homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」で上位入賞

    入賞 


    入賞 


    入賞 

   読者(リピート率平均99%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












1/31  1−8℃  晴  北北西4
■口開けて眠る癖が付くと、じつは、寝るときはマスクをする。最近、またするようになってきた。周囲に隙間だらけの、洗える布マスクがいちばん希望に合っている。これなら酸欠にはならない。

1/30  −4〜11℃  晴  南南東2
■サバクトビバッタが流行したときは、食べていた地域もあった。でも、日本の歴史では、バッタやコオロギは聞かないなあ。医食同源の国だからか?

1/29  −3〜7℃  晴  東南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は4着と1着。今年の「軸馬指数」(4−1−0−5)
 「ホースレター」(12−3−2−13)
 まだ、両方とも5割は確保しているからいいけど、ナムラクレアとイルーシヴパンサーはミスだから、氣分は良くない。「ホースレター」は、また1着か券外かという流れ。クロッカスSは前走不利のあったサトノヴィレだったなあ。これは今週一の痛恨かもしれない。
 2択になったと考えるときに、もう一度、“ほんとうに2択かどうか”検証し直さないといけないな。2択だと思うと、その考えにのめり込んでしまうのは、性格的な弱点かもしれない。

根岸Sは東京ダ千四。
 ゲートでレモンポップが腰落として後方から出して行って5番手へ。出が悪かったおかげで、前へ行きすぎず助かった。ギルデッドミラーも出遅れぎみの最後方から出して行って、まあ、本番ではないからあれでよい。三浦も今年は落ち着いて乗れている。
 ペースは東京千四の普通のペースで、レモンポップの戸崎は、前が壁にならないように進路確保で手を動かさなければならず、最後の1ハロンだけ追えば良いのに、あと250mくらいから仕掛けないといけなくなったが、いつもの千四どおり楽勝。
 ギルデッドミラーは少し馬体に余裕があって、カフェファラオと東海Sを勝ったプロミストウォリアがフェブラリーSを回避したので、もう余裕の本番勝負だった。直線も後方からだったが、ギルデッド、バトルクライ、タガノビューティーの順に強くて、その順に伸びてきた。
 ホウオウアマゾンはパドックを見ていたが、けっこう柔らかいツナギで、芝に戻して安田狙いだろう。
シルクロードSは中京千二、良、内中伸び。
 トウシンマカオはスタートが問題だったが、無事に出た。ところが、「軸馬指数」にも書いたが、下げるなと言うのに、引っ張って下げて、おまけに、しっかり抱えていたので、理想よりも2列後ろからの競馬になって4着。鮫島駿は藤岡康よりは評価しているが、あれはマイルの乗り方で、千二の乗り方ではない。必ず最後まで伸びようとする馬なのだから、前走みたいに好位に行かさないと。もう少しでも手を動かしながら追走しなきゃ。そういうペースだよ。あれでは内中伸びの上がりの競馬だから、32秒2くらいの脚を使わないと届かない。ゲート出てキルロードの位置にいたのだから、一緒に四角4番手でもいいんだよ。千二の経験不足だなあ。
 レースは、ややスロー。テイエムスパーダとキルロードが行かないと、藤岡康のマッドクールは押し出されてハナへ。しかし、ハナへ行くのはカモで、マークされて終わりになる。アホらしい判断で話にならない、サンデーレーシングはもう乗せないだろう。
 ナムラクレアはスプリンターズSで自信の◎だったが、内伸び馬場にやられた。今日は、一叩きで本番勝負のデキと見たのが間違いで、最終追切りどおり仕上がっていた。浜中は関西では福永よりも評価していて、良い馬が回れば年に何回かG1が勝てると思っている。とくに短距離は強い。今日は、マッドクールとトウシンマカオの2択ばかり考えて、ナムラクレアは本番で良いよと思って、ついうっかりした。やれやれ。

1/28  1−6℃  晴  北北西4
■父や祖母の誕生日や旧正月や大寒が過ぎると、節分や立春だ。そろそろ、春に近付くだろうよ。子供の頃は、正月前と旧正月前に、2回、餅を搗いていた。2回の餅つきが終わると椿祭が来て、啓蟄で本格的に春だ。

1/27  0−8℃  晴  北西2
■名神と新名神が通行止めで、神戸の食品会社からのいつもの配送が延期になるから、仕方ないので、ネットスーパーで、代替品を注文する。なぜ、平地ばかりに雪が降るの。富士山降ってないよ。明日の小倉競馬は大丈夫か?

1/26  −6〜8℃  晴  南2
■今朝の最低氣温は6時で、氷点下6℃だった。流山にいた頃は、暖房なしの部屋で寝ていたから、枕元のコップが薄氷。トイレに行くとタンクが凍って水が出ない。今は、夜も暖房入れて寝るが、それでも室温は16℃だった。寒いな。おかず宅配を食品メーカーに頼んでいるが、名神高速が通行止めで出荷できないと言うから、こちらで手配して食べて生きるしかない。

1/25  −3〜2℃  晴  北西6
■今日は晴れているのに、最高氣温が2℃で、風も強いから体感温度は酷いし室温も上がらない。これで暖房使いまくりだろうが停電しない。火力発電所が頑張っているかぎりなんとかなる。火力を止めろなんて、とんでもない。1959年に小学校の近くに四国電力の大きな火力発電所ができた。授業が退屈だから、好きな窓のそばの席が多かったから、海や海辺の発電所を眺めていた。あんなにキレイで静かなものを世界中で忌み嫌っている。ほんと、おかしい。

1/24  1−11℃  晴一時雪  南南東1→北北西8
■寒いと脱腸が痛い。言うことなし。
■学校を爆破するとかのFaxが溢れて、休校相次いだらしい。3年マスクしていた弊害だろう。

1/23  1−5℃  くもり  東南東1
■大学入試のセンター試験が、めちゃくちゃな成績らしい。2020年から、マスクの弊害で、酸欠による知能低下は言われていたことだ。
 中学や高校の3年間、顔を見ないで恋愛してきた諸氏も、ある意味で被害者だ。人間の感情を表情から読み取る能力は劣化する。
 JRAの審議委員や、スターターも知能テストはやったほうがよい。おかしな事例が多い。
 4月1日から5類になって室内のマスクも免除になるらしいが、今日免除するのとどう違うのか。もう、考えているだけでアホらしくなる。
 マスクの効能の最大な点は、咳エチケットにある。あれだけは、マスクしてないでゴホンゴホンやっていると呆れるが。

1/22  −1〜9℃  晴  風なし
■「メルマガ」「通算予想成績」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と券外。今年の「軸馬指数」(3−1−0−4)
 「ホースレター」(9−3−2−10)
 今年は2着と3着が少ないと書いた。昨年、これが多かったから、多少システムを微調整したから。でも、統計的に、今週あたりは2着と3着が増える頃だろうから、やはり「ホースレター」で3つ、そうなった。まあ、揺り戻しの連続だから、そんなものだ。

AJC杯は中山二二、良、中伸び。
 スタートしてガイアフォースが外へよれたので、外のエピファニーがぶつけられて、外のレッドガランにも接触してアウト。この馬は、チャカチャカするのが弱点だから、今日もパドックからなだめてきたのに、スタートでこれでは。それに早々と止まったからマイラーだな。千八ばかり使って快勝続きなのに、ルメールがマイルが良いと距離短縮しろと言っていたのは正解だったかもしれない。
 ガイアフォースは、やはり書いたように馬体の張りが足りないので、二二の重賞を勝ったのに、今日は見せ場はなかった。
 ユーバーレーベンはあと800mの少し手前からまくったが、いくらなんでも戸崎がロングスパートしたのは札幌だ。直線が短く坂がない札幌ではないのだから、800mから行ったら最後は止まる。勝春のエヒトは、あと600mで仕掛けて、あれが正解。ユーバーレーベンも、あと600mで仕掛けたら勝ち負けだったかもしれない。いずれにしろ、今日は中山はミルコよりも勝春のほうが知り尽くしているという当たり前のことが起きた。レース後談話でミルコは氣持ちの問題か、と言っていたが、氣持ちでなく、仕掛けのタイミングが悪いのと、中山二二を使うのがおかしいと思う。スタミナ勝負の馬なのだから、もっとスタミナが必要なレースを使ってほしい。
 ノースブリッジは岩田康らしいレースで、あれが嵌まったら誰も手の打ちようがない。スピード血脈で構成されているけど、スタミナの血も入っているという微妙な血統をしている。こういう中山二二とかが合っているなあ。

東海Sは中京ダ千八。
 逃げ馬が1頭だけで、超スローで始まってプロミストウォリアの逃げ。こうなると、ムルザバエフは強いから、しっかり逃げ切った。
 ハギノアレグリアスはインから出せなくて、直線で出すと落馬した空馬が邪魔で、進路は狭くて追い切れなかったが、まあ、あの形なら逃げ有利だろう。あのペースで差せれば大物だが、さすがにペース的にムリか。

1/21  2−8℃  晴  北北西6
■初富士Sはパラレルヴィジョンでも、脚部不安の休み明けのスルーセブンシーズでもいいのだけど、パラレルヴィジョンが1番人氣で、ゲートで暴れそうになって立ち上がっているときにゲート開けるとは、なんでや。最近のスターターは、そういうどうでもいいようなタイミングで開ける、とんでもない人がいるんだよなあ。
■中京メインのディヴィーナは福永が大外に持ち出して伸びず。今日はクッション値も堅くて、先週とは違って内伸びなんだけど、何考えているんだろう。スタートで出が悪かったのは、馬が腰でも落としたのかもしれないから責めないが、外で出すのはみっともない。まさか、馬に持っていかれた? あのヴェテランが?

1/20  3−12℃  晴  南南東1
■米ばかり食べていると、足がむくむ。医者で血液検査とか、自治体の健康診断とかガン検診とか、人間ドックとか、そういうことがバカバカしいという人間なので、やらない。むくむから低アルブミン血症だと判断し、プロテインBARを食べまくる。すると、むくみが案の定なくなる。医師は、新コロ騒ぎで金儲けばかり考えていて、発熱患者さえ診ないで追い返すという、まあ、恐ろしいことをやるものだと理解をさらに深めたから、なおさら、検査などやる氣がしない。

1/19  2−9℃  晴  南東2
■停電とか、電力関係のハッキングや、コンピューターのダウンで、停電になる恐れがあるから、電氣を使わないでお湯を沸かせるプロパンガス・コンロを買う。電氣をめちゃめちゃ食う電氣自動車の電氣供給スタンドを作りまくる政策に乗り出したし、オール電化みたいになると、ややこしい世になる。
 自動車なんかガソリン・エンジンでいいんだよ。そこまでしても、日本の自動車の優位性を崩したいらしい。トヨタ系の下請けなんかどうするんだろう。

1/18  3−13℃  晴  北北西
■日銀が金融緩和を続けるという談話。ここまで来ると、もうビョーキというか麻薬中毒みたいなものだ。もう27年ほど、預金金利はゼロみたいなもので、4%でもあれば、この間に預金は倍以上になったというのに。銀行を公的資金で助けて、誰も責任追及もせず、ダラダラ緩和を続け、ついに企業の内部留保は600兆円。円安で輸入物価が上がる輸入インフレ。輸出企業は空前の大儲け。これなら、誰が日銀総裁やってもできることばかりだ。

1/17  2−7℃  晴  風なし
■梅も毎日食べていたせいか好きだが、緑茶も毎日ガブガブ飲んで育ったから、今日は抹茶と煎茶のケルセチンのことを、静岡の大井川茶園に聞く。話がどんどん脱線していくが、お互いに脱線しても付いていける柔軟さがあるから、おもしろかった。けっきょく、緑茶は粉茶を丸ごと飲むのが、栄養満点でよいと言うことだが。日本も緑茶といい、梅干しといい、凄い和食の良さを皆が忘れていこうとしている。中国の、鍼や漢方薬のレベルの高さが凄かった20年前までの中医学みたいだ。

1/16  6−6℃  雨のち晴  北1
■和歌山の梅干し業者が、梅干しが売れなくて置き場所がないとツイート。でも、製品紹介読むと、南高梅はよいけど、添加物に人工甘味料とか、ハチミツとか。そりゃないだろう。和歌山の梅干し業界の窓口に電話して、刺身のワサビはなんのためにあるかと訊いたら知らなかった。やれやれ。
 梅干しの写真見ただけで唾液が湧き出る時代は終わった。今の若い世代は、そういう“条件反射”がないらしく、梅干しは甘くないと売れないそうだ。いくらなんでも人工甘味料入れて、添加物だらけにして、減塩してたら、梅干しの効能なんかないじゃないの。この人たちは、頭の中が塩氣がないからカビたか?
■今週から、やっと平常間隔の開催。もう、年末年始競馬なんかうんざり。JRAも、ボーナスお年玉期待なんて、もうやめればいいのに。

1/15  9−11℃  くもり  東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「プロフィール」「My Favorites」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と1着。今年の「軸馬指数」(3−0−0−3)
 「ホースレター」が(8−1−1−8)。何が言いたいかというと、1着と券外ばっかり。メイショウユズルハが出遅れてケツから追い込まなかったら勝っていただろうから(しつこい)、(9−1−1−7)だ。昨年の「軸馬指数」は2着と3着が多くて、自分で呆れたが、今年は2着と3着がない(笑)。
 今日の2重賞はフルゲートでないし、◎が1番人氣と2番人氣だったから、ワイドの総流しをやらずに、普通の馬券で遊んでいたが、570円ほどやられた。ワイドの総流しのほうが、まともだった、笑)。まあ、京成杯の270円の単勝なんか(なんでこんなに付くの)買っていると、2着も、ちゃんと詰めてくれないと困りますわw

京成杯は中山二千、良、中伸び。
 スローの上がり勝負。ソールオリエンスは負けるとは思ってなかった。私は『AJG予想法』や『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』には絶大な自信を持っている。負けるわけない。
 ただ、調教でも遊んでいる馬で、併走馬を見て何かしゃべくりながら走っているかのような馬だから、他馬に寄らないように注意できるかだけだと思っていたが、4コーナーで、外へ膨れてしまった。あの一瞬だけが危なかった。でも、すぐ追い付いて離す一方。まだ、遊んでいる。配合も馬体も良いから、ホープフルSで褒めたキングズレインよりも強いかもしれない。次走でよく考えよう。
 ソールオリエンスが4コーナーで膨れて邪魔しなかったら、2着はセブンマジシャンだっただろう。降着ではない氣がするが、ルメールがスランプを続けているとも思えない。
日経新春杯は中京二二、稍重、中伸び。
 中が伸びる。土曜の午後から川田が何度も実証して勝ちまくった。今日も中伸びだが、イーガンは午過ぎまでは内から4頭目あたりの中途半端なラインを走っていたが、紅梅Sで意を決して外へ出そうとし始めた。紅梅Sのダルエスサラームは完全な外斜行で、強引に外へ出そうとしたが、外の少し後ろで追走していたクインズエリサとパルクリチュードが下げたり、立ち上がったり、完全に妨害されていた。あれで、ダルエスサラームのイーガンが降着にならなければ、もうレース中にムチで隣の馬を叩こうが、斧を出して馬を殴ろうが、なんでも自由だ。何のために審議委員っているのだろう。たしかにダルエスサラームが少し前に出ていて斜行したのだから着順に関係ない斜行だという意見もあるだろうが、外の7、8、9番の3頭の叩き合いは、完全に7と8が損をして、9が得しているのだから降着だろう。審議委員に加わっている岡部とかは何をやっているのだろう。競馬中にフジTVに出演したり、岡部は恥ずかしくないのか。
 ヴェルトライゼンデも2枠から出て、直線に入って、また外へ斜行する競馬。このレースは後ろの馬が離れていたから降着にする必要はない。
 左ムチの好きな人だが、紅梅Sで反省したか、右に持ち替えたが、持ち替えるのが下手だね。
 59kgで人氣が落ちたが、私が競馬を始めた頃は、タケシバオーは65で勝ったし、テンポイントは66.5kgで骨折した。59までなら強い馬はハンデはこなさないといけないというのが私の何十年と同じことを書いてきたことだ。
 「軸馬指数」に書いたプラダリアも、やはり外から伸びてきたが、やはり完調ではないような氣がする。

1/14  3−9℃  くもり一時にわか雨  南西1
愛知杯は中京二千、重、内中伸び。
 ルージュエヴァイユはスタートして、外の馬が被さってきて行き場がなく下げる。後方のインから。中京二千があの位置ではムリ。スタートして斜行する馬は大嫌いだが、なんとかならんのかなあ。あれでは勝負にならないが、せめて直線は内めの中割りでサトノセシルのところを突くしかなかったか。ともかく、スタート悪く、おまけに超スローすぎた。
 初の長距離輸送を考慮してのチンタラ最終追切りもマイナスに出ていると思う。
 勝ったアートハウスは中内田師の好仕上げ。1週前も最終も完璧だな。川田の通ったコースも完璧。馬は重はどうかなという程度だが、あのラインが午後から伸びていたライン。中京は、川田が戸崎よりも慣れているのは認めざるをえない。

1/13  −1〜13℃  晴のち夜中にわか雨  風なし
■町内会は脱退したのに、ゴミ置き場の当番だけは回ってくる。私がちゃんとやったかどうか試したいのか、収集車が去った後、いつも何か、余分な小さな物が置かれている。こういう性格って私には理解できないんだけど。最初は曜日の違うゴミが置かれて収集車が持っていかなかったが、それは電柱のそばに置いておけばよいと、いちばん古くから住んでいる歳のいちばん上の人が言うから、そういうゴミは電柱のそばに置いておいたら、出した人が持っていくみたい。最近は1カケラのプラとか紙切れが置かれている。イヤミ。
 分別を日本でいちばん先に始めた松戸に住んでいたから、ゴミの出し方は私のほうが、どこに住んでも常に正しかった。分からないと、いちいち市役所の担当に質問するし。それなのに、どこに住んでも、誰かが間違えると、男の独り者の私がやったのだと疑われる。流山に居たときは、夜、軒下に洗濯物を吊すときと、朝、私がゴミ捨てるときに見張りがいたけど、私が引っ越して去っても、分別しない不法な投棄が続くから、ああ笠じゃなかったのだと、私の味方寄りだった町内会長が東京に去った私に電話で謝った。
 呆れてモノが言えない。あれは夜の23時頃に隣の町内から自転車で飲んべえが捨てに来ていたのを、ゴミ置き場の前に住んでいる私は知っていたけど。まさか、その人の件で私がいじめられているとは気付かなかったから何も抗弁しなかった。アホらしい。捜査能力もゼロの人たちだ。私が酒飲んだり、ダバコ喫ったりするか(笑)。なんで、私がオチョコや吸い殻を捨てるんだ。そんなことすぐ分かるだろうに。
 ああいう人たちには競馬の予想は絶対にムリだな。
■校正をほとんどやらなくなって事業収入が減ると、申告の必要がなくなるらしい。今日は冬の申告の季節だから、税務署に電話して、ほんとにいいんですかと聞くと、要らないと言われる。これで、42年続けてきた確定申告は終わりになった。
■今日は水道の検針が来た。毎日風呂入るのはやめて、お湯で身体拭くだけの日が多いから、水道料金は安い。よく考えれば、学生時代の銭湯の頃は、1日おきだった。4日ぶりなんてものザラだった。下宿している学生は皆そうだった。
 初めて、風呂があるところに住むようになってから、よく考えたら、ほとんど毎日、風呂に入ってきた。風呂があるのが嬉しかったのだろうかなあ。
 それに、エアコンもない電車で仕事で動き回っていた時代だから、風呂に入りたくなるわなあ。でも、そういうのが癖になると、そうだなあ、入るのが当たり前みたいになるけど、拭くところだけ拭けば、家で仕事して、買い物もネットで買い溜めだと、毎日入る必要はないな。身体に関する惰性は、皮膚感覚だから恐ろしい。

1/12  −2〜12℃  晴  北西1
■日経新春杯の予想が、なかなか終わらない。今週は月曜にレースがあったから、変則で1日短い。いやになる。正月から競馬ばっかりだ。お年玉を巻き上げようといっても、もうお年玉とかいう時代ではないのでは。

1/10  5−8℃  晴  北西8
■今日は氣温が高く、風が強い。今年の「ホースレター」はメイショウユズルハなど出遅れてケツから3着に追い込んだりして、勝てるものを悔しい思いをしたが、まだ(4−1−1−6)。もちろん、サンプル数が少ないから自慢にもなるわけはない。でも、3歳重賞2つが、あまりにあっけにとられるレースだったので、慰みにはなるかなと、笑。正月はルメールと一緒に遊んでいたらダメだな。

1/9  0−14℃  晴  南西1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着のあと券外3つ。今年の「軸馬指数」(1−0−0−3)
 金杯はあんなものか。昨日今日の3歳戦はフォトパドックがないから、過去のパドックと血統を見るしかないが、関係者の見込んだのと、実際との距離適性がズレすぎ。あと、変則調教の日程のせいか各馬の調子がバラバラ。なんとも言いようがない。
フェアリーSは中山マイル、良、内中伸び。
 パドックで驚いたのは、良く見えたのが、メイクアスナッチだった。次がキタウイング。この2頭で、2,1着と来て終わった。メイクアスナッチはルーラーシップ×ディープインパクト×ストームキャットという、よくある配合で、千二デビュー。次走が千四の逃げ切り。2レース連続四角先頭だが、力が違いすぎただけ。今日は差しが決まったが、どう見てもマイルから二千の馬だろう。関係者は一体何を考えたのだろう。あっさりと、阪神JFに出られたと思う。
 キタウイングは外枠引いて追い込んでどうかと思ったが、もう決め打ち。3コーナーからイン差しを始めて、直線もインのみ狙って、前も開いて快勝。
 3着以下はごちゃごちゃで、やるたびに変わりそう。これ以上、書くことが浮かばない。

1/8  −1〜12℃  晴  北北西2
■「軸馬指数」は、やれると見ていたクファシルを逃したのは大きかった。「ホースレター」は、まだ5割以上の連対をしているから、まあいいか。
シンザン記念は中京マイル、良、内中伸び、クッション値10.4。
 ライトクオンタムが、ずっと1番人氣だったが、パドックでチャカチャカうるさくて馬体も細い。クファシルは凄い筋肉でドッシリしている。それを見て皆一斉にクファシルを買ったのだろう。あっという間に、圧倒的な1番人氣になってしまった。最近のパドックはいつもこうですね。
 私も馬体や追切りに拘るから、人氣がないと思って◎を打っても最後は1番人氣だったと言うことが、けっこう多い。結果しか見ない人は、笠よ予想が堅すぎるよとか言うが、べつに1番人氣狙っているわけじゃないのだけど。
 馬場は内中伸びで始まったのに、3日目の今日は、もう中伸び。外へ出しても追い込める馬場。ペースセッティングが逃げて、クファシルが付いていって、後は離れて、ライトクオンタムは武豊らしい後方待機策。
 直線に入ると、クファシルが内にもたれて全然追えない。とうとう最下位だった。速めのペースも苦手だとすると、次からは控えるしかない。
 イン差ししたサンライズピースも中伸び馬場だから途中で止まった。
 ライトクオンタムは細身の切れ味という感じで、速めの平均ペースを外から一氣で1分33秒7と無難な時計。
 ペースセッティングはパドックを見たかぎりでは、馬体見ると千二から千八だと思う。鬼のムルザバFらしかった。血統の良さが定着してきそうなレースだった。

1/7  1−10℃  晴  北北東1
■戸崎対川田は、戸崎に勝たせたかったが、ドライスタウトは前が詰まって涙。しょうがないね。競馬に前が壁は付きもの。そういや、ルメールが外遊らしくて豪勢でいいなあ。こういうことって、やっぱり一流外国人Jならアリなのかな。日本人Jなら叩かれてたいへんだろうね。
■グランデマーレはパドックでしっぽり濡れてなかった。もっと変わらないとダメだ。

1/6  −3〜9℃  晴  北西1
■前に住んでいた池上と比べて最低氣温が6℃も低い。流山時代は枕元のコップが凍っていたが、それよりも1℃低い。まあ、暖房入れて寝てるけど。寒い冬だ。

1/5  −1〜9℃  晴  北6
京都金杯は、復習してみたが、イルーシヴパンサーだったかもしれない。東京で1分32秒台を3回は、格上だし、母の父キンカメも、ストームキャットも、やはり光るなあ。
◆「ホースレター」は万葉Sが最初のレース。オルフェーヴルが功績残す時代が来るとみてミクソロジーを◎にして正解。
今年の「軸馬指数」は、1着と券外で(01−00−00−01)
 「軸馬指数」は、新年最初の中山金杯は読みどおりラーグルフで的中。正月不振のここ数年の流れを払拭した。
中山金杯は中山二千、良、クッション値9.1。
 内枠の好スタートの3頭で決まった。まずまずの平均ペース。逃げた松若のフェーングロッテンは音無の馬ではないが、逃げて惜敗。中身は濃かった。
 ラーグルフはソツのない競馬で、戸崎らしい。アラタは切れがないからあんなものか。とくに驚きもない淡々とした中山二千だった。
京都金杯は中京マイル、良、クッション値10.1。
 中京はいつものように馬場が良い開催スタート。最初の2ハロンはベレヌスの逃げが決まらず、遅め。でも、3ハロン目からハイペース。ノリの1番人氣のマテンロウオリオンは何を思ったか、スタートしてすぐ控える競馬。どんどん下げていったが、ペースは3ハロン目からどんどん速くなっていったから、あっという間に大きく離れた最後方。あれでは32秒0くらいの脚を使わないといけない。インでも突くかと思ったら、大外ぶん回し。逃げ馬や3番手までの3頭を買わしただけの13着。
 暮れもG1であわや逃げ切りという好騎乗を見せたが、もう、ノリの芸術癖は見飽きた。何度も言うが、ダービー2回勝って、ゴールドシップで曲芸を披露してから、芸術癖が出てしまったが、むかしの東京マイルの鬼のような追込みは、今の競馬では通用しない。
 それでもたまには嵌まるが、やはり東京の芝・ダートのマイル以外は軸はムリだ。そろそろ名を汚さないうちに引退したらどうか。
 福永先生のエアロロノアが教科書的な好位差しで2着して、ノリと、引退する教科書的な騎乗法の福永は対照的で、あと2つくらいのファクターで輝いていたらエアロロノアを◎にしてもよかったが、馬も教科書的で、なんとも難しい問題だったが解けなかった。

■昨日、新聞もJRAビュアーも出たので予想終わりにして、朝一で30分歩いて散髪に行く。午頃から北西風が強くなって冬らしい日になった。まあ、今年は毎日こういう天氣だが。

1/4  1−10℃  晴  北3
■午頃新聞出て、夕方にメルマガ送信しました。「軸馬指数」金杯を2つと、「ホースレター」です。御確認ください。不着の折は、〈まぐまぐ〉にログインして、メルマガの「再送」をクリックしてください。よろしくお願いします。

1/3  0−11℃  晴  北3
■まあ、毎日毎日、晴れるものだ。
 5日の金杯のメルマガですが、某専門紙に電話で尋ねたら、調教がJRAビュアーに出るのが4日夕方ということらしい。新聞は4日午後らしい。とすると、そこで数字や動きを見ることになるけど、変則調教だから、本追切りが25日か31日か2日か、馬によって違うので判断して考えるのが悩ましい。
 ということで、送信予定の第1目標は、5日13時とします。第2目標は4日21時です。あくまで、目標なので変化するかと思いますので、メールチェックはお手数をおかけします。

1/2  1−14℃  晴  北4
◇4日間、しっかりやったからスタートの「軸馬指数」は4戦2勝はできると見た。まあ、良かったら次は悪く、悪かったら次は良いという順番でしかないのだけど・・・。

1/1  −2〜12℃  晴  南南東1
謹賀新年
今年もよろしくお願い申し上げます。
まあまあ平穏な日本の正月が、今年で最後になりませぬように。

12/31  −1〜10℃  晴  南南西1
■大晦日。昨日と今日で東西金杯のアウトラインは描けた。家で裁判の判例の校正するようになって、正月もGWもお盆もゲラ刷りが出て、休み明けの日に届けるというローテが定着したので、競馬の予想もしないといけないし、競馬を休筆していたときは1990年の大暴落で相場の大勝負していたから、大晦日も正月も休んだことはない。元旦に1日休むとかはした。独身者で集まって飲むということもなくなって、初詣は3回くらいしたかなあ。ああいうものは正月の松が開けてからやるものだと、昔のまじめな神主さんは真剣に仰っていた。もう、20年くらい前の話だ。最近は神社でも、そういう荘厳な雰囲気はなくなったから、もう単なるお祭りみたいで行く氣もなくなった。除夜の鐘は苦情がうるさいから止めるお寺が増えたそうだが、眠れないからだろう、21時から108回撞けばよいのに、どうして、そういう発想がないのだろう。

12/30  2−11℃  晴  北4
■NASDAQバブルは弾けると言い続けて正解だった。今年は9月に下げ止まったかなと思って、少し買って、ちょっとやられただけ。インド株ファンドと葬儀屋を大量に持っていたが、インド株は逃げたし、葬儀屋は少し下げただけ。超過死亡が多くて、ほんとうの数字は読めない。
 しかし、東京都の政策は酷い。都内から脱出して正解だった。流山か川越か茅ヶ崎かという問題だけだった。東京は恐ろしい。都民の読者の方に同情します。

12/29  0−12℃  晴  北北西3
■「メルマガ」コーナーの自選集を整理し、削除や追加をしました。
 「プロフィール」「競馬論」「詩集とエッセイ」なども加筆や削除。
■NYの行く末が、さっぱり分からないところで、年末年始の長い長い休みか。先物は、どうしようもないよ。休みは1日だけで仕事しろよ。それがいやなら、証券マンにならなきゃいいじゃないの。

12/28  0−10℃  晴  北2
◆正月明けの「軸馬指数」の予定は「メルマガ」の日程表のとおりです。新年もよろしくお願い申し上げます。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は 最後のレースで3着。今年の「軸馬指数」(22−18−18−48)
 今日はキングズレインでやたら自信があって、18頭も揃いに揃った歴史的大混戦だからワイド総流しは完璧。相手が人氣薄でワイド万馬券。複勝も480円。単勝は獲れなかったが、あのスローでは仕方ない。この予想には満足している。

ホープフルSは中山二千、良、クッション値9.3。
 クッション値が9.3と良くて、有馬の日と違って、インが、それほど目立つほど荒れてなくて、内と中は五分という馬場だった。
 パドックは、なぜかG1なのに週刊誌のフォトパドックが6頭しか居ないという寂しさだった。写真のサイズを小さくしてもいいから、9頭から12頭は欲しいな。18頭立てて、6頭しかないのがG1というのは、どう考えてもおかしい。
 キングズレインはフォトパドックがなかったから、パドックですぐ注目したが、毛ヅヤとか全体の形は良かった。歩かせて華麗なのは百日草のパドックで理解できていた。やはりトモに分厚さが足りない。馬体の後半が、小股が切れ上がった牝馬みたいな形で、まあ、ああいう馬かもしれない。胸前は十分で走るときの重心も低く揺れないからドッシリしているが、トモがもう少し幅があれば、切れを増すか、好位が取れて差せるか、少し違ってくるから、その少しの違いで春のクラシックを勝てると言い切ってよいのだが、やはり鞍を外して立たせた馬体を見ないと、私の場合はなっとくできない。ということで90点は与えられた。
 レースでは、スタンド前で位置を決めるときにカメラに写らなかったが、あとでパトロールを見ると、はっきりはしないが、内の隣のイーガンの馬が邪魔になって1列後ろになってしまった。あと800mから少しずつ位置を上げたのも最後の切れを殺いだ。4コーナー大外ぶん回しになったが、外に膨らんだ17番の馬が邪魔で、その外を回して1馬身は損した。
 パドックではフォトパドックが良かったトップナイフも良く見えて、キングズレインとトップナイフが売れていって、武の馬を人氣で抜いてしまった。パドックで人氣が上がる馬は、最近特に走る。パドック見て勝負するお金持ちが、かなり多くなってきた雰囲気だ。
 レースはスロー。最初のコーナーでノリが行ききったあたりで少し速くなっただけで、あと600mの3コーナーまで、遅めのペースだった。おかげで、上がりが 12.7-12.5-12.5-11.9-11.2-11.9 と忙しい上がりの競馬になったが、前の2頭は楽すぎた。
 ミッキーカプチーノは戸崎が上手に外から3番手をとって、あれで差せないとは読みどおりだが、情けないレースだった。追切りも鋭さがなかったから、仕上げ直しだと思う。馬体がエフフォーリアと似ているが背中のラインが氣に入らないと書いたが、エフフォーリアの背中のラインは良かったが、それとは違って背中のラインだけが似てないという意味で書きました。そういう意味です。読みどおり、そこがネックになった感じだった。どこか甘いね。背中のラインがキレイでないと、華麗なレースは安定してできないことが多い。次走は、もう少し抑えて差す競馬をするだろう。
 1枠のファントムシーフは中団の内でジッとしていたが、馬場も悪いというほどでなく、直線で戸崎の外に並んで格好は付けたが、やはり、これも読みどおり、パドックで見ても馬体が9月よりも悪かった。夏馬かどうかは分からないが、毛ヅヤもイマイチで、やはり、このレースは11月以降に叩いて臨んだほうが正解だろう。レース後談話も、追切りで最後ビシッとやっておくべきだったか、と言っていたが、やってはいたよ。だから、ローテが悪いのだと思う。

12/27  0〜11℃  晴  北北西4
■ホープフルSは難しい。相場もクリスマスで欧米が休みなので、小動きだが、感染者数が増えてきて、そろそろどうするかで、来年の不景気が決まるのだろう。

12/26  0〜10℃  晴  北西5
■また、ヤマトが荷物追跡できないように、移動のたびにバーコード入力をしない。送り主の会社から、電話してもらうと、すぐ入力される。懲りない会社だ。

12/25  0〜11℃  晴  北西6
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と1着。今年の「軸馬指数」(22−18−17−48)
 これほど楽な有馬は、あまり記憶にない。単勝が最後にグッと売れていったのは当然だろう。ワイドはさすがに買う氣がなかった。単勝と馬単が、これほど自信を持って買えるレースも珍しかった。

有馬記念は中山二五、良、クッション値9.2。
 パドックはボルドグフーシュ、イクイノックス、タイトルホルダーが良く見えた。エフフォーリアはメチャクチャな太めで1週前のフォトパドックに写っていたが、まだ太く見えた。
 アカイイト、ボルドグフーシュ、ジェラルディーナが出遅れ。
 1コーナーあたりで緩んだが、その後は速めの平均ペース。タイトルホルダーはペースを落とす選択をしないで、3馬身くらい引き離しにかかったから、少し速いペース。一か八か溜めるべきだったと思った。
 あと620mでケツにいた福永のボルドグフーシュが外回して一氣に仕掛ける。福永にとって8大レース完全制覇がかかった最後の有馬だから、勝負に出た。スピードシンボリで有馬を連覇した中山が庭みたいだった野平祐二は、あと600で仕掛けないと有馬は勝てない(それで来ないような馬は有馬の資格がない)と言っていた。あれが正解。外を回したのも、内中伸びが、少しずつ中伸びに移行しようとしていたし、外回して一氣にまくるのは有馬の追い込み馬の良くあるパターン。
 イクイノックスも、あと580mで仕掛けて正解。
 エフフォーリアも横山武がマクリ始めたが、ちょっと今年は完調でないから厳しい。
 ジェラルディーナはCデムが450まで動かず、外へ回さず馬群を割ろうとしたが、ああいう悠長な競馬は有馬向きではなく、普通の重賞かオープンの乗り方だ。それでも脚が溜まっていて3着に追い込んだが、ボルドグフーシュより前にいたのだから、あろ600で外マクリをしていたら、こちらが厳しい叩き合いの末に、2着だったかもしれない。そのあたりは、福永はCデムよりも、中山や有馬を知り尽くしているからミスらない。
 イクイノックスはキャリアを積まずに、少しずつ強くなって、ここまで来れば、もう種牡馬確定で、サンデーサイレンス系の代表種牡馬になるだろう。ブラックタイド=ディープインパクトの〈全兄弟クロス〉4×3か、4×4の馬で溢れるだろう。

12/24  −2〜10℃  晴  北西7
■昨日は12時間も寝てから難しい阪神Cを書いたので、日記も忘れてしまった。
■オジュウチョウサンは引退レースだったが、くたびれ果てていた。長い間、ありがとう。
阪神Cは阪神千四、良。
 G1の裏でフォトパドックがないので、グレナディアガーズはファンも半信半疑だったが、今日のパドックは完璧な抜けたデキで凄かった。さすが中内田。馬券もあれよあれよと売れていって1番人氣になりそうなほどだった。
 レースはロータスランドが好スタートだったが、それが裏目で、レースは33秒4の超ハイペースになったので、好位に行き過ぎになって最後は止まってしまった。
 ダイアトニックは、こういうペースになると外枠が、かえってプラスとなって、ジワジワ進出して四角で好位に顔を出し、一旦はグレナディアガーズに交わされたのに、余力が残っていて、引退レースを差し返してしまった。
 グレナディアガーズは、ともかく凄いデキで、ペースも速くて3コーナーでもう弱い先行馬たちは力尽き始め、外から中団よりもやや前まで追い上げていて、脚もたっぷり残っていた。差し返されたのはCデムが悪いのではなく、ダイアトニックの力と、脚が溜まっていたのと、岩田康の外国人Jに負けたくない意地を褒めるしかないだろう。

12/22  4〜10℃  雨のちくもり  西北西1
■高齢化したので、肉や好きなチョコやお菓子を止めていたが、もうベジタリアン生活も飽きた。兄みたいに骨折するとお終いだ。高齢化対策で、カロリー摂って、身体に悪い肉も少しは食べる。コメは減らして、味噌とか魚とかチョコクッキーとかだなあ。古希過ぎてガンになっても、ほっときゃいいさ。64歳のリンパ腫も三大療法はやらなかった。
■都競馬買うが、割高でもないし割安でもない。今がちょうどよい価格だが、まあ、3年ほど持っていれば地方競馬のネット馬券の売上げは増えていくだろう。

12/21  −1〜8℃  晴  北東1
■正月明けが凄い日程になった。これでは、正月も毎日予想だ。
■都競馬の株価がズルズルと下がってきた。でも、ネット馬券のシステムは順調に販売拡大されて業績は毎年増益だし、割安感もなくなってきた。円高やリセッション懸念で製造業は手が出ない。内需といっても、せいぜいコンビニくらいしか日本にはない。都競馬、また、買っていこうかな。

12/20  −3〜9℃  晴  北2
■単純枠目で、やはり朝日杯は6枠がきた。来そうなチャンスだった。単純枠目を頭の隅に置いているかどうか、大きな違いだ。こういうことを原稿に書いたら、生涯でただ一度だけクレームが入った。唖然とした。

12/19  −3〜9℃  晴  北西1
■GUMのドロップは買って中の成分を一つずつ検索するのだが(なんでもそうします)、人工甘味料が入っていて、その評価が真っ二つに割れている。サンスターも、こういう意見対立の成分を入れなきゃいいのに入っているんだなあ。インフルにでもなったら舐めてみるか。
 GUMだから虫歯菌や歯周病菌を殺菌するために作っていた製品みたいだが、砂糖でなく人工甘味料だからのど飴舐めて虫歯になる愚を避けたのだろう。なるほど、それは一理ある。VICKS舐めていたら大昔、虫歯になった。今年、明治のノドのトローチがどこかいっちゃって、ルルのトローチ買って、口に入れた瞬間、もの凄い甘さで全部捨てちゃった。
 私はそもそも虫歯の予防、歯垢の除去には烏龍茶を使ってきている。粉末の烏龍茶は丸ごと飲めるので効率的だ。品種は水仙とか鉄観音とか言われるが、まあ、品種はたいていそんなものか。身体を冷やすからお湯で解かす。
 ウイルスには緑茶カテキンだから、宇治抹茶入り煎茶の粉末を買って丸ごと身体に入れている。子供の頃はメシを食べるとお茶を飲んで、箸を洗ってから飲んでいたなあ。あれは箸を洗うためと思っていたが、そうでもなさそうだ。一日中、薬罐にお茶入れて飲んでいたが、元は江戸時代は漢方医の家系だから、そういうの好きだったのかな。
 だから、朝昼は目が覚めるから緑茶、午後から夕食にかけては烏龍茶で口ゆすぐ。

12/18  4〜10℃  雨のち晴  北西5
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と2着。今年の「軸馬指数」(21−18−17−47)
 今週は2レースとも追切りや枠順を見て、週中に◎を変えたが、まあ、なっとくできる変更だった。
 〈まぐまぐ〉大賞が出ると読者は増えるけど、今までそれを意識しないのが悪かったか、年末年始は調子が良くない。だから、今年は今週で2つ的中して氣が晴れた。

朝日杯は阪神マイル、良。
 前日雨が降ったが、日曜は止んで良馬場。時間とともに乾いていくから、内伸び馬場だが、余計に内から乾くので内伸び。
 パドックは、ドルチェモア、レイベリング、ダノンタッチダウンの順に良く見えた。ダノンタッチダウンは皮膚病の後みたいな痕跡は残っていたし毛ヅヤもイマイチで、出遅れてしまったデイリー杯のほうが全然良かった。
 レースは1枠引いて馬場が内伸びだから幸運なドルチェモアが絶好のスタート。これで3強の中で、3馬身くらい得をしてしまった。ハナは譲ったが好位で収まって最高の展開になった。
 内伸び馬場で不幸な外枠というなか、レイベリングは早めに進出。1列前すぎるかとも思ったが、横山武流だからあれで良いのだろう。後方から外回すよりは脚のむだ遣いは少ない。
 ダノンタッチダウンは川田は好調には見えなかったのだろう。今日は出遅れなかったが中団のインに入れて馬群を割る流れ。前走は出遅れて大外ぶん回して勝ちを逃したから、今日は馬場の良いインを走ってから中割りをしようという考えで、考え方も乗り方も大正解だと思う。キレイに馬群を割って伸びてきたが、内外の差や展開の差は大きくて差し切れなかった。来年、毛ヅヤがピカピカになれば、ドルチェモアは相手ではないだろう。レイベリングやホープフルS組が相手になるのかな。

12/17  3〜9℃  くもりのち雨  北2
ターコイズSは中山マイル、良。
 ローザノワールが逃げてライティアが続いて、どこまで競るかと思っていたら、逆になったのでローザノワールの豪快な逃げ切りの線も消えて、平均ペースで流れて、どこでも崩れないウインシャーロットが食い下がったが、中山マイルで、こういう緩みのないペースになると、内伸び馬場だろうが外差しが決まる。
 やはり「軸馬指数」に書いたようにミスニューヨークの7枠と55は絶好だった。フィアスプライドも中山追込みの大野が一発嵌まって、これに△を打っておいたので、ゴール前は楽に見ていられた。
 ママコチャは絶好の好スタートで、抑えたら折り合い欠いた。これも、「軸馬指数」に書いたが坂路でも折り合い欠いて登坂を始めるようでは、やはり子供だね。抑えずに、何かが来るまで行かせておいたほうが良かったかもしれないくらいだ。
 今年は秋のG1がJCの1発だけで、これだと「軸馬指数」は大崩れしそうだが、G1の裏のレースは(5−3−1−1)でめちゃくちゃな快進撃を続けているので、なんとか全体の数字は収まりが付いている。しかし、(5−3−1−1)とは凄いね。これで昨年ほどのG1好績なら、全体で7割に達するかもしれない。いやあ、やれやれじゃわい。

12/16  −1〜13℃  晴  東1
■今週のレースは全部難しい。こういうレースでも、なんとかなるやろ。私は自分を愛しているから。

12/15  −1〜11℃  晴  南東1
 入賞 

■2022年の〈まぐまぐ〉大賞の結果が出ました。「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」が5位でした。1位が欲しいけど、血統などというファンが少ないジャンルなのに、5位で掲示板に載ったので満足するしかないでしょう。
「軸馬指数」に注力したので「ホースレター」は着外でした。しかたないですね。

12/14  2−14℃  晴  西北西5
■サッカーのベスト4の国の得点シーンだけ見る。何が違うか観察したら、シュートのスピードが圧倒的に違う。カーブさせてとか考えるのも良いけど、めんどくさいから狙った点へボコーンと目にもとまらぬ速さで蹴り込んでしまえだな。瞬間、え、どこから、どこ向けて、どう蹴ったの? と見直さないといけないほど速い。PKも普通の試合中のゴールも同じ。とにかく速い。蹴った瞬間、突き刺さっている。アルゼンチンやブラジルだとあれでないと代表FWにはなれないんだな。たぶん。

12/13  4−10℃  雨のち晴  北北西2
■今日は楽しい夢を観た。夢が楽しい日とおもしろくない日があって、最近は映画も観に行かないし、TVも捨てたから、見るものは夢とレースだけだ。

12/12  5−11℃  晴  東北東3
■クロアチアがまたPK戦で、今度はブラジルを倒す。やはり、どこでも勝てる時代になったなあ。モドリッチなんて疲れないのかなあ。

12/11  3−14℃  晴  北2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と券外。今年の「軸馬指数」(20−17−17−47)
 今週は町内会を脱退しているのだが、寝ようとすると表で車が暴走を60分くらい繰り返して(マスクしろということかなあ?)、110番したりしていたら、「軸馬指数」で3箇所も書き間違い。◎の選択でない場所だったが、すみません。

阪神JFは阪神マイル、良。
 パドックはリバティアイランドが体重減でもフックラしていて輝きも凄く、飛び抜けたデキ。あまりの凄さに、あれを見ただけで、やられたと思った。
 スタートもリバティアイランドが好スタートで8番手を確保。8枠3頭が揃って出遅れて、離れた後方から。出て200mのあそこで決まっていた。
 内伸び馬場だから、内枠のサンティーテソーロやシンリョクカが頑張ったが、難なく差し切り勝ち。シンリョクカは前走がスロー補正すると凄く強い内容で、フォトパドックや騎手がもっとプラスにできれば、まだ指数は上がっていた。それでも△が打ててよかった。
 馬群の中を縫ってドゥアイズとドゥーラの札幌2歳S組が差してきてゴール。札幌2歳S組は、まだオークスまで侮れない。
 ラヴェルは完調には見えないし、ウンブライルは体重減で小さく見えて元氣もなかった。あと、JF設立当初と違って、最近はダート番組ばかりで芝が良いから内伸び馬場になるし、8枠だけは減点する必要があるな。昔は、馬場の荒れる内枠はマイナスにするし、枠順発表は7か8枠を最初に見ていたが、時代は変わった。最近は7と8、特に8はダメだ。br>
カペラSは中山ダ千二。
 リュウノユキナは出遅れ。ジャスティンが抜け出すところを、外から調教師になる福永のリメイクがバッサリ差し切り。中山ダート千二はこれがあるからスリリングだ。リュウノユキナは出が悪かったのと、直線で前が馬で、外へ出し直した分、際どい2着だが、まあ不利がなくても、もっと楽だけど、やはり2着か。

12/10  3−14℃  晴  東北東1
■ラヴェルはナミュールと同じ牝系と書いたが、いえいえ、姉妹ですね。マルシュロレーヌやバーデンヴァイラーで、頭が混乱してきた。ははは、NK細胞ね、大好きですよ。
中日新聞杯は中京二千、良。
 キラーアビリティとマテンロウレオの3歳馬の決着。キラーアビリティは狭いところを割ってきたが、G1ホースの強さを見せたか。
 マテンロウレオは前に行って上手に乗った。ノリは芸術的追込みを狙わなければ巧い。
 プログノーシスは藤岡佑が何をとち狂ったか、出たら下げて、離れた後方から外々回して、四角大外ぶん回しで追い込んできたが、0秒1届かない。あんな後方から、前残りで有名な中京二千の競馬をやって、届かないで平氣だなんて信じられない。川田や岩田望来がもう少し前から差してきた馬に乗り替わって、こんなぶざまな競馬をやるとは。あと4列前(それでも後方ではあるが、まだ許せる)で乗れば勝っているじゃないの。藤岡兄弟がリーディング争いすることは永遠にないだろう。ハイライト浴びたければ歌手にでもなれば良かったのだ。職業を間違えている。

12/9  1−13℃  晴  東北東1
■宅急便待っていたら、ウトウト寝ちゃった。予想は終わっていたから良かったけど。
 マルヤナギがおもしろい味噌作ったから、SB食品のチューブ入りのニンニクや梅肉を減らして、マルヤナギのチューブ入りの味噌食べようかな。

12/8  1−15℃  晴  北北西2
■ナスカの地上絵がまた百以上見つかって、300個を超えたそうな。まだ、あるらしい。いったい、どのくらいあって、どのくらい探しにくいのだろうか? フラットアース説と同じで、さっぱりわからない。

12/7  1−13℃  晴  東南東1
■日本はPK戦になったら、まず勝てない。そんな記憶はない。釜本が言っていたが、シュート打てる選手が足りない、シュートの稽古が足りない。
 なるほど。三苫みたいなセンスあるチャンスメーカーは居るけど、と。
 釜本・杉山の頃は懐かしい。杉山が左サイドからセンタリングして、釜本がシュートするだけ。そのワンパターンで、見ていて、たいてい入ると思ったなあ。釜本は大会7ゴールを決め、チームは五輪銅メダル、日本代表通算75得点(たった76試合で)は永久に破られないだろう。

12/6  4−9℃  くもり  北北東
■三苫と道安の、シュートまで持っていくセンスが凄すぎる。日本も強くなったなあ。

12/5  7−8℃  くもり  北東2
■テーオーケインズの体調をどう判定するかだけだった。1週前追切り後にピークアウトするなら、メンバーは薄いから、3歳馬やダート転向馬の出番となる。それだけのことか。

12/4  2−16℃  晴  南南西
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と2着。今年の「軸馬指数」(20−16−17−46)
 今週はチャレンジCは普通にいけたが、チャンピオンズCはテーオーケインズのフォトパドックが良すぎて、ついつい調教の動きが悪いのにバサッと減点できなくて失敗。
 そうなると、格があるのはテーオーケインズだけだから、他の馬、とくにダート転向してキャリアのないジュンライトボルトなどには厳しくしすぎた。たとえば、馬体もノットゥルノより互角以上かもしれないくらいだし、相手強化で減点するなど必要ないことをしてしまった。アカン。

チャンピオンズCは中京ダ千八。
 もっとも、その前にパドックがジュンライトボルトとグロリアムンディが凄くて、体重増も太目感なし。テーオーケインズは体重減で、身体が薄く見えた。失敗したと思った。
 1週前にテーオーケインズが調教で動かなかったのは、減点するか迷ったが、文句なしに減点すべきだった。とすると、フォトパドックだけ良く見えたが、当日のパドックは薄く見えて、フォトパドックの馬体の良さなど、どこにも存在してなかった。フォトパドックよりも併せ馬の動きのほうが大事だね。
 内枠のジュンライトボルトとハピが好スタート。外のテーオーケインズはスタート出ない。出なくてムリヤリ外から上がっていったから、コーナーに入るときから外々回して、パトロール見たら、内ラチから4頭目の外々を回していったのは、この馬だけ。東京や中京の大きなコースで、あれをやると、そうとう距離損するし、馬がいやになる。やること自体がタブーだ。でも、返し馬とか全体の氣配を感じて、乗り手に余裕がなく、それどころではなかったのだろう。
 ジュンライトボルトは前にハピに入られたりして、下がることになったが、1列後ろ過ぎて、これは差しの石川もさすがに困ったかと思ったが、落ち着いて割って出て、脚が溜まっていたから凄い脚を使って勝ってしまった。
 クラウンプライドの福永は、福永らしい教科書的な好騎乗だったが、あの流れで前残りの多い日の馬場で、36秒2なんていう、あんな脚を使われて、相手が悪かった。

12/3  4−12℃  晴  北北西2
チャレンジCは阪神二千、良。
 レッドベルオーブの大逃げに離れてタイセイモンストルが追走。でも、そうとう離れたから、3番手の馬群の先頭のソーヴァリアントは平均ペースでの追走。前後左右とも理想で、ルメールらしく、いちばん伸びるラインを直線で選択できた。あの人はいつもそれに拘るから、離れた3番手は最高の位置だ。
 とすると、ヒンドゥタイムズとブラヴァスは後ろ過ぎて、内回りの二千を追い込むのはムリな位置。
 というわけで、好位馬群のメンバーで決まった。
ステイヤーズSは中山3600、良。
 超スローで始まるが、アイアンバローズは抑えすぎたか、馬と折り合い欠いて行きたがった。早めに好位に付ければいいのに。向正面で馬が行きたがって3コーナーではもう2番手。馬とケンカしながらムダな脚を使った。
 勝ったシルヴァーソニックはレーンが、5枠から出たけど、スタート後の最初のゴール板のところで、右向いて馬がいないスキに、さっさと斜めに走って内ラチに付いてしまった。あとはインでジッとして、最後の直線に入ってインから差して鋭く伸びて快勝。長距離のお手本みたいな競馬だった。
 横山武と戸崎はマズマズで、まさに騎手で決まったレースだった。

12/2  7−12℃  晴  北北西5
■スペイン戦見たけど、堂安と三笘って、後半から出てきたけど、圧倒的にセンス上じゃん。なぜ、最初から出さないのだろう。三苫のは動画だと、解説者もラインを割ったと言っていたが、ボールの底面は、間違いなくラインから離れて出ていた。真上から見ると1mmくらい残っていたかな?。まあ、判定しろと言われると、インラインかな。勝負のアヤは凄いね。
 しかし、コスタリカに負けて、ドイツとスペインに勝ったと言うけど、もう皆、世界中が混じっていつも試合やっているのでは? おまけに移民も多いし。昔と違って国の差は、歴史的な重みというか底力というか、それ以外は、そんなに感じないけどねえ。
 競馬は良いけど、サッカーもプロ野球もつまらんから見ないと書いたが、サッカーはおもしろかった。堂安とかが、ずっとベンチにいるようじゃ、昔とおんなじだけどねえ。

12/1  11−8℃  くもり  北東1
■静岡の裾野市の市立保育園で、保育士が園児を逆さ吊りにしたり、クリアファイルで叩いたり、カッターナイフ見せて恐ろしい言葉を吐いたり、書き切れないほど凄い地獄絵図だ。
 私の生まれた町には、終戦後、私立保育園ができて、堀井薫という園長さんがめちゃくちゃ個性的な夫婦で、芸術も道徳も凄かったので、おかげで、私の町は99%の子供が天使みたいという珍しい町になった。あんな奇跡をに巡り会えたことを感謝したい。
 おまけに小学2年生のときに、町に四国電力の、当時としては大きな火力発電所ができたので、社員が小さな町に、社宅を作っていっぱい住み始めた。四国と言えば、四国電力や銀行がエリートなので、小学校も凄い個性的な子供達で溢れることになり、卒業するまでずっと、小学校の教師たちが、1人を例外に、バカにしか見えなかった。感謝&感謝。

11/30  16−19℃  くもり  北1
■母の遺品から、中学入試の成績表が出てきたが、私は国語が受験者総数の平均点よりかなり下で、算数がかなり上、理科が少し上だった。小学校の図書館の貸し出ししまくり人間が、国語ができないで、理科系人間だったとは・・・。言葉もない。

11/28  6−14℃  くもり  北西2
■中国が、なんとゼロコロナを目指して、ロックダウンのような隔離政策をやろうとしているので、世界の株価は下げた。景気が良いとアメリカは利上げだし、景気が悪くならないと手綱は緩めないから、けっきょく、ある程度は不景気を通過せざるを得ないのかな。原油は急落。株は先週火曜から売っているが、もう葬儀屋と食糧商社と地方競馬のネット投票と、インボイスで会計ソフトが儲かる会社くらいしかない。外国株ファンドも、こういうときは現金化するのに1日か2日、余分に掛かるから持たない主義だ。そんな悠長なものは底値でドスンと来てから買えばよい。ドスンと来なければ買わなければよい。
■川田のネットラジオのレース後談話は、力を出せず申し訳ない、だったが、週刊誌も同じだった。それしか言ってないのだろう。レース後のコメントというのは、読者にとって次走で非常に大事になるから、今までの名騎手のように、適距離はどう思うとか、どういう不利があったかなかったか、仕掛けのタイミングは合っていたか早かったかとか、適確に述べるのも一流騎手の責務だが、そういう自覚はないようだ。

11/27  8−17℃  晴  北北西6
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と2着。今年の「軸馬指数」(19−16−17−45)
 今年は1着と2着と3着が同じくらいの数字で、なかなか抜け出せない。G1が荒れまくるわりに3着内率は例年どおりだが、珍しい年だ。
 今週は、日本ダービー馬の威信をかけて、もう◎しかあるまいと指数計算しながら考えていたが、5点あげすぎていたかもしれない。単勝が獲れずに馬連のみ獲れたが、まあ、中身は嬉しかった。AがJに負けるのなら仕方ない。
 下手すると、日本ダービーやジャパンCが、香港Cに負けてしまうところだった。
 ユーバーレーベンは桜花賞を勝とうと何度も悪あがきしたのが悔やまれる。簡単にオークス勝っていれば、元氣よく3歳の軽量で凱旋門賞の渋った馬場を走れたかもしれない。それが一世一代のドラマだっただろう。今年の秋も、札幌からどうでもよいレースを太めで使ったりして、たとえ雨が降っても、雨の有馬に出て力を出せるかどうか分からない。やはりビジョンが競馬には大切だ。

ジャパンCは東京二四、良。
 国分優のユニコーンライオンが予定どおりの逃げ。でも、外国の、前に行っていた馬たちが行かないから、遅めの平均ペース。
 レーンのヴェルトライゼンデは、2枠から巧妙に出て、インの好位を確保。その後ろにルメールが、追込み馬のオネストで続く。
 ダノンベルーガは中団外めの絶好位から抜け出す構えで虎視眈々。
 朝から1番人氣になり、どんどん売れていったシャフリヤールは、Cデムが1コーナーで、後ろに5〜6頭くらいいたが、向正面では抑えに抑え、溜めるだけ溜めて、いちばん伸びるコース、いちばん邪魔されないコースを選んで直線一気を仕掛ける態勢で、2馬身ほど前にダノンベルーガの眺める位置。後ろは水沢の馬だけ。
 ユーバーレーベンは早めに動くのは正解だが、さすがに最初が17番手とは後方すぎた。ミルコよりも戸崎のほうが絶対に合うし、腕も上だと何度も書いてきた。どうして、JCに戸崎がいないのだ。岡田繁幸さんは桜花賞狙いだったし、札幌2歳Sの大マクリが氣に入らなかったのだろう、戸崎を降ろしてしまった。戸崎に対して失礼だし、もったいない話だ。
 直線入り口手前で、ダノンベルーガとシャフリヤールが仕掛けたのはタイミング的に正解。通るコースも2人ともイメージどおり確保していた。ヴェラアズールとデアリングタクトは、少し内めの枠だから馬群の中で捌くのに苦労して苦しんだが、腕の順番どおり、ムーアのほうが抜け出した。
 ムーアの馬が勝ってしまったのは私にとっては残念だったが、まあ、東京二四良馬場のダービー馬が、東京二四良馬場のJCで2着なら、日本ダービー馬が誇りを捨てずにすむからホッとした。
 ヴェラアズールはトランプの「正ジャック」「裏ジャック」のJを取ったAJG法の上がり馬の勢いで、まあ、Jの馬は、しばしば、こうなる。
 ダノンベルーガは一旦先頭で勝ったと思ったかもしれないが、私は二千ベターだと思っているし、勝ったとは思わなかった。パドックで周回していると、前後の馬はトモが低いのに、この馬はトモ高で、二四のレースで中距離馬の多いパドックを周回すると、見ていてビックリするくらいだ。
 二二で止まって、両側から勝ち負けする馬に挟まれて、狭くなって下がったが、下がるときに川田が、また馬上で立ち上がって、「狭くなりました」とアピールしたから、審議委員もパトロールビデオを見せる始末。もう、両側から抜かれているんだから諦めてほしい。何度も何度も書いているが、リーディングを取ろうという男が、こんな格好を年がら年中やっていることは哀れにさえ思う。
 音無など馬に恵まれないが腹の据わった良い騎手だったが、乗せたくないのではないか。私が調教師ならなるべく乗せたくない。
 グランドグローリーは前が完全に詰まって、外へ出し直して伸びたが、すんなり捌けたらデアリングタクトの傍にいたから、掲示板はあったかな。

11/26  9−13℃  くもり  北1
京都2歳Sは阪神二千、良。
 ロードプレイヤーはスタートで懸念の失敗をしなかったのに、岩田望来が全然、出して行こうとしない。ネットラジオのレース後談話で、外を回すのも気が引けるから、下げて追い込みに賭けたと言うが、そんなことしたら、上がり33秒0の脚でも使わないと勝てないじゃない。
 4角で大外回すときに、内の西村の馬がヨレてきて将棋倒しに、中にいた鮫島が弾かれ、それにぶつけられたのが痛かったが、それがなくても、隣にいるはずの馬から計って5着までだった。あんなケツから内回り回って、逃げ切られているのだから恥だよ岩田望来。
 グランヴィノスも鈍くさいかもしれないからイヤだったけど、やはり馬格が大きすぎるかな。まだ、研ぎ澄まされていない。
 逃げ切ったグリューネグリーンは、サンデーサイレンスとノーザンダンサー(ニジンスキー)の〈組み合わせのクロス〉で、ダンスインザダーク≒スペシャルウィーク3×2。懐かしい武豊の乗り馬コンビだ。20年連載したデイリースポーツを、レース部長のイヤミな言葉で降ろされて(半年スランプあったくらいでイヤミ言って降ろすかね、まだ腹立つよ)、その最後のレースが有馬記念。グリューネグリーンの兄のヴェルデグリーンを◎にして一発狙ったが、いくら底力ある牝系だとはいえ、さすがに力が入っても狙いすぎで、凱旋門帰りのオルフェーヴルに、ぶっちぎられた。

11/25  9−17℃  晴  北1
■サッカーのワールドCをやっているみたい。TV持ってないけど、試合を観ることができる。2つの方法を知った。まだ、きっと、あるだろう。便利だ。ウソばっかりのTV局は、もう解散したほうがいいのに。

11/24  10−19℃  晴  北西6
■トヨタが日本では車が売れなくて困っていて、アイデア募集だって。
 そんなこと20秒も考えれば分かるじゃない。
 トヨタの年間の税引き利益が、なぜ3兆円近くあるのか考えたことないのかな?
 売れる国に行って、売ってくればいいじゃない。

11/23  14−10℃  くもりのち雨  北2
■今週の重賞は凄いね。言葉がないよ。

11/22  7−19℃  晴  北北西4
■ソダシ目がけて、平均ペースを10頭くらいがマークして抜かせなかったから、ソダシは強い。勝ったのは、マークもせず後方一氣を狙ったセリフォスだった。競馬はややこしい。

11/21  9−18℃  晴  北西2
■クロネコヤマトが、また日時指定の荷物の配達を遅延。これで10年間で30回くらいやられた。今回は、営業所の倉庫に保管中になっているのを出してこない。14−16時指定なのに保管中になっているから、15時17分にメンバーズサービスに電話して文句言って、遅くなっての配送は御免蒙りたい。そちらのミスだから絶対に16時までに持ってきてくださいと言って15時17分に電話切ると、カスタマーサービスが営業所にすぐ電話して、20分後にインタホンが鳴って持ってくる。15時35分に保管中が配達中に変換されているのを、カスタマーサービスと私が確認した。
 おかしな致命的なことやったドライバーは、すぐ別の営業所に転勤になるし、荷物出す日のついでにAmazonの返品しようと気を利かしてあげたのに、返品するからと言うと、Amazonの返品伝票をポケットに隠して、持ってないとウソ言うから、Amazonからメールで知らされていた返品伝票番号を12桁スラスラ言ったら、そのドライバー、すぐ隠し持っているのがバレた。その致命的なドライバーは、追及しようとすると、会社を辞めたと営業所では言う。
 クロネコは裁判の判決文を週に3回ずつ、年に150回以上、何十年、校正のために配達されてきた。ある日、「いつも家にいてパジャマで出てくるから不審だ」と、警察に連絡したドライバーもいる。警察の担当と話していたら、「なんだ、家でPCで仕事してるんですか。じゃあ、いつもパジャマでいて、おかしくないじゃないですか」と言われて、やっぱりなと思った。通勤しないで仕事できることすら知らないし、スーツ着て在宅勤務するバカもいない。ということが理解できないのだろう。肝腎なことの話は10年間、全部録音している。しつこい。
 ネットに書きますよと言ったら、今日はOKくれたから書いておく。

11/20  9−12℃  くもりのち一時雨  北西2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と3着。今年の「軸馬指数」(19−15−17−44)
 東スポ2歳Sは簡単に連対だと思っていたが、出遅れて3着。
 1週間悩んできたマイルCSは、まあ、快勝したレーンの馬はともかく、2着から8着までが 0.2 秒差という大混戦レースだけに、マイルのソダシを信じて、雨が降りそうにないならソダシと決めたから、判断に間違いはなく、悔いはなかった。
 今週は友人も身内も、たくさんの喪中葉書が来て、考え込んだ週だったが、まあ、生きて競馬ができただけ良しとしようよ。

マイルCSは阪神マイル、稍重→良。
 夜中に雨が降って、朝からやんで、少しずつ乾いていって良だが、10Rまでに5レースを芝のレースでやったので、馬場は発表は水分量で乾いていったが、芝の表面は荒れていった。
 レースはマイルG1らしい平均ペース。
 降らない可能性を見て、ソダシを◎にしたが、きれいな良馬場が望みだった。洋芝でも勝っているから我慢できるとはいえ、微妙に損で、3着は妥当な形かもしれない。
 最初は一日中降る天気予報だったから、そうなると、◎はソウルラッシュだと決まっていたが、土曜午後から降らない話になってきて、伸びそうで伸び切れなく4着だったが、4着は妥当な形かもしれない。
 シュネルマイスターは良馬場になった来たので、1番人氣に上がってきたが、どちらかといえば良馬場希望だろう。伸び切れなくて5着は妥当な結果かもしれない。
 ジャスティンカフェは勢いよく伸びてきたが、微妙に中途半端な馬なので、現時点では6着は妥当な結果かもしれない。
 サリオスは夜中に降った分、良馬場の馬だから、完敗は仕方ない結果だろう。
 とすると、勝つ馬がなくなりそうだが、ダイワメジャーにヌレイエフが入るセリフォスが、脚を溜めて直線勝負に賭けたレーンの好判断で快勝した。大外一氣のキレイな勝利だった。
 ダノンザキッドも、ジャスタウェイにデインヒルという少し重い血統で、切れ勝負だと切れ負けするが、今日の馬場はちょうど良かった。3コーナーから凄い手応えで、勝ちましたという顔をして乗っていたが、直線でソダシの隣が狭くて、少し待った分、2着までだった。惜しいレースだったが、まあ、パンパンの良だと切れ負けするし、しっかりした重だとソウルラッシュに勝てないし、まあ、3着の多い馬だが、今度は3着でなく2着だっただけ、馬場の渋り具合は合っていて幸運ではあった。
 
11/19  10−18℃  くもり  北2
東スポ2歳Sは東京千八、良。
 軸にしたハーツコンチェルトは出遅れで(今いちばん伸びるのは、内ラチから4頭目あたり)大損。上位5頭は、それほどの差はないから、ああなって大外ぶん回しはキツい。今年のG1は最後までたいへんだな。
■今日はCデムは、惨めな負け続け。岩田望来、坂井、鮫島が意地で頑張る頑張る。凄いね。囲まれることもあるが、良馬場だとエ杯みたいに後方一氣は利かないから、前で競馬しないと。明日もCデムは潰されるな。明日Cデム来たら天才だ。

11/18  7−16℃  晴  東南東1
■地籍調査に来て、ついでに、前の道を道路拡幅だという。ここ2年か3年で、道路いっぱいまで家を建ててましたよと言うと、その話はなかったことになる。人によっては、こういう対処になるのか。今の世の中らしい。

11/17  5−15℃  晴  北東1
■久しぶりに湯船に入浴。兄弟も、なんとなく早く逝きそうだ。

11/16  6−16℃  晴  北北西4
■この1カ月、夜中に3回雨が降っただけだ。
 どこにも出かけない日に、1日50mmくらい、しっかり降るのは好きだが、他は降らないほうが競馬の予想もやりやすい。関東はどうなっちゃったんだろうねえ。
 コメをやめても別に病気になるわけじゃなし。身体には良いと思う。それよりも料理作らない生活の達人?だから、野菜と果物だけでなく、お菓子も食べてやろう。
 追切りが出たが、関東はモヤで見えない。モヤ慣れしているから動きは想像くらいは付くが・・・。
■最近、若い頃の夢ばかり見る。人生の走馬燈を見ているみたいだ。

11/15  10−12℃  雨のちくもり  北2
■2014年から体重を20kg以上減量したときは、コメ、肉、乳製品を断った。ついでにリンパ腫も消えた。
 新コロ騒ぎで、引きこもったからレンジメシでコメばかり食べた。そのコメを食べ飽きた。また、おかずだけの生活に半分くらい戻ろう。

11/14  14−18℃  晴  北北西4
■今朝はお彼岸の気温だよなあ。
■松山は先行ばかり磨かないで、たまには追込みもやったらいいのに。好位抜け出しの増沢は、たまに定規で計ったようなキレイな追い込みを決めて見せていた。それにも信頼感があった。
■Cデムはミルコよりも前後の位置どりが正しい。ミルコの最大の弱点は、仕掛けるタイミングや位置がおかしい。その差だけなのだが、その差が大きい。

11/13  9−19℃  くもり  南4
■「メルマガ」「メルマガ自選集」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と4着。今年の「軸馬指数」(19−15−15−44)
 今週は武蔵野Sは思いどおりに快勝。エ杯も起きたら雨降ってきて、運が良いから決まりかと思ったが、少し降りすぎて、中伸びどころか、外伸びラインになってしまった。外を走ると上がりが1秒弱違うレースになって、泣いた。
 雨が降るたびに枠がなんかヘンだなと思ってきたが、競馬においての枠のファクターは、けっこう大きいな。単純枠目も枠目論もバカにするべきではない。競馬というゲームは、なんでもやるしかないと痛感した。
 朝起きて、メルマガ自選集に、サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉を最初に書いたデアリングタクトの秋華賞の「軸馬指数」を掲載した。でも、そのデアリングタクトを◎にした日だったが、勝ったのは同じサンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉のジェラルディーナだった。ああ、泣くわ。

G1エ杯は阪神二二、重。
 雨が意外と降って、稍重予想だったが、重まで悪化した。ここまで悪いと、力馬・デアリングタクトの1番人氣は妥当かと思ったが、枠だけが内すぎた。稍重までのレースは内枠でも来ていたが、時間が経つにつれ、重になってはダメだ。
 松山がどうするかと思ったが、やはり下げて外回す度胸はなかった。スタート後も、内でこちょこちょやっていた。稍重なら、馬群の中で良いかと思うが、重でここまで悪化すると、もう下げて外回すしかないと思う。
 結果論かもしれないが、オルフェーヴル産駒のライラックあたりの馬が、四角最後方の大外ぶん回しで2着同着になり、3角最後方のアカイイトが今年は(まくればいいのに)マクらなくても4着だから、デアリングタクトがライラックよりも差せないとは思えないから、やるべきだったと思う。もう、大外のラインしか伸びない日になってしまっていた。
 馬群の真ん中にいたまま直線に入ったときに、外へ出したかったが、運悪く外にドデンと5着の6枠のナミュールがガチガチに構えていて、外へ出せなかった。ナミュールでさえ、もっと外へ行くべきだと思ったくらいだから。
 これでジェンティルドンナの凄さが、とんでもないレースで出てしまった。引退レースの有馬(優勝)を、レース後にビデオでよく見たら、四角先頭のジェンティルドンナの隣をCデムのラキシスが一緒に四角先頭で走っているわ。騎手は記憶力が良いから、あそこで競り合ったジェンティルドンナの子なら、と思って乗っただろう。この人はミルコよりも1枚ちょっとくらい巧いし、頭も良いからなあ。
 重と分かっていたら、枠に5点(デアリングは5点マイナス)だったなあ。

福島記念は福島二千、良。
 矢作厩舎の逃げの決め打ちが決まって、またもやサトノセシルは2着まで。
 矢作だからやると思ったが、軸にはできない。サトノセシルが爆発しないのは、書いたようにクロスの薄さかなと思う。

11/12  9−21℃  晴  北1
デイリー杯は阪神マイル、良。
 ダノンザキッドの下のダノンタッチダウンは追い込んで2着まで。
 川田に厳しい私だが、こういう前が残るレースで追い込み馬で勝ち切るかどうかとか、もう少し努力してほしい。四角最後方大外ぶん回しで負けるというのは、ほんと見ていて、なんとかならないかと、うんざりする。良い馬が集まるのに、取りこぼしが多いのが残念というか課題というか。まだ、戸崎のほうが絶対に巧いよ。
武蔵野Sは東京マイル、ダ。
 パドックはレモンポップが毛ヅヤピカピカで、落ち着いていて中1週も距離延長も問題ない感じ。でも、ダービー馬が出ているのでもあるまいし、単勝1.7倍なんてないよ。◎ギルデッドミラーは、オルフェーヴルが東京ダメとか、マイルがダメとか、乾いたダートがダメとか、武蔵野Sは牝馬は来ないとか、ネット見ていると、うるさくて人氣にならない。
 でも、私は独自のデータは集めるのが大好きなのは『G1データ・最強の発想』でお分かりだと思うが、誰が計算しても同じ統計結果は、あまり好きではない。それは動かしがたく無視しがたい重要ファクターだけだ。例えば、牝馬が来たことなくても、地方の牝馬レースに出てない強い牝馬が出てきたら来ると思いますよ。無視しがたい重要ファクター以外は、統計には妙味はない。
 今日はパサパサの時計の掛かるダートで、34秒8の脚でぶっこ抜いた。氣持ちいいね。
 とにかく、それよりもダート転向で成功したオルフェーヴルを素直に上がり馬として買うという、最近、「ホースレター」でも時々間違える昔の自分の鉄則を、守りたいから、ギルデッドミラーしか◎を考える氣もしなかった。おかげで単勝600円や、ワイド2280円が獲れた。

11/11  7−21℃  晴  南1
■アメリカのインフレ率・CPIが低下したので、債権利回りが低下し、ドル安になり、株は棒上げだ。こういうときは、アメリカのSP500連動投信とかで、対米投資をしている人が多いが、株価の変動も大きいが、為替のほうが一時的に大きくなる。日本株も円安で増益になっていた銘柄とかはアキマヘン。そういう日は、いつか必ず来るから、円安増益銘柄はほとんど外しておいて正解だった。あとは中間選挙や日本の増税や、資源価格の推移などは不明点がまだ多い。
 2023年のNISAが使える頃に、予定では、本格的に仕込むとして、今は商社や葬儀屋や損保で泳いでいたい。それ以上、リスク取りたくない。

11/10  7−19℃  晴  北1
■漢方の製薬各社が処方を減らすとのこと。まあ、今の西洋医は漢方が効くのを知っているから、“病名漢方”と言って、風邪なら葛根湯とか、咳なら五虎湯とか、おかしな単純処方をすることも多い。「合」が効くのに単独で使ったり。まあ、漢方を知っている人と知らない人は、病気の対処法も両極端に違う。私は漢方7割、西洋薬1割、体内で造れるけど加齢とともに生産量が減るもの2割という按配。まあ、薬なんて一言では語れない。でも、引き出しは多いほうがよい。

11/8  8−21℃  晴  北北西4
■沖縄でマスクしたままプールに入ろうとする、おばはんが勇名を馳せれば、私みたいに、同一指数の2択を考えていて、ああ、ハギノアレグリアス◎だったと何度もシミュレーションするバカも居る。

11/7  7−18℃  晴  北東1
■住んでいる町は、マスクしないと大騒ぎで、「マスクしてください」とかポストに入れられたりしたが、「外ではマスク不要」と政府が言い始めたら、まったく誰も一斉にしなくなった。うーん、ここまでガラッと変わるか。いやあ、びっくりした。驚いた。

11/6  6−18℃  晴  風なし
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と4着。今年の「軸馬指数」(18−15−15−43)
 「軸馬指数」は95%は完成している。最後の2択だけだ。アルゼンチンは情報量の多い新聞に変えたせいで、今週は裏目。「皮膚病だけど」という一言で◎を変えてしまった。
 京王杯2歳Sはペースセッティングが楽に勝ち負けだったのに、引っ張り殺した坂井のミス。あれは仕方ない。何回血統表を見ても、過去のレースを見直しても、ノーザンファームの馬だし、あれは他に考えようもないと思った。
 今年は「ホースレター」は普通にやっている。今週の重賞のようにややこしいファクターのレースや、何かが起きるG1が数字が出ないだけで、弁解じみて聞こえるかもしれないが、あまり不調とは思っていない。
 昔からの課題の「最後の2択」をどうするかだけだ。このルールが決まれば、予想論は卒業だ。血統論はもう、ほぼ、やることないから、あとは「枠目論」に専念したいのだが。それは運だな。

みやこSは阪神千八ダ。
 ミルコのオメガパフュームは2回、横山和に乗り替わって、2回とも出遅れ。だから嫌うと書いた。これほどの馬なんだから、内田や戸崎を呼ばなきゃ。
 超スローで始まって平均ペースへ。ハギノアレグリアスの福永は上手に内を割ってきた。勝った幸は、ダートでいつも一発ある。オメガパフュームに乗せても良かったか。3歳のハピとタイセイドレフォンは仲良く並んできたが、閃くような抜けた才能がないから、今は、あの程度かな。

アルゼンチン共和国杯は東京二五、良。
 坂井が大逃げしたが、東京二五は坂が何度もあるから、苦しくて二四と違って逃げはあまり利かない。直線に入って伸び上がって苦しがって下がる。それで周囲の馬もよれて、テーオーロイヤルは横の馬にぶつかって邪魔された。それがなくても、前が狭かったけど、焦らず、内ラチから2頭目か3頭目を突いていればいいのに、最内が伸びる日だから極端なことに最内に入れたから、いちばん良いところをハーツイストワールに突っ込まれた。自然に流れるように乗ればよいのに。
 サンデーサイレンスとドイツ血脈の〈組み合わせのクロス〉を初めて考えたが、これはムリ筋かもしれない。
 最後の1ハロンは、前の6頭は同じ脚色が続いて、東京中距離得意のハーツイストワール向きの流れ。

11/5  11−16℃  くもり  北1
京王杯2歳Sはは東京千四、良。
 パドックのペースセッティングは圧倒的なデキの良さで、パドック解説者も一押しだった。でも、レースは坂井のミスで負けた。
 パトロールを見たら、ペースセッティングの坂井は、前が狭くもなってないのに、4番手に行けて前に壁もあるのに、引っ張って馬はクビねじってケンカになって、下げて8番手から好位差しを狙っていた。
 でも、遅めの平均ペースだから、前がどんどん激走して上がりの競馬になって前残り。坂井は届かなかった。完全に坂井のミスだ。あれは酷い。ペースの読みも狂っている。前残りのラップだよ。ロンドンプランがどうにも買えないような併せ馬の遅れをやっていただけに、ここは大きなチャンスだった。でも、坂井のミスで消えた。川田でも乗せたらG1勝てる可能性のある馬だ。今日は坂井のミスで負けただけだ。
 せっかく、1着も2着の人氣薄も△を打って自信があったのに。やれやれ。

11/4  9−20℃  晴のち雨  東北東2
■アマゾンの日時指定が着かないので、1時間電話などでロスする。けっきょく、キャンセル。お急ぎ便ばかりやりたがる人が多すぎるからこうなるのではないか。

11/3  10−23℃  晴  南南西1
■肌着も綿。マスクも綿の洗えるマスク。
 不織布マスクって、布だと思っていたが、あれ、プラスチックなんだって。ペットボトルで騒がれた海を汚染するプラスチックの粉なんかイヤだなあ。

11/2  9−23℃  晴  北東1
■世界中で冷害、大雨、干ばつ。来年の食糧は足りるのか?
■毎日、家で仕事して風呂入るのも面倒で、身体拭いて済ますことが多くなってきた。ニュースは丹念に見ないけど、事故だらけ。世の中、見えない。

11/1  9−17℃  くもりのち雨  北西2
■咳き込むほど痰が絡んだから、麦門冬湯を飲んでいたら、潤す性質のせいか、お通じがどんどん出て、どこにこんなに隠れていたんだろうというほど、大量の宿便が毎日出まくる。また、体重減ったな(笑)。



-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←