homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「国際子供友好協会」を支援しています。   ←click here

運営費に困っているくらいのNPO法人のほうが良いと思って、2019年に変更しました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月 8レースか10レースで、455円(税込み・月500円)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












9/27  16−23℃  くもり  北3
  台風16号、935hPa。小笠原とフィリピンの中間。金曜に千葉沖接近という予報。
■@smash_fakes
縫ってる
何やっても、人間が一番ダメっぽいな

9/26  19−20℃  くもり一時雨  北北西2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。スプリンターズSは決まりそうだから、NY株がまだ元氣がないからウィークデーは、また相場だ。
◆「軸馬指数」は券外と4着で【18−12−7−39】。
 シャフリヤールはインケツの4着でなく、せめて逃げたモンテディオを交わして3着には入ってほしかった。4着というのが最悪の着順だ。
 今週は全レース完敗。惜しいレースもなかったし、こうしておけば良かったというレースもなく、わたし向きでないレースばかりだったとしか言いようがない。内房Sだけ、ノーブルシルエットは武藤でも◎だったかな。
 相場を売ったり買ったりしすぎた影響でもなく、向かないレースが固まる週もある。これで厄落としになるのが普通なのだが。

オールカマーは小雨良。レースの頃はやんでいたが、少し降って、馬場は悪化するほどではなかった。
 ウインマリリンが1枠から好スタートでインにへばり付く。レイパパレも外からすんなり好位へ。遅めの平均ペースで、中山二二らしい流れ。
 あと700mでケツにいたグローリーヴェイズが、たまらんという感じで、一氣に好位まで押し上げて、急にペースアップ。やはり、すんなりしたレースにはならなかった。レイパパレは直線先頭で格好はつけたが突き放せず、坂のあたりで止まってしまった。坂でなく、距離だと思う。10日前のフォトパドックよりも、今日のパドックは良くて、でも距離が長い。わたしなら、毎日王冠→秋の天皇賞→マイルCSで迷わない。ここで二二を使って、次が二二のエ杯だなんて、何かおかしいと思う。
 エ杯は京都なら先行有利だが、阪神だと分からない。
 ランブリングアレーは期待したが、胴長でマイルよりは二二が合うのだが、今日はフォトパドックも少しそうだったが、今日はもっとトモがさびしく見えた。このデキでは秋はたいへんかもしれない。
神戸新聞杯は、中京コースで雨の不良馬場。
 中京は、土曜は良馬場で、極端な内伸びだった。日曜は、やや重で始まって、レースの頃は不良馬場。スローで流れて、直線は内ラチ沿いは荒れて誰も走らないが、その外は、距離損もなく伸び頃。
 ステラヴェローチェはクロノジェネシスと似た血統で、父バゴだから、不良なら勝ったようなもの。直線もシャフリヤールは切れ勝負の馬だから外へ回したが、ステラヴェローチェとレッドジェネシスは、内めの距離得のイン差しぎみ。
 2分18秒1で、上がり35秒台の脚を使えたのが、勝ち馬と2着馬のみ。これでは、クロノジェネシスの強さや、ステラヴェローチェのサウジRCの不良馬場の楽勝を見てきたファンは、単勝3倍まで買っていった。ああなったら、もともと指数混戦だから、あんなものか。

9/25  21−22℃  くもり  北2
■NYがもたもたし始めた。日経先物の夜間取引も下げて引けた。中国の不動産業の問題ではないな。欧米は食料流通も巧く行かなくなり始めているという。サプライ・チェーンの混乱か。長引くとクリスマスになってしまう。
■今日の土曜競馬は大荒れだった。堅い日だと思ったけど、全然違っていた。唖然。

9/24  20−29℃  晴  北北西3
   台風15号、975hPa。小笠原とフィリピンとマリアナの間。
       920hPaに発達して、金曜に九州四国方面へ。
■日本を脅かす最後の台風かもしれないが、日本に向かっている感じだ。台風の勢力を弱める気象操作のスキルを開発すると先日言っていた。人工降雨は北京五輪で使ったではないか。そう言われているよね。
 数年前に、静岡か愛知に上陸して、本州を横断して長崎まで西進して、方向転換し宮崎に行き、太平洋上に出て高知に向かった台風は何?

9/23  23−31℃  晴  北1
今年最後の30℃かもしれないな。空気清浄機のフィルター交換ランプが1年ぶりに点灯して、ついでだとエイヤッと、暑い2階は冷房ガンガンかけて、コロコロでなく掃除機で本格的に掃除。
 庭の隅に、隣の車庫の塀との隙間に雑草が伸びて、実を山ほど実らせて落ち始めているのが見える。どこの隙間からも、わたし以外の人が入れない場所だし、雑草がこちらの庭に生え始めたら、切りがなくなって、被害者のわたしが年中除草剤散布になるから、めんどうだと、実のなっているところだけ、むしる。暑いから夕方にやって、なんとか無事に終わる。

9/22  20−29℃  くもり  東北東1
■今日は月に一度の散髪。NYはまた下げた。でも、NASDAQはダウよりも下げない。困ったものだ。NASDAQバブルが消えないと、ほんとうの安心は、できない。おもしろいサイトで、マリアライトのルースを安く見つける。なんと、運が良いのだろう。ブラックサファイアまで一緒に見つかった。家に届いたマリアライトは、パープルの、なんとも上品な色をしていた。お彼岸だから、誰かのプレゼントかもしれない。

9/21  16−27℃  晴  東1
■今週は1日短いので予想を始めるが、今年の重賞は、ほんと一筋縄でいかないなあ。ややこしい問題ばっかり。そろそろ、スプリンターズSもやらないといけないし・・・。

9/20  16−28℃  晴  東北東1
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。さあ、NY株がズルズルと、待望の下げを始めてきたから、ウィークデーは相場だ。まあ、わたしだけはボケないねw
◆「軸馬指数」は3着と2着で【18−12−7−37】。
 ワイド総流しは、あいかわらず好調で、今週は7レースやって、1番人氣は1つだけなので、中穴ばかりコツコツ稼いで、回収率は150%近くまでいったと思う。こんな流し漏れのない、総額でも1500円くらいで勝負できる券種って、3単など、わたしには到底考えられなくなってますね。好きな3複も最近は買わなくなりました。
 なにしろ、7頭立てのマレーシアCの、ジュランビルからのワイド総流しで儲かってから(1番人氣の馬がそうとう怪しい馬だった)、もう、どういうレースでもワイド総流しやってますね。
 絶対に、流し抜けがないですから、4コーナーからは「荒れろ、荒れろ」しか言葉が思い浮かびません。
 「第2の券種」も、まずは、1番人氣でないときの自信の馬の単勝でしょうかねえ。これは配当付くと氣持ち良いですからねえ。

セントライト記念は、晴良。馬場の硬度は朝の計測で 9.2 まで回復していた。それでも、10を超えないから、パンパンの良とは言えなかった。
 パドックでソーヴァリアントがトライアルらしく、やや余裕のある身体で、チャカチャカしていて、落ち着かせることができるかどうかだけが氣になる感じだった。
 それで、なんとか落ち着いたと思ったら、スタートで外の隣の松山が斜めに出てくるので、被せられて内の馬と接触したか接触しそうになって、内へ斜めに走っていくしかなかった。あの松山はおかしいよ。アールドヴィーヴルを2着に持って来れないし、ちょっと松山は不満だった。
 スローで出たが、どんどん先行馬が来るので、コーナーからは緩みのない平均ペース。12.3-11.8-12.2-12.2-12.0-12.2-12.2-12.0 と流れて、戸崎は抑え気味に5番手に控えて、さすがにペースを読めていたが、それでも、あと600mで外へ出してマクリ始めたのは、少し早すぎた。
 松山の後ろでジッとしていれば、相手は4角でバテ始めるから、その外からまくれば簡単なのに、3コーナーからマクリに行ってしまった。先行馬群に有力馬が固まって揃っていたから、手応えとか見ていると楽勝と見たような仕掛けだったが、前は無視して後方を警戒すべきだった。
 ルメールのオーソクレースは、さすがに距離損をなくして馬群のど真ん中を回ってきて3着と試運転としてはマズマズ。アサマノイタズラはパドックの氣配が良くて、向正面も、中団でポツンと1頭で走って、あと400から仕掛けたが良く伸びた。馬群の後ろで溜めて、田辺だから大外だと思っていたが、大外をぶん回さなかったので、脚が溜まって、馬群の切れ目を斜めに割って外に出したときは、馬は氣分最高という感じで、最後までよく伸びた。
 後方から追い込むしかない吉田豊の乗る格下のベルウッドエオが、やはり外を回さずに6着まで伸びたように、前で固まった先行馬で頑張ったのはソーヴァリアントだけ。前の馬たちは関係ない競馬になってしまった。ちょっと松山のグラティアスに引っかき回されて、内に寄ったり外に出したり、損ばかりして負けたのだと、わたしは悔しすぎて、そう思っているが。
 松山もローズSで位置が一つ後ろになって完敗しただけに、“先行の松山”としては今日は張り切ったのだろうが、チグハグな週だったよな、松山。

9/19  23−29℃  晴  北東2
ローズSは、くもり良。
 乾いてきて内中伸び。エイシンヒテンが好ダッシュでハナ。アンドヴァラナウトもアールドヴィーヴルも、まあ好スタート。6枠の福永はスイスイ自然に行かせたが、7枠の松山は少し控えて差しをしたい感じだったので、1コーナーの入りは、6枠の福永のほうが前、7枠の松山が後ろ。ピッタリ付いて行けばいいのに、向正面でも抑える氣分。
 ラップが 13.1-10.9-12.3-12.7 のスローで始まったので、これは最後まで効いた。上がりが、11.6-11.3-11.7 という上がりの速い競馬になって、少し時計のかかる馬場でスパッとも切れず、アールドヴィーヴルは狭いところに嵌まってしまって、前がずっとアンドヴァラナウトだし、そのまま差が付いたままの競馬で終わった。松山としては一工夫してほしかった。
 たしかに、最後はオークスの直線と同じだったが、このレースはオークスと違って上がりの競馬だという点が違ったのだ。
 今日は、12番人氣のエイシンヒテンが残ってくれてワイド総流しは儲け。今週は中山の4つのレースを全部戸崎◎にした。ずっと書いてきたが、戸崎は馬に恵まれないが、馬さえいれば勝てる騎手だ。セントライトも期待できそうで、4レース全部、ワイド総流しは取れそうだ。
 困ったことに、戸崎に◎を打ちまくれる週は珍しいことになってしまった。

9/18  20−25℃  雨のちくもり  南南東3
    台風14号、1000hPa。東進して愛知県から東へ。
■9月になって、全然晴れない。まあ、買い物もネットだし、出掛けないからどうでもいいけど。
■今日は◎アイアムハヤスギルが5番人気で勝ってくれたが、さすがにナンヨーイザヨイは重だと伸びない。来てくれたらワイド万馬券だったんだけど。重のダートはワイド狙いが良いよなあ。ダートだと馬場状態を考えない人が多いから。

9/17  19−24℃  くもり  南1
(鍼灸師)今村光臣@dCNZ85zXLoaQNkR
日本人は正月に門松を飾り、それから梅、桃、桜と初春の花をお花見し、花の色や香りを楽しみ、その美しさを讃え、それから四季折々の花を一年を通して愛でる。花道、香道、茶道に花や香りへの想いが昇華される。そんな花を愛でる日本文化が日本人の抗ウイルスファクターX体質を醸成したのかもしれない

花のフィトンチッドを嗅いでいるせいだと言うが、それも、ありかも。

9/16  20−26℃  くもり  北東3
■中国株が規制強化で叩き売られて、NYはモタモタ。狙いどおりインドが好調。日本は上げすぎたわりに利食いが入るだけ。割安株が多いから買い余地が、欧州よりもある。相場も競馬と同じで、頭脳の鍛錬には良い。まず、ボケることはないから、少額でも良いから、少しでもやることをお勧めしたい。ぜったい、仕事にも競馬にも有意義。医師会の大物が与党に多額の献金しているから言いたいことを言わないとか、すぐピンとくる。日本なんか誰と誰が仲間かとか、そういうことで動く国だから。

9/15  20−27℃  雨のちくもり  北北東1
    台風14号、996hPa。東シナ海中央。北東へ。
■NY株も、さすがに息切れの氣配。NASDAQバブルは、いつになったら崩壊するのだろうか? PER100倍はわたしには理解できないのだけど。インドのほうが道の魅力があるし、日本は成長株は少ないが驚くほど割安だ。

9/14  22−26℃  くもり  東南東1
■溜め込んで、めったにゴミ出さないが、出すべき日時は雨がやむ。日本もアメリカも物価が上がり始めた。海運指数も下がらない。天候も悪い。一種のインフレかも。

9/13  20−30℃  晴  北3
   台風14号、970hPa。衰えて上海沖に。これから進路を変えて九州方面へ。
■NYが金曜急落したのに、今日の東証は切り返して高値引け。騰落レシオが140を超えようとしている。凄い相場だ。これで日経平均は世界水準でみて割安だというから呆れる。34000円になると、バブル以来の戻り高値か。懐かしいなあ。これで食糧価格が上がっているというから物価上昇になれば、デフレではないということ?
■今週末は3日開催なので、「軸馬指数」はローズS、セントライトのつもりでいます。台風でも来なければ。

9/12  23−27℃  くもり  南南東1
     台風14号、935hPa。台湾東北沖を北上。
■「通算予想成績」「メルマガ」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と券外で【18−12−7−37】。
 今週はグランデマーレかカラテかで悩んだが、けっきょく、どちらでも同じだった。ワイドの総流しは、ムーンライトHの最低人氣のサウンドバーニングが来てくれて、なんとかプラス。
 グランデマーレはパドックでダメだと思ったが、馬券は予想どおりは総流しかけるので仕方なかった。パドック解説は褒めたが、京増真臣さんもイマイチだな。応援はやめよう。この馬はパドックで良いときは見ただけでハッとするような馬体の張りを見せる馬で、今日は少ししぼんでいた。カラテもグレナディアガーズも、良いようにも見えるがイマイチだった。
 グランデマーレは牝系を遡ってもクロスがイマイチという点かもしれないな。
 レシステンシアも、まあまあだがイマイチだったから、叩いて良化余地はあるだろう。

オータムHは、くもり良。
 行く馬がいなくて、手探りでゆっくり始まって、コントラチェックのハナが決まると、思い切ってペースを上げたから、ややこしいレースになった。12.3-11.2-11.1-11.0-11.2 とハロンごとにペースが上がっていくという流れで、これで番手のスマイルカナやマイスタイルは終わり。その後ろのグランデマーレやステルヴィオもキツい流れになった。
 ということで、ラスト1ハロンが 124 で止まるという競馬になって、インから差しに徹してきたカテドラルが届いてしまった。戸崎は流れが嵌まると、済ました顔をして来る騎手だから。グレナディアガーズは、せっかくの1枠なのに、どんどん下げたから、もったいない、下げすぎだと見ていたが、川田のペース判断も正しかったようで、内伸び馬場で外から追い込むという苦しい展開のわりに、最後は伸びて惜しかった。これで、この馬の脚質は自在になって、今日はボケッとしたデキだっただけに、マイルCSはおもしろい。
 コントラチェックはハナを切れば一発あるから△は打ったが、藤沢和雄厩舎だから大事に乗るかと思ったが、大野はヤケクソの逃げで正解だった。

セントウルSは、くもり良。
 そうとうなハイペースだったが、好スタートのレシステンシアが教科書的に逃げて、最後はラップもバテたが、なんとか凌ぎ切った。戦績から、これくらいはやらないと困るだろう。
 ピクシーナイトも順当で、他の馬もこんなものだろう。ラウダシオンは13着だったが、この馬は千四ベストと言い続けているので、千二のハイペースだとこんなものだろう。

9/11  22−26℃  くもり  北北東1
           台風14号、強大、905hPa。台湾南東端、北方向へ。
■紫苑Sのエクランドールは、ルメ−ルのレース後談話をインターネット・ラジオで聞いていたら、「全然進んでいかない」と言っていた。ほんと、全然進まない。あれほど行けない馬も珍しい。呆れた。やはり春のクラシックは高レベルだったから、健闘した馬は強いということか。
■今日のワイド総流しは、ムーンライトHで最低人氣の13番人氣を連れてきて、1番人氣から9110円も配当付いて儲け。いやあ、楽ですよ。1番人氣から13頭立て流してこうなんだから。こんなの、3単も3複も、春先まで、やっていましたが、取れませんよ。

9/10  20−30℃  晴  南1
■日本株は日経平均が3万円超えが定着してきて、NYに影響されなくなってきた。コロナで伏せっていたが、物流など儲かる企業が多く、増益ラッシュでPERの割安感のある銘柄まで強い。こうなると、わたしの得意な場で、8月から狙った銘柄がほとんど急騰する。ダメなのはすぐ損切りして切ってしまうが、そういう銘柄もめったになくなった。わたしは5年から10年に1回、儲かり始めると止まらなくなる。株も競馬も、これからだな。

9/9  18−23℃  雨のち晴  風なし
■NY株が弱くなった。いつまで続くか?

9/8  17−23℃  くもりのち一時雨  風なし
藤井聡@SF_SatoshiFujii
奈良は知事が「他県で緊急事態宣言効果は見られてない」と判断し、宣言がずっと発出されていません。
にも関わらず現在収束中(左図)、かつその推移は近隣の宣言県と大差無し(例兵庫:右図).
…なのに政府は宣言を延長予定とのこと…そんな政府に私達は疑問を持っちゃダメなのでしょうか?
奈良と兵庫。数値インチキは、もううんざり。

9/7  17−24℃  晴  北東1
NASDAQバブル が、なかなか終わらないな。どこかで、終わると思っているんだけどなあ。PER100倍って、なんなんだ! インドと中国で26億人いるし、アジアの時代になる氣がするんだけどなあ。コロナだって、スパッと生薬やイベルメクチンで治癒すると言って、方向転換が速いし。アジアと中央アフリカは頑張っているよ。
 日本など、いつまでも「マスク食」だとか、雑巾みたいな細菌まみれのマスクで覆いながら大切な食事を食べろって、頭おかしいのかと思うよ。ちょっと考えれば道理が分かりそうなものなのに。発症者がゼロに限りなく近い中学生にも〇クチソをとか、なんか日本人らしい知恵者はいなくなったなあ。何を考えて生きているんだろう。TV叩き壊してアンテナ降ろして、読書とネット検索していればよいのに。
■@Ana_____aaa
今日のフィラデルフィア。。。。。ヤバすぎる。。。
すげー。これで株が騰がり続けているのか。

9/6  19−22℃  くもり一時雷雨  北西2
■菅首相の退陣表明で、金曜から日本株は暴騰。ひっくり返したような大騒ぎ。これでTOPIXが30年間の上値抵抗線を越えれば、4万円に向けての上昇も、チャート的には許されることになる。まあ、コロナや枠珍のバカ騒ぎで、上値は限られるだろうが。

9/5  19−24℃  雨のちくもり  北北西2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と券外で【17−12−7−36】。
 今週は、ワイドの総流しは、6レース中、5レースが的中して、1番人氣からもあったし、1番人氣でないレースは少頭数だったり苦労したが、それでも人氣薄を連れてくるので、まあ、5レース当たったから、かなり良い回収率だった。1レース1万円も買わないファンが多いのだから、なんとかして、3連単に勝つ方法を考えてきたが、ワイドの万馬券も取れるし、これで良いのではないか。
 第2の券法は、枠連でも、小倉2歳Sも本線的中だし、昔は枠連だけの時代で年間プラスを何度も何度も達成していたのだから、べつに悪い氣はしない。「ワイド総流し」と「枠連」だなんて、わたしだけに決まっているし、個性があっていいんじゃないの。
 これからホースマンとして成長していくのだから、今はこれでいいんだよ。

新潟記念は、晴良。
 晴れたといっても、さすがに最終週だけあって、9Rまではインも伸びたので、よしよしと思っていたが、さすがにメーンレースは内はダメだった。
 17頭が横に拡がったので、外枠の馬は、外ラチ沿いにまで楽に到達したので、最後は直千競馬と同じで、外ラチ沿いの外枠決着になってしまった。
 ザダルの敗因はよく分からない。明日のブックを読みたい。
 マイネルファンロンはユーバーレーベンの兄で、ステイゴールドだから、4分の3同血。ユーバーレーベンが走っているようなもので、二千と二二で4勝してきたが、なぜか二四や二五を一度も走っていない。ユーバーレーベンみたいにマイルを何度も走って負けるよりはよいけど、陣営は何を考えているのか、わたしには理解しがたい。
 洋芝で2勝して、中山と東京の渋った馬場で2勝してきた。もっと重い印でも良かったけど、わたしは馬場は乾くという読みで書いてきたし、外枠は損だと感じていた。そのへんが読み間違いだった。これを軸にすれば、格好良かったと反省大だ。ところで、わたしがダウンロードしている専門紙は、いつになったら兄弟馬をユーバーレーベンにしてくれるのだろうか。
 まあ、いつもそのことを強く書きたかったのだけど、わたしのマイネルファンロンの指数が、いくら外枠で、流れの読みを完全に間違えて、差し馬や、内枠の馬ばかり加点したとはいえ、誉め切れなかったのを恥じたい。函館記念14着で、先行するようになって、大外枠で、良馬場予想で、完全に読み間違えた。まあ、ミルコと丹内を比べれば、そのへんは雲泥の差だね。ミルコは、最近また、よく考えて乗るようになったね。ユーバーレーベンもオークスはミルコだったから、彼は自信あったのだろう。最後まで、そういう乗り方だった。
 ファンロンは惨敗が増えてきたとはいえ、先行馬じゃないってことをミルコは言いたいのだよね。そいうことがパッと分かるだけ、やはりスランプだったとはいえ、ミルコは偉いわけだ。先行馬の癖で、ポンと好スタートでゲートを出たのに、すぐに強引に抑えに抑え込んで、下げていって最後方まで下げた。凄いことやっていたね。直線は斜めに馬群を割って、外ラチに向かって馬を持っていったし、いやあ、みごとだった。丹内や藤井なら掲示板も怪しかった。

小倉2歳Sは、晴良。
 くもりで始まって、小雨の中の競馬。ますます、インが悪く、中外伸び。
 こうなれば、最終週で外枠有利なレースだから、なおさら外が伸びる。
 2ハロン目から4ハロン目が速く、もともと、先行馬は入らない氣配だったが、これで先行馬は完全に終わり。
 予想どおり、外枠の差し馬がグイグイ伸びて、とくに8枠の2頭の外伸びは、すさまじかった。◎スリーパーダは出遅れて、福永が外を回していれば余裕だったが、前に馬を置きたいのか、凄い行きっぷりを馬群の中に入れて抑えていたが、直線で内々を回るハメになって、最後は伸び脚が違うという最終週の外伸び競馬に飲み込まれて2着。もったいなかった。
 小雨が降ってきたのも幸いして、重の鬼のナムラクレアがグイグイ伸びて、大外枠の人氣薄を連れてきた。小倉らしいレースで、スリーパーダとナムラクレアを天氣予報で選ぶだけのレースだから、「軸馬指数」でやりたいくらいのレースだった。

9/4  20−22℃  雨一時くもり  北北西2
■最近はワイドも最低人氣の馬を連れてくるので、今日も、予想を流した3レースを全部、ワイドの総流し。札幌は取消まで出て少頭数になったが、それでも7番人氣や10番人氣を連れてくるので、3300円買って5030円の払い戻し。152%の回収率なら、OK。今年は、株も馬券も、光の道が見えたな。
札幌2歳Sは、晴良。
 ◎ジオグリフは最後方から。あと800mで動き始めて、4角手前で好位まで上がる。そこから仕掛けると、あっという間に抜き去って、あとは持ったままの大楽勝。ノド鳴りが影響しなければモノが違うね。マクフィよりも良いよ。
 ほんと、ノーザンファームは新潟2歳Sと使う馬を間違えたと思うねえ。まあ、ノーザンの一存で決まるわけじゃないだろうけど。

9/3  19−20℃  雨  北北西2
■受信拒否しているメルアドからメールが着信する。理解できない。サポートの人も考え込んでしまった。わからん。

9/2  18−21℃  雨  北北西1
■神保町の三省堂書店が閉館するそうだ。ジュンク堂や書泉では、『サラブレッド配合史』を売ってもらっていた。紀伊國屋や三省堂はなかったよなあ。代わりに、白山から自転車で、軽装でフラッといつも行って立ち読みしていたが、万引き警戒の不審な目で付いてこられて困った。建物は広くて大きいけど、本の置き場の割り振りのめちゃくちゃ下手な店だった。だから、ここは立ち読みだけ、と決めていた。紀伊國屋は地下の名店街9店が閉鎖になったが、そこにも、ヘンな奴がいた。上階の本売り場にもいたなあ。そういう店は、ほとんど潰れるから見ていておもしろい。そのうち、電子書籍の時代になって、本めちゃ好きのわたしなんかは本屋に行かなくなるよ。

9/1  22−24℃  くもりのち一時雨  北東2
■メールが3日も遅れるとかいう読者の方が、今まで何人もいらしたが、わたしはプロバイダー日本一を何年もとっているところだから、メール問題などなかった。
 ところが、ついに何時間かかかったりすることが起きるようになった。在宅ワークする人が、家でメールばかりするようになって、日本の総メール数が激増しているのかもしれない。プロバイダーに聞いたら、サーバーの増設や新設は何億もかかるらしい。金がいっぱいある会社を選ぶしかないのかなあ。

8/31  25−31℃  晴のち雨  東北東1
■余分な物は、鉛筆1本も持たない。でも、昨年から、生薬や食料は備蓄しないと、いつ供給が途絶えるか分からないから、余分に買い置きするのでうんざりだ。
 夏は、ベストな物を持ってきたつもりだが、microSD も、16MBなんて時代ではなく、ついに128GB時代に入って、32GBから買い替えたし、LANケーブルからシェーバーなどまで、どんどんより良いものへ買い替えると、たしかに、悪い氣はしない。

8/30  27−33℃  晴  南東1
■発言は削除される。治療薬認可はまだですか。

8/29  27−29℃  くもり  東2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と2着で【16−10−7−33】。
 先週は、2着と1着でした。書き間違えていました。
 今週は2着が多くて、私の好みは2着なので、悪い氣はしなかった。
 日曜はワイドも安くて、面白味はなかった。でも、土日で6Rやって、ワイド10本とったから、何とったかスラスラ言えないくらい多いから、悪い氣はしない。
 また、来週、株のデリケートな相場をやりながら、頑張ろう。季節はちょうど秋になりつつある。

新潟2歳Sは、晴良。中伸びだが、インが乾いて意外と伸びた。内ラチから3頭目あたりが、いちばん伸びる日で、中伸びという感じでもなかった。
 ラップは、12.6-11.4-12.2-12.3 で始まって、スロー。1枠の川田は、すぐにすかさず、ムリのない程度に、ソロッと位置を上げたのはクロウトのやること。
 上がりが、11.7-10.8-11.0-11.8 というラップで、10秒台と11秒0のところで、アライバルは付いて行けなくなった。この馬には、時計が速すぎるし、距離も足りない。新馬が終わって、ルメールが言っていたとおりで、二千になってどうかという感じだろう。
 勝ったセリフォスは最内を突いて素軽く伸びて、器用な面を発揮した。インが意外と伸びるのも川田は見抜いていた感じだった。32秒台の脚を使ったのが2頭。アライバルが33秒0で、極端に外枠有利で有名なレースだったが、夏の新潟開催が短期化されただけ、内も通用するようになってきた。

キーンランドCは、晴良。
 スタートはゆっくりで、淡々と進みそうだったが、メイケイエールが折り合い欠いてスイスイ行くから、ハナ切った馬のラップは速くなった。でも、後続は、それほど速いペースではなかった。
 メイケイエールは20kg増で、太くは見えなかったが、馬体に張りがなく、中に身が入ってない感じがした。おまけに行きたがりすぎて、これは故意に出遅れて、前に壁作って、3〜4コーナーから一氣に行くしかないだろう。武のオヤジの武邦彦や加賀武見は故意に出遅れるのが得意だった。武豊は、そこまで頭良くないからなあ。まあ、張りのない馬体だから、一叩きして次だろう。スプリンターズSで故意に出遅れて、ゴボウ抜きして勝っても驚きはしないが、ちょっと馬が若すぎるか。
 1分9秒台の競馬で、中身があるほどでもなく、3歳牝馬がレイハリアで、また重賞で来てしまった。メイケイエールよりは弱いのだが、好位で器用に乗れた。
 セイウンコウセイや、秘かに狙っていたカイザーメランジェも好位で器用に乗って、中身は足りないレースの氣がした。
 エイティーンガールの追込みでも足りるレースで、今年も嵌まった。横山和も一時はダメかと思っていたのだけど、刺激を受けたか、上手になってきたねえ。
 ミッキーブリランテは難しい馬だから、千二だと選択肢が少なくなると書いたように、見せ場も作れなかった。

8/28  26−35℃  晴  南東1
■今日は3レース全部、◎が連対。BSN賞は15頭立ての15番人氣のドリュウを連れてきて、ワイドは12990円。今年は何度も万馬券とって、今さら感動もない。オークスなんか、自信のユーバーレーベンが、15番人氣のハギノピリナまで連れてきて24940円ついたし。アイビスも15番人氣を連れてきた。
 先週から今週にかけて、これで最低人氣を連れてきたのが3レースもあるのは嬉しい。
 3着に追い込んできたドリュウは、父はタイムパラドックスだよ。JCダートを勝って、JBCクラシックを2勝、帝王賞まで勝っている。ブライアンズタイム産駒の中距離馬だ。その子が千二と千四ばかり使われて、一度だけマイルを使ったら好勝負だったのに、また千四へ逆戻り。今日は千八で追込みが届いた。土田調教師は何を考えているのだろうね。転厩すればいいのに。

8/27  27−33℃  晴  北東1
■マスクをしましょうと注意される。ウイルスの大きさはマスクの縫い目の10分の1だから、マスクで感染は防げない。防げたら、日本でインフルで1万人死ぬとか、アメリカなんて一冬で3万人以上死んだ年もあった、3年前かな。そんなことなくなるわな。世界のほとんどの国が99%以上の人がマスクしまくっている。マスクしない国もいくつかあるが、マスクしない国のほうが元氣だったりする。だから、京大の宮沢先生とか、大阪府の会議に出てもマスクしてないわけ。おかしなことが常識になっても不思議に思わない人が増えてきた。

8/26  26−34℃  晴  東南東1
■私の父は感染症に強い医者だったが、高校時代は学校でインフルの集団接種していたけど、その注射をする役だった。わたしも列に並んでいると「おまえは打つな。体質が合わん」で終わり。
 兄は膠原病患者でもある医師で、自分が風邪うつされるのを怖がって、母と2人で暮らしていたときは、母にインフルのワクチンを毎年、打たせる。母は、風邪くらい治し方をいくつも知っているから、なんで注射を打たんならんの、と文句を言いながら打たされていた。そして、口から呼気で、インフルのウイルスを家中に吐き散らしていたが、西洋薬信者の兄は上機嫌だった(笑)。
 開業医の家だったが、亡くなった父も、母も、マスクしている姿を見たことがない。

8/25  25−32℃  くもり朝方一時雨のちくもり  西南西1
今年前半の出生数と死亡数が出た。例年に増して、どんどん人口は減っていく。買った葬儀屋の株は順調に上がっているが、喜ぶ氣にもなれない。

8/24  25−29℃  くもり  南東2
■日々、ロボットやAIは進化し続け、人間は劣化し続けている。あとは、精神性だけなのだが。

8/23  26−31℃  くもりのち朝から雷雨のち雨のちくもり  東南東1
    台風12号、996hPa、東シナ海を北上しているが、韓国へ上陸か。
■今日の株は大幅反発。テクニカルチャートは大好きだが、どこにでも出ている「騰落レシオ」も下限に来ていたから的中している。これが下限だということが氣になって、NYの先物市場の金曜夜の夜間取引で、まだアメリカ人が寝ているか起きてくる頃、JPXの売っていたのを買い戻しておいて正解。「騰落レシオ」は卵が腐るほど古い指標だが、速いので有名な「スロー・ストキャスティクス」よりも速く感知できることがあるのが利点。
■今日は朝から雷雨だった。ゴミ置き場の掃除当番で、回収車が来た頃には雨は止んだ。もう、そろそろ秋かもしれない。オータムHの頃は、いつも秋風が吹き始めている。

8/22  25−31℃  くもり一時雨  東南東1
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と1着で【16−10−7−33】。
 7連敗していたらしいが全然氣にしてなかった。福島競馬は負けても中身はおもしろい。毎年、アイビスからは好調になると、もう10回くらい同じことを書いてきたが、あまり信用してもらえないみたいだけど、今年もアイビスから好調になった。
 今日はめちゃくちゃ難しい北九州記念を的中できたのはラッキーだったかもしれない。あの馬と鮫島駿は読み切れているほうかもしれない。
 ソダシは、阪神JFは◎。桜花賞はサトノレイナスが◎でソダシが◯。オークスはユーバーレーベンが◎で、ソダシは嫌う。全部上手くいっている。難しいことは何もない。
 フォトパドックのラヴズオンリーユーを真っ先に見たとき、軸馬はまだ精査してないから未定だが、意地でもここはラヴズに◎は打てないなと思った。昨年の札幌2歳Sのレース前から、ユーバーレーベンがオークスを勝つと、岡田総帥にまで電話して伝言してもらったけど、こういうときは意地だからなあ。譲れない。わたしはセクレタリアトが産まれる前から、リボーの孫などの馬券を買ってきているのだから意地はあるわなあ。
 今週は、なんとかミスせずにやれて良かった。来週もまた競馬だ。

札幌記念は、くもり良。レースの頃になって霧雨が降っていたとラジオでは言っていたが関係ない程度。
 ソダシは読みどおり最外枠なので挟まれたり前を横切られたりしない枠で、ちょっと外へ脚を伸ばして踏ん張ったりしたあと、スイスイと上がっていけて2番手。トーラスジェミニを可愛がっていたが、ブラストワンピースが有馬記念馬らしくない強引な早めマクリを打つから、トーラスジェミニあたりを可愛がるのは、もういいやとハナへ。
 あとはよく伸びて楽勝。
 ラヴズオンリーユーは「軸馬指数」で書いたが、フォトパドックは良くなかったし、パドックもドッシリしてなくて、なんの貫録もなかった。有馬のほうがよほど良かった。昨年秋から、やっと復調してきたと褒めてきて、ずっと言ったとおりになっていて、馬体さえちゃんと見ていれば読みやすい馬だ。こういう馬体写真や追い切り見て、海外G1でどうだこうだとか言って今も褒める人は馬体が見れない人だし、オークスでソダシがユーバーレーベンより強いとか言う人は血統が理解できない人だし、私はそういう人をホースマンとして評価していない。

北九州記念は、雨が朝から降っていたが、レース前は雨足は強くなった。午後からは誰もインを開けて、インを通らない競馬ばかり。展開が難しいレースになった。
 モズスーパーフレアは好スタートでテンが33秒2という速さ。重も上手だから直線は思い切って最内を走って、一時は2馬身は突き放したが、さすがに最後は止まった。
 ◎にしたファストフォースは前走は32秒2で逃げてレコード勝ちをしたが、今日はモズスーパーフレアが速いので、テンは譲ると言っていたとおり。鮫島駿の好判断は下げるだけ下げて、2番手さえどうでも良いという姿勢。それに、3枠を引いたのに、鮫島駿のセンスの良さで、4コーナーでは思い切って外へ出して、馬場の良いところを走り抜くという姿勢を見せつけて、最後もまた伸び直して2着。重も良もダートも鬼という馬で、好調を生かし切った。
 これだけ中伸び競馬が続くと差しを狙うのが定石だが、レッドアンシェル、ビリーヴの子のジャンダルム、アウィルアウェイと、差し馬の強い連中が揃って良馬場ベターだったから、わたしだって差し馬の中伸びを狙いたかったが、人氣になりすぎだとわたしは思っていた。
   シゲルピンクルビーはサドラー4×3で重が上手なようで、3歳の恵量もあって、よく伸びてきた。

8/21  24−30℃  くもり  北東1
■佐世保Sは10頭立て。私の◎は4番人氣。ええい。めんどうだとワイドの総流し。そうしたら、圧倒的に人氣のないサヴォワールエメが一緒になって追い込んできて、写真判定の末にハナ差で3着確保。これでダノンシティとのワイドが4990円。
 日本海Sは、レース名が夏の風物詩の名レースだが、◎が2番人氣で10頭立て。ええい、めんどうだと、これもワイドの総流し。そうしたら、圧倒的最低人氣のグレンガリーが、騎手も誰も来るとは思わないから、どうぞ逃げて下さいと譲り合いで、平均ペースで逃げまくったら、太平洋の向こう岸みたいに、超の付く縦長の楽逃げ。これが逃げ切りの楽勝で、このワイドが2970円。
 総計で、3100円が8800円になって、なんの苦労もしていない。エドノフェリーチェとエヒトで悩みまくったが、ワイドだと、どちらも正解。さあ、明日はソダシが世界のラヴズオンリーユー相手に連対するかどうか。

8/20  23−33℃  晴  南南東2
■線状降水帯とかいって、小倉の天気は読めないので、北九州記念は明日送信します。

8/19  22−33℃  晴一時雨  南4
■世界の株が全面安。そろそろ、ロックダウンや枠珍パスポートで経済が死ぬことが分かってきたかな?

8/18  25−27℃  晴一時雨  南3
■ジャパンCを勝ったレガシーワールドが亡くなった。彼の母 ドンナリディア は、リボーと Gainsborough と Son-in-Law とプリメロだった。
菊花賞を勝ったイシノヒカル は、リボーと Gainsborough とプリメロだった。
 他に目立った血脈も、あることはあるが、あまり活かしていない。こういう感じで、しつこく重要な血脈を際立たせたことは、日本の独特の風習だった。今は、そういうこともなく、全体にゴテゴテした馬が多い。それはそれで千四の強者とかを作り出すのだが。シンプルで、スタミナと底力に富んだ母系は、強い中長距離馬を出す。それはとても捨てがたい。合掌。

8/17  21−25℃  雨時々くもり  東2
■三菱電機の検査不正が、また発覚した。今度は配電盤だそうだ。
 先ほどは電車のドアやブレーキの空気圧縮機だった。1985年から不正が始まったというから、もう36年検査不正をやっていることになる。日本が凋落し始めた頃からだ。まともな仕事をする会社なんて、珍しい存在になろうとしている。
 24歳で入社した社員など、24+36=60だから、一生涯不正を続けて定年退職したことになる。不正の企業人生だな。倫理のカケラもないのだろう。
 NHKの web によると、これで三菱は、250種類の製品で不正がばれたそうだ。まあ、会社全体でやっているのだから、不正のないものを探すほうがたいへんだろう。
 我が家には入居したときに4年前に据え付けた三菱霧ヶ峰のエアコンが付いていたが、わたしは日立のカラット除湿の熱狂的なファンなので、迷わずにすぐ買い替えた。日立のエアコンは値段は高いが、モノが全然違う。
 これで三菱は、色鉛筆のダーマトとネットバンキングくらいしかないはずだ。こちらは優秀なので、なんとか、これで生きていけそうだ。持っている三菱系列の株は日本郵船だけだ。あれは海空陸の物流に展開する優秀な企業だ。
 一回売ったが、超大幅上方修正が出て、商船三井を売って買い直した。東芝はかなり優秀で愛用の会社だったが、20年前頃からおかしくなっていた。三菱電機はしらん。

8/16  19−22℃  くもり一時雨  北北西2
■英ガーディアン紙に載ったそうだけど、パンデミック中に産まれたり幼児期を迎えた子供のIQが100から78に下がったそうな。
 言語、認知能力、運動機能とも落ちたらしい。3歳までは大人の表情を認識する時期だが、マスクして大人の表情は見えない。公園は制限され自由に遊べない。家庭内で人が集まらず、会話が減った。などだそうな。
 そうだろうね。マスクで表情認知機能が発達しないことは、前にもどこかで書いた。3歳までに身に付かないと間に合わないと、読んだ記憶がある。
 かの有名な国では、3歳から(63歳じゃないよ)治験中の注射を接種するそうな。
 まあ、世の中、今の大人は、人の未来など、どうでもよいと思っている人で溢れかえっているから、未来の世界を形成する子供どころじゃない。

8/15  18−21℃  雨  北北西3
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は4着と3着で【15−9−7−33】。
 今日はダブルシャープは、あの予想で良いと思うが、4着という最悪の着順になってしまった。スタートして慌てて付いていこうとしたことと、内めに入れたことが敗因で、これでは今はやりの若手を使えばよかったと思ってしまった。
 ふつうに乗れば、2着と3着だったと思う。悔しい。しょうがない。来週もまた競馬だ。

関屋記念は、パドック見てソングラインがNHKマイルよりもはるかに悪かった。後ろのカラテが良く見えた。
 私が参考に聴いている京増真臣(きょうそうまさおみ)氏はソングラインをいちばんに褒めていたが、それはないと思うよ。ツナギの柔らかさの馬だが、踏み込みも甘かった。カラテは春は体調万全でなかったが、今度は良かった。斤量が性差をのけて3キロあったが、中盤の速いペースで追いかけた分もあって、なんとカラテに差し負けてしまった。
 そういう馬ではないけどね。
 ロータスランドは内から抜けて、良く伸びて勝ったが、新潟は雨がやむと乾くのが速いし、とくにインは乾く。午後はインが強いレースが多かった。

小倉記念は、日曜は雨が止んで馬場は、土曜の不良から、日曜はやや重へ、急速に乾いていった。これで、土曜は馬場が悪すぎて、内も外も関係なく、おまけに追い込みが利かない馬場だった。日曜は乾いて、少しずつ高速馬場に戻っていったが、中伸びの追い込みが、朝から利くようになっていった。
 スタートして、すぐ出の悪いダブルシャープが早めに追い付いていったから、少し内に入れてしまった。あれは騎手のミスだ。あんなことが許されるはずがない。おそらく、土曜に追い込みが全然利かない日だったので、意識して少し内に入れて早めに追い付こうと思ったのだろう。勝てそうな氣が少しして、悪いほうに欲が出てしまった。
 松山のモズナガレボシは後方で悠々としていて、ダブルシャープの外に、べつに急がずに並んでいったから、位置どりは最高だった。
 さすがに4コーナーで酒井は外へ出そうとしたが、馬群の塊があるので出せず、内へ舵を取った。あれで終わり。
 レースは、他のレースと同じで中外伸びのレースになり、外の追い込み2頭がグイグイ伸びてワンツー。内は通る馬も少ないほど皆が避けていたが、まったく伸びずに、わが愛するダブルシャープは、3着にもなれず4着までで止まってしまった。
 情けない騎手だ。酒井は短距離専用だな。

8/14  21−22℃  雨  北北西2
■アメリカなんて、毎年インフルエンザで何万人も死んでいるのに、今まではマスクもしなかったし、心配もしなかった。風邪は万病の元だから引かないほうが良いけど、過剰に心配する人はスペイン風邪以来100年ぶりだろうなあ。世界は、100年毎に、これで4回かな、何かの疫病騒ぎが起きている。大地震や戦争や大恐慌みたいな周期性なんだな。そんなことより、UFOにでも乗ってみたい。
■ファルコニアを◎にするつもりだったが、雨が止まないのでやめた。カミノテシオの牝系で勝負したいが、カミノテシオなんて、懐かしいなあ。

8/13  21−24℃  雨  東北東1
■ミシガン大学消費者信頼感指数は10年ぶりの悪い数字。ドル急落。
 欧米はワクチン接種で経済は回復するの一点張りで株を買い上げてきたが、思考停止になっているかもしれない。独自の見解を言う人がいなくなって、世界中のアナリストが同じことを言っている。何年かに一回、こういう思考偏重が見られる。大学卒業したら、証券アナリストになるのがいちばん経済的には楽かもしれない。年収は軽く4桁で、人と同じことを言っていりゃよいだけだから。
 TVや新聞社に入るのもよいかもしれない。これも、独自の見解を言わず、思考停止して、人と同じことを言っているほうが出世する。ウイルスの10倍の縫い目の穴が開いたマスクをしろとか(それで防げたら世界中誰も風邪うつらない)、不要不急の用がなければ県境をまたぐなとか、遠いところにGOTOトラベルに行けとか、なんでも人と同じことを言えばいいのだから、脳を使うことはないから楽だ。

8/12  24−29℃  くもり一時雨  北九州から新潟へ停滞前線  東1
■近所の人で趣味を持っている人が一人もいないようだ。わたしなんか、いつが仕事で、いつが趣味で、いつが遊びか、自分でも分からない生活をしているのだけど、他の人から見ると、まったく、完全に、異常で、おかしな世界に見えるらしい。これが今の日本だ。

8/11  25−33℃  晴のちくもり  南1
■週末の日本海側は雨予想。やれやれ、酷暑でいいのに。渋った馬場得意の馬を探さないといけない。
■船株は順調に上がっている。市況に振れやすい商社を売って、増益基調で、PERが低くて、配当利回りの高い、倉庫、鉄鋼、都銀を買う。わたしの基本的な形に入ってきた。

8/10  27−36℃  晴  北西5
カピバラ 。オーラが凄いみたい。

8/9  25−31℃  くもりのち晴  南6
   台風9号、鹿児島へ上陸後、980hPa、岡山で温帯低気圧に。
   台風10号、房総沖から三陸沖へ遅速。980hPa。
   台風11号、東海上で消滅。
■今日の東証は、まったく動かず、上げも下げもしなかった。9時10分頃になって、ああ、そうか、振替休日かと氣付いた。1986年に家で仕事を始めてから、競馬以外で休日とか意識したことがないからなあ。複数の仕事の締め切りを意識しながら、分散して何かをやっているから、氣晴らしで日帰りで遊ぶことしかしたことがない(1回だけ泊まりがけで谷川岳に登っただけ)。

8/8  25−29℃  雨のちくもり  北北西4  五輪閉会式
   台風9号、東シナ海。東北へ990hPa、九州上陸か。
   台風10号、沖縄から東海上へ、990hPa、房総沖から東北東へ遅速。
   台風11号、小笠原東方から東北東へ。996hPa。ミッドウェー方向へ。
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と1着で【15−9−6−32】。
 今日は1番人氣から10番人氣だけでせいいっぱい。枠連をもう一つの券法にしようとしているけど、スウィープザボードまでは買えず。勝つときは楽勝する馬で、そういう馬の素質は買えたが、まさか、ここまで仕上がっているとは。
 今週は、マラソンやった札幌の町がきれいで望田潤さんが羨ましかった。ところで、サッカーは、なんで守っているくせに、シュートから逃げるのだろう。鼻の骨が折れるのがイヤなら、横向いて跳び上がればいいのに、情けなくて・・。
 ネットのダイジェストだけ見ていたが、柔道とソフトと野球とレスリングとバスケが、おもしろかった。

レパードSは、乾いたダート。メンバーが薄いせいか、とくに勝とうと意氣込む馬もいなくて、平均ペースだが中盤の中だるみで、ペースは落ち着いた。
 メイショウムラクモは最初のコーナーの入りが問題の半分くらいだったが、柴田善は慌てずに中団やや前でコーナーへ。誰も行こうとしないのでコーナーでは3番手に上がっていた。それからペースが落ち着いたから、好位差し有利な新潟ダートが、よけいに前有利となって、これでは差し馬など来ない。まあ、格の違いで楽勝という感じ。
 堀厩舎のルコルセールは大きく離れたしんがりで、見るべきこともなく大敗。やはり、最終追切りをやってから青函海峡を渡るのはムリだと思う。藤沢和厩舎がよくやったが、たいてい巧くいかない。堀厩舎でもダメだった。
エルムSは、乾いたダート。
 トップウイナーがハナを主張したので、ルメールのアメリカンシードは控えて、それでも馬は行きたがっていたが、牽制する馬が多くて、ペースはかなり速くなった。
 ウェスタールンド向きの流れだったが、さすがに加齢か、4着まで。
 スワーヴアラミスは勢いがある上に、北海道の千七競馬が好きで、ブリンカー効果もあったかもしれない。
 元氣の良さが目立ったのはオメガレインボーも同じで、さすがにマリーンSと同じ2頭での争いとなって、北海道に腰を据えて本氣になった2頭の争いで決着した。まあ、いつもマリーンS組は強いのだけど・・・。

8/7  26−30℃  くもり一時雨  北東1
   台風9号、台湾海峡で北上せず停滞→熱帯低気圧へ変化か。
   台風10号、沖縄から東海上へ、982hPa、房総沖を東北東へ。
   台風11号、小笠原東方で発生し、東北東へ。
■福永は巧いなあ。人が変わったみたいだ。両藤岡は、どうにもならないほど重症。明日は、無関係で済みそうだ。来週から両藤岡と和田は減点しよう。

8/6  25−34℃  晴  南南西1
原爆で死んだ人も英雄です 武田邦彦。
 8月6日。合掌。
 中学の文化祭で、一人で広島からスライド取り寄せて、原爆コーナー作ったら、教師と生徒から、冷ややかな眼で視られた。「エリートが、そんなことするか」だって。わたしは一生忘れないで、その思いを抱き続けている。エリートなら、真っ先に、冥福を祈れ!

8/5  25−35℃  晴  東1
■今日はNYが下げたら、東京は朝から上げていった。昨日と逆。全然、連動しない。もう、混沌としてますね。
 海運株が、コンテナ船の運賃急騰で、びっくりするような上方修正。先週の金曜だったか、午に決算ニュースが流れ、商船三井の200円の配当が550円に上方修正だという。PERがたったの2倍。ゼロ金利の時代に、配当利回りが 9.7 %だというので、飛びつき買い。
 ところが、遅れて昨日、郵船が配当700円に上方修正というので、この配当利回りが10%。PERは、これもたったの2倍。急騰していたコンテナ運賃は、そのうち下落するに決まっているが、コロナによるサプライチェーンの崩壊で、なかなか下落が見えない。下方修正したとしても、それでも配当300円か400円は出そうだから、配当利回りは4−5%だ。えいやっと、飛びつき買い。そして、1日に5−10%暴騰する日々。ああ、忙しかった。7月に郵船を利食いしてなかったら、凄い簡単な大儲けだった。
 もう、株は歳を考えて、ババアのパチンコのつもりでやっていたが、学生さんのパチンコくらい買って、毎日少しずつ売り上がっていくのだ。この海運相場が終わったら、少し休みたい。

8/4  26−35℃  晴  南南東1
■NYは高成長株と、配当や資産がある低成長株が、何か月も綱引きをやっていたが、昨日は成長株で急伸。そうしたら、日本株は朝から売り物の山。まあね。日本には「成長銘柄」なんて、今の時代には、ほとんどなくなっている。
 銀行金利がゼロみたいなものだから、下がるときは先物でヘッジしながら、配当でもとっていったほうが良いかもしれないなあ。
 ここ1年は、年10%ちょっと売り買いで取れたが、高配当株でジッとしているのも手だな。
 NYがいつ天井を打つのかは、もう分からなくなってきた。成長株はアメリカだけには、いっぱいある。困った国だ。

8/3  27−33℃  晴  南南東4
■1年5カ月前から、世界中の人が、そう言っていた。PCR商売は何兆円もの売り上げだそうで、1年前から日本でもフェラーリとか乗り回していると、ツイッターに書かれていたよね。
■@takuya_angel
【CDCが(イカサマ)PCR検査中止発表】
(2021.7.21発表)
2021年12月31日以降PCR検査は使用しない
インフルと区別がつけられないからとのことです。
クラミジアとの区別もできないよね。
気がつくの遅いね。

8/2  26−33℃  晴のち一時夕立  南南東2
■@munakatazin
8月2日(月曜日)自衛隊、熱海での災害派遣ありがとう。 拡散お願い。
マスゴミは、567の煽り報道で、もううんざり。

8/1  24−34℃  晴  南東2
■「通算予想成績」「メルマガ」「血統論」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と券外で【14−9−6−31】。
 関越Sはスローなのに◎ジュンライトボルトが後方でやる氣なし。2F行って、もうダメだと思った。岩田望は、ほとんど評価してないから大減点するしかなかったか。こんなレースで後方から行くかねえ。
 こうなると、ウインイクシードが血統はイマイチでも、流れが合って、ちょうど良い具合。松山だし、乗りやすい展開だった。後悔した。16番人氣のソッサスブレイを連れてきたから、ワイドは万馬券だった。
 もう、10番人氣以下なんて、当たり前のように来る年だから、この軸は、ちょっと血統に拘りすぎたか。重賞とオープンでは、血統の評価点数が同じでは、ちょっとおかしいですね。しかし、穴がほんと来ますねえ。ワイドの総流しは正解ですよ。

クイーンSは、内中伸び。
 直前に雨になったが、3週間も1滴も降らないという奇跡のような函館競馬だったから、影響はなかった。マジックキャッスルは、たいてい勝てそうなレースだったが、後方にいたテルツェットが、ルメールの神業で馬群の中を割って最短距離で走ってきて交わしてしまった。驚いた。ワイドの総流しでは儲かりそうにないメンバーなので、半分は単勝勝負に出ただけに、悔しかった。
 ルメールならしょうがないか。パドックはマジックキャッスルも良かったが、テルツェットは、それよりも良かった。さすが、ノーザンだな。

7/31  24−32℃  晴  東北東1
■さあ、夏競馬だ。とにかくアイビスからは夏秋だ。わたしの季節だ。競馬は良馬場の切れ勝負がいちばん良い。おもしろさは別だが・・。
■今日は人氣馬に◎を打って、全部券内に来てくれた。相手に10番人氣や11番人氣を連れてきてくれて、ワイド総流しは儲かったからいいよ。
 今年の競馬は、ほんと10番人氣以下が平氣で絡んでくる。無観客のせいかなあ。
 佐渡Sのアナザーリリックは体重大幅減だったが、わたしにはパドックで見て、細い感じはなかった。前走は坂上がってから最後また伸びていたから、距離は大丈夫と見て正解だった。マイルまでなら、ああいうレースだとキツくて最後は止まるはずだから。津村も落ち着いて度胸あったなあ。

7/30  24−29℃  くもり一時雨  風なし
■読者が一人だけ枠珍打ったと言うので、今日は氣分が晴れない。有名人や芸能人が打っている映像に騙されている。どこを見ているのか、人によって違うと言うことか。

7/29  24−31℃  くもりのち一時夕立  北北東1
■台風は秋田沖に抜けて、これでは台風一過にならない。雷雲が関東一円に出没して、1秒だけ停電した。火力発電所をやるべきだというのが、わたしの考えだが、世の中はCO2削減とか、発熱を控えるとかばかり言うから、意見が合わない。ソーラーパネルなんて、山や嶺の樹を伐りまくり、雹が降ったら施設は全滅する。それで大量に、ややこしい廃棄ゴミが出る。あんなものはエコではない。わたしは武田邦彦氏に意見が近いが、どうして討論をしようとしないのだろう。

7/28  23−31℃  晴のちくもり一時夕立  東1
             台風8号は戦後初めて宮城県へ上陸、994hPa。
■柔道でマスクして試合しなくてよかったよ。これで小学校のマスク強制も少し緩むといいのだが。柔道の審判なんか、隣で立っているだけでマスクしてない。
 食事も、「マスク食事」とか、誰も外国人に命令しない。言った途端、世界中で、こいつらバカかと大騒ぎになるだろう。尾見氏が言ってみればよかったのに、根性ない男だねえ(笑)。

7/27  22−30℃  雨のちくもり  北北西4  台風8号は宮城へ?
このサイトで、結果がおもしろそうなことが起きた競技の一部だけ見る のも楽か。
■機器を買うと付いてくるアルカリ電池14本と、SANYO 時代から使っているエネループ25本と、ボタン電池1個と、計40個を廃棄。メモリー効果だと思っていて、継ぎ足し充電しなかったから寿命を縮めたが充電池も寿命は10〜15年だなあ。たぶん。今度は PANASONIC の充電池にしたが、スタンダードにしたから、あれ、SANYO の工場を引き継いでいるから同じなんだよね。エボルタ充電池でないから。
 アルカリは自然放電が少なく10年後でも非常用に保管しておけるというから4本予備で買って置いておく。
 瓶や缶も出せるだけ、めんどうだから廃棄しまくって、断捨離だな(笑)。

7/26  24−33℃  晴  東1
■自転車女子ロードの、落車しながら銀メダルだったオランダのファンフルーテンは強いなあ。単騎逃げにやられたのは競馬でもよくあること。軸はファンフルーテンだろう。

7/25  24−33℃  晴  東1
      台風8号990hPa、小笠原東から北西方向の関東へ向かう予想。
■「通算予想成績」「メルマガ」「血統論」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と1着で【14−9−6−31】。
 毎年、梅雨が明けて、カラッと晴れて、酷暑のアイビスになると予想は好調になる。今年もそう思っていたし、そのために梅雨競馬も一生懸命やってきた。先週の函館記念が内容の良い予想だったので自信はあった。
 勝ったオールアットワンスは狙いどおり。2着のライオンボスは2年連続◎の好きな馬。3着のバカラクイーンが、先週と同じで14番人氣なので、これを連れてきて、またワイド万馬券で、馬券も成功だった。ワイド総流しは、とにかく流して「抜けない」。これは大きいですよ(笑)。10Rも12頭立てだけど、総流ししたら9番人氣を連れてきてくれた。あれ、連勝だと買い切れないよ。
 安田記念、宝塚記念、アイビスが得意で、その間の福島や函館が得意でないが(笑)大好きで、この季節は梅雨と酷暑ですが、競馬がおもしろくて悪い季節ではないです。夏競馬を休む人もいるけど、よく見ているとそういう人は9月競馬が上手にいかないし。夏も少しはやっておけばいいのに。
 昔の右回りの新潟が鬼のように得意で、馬連で12レース買って、準パーフェクトやってます。今でも右回りで直線が短めだと、もっと得意でしょうね。

アイビスSDは、外ラチ沿い伸び。
 1番枠のバカラクイーンが、内ラチ沿いに大逃げ。
 モントライゼは3枠で、この枠を見て◎をやめた。アイビスで、内の3枠なんか◎を打ったこともないし、打とうと迷ったこともない。そんな初歩的なことは、ファンも皆よく知っていて、なんと4番人氣だと思っていたオールアットワンスは、少しずつ人氣を上げていって、パドックを終えると1番人氣なので驚いた。モントライゼのパドックは、もの凄いデキの良さだったが、ファンはよく知っているわ。
 進路だけ確保して、あとは持ったままで700m流して、最後の300mだけ追って勝った。
 ライオンボスは例年は迷わず◎だったが、今年は惨敗続きで元氣なく、57でも◎は打ち切れなかった。やはりピークは越したか。フォトパドックは良かったが、レース前のパドックは覇氣がイマイチだった。

7/24  25−34℃  晴  南1
■町内会は班長が、「やめてもいいんですよ」と言うから脱退したら、昨日はポストに、災害時の避難場所は、会員以外は集会所を使えないとか、市の食糧支援は会員優先だとか、街灯代は他の自治会は会員以外からも徴収しているとか、なんか、愛情のかけらも感じない。人の直訴には、何も返答せずに、村八分みたいにして、こういうこと言うかなあ。
越後Sのエアコンヴィーナは、厩舎筋が太いかもしれないと言っていたが、あの追い切りで太いことはないだろうと◎にしたが、なんと12キロ減。太いどころか減っているではないか。なんか、五輪ボケなのかなあ。3場開催もやればいいのに。

7/23  25−33℃  晴  南東1  東京五輪開会式
■イベルメクチンを承認した国が、どんどん感染者が減っている。日本人の発明なのだから日本も承認してほしいね。

7/22  24−34℃  晴  南東2
          台風6号950hPaは、沖縄南で、西へ曲がって石垣から上海へ
■なんだ、世間は4連休か。知らなかった。
現物買いと先物売りを、量的にちょうどイーブンにしておくべきだったか?
■ライオンから打つそうだけど、サラブレッドには打ちませんように。
■@You3_JP
動物もワクチンを打つことになった。動物園で打ち始める予定だけど、次はペットかな?
もう十分だと言わないと終わらないだろうねえ。

7/21  24−34℃  晴  東南東1
■あっという間に米国債が買われ、あっという間にまた米国株に金が戻ってきた。何やっているんだろう。世界経済は低迷しているというのに、個別に大会社が儲かっているという不思議を理解しないと、積極的に投資できない?

7/20  25−34℃  晴  南2
■NYは暴落して儲かったが、NASDAQよりも、ダウ30のほうが下げが大きかった。なかなか、NASDAQにまでいかないか。原油とビットコインは急落。日本は騰落レシオから見ると、そろそろ底打ちは近い。先物を売ったまま、2銘柄、打診買いしておくが。
■オリンピックの開会式の作曲やった人って、いじめやってたと謝罪もなく雑誌で言い放っていたらしいけど、裸にしてオナニーさせたり、うんこ食べさせたりって、凄すぎる。わたしの学校時代は、20年くらい通ったわけだが、いじめっ子には2人しか遭遇しなかった。そういう時代だった。
 いつの頃からか、社会が崩れて、背骨がシャンとした人間がいなくなったのだろうね。今や、どこでもイジメばかりの日本になってしまった。正義とか、法律守るとか、そういう人と出会うほうが珍しいことになってしまっている。

7/19  24−35℃  晴  北東1
■さすがに、函館記念が終わって、月曜の朝に東証の取引が始まるまで、悔しさが残った。夜中トイレに行こうが、歯を磨こうが、ずっと悔しかった。バイオスパークが◎なら3着で券内だったしなあ・・。そうしたら、アイスバブルとのワイドが・・・まあ、いいか。
 ふつうは、すぐ忘れることにしている。そうしないと身が持たない。でも、昨日はワイド総流しで、サトノエルドールとバイオスパークで60倍付いたし、馬連まで、この2頭で買い増したのが180倍も付いていて、いやあ、大乱戦・函館記念は、とりたかったなあ。
 今日は暑いけど、氣にもならない。東証は力なくスルスル下落、アジアも総じて下げ。欧州が始まると急落。それを見て、またNYがスルスル下げている。中長期の先物売りは売ったままで、デイトレの先物ウリもやったが、日ばかりの分も、売り玉を立てたまま残してもよかったか。
 ファンドは、もう2月末頃から全部売り切った。株は郵船とかトヨタ、商社、日立、NTTと、買えば上がるのを繰り返しで健闘してきたが、先日書いたとおり、郵船やトヨタは、さっさと売ってしまった。さすがに今日は全面安。
 枠珍接種が進めば社会は元通りになって景気回復という、給料だけ何千万も取って、意見は横並びという無能アナリストたちの読みが、裏目に出て、接種が進んでも変異株が出て、感染拡大は終わらない。そんなこと、あたり前田のクラッカー。
 葬儀屋の株を買っていたが、さすがに出来高が少ないので利食って、解熱鎮痛剤やいろいろな不定愁訴で薬が売れまくって、店の棚が空だというツイートを見て、ドラッグストアの株を買って、こちらは、ゆっくり上がっていたが、さすがに今日は横ばい。
 NYはNASDAQだけは、いつまでも何年も上げ続けてきたが、わたしは、いずれNASDAQバブルは終わると言ってきた。そろそろ、崩れそうな氣がするが、どうなるか。NASDAQは買いも売りもしてないから、どうでもいいけど、NASDAQが頭打ちになったら、世界中の株は頭打ちになるのだろうなあ。そうなって、考えがあたる日が待ち遠しいのだが・・・。その日が、なかなか来ないので、早く来い!と言いたくなる。

7/18  23−34℃  晴  南東3
■「通算予想成績」「メルマガ」「血統論」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と券外で【13−9−6−30】。
 今週は函館2歳Sは自信があったが、あのペースでハナを奪いに行ってのムリ。
 函館記念は、サトノエルドールとバイオスパークで1週間悩み続けた。2着のアイスバブルから、6着の前走不利のあったジェットモーションまで、5頭が1分59秒2の同タイムという競馬。悔しいね。この馬券はワイド総流しで、どうなっても儲かるので、力が入ったが悔しい。
 サトノエルドールは亀田がレース後に内外の差だと言っていたが、よく分かっている。そこで、例年の函館記念をよく見て、一か八かインに潜り込む努力をすれば、天才少年になれたのに。
 藤岡兄弟と和田が大スランプだから、もっと若手が伸びて、ベテランを弾き飛ばすような競馬になれば、JRAも、もっとおもしろくなると思う。
 福島TVOPで、キルロードはひいきの内田博だし堅いと思ったが、14番人氣を連れてきてくれて、少しは取り戻したが、資金が減って、おもしろすぎる梅雨競馬だった。
 さあ、来週はアイビスだ。毎年、アイビスから夏秋の好調時に入る。今年は昨年からの戦争中だから、一筋縄には行かないかもしれないが、◎サトノエルドール、◯バイオスパークなら、レースが難しいだけでスランプの程度は、少し悪いくらいだと思います。さあ、なんとか。

函館記念は、内中伸び。
 レッドジェニアルとマイネルファンロンが逃げるという意外な展開。ハイペースで行ったが、離れた3番手のトーセンスーリヤには絶好の流れとなった。
 池添のバイオスパークが大外の8枠をどうするかだったが、さすが池添。スッと内に寄せて、好位の馬群の中に入れてしまった。最高の乗り方だった。おかげで四角で外を回さずにすんだので、中を割って直線抜け出すという展開。勝ち馬が走りすぎたが、2着かと思う好騎乗だった。
 サトノエルドールは天才的にゲートが下手。今日は良いほうで、中段の後ろには付けたが、あそこで馬群の中をイン差し狙いできたら天才だったが、さすがに大事をとって外を回して、ブリンカー効果で早めに最近は上がっていくから、直線でバイオスパークに並びかけたが、さすがに、そこまで。外を回った分のロスだ。
 アイスバブルは、インの追い込みで、さすがにムリかと思ったが、例年どおりイン差しが利いた。ポカッと開いて差し込んで3着に見えたが2着だった。
 函館記念はイン差し競馬だから荒れる。今年もイン差しの一か八かが嵌まった。どうしても外差しは損なレースだ。
 人気が割れて、どの馬からも入る理屈が立ったのだが、けっきょく今年もイン差しか。
中京記念は、内中伸び。
 平均ペースで流れたが、それでも高速馬場。カテドラルは安田記念以来だが、貫録の2着。外々回って、モノが違いますよという競馬だった。さすがに、NHKマイル3着、東京新聞杯2着はダテではなかった。

7/17  22−33℃  晴  南2
■昨日は、サファイアはたいてい加熱で色を濃くしたり均一にしたり、いろいろ加工するのだけど、ナチュラルなスリランカの原石で、白と黒とパープルという珍しい色が3点、揃って入手。Amazonから充電池が届いて、ネットスーパーの再開が遅れて、コメをネットで注文して、いろいろやっているうちに、メチャクチャ時間がなくなって、日記を書くのも忘れてしまった。気温とかは記憶です。ネットニュースも見る暇なくて、おそらく梅雨明けでしょう。
■「鉄観音」と「水仙」という種類を混ぜたウーロン茶を、美味いという話なので買ってみたが、たしかに美味い。1年半、緑茶カテキンの抹茶・煎茶とか、紅茶とかの研究ばかりやってきて、結論は、抹茶入り煎茶と、鉄観音・水仙のウーロン茶の2つだな。1年半かかった。
 次は薬草茶だな。お茶とか松葉茶とかタンポポ茶とかばかりネットで買うから、配送の人が不思議人間という顔をしているなあ。
函館2歳Sは、晴良。8枠2頭が好スタート。2頭ほどゲートの中で騒いだせいか、牝馬のポメランチェは出が悪い。11.9-10.4-11.4 で、33秒7のハイペースは新馬と同じだが、出が悪いので、追いかけて強引にハナを奪ったから、ラップよりも速い脚を使っている。あそこは雰囲気的に、もう諦めて、カイカノキセキの位置で、好位差しを狙うしかなかった。それくらいできないと困るだろうに。藤岡兄弟と和田のスランプはそうとう根強いのかもしれない。触れるだけで怖くなってきた。
 イチローイチローあたりが4着なのだから凡戦だ。

7/16  22−32℃  晴一時雨  南1  梅雨明け
■使っていたネットスーパーがコンピュータのバグで情報漏洩したらしくて、なんと、修正に、4カ月も休んでいるから、ネットでものばかり買っている。そのスーパーは、揃ってPCR検査受けて陽性者がいっぱい出て、3つの店舗を休止したり、コロナやPCRを全然理解できていないという珍しいスーパーで、株はズルズル下がるので売り逃げるのでたいへんだった。怖いから、トイレットペーナーなど3年分も買い置きしておいて冬はたいへんだった。
 たいていの会社は、陽性者が出たら会社を閉めないといけないから、PCR検査を避けている会社が多いと聞くが、魔逆だ。ゲノムの死骸でも陽性になるから、症状出ないと受けないほうがよいですよと言っても、あなたバカ?という感じで反応無いから、もう何も教える氣もしないので黙っている。最近はPCR検査は受けてないみたいだけど、これから、どうやっていく氣なのだろう。ネットやツイッターで検索して、検査方法くらい調べれば良いのに。「ネットは検索が命」ということを知らないみたい。日本はそういう国になってしまった。検索だって検索エンジンによって、検索結果が全然違うんだけど。

7/15  22−28℃  雨のちくもり  北北西1
■腎臓や尿管や膀胱の結石を3回やった。1回目は、ビールを朝から大量に飲む療法で、水の勢いで排出するのに2カ月かかった。ビール療法の途中で、激痛で救急車を3回呼んだ。おかげで、そのせいで、もうビールや酒は見るのもウンザリで、禁酒できた。
 2回目は、病院に行ったら日本の大手製薬メーカーの「ウロカルン」というカプセルでできた薬で溶けると医者が言うので、飲んだら3日か4日で溶けた。脊髄造影で捜索検査したが消えていた。
 3回目は、ウロカルンで消えるから、ウロカルンの元の四国の野草・ウラジロガシのエキスをAmazonで買って飲んだら治るだろうと思って買ったら、翌日到着して1日半で痛みは消えた。石が溶けたのだろう。大きな瓶入りのを買ったが、大量に余った(笑)。
 東大病院とか行くと、入院して、高周波とかいろいろなもので爆破すると意気込んでいるが、なーに、四国の野草を飲めばすぐ溶けるのよ。アホらしいと思うよ。
 新型コロナもインドの医師は、緑茶カテキンやカレーのクルクミン(日本では難病や抗ガンで使うので有名なウコンのこと)で効くからと(春ウコンのほうが良いらしい)1年前から言っている。中国も、最初は西洋医学でやっていたが、今は20世紀に戻って、生薬で攻めているという。中国が本氣になったら、中医は水準が高いから速効だろう。中国とインドと日本は、そういうレベルは高い。厚労省とかは悔しくて認めないだろうけど。

7/14  22−29℃  くもり一時夕立  東南東2
■今日は、6月に庭に除草剤撒いたのが、梅雨で流れたところがけっこうあって、残っていた量を撒き直すが、なんと、梅雨明けになるかと思ったら、夕立でまた流れたかも、笑。やれやれ。年2回だと、2月と8月上旬が良いのかなあ。
■人を助けようと思っても、どうしても助けられない人もいる。辛い。なんで、こんな思いをしなければいけないのだろう。

7/13  23−28℃  くもり一時雨  東北東2
@AKI_ISHIYAMA
"あなたの振動" は誰かの生活に影響を与えています
すべては振動でもある

7/12  20−30℃  晴一時雨  南南東1
■小学校で、8時半から、リュックサック背負ってバーチャル修学旅行をやっているのをTwitterで見たが、もはや、世の中は終わってしまっている。五輪をやめて、こどもたちに修学旅行をさせれば良いのに、2歳時から枠珍接種をするという。やれやれ。
 小学校も、もう必要ないな。マスクしプールに入り、上がるとシャワーもマスクしてやっているし、学校の必要性があるのか疑問に思う。これでは八百長やっていた笠松競馬と同じじゃないか。

7/11  23−31℃  くもり一時雷雨  南東1
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は4着と券外で【13−9−6−28】。
 ダノンスプレンダーが3番人氣だが、今日は相手が楽で、これは来ると思っていたが、11Rから重に悪化して、とうとう悪化しすぎ。それでも、3着にはと期待したが、中盤でラップが緩んで、ハナ差だけ差せなかった。悔しいね。14番人氣を連れてきて6000円のワイドだったが、これだけが今日の見せ場だった。

七夕賞は、福島も朝から晴れたり降ったり止んだり、1レース毎に変化するので一喜一憂していたが、レースの頃は、もう飽き飽きしていた。朝からイン差しが利く馬場で、少しはレースを重ねるとインが荒れていったが、12.4-11.7-11.7-12.6-12.4-12.3-12.0 と、馬場が悪いわりにスローで、とくに2頭が逃げ逃げになったが、この2頭が後続を離してのスローで楽をした。
 直線に入ると、全馬が同じ脚色で、勝ったトーラスジェミニだけ伸びた。
 けっきょく、重上手同士の逃げ逃げで、後続は手も足も出なかった。
 クレッシェンドラヴはパドックで良いデキだったが、重もこなせるのに、負けすぎで何かあったか?
 ヴァンケドミンゴは、荒れた馬場がベストで、あまり悪化すると良くないから、月曜から天氣予報を30回くらい見てきたが、とうとう夜中に起きて腹減ってメシ食いながら、午前2時発表の天氣予報を見て、雨がかなり濃厚なので、ガッカリしながらメシを食った。まあ、やっとメシが食える身体になっただけ良かったが。正午頃には諦めていた。送信時は、日曜は一日中、くもり予報だったのに。あれだけ降るなら(前走と同じで)◎は打てないよ。

プロキオンSは小倉千七。ついに雨重に。
 晴れたり降ったり、メチャクチャな天氣。雷鳴の中、このレースから重(最終レースは晴不良)。
 重馬場になって、先行勢が譲り合って、向正面に入ると12秒5のラップで楽をして、あとは勢いでダッシュ。けっきょく、重上手のメイショウカズサとトップウィナーとメイショウウズマサで、1分40秒台のレコードで決まった。これでは後続は追い付かない。
 期待したダノンスプレンダーにとっては馬場が悪化しすぎた。この馬は少し時計がかかる馬場が合う。ウェスタールンドはイヤな氣はしていたが18キロ増とパドック見て走れる状態には見えなかった。

7/10  23−33℃  晴のち雷雨  東2
ゴミ分別のまやかし
■今日は流れの読みが裏目ばかり。タイムフライヤーは、ちょっと手を動かしただけで馬が引っ掛かってしまった。あれほど酷い気性とは・・。
 おもしろかったのは小倉のマレーシアCだけ。7頭立てで、単勝が7頭とも似たようなもので3.7倍から9.0倍くらいの間にひしめいていた。1番人氣は頼りない馬だった。それで、1枠のジュランビルから、6頭流しでワイドの総流しをやって儲かりそうだから試しにやったら、案の定、3-7-2 番人氣の組み合わせで、600円が970円になった。6頭総流しで儲かるのは、今後は、もうないだろう。

7/9  22−25℃  雨  北北東1
種子法が違憲であるという裁判 が進捗するか。
7/8  23−24℃  くもりのち雨  東1
■欧米の景気指標が回復せず、株は急落。夕方になっても欧州は更に下落。
フランスなどは別荘持っている人はロックダウンを避けて地方へ移住し始めている。地方の小学校は1クラスを4クラスにしたりして対応している。残るのは移民とホームレスだ。経済なんか元には戻らない。金融アナリストは何も自分で考えてないから。
今日の沖縄の中心街。これで株が騰がるか? 政治家や医師は、何も勉強してないから。

7/7  24−30℃  くもり  東1
■欧米の景気指標が回復しないということで株は下落。だって、自粛自粛で、経済縮小させて、貧困層が増えて、経済が好調に戻るわけないじゃない。証券会社って、おもしろい考え方の人が集まっているんだねえ。なかなか、元には戻らないって。
ミートボールは添加物だらけ。この人のブログの食品加工の裏話を読んでいると、添加物だらけの食事摂っているとガンになる理由が実感できますね。えれー、時代になっているんですね。

7/6  22−28℃  くもり  無風
■日本人1億2000万人が、世界の薬の40%を飲んでいるという。呆れる。症状さえなければ、昔風に、血圧は(年齢+90)までは許容してもよいし、抗うつ剤なんか、とんでもない話だ。普通の抗ガン剤も日本以外では既に効かないとされて見向きもされなくなっている。残留農薬の基準を緩めているのも大国では日本くらいだ。
 日本人には生薬の歴史がある。我が家は江戸時代は11代漢方医をやっていたから、東西両方の薬に抵抗がない。戦後の日本人は、ちょっとおかしいのよ。

7/5  20−25℃  雨のちくもり  北西1
■@Dreamliner2017
この動画だと位置関係がすごく分かりやすい
熱海土石流
■大島康徳が亡くなった。中日時代は、最強の8番バッターと言われて、めちゃくちゃ勝負強かった。2000本安打達成する大島が8番を打っていたのだから、監督のウォーリー与那嶺も凄いね。それで巨人の10連覇を1勝差で阻止した。球史に残る、選手が全員口を揃えて最高の山場と称し続けている116戦目の神宮のヤクルト戦は忘れられない。もちろん、わたしもその場にいた。3塁側のベンチの横だった。その後も彼より勝負強い8番バッターは見ていない。永遠に出ないだろう。合掌。
■山の上の保水力のあるブナの木とか伐って、ソーラーパネルを敷き詰めるのは法律で禁止すべきだ。日本には砂漠もないし、ソーラー敷く場所などない。険しい山に囲まれて家があるのだから、雨が降ったらひとたまりもない。
 そもそも地球温暖化が怪しい話で、わたしは寒冷期に移行しているのではないかと危惧している。寒冷化すると穀物収穫総量も減少する。暑い地方が騒がれるが、ああいう場所は、ここ数年、冬はメチャクチャ温度が下がっている。要するに、両極端に気候変動しているだけ。夏と冬で摂氏で80℃も気温差あるなんて・・。日本だけは平穏で助かっている。
■散髪に行くとTVを点けているから視る。でも、ろくでもない人が出てきて、ろくでもない話ばかりしている。TV視ていると、とんでもない人生観になるのだろうなあ。TV持っていると、液晶TVを見せびらかせて自慢する人とか多いが、問題は、モノではなく心と頭の中だよ。
 Amazonの Kindle Unlimited に加入するが、元は取ったが、読む時間がない。

7/4  19−22℃  雨  東1
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と券外で【13−9−6−26】。
 今週は何も良いところがなかった。ヨカヨカは和田で減点すべきだったか? 坂路で2週も49秒台出して、最終追切りは抑えに抑えたが、あれは不自然でもあった。2週前の49秒台をやめて、最終は50秒0くらいでまとめたほうが、馬の氣合は持続できたと思う。
 アイコンテーラーは騎手だけだったが、亀田が乗れているとはいえ、重賞のプレッシャーはあって、レース中も周囲を見る余裕もなかった。やはり経験不足は厳しいか。

ラジオNIKKEIは、福島の開幕週で、小雨が降って、やっとレース前に稍重になったが、残念なことに馬場は荒れてなかった。今年は前線の北上が遅いから、そういう氣もしていたが・・・。
 アイコンテーラーはゲートの繋ぎ目を嫌がって少し遅れたが、好位の4番手という読みどおりの欲しい位置。でも、1コーナーでインにへばり付くチャンスがあったのに、亀田にその氣が全くなかった。相手が強いのだからインにへばり付いて距離得すべきだった。その前のレースでイン差しが決まったから、インへ行くべきだった。2着にきたワールドリバイバルの後ろあたりに。
 勝ったヴァイスメテオールはインでジッとしていて、4コーナーは馬群を割りに行って、アイコンテーラーなどを外に弾いて、瞬発力抜群で抜け出した。枠が内すぎて減点したが、丸山はこういうレースは来るからなあ。
 直線はインの馬が伸びて、あとは皆同じ脚色になってしまった。小倉とまったく同じで、インを狙った馬の勝ちというレースだった。

CBC賞はAコース、内中伸び。
 2ハロン目からハイペースで、10.0-10.7-10.9-11.1 と行ってレコード勝ちの逃げ切り。ロードカナロアにスピードの配合で、サクラバクシンオーを入れたからスプリンターのロードカナロアになった。Storm Bird ≒ノーザンテーストで、リボー系のクロスもあって、まあまあ良いのだが、逃げ切りは読めない。
 2着のピクシーナイトはイン差しをやった福永の好騎乗。
 ヨカヨカはスタートが悪く、このハイペースを追い上げていったから、さすがに止まるだろう。あのスタートなら、アウィルアウェイあたりと一緒にいるしかなかったが、和田竜のスランプは本物か。

7/2  21−26℃  雨のちくもり  東北東1
■アイコンテーラーの祖母は、Nijinsky ≒Norternette 2×1と書きましたが、夕方よく見ると、3×1でした。訂正です。
■福島は思ったより馬場は悪くて、差しが決まりますね。読みにくい。日曜に少しでも降ってインが荒れてくると、七夕賞は外マクリ狙いですかね。
7/1  20−23℃  雨  西北西1
■松葉茶と松の樹脂は、どちらが効能があるかがよく分からない。生薬は大事で、地球には生き物に必要なものは、すべて揃っているというのが、わたしの考えだ。江戸時代はずっと漢方医だった家だから、庭にも薬草が少しは植わっていた。生き残る方法は、考え続けているが、有料メルマガの読者は、お客様だから優先して助けないといけない。それ以外は、どうせ、わたしをバカ扱いして自分で調べようともしないから、17カ月前から、血統と同じで助けようがない。
■■非常に重要な一年が半分終わった。6月末と12月末は、神社の大祓だ。流山時代は、電車1つで大宮の氷川神社へ行けたから、6月の大祓も、仕事の息抜きがてら行っていた。子供の頃も地元の八幡神社の氏子で、そういう行事に参加していた。紙の人形(ひとがた)を枕の下に敷いて寝て、それを持ってお祓いに行った。そうして夏が来るから「夏越し(なごし)」と呼んでいた。そういう風習も、季節感があってよいかも。


-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←