴  北北西4
◆「軸馬指数」は券外と3着で【16−10−4−26】。
 七夕賞は天氣予報が読めず、3頭で◎をぐるぐる回していたが、最後に◎にしたのはヴァンケドミンゴだったが、いつもより出が悪くて、複勝しか取れなかった。ブラヴァスとの馬連が本線だったが、これが小雨が降ろうが止もうが、朝からずっと、軽く万馬券なので、いやあ、これで決まらないとは・・。言葉がない。
 複勝と馬連でなく、3複だけか、3複と複勝のレースだったかな。こういうことは、20代後半が、いちばん冴える。数学者が20代後半が全盛期だからなあ。
◆「ホースレター」は(0−2−2−2)で【43−27−23−78】。ダートでダノンを買う週だったか。

七夕賞のパドックが良く見えた馬は、ウインイクシード(5着)、クレッシェンドラヴ(1着)、ヒンドゥタイムズ(4着)、ヴァンケドミンゴ(3着)、ブラヴァス(2着)だった。
 馬場は土曜よりも悪化して、重。
 レースは、ヒンドゥタイムズがかなり出遅れ。それで最後は4着まで追い込んだから強かった。
 ヴァンケドミンゴも、いつもの好スタートが切れずに、馬群が荒れたインを避けて縦長に進むから、位置どりを上げようにも前の馬が邪魔で2コーナーまで動けなかった。それでブラヴァスの後ろになったのは痛恨で、あれは逆になってほしかった。
 クレッシェンドラヴは長休明けでもパドックは良く見えたが、内枠引いて、下げて外へ出すと後方からになるから距離損するとみていたら、そのとおり。でも、3コーナーから馬群の中を割って、インの荒れたところと荒れてないところの境目を上がっていって距離得した。格上の馬が距離得したのは騎手・内田の腕だが、外からの追い込みが利く日だったから、皆が外々へ回るのを尻目に、あっという間に先頭に立ってしまった。図面で計算すると、あれで5馬身か6馬身得するそうだから、内枠の不利を取り返してお釣りがあった。
 ブラヴァスは、まあまあ上手く進んで、勝ったかと思ったが、福島の鬼に内から来られたらたまらない。馬は、読みどおり強くなっていて、悔しかった。こういうレースは福永先生は藤田伸二に叩かれてから、見違えるように上手になっている。福永だったかな。ここを勝てば、全場重賞制覇だから、狙っているとは思っていたが、上手に乗っていた。武豊と違って、“老獪さ”が出てくる騎手だ。若い頃は考えられなかったほど、渋いな。今は、関西の日本人騎手では最高指数あげているんだけどねえ。

プロキオンSのパドックが良く見えた馬は、レッドルゼル(8着)、サンライズノヴァ(1着)、ラプタス(6着)、トップウイナー(5着)、サクセスエナジー(10着)だった。
 馬場は、やや重。
 レースは、12.3-10.7-11.3 とラプタスに絡んでいく馬が多くハイペース。こうなると、ローカルの小回りではないからラプタスは粘れない。
 サクセスエナジーは、このハイペースの外枠だから、出遅れがすべて。外々回ってハイペースを追い上げてもムリ。そこで終わり。
 サンライズノヴァが追い込んで届く流れになって、ダート転向のエアスピネルまで伸びた。


7/11  24−29℃  雨のちくもり  南5
■「軸馬指数」の再購読の方法は質問受けましたが、「日記」と「メルマガ」に、方法を追加しておきました。わたしが読んでいる地球の有料メルマガは、今月再購読したら、同じ要領で上手く生きましたけどね。
■天氣予報見るのに疲れた。福島は内2頭くらいは悪いけど、あとはマズマズで、日曜降らないと、差しは利かないのかなあ? 利いてほしいけどねえ。ジナンボーが単騎逃げで楽に行ったら怖いけど、福島実績で◎を打ちたかったし、頭痛いよ。
 どこの競馬場も芝が良すぎる。

7/10  23−27℃  雨のちくもり  南2

三浦半島の異臭騒ぎは氣になる。今年は、関東大震災の二の舞か、富士山か、いろいろ言う人がいるが、異臭を多くの人が感じるというのは、「誤解」ではないはず。神奈川に住むのも選択肢だったが、やめたのは地震のことだった。東京だって埼玉だって、たいへんに変わりはないが・・・。首都圏はダメだなあ。
7/9  23−26℃  雨  南3
■アビガンは日本の大学の治験ではダメだそうな。あとは日本の期待はイベルメクチンだが。

7/8  25−29℃  雨のちくもり  南5 球磨川など九州洪水
■電車で出かけるが、「不織布入り3枚重ね・洗えるマスク」を落とす。もったいないことした。行き帰りでマスクしてない人は、わたし以外は若い男性1人だけだった。電車で隣の人が路線図見に起ち上がったふりして、席を変えて遠ざかる。輪島の小学校は、校内を小学生2人がパトロールして、距離を取れとか、マスクの仕方が悪いとか、注意をやっているそうだ。子供たちの将来は、どうなるのだろう。おそらく、新型コロナを境に世界はガラリと変わっていくのだろう。

7/7  24−27℃  くもり時々雨  南5
■日本が誇る世界最高速の「富岳」でシミュレーションしたら、世界に13のコロナ特効薬候補があるそうだ。いずれ、富岳が指名するのではないか。
 めんどくさいから、政治もAIでやるといいかもしれない。

7/6  23−27℃  雨のちくもり  南3
■都知事選は公示の時からつまらなかった。五輪は縮小はするがやめないという。リニアもやめればいいのに。静岡の知事が反対しているのに、どうする氣だろう。今の新幹線と飛行機と3つ並べても、誰も乗らないと思うけど。アメリカにも欧州にも売れない技術だそう。地震来たらお終いだと思うけどなあ。最後も税金で補填か。

7/5  22−27℃  くもり一時晴  南3
■前残りの日のお口直しに、よかった映像を。
外国人が見た150年前の日本
ポーランド孤児を救った話
敵国・英軍兵の徹底救助
ロシアの子供を助けた船会社
 昔の日本は、どこの国の外国人も助け、自慢もしなかった。それが日本精神だという。日本は、戦争をやるたびに年々悪くなるのか。

◆「軸馬指数」は券外2つで【16−10−3−25】。どちらの重賞を先に送信するかだったが、両方を土曜にしようかと思ったのが間違いで、開幕週の福島を後回しにして、CBCを福永◎で送ってしまえばよかったが、運がないときは何をどうやっても空回りする。
 ラジオは武の後方一氣を恐れていたが、まさかあそこまで、きっちり恐れていた位置まで下げるとは。未勝利でマクって楽勝した馬なのに。この厩舎の馬には当分、乗る順番は回ってこないだろう。前々走で楽勝した次走を、吉田隼人に乗せ続けていたら、ここも函館に行ってもいい馬は回って来ないから、福島で頑張れたのに。隼人もアピール力がないと同僚に同情されているのだが、運が足りない、かわいそうな騎手だ。
◆「ホースレター」は(0−0−2−4)で【43−25−21−76】。
CBC賞のパドックが良く見えた馬は、レッドアンシェル(3着)、ラブカンプー(1着)、アンヴァル(2着)、アウィルアウェイ(7着)だった。
 馬場は重で始まり、やや重まで乾いた。
 レースは、内のラブカンプーやレッドアンシェルやアンヴァルが、揃って好スタート。この日は一日中、前残りばかりで追い込みは全然利かない馬場で、午後に晴れてきて乾いていくと、ますます差しは利かなかった。
 ラブカンプーは夏馬で△は打っておいたし、アンヴァルも内枠と重でキッチリ加点して△を打っておいたから、レッドアンシェルを◎のまま原稿送信しておけば、久しぶりに大きな3複が的中していたのに、土曜配信に回していたら、レッドアンシェルが内枠すぎて、重馬場なら内は損かなどと考えていて、氣が変わって減点してしまった。やれやれ。
 そのクリノガウディーはパドックが小さく見えて貧相で、あれは何かあったとしか思えない。パドック見ると、とても買えないデキに見えた。スタートも後手で位置どりも後ろすぎて、何も見せ場もなかった。あれはノリのミスではないだろう。

ラジオNIKKEIのパドックが良く見えた馬は、アルサトワ(7着)、サクラトゥジュール(6着)、グレイトオーサー(10着)、パラスアテナ(4着)、コスモインペリウム(12着)だった。
 馬場はくもりが晴れてきて、やや重。
 レースは、12.0-10.8-12.6-11.9-12.3 という遅めのペース。先行馬が多くて、中団くらいがいいかと思ったが、予想よりもスローで、上がりの速い競馬になった。
 団野が内田博に乗り替わりになって、これは内田は怒っているから3着はあるかもしれないなと思ったが、なんと逃げ切ってしまった。こういう人が逃げ馬で1枠引いて乗り替わったら、そりゃあ、氣分良く行くだけ行くわ。内田と蛯名は馬が足りないのでかわいそうだ。内田はまだ50歳手前で、重馬場は得意だし、先週も穴を出しまくっていた。蛯名も上手に乗っているけどね。
 武のパラスアテナは好スタートなのに、武が馬を引いてしまって、2番手を行ったグレイトオーサーのレーンの後ろに付けていればいいのに、下げたら、前に馬に入られて、2コーナーでは隣にいたレーンから5馬身くらい後ろで、いくらなんでも3馬身は位置どりが後ろすぎた。やや重馬場とはいえ、開幕週だからねえ。
 むかしの梅雨の福島の開幕週は重賞がなかったから開幕週の福島に来る騎手ではなかったから、そのへんの見当が間違えていた。ミスだろう。最後は伸びてきたが、2着になるには1馬身足りなかった。

7/4  19−27℃  雨のちくもり  南5
■福島のエクリリストワールは戸崎が、わたしの希望は2番手だったのに、1枠から下げてインの後方。やれやれ、あんなところからどうするの?。阪神のエイシンポジションは福永が、1枠で出遅れ。希望よりも2列後ろ。
 先週から、希望よりも後ろばかりになってきた。明日の武が後方一氣を狙ったら、疲れるなあ。

7/3  23−26℃  くもりのち雨  南東3
■中国で新たな豚インフルエンザが発生した。アビガンとイベルメクチンがほしい。

7/2  22−32℃  晴  南南東4
■海外で評価の高い日本で発明したイベルメクチンとアビガンの認可を早くしてほしい。治験を始めて、もう4カ月半も経った。

7/1  23−31℃  晴  南南東4
インフルのワクチンは、コロナのリスクを36%増加させる







-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←