homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 


    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












5/24  17−25℃  晴  南2
■明治神宮の樹齢100年の樹を1000本切るって、どういうこと?

5/23  15−25℃  晴  北2
■今年のオークスは横一線だったけど、ダービーはメンバーが薄いなあ。

5/22  15−23℃  晴  北3
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favotrites & the Go」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(10−6−6−20)
 どうせ、難しいなら、オークスの軸はプレサージュリフトにするべきだった。それは悔いが残る。そうすれば見せ場はあったし、枠連はとれていた。まあ、そこまで言えば切りがないが、今年のG1は難しい。1番人氣と2枠が、天に嫌われている。
 6枠もVマイルは来たが嫌われている。8枠は、もう6回も出ている。バカラ式なら8枠は攻めるべきだったか。
 しかし、まじめな話、どう見てもスターズオンアースはスマートストライクが出てなく、馬体がスタミナ型に見えるんだよなあ。1週間ずっと氣になっていた。祖母のドイツ血脈と、ダイナカール≒Fioravanti 4×5が凄かったか? 社台らしいガーサントを使ったニアリー・クロスだ。血統は奥が深い。血統と馬体の関連性を、もうちょっと深めないといけないか。
 まあ、サークルオブライフが出遅れなかったら、この2頭の決着だったとも思うけど・・・。

オークスは東京二四、晴良、中伸び。
 放馬した馬が捕まらず、大幅な時間延長。そのせいか、放馬した馬の隣の1番人氣のサークルオブライフが、前に進むどころか上下動を繰り返して、完璧な大出遅れ。
 ニシノラブウインクが大逃げしたが、それでもスロー。パーソナルハイ以降の馬群は超スローだった。上がりの競馬になって、しんがりからの競馬になったサークルオブライフはお終い。どうせ、ああなるなら、ノリみたいにヤケクソにイン差しするしかなかったが、ミルコはそういうことができない。
 11.6-11.3-11.7-11.8 という上がりの競馬になって、真ん中より後ろの馬は関係ないレースになった。
 軸を迷ったプレサージュリフトは、枠を氣にしていた戸崎が巧妙に6番手を進んだが、直線で内へ入れすぎ。アートハウスよりも内でなく外へ行かないと勝てない感じ。馬もスタミナ不足の感じもあったが、超スローで、ナミュールやプレサージュリフトでもソコソコ走って掲示板に載った。
 勝ったスターズオンアースは春秋の東京の良馬場が好きなルメールが久しぶりに、ちょうど良いラインを通って、レーンを交わしたのは、日本のレースへの慣れの差もあるだろう。ルメールがスタミナがあると言っている点と、馬体がマイラーに見えなかったので、母がファピアノのクロスのコントレイルだって菊まで勝てるのだから、スマートストライクがあっても我慢できると見るべきだったか。馬体がマイラーに見えないんだよねえ。悩ましい話だけど。

5/21  18−20℃  くもり時々雨  南東1
■オークスの前日だというのに雨になっている。府中もやや重くらいになれば、オークスは楽しいのに。
■■平安Sは中京千九、くもり良。
 途中からスローになって上がりの競馬。テイオーケインズが59kgで楽勝した。G1勝つような馬は、G3だと59まではこなせないとおかしい。60以上はともかく、59はこなせないとおかしい。昔からそうだ。芝も同じ。
 メイショウハリオとの一騎打ちみたいなレースだったが、スローになった分、差しは届かなかった。

5/20  13−24℃  くもり時々晴  南1
■昨日一昨日と、体重を増やそうと山ほど食べたら、消化できずに腹が張ったまま。しかたないから、ビタミンとミネラルと乳酸菌とタウリンを飲んで、静かに原稿書いて過ごす。食糧危機がくると言うから、少食にしなきゃ。

5/19 13−26℃  晴  南南東3
■今日は雑用で時間なくなった。オークスの枠順見たが、2択かな。ここも難解だ。今年の牝馬は差がないしなあ。

5/18  12−25℃  晴  南南東2
■狭い山野を削って、山の峰にソーラー敷き詰めて、あれは台風でやられるだろう。凄い光景になっている。報道もされることはない。
■給与の半分くらいを、年金や健康保険や雇用保険で引かれて、消費税は上がっていく。そのうち、息が止まってしまう日がくるのか来ないのか?

5/17  13−17℃  くもり  風なし
■海への散骨が増えているという。そりゃそうだ。でも、汚い東京湾でなく瀬戸内海がいいよ。葬式も不要。戒名も不要。散骨だと墓参りに誰かがくる必要もない。
■「ガッテン」やめ。「紅白」やめ。「国会中継」やめ、だって。公共放送を謳い文句にするNHKは、TVないなら視てないけど、ちょっと舵取り間違えている氣がする。NHKとフジTVは退職増えているという。さも、ありなん。

5/16  13−16℃  くもり一時雨  北1
■食糧危機だとか、肥料危機だとか言って、今日も小麦が急騰しているが、新潟の農協関係の話を聞けたが、肥料は撒く人出がないし、暖かいから、肥料やらなくてもスクスク伸びるし、米離れが凄くて慌てることは何もないそう。輸入依存のパンやパスタやうどんは困るかもしれないが、コメは余っているくらいだから、食べる人が増えれば、ちょうど良いとのこと。
■野菜と果物にはビタミンB12が全然入ってない。だから、ベジタリアンは欠乏症になりやすいのは要注意。わたしは海苔の乾燥しているのを、振りかけて食べている。おにぎりに巻いているような奴だ。だから、足りている。完全栄養食品の煮干しでもいいんじゃないか。ベジタリアンが煮干し食べてもおかしくはない。

5/15  16−20℃  くもり  南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favotrites & the Go」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と2着。今年の「軸馬指数」(9−6−6−19)
 今週も荒れまくって難しいレースばかりだった。先週は、40060円のワイドが獲れなくて泣いたが、Vマイルの今週は、勝春のローザノワールが18番人氣で、3着とハナ差に粘ったので、これが3着なら22000円ワイドが的中だった。ワイドにも意地があって、けっこう楽しい。軸馬が3着の馬券券内に来てくれれば、楽しみは十分ある。

Vマイルは東京マイル、くもり良、内中伸び。
 12.5-10.8-11.4-11.6 というラップで、1ハロン目はゆっくり出たが、それならわたしは譲らないぞと、勝春が押してハナへ。おかげで2ハロン目からはハイペースで、終いは 11.7-11.1-11.3-11.8 と、4コーナーからの2ハロンも速くて、凄いきついレースになった。この流れを好位から堂々と抜け出したソダシは、フットワークも良くて、凄い強さだった。直線が長いかと思ったが、阪神マイルの桜花賞も好時計で勝ったし、芝のマイルなら、どこの馬場でも一流だと証明することになった。
 ファインルージュは枠も6枠と最高で、絶好の位置で追走したが、この馬は4コーナー手前からの勝負どころの反応が、ほとんどのレースで(ほんのわずかに)悪い。この馬はオークスで折り合い欠いてクビ上げて負けた以外は、全部勝負になっているのだが、勝負どころの反応がイマイチの分、G1が勝てない氣がする。でも、2着に来てくれて、G1で◎を打ちたくて仕方なかっただけに嬉しかった。
 直線の坂を上がるときに、前のクリノプレミアムだったか、が外へヨレて前を遮り、邪魔になって躓いた。レース後のコメントでも、ルメールはそれを悔しがっていた。その後は、前の馬が、まだフラフラしているので、まっすぐ進むのを諦めて、内の開いたところへ入って馬群を縫って急ぎ追い上げたが、33秒4の脚で2着。あのトラブルがなければ、1馬身以上損しているから、ソダシの2着は、半馬身くらいの僅差だったと思う。
 でも、まあ、今年の春の良馬場の東京は、やっとルメールが来てくれた。
 レシステンシアは横山武史の好騎乗だ。土曜も緑風Sで好騎乗を見せて、これで彼も立ち直れるている氣がする。まあ、横山一家の血筋だから腐ったりはしないかもしれない。
 デアリングタクトはマイルの馬とは思えない。
 ソングラインは、やはり1週前に500kgで、当日は486だったが、何かなっとくできない仕上げだった。あと1週あったら良かったか。サウジあたりにいって、どうでもいいような距離を勝ったところで、こういうVマイルのような栄誉の高いレースを勝てないようでは、ムダな海外遠征をしている氣がして仕方ない。
 ここでソダシに負けたという事実は、どういう事情があろうと、永遠に消えないわけだ。わたしなら絶対にこういう海外遠征はしない。日本のG1のほうが、はるかに価値がある。

5/14  19−26℃  雨のち晴  北西2
スプリングCは、メイケイエールが勝ったが、行きたがっていた。あれでは、マイルはムリだ。今日はメンバーも手薄だったから勝ったが、メンバー強いと、千二でないとムリだろう。
■今日は、アルビージャもタピオカも連対して、3レースだけどパーフェクトだった。こういう日もないとねえ。

5/13  17−19℃  雨  北西2
■自閉スペクトラム症の子供が、カラスと仲良くなっていたというニュースがネットで流れていた。鳥もかなり利口だから、流山にいたときは、窓の外に餌を撒く時間も覚えているし、鳥によって食べる順番も決まっていた。カラスは特に飛び抜けて頭が良かった。

5/12  14−23℃  晴のち雨  南南東
■母の葬式が戒名料、読経料なども含め凄い金額。わたしは葬式出さないし、戒名いらないから火葬して散骨すれば10万ちょっとですむ。それでいこうかなと夢を見て起きた。位牌も作る必要もない。死んだら、最大の問題は、3次元に再生するか、5次元に行けるかだけだ。他のことは余分なことだけど。
■寺山修司のことを書いたブログを見たけど、彼が40歳頃に競馬場で何回か見た。あれからすぐ死ぬとは、ずいぶん早駆けしたものだなあ。

5/11  11−23℃  晴  東南東2
■@Oda_Rena
マクドで初めて「客は神様だろ!」って怒鳴ってる人見たんだけどその怒鳴られてる店員が即答で「他の神様の御迷惑になりますので」って言って一瞬で論破してて思わず笑ってしまった。
■3次元世界は飽きたかもな。

5/10  10−22℃  晴  北北東2
■最近は電子書籍ばかり読んでいるが、菊池寛の『大衆明治史』も、ところどころ読み進めているが、なかなかおもしろい。さすが、菊池寛だ。

5/9  13−15℃  くもり時々雨  北3
■小学校の3年頃から読書狂いになって、今でも毎日活字を読んでいる。馬渕睦夫氏の『道標(みちしるべ)』を読んでいて、芥川龍之介の日本文化への鋭い考察を読んで驚く。そんなに凄い人だったのか。

5/8  16−22℃  晴時々くもり  北北西4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と着外。今年の「軸馬指数」(8−5−6−19)
 今週は、やった特別もやらなかった特別も荒れまくって難しいレースばかりだった。的中率がグンと上がる新馬や未勝利で成績を稼げるとよいのだが、そういうレースはやらないから、こういう週は辛い。競馬場皆勤賞の頃は午前のレースで2つか3つとって軍資金を貯めるのが普通だった。
 NHKは火曜に9択だったが、恐ろしいようなレースで、とにかく軸を当てればワイド総流しは儲かると分かっていただけに、懸命にやったが、それでもやはり難しかった。外枠引いたらマテンロウオリオンでいいかなと思っていたが、最内枠を引いて、「軸馬指数」にも書いたが、スタートが下手だから減点。この枠順が出たときはガックリした。
 結果論だが、この馬からワイド総流しなら、40060円のワイドが獲れてウハウハだったが、その狙いは金曜の午前の枠順発表で潰れてしまった。
 ダノンスコーピオンは東京完敗がどうしてもNHKマイルだと氣になる。それで減点。
 押し出されるように、レーンのインダストリアが◎になったが、馬よりもレーンを信用できてないから、頼りなかった。結果はレーンは普通に乗ったが、馬が切れ負けした。
 今年のG1は一筋縄ではいかない。また、出直しだ。

NHKマイルは東京マイル、晴良。
 唯一の逃げ馬のジャングロは出遅れ。先行態勢の弱い馬が固まってのハナ争いが続いて、速めの平均ペース。先行勢に付いていったセリフォスは付いて行っただけ損。戸崎のトウシンマカオが一枚上手でハナ。まあまあ力があるから、4コーナーでも加速して直線へ。
 好スタートと出遅れが混じるマテンロウオリオンは今日は出が悪い日。最後方に下げて外へ。こうなると、昔の外伸び馬場での東京マイルのノリの真骨頂。
 ダノンスコーピオンはちょうど良い位置から抜け出しを見せ、セリフォスが早めに行って勢いがないのをずっと後ろで見ていたし、セリフォスはそういう馬だ。強い馬が周囲にいないまま直線へ。手加減して悠々と抜け出していたが、外からマテンロウオリオンが追い込んでくると本氣で追い出して勝ち切った。
 共同新聞杯で東京で見せ場がなかったので減点したが、あれは、よほど調子が悪かったようだ。レース後に、あの時とは状態が違ったとコメントされても・・。困った話だ。あの敗戦がなければ2番人氣で、NHKマイルに圧倒的に強い外枠を引いて、絶好の軸だったのだが。
 速いペースに巻き込まれてセリフォスが止まるくらいなのに、インダストリアは伸びがイマイチだった。今のところ千八がベストで、マイルは慣れないと忙しすぎる感じだった。
 来週は運が向くことを期待するしかない。

5/7  14−21℃  くもり  東南東1
京都新聞杯は中京二二、晴良。
秋山が 12.5-10.9-10.6 という3ハロン目が異常に速いハイペースでハナを死守したせいで、後方の岩田望来と酒井がじっくり構えて、4コーナーから追い込んでアスクワイルドモアが快勝。2分9秒台のレコードとは恐れ入った。
 レーンは好位に付いて行ったが、時計持ってないな。あれを追走したら潰れるだろう。岩田望来はインの後方から馬群を割って、最短距離で中に持ち出して快勝。みごとな騎乗だった。重賞を騎乗98レース目に勝ってから、吹っ切れたか。
 札幌2歳S2着だが、あのレースを勝ったのは皐月賞馬のジオグリフで、洋芝とか時計がかかるレースだけでなく、レコードで勝つとは、あのレースの価値がまた上がったか。

5/6  14−25℃  晴  南南東3
■わたしは墓地に反対です。70億人が自分のお墓を作ったら、世界の土地は、お墓だらけになります。一度お墓になった土地は、どの宗教であろうと、再利用できません。文京区のマンションに住んでいた頃に、そこから眺めると、もう、そこらじゅう、全部、お寺か墓地なんですね。外壁塗装やっていた中国人が言ってました。こんなことしていたら東京は墓地になってしまう。中国では山の中にしか作らないと。上海のそばの抗州の人たちだったと思います。まさに、至言。

5/5  13−26℃  晴  南3
■今日は夏みたいに晴れて、でも、ゴミ当番だ。プラゴミの日だが、掃除に行ったらゴミが残っている。おそらく、収集終わってから出したのだろう、イヤミなこった。
 帰りに庭を見たら、まだ小さな草が若葉を出している。一戸建ての借家は世田谷で8年、新松戸で7年、流山で4年借りていたが、毎年2回くらい除草剤撒くと、2年で生えなくなったが、まだダメだ。来たとき1年半も(脱腸だったから)草むしりもせず、ヒマワリ畑みたいに豪快に草ボウボウにしていたのが響いているのだろう。
 この町はGWでも出かけない人が多い。来たとき、東京まで行ってくるとか言うと、驚く人が多かった。べつに、駅まで行けば、あらゆる文化が揃っている東京まで40分だけど(笑)。
 そういえば、裁判の校正しているときは、正月もGWもお盆も、年中休みなく校正ゲラが出て、締め切りは1週間後だった。競馬も毎週あるから、泊まりがけで出かけたのは、36年で1回しかない。毎週、朝から仕事ばっかり。だから、午後少し経つと、公園巡りや、鉱物ショップ通いや、碁会所通いをしていた。
 まあ、若い頃、あちこち通って故郷に帰っていたから、今さら観光氣分もない。映画やジャス喫茶に通い続けてきたし、出張校正でいろいろな出版社に通ったから、繁華街に出なくても、心が錆びるほどのこともない。皆勤賞だった競馬場も行かなくなったし、もうええやろ。

5/4  9−25℃  晴  南南東2
円暴落は止まるのか止まらないのか
 そもそも、通貨は強いほうが良いに決まっている。プラザ合意後の急激な円高などのとき以外では。

5/3  8−20℃  晴  北西1
■NHKマイルの「軸馬指数」をやった。休みもクソもないな。なんと、◎は9択だ。こんなG1は初めてだ。おまけに、この9頭で馬券買っても、獲れるとは限らない。

5/2  10−17℃  晴のち雷雨のちくもり  南2
■4/21の副鼻腔ハミングは、感染力と書いたのは書き間違いで、感染力→感染抵抗力に直しました。副鼻腔を振動させると、一酸化窒素ができて、それに殺菌力や抗ウイルス力があるらしいです。
マスク強要の罪
■電力自由化のエース「あしたでんき」は東電の子会社かと思っていたら違っていた。契約していた5年ほど、すっと子会社だと思っていた。自由化の数社がどんどん撤退・廃業して、電氣難民になっていく。まだ、増えるだろう。わたしは廃業通知メールが来て、すぐ故郷の四国電力の自由化子会社に、住んでいた縁で懐かしいからと言って、申し込んだら。そうですか、うちもも値上げや廃業が凄いかもしれないから、東電にしたほうがいいですよと親切に教えてくれ、すぐ東電に電話して手続き終わった。それ以来、聞きたいことがあって何度電話しても東電は電話が込んでいるというアナウンスだけで、電話が通じない。やれやれ、電話の時間のムダから助かったか。
 ということで助かったから、NHKマイルの難解さに挑もうと思ったら、今日はPCの調子が悪く、Win7の32bit でやったりしていたが、Win10も修理していったら、なんと、起動もしなくなったから、裏技起動して、セーフモードで立ち上げたり、BIOS 書き直したり、復元操作したり、セーフモード起動したりしているうちに、不思議に使えるようになった。やれやれ。3時間も浪費した。パソコンはもう9年も2台の中古を使って、2台で5万円という安さ。
 凄い中古サイトを見つけたりするのは得意技だから、安くすむのだけど、何しろ中古だから、最初に買った人から見ると、もう12年くらい経っている機種なので不具合が多い(笑)。あっちがダメ、こっちがダメ、それでも16台目のマシンだから、中古でサポートもないけどネット検索で直し方を見つけては、直す。もう満身創痍だ。でも、ホームワークとか言って、今のPCは値段が目玉が飛び出るほど値上がりしていて、あんな価格で新品買うのは癪に障る。私は中古でも、CPUだけは実測値が速いのを選んでいるから、まだ使える。もう少しインフレが収まるまでは我慢しよう。世の中、めちゃくちゃだけど、わたしみたいに人類絶滅願望がある人間には、ちょうど良い時代だ。
 株は今日も小動きで、もうやる人も居ない。私もポートフォリオ最小で、葬儀屋の株と食糧危機の銘柄が下げないので、楽しみにしている。一部の政治家が言うように、人口が過激に減るとなると、絶滅の日も近くなるかも。太陽フレアも活発だ。もう、地球の3次元は飽きた。

5/1  11−14℃  くもりのち一時雨  北西2
口呼吸の方法
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着。今年の「軸馬指数」(8−5−6−17)
 今年のG1は一筋縄に行かないが、我慢に我慢して2勝目。こういう年は、取れるときは我慢。攻められるときは攻める。それしかない。それがどこまで、できるか。
 青葉賞のレヴァンジルは、追切りの判断だったか。難しいな、今年の仕上げは。名調教師たちに文句言うわけにもいかないが、どうにも今年は仕上げがややこしいと思うよ。

天皇賞春は阪神2マイル、晴やや重。
 ずっと小雨が降っていて、レース前に晴れてきたから乾くわけではない。
 スタートでシルヴァーソニックが落馬。隣のタイトルホルダーは一気にハナへ。この馬は、菊も日経も中盤でペースを落とすが、今回も落として、3コーナーからスパート。いつものパターンだった。
 クレッシェンドラヴのベテラン内田が牽制しに行ったが、そこまで。それ以上の力はない。それに、落馬した空馬が絡んできて、好位勢は乗りにくそうだった。中盤は、空馬が壁になって、タイトルホルダーはペースを落として楽をした。
 3コーナーで逃げ馬がスパートして同時にディープボンドも仕掛けたが、その瞬間にテーオーロイヤルの菱田が外に膨れて、ディープボンドの和田は泣いた。まあ、それがなくても勝てなかったと思うが、もう少し見せ場はあったと思う。
 他の人氣馬は、ちょっと後ろすぎて、逃げ馬がペースを落として中だるみになるのに見せ場を作れなかった。外回りから内回りに行って、少しずつ忙しくなるのだから、ちょっと縦長すぎた。
 横山一家は、これで3代で4人目の天皇賞制覇。おめでとう。1代目がいちばん好きだったが、まあ、皆好きなほうかな。私と相性の良い一家だ。横山和は先行馬以外はあまり買わないが、タイトルホルダーはそうとう上手に乗っているなあ。おめでとう。

4/30  7−18℃  晴  東北東2
青葉賞は東京二四、良。
 馬場は、晴れて乾いてきて良になった。
 先行馬はいるが逃げ馬がいないレースで、まあ、スローが普通。
 川田のロードレゼルが好スタートで出て、行く馬がいないので、抑えて困っていたが、外から戸崎が強引に行って戸崎だけハイペース。他は中だるみの平均ペース。こうなると、好位差しが利くのだが、中距離が鬼の池添のプラダリアが、内枠から好位にいて直線外へ出して、キレイに伸びて差し切った。ロードレゼルが残って2着。
 レーンのレヴァンジルはスタートしても、少しだけだが行く感じを見せるし、ハナに押し出される心配が無くなっても、ドッシリしてなかったので、直線に入って伸びようとしたら、プラダリアがすぐ来て、並ぶとヨレたりして抵抗は全くなかった。
 最終追切りで身体が汗で真っ白になっていたが、気性が難しくて子供だなあ。秋までに、どう気性が成長するかだろう。

 横山武史は少しはG1連敗の悪影響が心理的に利いているような気がする。馬の体調不完全や枠が、ほとんどの敗因だったのに、かわいそうだ。
 桜花賞は、スローで内の馬が残りそうだったから、途中で動いたのが裏目で、直線で止まって後ろの馬にも交わされたが、ああいうときは、マイラーズCのソウルラッシュみたいに、出が悪く後ろからとかになったら、居直って後方でじっとして、末脚に賭けて2着狙いのつもりで乗るのがいちばん結果は良い。浜中のソウルラッシュは、後方で居直って突き抜けて勝ったが、横山武史は、もう我慢できない感じで、動いて止まった。動けば、とくにG1のメンバーだと止まる。ちょっと、春は、心理的な壁ができたかな?

4/29  11−15℃  くもりのち雨  北北東1
■石集めは、20年間、たいへんだった。糸魚川の青翡翠を最後にして、もう集める氣が失せた。母が亡くなったせいだろう。私も死ぬことを思うと、石好きの子供を持ってないと、集めてもゴミになるのは石にかわいそうだ。
 どなたか、100個単位で、私の石をまとめてもらっていただけないでしょうか。
 時々眺めていたい10個くらい残して、全部、無料で差し上げます。メールください。先着順です。50歳以下で、ノー・〇クチソの方がいいです。子供さんが石が好きならなお良いですが、誰からも申し出がなければ、そこは問いません。

4/28  15−19℃  晴  東南東3
■電力自由化で、東電の子会社の「あしたでんき」で電気を使っていたが、めちゃ安くて助かった。1月頃から新規加入受付停止と書いていたから、損が出たかと思っていたが、今日の朝のメール・チェックで「廃業」とのこと。いやあ、参った。
 故郷の四国電力の自由化子会社にしようと思って電話したら、自由化の企業群は価格抑制力がないから、電力の売買市場で力が発揮できないから、資源価格が下がるまでは値上げ圧力がかかるので、やめたほうが良いですよと親切に言うので、原油安になるまでは東電に戻ることにした。朝は電話が空いていて早い者勝ちで助かった。午後は質問あって、また東電に電話したら繋がらなかった。
 同期が四電の原発に居たんだよと言ったら、いろいろ教えてくれた。小学校の近くに発電所があって、四電の寮の子がエリートの子だから、ハイカラな女の子が混じったおもしろい田舎町で育ったのだ。あの頃が懐かしいなあ。

4/27  19−27℃  雨のちくもり一時晴  北北西3
■今日は川越駅周辺に用事があって出かけたが、欧米とは違うんだな。マスクしてない人は1人しか出合わなかった。先週も長身の美女・1人だけだった。わたしは、人混みではシェディング対策用にマスクして、人が居ないところでは外す。

4/25  12−27℃  晴  南南東3
@Core_Pride_Uw
無農薬野菜は虫食いで
形が不揃いのが当たり前と思ってた。
けど、勉強家な農家さんと話したり
実際に農業に携わり肥料を学び始めて
違うのに氣づいた。笑
土の栄養を使い切ると肥料が必要。
適切な時期に適切な量の肥料を使う。
窒素が多いと虫が湧く。
Caが少ないと細胞壁が弱く野菜が脆くなる。

4/24  17−19℃  くもり一時雨  北北東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(8−4−6−16)
 あいかわらず重賞は難解。6番人氣のソウルラッシュは狙いどおり。フローラSは単純に考えて、パーソナルハイかと思ったが、少し足りない。でも騎手の好騎乗できてしまった。土日でワイド主力でも儲けは簡単だったから、まあ、いいか。

フローラSは東京二千、良。
 少し雨が降って、良馬場発表だが、馬場は渋った感じにはなっていた。
 行く馬がいなくて、吉田豊のパーソナルハイと、ミルコのシンシアウィッシュが、スローでハナへ。一時は競りになりかけて、吉田豊は意地があるから、ミルコが控えて、パーソナルハイの単騎逃げに変わって、ペースダウンさせて中だるみのペース。
 好位に付けた福永先生のルージュスティリアは、向正面でペースが落ちると好位で折り合いを欠いていた。もう少し、居直って行かせるしかなかったが、結果論だろう。距離の守備範囲は広そうだが、中距離はベストではなさそうな感じだ。
 ルメールのラスールは、中団から外差しになって型どおり乗ったが、距離が怪しいと書いたが、やはり二千以上は威張れないタイプだ。止まった。ヘイローのクロスは怖くて好きになれない。
 戸崎のルージュエヴァイユは、ゆっくり出て、1枠がアダでインの後方と最悪の位置。直線は内が混雑していたので、馬群を割って斜めに外へ出そうとしたが、前がすんなり開かず時間がかかって、最後は伸びて上がり最速の脚を記録したが届かず。二千ならラスールよりは上というレースは見せた。
 けっきょく、好位からイン差ししてきたエリカヴィータが、逃げた同じ2枠のパーソナルハイを差して、シンシアウィッシュも3着に残り、11.6-11.4-11.8 のレース上がりで、東京二千の内枠有利が、そのまま出てしまった、権利を取った馬たちの騎手は上手に乗ったわけだが、味のないレースだった。

マイラーズCは阪神マイル、やや重。
 天氣予報が怪しかったが、少し降って、少し湿る馬場という予想は的中した。
 レースのほうは、ベステンダンクが元気よく逃げて、馬場状態を考えれば、マイル重賞らしいハイペース。
 とはいっても、行く馬は少なく、好位のホウオウアマゾンやファルコニアが粘る中、スタートでヘンな感じで出て、好位差しが板に付いているのに今日は位置どりが後方になってしまった浜中のソウルラッシュが、直線で外へ出したら渋った馬場が向いているせいもあって、グイグイ伸びて3連勝したとおりの快勝を、重賞でも続けることになった。
 エアロロノア、エアファンディタは渋った馬場でフォームが悪く、伸び脚がなかった。

4/23  15−27℃  晴  東南東2
■日曜競馬の「ホースレター」のタイトルが、フローラSでなく皐月賞になっていました。申し訳ないです。夜中、起きてマイラーズCを、暴落しているNYダウを見ながら3時間考えていて、直すのを忘れました。

4/22  13−27℃  雨のち晴  南南東1
■今日は夜糞出て、朝起きたら仕事したり、ああだこうだで1日終わる。メシ食って寝るのか。もう、人生も長くなると、毎日やること同じで飽きます。

4/21  10−20℃  くもり  南南東1
■鼻呼吸でハミングすれば一酸化窒素が出て、感染抵抗力が増すらしい。といっても、ときどきハミングするのも忘れてしまう。ハミングなんか、普段やってないもん。

4/20  9−14℃  くもり  北北西1
■G1は今年は、せっかく1番人氣の死角を見つけても、正しい軸を外す。とうとう皐月は、簡単な外伸びという、そのことだけで決まってしまった。レースというのは、1万種類以上やっていると、たいていのパターンは何度か出尽くすわけだけど、それが認識として残らないのは、新しく久しぶりに出くわすパターンに、頭が付いていかないということか。とすると、知り尽くし、やり尽くすしかないか。まだ、「軸馬指数」と「枠目論」の融合までに至らない。

4/19  9−20℃  晴  南西2
@manomano_farm
最近知ったのですが「動物の数え方は死んだ後に何が残るかで決まる」って話がすごい。牛豚は「一頭」、鳥は「一羽」、魚は「一尾」つまり食べられない部位、残る部位で呼ぶらしい。そして人間は死んでから「名前」が残るから「一名」なんだって。これみんな知ってた?目から鱗だったのでシェアします

4/18  11−16℃  くもりのち雨  北北西1
■横山武史は、馬のデキでG1連敗してきて、とうとう出遅れとは。運が落ちると近寄らないほうがよいのか?
■校正の仲間が毎月1人亡くなっていく。校正の仕事はしないほうがよい。けっしてお勧めできない。納期は厳しいし、見落としは許されないし(とくに、わたしのやった裁判とかレースとか)、目が悪くなるし、徹底的に疲れる。平均寿命が10年は軽く違う氣がする。

■ジオグリフの馬体はムダ肉がないと言って褒めないといけないのか?

4/17  7−17℃  くもり  南3
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(7−4−6−15)
 今週は笠家の終わりを考えて、集中できなかったかも。もう、地球は飽きた。

G1皐月賞は中山二千、乾いて良。
 朝はやや重で始まって、良に乾いてきたが、連続2開催の最終日らしく、内が乾いてこない。そのへんは甘く考えてしまった。
 でも、そうすると◎はドウデュースになるのだが、ドウデュースは武が後方から行きすぎて、届くような競馬ではなかった。
 キラーアビリティは出遅れがすべて。この馬場でインから立ち回りの巧さを買って評価したのに、出遅れたら、インの後方という最悪の位置。これではいけないと、武史がスタンド前で少し押して位置を上げていったが、それをやるといけない馬。どうせなら後方から外回してドウデュースみたいな競馬に賭けるしかない。
 この馬は濃いだろうが後方だろうが、急かせると引っ掛かってしまうから、動かすとダメなのだ。武史も1番人氣でG1を連敗してきたから、原因は馬の仕上げのせいだが、負けてきたという心理的なプレッシャーで勝負勘が落ちてしまったか。向正面に入っても馬が行きたがって、その時点で終わっていた。
 イクイノックスは外枠好きのルメールが悠々と好位の競馬。でも、福永のジオグリフが、ルメールを見ながらの競馬で、3コーナーの勝負どころからピッタリ・マークに入って、ゴール前でグイと出て測ったように差し切った。
 こうなると、円熟味を増してきた福永、春のルメールが、追込み好きの武や、連敗の焦りでスタートまでしくじった武史よりも上手に競馬して、パドックは抜けて良くも見えないのに、荒れ馬場になったせいか、外差しで、ツナギも立っている2頭の競馬になってしまった。
 そのわりに上がり 114-115 で、全体時計1分59秒8では、他馬では手も足も出ない。

4/16  8−19℃  晴  北北西3
■「軸馬指数」とか、わたしのやろうとしている予想は、血統だけではなく、競馬の全てのファクターを扱おうとしている。競馬サイトだと、どれか1つのファクターだけで、わたしはプロとして扱われる権利があるから、18人分のプロの仕事をしているとも言える。月曜に週刊誌をダウンロードしてから、月火水とレースのデータを計算していって、木曜に最終追切りと最終メンバーを見て展開を決め、夕方から主力馬の血統を書き始める。金土は予想原稿を書いたり消したりして送信して一日終わる。そして、日曜はレース後も数十年分の成績整理や、レースデータの整理、他の評論家の予想成績まで計算して、レース回顧を書く。タイミング合えば、レース後の騎手談話もインターネット・ラジオ「radiko」で聴く。
 日曜夕方だけで最低2時間はかかるのです。ぜひ、メインレースの「レース回顧」は読んでください。数年前から、1つ1つのメインレースに命削って書いてます。未だに、発見することや、計算方法の閃きなどあって、努力は尽きることはないのです。尽きることはまずないな。
 血統論だけで、20世紀で総合的な配合論は世界で、知っているかぎり、わたしだけですから。ケン・マクリーンなど、書いたことに中身があまりないですから。おまけに分子生物学の成果だとか故意に見え見えのウソを書いて、シロウトを引っ掛け得ようという策略までした。ほんと、呆れますよ。
 アーリントンCは、阪神マイル、良。
 投数多いから1番人氣からでもワイドの総流しすれば、人氣薄を連れてくると思ったら、なんとも実力や実績のある馬ばかり掲示板に載って、狙いは果たせなかった。あんなものなんだけど、すべてのレースが、ああなれば簡単なのだが。
 中山の下総Sのカフェスペランツァは7番人氣で、しめしめと喜んで買ったけど4着。4着というのがいちばん悔しい着順でガッカリするねえ。1週間の努力が、3着と4着では、全然違うよね。死んで再生するたびに、こんなこと繰り返して、もうね、地球は飽きたから、次から、地球やめようかな・・・。どうしよう。
 好きなスモーキー・クォーツが欠けていて、価値がほとんどないけど、スモーキーの色と透明度が、私が人生で見たスモーキー5000個くらいで、いちばん綺麗。誰も見向きもしない欠けた安いこれを買って持っているんだけど、このすばらしい色を眺めながら、私の生き甲斐は4着なのか、と、しみじみ考えてしまった。
 さあ、サツマイモでも食べようか。

4/15  9−11℃  雨・くもり  北2
■コロナ〇クチソの治験が、2013年1月までと聞いていたが、2014年2月に伸びたそうな。なぜだろうと考えたが、わからない。皐月賞を考えないといけないので時間切れ。肺の常在細菌と、腸内細菌は連絡を取り合っているという。そういう信号説は昔から論文にあって、だから、肺の常在菌を増やしたかったら、腸内のビフィズス菌など、多種類の菌を増やせば良いということになるらしい。

4/14  13−14℃  くもり  東南東1
■高校時代の友達の息子が熱発して検査して、コロナで入院(まあ、普通の風邪かオミクロンかわからないが・・)。かねてより言っておいた治療法で、隠れて飲んだら著効。3日で退院してきた。やはり、私が言ってきたことは、この場合は今のところ、正しかった。

4/13  13−27℃  晴  南南東1
■今度は、昨日か、11日、インドネシアの反政府デモ だって。世界中、凄いね。日本だけ平穏だわ(寝てる? w)。

4/12  13−26℃  晴  西1
■今日は東レの検査不正が発覚。35年前のバブル開始以前から組織的にやっていたとさ。最近も、三菱電機、日立金属、日野自動車・・・。大企業は片っ端からだ。嘘だらけ。笠の家も同じ。
 わたしの感覚では、日本がいちばん正直で淡々とやって、国民も淡々と生きていたのは、70年安保の熱が冷めた1973年頃から1985年のプラザ合意までの、10年ちょっとだ。あの頃は、貧乏だったけど、こすい奴や、ひきこもりも居ないし、正直者ばかりで、関東平野の郊外の町々も、皆、人出と活気に溢れ、個性もあったし、ほんとうによかった。
■嘘つきは泥棒の始まりと言うが、例がないほど高い倫理を誇った日本人も、もう、最近は嘘だらけ。TVの娯楽番組とスマホのゲームばかりのせいでは? そろそろ、地球も清算してもいいんじゃないの? 50年後は、どうなっているんだろうね?

4/11  11−25℃  晴  南東2
■相場は冴えない。まあ、半導体の原料まで輸入できなくなったら、日本は物作りもできないからなあ。私の持っている株は、昨秋から景気悪化の読みでポートフォリオ組んでいるから、今年になってからも、トータルでは、毎日あまり動かない。いざとなれば、北海道は中ロに、沖縄は中国にあげればよい、なんて書くと怒る人がいるんだろうなあ。こういうのは手遅れになったら、もう、どうしようもないんだけど。

4/10  11−27℃  晴  南南西
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(6−4−6−14)
 週刊誌を買って、NZTをやったら、的中できるなと思ったが、NZTはG3にしようかという話もあるほどで、だから、そこまでしてやると恥ずかしい。アカイトリノムスメは◎にする氣がなかったが、取り消してワイドの配当が減ってしまった。
 桜花賞以外の5レースは全部券内に来たのに、これだけは、どうしようもなかった。
 逃げ馬不在で、武英智のダートの逃げ馬を出してきたから、エイヤッと武豊の2番手抜け出しを狙う手もあったが・・。ちょっと展開やアヤや枠順で、15点あげても指数が足りない。ある程度、流れると思って、外枠の追込みは減点しなかったが、武一族の智慧まで相手にしないといけないから、競馬は難しいなあ。
 パドックでナミュールを見ると、426kgと4キロ減。もう腹が巻き上がってギリギリだった。完調でないことはたしかだ。パドック見て、たぶんダメだと思ったが、まあ、今年のG1は毎週難しいなあ。1番人氣のレシステンシアやエフフォーリアをけなして、話の筋の真ん中へんまでは読めているのだが・・・。皐月賞も難しそうだし人生はなかなかたいへんだわ。

G1桜花賞は阪神マイル、良。
 武英智のダート千四の逃げ馬を出してきたのは、武一族のタメだろうと思ったが、まあ、そうも書けないが、やはり逃げて途中でペースを落として、千通過が58秒8と3歳マイルのG1としては、のんびりしたペース。
 そこに武幸四郎厩舎のウォーターナビレラが“桜花賞の武豊”で出てくるから、怖いなと思って、「軸馬指数」にはヤケクソで乗ったら怖いと書いたが、要するに書き足りなかったが、人氣の追い込み馬が揃って外枠を引いたので、3枠から好位抜け出しで勝負してしまえば、それだけで競馬の鉄則に入ってしまう。
 案の定、途中からスローになって馬群はダンゴ。こうなったら、デビューしてから20年、桜花賞と言えば武を勝っていれば良いとまで言われたユタカだから、嵌まってしまえば決まってしまう。前走は休み明けで8kg増で、今回は14kg減。パドックで、アルーリングウェイ、ベルクレスタと並んで、いちばん輝いていた。
 直線に入って、もう嵌まったと思って、凄いレースになったなと思ったが、武の後ろは、2枠の藤岡佑のアルーリングウェイ(8着)と、その後ろが川田のスターズオンアース。吉田豊(6着)もそのへんにいて、まあ、この連中は武豊マークを狙ったなと後で思ったが。
 ペースが緩んだときに、3コーナーでナミュールは1番人氣だから、まずいと思ったか動き始めた。隣のミルコのサークルオブライフは、それを見て手綱を引っ張って抑えた。最後のこの2頭の差は、その分の差でしかない。
 サークルオブライフは我慢させて追い込みに賭けただけに、33秒3の脚で迫ったが、ペースは緩いし、大外を回すしで、差せなかった。
 展開がすべてだった。人氣が外枠の追込みだから、内枠から先行して抜け出して、あとは Flower Bowl の〈4分の3同血クロス〉で、11.1-11.5-11.5 の上がりのレースを粘ってやれという武一族の作戦は正解だった。これで勝っていたら、歴史に遺るレースだっただろう。
 スターズオンアースもクイーンCで粘りに粘ったから、ミスタープロスペクター4×3で好位差しなら、力はある馬なんだな。まあ、クイーンCで負けたから、狙う氣はあまりなかったが。

4/9  8−24℃  晴  南南西2
ニュージーランドTは中山マイル、良。
 ジャングロは逃げ切るかどうかの一発勝負だから、豊が乗ってあれでよいのだが、マテンロウオリオンは、やはり1枠がアダで、下げて外に出す手間の分、位置どりが下がってしまい、最後は抜けた脚を使ったが逃げ切られた。
 エンペザーは読みどおり、外から楽な流れになって、一時は逃げ逃げもあったが、少し力不足だった。
阪神牝馬Sは阪神マイル、良。
 パドックはアンドヴァラナウト、デゼル、メイショウミモザが良く見えた。アカイトリノムスメはチャカチャカうるさくて、外傷で取消になった。マジックキャッスルは元氣が全然なく氣合不足の5着。ジェラルディーナはケツから行ったが、あれで全部差し切れるほど強くないから、パドックでも、まだ力不足に見えた。
 ゆっくりスタートして、次第に速い平均ペースになる競馬。
 内枠は皆、好スタートで好位に付けられたが、福永のアンドヴァラナウトは付いていったが、デゼルは下げた。走っているうちに、少しずつ位置どりが下がるというのは、ラップにもよるが、リーディング・ジョッキーになりたい人のやる競馬ではない。これを説得するには1000字か2000字必要だから、少し誤解されるだろうが、とにかく末脚勝負にしようというのは、よほどの決断が必要だ。前のレースをプログノーシスで後方一氣を鮮やかに決めたから、もう一丁と思ったのだろうが、こちらのレースはプログノーシスと違って、力差は微少だからなあ。
 だから、そういう乗り方は、見ていてゾッとする。
 福永も褒めなかったが、藤田伸二に叩かれてからガラッと良くなって、今は褒める。川田の今は、いつも褒めないのは、そういうことが大きい。
 べつに恨みがあるわけではないから、変心すれば褒めたい。

4/8  10−21℃  晴  北2
(「軸馬指数」の訂正)

 デゼルの母は、Hail to Reason の母の父と は薄い〈全きょうだいクロス〉を2重に持つ。 ということで、ダンスールファビュルー≒Ajdal 3×4の〈4分の3同血クロス〉ということ になっている。

4/7  11−16℃  くもり  南東3
■明るい性格だった藤子不二雄Aさんが88歳で亡くなった。若い頃、「トキワ荘」で漫画書いていた人たちは、たいてい60代でなくなったみたいだ。徹夜仕事や根を詰めた仕事は寿命を縮める。
 わたしの仕事仲間も、最近は月に1人ずつ亡くなっていく。暗めな職場で、小さめな時の校正とか、酒飲みながら朝方まで仕事とか、そういう連中は同じ団塊の世代でも、ほとんど逝った。10人衆といわれて、あと3人だよ。

4/6  11−21℃  晴  南南東3
■今日も散髪に行く日は晴れ。いつも、バス降りると止むし、家に入るとザーッと降り始める。最近は30分かけて駅前まで歩くのだけど、晴れる。
 人出がなく誰も歩かないド田舎だから、マスクしないで出かけるが、氣に入らない人が多いみたい。駅前の交差点で、マスク無しのさっそうとした背の高い美人がいてホッとする。これでマスクしてない人と擦れ違うのは1年半ぶりだ。WHOも、とうとう2月末に、マスクしても感染予防効果はないと言って、アメリカなど、さっそくマスクを外し始めた。こういうこと言っても、理解できる人が居ないのが寂しい話だ。スマホ流行ってから、特に、皆、何も考えなくなってきている氣がする。
 エクソソーム? ADE? そんなこと誰も知らないよ。

4/5  8−18℃  晴  北2
■とうとう寝床で、うつらうつらしながら、大阪杯の3頭の「軸馬指数」を算出していった。眠りに落ちる頃には、レイパパレが、わずかに最高点だった。

4/4  6−10℃  雨  北北西4
■高松宮で大好きなレシステンシアを1番人氣でも、フォトパドックで嫌い、大阪杯で大好きなエフフォーリアを1番人氣でも、フォトパドックで嫌い、それであたらない。
 夜間に少しだけ降るという予報だったから、レイパパレだったか。たしかに、馬体で5点あげなかったのはミスだ。そうしておけば、プラスで5点あげて、いろいろ加点できて、人氣2頭は減点すれば足りないことはないけどねえ。重賞未勝利でも要注意なのだから、そこまでやらないといけない年か。

4/3  6−9℃  くもり時々雨  北北西2
◆そうなのか。ジャックドールは右トモ落鉄だって。悔しいなあ。

■「メルマガ」「通算予想成績」「エッセイ」「血統論」「ブログ」2つを更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(6−4−5−13)
 ダービー卿は頭使いまくって4択は成功。大阪杯は最初から2択だと思ったのが油断か。高松宮も最初から3択だと思ったのがヘソか。今年は強い馬がいないから、もっと手を拡げないとダメかもしれない。たいへんだわ。

大阪杯は阪神二千、くもり良。
 パドックはジャックドールとポタジェが抜けて良く見えた。
 レース1時間前に、ラジオで騎手のインタビューを流していたが、横山武は「エフフォーリアは八分のデキにはきた」と言っていた。普通は、G1だと九分というものだが、八分は、ダメだということ。やはり、何かあったと思う。秋華賞のアーモンドアイのフォトパドックも怪しいと書いて、ずっと◎だったアーモンドアイをけなして、◎を打たなかったら、レース後に、点滴を打っていたと告白された。あれくらいなら、わたしにも見抜ける。このエフフォーリアも、ずっと◎だったから、わたしがけなすということは、よほど悪いのだ。絶対に良くない。今はTV捨てたから細江純子さんも聴けないから、ラジオの京増真臣さんしか参考にする氣ないが、パドック解説の誰も褒めない。きょうそうさんは、最良の押しはポタジェだった。やはりなあ。今日のポタジェは良かった。
 スタートは横一線。ウインマリリンが二の脚が速く、1コーナーまでに速い流れになった。ウインマリリンは抑えたが、ジャックドールとアフリカンゴールドが行って、123-103-120 というややこしいラップ。
 「軸馬指数」に書いたが、わたしなら、こうなったら控えて3角先頭を狙う。2ハロンめの10秒3はないよ。先週の高松宮のレシステンシアが、121-103 で、これで1番人氣がハナというのも速すぎると思った。昨年のアイビスサマーダッシュのライオンボスが、117-102 で2番手だったくらいだ。金鯱賞のジャックドールは、125-110 だ。今回のほうが、0.9 秒速い。5馬身くらいだ。千メートル通過が58秒台と聞いてダメだと思った。2番手から勝ったことがあるのだから、東京戦か前走で2番手から試すべきだったと思う。
 レイパパレはスッと前に行けたが、後ろから強引にアフリカンゴールドが来たら譲った。国分恭介など何するか分からないから、相手にしないほうがよい。
 そういうわけで、絶好調のポタジェが勝った。パドックが良かった。吉田隼人も長距離では、けなしたが、やはりマイルから二五までの騎手だ。そのへんの距離は一流だ。
 ポタジェはスイッと好位に付けたが、エフフォーリアはゲート出て最初から手が動いていた。八分のデキでぶっつけとはねえ。

4/2  2−12℃  晴  南南東2
ダービー卿CTは、大乱戦で、4択の中で枠の巧拙が2頭にあったので、なんとかダーリントンホールを◎にしたが、なんと内枠の馬が、下げて外回して差し切ってしまった。そういうことは騎手のとっさの閃きなので、到底読めない。フォルコメンは自在だから△にはしたが。じんせい、たいへんだわ。
■今日は頑張ったのに。コーラルSは、2番人氣の川田のボンディマンシュが大楽勝気味に直線に入ったが、ペースは速いのに意外と逃げ先行馬がバテず、前も斜め前も、まったく開かず、持ったままで直線をずっと走ってきて、その間に、外から16番人氣のメイショウアリソンなどが、トロい脚で伸びてきて、負け。穴ワイドを取り逃して悔しい。

4/1  4−11℃  晴  北北西5
■石集めをやめたら、観葉植物がほしくなった。花粉症とかの人は、細菌と十分に共生してないから、部屋に観葉植物や土をたっぷりおくと良いらしい。そういう科学があったか。




-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←