homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 


    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












10/5  23−16℃  くもりのち雨  北3
■ノルウェーのイルカの大群。
@Gabriele_Corno
Exceptional superpod of over 10,000 dolphins spotted off the coast of Svalbard in Norway
https://twitter.com/i/status/1577199496307556352
■今週の「軸馬指数」は重賞3つやります。

10/4  17−29℃  晴  南南東4
■NYが大反発して、日本も暴騰。凄いけど、付いていかない。まだ、ネット証券のAIの言うとおりには事態は進んでいないし、混迷には違いない。持っている商社が1日に7%も上がったのには驚いたが、そもそも下がったのが異常だったから。競馬も100万馬券がどんどん出るし、何もかも大荒れだ。凱旋門賞だけは、あいかわらず Miswaki か。

10/3  18−27℃  くもりのち晴  風なし
■イギリスの家庭の電氣代が5万円だというので呆れていたが、日本も調整金の上限を秋から撤廃して、このまま原油が高いと、4万円を超えるような家庭が出ると計算できた。たいへんだわ。
 今日の日本の株の逆行高は、大量の年金買いによるものにすぎない。

10/2  16−29℃  晴  北1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と券外。今年の「軸馬指数」(16−12−14−38)
 先週は自信のソーヴァリアントが心房細動で競争中止。神戸新聞杯は、頑張ればなんとかなるレースではあったが難しすぎた。
 今週は苦労に苦労して、土曜のジュンライトボルトが会心の◎。土曜の浜中が特別全勝で、ここもナムラクレアで自信があったが、朝からインの前残りばかりで、直線の内馬群捌きの競馬が見え見えで、大事に乗って外回して終わり。
 リーディングジョッキーになり、ダービーも勝った浜中だから、私のひいきでもあるし、責める氣にはならない。でも、昨日の晩は、土曜はキレイにインを割ったなあ、さすがは浜中、日曜も私なら4角で馬群が横に拡がるなら、ダメでもインの馬群を割るけどなあと思って寝た。土曜の特別も浜中はインの馬群を器用にサーカスみたいに割っていた。G1だとやらないかなとか思っていたが、やはりやらなかった。私なら、責められてもやる。
 難しすぎる問題だけどなあ。年齢は私のほうが上なのだから、浜中も次に同じケースがあれば、昔の<中山イン差しの佐藤征助>のように死んでもインを割るだろう。
 あれから何度もビデオ観たが、そうとう距離損している。インの壁は厚くないから簡単に割れた。インに寄っていくべきだったな。勝ち負けだったろう。

G1スプリンターズSはは中山千二、良。
 テイエムスパーダが出遅れ。出し直してハナを奪ったので32秒7の超ハイペース。11.9-10.1-10.7。
 今日は朝から、インの前しか来ない芝で、勝利騎手インタビューでも言っていたが、誰しもそれを意識して乗っただろう。ナムラクレアは付いて行ける馬なので好位の馬群。外から武のメイケイエールも折り合いどころではなく、押して付いていったので、そうとうなハイパース。メイケイエールは、最近では珍しい競馬と、右回りと、トモが寂しく見えたのなどなどで、4コーナーで止まってしまった。
 ナムラクレアは好位の馬群だったが、前が壁で割れないと見たか、外へ出して、7枠から外ぶん回しのメイケイエールのその外を回したので、4コーナーは大外ぶん回し。あそこまで外へ行くと今日の馬場では来ない。一瞬、2着かと見えたが止まった。昨日勝ちまくった浜中が、リーディングジョッキーになったほど上手だから、分かってはいたのだろうが、やはり外へは行かずに、内めの馬群を割るしかなかったと思う。そうすれば、ウインマーベルが割ってきたところは、ウインマーベルより前にいたナムラクレアのコースになって、ナムラクレアが2着で、ウインマーベルは掲示板に来なかっただろう。一瞬の判断だが、昨日の特別でインの馬群の隙間を縫ってきたように、G1でも居直ってやるべきだったと思う。本人もビデオ観てそう思っているだろう。かわいそうだった。
 ジャンダルムは高齢だが、中山巧者で、1枠からインの競馬が嵌まって勝ってしまった。それだけだ。
 ウインマーベルは未勝利勝ちも遅く、能力はかなり出てきたが、やはりナムラクレアより強いとは思えない。アイルハヴアナザーをG1で◎にする氣もおきない。
 春に続いて秋もG1は荒れていく。
 どうして急に極端なこういう馬場になったのだろう。やれやれ。さあ、得意の秋の府中だ。雨なんか降るな。

10/1  18−28℃  晴  北1
■秋風Sのフィアスプライドの浜中は馬群の中を割ってイン差しして、みごとなレースだった。あれが3回に1回決まったら名人だなあ。良い馬が回らずに何年か辛抱して、とうとう爆発してる。
シリウスSはは中京ダート千九、良。
 パドックは◎ジュンライトボルトがドッシリした凄いデキで、周回しながら厩務員が早くレースやろうよという雰囲気丸出し。ピカピカで大きく見せるハピと、ジュンライトボルトが人氣になってきてしまった。
 ハヤブサナンデクンは「軸馬指数」にも書いたが、トロンとしていて氣合不足で好調には見えなかった。やはり、一叩きしたほうがいつも良い馬だ。
 レースは平均ペースで流れて、前に行く馬が弱いので、完全な差し競馬。ジュンライトボルトは中団のインにいたが、内が混み合ってバテて下がってきそうなので、3コーナーから距離損だが、わざわざ外へ出して、あと500からもう一氣に仕掛けて早仕掛けかという感じだったが、よほど手応えが良かったのだろう。石川らしい差し競馬になった。
 ピカピカの毛ヅヤのハピのほうはインにいて、捌けてから溜まった脚が爆発したが届かなかった。ノリよりも石川裕のほうが勘が正しかったか。
 バーデンヴァイラーはパドックで小さく見え、完調ではなかった。ラジオはNIKKEIだから関西2は日経の記者がしゃべりまくるのだが、その冴えないバーデンヴァイラーをジュンライトボルトよりも褒めたりしていて、ラジオのスポンサー会社の記者だから、役得で出演しているだけで、競馬観の中身は何もないから、耳障りで聞きたくもない。本人は得意ぶって喋りまくるのだが、役得だけだろ。ブックの記者でも出せば番組は100倍は良くなるだろう。そう言っておきたい。どこもかしこも恐ろしいメディアの時代になったものだ。

9/30  18−28℃  晴  北北東1
■@QrmhPb4rtA6JxTH
これ、お花も、元気に、
なりますよ
不思議ですね
https://twitter.com/i/status/1569987496003670016

9/29  19−26℃  晴  北1
■@Twitube_123
これはめちゃくちゃ便利だな…
https://twitter.com/i/status/1574327805722042368

9/28  18−26℃  晴  北北西1
■数日前のネット証券のAI予測は、インド株ファンドを売れというアドバイスは的中していた。でも、為替ヘッジして米国債を買えとか、有名な株を買えと言うのは外れていた。
 まあ、NYダウ先物を売ってヘッジしているから、AIが何を言おうと、同じようなものだけど。相場の世界のAIは、まだ端緒についたばかりだと思う。

9/27  19−29℃  晴  北西1
■@simuranana
緊急時に食べるものがなくなったら、松形成層を食べればいいんです。 形成層を生で食べる過激派もいるが、茹でるか炒めるのがベストだ。
https://twitter.com/i/status/1573906581330067463
■松葉茶やピクノジェノールも大好き。

9/26  18−29℃  晴  南南東1
■藤井一至@VirtualSoil
法然院にあった言葉を要約すると「文明度の基準は速い車でも、強い武器でも、科学技術でも、芸術でも、経済力でもなく、弱者に対して国がどういう態度をとるかだ」
https://pbs.twimg.com/media/Fdfy-6WVEAAHBgG?format=jpg&name=small

9/25  20−27℃  晴  北北西2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と券外。今年の「軸馬指数」(15−12−14−37)
 神戸は池添がルメールを氣にして2着もとれず。馬は抜群に良かったのに情けない。
 オールカマーは枠順見たときに、馬場が重から乾いてくれば、乾き切れないから1枠のロバートソンキーだと思ったが、まさか軸にもできず。内枠の3頭で決まってしまった。
 パラレルヴィジョンが出遅れてもいつものことだし、デアリングタクトは重の力馬で、中山二二で追い込んで勝つような馬ではないし、楽しみの多い週だったが、まあ、それ以外にも、競馬は考えようのないことが山ほど多い。
 来週のG1でもやろう。

オールカマーはは中山二二、午前に乾いて良発表に。
 中山二二は好位でないと軸にはできない。もう、30年近く同じことを言ってきた。今日も、バビットが威勢良く逃げたから速く見えた騎手もいただろうけど、12.3-11.6-12.6-12.4 の超スローで始まって、上がりが 11.9-11.8-11.7-12.1 だから、稍重が良になったとは言え、内から乾いてきたけど、時計は午後のレースでも多少かかっていた。だから、どのレースも追い込みが利かず、先行・好位か、差しまで、の日だった。
 そういう意味で、ソーヴァリアントに期待したが、好位で1コーナーに入るときに、馬が首を左右に何度も振って、あれは騎手が抑えようとしたのではないか?
 向正面で中団まで下がっていたが、3コーナー手前でペースが上がり始めて、仕掛け始めたが、付いて行けなく、4角ではどん尻。ゴールでは12秒も負けて故障だろう。川田がケンカしたせいかどうか。私はあまり好きな騎手ではないから批評のしようがない。9Rでも、馬群を割ろうとして、ちょっと前を菅原が1秒だけ寄って1秒だけ狭くなったくらいで、オーバーに馬上で立ち上がったりして、いつも、大人げない。中割りするときは、当然、開いたり狭くなったり、どちらもありえるよ。
 デアリングタクトやヴェストライゼンデは、あの位置からでは今日はムリ。

神戸新聞杯は中京二二、良。
 パドックはジャスティンパレスとプラダリアが抜けて良く見えた。
 スタートでパラレルヴィジョンは、また出遅れで、ルメールは出ていかない。プラダリアの池添は、ルメールばかり見ていて、7枠なのに、外へ行かせたりして前に行きたくない感じで、ルメールのほうばかり見ていた。マッチレースと見ていたのだろう。でも、スタートが悪い馬で、差すしかないと陣営が諦めて言っていた馬を氣にして位置を決めても仕方なかろう。
 中京の二千や二二はスローになりやすく、位置どりが悪くなると致命的だが、有力馬ではジャスティンパレスだけは、そのままの勢いで好位。好位で引っ張ってガッチリと抑えるほどの手応えの良さ。
 ペースは中だるみのスロー。さすがに池添も、まずいと思ったか早めに動き始めたが、7枠なのに直線は内から差す形。ルメールはこのペースでは、上がりが 11.6-11.4-11.2-12.1 になって、後ろから届く計算にはならない。
 鮫島の良いところはレースが素直。「今日は前でないと勝負にならないと思っていた」とのレース後談話。そのとおり。フォトパドックは胸前が凄くて10点をあげたが、レースのパドックは、胸前は厩務員で見えないが、トモが歩かせるとブヨンと動いて、もの凄く良かった。けっきょく、前も後ろも良くなっていたわけで、行きっぷりも良いし、凄いデキだったわけだ。ホープフルS2着がダテの馬ではなかった。

9/24  21−24℃  雨のちくもり  雨量70mm  北北西2
■ダウンロードする新聞変えて2週間と1日。◎は(6−5−2−8)になったから、成果はあった。やはり、チークを付けるとか、休みに何していたけど、調教見ると、どうだったかとか、ハナに拘るかとか、情報は細かいほうが良いよ。穴新聞化していく新聞は、どうも話が逸れていくというか、付いて行けない。穴ばかりだと、反発すると1番人氣の◎が多くなるし・・・。普通の新聞にすると2番人氣の◎が多くなった。良いことだ。情報はブックがいちばんだけど、週刊誌もブックだし、全部が横組みだと読みにくいんだよねえ。競馬は、ほんのわずかの違いでコロッと変わるから怖い。

9/23  19−24℃  くもり時々雨  北西1
    台風15号、1000hPa。潮岬沖。沿岸を東方へ。
■3日ほど前に、1月に亡くなった母だけが写っている写真を探して、昨日寝る前に拝んだら、今朝ほど奇跡的なことが起きた。あ、そうか、今日はお彼岸だ。

9/22  17−22℃  くもり  北北西2
■17時頃に日銀がドル売り介入。為替介入は1998年以来、24年ぶりだ。98年は、3日で20円以上動いた。ネット証券のAI予想は、半分的中した。為替ヘッジしてアメリカ国債を買えと言った。なるほどね。

9/21  16−22℃  くもり  北北東2
■台風一過で涼しかった。
■今週の「軸馬指数」は金土に1つずつ送るか、土曜に2つ一緒に送るかは、枠順の載った新聞のダウンロードの具合と、週末の天氣次第で、また馬場状態がコロコロ変わりそうで、決められません。
 発行日を金土から、自由日に変更しておいて正解でした。

9/20  28−19℃  雨のちくもり  北西5
    台風14号、995hPa。朝に新潟から三陸沖に抜けて、熱帯低気圧に。
■インドの株式指数が18000を抜けるかどうかの瀬戸際。ネット証券のAIのアドバイスは、このインド株ファンドを売って、先進国の債券を為替ヘッジで買うのが穏便だという。国内株式も、信頼度の低い葬儀屋の株が多いから売れというアドバイス。このAIは、AIらしく、アホとちゃうか。

9/19  25−29℃  雨のちくもり  南5
  台風14号、975hPa。福岡まで北上し曲がって山口。東進して三陸沖へ方向へ。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と3着。今年の「軸馬指数」(15−12−14−35)
 ローズSはルメールの好騎乗でキチンと2着には来た。セントライトのルメールは消極的すぎた。この馬が差し馬かどうかの判断ではないのか。1コーナー回るまでは完璧だったが、あとは少し不満が残る。
 今週は2番人氣がほとんどだったが(0−3−2−1)で1着がない。考えに考えたセントライトの天気予想だったが、重馬場予想と決めてしまって、1枠のローシャムパークを諦め、ガイアフォースにしたら1着がとれた。夜の9時まで雨雲の動きを見続けるべきだったか。
 「軸馬指数」で3着が2着よりも多いというのは不愉快だ。予想をやる上で、これだけは避けて生きてきたのに。

セントライト記念は中山二二、重→稍重。
 台風は、レースの頃はまだ山口あたり。重で始まったが、朝から晴れて午後から稍重。内から乾くし、4月以来の野芝2週目で、インが掘れてないから、内中伸びで追込みはあまり利かない日だったが、午後は、晴れたり降ったり、ときどきサラッと雨が降って、乾きそうで乾かない感じだった。
 レースはスローで始まって、1枠のルメールは内ラチ沿いを走りたくない感じで、途中で中へ割って入るスキがあったので、中団の外めへ出せて良い感じ。
 ただ、二二によくあるスローで、12.3-11.0-12.1-12.4-12.5。1コーナー回るとペースが落ちた。ここで、アスクビクターモアは予定どおり好位。その後ろにガイアフォースが枠的にピッタリマーク。
 ローシャムパークは向正面でガイアフォースの後ろだったが、抑えて抱えてしまった。この馬は、するすると行く氣に任せて上がっていくくらいでやってきた。それほど最後にバテないから、今日も積極的に行くべきだったと思う。とくに、中山二二は好位に行かないとダメだ。ガイアフォースは馬任せで行かせているのに、その後ろで引っ張ってしまった。あそこは並びかけるところだろう。パドックでチャカチャカしていたので、まだ子供っぽくて、ルメールも大事に乗ったのか、差せると思ったか。私には差し馬には見えなかったが。
 ガイアフォースはパドックでも硬い感じが隠せず、重っぽい馬場が合う。4コーナー手前からの勝負どころで、スイッと上がって行けた。11.7-11.6-11.5-12.2。この渋った馬場での速い上がりではローシャムパークは差せない。
 アスクビクターモアは決め手不足で崩れないから、あんなもの。

9/18  23−37℃  くもり・雨  南南東2
  台風14号、925hPa。屋久島の南東。九州へ上陸後、本州縦断へ。速度低下。
■松山で育ったから台風直撃は何回も経験し、台風の目にも入ったことが何回かある。太い土塀は倒れ、子供の頃遊んでいた神社の直径2m近い松の木は折れ、道路は川になり鮒などが流されていく。近所の家の瓦は、飛行機から撒くビラのようにヒラヒラ空を舞った。その中を授業中止で下校したこともあるが、当時は先生が付き添うわけでもなく、勝手にさっさと家に帰れ、で終わりだった。集団下校もなかった。町でいちばん大きな川は凄い水位で、あと10cmくらいで溢れそうだった。家に帰ると、それどころではなく、雨戸がなかったから、窓が抜けると天井が抜けると言われ、畳を上げて畳を窓に立て掛けるのだった。戦争だった。伊勢湾台風とか第2室戸台風とか覚えているが、堤防も家も終戦後でチャチだったから、もの凄い被害だった。保育園の頃は上空30mくらいを米軍戦闘機が低空飛行して操縦士が見えたし、ああいう経験しているからコロナなんか屁とも思わないのだろう。台風が来るとマンションがいいなと思う(笑)。
■地震・台風・雪害・水不足の被害のいちばん少ないのは埼玉、岡山、群馬だ。群馬は木枯らしと浅間山がある。それで埼玉にしたのだが。
ローズSは中京二千、良。
 矢作勢のパーソナルハイやラリュエルが行く。セントカメリアは痛恨の内枠での出遅れ。川田のアートハウスはソコソコ好位。そこで馬群が離れて、サリエラは、またもや後方から。
 中京二千はスタートして坂の上りがダラダラ続くから、スローになりやすい。今日も 12.5-10.9-12.3-12.3-12.2-12.0-11.8-11.5-11.3-11.7 という遅めの平均ペース。スローにまではならないから、矢作勢の潰し合いで、アートハウスが先頭へ。
 サリエラや池添のエグランタインは、距離損しないように内めの中割り。最後は2頭が伸びてきて、最後の最後はサリエラが鋭伸。たが、好位で楽したアートハウスは半馬身、差せなかった。
 サリエラは、3戦経験したが、今回も後方からということで秋華賞は展開的にムリそうになってきた。秋天皇賞かな。

9/17  22−30℃  くもり一時晴  南南東1
    台風14号、910hPa。沖縄の東。九州上陸から本州縦断へ。
■天氣予報が全然読めなくなってきた。台風も大きすぎて、上陸後に方向変えて東進するから、その先の地域の天気が読めるわけない。困ったことだ。
 セントライトの1日前は九州だから、月曜の中山は、まだ、たまに降る程度かな?

9/16  18−30℃  晴  東1
     台風14号、950hPa。九州へ。
■NY株は、とうとう抵抗線を割ってきた。世界の誰も、すべての商品でリスク・オフになって、誰も仕掛けない。単なるインフレではなく、久しぶりのスタグフレーションか。

9/15  22−25℃  くもり  東北東1
■人生って、なんで、こんなにやることばっかりなんだろう。とは言っても、やりたいことしかやってきてないけど。

9/14  24−31℃  晴  東2
  台風12号、970hPa。上海手前。遼東半島方向へ。
  台風13号、960hPa。ミッドウエーの方向からアリューシャンへ。
  台風14号、990hPa。小笠原の西から奄美方向へ。
■台風が3つ来ているが、全部、首都圏や京阪神は避けていくようだ。でも、台風シーズンに競馬の3日開催をやると、台風来て、順延になったらG1のトライアルが計画どおり行かなくなる。だから、台風シーズンと大雪の頃は、3日開催はやめてほしいと言ってきたが、全然受け入れられない。直撃して、G1がぶっつけの馬ばかりになったら、どうするの。3日開催は、11月、12月、4月、5月がよいと思うけどなあ。
■今週の「軸馬指数」はセントライト記念とローズSです。よろしくお願いします。

9/13  23−30℃  晴  北1
■日本語サプリサイトが休業していたが、やっと再開するそうだ。人手不足らしい。働き手がいなくて、アメリカは店員を雇おうにも応募がないという。どういう意味か、よく理解できないが。

9/12  23−30℃  晴  東北東2
■ツイッターで1日1食や2食の話が盛り上がっている。1食でも慣れるとどうということはないという人ばかり。なんで3食食べるのだろう。よく考えたら、18歳で上京してから、ずっと2食が多い。40歳代だけ3食食べていた。その代わり、めちゃくちゃ動き回っていた。50歳代も動き回っていたが、2食と、おやつちょっとだった。日本人は江戸時代までは2食だったというから、高校生までは朝昼晩と食べたほうが成長が早いだろうけど、あとは関係ないような氣がする。

9/11  20−28℃  晴のちくもり  北1
    台風12号950hPa。台湾の東海上。北上して大連方向へ。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(15−11−13−35)
 今日も2レースやって半分の好績。なかなか両方とも的中といかない。でも、悩んだオータムHは、やはり前残りだったから、予想としてはあんなものか。1週前のファルコニアが、もう少し良く見えたら、馬体や展開の採点が違ってきたのに。いつも、生ぬるい競馬で一息足りないが、今日は競りになりそうになく、さっと好位をとった隼人を褒めるべきか。

オータムHは中山マイル、良。
 1枠のベレヌスは、なんとか好スタートでハナへ。でも、127-114-114-120 は、スローすぎたか。さっさと、グイと行かせて、ハナはもらったという感じで、単騎逃げなので誰も競りかけて来そうにないし、内伸びの差しが利かない開幕週だっただけに、ハナは私だという主張もほしかった。あれだけスローだと、いつものレースなのだが、条件が今日は中山マイルだけに、そうはさせてくれない。
 今日は、週初は騎手未定だったが、ベテランの岩田康を最後に乗せてきた矢作師の勘が正解だった。スイスイとブービーの後方からハナを奪いに行って、ベレヌスは競るわけに行かないから控えて、ミッキーブリランテが楽にハナへ。それでも、ペースは遅いし競りにならなかったから、前残りの競馬になってしまった。岩田康と矢作師の会心作だろう。競りたくないベレヌスの弱点を見透かされたか。
 パドックで凄かったのがファルコニアで、京増(きょうそう)真臣さんもラジオでいちばんに褒めていたが、あれはトップに褒めないと、まともなパドック解説にならないだろう。それくらい凄いデキだった。1週前のフォトパドックでは、もう少し元氣なく、筋肉の盛り上がりも足りず、◎も考えたのに指数の上げようがなかったから、パドック見て悔しかった。なにしろ、好位差しで展開はいちばん狙いやすい面もあったのだが。最終追切りが良かったから、最後の仕上げで急上昇したか。
 ミスニューヨークは馬群を割ってきて、最高の乗り方だったが、内寄りは狭すぎて、やっとベレヌスを捉えての4着までだが、差しが利かない馬場だから、ミルコは満点騎乗だった。岩田康も吉田隼人もミルコも松岡も好騎乗で、西村淳には中山マイルの重賞はイマイチ難しすぎたか。そのへんで減点だったかもしれない。

セントウルSは中京千二、良。
 内枠の行きそうな馬が遠慮しながら行くかと思ったが、テンが 32.5 秒の超ハイペースでの逃げ。少し速すぎて、あれでは逃げても自分がもたない。
 メイケイエールは一瞬行きたがっただけで折り合って、好位の外からの差し。切れに決まって、1分6秒2のレコードだった。パドックは14kg増だったが、全然太くなく、逆に、まだ細い氣がするくらいだった。今日は成長分だろうが、もっと成長余地はある。
 ソングラインはパドックは太めを心配したが、意外と絞れていたが、チャカチャカうるさく、レースではハイペースに付いて行けず、最後は伸びてきたが5着までだった。BCマイルに行くなら、氣合を付けたいから千二を選んだそうだが、やはりオータムHのほうで良かったのではないか。

9/10  22−30℃  晴  北東2
紫苑Sのスタニングローズは強すぎた。まあ、少し下げて差すこともできるから、言うことなしのレースだった。

9/9  22−29℃  くもりのち晴  東北東2
■1年のうち、誕生日以外の節目の日というと、まあ、いろいろあったのだろうけど、覚えているのは、8月8日、9月9日などだ。今年も節目の日はやってきた。

9/8  22−24℃  くもり一時雨  北北西3
■欧州は、とうとう電力不足で、製鉄所などの工場も操業停止が相次ぐ。だから、ここ数日、NYが上げようが下げようが、欧州株は冴えない。操業停止ラッシュで、不景氣だというので原油価格が下げる有り様。話が逆だ。イタリア、スペイン、オランダなど、チャートも形が悪い。日本も電氣と食糧だけは確保しないと、円安に拍車がかかるだろう。

9/7  25−29℃  晴のち雨  北2
■2050年には地球は、いろいろな意味で様変わりしているという予測が多い。でも、そんな地球も私は見ることができない。良くなるのだろうか、悪くなるのだろうか? 認識しないものは存在しない、というから、どうでもいいのかもしれない。

9/6  24−32℃  晴  南5
■ネット証券の先物ロスカットの設定に対する説明が、誤りだった。ロスカットの設定が1日で消えてしまった。今日話した人に、正しいことを教えてもらう。まあ、外国ファンドの約定日を1日間違って解釈していて居直ったので、腹立って口座解約した楽◯証券よりは被害の程度がマシだが。
 セキュリティソフトの設定を聞いたら、カスタマーサービスの人が他の14箇所も訂正しろという。訂正すると、昼休みに上手くいかないことが出たので、また電話したら、別の人が出て、その14箇所はチェック入れるのが逆ですという。やれやれ、真逆のことを、今度は正しいほうに14箇所チェック入れ直してエクスポートしておく。
 もう、ケータイの会社もそうだが、出る人によって言うことがバラバラ。あれで同じ給料というのはおかしい。電話では言わないけど、よく雇っているわと思う。全然、社内の研修というか、正しい共通の知識というものを持とうとする会社が少ない。恐ろしい時代になったものだ。2002年頃までは、こういう経験はなかった。それから、ポツポツ出始めて、2010年頃から、あっちもこっちもバラバラという状況。
 これも一つの「2007年問題」という奴だったかも。

9/5  23−31℃  晴  東1
  台風11号950hPa・東シナ海を北上。対馬海峡から裏塩へ。
  昔は、ウラジオストックの競馬に日本馬が遠征するときは、裏塩と書いていた。
■米雇用統計は許容の範囲だったが、G7が輸出原油価格に上限を設けたせいか、ロシアが天然ガスのパイプラインを止めてしまった。今日の東京とNYダウ夜間取引は、揉み合いだったが、日本時間の夕方に開いた欧州市場は急落。冬は、計画停電をせざるを得なくなりそうで、月5万円の電氣代を払う間に、EUは終わるかもしれない。中国はロックダウンとマンション不払い問題で揉み合い。インドは、どこの国とも組まないから続伸。
 日本の低PER・高配当・増益基調の銘柄と、インド株ファンドを買ってきたが、日本株は外国人は売り越しだとの噂で、減らしていく。日本も原油の長期契約が切れたら、契約更新が上手くいかないと危ないなあ。
■昨日の小倉2歳Sは、外枠の馬ばっかり毎年好走するが、うっかり、馬場状態が重になったり良になったり、土日で変わるうちに、日曜は良馬場発表だからと、馬場が渋るのがベターなバレリーナは逃げたら終わりだと警戒しすぎてしまった。そうですねえ、逃げるわけないよね。新馬は逃げ切りで上がり最速なんだから、ハナに立って差し切ったようなものだったか。というわけで、外枠と良馬場発表でも最終週は芝のレースが多いから、日曜の午前と午後でも違うのだから、エイヤッと◎の手もなくはなかった。福永の教科書どおりの乗り方をも減点しないといけないが・・。悔やんで夜中に考え込んで、トイレでガスの大量噴出となった。朝起きても、日曜の夕食は消化不良のままだった。
 競馬は反省の日々だというが、もう何万回反省しているのか考えている場合でもない。

9/4  23−29℃  くもり  東北東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新。「My Favorites Things」の好きな馬を更新。「血統論」の前文を追記。
◆「軸馬指数」は1着と4着。今年の「軸馬指数」(14−11−13−34)
 札幌2歳Sはパドックの氣配で、急にドゥーラが1番人氣になったのは残念だったが、快勝。小倉2歳Sは、福永がいちばん通ってほしくないところしか馬群を割れず、いちばんイヤな着順の4着を久しぶりに食らう。まあ、福永先生の通るラインの狙い方が中途半端ではあり、しょうがないか。ローカル2歳S全制覇って難しい。

新潟記念は新潟二千、良。
 スローの上がり勝負。まあ、あまり馬群が縦長にならなかったのが幸いしたか、ユーキャンスマイルの石橋脩が後方から大外に持ち出して、グイグイ伸びて2着。歳はとっても新潟は強い馬だ。
 カラテは中の内寄りを抜けてきたが、斜めに外へ外へ持ち出して、二千でも勝ってしまった。マイルの関屋記念を使わずに新潟記念を使われては、これは狙えないね。菅原は、これだけ勝ちまくれば完全に本格化したなあ。迷うことなく、鮫島と同じく完全に5点騎手だ。成長してきて、おめでとう。
 ヒートオンビートは新潟の切れ勝負が向いてないと思う。
 馬場が、もう内が荒れて、2枠のサンレイポケットでも、荒れたところのギリギリを通り続けて、斤量も背負っているから切れ負けした。

小倉2歳Sは小倉千二、良。
 馬場が読めない難しい小倉最終日になった。土曜は雨が降って良馬場とはほど遠く、中伸びで決まりの日だった。日曜は少し降るという天気予報も外れ快晴で朝から乾いて、内が伸びる伸びる。朝から逃げ残りばっかり。ところが、皆が内を走るから、最終日で荒れてきていた内が、“にわか良馬場”になっても、これだけインを走られては、午後になると少しずつ中伸びへ変わってきていた。逃げ馬も直線では内ラチから離れて中へ出して逃げたり、少しずつ外のほうへ伸びるラインが移動していって、もう、小倉は朝から見ていても全然、ラインが読めない日だった。
 ロンドンプランは1枠の差し馬だから、通るラインがなく、あまり重い印を打つ氣になれなかった。ところが、大出遅れ。仕方ないから外から追い上げて追い込んできたが、伸びる伸びる。悪い馬ではないのだが、ここまで伸びると、もう、馬場だね。
 アウクソーは内が伸びるから午前中はチャンスはこちらだったかと後悔していたが、発走時刻になると内は伸びなくなっていた。
 中枠に有力馬が揃ったが、その中でもいちばん外の6枠のプロトポロスが、どうしたことか、内寄りのところを割って出るしかなく、最後は、その差での4着。あれも通るラインの問題だった。福永先生は教科書的に乗るのは天才だが、徹底した意地になっているような狙い方ができないね。
 今年の小倉は、中休みで何週か休んだ効果か、最終日でも例年ほど内が荒れなかったが、さすがに最終週の土曜の重馬場が効いたか、やはり2歳Sは外伸びだった。もう、例年は7枠と8枠しか来ないようなレースなのだが、今年も有力馬は外にいなかったが7枠のバレリーナが来てしまった。ノーザンテースト≒Far North の名配合で、ある程度強いのだが、ここまで人氣や馬場がこうなるとキレイに来てしまった。
 一時は7枠の人氣薄のゴールデンウィンドが勝ったかと思ったが。最後は8枠のオークスで活躍したナカミサファイヤの牝系の、シルフィードレーヴまでグイグイ伸びてきた。いやあ、ややこしいレースだった。

9/3  22−27℃  くもり  東1
札幌2歳Sは札幌千八、稍重が乾いて良。
 パドックではシャンドゥレールがうるさかった。トモは良い馬だ。レースはゲートでシャンドゥレールが立ち上がったときにスタートで出遅れ。ミルコが後方では届かないと、あと800mで仕掛け始めて4コーナーで好位にまで来たが、直線入って止まった。800mからでは止まるに決まっているのに、ミルコはいつも600まで待てずに、800から仕掛けるから止まる。いつになったら学ぶのだろうか。
 まあ、シャンドゥレールは東京の千八良で勝って、札幌の洋芝千八で勝ったドゥーラよりも時計が遅いのに、1番人氣だったが、パドックでうるさいのを見て、ファンは1番人氣をドゥーラに替えた。ファンは正しかった。
 私は「軸馬指数」でコメントしなかったが、血統が普通の馬だったから。
 ダイヤモンドハンズは不利な1枠で、下げて外回して追い込んできたが、距離損しているから、あと200で疲れて内へよれた。中京の新馬が強くて、馬体も大物感があるのだが、「軸馬指数」に書いたように、今から札幌千八を使うことはないだろう。私なら休ませて、次の次に二千のホープフルSを使ってみて、その様子で、ダービーか菊かを決めるくらいでよかったと思う。ノーザンも焦ることはないのに。
 ノーザンはブラストワンピースの下のブラストウェーブで勝ちたかったろうが、4枠だから馬群の中に入るのは正解だが、もう少し外へだそうとした川田の判断は正しかったと思うが、外の馬に弾かれぶつかって、伸びる外のラインに行けなかった。5枠か6枠なら行けたかもしれない。でも、まだ不明ではあるが、兄よりは小物か、あるいは奥手な氣がする。
 ドゥアイズは吉田隼人らしい好騎乗で4コーナーを回って勝負かと思ったが、外を回したのに、直線は内めへ入れてしまった。あれはないよ。ドゥーラが通ったラインを通り続ければ、ドゥーラはドゥアイズが邪魔になって、交わす手間がかかるだけ少し差が詰まったのに。こういう細かいことを考える騎手は今はルメールがいるけど、減ったなあ。
 勝ったドゥーラはツナギが長くても渋っても問題なく、今日は斎藤もよれないように慎重に左ムチを入れていたから、馬も大丈夫だった。この人も少しずつは上手くなっていくから、騎手で悩んだが◎でよかった。今日は他に問題が何もなかった。斎藤には悪いが、ルメールでも乗せれば、オークスでも狙えるかもしれない。そうか、フリー制度がない頃の騎手のように(少ないチャンスしかないから)、この馬で何もかも学んでしまう手もあるが。

9/2  23−29℃  くもり一時雨  南1
■日本は、細菌戦部隊、毒ガス部隊、南京虐殺など、いろいろやった。通州事件や葛根廟事件などで殺されまくった。両者がぐちゃぐちゃにやったのだ。戦争というものは、それほど醜い。
 それはそうと、朝日の本多勝一などのように、一方的に日本だけが悪いことやったとか正しい証拠も並べずに書くのは、平等ではない。
 南京も30万人しか住んでないのを、30万人虐殺したなどと、おかしなことを言うべきではない。両国で調査して正しい数を推定すべきだ。私の友人は教科書を書いていたが人数など、何年にもわたって、証拠が足りないのを嘆きながら、何人なのか細かく調べ続けていた。あの大戦のことなど半分も明らかにはされていないだろう。不公平なことを言う人間は、全部正しくない。

9/1  25−31℃  くもりのち雷雨  南1
   台風11号915hPa・小笠原から西進し台湾東海上で発達。北上し対馬方向へ。
■今日は天気予報は晴だったから、宅急便送ってもらったら、着いて玄関入って16時の出走馬確定を見たら、突然、雷雨になる。運が良いとも思えないけど、雨の運だけは良い。
■イギリスやアイルランドでは、カフェやパブの電氣代が月に40万とか50万とか、廃業相次ぐようだし、企業も生産停止を始めている。一般家庭は上限額が定められているが、それでも月に5万は当たり前のようで、欧州はロシア制裁で自滅しそうだ。NYダウも下げが止まらない。アメリカも6人に1人が電氣代を払えてないようだし、日本は東電エナジーパートナーが、債務超過で増資をすることに決まったが、まだましなほうか。

8/31  22−31℃  くもり時々晴  北1
■日本のJPX400先物、インド株ファンド、日本の割安株を買って、アメリカのダウ先物を売る。今日は成功した。今は、アメリカと欧州は極端に金融引き締めに弱い。
■岸田は発展途上国に4兆円援助するそうだが、急遽やめて、パキスタンに4兆円無償援助したら喜ばれるだろうに。洪水のことなど、おそらく知らない氣がする。

8/30  19−25℃  くもり一時雨  北北東1
■今のところは、インド株と日本株が、いちばん買いやすい。先物のヘッジに失敗している。ここ1週間は、ヘッジはいらなかった。
■パキスタンの洪水は、国土の3分の1が水没という酷い状態だ。呆れるほど酷い。地球は、どうかなっちゃたるのか。

8/29  21−26℃  くもり時々晴  北北西1
■株は世界中全面安。先物売ってヘッジしているし、外国株は円安に良いのと、日本株は増益・低PER・高配当しか買わないから、全面安も関係ない。それよりも、消費税をゼロにしたら所得が10%増えて画期的に良いのに、やらないんだろうなあ。
■今週の「軸馬指数」は札幌と小倉の2歳Sをやります。2歳Sの的中が止まるまで、日程が可能なら全部やりたいです。何年か前も、2歳と3歳戦が、めちゃくちゃ当たった年がありましたねえ。自選集に載せてますけど。あの再現を狙いたい。

8/28  22−23℃  雨のちくもり  北北東2
■「メルマガ」自選集に新潟2歳Sを入れました。「通算予想成績」を更新し、「My Favorites Things」の好きな馬を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と1着。今年の「軸馬指数」(13−11−13−33)
 今年は3着が多くて泣けてくるが、いちばん悔しい券外の4着が少ないのは褒めてほしい。日曜は3レースとも券内で、10本くらいの馬券をとって、塵も積もれば山となる。とくに新潟2歳の単勝810円は、どうしてか、先週の同じ日の隣のレースに勝った馬と人氣が離れて、嬉しかった。
 今年は函館2歳Sのブトンドールも快勝したし、私には、2歳Sのパーフェクトを、まだ狙う権利がある。

新潟2歳Sは新潟マイル、稍重が乾いて午後は良。
 稍重で始まって、午後から良。でも、Aコースが続き、インは荒れて、乾いても誰も通らない。内から5頭目あたりか、中伸びか、大外へ出すか、の3択で、騎手の選択肢は多かった。
 スタートの下手なキタウイングがゲートを待たされて出遅れ。でも、スローで人氣薄が逃げることになって、馬群は固まって、出遅れの不利は小さかった。
 内は5頭分くらい誰も通らず、外は外ラチ沿いまで拡がっての叩き合いになったので、戸崎の貫録で、距離損しないように、内から2番目を選んで距離得。あそこまで拡がれば、あのへんを通れば、もっと大外のほうが芝が綺麗で、外伸びが痛快に決まる日だったが、あそこでも微妙に馬場の良いところではある。
 そこは戸崎。今日も4勝したが、あまり大外を回さずに一日を終え、メインもキチンと好選択をした。
 馬場は良馬場になったが少し時計がかかっていて、スロー補正で、1分34秒前半。先週勝った未勝利が稍重で1分34秒9だから、相手が強くなって力を出し切った分を考えれば、1秒弱くらい時計がかかっているか。
 まあ、いずれにしろ、マイル勝ち組の馬たちから◎を打ち続けてきて成功しているレースだから、シーウィザードやウインオーディンやアイスグリーンといった千八組には負けたくなかった。毎年、一流血統だろうが一流厩舎だろうが、その考えを貫いてよかった。
 連闘は、飼い葉食いだけ氣になったが、メルマガに書いたように今までたいして追い切りしてこなかったから、レースが稽古替わりみたいな馬だったし、調教師は食べていると言ったし、牝馬の連闘や中1週は夏のローカルでは中立要因だから、マイルでの切れを頼って、そちらは、あまり氣にしなかった。

キーンランドCは札幌千二、良。
 ◎のヴァトレニは痛恨の出遅れ。今週は◎が出遅れとか、そんなのばかり。インの後方で包まれるのを嫌ったか、追いかけてハナまで行ったのが裏目。ルメールみたいにジッとしていれば、コーナーでインを通る馬はいないから、内は開くのに。
 どうせ逃げるなら、9レースの千二の特別のように、馬場の真ん中を逃げても良かったと思う。まだ、横山武は馬場が渋ってもイン突きばかり狙いたがって中途半端だ。ルメールもこういうときはイン突きを狙うことが多いのだが、ルメールは3コーナーまでは馬場の悪いところは避けてムリせず、直線だけイン差ししたりする。そのあたりは、意識的にルメールのほうが工夫している。

8/27  25−33℃  くもり時々晴  風なし
■スレイマン+22kgって、計量しないのかなあ? それとも、輸送の読みが外れた? よくわからない。馬体重で何か言って、調教師と論争になった人もいた。先日の札幌記念のユーバーレーベンの32kg増もガックリきた。あれは輸送の問題ではないしなあ。今年はこういうことが多い。40kg増くらいでないと文句も言えないかもしれない。

8/26  25−30℃  くもり  南東1
■高額医療費還付制度がなくなる??? なんで?

8/25  24−27℃  くもり  東北東1
■ウイルスの大きさも知らない医者がいるんだね。驚いた。
■春巻き@harumakidayone
これね… ホンマなんとかしてあげて…
奨学金ローン地獄
■脱炭素社会へ、30年で260兆円の投資と言うけど、脱酸素がそんなに急務なのか疑問だ。欧州は、次々に石炭へ戻っている。

8/24  26−30℃  くもり  北北西3
          台風10号970hPa。千葉東方沖を北上。
■最近、やたら眠い。人生3度目だ。

8/23  26−29℃  くもり一時晴  北東1
■岸田総理が4回接種してコロナに罹ったそうだけど、興味ない。それよりも、子供のマスクやめないと、骨折激増も減らないだろうし、脳力も低下するという論文多い。今どきの医者にはわからんか。

8/22  24−30℃  くもり一時晴  南1
■日曜は、午前はインを誰も走らず中伸び。午後は晴れて乾いてくると、内から乾くから、一転して内伸び。ガッカリだ。
 今週は、朝起きて見たら新潟は毎日雨。でも、夏の新潟の雨は、場所によるし、降ったり止んだりだから、以外とずっと降らないかもしれない。天氣予報アテにならない場所。
 ミルコは、ユーバーレーベンは氣が抜けていたとのこと。32kg増で使われちゃ、どうしようもない。ドバイ行かずに、阪神2マイル使えばよいと言ってきたのに。猫も杓子も海外に行きたがる。

8/21  24−27℃  くもり一時雨  東北東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites Things」の好きな馬を更新しました。
 「血統論」のパーソロンのクロスに、故伊藤雄二師のマックスビューティを追加しました。皆で朝の4時に起きたり奮闘した<チーム4分の3>は凄いメンバーだったのに、まだ漏れがある。パーソロンもサンデーサイレンスも、もっと、いると思う。パーソロン産駒なんて、97%以上の成功馬はプリメロの関係だ。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(12−11−12−33)
 北九州記念はナムラクレアが、まさかの3着。言葉もない。
 札幌はユーバーレーベンが32kg増で、縦長の最後方では、競馬になってない。

札幌記念は札幌二千、午後から良。
 ユニコーンライオンが好スタート。でも、パンサラッサが追いかけてハナを奪う。ここまでは忙しかったが、全体に見て、やや速めの平均ペースでペースは落ち着いた。ジャックドールはまったくハナへ行く氣なし。コーナー回ると位置どりも決着付いて、競らずに平均ペースへ。
 あとは淡々と流れて、パンサラッサが海外で見せたように意地の逃げ。控える競馬を選択したジャックドールがキレイに抜け出して、藤岡佑の会心の競馬。
 ソダシは二千でも少し長いか。
 ユーバーレーベンは京都記念から比べて32kg増。週刊誌の解説も私も、ひょっとすると細いかと思ったくらいなのに、この太め。厩舎は体重も量らずに使っているのだろうか。この馬は、いつも体重が増えたり減ったり、たいへんだ。
 おまけに、午後から晴れが際立って、馬場が乾いてきて、午前は誰も走らなかったインが伸びる午後。スタートが悪く前が狭くなって最後方から。ペースが落ち着いて、平均ペースの千通過なのに、馬群は凄い縦長。せめて中団のグローリーヴェイズのルメールのところまでにいないと競馬にならない展開。それに加えて、戸崎は脚を余さないのに、ミルコもレーンも、後方からのんびり行きたがる。戸崎のほうが腕は上なのに。
 というわけで、馬券買ったあとで32kg増を聞いてガックリしたし、最後方を見て、その時点で諦めた。
 グローリーヴェイズが6着だから、そのへんにまでは来ないと競馬にならない。
 まあ、馬場が乾き始めてからそうだけど、追込みの利かない、完全な前残り競馬だけどねえ・・・。

北九州記念は小倉千二、11Rから良。
 このレースから良馬場。午後から乾いてきてインが伸び始めていた。
 テンは32秒8のハイペース。インの中団の誰もいないところにポツンとボンボヤージ。ナムラクレアは外から出て好位置だったが、外回しは距離損の午後だったから、馬群の中に入れていったのは浜中の好判断。ただ、直線に入って前に馬がいたので、内へ行くか外へ行くかの選択で、外を選んでしまい、何頭も居るから、これはダメだと内へ変更して鋭く伸びたが、届かなかった。迷わずボンボヤージの後ろに付いていけば勝っていただろう。
 ボンボヤージは小倉上手と展開が嵌まった。

8/20  23−28℃  くもりのち雨  北東1
■上越Sは、カワキタアジンは、ダート替わりでの激走は、引き続き買えというセオリーか。
■別府Sはハリーバローズとダノンシティの差は、川田の馬が3キロ増でも騎手の川田の意地の差か。
■日本海Sは、スルーセブンシーズが2着に粘り込んで差してきた。あれが私の好きな戸崎の乗り方なんだけど、イマイチ、良い馬が回らないなあ。なんでんあんだろうと、いつも思う。
■札幌記念のユーバーレーベンは、なんと単勝が10倍以上付く。興奮しすぎてもいけないから、馬券は既に買っておいた。気が紛れるように、アメリカのインフレ率のことでも考えよう。

8/19  24−32℃  晴  南南西1
■私は墓地反対主義者だ。そうしないと地球上は墓地だらけになってしまう。海へ散骨でも、空から撒いても良いと思う。死んでも魂は残る。火葬して微細に粉砕した骨に意味はない。墓参りしたい人のためには、誰かが位牌でも持っているのだろうか? それこそ、時代とともに、なくなりそうな氣がするが。今の子供達が仏壇拝むとは、とても思えないし。

8/18  24−29℃  くもり一時雨  南西1
■中国が台湾を攻めたら第3次世界大戦だと言うが、私の食糧は中国産が多い。中国で働いている日本人も1万人くらいいるのではないか。有り得ないよなあ。

8/17  26−29℃  雨のちくもりのち晴のち雷雨のちくもりのち雨  北北西1
■昨日は、YouTube で、ポツダム宣言受諾の8月15日後の、8月16日から9月2日までの、緑十字飛行隊と徹底抗戦派とのギリギリの鬩ぎ合いを見る。おもしろかった。学校で教える歴史は、約半分はウソだな。

8/16  26−35℃  晴  南1
最多情報局@tyomateee
父を亡くした牧場で働く女性、悲しい感情を感じ取ったのか近くに寄り添う2頭の馬…
https://twitter.com/i/status/1558800430196748288

8/15  26−33℃  くもり  風なし
■いつも同じやり方で生きていると上手くいかない。ルーチンはマンネリになってダメだな。新しい発想!

8/14  24−32℃  くもり  風なし
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(12−11−11−32)
 熱帯低気圧で馬場が読めず、関屋の逃げ馬が読めず、苦しい1週間だった。早く忘れたい。

関屋記念は新潟マイル、稍重。
 レッドライデンが逃げない宣言をして、2番手から楽に好位抜け出せそうなウインカーネリアンが、関屋に断然強い外枠を引いて、絶好のチャンスだったが、何かが逃げるかどうか丁半バクチのようなものだった。けっきょく、ハナへ押し出されるとマイナスが大きいから◎をやめたが、シュリが逃げて2番手。これで勝ちは決まったようなものだった。
 スローで、上がりは 108-106-116。春の新潟マイルの谷川岳Sを勝ったときが、108-109-117 で、あれよりも楽な展開で、遅い勝ちタイムで勝ちを拾ったようなものだった。
 ダノンザキッドは伸びてくるが勝ち切れない。イルーシヴパンサーは岩田望来が乗れなくなって、急遽、木幡功になって、その時点で希望は消えた。先行屋の木幡功では、差し馬の工夫はできない。丸田や津村のほうが、はるかに良いのに。
 好スタート切ったのに、ズルズル下げていって、内外どちらも同じ日なのに、内を嫌って、手間かけて外へ持ち出そうとして、もう何馬身も損して、スローの上がりの競馬なのに、ムダ脚ばかり使って、予定どおり終わった。
小倉記念は小倉二千、良。
 マリアエレーナが好スタート。そのまま好位のインへ。ジェラルディーナは出たら狭くなって、それならインの中団や後方よりも、少しでも中伸び馬場だから馬群の中へ入れようと、馬群に入れていった。福永としては苦労して工夫した騎乗だった。
 やや、遅めの平均ペースで、前有利。マリアエレーナにはピッタリの展開で、抜け出したら、どんどん離して大楽勝。スタートから向正面まで完璧に行ったとはいえ、大楽勝で強かった。クロフネ×ディープの先行力とスピードが完全に嵌まったか。
 ジェラルディーナはキレイに中割りしてきたが、残念ながら、出てもたついた分、2着の写真はハナ差負けた。私には勝っているように見えたが、悔しかった。
 ホーはノーザンファームの馬同士だが、騎乗予定の馬を乗り替わって、先週の勢いがやはり生きた。慣れてきて良い馬が回れば、やはり外国人は上手い。人氣がなさ過ぎ。

8/13  25−28℃  雨時々くもり  南3  台風8号980hPa静岡上陸
■台風の前方に雨が降るから、新潟などは、くもり良→雨稍重→雨重→くもり重となって、最終レース頃は晴れているとラジオのアナは言っていたが、今夜のシミュレーションを見ると、また夜中から朝にかけて雨だという。今年の関屋は、サッパリ読めない。こういうときは、嫌いなダノンザキッドでも来るのだろうか? 満月と新月の頃は苦手だ。

8/12  27−32℃  晴のちくもりのち雨  南5
■株は、葬儀屋、建設コンサルタント、物流倉庫、商社、特定技術者派遣にして正解。決算無事通過。でも、先物やってやられる。もう、為替もNYダウも商品市況も読めない領域になってきた感がある。

8/11  27−34℃  晴  南南東4
■このクソ暑いのに、まだ、皆がマスクやっている。プールでマスクして泳いでいる人がいっぱい居るって、おかしいと思わないのか。

8/10  27−36℃  晴  南南東4
■テクニカルチャートのメルマガをやめる1年前くらいから、EコマースのAmazonの倉庫のような巨大な見上げることもできないような高さの、ロボットで片付ける立体倉庫を設計するダイフクがあるのだけど、テクニカルチャートばかりやっていて、忘れていた。今日思い出して見てみたら10倍になっていた。これで10倍(テンバガーと言う)は、ダイキンとダイフクの2つになった。倉庫株が好きで、住友倉庫や三井倉庫で上手くやってきたのに、DXの肝腎のシステムを組むダイフクを忘れていた(やれやれ、笑)。
 前に8年住んでいた池上はダイキンのエアコンが2台もあったというのに。やはり、株は銘柄数が膨大に増えてくると、いつも探してないと追い付かない。
 しかし、日本株は好決算と悪決算に2極化しつつあるが、好決算のほうのPERが低い。外国人が良い株のほうの底値を買いまくっているのだろうなあ。また、ソニーや武田薬品みたいに、次々に実質外国の会社になっていくのだろう。

8/9  27−36℃  晴  南南東3  台風7号海南島へ。
■人口動態を毎月見ながら、日本一の葬儀屋の株を買ってきたが、どんどん葬儀が増えていくのに減益。売られて、半分売る。IRに社名が昭和の時代だから、ナウい名前に社名を変えないと客を奪われ続けると訴えると、いちおうの賛同を得る。あとは経営のトップの判断だが、社名変えないと、まずダメだろう。
 日新が驚くような好業績の上方修正。しかし、超割安なのに、2円しか上がらない。これも、社名が悪い好例だ。これでは大昔から上場しているのに、よほどの練達でないと、なんの会社かすら分からないではないか。

8/8  26−35℃  晴  南南東3
■大沼Sのアイオライトと、マリーンSのフルデプスリーダーは似たようなもので、追切り良かったアイオライトにするかという思いもあったが、やはりマリーンSのほうがメンバーの層の厚さが上だったから、アイオライトがせっかく覚えた差しを捨てたら勝てないな。反省。
 今日は8月8日。西に海が見えるのが松山あたりの予讃本線の特徴。浅海駅で一時停車しているとき、西に見える瀬戸内海に沈む夕陽を視ながら、中3の8月8日に、ふと悟った思い出の日だ。

8/7  23−32℃  晴  南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着。今年の「軸馬指数」(12−11−10−31)
 今週の「軸馬指数」は1レース半くらい的中できると思ったが、なかなか1勝1敗が多い。まあ、やり直しだ。
 今週は6レース予想して5レースが券内。どうしても券内パーフェクトにならないのが悔しい。1995年頃の競馬通信社のマルチメディア予想の頃は、毎週7レースやって連対パーフェクトは何度もあった。全部外れも何回もあったが(笑)。
 同じような成績だが、あの頃と比べて堅実さは上回ってきたが、勢いがない。

レパードSは新潟ダート千八、良。
 日曜朝一に見たら、タイセイドレフォンが土曜の3番人氣から、1番人氣に上がっていて驚いた。ノーザンで川田となると、こうなるか。体重が12キロ増だったが、どっしりして元々500kgはないとおかしい馬なので、分厚くなって良かった。
 ハピ、ホウオウルーレットも良く、カフジオクタゴンも巨体が締まって見えて凄い貫録で外国人向きだなあと思うほど良かった。
 レースはハイペースで始まったが、内枠のタイセイドレフォンは、いつも好スタートで好きな位置がとれる、まさに新潟千八向きの馬。今日はペースが速く、川田が少し下げたが、ここがベストか、もう1列前がベストか、ここでも良いからワンテンポ早めに仕掛けるべきか、3つの頭の使いどころがあって、なんとも言いようがないが、難しい位置どりだった。
 けっきょく、直後の馬に差されただけに、そのへんの微妙さで、完璧ではなく99点の騎乗だったかもしれない。あと1%は、他の騎手ならそれでいいのだけど、リーディング取りたい騎手だから私はそこまで要求するのだが、難しすぎて答はない。藤田伸二はどう言うか。
 大外枠のカフジオクタゴンは、ホーが150m行ってから何か思ったかリズム付けながら、かなり動かして前へ。外を回さずに、早くから意識して馬群の真ん中へ入れていった。けっきょく、向正面ではタイセイドレフォンのすぐ後ろになって、勝負態勢としては絶好の位置だった。このペースで大外から積極的に動かしたのは、人氣薄とはいえ巧技だった。
 ハピの藤岡佑は、今日は後方一氣ではムリとみて、早めに行って中団をとった。正解というか、関係者全員の願った作戦どおり。ただ、新潟千八は、どうせこの馬向きのコースではないだけに、中団とったら馬群の中でジッとしていればいいのに、少しずつ動かし続けたのが最後に止まった原因だと、私は思う。動かしたら、直線で簡単に差し切れるように見えて伸びなくなるのは、よほどのA級馬でなければ競馬のセオリー。あのへんは度胸が据わってないといけないと思う。
 ビヨンドザファザーは離された4着に追い込んできたが、これは軸馬指数のミスで、いくら追い込み一手でも血統は良いのだから、3着にこられたら困るので、35点は採点しないといけなかった。減点しすぎで、これが最大の反省点だった。4コーナーで、かなり不利があっただけに、ゴール板過ぎて恥ずかしくなった。東京マイルなら、北村友が元氣になれば、もう少し走ると思う。
エルムSは札幌ダート千七、良。
 パドックはフルデプスリーダーとアイオライトが良く見えた。さすがに勝ってきた馬だけあって、肩の出が悪い馬が、やたら多い中で、きちんと好調持続だった。
 アイオライトが好スタートでハナへ。これはまずい流れ。この馬は差しを覚えてきたのでハナはウェルドーンかロードエクレールに譲らないとおかしい。せっかく差しが板に付いたから◎にしたのに。どんどん氣分良くハナへ行くのだから困った人だ。これでは馬が競馬を覚えないよ。
 差しの流れになって、フルデプスリーダーが差し切り。まあ、こういう流れなら、人氣がなさ過ぎて怪しいとは思っていた。体調万全、好位差しがキレイに決まって、これならアイオライトはフルデプスよりは堅実さで上回るとみたが。まさか、フライングのようなスタートでロードエクレールに逃げさせないとは、元の木阿弥ではないか・・・。2択を失敗した。

8/6  22−29℃  くもりのち晴  南南西2
■今日も、<ワイド総流し>は、12番人氣と、14番人氣を連れてきて、いやあ楽ですねえ。成績が、いちばん良いのがダートのフルゲート。次が、芝のフルゲート。その次が、1番人氣の飛びそうなフルゲートでないレース。です。
 それらのレースで、◎の3着内率が50%超えていればよいのですね。
 ワイド総流し以外の、もう1つの券法は、簡単なのは単勝。単勝配当が安いときと、勝てそうにないときは、3連複。このまま推移すれば、そうなりそうです。

8/5  22−26℃  くもり  北1
■電力会社が経営安定していた頃は、原油が上がれば価格転嫁し、原油が下がれば価格を下げて、成長とか増益とか、あまり言ってなかった氣がする。株主は配当利回り5%で安定しているから株買いたい人は買っていた。株価はいつも同じくらいだった。
 ところが、最近のガスやプロパンの会社は、価格転嫁に成功して増益だとか増配だとか喜んでいるが、ちょっと違うのではないかという氣がする。公益企業なんだから、安定供給するだけの基盤の利益は出し続けないといけないが、べつに毎年利益成長する必要などないし、増配するくらいならユーザーに価格の値下げで還元すれば良いのでは。
 何か、ヘンだと思うけどなあ。欧米など、イギリスだっけ先日、儲けすぎた石油会社から懲罰課税取ると決まった。

8/4  24−26℃  くもり時々雨  東南東2
■さあ、抽選でレパードのメンバーが決まった。今週も無心だな。

8/3  27−36℃  晴  北北東1
■土木株は資材高騰で売られ始めた。住宅株も含め全部ダメだな。損切りでもいいから投げ。とすると、一部商社とか、一部損保とか、日本も、ついに欧米のように、優良銘柄が限られて来始めた感が強い。あと10年、20年生き残るのは、企業もたいへんだな。
 ババアのパチンコのように相場やるのも、為替はもう読めないし、コモディティFやアメリカ株はドル建てだし、FXは混沌状況、やることないがな。
■昨夜から台所の湯・水給水栓が壊れて、閉栓しても水が垂れる。何年もネジ回してないのでドライバーで回らない。夜中にTOTOにネットで修理申込。朝来て治る。疲れるなあ。4年前に直したのに、また? 修理代で儲かるなあ。株買おうかな(笑)。
■今日は円安(笑)。土木株が下がって、持ち株も損。こういうときは、裕福な人が羨ましい。1億円くらい降ってこないかなあ。

8/2  26−38℃  晴  北1
■とうとう1ドル130円台に突入した。つい先月、FXで、137円で買って、140円は付けないだろうが、138円台で売るか139円台で売るか悩んでいたのが嘘のよう。欧米の鉱工業生産が落ちているから、そうなるんだろうけど、そのうち日本も落ちたらどうなるのか? 来年から米価は上がらざるをえないだろう。
 やはり、葬儀屋と土木でポート組んだのは正解だった。他に蓄電システム構築会社も持っている。都競馬は全面安の今日も上がっている。秋頃からは農業関係かな。
■今日も小笠原高気圧がどっしり居座っていて暑い夏の日。今は太平洋高気圧と呼ぶそうだが、太平洋高気圧ってアメリカ近くまであるんだよね。日本に関係するのは小笠原高気圧で、子供の頃から中心が小笠原諸島から全くズレない。よくできている。
 ちなみに、フラットアース説は私は信じない。

8/1  27−36℃  晴  南南東2
■今日もドル安。これでは外国株も買えない。ファンドも買えない。値が上がっても為替の損で相殺される。コモディティがまた少し上げているが、コモディティFも買えない。ドル安のときは日本株の内需株を買うしかない。
 もっとも、私はドル高の頃から、アップルやアマゾンやウォルマートや日立やソニーなど見もしないで、葬儀屋と建設と海運だけど。今の建設株は国土強靱化案件が回ってくる地味な中堅に高配当銘柄が多い。そういう人の好まない銘柄ばかりだから、今年の世界同時株安も関係なかった。海運は売ってしまったが、葬儀屋と中堅建設株なんてやるのは生まれて初めてだ。
 大井競馬場の大家さんの都競馬も、ネット投票が伸びているかぎりは持っているつもり。
 何かの知恵を、毎週、捻り出さないと。競馬も競馬以外も。
■クイーンSのウォーターナビレラの武は「特に思い当たることはないんだけど」だそう。馬が疲れているんだよ。トラックマンがズラッと◎を打つのは信じられない。血統屋は、だいたいの人が◯だった。それに比して、トラックマン諸氏が◎とは、私には信じられない。
■週刊誌のブックが出る。月曜は、これがいつも楽しみだ。アイビスのヴェントヴォーチェは福永曰く「終始、左に逃げていて外へ行きたくても行けなかったです」だそうで。そうか、福永のミスではないな。これでは仕方ない。外にさえ行ければ、ラストの300mで、外ラチ沿いはグイグイ伸びるのだけど。内ラチのほうに4頭も行ったから馬が氣が引かれたかな。



-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←