homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「国際子供友好協会」を支援しています。   ←click here

運営費に困っているくらいのNPO法人のほうが良いと思って、2019年に変更しました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月 8レースか10レースで、455円(税込み・月500円)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












10/26  11−20℃  雨のち晴  北北西4
■@cutest_animal1
クマ:俺はクマ様だぞ!
イヌ:だから?
そんなものか・・・

10/25  8−16℃  くもりのち雨  北北西2
■ツキがあるのかないのかわからん。誰が助けになるかどうかわからん。10年後の世の中がどうなるのか、さっぱりわからん。

10/24  5−19℃  晴  北2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は4着と4着で【19−15−8−44】。
 4着というのが、今の馬券制度では、いちばん悪い着順だ。だから「メルマガ」に4着だけは載せている。まさか、土日とも4着とは。
 今年のG1は【7−3−1−4】。
 競馬の初歩みたいなAJGのどれにも入らない馬同士の決着で、横山武のファインプレーと、ステラヴェローチェの仕上げのおかしさのせいだろうが、こんなAJGでは、私にはムリだ。ふつうは完調でなくても、ステラヴェローチェが2着を死守するものだけど・・・。
 阪神二二の宝塚記念は、◎マリアライト、◯ドゥラメンテで的中した会心のレースだったが、今日はドゥラメンテ産駒とマリアライト産駒での決着に終わった。阪神二二の宝塚の再現だった。
 マリアライトのルースが日本では珍しく売られていて、その売れ残りの小さなものを入手できたから、オーソクレース◎という手もあったが、この馬も完調には見えなかった。まだ、本格化してないと言うべきか。

G1菊花賞は、阪神内回り三千で、晴良。
 横山武史のタイトルホルダーが、いきなりグイグイ押して出していって、12.5-11.1-11.5-12.1 という、ちょっと速すぎるくらいの4ハロンで始まった。そこで後続を諦めさせて、引き離したら、12.8-12.6-12.8-14.3-13.1-12.6-12.4 と中盤の7ハロンは超の付くスロー。最後の4ハロンは、11.7-11.5-11.4-12.2 と完全な上がりの競馬。これは芸術だ。歴史に遺る、とんでもない名レースをやったものだ。
 この14秒3−13秒1という2ハロンは、完全に息を入れて、いったん競馬を終えて、千メートルの上がりの競馬に持ち込んでしまった。
 オーソクレースは、前も警戒し、後ろの人氣の差し馬2頭も警戒し、馬群に入れずに、動きやすい外を回して追走した。3コーナーで動きたかったとレース後言っていたが、ペースが上がり始めたところだったので、急に追走できなかった。
 ステラヴェローチェはスローになった2コーナーで下がっていく展開。秋華賞で前を追いかけて失敗したから、今度はペースダウンしても好位勢を諦めさせてしまって、1頭でスイスイ行く横山武史を追いかけるのをためらったか、あるいは調子が悪いのだと思う。じつは「軸馬指数」に載せたように、馬体も追い切りも全然、加点していない。なんか馬体がどんよりして冴えないなあとは思っていた。
 水曜あたりに、2時間ほど飯食べながら、少しは困ったなあと心に引っ掛かって悩んだから、敗因はそれかもしれない。吉田人も、前走の轍を踏むまいと下げたわけでもないだろう。あそこで下がって、内伸び馬場を外回して2着争いに持ち込んだから、やはり力はいちばん上だろう。

10/23  7−18℃  晴  北北西6
富士Sは前日の雨でやや重で始まって、晴れて乾いて良。
 ソングラインは池添が上手に馬群の中に入れて、中割りで抜け出した。事故もなければ強いなあ。◎だったのに変えて失敗。
 ダノンザキッドは、22kg増だが、皐月賞が減っていたし、成長分も5kgくらいあるとすると、ちょうど良い。一叩きしたら、もう少し反応が良くなるかもしれない。マイルにしては遅めの流れだから、もう少し前に行けば良いのに。どうも川田とは相性が悪い。マイルは少し忙しいか? 東京の千八がベストだろうけど。
 サトノウィザードは戸崎が良い馬が回ってきて結果も出て、自信を持って乗っているので、あんな後方から上がりの切れ勝負でも届く。メンバーが薄いせいもある。
 ワグネリアンは二人引きで気合が乗って良いデキだった。もう1回、マイルから二千を使ってダメなら、ダービー馬の名前が泣くから引退してほしいけどねえ。

10/22  12−11℃  雨  北北西2
■@funasejuku
テレビは見るな!
テレビ朝日 ↓
テレビは茶番・年中こう

10/21  10-18℃  晴  北3
■秋華賞は何度考えても、3コーナーから11秒5−11秒3のラップを追いかけ始めたのがミスとしか思えない。吉田隼人のレース後見解で、どこにも出てこないのは言えないのだろう。イン伸びで2枠、直線は短い。策士・音無のラップを上げて後続に脚を使わせるというよくある作戦に引っ掛かったとしか思えない。考えすぎたから、もうこのことは考えないようにしよう。

10/20  10−21℃  晴  北西6
■今日は散髪の日。いつも出掛けるときは晴れる。医者に寄って、腸の酪酸菌を健康保険で安くもらう。インフルエンザの予約に人がいっぱい。もう、11月末までは埋まっているそう。アベノミクスが始まるときに、注射器のテルモの株を買っておけば、5倍になっていた計算になる。注射器で儲かる会社って、どこなのだろう。

10/19  10−16℃  くもり  北北西2
■松坂大輔が引退試合を球速118kmで。お疲れ! りっぱな選手だった。
■さすがに寒くなって、ふとんを厚くして、パジャマを秋用に替えた。南半球は歴史的な異常低温だ。北半球の冬も寒い氣がする。これで原油などエネルギー価格は上昇しているし、輸入大豆などもコンテナが回ってこないので値上げ。世界的な物価上昇だろうなあ。

10/17  20−15℃  雨のちくもり  北北西4
■@SeK5G0IelNjdV34
『感動のフィナーレ』
 お芝居にしてはよく調教したものだ。
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と2着で【19−15−8−42】。
 今年のG1は【7−3−1−3】。
 ソダシは勝てないとしても、ファインルージュに負けるくらいだと思っていたから、思考が足りなかった。なんとも言いようがない。
 単勝人氣が被りすぎているから、直前でファインルージュの単勝を買ったが、それくらいなら人氣被りの減点をしてしまえば◎は入れ替わっていた。思考不足だったか。

G1秋華賞は夜に雨が降って、朝は晴れてやや重。乾いていって良馬場。
 遅めの平均ペースで始まって、エイシンヒテンの単騎逃げ。これで縦長だから、千の通過が61秒2だから、好位以下の馬群は、スローぎみ。ソダシの楽勝かと思ったが、あと900mあたりから速くなっていって、後半の千メートルは、12.0-11.5-11.3-12.3-12.9 で流れた。
 これでソダシが前を捕まえに行ったから、ラップが速くなっていった。内伸び馬場だから、前が残るのを嫌ったという氣がするが、それならミスだ。エイシンヒテンくらいの馬なら、逃げ馬は捨ててかからないとG1はたいへんだ。エイシンヒテンは松若だから、3コーナーからペースアップしていくこともあるが、無視しなきゃ。115−113なんて逃げラップは、どうでもよいと思うけどなあ。
 ゲート出て両側の馬に挟まれて、少し接触していたとしたら、馬にも心的な余裕がなかったかもしれない。
 でも、3コーナーから11秒3なんて逃げなんだからねえ。
 時計を持っているとわたしがいつも褒めているルメールは4コーナー手前まで、まったく動く氣も見せなかった。でも、直線に入った瞬間に1ハロンで凄い脚を使ってアカイトリノムスメに追い付いていった。おそらく、直線勝負のレースの流れと見たと思う。
 戸崎のアカイトリノムスメは、完全にソダシ・マークで、少し遅れて付いていったから、流れに乗ったときの戸崎らしかった。ルメールも相手はソダシだけだと思って直線勝負に賭けたような追い込みだったが、前に1頭、国枝厩舎の良血馬がいたので捕まえられなかったという感じ。
 オークス馬のほうのユーバーレーベンは、言い続けてきたとおり、こんなレースを使うのではなく、JCで雨が降ることを祈っていたほうがよい。エ杯や有馬のほうがましだ。ひょっとして菊でもよいくらいだ。アルテミスやチューリップや桜花賞や秋華賞を使いたがるところが、血統と全然合っていないからどうしようもないと思う。この馬は、かわいそうだ。

10/16  18−23℃  くもり  南東3
■とうとう、YouTube が〇クチソに拒否反応を言っただけで削除になってしまった。ツイッター内の単語検索くらいしかやることがないか。
府中牝馬Sはくもり良。
 マジックキャッスルがインにいてズルズル下がって惨敗。パドックは普通に見えたが、敗因が不明だ。あれで+10kgというのが、見た目以上に太いとしか思えない。息もできてないのか、国枝厩舎だから大丈夫と見たのに。競馬になってなかった。そばにいた馬が3着争いだから、インの馬群の中でも問題はなかった。

10/15  16−25℃  晴  東南東1
■あと一晩、半袖で過ごそう。最低気温が12℃予想の日曜朝はダメだ。
■今日の株は、ほぼ全面高。どの株も上がるので楽しかったが。xアメリカは、またPER100倍のNASDAQが上がり始めた。やれやれだね。NASDAQの異常な高さが続くかぎり、株式相場は時限爆弾を抱えて走っているようなものだ。

10/14  16−24℃  晴  東南東1
■まだ、半袖でいける。首都圏は人口は横ばいなのだろうか? 増えているのだろうか? Google Map で4年に1回くらい、景色が更新されるが、どんどん家が建つんだよねえ。どうなっているんだろう。最近は、ほとんどが、もう、別の町ばかりになってしまった。ここ10年間でガラッと変わった。

10/13  17−17℃  雨一時くもり  北1
■日本株の安いこと安いこと。割安だ。それでも、「分配なくして成長なし」と新しい首相が言っていたら、毎日売られまくって、とうとう「成長なくして分配なし」に、言うことを変え始めた。でも、それも1日上げただけで、今日はもう様子見。これでは、なんだかなあ。「成長と分配は同時でなければいけない」とでも言うべきだったか。

10/12  21−19℃  くもり一時雨  北北東2
■青翡翠って、ヒスイ輝石でなく、オンファス輝石だった氣がする。まあ、どっちでもいいんだけど。鉱物的に化学式から言って、本当のヒスイは白なんだろうけどね。

10/11  17−29℃  晴  南東1
■とうとう、鉱物収集も、珍しい赤水晶と青水晶が、10年くらい売れ残っているサイトで見つかって、10年前の相場のママで、価格は上げられ暗黙のルールがあるから安いまま。それを、何かの拍子にふと見つける。
 スペインのマラガの赤水晶も品不足で、まともなのは入手困難になったので、モロッコの赤水晶を8年前とか言っていたのを売れ残っているのを見つけて買う。隣の国だから、さすがにスペインと同じ作りだ。
 その半日前にリーベリック閃石で全面青い青水晶を同じように何年も売れ残っているのを買って、全面青水晶と全面赤水晶が、並んで入手。糸魚川のラベンダー翡翠も、なぜか売れ残っているのを見つけた。翡翠はミャンマーのよりも糸魚川のほうが色合いが断然上。ミャンマーは透明度が凄いけどね。これで終わりにすることにした。
 あとは、糸魚川の青翡翠のみごとなのがほしいけど、3cmくらいで15万くらいするので、口あんぐりで見ているだけで、手が出ない。この歳で子供もいないのに石を集める人もいないから、またバカ扱いされないように、ここらでやめなきゃ(笑)。
 もう、地球も金銀や石油石炭は溢れるほどあるが、宝石級の鉱物は掘り尽くした。地球は終わるのだろうか?

10/10  19−26℃  くもりのち晴  南東1
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と2着で【18−14−7−39】。
 今週もワイド総流しは正解。9番人氣のマカヒキも来てくれた。8番人気のアスタールビーの逃げからの流しも正解。これは前走や前々走を見ていたら買いたくなるケース。
 おまけは毎日王冠の◎○の2強の馬連で、安いけど正解。これで来週から大好きなG1だ。今週は京都大賞典が荒れそうだったけど、耐えに耐えて終わったと言われたアリストテレスから入って正解だったので、最終決定法の収穫はあった。このレースの苦労は何かのプラスにはなるだろう。

毎日王冠はくもり良。
 パドックで落ち着きがあって貫録のデキだったダノンキングリーが痛恨の大出遅れ。
 シュネルマイスターは1馬身ほどの出遅れで後方から。速めの平均ペースになったが、3F過ぎてから、何を思ったか、ダノンキングリーが内にいたシュネルマイスターとの差し比べを捨てて、外から位置を上げていった。スローや中長距離なら、ルメール式に上がっていく手もあるが、平均ペースの千八でやる手はない。少なくとも、わたしは、そういう競馬は知らない。
 千通過が58秒台に流れで、前のトーラスジェミニやダイワキャグニーは走るだけの安全牌。位置を上げたから、直線に入って、すぐ先頭に並んでいって、あと400で楽に先頭。そこから、内にいたけど外をぶん回さずに馬群の中を抜けてきたシュネルマイスターの追い上げが始まったが、あっという間に並んでしまった。
 これはミスだろう。安田は川田で嵌まったが、この馬は戸崎がいちばん合っている。川田だと馬をいじくりすぎる。競馬を教えているのではなく、忘れさせているようにしか思えないケースが多すぎる。3歳相手なのだから、堂々と古馬G1ホースらしいレースで迎え撃てばよいのに。
 勝ち時計の1分44秒8は、緩みのないペースだけあって、マズマズの好時計。レース後談話で、川田は「スローなので上がっていった」と言っていたが、時計を持っていませんと言っているのと同じ。こういう点はルメールより2枚くらい下だな。

京都大賞典は晴良。
 ベレヌスの逃げでスローで始まったが、あまり楽をさせてはいけないと、ダンビュライトが突くので、途中から何ハロンも速くなった。おかげで、最後の1ハロンは、キセキとアリストテレスのネジ伏せ合いがバテて、11.6-11.8-13.0 の上がり。マカヒキが伸びたというよりも、前2頭がバテたレースだった。
 それでも、マカヒキは好調時の差しが戻ってきて、最後の1ハロンまでは、追い付かないなという感じだったが、前が止まったので差してしまった。
 わたしは、「軸馬指数」で好調時だからと書いたが、JCの頃から、ずっと馬体や追切りは良くなっていた。今でも強いダービー馬とは思っていないが、二四の良馬場で差しが利いて、会心だった。藤岡康も冴えないレースが続いたが、これだけ人氣がないと氣楽に乗れただろう。4コーナーで良い位置にいた。
 今日は、毎回、フォトパドック、最終追切り、当日のパドックと、真剣見続けてきて、その成果が出て嬉しかった。じつは、勘では◎だったのだが、勘だけで、指数を何回計算してもが数値が伸びないので諦めた。この馬は相手次第では、走れます。ディープインパクト産駒は好きです。

10/9  20−25℃  くもり  北北東1
サウジRCはくもり良。
 コマンドラインがスローに耐え切れず、途中で動いて2番手へ。直線は、また伸びて振り切った。やはり、強いね。ステルナティーアも頑張ったけど、もう一回り身体が凄みあると通用するのだけど。
■オパールSは狙いどおり、アスタールビーの単騎逃げで、ワイド総流しは儲かって、今日もめでたい。
10/8  17−26℃  晴  風なし
■震度5強だったらしいが、寝ていて分からなかった。地震で目が醒めたことはないなあ。どうでもいいけど。

10/7  16−27℃  晴  北1
■お彼岸から3週間で主力株のJPX400は上げた日が1日だけ。9日連続安だ。岸田という総裁は新自由主義との訣別と言ったとか。累進課税の方向だというので売っているそう。所得格差をなくすと言うと、株が下げているらしい。

10/6  18−27℃  晴  北2
■今日、水晶が届いて、これで鉱物収集をやめることにした。どんなものにも魂は宿るという揺るぎない日本的死生観を確信的に持っているが、海岸の石ころだって同じだと、最近、考えるようになってきた。
■今日で8日連続安だから、RCIの短期線は、マイナス100になった。騰落レシオが記録的な150という高い数値を出したのに買い続けていたのが間違いで、外国人が売り越しになっているときに買うという、まだアホなことをやっている。それが元凶。
 楽に暮らしたいなら、証券アナリストになることをお勧めしたい。高給が得られて仕事は簡単。人と同じことを的確な表現で書いてさえおけば、読んだ人に感動される。あたり外れなんて、どうでもよい世界。経済学って、あれ、学問じゃないですよ。金のために職業を選ぶ人には良いんじゃないですか。

10/5  18−28℃  晴  東南東1
■バルチック海運指数は昨日時点での数字で、まだ上がり続けている。これが下げトレンドに入るまでは、海運株は多少は残すつもりだ。
 世界は久しぶりのインフレに向かっているようにも見える。中国もインドも石炭が枯渇しそうだ。今日の東証は、ほぼ全面安だったが、インフレ銘柄の商社株は強かった。船の燃料も足りなくなる海運会社が出るかもしれない。マーガリンの値上げどころではないはずだ。

10/4  16−29℃  晴  風なし
■「通算予想成績」を更新しました。凱旋門賞は「ホースレター」です。
■凱旋門賞は不良馬場。ディープインパクトに勝たせるには、めったにないチャンスと思ったが、オークスよりもダービー馬が強かった。というか、馬場が悪すぎた。ワイド総流しにふさわしいレースで、馬券も取りたかったが、まあ、ロクに勉強もしてない海外G1が簡単に的中したら、海外通で食っている人に悪い。
 勝ったTorquator Tasso は発音が謎だが、配合は最高で、
Alya=Allegretta 3×4の〈全兄弟クロス〉が光りすぎている。
 Alya と Allegretta は、Aralia ≒Almyra 3×2。凄いねえ。
 直線に入るときに騎手が周囲をグルッと見渡していたから手応えはあったのだろう。前に行きすぎず、中団の外で良い位置だった。ゴール前で止まったけど、最後にまた伸びた。
 Alchimist (アルヒミストと発音するらしい)以外の場所に、Tantieme や Hyperion, Donatello, Rockfella ・・・となると、底力だけで走っている感じ。
 母が、Sharpen Up のクロス。Sharpen Up の母の父は、チャイナロックの父 Rockferra だから重の鬼もときどき出る。
 朝起きて(わたしは21時過ぎに寝ますから。フランケルの頃は欧州競馬を見てから寝てたけど、もう最近は加藤栄さんみたいに早く寝るの。朝から相場だし)ビデオを観たけど、まあ、しゃあないね。ディープインパクトによって、サンデーサイレンスの血を拡散してほしいけど、種牡馬に良いのが出ないのは哀しいね。ゼンノロブロイを無料でプレゼントすればよいと、その昔から思っていた。
 日本は Miswaki を使わないからなあ。

10/3  16−27℃  晴  東北東1
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と4着で【18−12−7−39】。
 今年のG1は【7−3−1−2】。
 「ホースレター」はスランプに突入ですが、G1は絶好調ですね。まったく、別人みたいな成績になっています。
 「ホースレター」で凱旋門賞を夕方送信しましたので、よろしく。
 慌てて書いたから間違えてないといいけど。

スプリンターズSは晴良。
 土曜は朝に重馬場で始まって、これはダノンスマッシュだなと書き始めましたが、どんどん乾いてきて、土曜の最後は良馬場。1つのレース以外は、芝は全部内伸び。これは、話が違うと思って、考え直してピクシーナイトを◎にしました。
 その読みどおりで、日曜も朝から内伸び。2枠から出てインの好位3番手。直線抜け出して終わり。前後も左右の位置どりも読みどおりだし、なんと言っても、全部のファクターが嵌まった。
 レシステンシアは馬体がイマイチで、わたしには良く見えなかった。まあ2着の馬か。ダノンスマッシュは書いたように、時計がかかるほうがベター。パンパンの良で内伸びとなると、7枠も裏目になる。6歳秋だから、こういうきつい条件だと大損だろう。
 快速モズスーパーフレアにメイケイエールが絡めなかったから、乱ペースにもならず、こういうものか。音無は勝負強いから好きだ。
 勝利騎手インタビューで福永が大器だと言い続けてきたが、と言っていたが、なるほど、見る目あるね。長すぎる寝たツナギで、跳びが大きく、馬体がそうとうでかくて、良馬場向き。台風が千葉をかすめると言われていたが、良馬場で内伸びで2枠となれば、3歳の恵量が生きる。キングヘイローやサクラバクシンオーが生きてますね。
 千二に転戦して差す競馬を覚えさせたから、前走は勝ったような価値があったが、AJGでも、そういう評価にしておいた。
 わたしは、スクリーンヒーローと相性が良いですね。モデルスポートを「笠は社台とらない」という契約のPOGで、例外として取らせてもらったのが、50年後に生きている。嬉しい。あれは脚部不安で引退したが、府中の千八もスイスイ逃げ切るし強かった。

10/2  16−30℃  晴  北西3
■土曜のレースどころではなかったが、シリウスSは中井に◎ではダメだな。国分恭介がポンポコポンポコ逃げまくるから、ケツにいたウェスタールンドが届いてしまった。しかし、ほとんど存在価値のないレースで、ダートの重賞は多すぎる。
■今日はたいへんだった。馬場が重で始まって、どんどん乾いていき、意外と内が伸びる。パンパンの良はないと見て、ダノンスマッシュで決まりと思っていたが、そうなりそうになくなった。G1でもあるスプリンターズSの予想の3択は、頭が痛かった。
■Share News Japan@sharenewsjapan1
【読売】自殺社員のPC隠蔽、遺族に「廃棄」と説明… ホンダが7人懲戒処分
動車大手「ホンダ」(東京)の男性社員(当時27歳)の自殺を巡り、同社が男性の業務用パソコンの作動時間から長時間労働による労災と疑われることを懸念し、遺族に対し、パソコンを廃棄したとする虚偽の説明を約1年続けていたことがわかった。同社は遺族に謝罪し、隠蔽に関与した当時の労政企画部長や法務担当者ら7人を懲戒処分にした。
sn-jp.com
■三菱自動車、三菱電機と、会社ぐるみの不正。トヨタも信託は三菱だが、検査不正。ホンダも労災ごまかしで証拠隠滅の犯罪。日本中が壊れ始めている。まともな人間って、1%くらいいるのか?

10/1  19−20℃  雨  北6
   台風16号、945hPa。八丈島南東を東北へ時速35kmで通過。
■株を少しずつ減らして、先物の売りを増やしていたが、ついにNYが急落。株は、葬儀屋とeコマースと大井競馬の株と、インド株ファンドを残して、ほとんど売った。先物の売り玉は、あと2日見ながら判断しよう。さあ、「軸馬指数」書かなきゃ。

9/30  18−26℃  くもり  南南東1
   台風16号、945hPa。小笠原の西を東北へ。
■NASDAQはマイナス。S&P500は、ほぼ変わらず。ダウ30だけ上げる。でも、割高なのはNASDAQだから、NASDAQだけが注目。NASDAQの先物の売りができる証券会社を持ってないからなあ。

9/29  16−25℃  晴  北1
■総裁選は岸田氏の勝利。予想は的中した。岸田という人が、どういう人か、ほとんど知らないのだが、最近の自民党議員が極端な人を嫌い、中道を好んでいる氣がしてしていた。だから、意外感はない。さて、何をするのか? さっぱり、知らないのだけれど(笑)。

9/28  16−24℃  くもり時々晴  北1
■NASDAQが下げて氣分良い。PER100倍はちょっとねえ。東京はマチマチ。警戒解除で騒がれたJRなどは、もう伸び悩み。決算が2年後まで増益見込みで、しかも上方修正して、しかも割安なものは、スーと上がり始める。それに飛び乗るのが好き。早ければ早いほど良い。氣付くのが遅れたら絶対に買わない。

9/27  16−23℃  くもり  北3
  台風16号、935hPa。小笠原とフィリピンの中間。金曜に千葉沖接近という予報。
■@smash_fakes
縫ってる
何やっても、人間が一番ダメっぽいな

9/26  19−20℃  くもり一時雨  北北西2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。スプリンターズSは決まりそうだから、NY株がまだ元氣がないからウィークデーは、また相場だ。
◆「軸馬指数」は券外と4着で【18−12−7−39】。
 シャフリヤールはインケツの4着でなく、せめて逃げたモンテディオを交わして3着には入ってほしかった。4着というのが最悪の着順だ。
 今週は全レース完敗。惜しいレースもなかったし、こうしておけば良かったというレースもなく、わたし向きでないレースばかりだったとしか言いようがない。内房Sだけ、ノーブルシルエットは武藤でも◎だったかな。
 相場を売ったり買ったりしすぎた影響でもなく、向かないレースが固まる週もある。これで厄落としになるのが普通なのだが。

オールカマーは小雨良。レースの頃はやんでいたが、少し降って、馬場は悪化するほどではなかった。
 ウインマリリンが1枠から好スタートでインにへばり付く。レイパパレも外からすんなり好位へ。遅めの平均ペースで、中山二二らしい流れ。
 あと700mでケツにいたグローリーヴェイズが、たまらんという感じで、一氣に好位まで押し上げて、急にペースアップ。やはり、すんなりしたレースにはならなかった。レイパパレは直線先頭で格好はつけたが突き放せず、坂のあたりで止まってしまった。坂でなく、距離だと思う。10日前のフォトパドックよりも、今日のパドックは良くて、でも距離が長い。わたしなら、毎日王冠→秋の天皇賞→マイルCSで迷わない。ここで二二を使って、次が二二のエ杯だなんて、何かおかしいと思う。
 エ杯は京都なら先行有利だが、阪神だと分からない。
 ランブリングアレーは期待したが、胴長でマイルよりは二二が合うのだが、今日はフォトパドックも少しそうだったが、今日はもっとトモがさびしく見えた。このデキでは秋はたいへんかもしれない。
神戸新聞杯は、中京コースで雨の不良馬場。
 中京は、土曜は良馬場で、極端な内伸びだった。日曜は、やや重で始まって、レースの頃は不良馬場。スローで流れて、直線は内ラチ沿いは荒れて誰も走らないが、その外は、距離損もなく伸び頃。
 ステラヴェローチェはクロノジェネシスと似た血統で、父バゴだから、不良なら勝ったようなもの。直線もシャフリヤールは切れ勝負の馬だから外へ回したが、ステラヴェローチェとレッドジェネシスは、内めの距離得のイン差しぎみ。
 2分18秒1で、上がり35秒台の脚を使えたのが、勝ち馬と2着馬のみ。これでは、クロノジェネシスの強さや、ステラヴェローチェのサウジRCの不良馬場の楽勝を見てきたファンは、単勝3倍まで買っていった。ああなったら、もともと指数混戦だから、あんなものか。

9/25  21−22℃  くもり  北2
■NYがもたもたし始めた。日経先物の夜間取引も下げて引けた。中国の不動産業の問題ではないな。欧米は食料流通も巧く行かなくなり始めているという。サプライ・チェーンの混乱か。長引くとクリスマスになってしまう。
■今日の土曜競馬は大荒れだった。堅い日だと思ったけど、全然違っていた。唖然。

9/24  20−29℃  晴  北北西3
   台風15号、975hPa。小笠原とフィリピンとマリアナの間。
       920hPaに発達して、金曜に九州四国方面へ。
■日本を脅かす最後の台風かもしれないが、日本に向かっている感じだ。台風の勢力を弱める気象操作のスキルを開発すると先日言っていた。人工降雨は北京五輪で使ったではないか。そう言われているよね。
 数年前に、静岡か愛知に上陸して、本州を横断して長崎まで西進して、方向転換し宮崎に行き、太平洋上に出て高知に向かった台風は何?

9/23  23−31℃  晴  北1
今年最後の30℃かもしれないな。空気清浄機のフィルター交換ランプが1年ぶりに点灯して、ついでだとエイヤッと、暑い2階は冷房ガンガンかけて、コロコロでなく掃除機で本格的に掃除。
 庭の隅に、隣の車庫の塀との隙間に雑草が伸びて、実を山ほど実らせて落ち始めているのが見える。どこの隙間からも、わたし以外の人が入れない場所だし、雑草がこちらの庭に生え始めたら、切りがなくなって、被害者のわたしが年中除草剤散布になるから、めんどうだと、実のなっているところだけ、むしる。暑いから夕方にやって、なんとか無事に終わる。

9/22  20−29℃  くもり  東北東1
■今日は月に一度の散髪。NYはまた下げた。でも、NASDAQはダウよりも下げない。困ったものだ。NASDAQバブルが消えないと、ほんとうの安心は、できない。おもしろいサイトで、マリアライトのルースを安く見つける。なんと、運が良いのだろう。ブラックサファイアまで一緒に見つかった。家に届いたマリアライトは、パープルの、なんとも上品な色をしていた。お彼岸だから、誰かのプレゼントかもしれない。

9/21  16−27℃  晴  東1
■今週は1日短いので予想を始めるが、今年の重賞は、ほんと一筋縄でいかないなあ。ややこしい問題ばっかり。そろそろ、スプリンターズSもやらないといけないし・・・。

9/20  16−28℃  晴  東北東1
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ」を更新しました。さあ、NY株がズルズルと、待望の下げを始めてきたから、ウィークデーは相場だ。まあ、わたしだけはボケないねw
◆「軸馬指数」は3着と2着で【18−12−7−37】。
 ワイド総流しは、あいかわらず好調で、今週は7レースやって、1番人氣は1つだけなので、中穴ばかりコツコツ稼いで、回収率は150%近くまでいったと思う。こんな流し漏れのない、総額でも1500円くらいで勝負できる券種って、3単など、わたしには到底考えられなくなってますね。好きな3複も最近は買わなくなりました。
 なにしろ、7頭立てのマレーシアCの、ジュランビルからのワイド総流しで儲かってから(1番人氣の馬がそうとう怪しい馬だった)、もう、どういうレースでもワイド総流しやってますね。
 絶対に、流し抜けがないですから、4コーナーからは「荒れろ、荒れろ」しか言葉が思い浮かびません。
 「第2の券種」も、まずは、1番人氣でないときの自信の馬の単勝でしょうかねえ。これは配当付くと氣持ち良いですからねえ。

セントライト記念は、晴良。馬場の硬度は朝の計測で 9.2 まで回復していた。それでも、10を超えないから、パンパンの良とは言えなかった。
 パドックでソーヴァリアントがトライアルらしく、やや余裕のある身体で、チャカチャカしていて、落ち着かせることができるかどうかだけが氣になる感じだった。
 それで、なんとか落ち着いたと思ったら、スタートで外の隣の松山が斜めに出てくるので、被せられて内の馬と接触したか接触しそうになって、内へ斜めに走っていくしかなかった。あの松山はおかしいよ。アールドヴィーヴルを2着に持って来れないし、ちょっと松山は不満だった。
 スローで出たが、どんどん先行馬が来るので、コーナーからは緩みのない平均ペース。12.3-11.8-12.2-12.2-12.0-12.2-12.2-12.0 と流れて、戸崎は抑え気味に5番手に控えて、さすがにペースを読めていたが、それでも、あと600mで外へ出してマクリ始めたのは、少し早すぎた。
 松山の後ろでジッとしていれば、相手は4角でバテ始めるから、その外からまくれば簡単なのに、3コーナーからマクリに行ってしまった。先行馬群に有力馬が固まって揃っていたから、手応えとか見ていると楽勝と見たような仕掛けだったが、前は無視して後方を警戒すべきだった。
 ルメールのオーソクレースは、さすがに距離損をなくして馬群のど真ん中を回ってきて3着と試運転としてはマズマズ。アサマノイタズラはパドックの氣配が良くて、向正面も、中団でポツンと1頭で走って、あと400から仕掛けたが良く伸びた。馬群の後ろで溜めて、田辺だから大外だと思っていたが、大外をぶん回さなかったので、脚が溜まって、馬群の切れ目を斜めに割って外に出したときは、馬は氣分最高という感じで、最後までよく伸びた。
 後方から追い込むしかない吉田豊の乗る格下のベルウッドエオが、やはり外を回さずに6着まで伸びたように、前で固まった先行馬で頑張ったのはソーヴァリアントだけ。前の馬たちは関係ない競馬になってしまった。ちょっと松山のグラティアスに引っかき回されて、内に寄ったり外に出したり、損ばかりして負けたのだと、わたしは悔しすぎて、そう思っているが。
 松山もローズSで位置が一つ後ろになって完敗しただけに、“先行の松山”としては今日は張り切ったのだろうが、チグハグな週だったよな、松山。

9/19  23−29℃  晴  北東2
ローズSは、くもり良。
 乾いてきて内中伸び。エイシンヒテンが好ダッシュでハナ。アンドヴァラナウトもアールドヴィーヴルも、まあ好スタート。6枠の福永はスイスイ自然に行かせたが、7枠の松山は少し控えて差しをしたい感じだったので、1コーナーの入りは、6枠の福永のほうが前、7枠の松山が後ろ。ピッタリ付いて行けばいいのに、向正面でも抑える氣分。
 ラップが 13.1-10.9-12.3-12.7 のスローで始まったので、これは最後まで効いた。上がりが、11.6-11.3-11.7 という上がりの速い競馬になって、少し時計のかかる馬場でスパッとも切れず、アールドヴィーヴルは狭いところに嵌まってしまって、前がずっとアンドヴァラナウトだし、そのまま差が付いたままの競馬で終わった。松山としては一工夫してほしかった。
 たしかに、最後はオークスの直線と同じだったが、このレースはオークスと違って上がりの競馬だという点が違ったのだ。
 今日は、12番人氣のエイシンヒテンが残ってくれてワイド総流しは儲け。今週は中山の4つのレースを全部戸崎◎にした。ずっと書いてきたが、戸崎は馬に恵まれないが、馬さえいれば勝てる騎手だ。セントライトも期待できそうで、4レース全部、ワイド総流しは取れそうだ。
 困ったことに、戸崎に◎を打ちまくれる週は珍しいことになってしまった。

9/18  20−25℃  雨のちくもり  南南東3
    台風14号、1000hPa。東進して愛知県から東へ。
■9月になって、全然晴れない。まあ、買い物もネットだし、出掛けないからどうでもいいけど。
■今日は◎アイアムハヤスギルが5番人気で勝ってくれたが、さすがにナンヨーイザヨイは重だと伸びない。来てくれたらワイド万馬券だったんだけど。重のダートはワイド狙いが良いよなあ。ダートだと馬場状態を考えない人が多いから。

9/17  19−24℃  くもり  南1
(鍼灸師)今村光臣@dCNZ85zXLoaQNkR
日本人は正月に門松を飾り、それから梅、桃、桜と初春の花をお花見し、花の色や香りを楽しみ、その美しさを讃え、それから四季折々の花を一年を通して愛でる。花道、香道、茶道に花や香りへの想いが昇華される。そんな花を愛でる日本文化が日本人の抗ウイルスファクターX体質を醸成したのかもしれない

花のフィトンチッドを嗅いでいるせいだと言うが、それも、ありかも。

9/16  20−26℃  くもり  北東3
■中国株が規制強化で叩き売られて、NYはモタモタ。狙いどおりインドが好調。日本は上げすぎたわりに利食いが入るだけ。割安株が多いから買い余地が、欧州よりもある。相場も競馬と同じで、頭脳の鍛錬には良い。まず、ボケることはないから、少額でも良いから、少しでもやることをお勧めしたい。ぜったい、仕事にも競馬にも有意義。医師会の大物が与党に多額の献金しているから言いたいことを言わないとか、すぐピンとくる。日本なんか誰と誰が仲間かとか、そういうことで動く国だから。

9/15  20−27℃  雨のちくもり  北北東1
    台風14号、996hPa。東シナ海中央。北東へ。
■NY株も、さすがに息切れの氣配。NASDAQバブルは、いつになったら崩壊するのだろうか? PER100倍はわたしには理解できないのだけど。インドのほうが道の魅力があるし、日本は成長株は少ないが驚くほど割安だ。

9/14  22−26℃  くもり  東南東1
■溜め込んで、めったにゴミ出さないが、出すべき日時は雨がやむ。日本もアメリカも物価が上がり始めた。海運指数も下がらない。天候も悪い。一種のインフレかも。

9/13  20−30℃  晴  北3
   台風14号、970hPa。衰えて上海沖に。これから進路を変えて九州方面へ。
■NYが金曜急落したのに、今日の東証は切り返して高値引け。騰落レシオが140を超えようとしている。凄い相場だ。これで日経平均は世界水準でみて割安だというから呆れる。34000円になると、バブル以来の戻り高値か。懐かしいなあ。これで食糧価格が上がっているというから物価上昇になれば、デフレではないということ?
■今週末は3日開催なので、「軸馬指数」はローズS、セントライトのつもりでいます。台風でも来なければ。

9/12  23−27℃  くもり  南南東1
     台風14号、935hPa。台湾東北沖を北上。
■「通算予想成績」「メルマガ」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と券外で【18−12−7−37】。
 今週はグランデマーレかカラテかで悩んだが、けっきょく、どちらでも同じだった。ワイドの総流しは、ムーンライトHの最低人氣のサウンドバーニングが来てくれて、なんとかプラス。
 グランデマーレはパドックでダメだと思ったが、馬券は予想どおりは総流しかけるので仕方なかった。パドック解説は褒めたが、京増真臣さんもイマイチだな。応援はやめよう。この馬はパドックで良いときは見ただけでハッとするような馬体の張りを見せる馬で、今日は少ししぼんでいた。カラテもグレナディアガーズも、良いようにも見えるがイマイチだった。
 グランデマーレは牝系を遡ってもクロスがイマイチという点かもしれないな。
 レシステンシアも、まあまあだがイマイチだったから、叩いて良化余地はあるだろう。

オータムHは、くもり良。
 行く馬がいなくて、手探りでゆっくり始まって、コントラチェックのハナが決まると、思い切ってペースを上げたから、ややこしいレースになった。12.3-11.2-11.1-11.0-11.2 とハロンごとにペースが上がっていくという流れで、これで番手のスマイルカナやマイスタイルは終わり。その後ろのグランデマーレやステルヴィオもキツい流れになった。
 ということで、ラスト1ハロンが 124 で止まるという競馬になって、インから差しに徹してきたカテドラルが届いてしまった。戸崎は流れが嵌まると、済ました顔をして来る騎手だから。グレナディアガーズは、せっかくの1枠なのに、どんどん下げたから、もったいない、下げすぎだと見ていたが、川田のペース判断も正しかったようで、内伸び馬場で外から追い込むという苦しい展開のわりに、最後は伸びて惜しかった。これで、この馬の脚質は自在になって、今日はボケッとしたデキだっただけに、マイルCSはおもしろい。
 コントラチェックはハナを切れば一発あるから△は打ったが、藤沢和雄厩舎だから大事に乗るかと思ったが、大野はヤケクソの逃げで正解だった。

セントウルSは、くもり良。
 そうとうなハイペースだったが、好スタートのレシステンシアが教科書的に逃げて、最後はラップもバテたが、なんとか凌ぎ切った。戦績から、これくらいはやらないと困るだろう。
 ピクシーナイトも順当で、他の馬もこんなものだろう。ラウダシオンは13着だったが、この馬は千四ベストと言い続けているので、千二のハイペースだとこんなものだろう。

9/11  22−26℃  くもり  北北東1
           台風14号、強大、905hPa。台湾南東端、北方向へ。
■紫苑Sのエクランドールは、ルメ−ルのレース後談話をインターネット・ラジオで聞いていたら、「全然進んでいかない」と言っていた。ほんと、全然進まない。あれほど行けない馬も珍しい。呆れた。やはり春のクラシックは高レベルだったから、健闘した馬は強いということか。
■今日のワイド総流しは、ムーンライトHで最低人氣の13番人氣を連れてきて、1番人氣から9110円も配当付いて儲け。いやあ、楽ですよ。1番人氣から13頭立て流してこうなんだから。こんなの、3単も3複も、春先まで、やっていましたが、取れませんよ。

9/10  20−30℃  晴  南1
■日本株は日経平均が3万円超えが定着してきて、NYに影響されなくなってきた。コロナで伏せっていたが、物流など儲かる企業が多く、増益ラッシュでPERの割安感のある銘柄まで強い。こうなると、わたしの得意な場で、8月から狙った銘柄がほとんど急騰する。ダメなのはすぐ損切りして切ってしまうが、そういう銘柄もめったになくなった。わたしは5年から10年に1回、儲かり始めると止まらなくなる。株も競馬も、これからだな。

9/9  18−23℃  雨のち晴  風なし
■NY株が弱くなった。いつまで続くか?

9/8  17−23℃  くもりのち一時雨  風なし
藤井聡@SF_SatoshiFujii
奈良は知事が「他県で緊急事態宣言効果は見られてない」と判断し、宣言がずっと発出されていません。
にも関わらず現在収束中(左図)、かつその推移は近隣の宣言県と大差無し(例兵庫:右図).
…なのに政府は宣言を延長予定とのこと…そんな政府に私達は疑問を持っちゃダメなのでしょうか?
奈良と兵庫。数値インチキは、もううんざり。

9/7  17−24℃  晴  北東1
NASDAQバブル が、なかなか終わらないな。どこかで、終わると思っているんだけどなあ。PER100倍って、なんなんだ! インドと中国で26億人いるし、アジアの時代になる氣がするんだけどなあ。コロナだって、スパッと生薬やイベルメクチンで治癒すると言って、方向転換が速いし。アジアと中央アフリカは頑張っているよ。
 日本など、いつまでも「マスク食」だとか、雑巾みたいな細菌まみれのマスクで覆いながら大切な食事を食べろって、頭おかしいのかと思うよ。ちょっと考えれば道理が分かりそうなものなのに。発症者がゼロに限りなく近い中学生にも〇クチソをとか、なんか日本人らしい知恵者はいなくなったなあ。何を考えて生きているんだろう。TV叩き壊してアンテナ降ろして、読書とネット検索していればよいのに。
■@Ana_____aaa
今日のフィラデルフィア。。。。。ヤバすぎる。。。
すげー。これで株が騰がり続けているのか。

9/6  19−22℃  くもり一時雷雨  北西2
■菅首相の退陣表明で、金曜から日本株は暴騰。ひっくり返したような大騒ぎ。これでTOPIXが30年間の上値抵抗線を越えれば、4万円に向けての上昇も、チャート的には許されることになる。まあ、コロナや枠珍のバカ騒ぎで、上値は限られるだろうが。

9/5  19−24℃  雨のちくもり  北北西2
■「通算予想成績」「メルマガ」「エッセイ&詩集」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と券外で【17−12−7−36】。
 今週は、ワイドの総流しは、6レース中、5レースが的中して、1番人氣からもあったし、1番人氣でないレースは少頭数だったり苦労したが、それでも人氣薄を連れてくるので、まあ、5レース当たったから、かなり良い回収率だった。1レース1万円も買わないファンが多いのだから、なんとかして、3連単に勝つ方法を考えてきたが、ワイドの万馬券も取れるし、これで良いのではないか。
 第2の券法は、枠連でも、小倉2歳Sも本線的中だし、昔は枠連だけの時代で年間プラスを何度も何度も達成していたのだから、べつに悪い氣はしない。「ワイド総流し」と「枠連」だなんて、わたしだけに決まっているし、個性があっていいんじゃないの。
 これからホースマンとして成長していくのだから、今はこれでいいんだよ。

新潟記念は、晴良。
 晴れたといっても、さすがに最終週だけあって、9Rまではインも伸びたので、よしよしと思っていたが、さすがにメーンレースは内はダメだった。
 17頭が横に拡がったので、外枠の馬は、外ラチ沿いにまで楽に到達したので、最後は直千競馬と同じで、外ラチ沿いの外枠決着になってしまった。
 ザダルの敗因はよく分からない。明日のブックを読みたい。
 マイネルファンロンはユーバーレーベンの兄で、ステイゴールドだから、4分の3同血。ユーバーレーベンが走っているようなもので、二千と二二で4勝してきたが、なぜか二四や二五を一度も走っていない。ユーバーレーベンみたいにマイルを何度も走って負けるよりはよいけど、陣営は何を考えているのか、わたしには理解しがたい。
 洋芝で2勝して、中山と東京の渋った馬場で2勝してきた。もっと重い印でも良かったけど、わたしは馬場は乾くという読みで書いてきたし、外枠は損だと感じていた。そのへんが読み間違いだった。これを軸にすれば、格好良かったと反省大だ。ところで、わたしがダウンロードしている専門紙は、いつになったら兄弟馬をユーバーレーベンにしてくれるのだろうか。
 まあ、いつもそのことを強く書きたかったのだけど、わたしのマイネルファンロンの指数が、いくら外枠で、流れの読みを完全に間違えて、差し馬や、内枠の馬ばかり加点したとはいえ、誉め切れなかったのを恥じたい。函館記念14着で、先行するようになって、大外枠で、良馬場予想で、完全に読み間違えた。まあ、ミルコと丹内を比べれば、そのへんは雲泥の差だね。ミルコは、最近また、よく考えて乗るようになったね。ユーバーレーベンもオークスはミルコだったから、彼は自信あったのだろう。最後まで、そういう乗り方だった。
 ファンロンは惨敗が増えてきたとはいえ、先行馬じゃないってことをミルコは言いたいのだよね。そいうことがパッと分かるだけ、やはりスランプだったとはいえ、ミルコは偉いわけだ。先行馬の癖で、ポンと好スタートでゲートを出たのに、すぐに強引に抑えに抑え込んで、下げていって最後方まで下げた。凄いことやっていたね。直線は斜めに馬群を割って、外ラチに向かって馬を持っていったし、いやあ、みごとだった。丹内や藤井なら掲示板も怪しかった。

小倉2歳Sは、晴良。
 くもりで始まって、小雨の中の競馬。ますます、インが悪く、中外伸び。
 こうなれば、最終週で外枠有利なレースだから、なおさら外が伸びる。
 2ハロン目から4ハロン目が速く、もともと、先行馬は入らない氣配だったが、これで先行馬は完全に終わり。
 予想どおり、外枠の差し馬がグイグイ伸びて、とくに8枠の2頭の外伸びは、すさまじかった。◎スリーパーダは出遅れて、福永が外を回していれば余裕だったが、前に馬を置きたいのか、凄い行きっぷりを馬群の中に入れて抑えていたが、直線で内々を回るハメになって、最後は伸び脚が違うという最終週の外伸び競馬に飲み込まれて2着。もったいなかった。
 小雨が降ってきたのも幸いして、重の鬼のナムラクレアがグイグイ伸びて、大外枠の人氣薄を連れてきた。小倉らしいレースで、スリーパーダとナムラクレアを天氣予報で選ぶだけのレースだから、「軸馬指数」でやりたいくらいのレースだった。

9/4  20−22℃  雨一時くもり  北北西2
■最近はワイドも最低人氣の馬を連れてくるので、今日も、予想を流した3レースを全部、ワイドの総流し。札幌は取消まで出て少頭数になったが、それでも7番人氣や10番人氣を連れてくるので、3300円買って5030円の払い戻し。152%の回収率なら、OK。今年は、株も馬券も、光の道が見えたな。
札幌2歳Sは、晴良。
 ◎ジオグリフは最後方から。あと800mで動き始めて、4角手前で好位まで上がる。そこから仕掛けると、あっという間に抜き去って、あとは持ったままの大楽勝。ノド鳴りが影響しなければモノが違うね。マクフィよりも良いよ。
 ほんと、ノーザンファームは新潟2歳Sと使う馬を間違えたと思うねえ。まあ、ノーザンの一存で決まるわけじゃないだろうけど。

9/3  19−20℃  雨  北北西2
■受信拒否しているメルアドからメールが着信する。理解できない。サポートの人も考え込んでしまった。わからん。

9/2  18−21℃  雨  北北西1
■神保町の三省堂書店が閉館するそうだ。ジュンク堂や書泉では、『サラブレッド配合史』を売ってもらっていた。紀伊國屋や三省堂はなかったよなあ。代わりに、白山から自転車で、軽装でフラッといつも行って立ち読みしていたが、万引き警戒の不審な目で付いてこられて困った。建物は広くて大きいけど、本の置き場の割り振りのめちゃくちゃ下手な店だった。だから、ここは立ち読みだけ、と決めていた。紀伊國屋は地下の名店街9店が閉鎖になったが、そこにも、ヘンな奴がいた。上階の本売り場にもいたなあ。そういう店は、ほとんど潰れるから見ていておもしろい。そのうち、電子書籍の時代になって、本めちゃ好きのわたしなんかは本屋に行かなくなるよ。

9/1  22−24℃  くもりのち一時雨  北東2
■メールが3日も遅れるとかいう読者の方が、今まで何人もいらしたが、わたしはプロバイダー日本一を何年もとっているところだから、メール問題などなかった。
 ところが、ついに何時間かかかったりすることが起きるようになった。在宅ワークする人が、家でメールばかりするようになって、日本の総メール数が激増しているのかもしれない。プロバイダーに聞いたら、サーバーの増設や新設は何億もかかるらしい。金がいっぱいある会社を選ぶしかないのかなあ。


-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←