homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
私は「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で




─────────────────────────────────────────






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくら私のモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「国際子供友好協会」を支援しています。   ←click here

運営費に困っているくらいのNPO法人のほうが良いと思って、2019年に変更しました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった気がする


 最初の成功  ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人気。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外は私だけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。




●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それが私の血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、私の本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
      (『血統論』とセットで1700円=過去4版中、これは割安大特価です)
血統論』(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(900円)
週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(600円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月 8レースか10レースで、455円(税込み・月500円)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。






・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
私は90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのは私くらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、私のメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、オンラインストレージで送らせていただきます。)

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想の私独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。私のものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2019年8月版(第4版)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も気付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 私は私 

私の予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています




─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

(ホームページのデザインは、Internet Explorer に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。IE は「互換表示設定」にしてください。ブラウザの「表示」拡大サイズは 100%が想定です。私の愛用は、Fire Fox だったりしますが。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)








7/2  22−32℃  晴  南南東4

7/1  23−31℃  晴  南南東4
インフルのワクチンは、コロナのリスクを36%増加させる

6/30  22−25℃  雨  南5
新型豚インフルエンザ が、中国で発生したというニュースが入った。時代を読む能力のない経団連が撒き散らさないことを祈る。
風邪の常備薬は漢方薬がいちばんです。板藍根、銀翹散。軽いのには葛根湯、体力のある人は麻黄湯。

6/29  21−28℃  晴  南南東4
■宝塚は牝馬2頭の指数の2択にしないといけなかった。クロノジェネシスは枠のプラスが8枠の宝塚と言われるだけに大きい。インさばきの下手な騎手にとって8枠も大きい。そのへんで加点できたか。悔しいなあ。

6/28  21−25℃  雨のちくもり  北2
◆「軸馬指数」は券外2つで【16−10−3−23】。また5割に戻ってしまった。夏になってアイビスから、いつもダッシュするから、ここ数年みたいに福島を何とか乗り切れば、なんとかなるさ。
◆「ホースレター」は(0−0−1−5)で【43−25−19−72】。雨が降るとか降らないとかいわれると苦手だ。重のレースは競馬場別に整理し直しているから、そのうち、なんとかしよう。

宝塚記念のパドックが良く見えた馬は、サートゥルナーリア(4着)、トーセンスーリヤ(7着)、ラッキーライラック(6着)、クロノジェネシス(1着)だった。
 馬場は稍重で始まり、雨が止んで、10Rの前か後にスコールが降って、やや重。
 レースは、12.3-10.9-11.4 とトーセンスーリヤの果敢な逃げで始まる。でも、10Rの後だったか、一瞬、スコールのような土砂降りになったそうで、9Rは内ラチ沿いの開いたところを狙ってイン差しした馬が大楽勝したくらい、朝の霧雨も止んで、インは乾き始めていたが、あっという間に馬場が変わった。モズベッロやメイショウテンゲンが来る馬場になった。乾き始めての稍重でなく、スコールが降っての悪化だから、いくら最近の馬場の作りはインが水はけが良いと言ってもインはダメだ。最後の4コーナーでは、インの前の馬が泥を跳ね上げると、泥が後続の騎手の頭を越えて飛んでいた。
 そこに体調急良化のトーセンスーリヤが逃げて、このハイペースでは、既に前は潰れたようなもの。大外枠のブラストワンピースまでが、内回りはいつも追い込めないから苦手と見て早めに行くから、ずいぶん速いペースになった。
 インは2番のペルシアンナイトが好位の内を進んだが、この馬は重馬場が下手で有名で、結果は大差の15着に敗れた。ここまでのレースは、今開催の阪神は内の芝が良くて、後方からは届かない競馬が続いていたが、こうなったら、発表は稍重でも重馬場みたいなもので、前の馬とインを進んだ馬は、そろって最後はバテバテだった。
 ラッキーライラックはいちばん良いスタートを切ったのが裏目で、ミルコが1コーナーで馬群の中に入れて折り合いつけて、外を嫌ったが、外を走らないと損な馬場だから、これも裏目だった。外だと前に行きすぎるし、前に馬を置いて内や中に入れると馬場が悪い。どうしようもない表情だった。3コーナーからも後続が外マクリしてくるから動かざるを得ず、ペースとインに入ったのが敗因。
 サートゥルナーリアも3枠だから内めを進んで、外へ出す意識だったが、3コーナーでやっと外へ出して、外から追い上げたが、私に言わせれば、それほど強い馬でもないから4着に追い込んできたのは、他の負けた馬に比べればマズマズの結果だった。
 クロノジェネシスは、バゴだけに重が鬼で、8枠からゆっくり外にいて、18番のブラストワンピースが内回りを意識して早めに交わしていっても、悠然と構え、3コーナーから外マクリを一気に決めたら、余裕綽々で楽勝になってしまった。前後の位置どりもペース的に正解だし、左右の位置どりもスコールが降って正解、仕掛けどころも正解だった。北村友とはインさばきが下手で、私と相性が悪いのは昨年から、ずっと言い続けているが、インさばきをしなくて良いレースは、馬とのあたりが良い騎手で、馬がスイスイ動く。
 そして、宝塚に強い8枠を引いたのも強運だった。
 若い頃の福永がインさばきが下手だったが、同じようなことをしているが、北村友のほうが秘めた才能は上かもしれない。とにかく勝つときは絵に描いたように快勝する騎手だ。


6/27  23−31℃  くもり  南東2
■新型コロナのことは、YouTube では中京大の武田邦彦と、京大の藤井聡がいちばん冷静で参考になります。
■アハルテケのレピアーウィットはゲートを出ない大出遅れ。早めに追い上げて脚が上がった。他の2レースも好位か中団狙いだったのに、後方から。うんざり。こういう日なんだねえ。

6/26  20−31℃  くもり一時雨  北東1
■五輪中止を言っている都知事候補が複数いるが、自分から言い出せば違約金を取られるのを知らないのだろうか。経済効果はマイナス30兆円だそうだ。経済効果のほうは自然の成り行きだが、中止をIOCより先に言うのはまずいだろう。

6/25  18−26℃  雨のちくもり  東2
■イナゴはパキスタンが知恵を出して、朝の起き抜けはイナゴはボーッとしているので、簡単に捕らえられるのを発見して、今は大量に捕獲しては鶏の餌にしている。パキスタンは偉かった。

6/24  21−25℃  くもり  東2
■中国南部の洪水は半分以上の州にわたって、70年ぶりだそうだ。三峡ダムは歪んできていて、決壊すると4億人の被災者が出ると海外のメディアは大騒ぎだ。あのダムは、早く取り壊したほうがいいと思う。決壊すると、飢餓が訪れて、世界中から6月まで以上の量を買い付けるだろうが、インドは国境紛争で敵対しているし、ベトナムはコメを買いまくられて、もう売らないといっているし、豪州は不作で輸入国に転落しているし、アフリカは豚熱で豚を大量処分しているし、欧米は人手不足で収穫できなくて穀物を廃棄しているし、中国は買い付けたサーモンからウイルスが出たと言って廃棄しているし、洪水と食糧危機が同時に来そうだ。

6/23  18−26℃  晴  南東2
■NHKの世論調査によると、外出禁止や休業強制できるように法改正する必要が、62%だって。自粛失業者の人権など考えもしない人が多数派ということ。たいへんな世の中になっている。他人の人権を尊重しながら風邪でもひいて頑張ろうとかいう度胸すらない。

6/22  20−21℃  雨  北3
■さあ、前半戦の掉尾を飾る宝塚記念。6月末と12月末は「神社の大祓」みたいなもので、最近は的中させようという気になってきました。乞うご期待。
■ユニコーンSでケンシンコウに△を打ったのは、こういうのが好きな馬だからです。牝系の奧のコメットラインとか懐かしい。フランス血統は好きでしたねえ。

6/21  19−24℃  雨のちくもり  東北東2
■場外馬券売り場が再開し始めた。喜ばしいことだ。フランスはG5反対デモをツイッターの画像で見ていると、1人もマスクしている人はいなかった。
 アメリカは共和党の町はマスクなし、民主党の町はデモで荒れまくっているがマスクしろと言う人が多いという。選挙が終わったら、アメリカは分裂するかもしれない。南北戦争みたいで、アメリカの人には僭越で申し訳ないが、そう見えてしまうから笑い話ではない。アメリカが分裂状態では日本にとっては困ったことなのだから、世論調査のイカサマなんかやってないで、もっとメディアはキチンと報道をやってほしい。
 日本は埼玉が、ガンで死んでも死者を検査して陽性なら、死因はコロナにすることになって統計を修正しているが、死者が少ないと、どこかから文句言われるというのも、へんな話だ。ガンで抗ガン剤でも打っていたら抵抗力ないから、ちょっとした風邪で死にますけどねえ。ここ10年、友人たちは、そうして亡くなっていった。
 場外馬券売り場も2m離れろとか言ってケンカせずに、仲良く競馬を楽しんでほしい。ウインズで立って競馬見てワアワアやっている人は、小中学生と同じでコロナで死んだりしないと思うよ。

◆「軸馬指数」は1着と1着で【16−10−3−21】。また、貯金ができた。春のG1の頃から、3着まで当たることも増えて、春競馬は苦手は、もう終わったのかもしれない。だいたい、こういう季節傾向は10年ごとに変わっていっている。
◆「ホースレター」は(4−0−0−2)で【43−25−18−67】。50のスマイルカナは3角先頭の強引な競馬で勝って、あの桜花賞組は強い。
br>
ユニコーンSのパドックが良く見えた馬は、デュードヴァン(2着)、サトノラファール(15着)、タガノビューティー(13着)、キタノオクトパス(5着)、カフェファラオ(1着)だった。
 馬場はやや重。前日の雨で、やや重までしか乾かない。
 レースは、カフェファラオのスタートが心配だったが、スイッと出て押していくと好位は簡単に取れた。これなら大外枠の心配は杞憂だった。
 12.1-10.9-11.2-11.9 という、やや重にしても時計が速いハイペースで、デュードヴァンやケンシンコウは、前も止まったがよく追い込んだが、番手から抜け出して1秒近くもちぎられては、力の差としか言いようがない。
 「軸馬指数」にも書いたが、この馬は、とにかく3勝馬よりも強い感じで、今日は中団ならいいかと思っていたが、好スタートが慣れれば、G1まで楽に行けるだろう。

函館スプリントSのパドックが良く見えた馬は、マリアズハート(9着)、エイティーンガール(7着)、ダイアトニック(1着)、フィアーノロマーノ(4着)、グランドボヌール(13着)だった。
 馬場はAコース。晴良の内伸び。
 レースは、ダイメイフジとダイアトニックが好スタート。この2頭が先行してそのまま。函館は内が良くて時計も速い。千二のレースばかりやっているが、外からまとめて差し切るなんてムリな感じ。
 ダイアトニックは2番手でハイペースを楽に追走して、直線に入る頃は、勝つ形。最後の1ハロンは時計がかかって、前も止まりぎみだったが、他馬は追走で手一杯で、フィアーノロマーノは距離は守備範囲だが、読みどおり器用さがないから良馬場の1分7秒5では届きにくい。
 函館は洋芝3種の混生で、トールフェスクが優勢な競馬場で、札幌よりも遥かに重い馬場だったが、今年は馬場が軽くて、時計も速すぎる。トールフェスクを減らしたのだろうか? 今は馬場造園課も知っている人がいないので、昔と違って電話やメールもしないのだが、函館が時計の速い軽い芝になったら競馬はおもしろくもなんともない。JRAの職員は馬券を買えないから、競馬の楽しみがファンほど理解できないと思うけど、近くの誰かが、そういうことは、はっきり言わないようではダメだと思う。
 私は20代の専門紙時代や34歳の『サラブレッド配合史』を競馬会の売店で売ってもらったりしていた頃から、JRAには礼儀正しく接してきたが、言いたいことは全部言った。それでも、口を利いてくれなくなる人も居れば、アウンの呼吸で何でも進めてくれる人も居た。世間的には普通だ。誰か馬場造園の話は徹底的にやってほしい。
 あと10年もしたら1分6秒台がG1クラスでは、本番でなくても普通になるだろう。函館や福島で? つまらない話だ。

6/20  18−28℃  晴  北北西3
■どうやら、東アジアは2003年のSARS以来、何度か旧型コロナウイルスの変異に何度も罹患しているから、コロナに強いと東大の教授あたりが言い始めた。可能性はあるな。
 12月から2月まで、中国から200万人来ていたから、そこでも新型に感染していたという説もある。可能性はあるな。
 アメリカはとうとう、共和党の州はマスク自由、民主党の州はマスク強制になってきた。どうでもいいけど。
■コロナの感染者数がどうのこうのと言うけど、感染者なんかどうでもいい。発病者や死者が問題では。PCR検査なんて曖昧なもので感染したといっても、それで世間が大騒ぎするほうがおかしい。
■蛯名は頑張っている。良い馬が回れば、まだまだやれると思うな。若い騎手よりも巧いよ。もったいない。

6/19  18−20℃  雨  北2
■町中で2mの距離をとって歩いていたら、人との出合いはなくなる。若者の出合いは減って、結婚率は減少して、少子化は進み、民族は滅んでいくだろう。日本民族は風邪で衰退したと後世の歴史の教科書に書かれるかもしれない。

6/18  21−27℃  晴・くもり  南東2
■マスクとソーシャルディスタンスは重複だと思う。いつも距離を2mとか4mとっていたら、経済は崩壊するだろう。欧州は、もうやめた。日本はいつまで、そんなことしているんだろう。

6/17  19−28℃  晴  南南東4
■東大の児玉龍彦教授が厚労省が治験を発表しないアビガンに言及する(日刊ゲンダイデジタル)「このウイルスは平均11日間存在するのですが、アビガンの投与で4日間に縮められることが明らかになっています。感染期間の短縮は重症化防止につながる。(中略)それから、感染から2週間の早い段階でIgMが高くなる患者は免疫反応が暴走しやすいので、(関節リウマチ治療薬として開発された)免疫を制御するアクテムラを早期に投与する必要があります。」だそうです。この人は原発のときもそうだが、言いたいことを言うから信用できる。
 免疫暴走を抑えるならビタミンDを体内に保持しておけばよいかもしれない。

6/16  22−30℃  晴一時雨  南4
■山本太郎まで立候補してきた。これで知事は選挙予測によると、決まりだそうな。投票行くのやめようかな。都民じゃないし。

6/15  21−32℃  晴一時雨  南東2
■ツイッターのツイートによると、PCR検査キットに書かれている説明。陽性と出る→Influenza A Virus (H1N1),Influenza B Virus (Yamagata),Respiratory Syncytial Virus (type B),Respiratory Adenovirus (type 3, type 7),Parainfluenza Virus (type 2),Mycoplasma Pneumoniae,Chlamydia Pneumoniae
 だとすると、全員でなくていいから遺伝子を調べないと、何もわからないではないか。

6/14  20−25℃  くもり一時雨  南東2
騎馬の突撃はこういうものらしい
◆「軸馬指数」は5着と6着で【14−10−3−21】。楽しい初夏の風物詩のレースだが、また5割に戻ってしまった。センテリュオは木曜まで軸だったから、雨が不良馬場になるまで降ると見ていたが降り方が足りず、少し悔しい。馬場の微妙なときは、とことん下手だからしょうがないな。
 言い訳がましいが、前が残るようなキレイな芝でやっている競馬だから、降り方が足りないと微妙すぎてやりにくい。今年は空梅雨だそうだから、なんとかなるさ。
◆「ホースレター」は(0−1−0−5)で【39−25−18−65】。土曜のサヴィが悔やまれる。
br>
エプソムCのパドックが良く見えた馬は、ソーグリッタリング(2着)、サトノアーサー(6着)、ピースワンパラディ(7着)、マイネルファンロン(12着)、ゴーフォザサミット(8着)だった。
 馬場はCコース。雨が止んで午後は内から乾いてきて、中伸び→内伸びへ。
 レースは、ゆっくり始まって、それからは、やや速めの平均ペース。これくらいのペースでは後方からは、たいてい伸びない馬場。
 後方馬群では馬体が良く見えたゴーフォザサミットが伸びただけ。3コーナーで後方組はもう終わっていた。
 レーンがイン差しをやっていたが、このレースになると、さすがに皆、インから乾く馬場で、しかも追い込みが利かないので、前に行って、しかもインにへばり付く。そんな感じで流れ込んだ。
 ソーグリッタリングは格や時計理論では1位争いだが、藤井で57だから◎を打てなかった。勘の予想ならソーグリッタリングだった。
 サトノアーサーは枠も良いから、レースもこうなると思って期待したが、先行馬が内を開けて中伸びで粘り、サトノアーサーのレーンがイン差しするという読みだったが、さすがにメインとなると、皆が内にへばり付くから、その外を伸びざるを得ず、最後は伸びてはいるのだが、また掲示板までで終わった。
 レイエンダは時計が1分47秒台ならちょうど良いのだけど、後方からは伸びない馬場だった。

マーメイドSのパドックが良く見えた馬は、サトノワルキューレ(10着)、センテリュオ(2着)、サラス(14着)、ミスマンマミーア(9着)、レイホーロマンス(13着)だった。
 馬場はCコース。あまり降らずに、やや重の内伸び。
 レースは、藤田菜七子のナルハヤの逃げ。絶妙のペースで巧く逃げたが、2番手にサマーセントの酒井がピッタリマークでプレッシャーかけた。
 阪神は内が極端に伸びるが、今日も内伸び。速くならなければ、外差しはムリ。
 センテリュオとエアジーンは中団の同じ位置にいたが、センテリュオの福永はインピッタリのイン差し決め打ち。エアジーンの川田は今年は何か気合いが入ってなくて、大外を回して最後は伸びたが、あそこからは届かない。
 今の関西は、川田と福永だけ最高点を与えているが、福永は本で藤田にボロクソに言われてからフォームが良くなって、今日も併走していた川田よりもきれいな姿勢で乗っていた。G1も良いし、武と違って円熟してきたか。藤田みたいに言いたい放題言う人間も、どこの世界でもそうだろうが、仕事の場にとっては得がたい面があるのは事実ではある。

6/13  23−20℃  雨・49mm  東1
■雨で予想はどうにもならない。前夜はNYの株の大暴落を、先物売って簡単に儲かった。勢いで競馬の予想やったら簡単に外れた。和田のサヴィだったよな。
■すばらしいツイートを発見。30年ぶりのイナゴの大発生だが、
blue-cle @bluecle777
パキスタンでバッタの大群を大量に捕獲し、国が買い取って乾燥粉末にし、養鶏の飼料としてるそうです。
日の出前のバッタは大人しく、手で獲れる。
住民も20tものバッタを集め、収入につながりました。
殺虫剤散布の被害にも頭を悩ませていた」パキスタン、大逆転ですね
 ・・・そうか、寝起きを襲うのか、これで今年から世界の作戦は簡単になりそうだ。食糧危機の助けにもなりそうだ。

6/12  23−30℃  くもり一時雨  北2
■日銀は今年はもう株を、昨年と同じ4兆円買ってしまった。まだ半年以上あるから、いくら買うのだろう。国債発行して日銀が買うというと政治家の多くは大反対だが、株だけは平気で買う。逆だろう。

6/11  23−30℃  晴のち雨  南3
■ウツ病とヘルペスウイルスが関係するという可能性も。慈恵医大。そうとも言えない気もするけど・・。
6/10  21−31℃  晴  南4
■日本株は、とうとう、G5関連と、スーパーシティ法関連しか上がらなくなってきた。なんとなく怖い。
■最近、夢にいろいろな人が登場するが、夢の特性か、何を言いたいのか、よくわからない。不思議なことに死んだ人が出てこない。

6/9  20−32℃  晴  南東3
■もう6月だというのに、新型ウイルスの適切な治療薬を誰も公にしない。困ったね。

6/8  19−28℃  晴  南南東3
■欧米の株は元気で、有名投資家はコロナ暴落以前よりも資産が増えているという。NASDAQは高値更新だ。日本も今日で11日連続高で、ほとんど高値に戻った。日銀が買いまくっているから、大引けの15時になるとスルスルと上げていく。皆が一緒になってそこを買う。ゲームだ。年末の高値自体が消費税増税でGDPが7%マイナスなのを糊塗する上げだったのに、それに近い価格とは、バブルとしか言いようがない。恐ろしいことだ。
 アメリカも黒人虐待の暴動だけではなく、米中、民主党と共和党、ロックダウンの反動とか、いろいろな他動軸で動いているから複雑極まりない。ガンジーの銅像まで、レイシストと落書きされている。朝になると道路にキチンと、割って投げる煉瓦が積まれているという誰かの用意周到さで、これは分裂反乱状態としか思えない。あと数年、ずっと混乱しそうな気さえしてくる。地球はどうなるのだろう。

6/7  19−27℃  くもりのち晴  東南東2
アメリカの消毒製品の誤用
徹底調査をしない人は、消毒で肺の病気の発生率が上がることを知ってほしい。ちゃんと、肺の病気になると言えばいいのに。ブログに書いたけど、消毒しすぎは病気になります。人間には常在菌が膜を作って身体を守っているのに、それらも皆殺しにしようというのは危険な思想だ。
 入院しても人工呼吸器は絶対に断ってください。生還率10%だそうです。気圧で肺が破れるらしい。アメリカは使わない人工呼吸器を日本に買ってもらった。トップ会談で買うと言った安倍首相には言葉もない。酸素吸入は良いけど、人工呼吸器は気圧が高すぎるらしい。
◆「軸馬指数」は券外と2着で【14−10−3−19】。
 インディチャンプが良く見えなかったので、グランアレグリアとの馬単を本線にしたが、なんともまあ、裏だった。馬連じゃ安すぎるしなあ。鳴尾は、後方一気の武と心中になったが、強い牡馬と走ったことない牝馬に、単勝1倍台で◎を打つのは、私には何度考えてもできないなあ。しょうがないなあ。
◆「ホースレター」は(1−2−1−2)で【39−24−18−60】。阪神メインのラテュロスが、秋山で7番人気の2着かと思ったら3着になってしまい、ゴール前の一瞬で万馬券を取れず、ミラノかNYに行く夢が瞬時に消えて悔しかった。
成績は、毎年、機械みたいなものだ。
              1着率 連対率 3着内率
2015-----(65-38-28-129)260R  0.250 0.396 0.504
2016-----(61-52-29-118)263R  0.232 0.430 0.534
2017-----(68-45-44-106)263R  0.259 0.430 0.597
2018-----(68-50-28-117)258R  0.264 0.457 0.566
2019-----(88-37-47-133)303R  0.290 0.413 0.568
2020-----(39-24-18-060)141R  0.277 0.447 0.574

安田記念のパドックが良く見えた馬は、ダノンプレミアム(13着)、ダノンキングリー(7着)、ノームコア(4着)、アーモンドアイ(2着)、グランアレグリア(1着)だった。
 馬場はCコース。雨は止んで晴れて乾いてきて、やや重で、今週から恒例の中伸び。
 レースは、スプリンターが逃げるから速くなるかと思ったら、意外と遅めのペースで始まった。スタートが悪かったアーモンドアイは少し脚を使わされて損をした。たいした程度のロスではなかった。
 馬場は昨夜の大雨で、乾いてもやや重まで。乾いてくると内が伸びるが、毎年、安田の週からは中伸びになってくるので、内有利とも言えない馬場だった。
 前のスプリンターはバテるだろうし、ハイペースにならないので後方一気は利かない。アーモンドアイはコーナリングで遅れて、4コーナーは後方。
 こうなると中団有利で、坂を上がる頃の1ハロンは、11.0 という速いラップで、やや重で少し時計のかかる日だけに、ノームコアみたいに凄い脚を使っても届かない。
 グランアレグリアとアーモンドアイの勝負になったが、グランアレグリアは3本の脚のツナギが立っていて、ツナギをしならせて歩くというG1ホース特有の歩き方をしないで、爪先立って歩く馬だけに、やや重馬場はプラスだった。タピットらしい。
 アーモンドアイはデキは良く見えたし、出遅れも許容範囲だから、コーナリングで差を詰められなかったあたりは、やはりジャパンCで凄いタイムで勝ったように、雨のシンザン記念は3歳戦だし、古馬G1戦となると、重もこなせるが、パンパンの良馬場がベストと向きそうだ。有馬の敗因も、熱発と荒れた馬場か。昨年の安田はスタートの事故に巻き込まれて32秒4の上がりの脚を使って追い込んだだけに、やはり良馬場が良さそうだ。宝塚には登録をして、天気予報を見て出否を決めると良いかもしれない。
 あとはグランアレグリアは今年の春のG1で出てない7枠を引いたあたりも強運だった。どの枠を引くかという出目は、やはり運が大きい。2冠を獲ったテスコガビーは2冠両方が3枠、同じ年の同じ騎手で2冠を獲ったカブラヤオーは、2冠ともに4枠だったが、こういう絶好枠を引くのを長年、見てくると、枠の運は、馬の生涯の運でもある。人間の運と同じだ。

6/6  22−28℃  くもりのち雨  東3
■鳴尾は、サトノフェイバーがサトノルークスと同じ馬主で出てきたから、少しはハイペースで行くかと思いきや、スローの逃げ。何を考えているのだろう。私も意地を張らずに人気のラヴズオンリーユーで行けばよかった。牡馬とやらないからとか、ついアラ探しをしてしまう性格の悪さ。
 武は堂々と後方一気を開幕週の馬場でやるが、途中で見てられない。この人はバカじゃないんだけど、「老獪(ろうかい)さ」「円熟」とかいう言葉とは、まったくの無縁で引退まで行きそうだ。考えてみれば、凄いね。こういう人もいるんだね。

6/5  20−30℃  晴  南南東4
■東京都は、晴海の客船ターミナルを壊すらしい。浜離宮、晴海、竹芝から品川までの海岸地帯の思い出も全部消えてしまう。もはや、東京ではないな。
■庭に除草剤。今年は空梅雨か、もう6月なのに晴が多い。粉末の除草剤だから、ジョウロで地面を濡らすのと一緒に撒くしかない。

6/4  20−28℃  晴  南南東3
■もう、ワクチンの開発競争で14社に絞られてきた。ワクチンよりも、どういうウイルスで、どういう症状には、どういう薬が効くのかという競争や合意形成は、全然やっているようには見えない。WHOはパンデミック宣言以外にやることあるのでは。

6/3  21−28℃  晴  南南東3
■竹中平蔵がベーシックインカムを言い始めたから、これは現代の奴隷制かもしれない。竹中先生の言うことは、よくあたるからなあ、逆の意味で。ベーシックインカムには気を付けよう。

6/2  18−27℃  晴・くもり  南東3
■銀行口座を全部、マイナンバーに紐付けしろという。給付金の振り込みだけなら1つの口座でいいはず。預金税かという噂も。利子も付かないのに金置いているとリスクだけ。口座引き落とし分だけでいいから、あとは、銀行を一緒に営業していない証券会社、それも経営指標の良いところ、とかに移すしかないか。

6/1  18−21℃  くもりのち雨  南東2
メルマガが着信しないときは、
「ホースレター」記載の〈まぐまぐ〉の送信元ドメインをお手数ですが、必ず全部、許可にしてください。
それでも着かないときは、
競馬は迷惑メールになる確率が非常に高いので、ご自分のメールサーバーの「迷惑メールボックス」を表示できるように設定して、
〈まぐまぐ〉にログインして、
上のタブの「メルマガを読む」

「登録中メルマガの管理」

「登録メールアドレス/電話」の選択

メルマガの右端の「再送」をクリックしてください。
それでも着かないと、笠と〈まぐまぐ〉宛てに、両方に必ずメールください。
https://help.mag2.com/contact.html
これが〈まぐまぐ〉のメルアド一覧です。
笠のメルアドは「プロフィール」末尾に記載あります。
「受信の注意書き」は「「ホースレター」に書きますから、お手数ですが、無料の「「ホースレター」も、読者登録していただけると助かります。

5/31  18−24℃  くもり  南3
◆東京が再自粛とか言い始めたが、もうええ加減にしてくれ。アメリカはロックダウンで中小零細企業の47%が廃業意向。黒人問題で国はヒステリー状態。日本も廃業予定が現在で5万件だというから、もうメチャクチャ。PCR検査では、なんのウイルスだか細胞の排出物だか、ゲノム全部解析しないのだから曖昧検査ではないか。だったら、インフルの感染者やアデノウイルスの感染者や、旧型コロナの感染者も毎日発表しないと不公平だと、ヤケクソみたいなグチを言いたくなる。
 埼玉ではもう中小バス会社が倒産したし、私の家も郊外のとんでもない場所だから、1日2便のバスがなくなったら、自転車の駐輪場も足りないし、どうにもならんわ。スウェーデン、チェコ、アイスランドみたいに、適当にやるのが正しいと思う。ロックダウンを徹底した国ほど死者やウツ病が多いという結果が、はっきりと出たのだから、それから今新たに学ぶべきだ。秋は仕組み債で農林中金と三菱銀行の騒ぎも待っている。日銀がジャンク債を買い取るか(笑)。
■ドコモやAUの方は「迷惑メールフォルダ」を手動で設定しないと表示されなかったと思います(今はドコモはできるらしいですが、どうなんでしょう?)。必ず、「手動」で表示できる設定にしてください。迷惑メールフォルダに私のメルマガが入っても、見ることができませんから。最近そういう問合せが多いのですが、「ドコモ、アップルスマホ、gmail」以外の人から、ここ5年ほど、不着の相談は来ていませんから、そうではないかなあと・・・。いちおう、不着の時は、〈まぐまぐ〉と私と両方にお知らせ下さい。メルアドは「プロフィール」に出ていますから。

◆「軸馬指数」は1着と1着で【14−9−3−18】。
 これで1着が連続5レース。5連勝、7レース連続連対となった。3番人気のオメガパフュームや4番人気のステルヴィオの◎も来てくれて、G1は堅くて、アラ探しを何日続けるかという辛抱と変心との戦いだが、G1以外は気楽にやって結果が出ている。目黒のキングオブコージも週刊誌は無印が多かったですからねえ。指数出したときは、7番人気くらいかと思ってニタニタしていました。
◆「ホースレター」は(2−2−0−2)で【38−22−17−58】。

ダービーのパドックが良く見えた馬は、コントレイル(1着)、ヴェルトライゼンデ(3着)、ダーリントンホール(13着)、サリオス(2着)、マイラプソディ(9着)だった。
 馬場はCコースに替わって、良の内中伸び。
 レースは、スローで始まって、3枠のコントレイルとヴェルトライゼンデは好スタートで、ずっと並んで3コーナーへ。スローを見かねてノリがマクって行きハナへ。
 淡々と流れて直線へ入ると、コントレイルが先頭へ立とうかという勢いと位置だから、福永は馬が遊ぶから、外へ行かせて追い出しを待っていた。
 ヴェルトライゼンデが4コーナーで外へ回ることになったのが距離損で、追い出し直したが、あそこが馬の若さで反応が遅い。サリオスも大外を回す羽目になって、それでも伸びてきたが、福永が追い出したら一気に突き放した。レースの上がりが、11.8-11.3-11.3-11.7 を後続を待つだけ待って、遊びながら突き放すのだから、このタイムは凄い。
 ヴェルトライゼンデは最後は地力でまた伸びて3着。さすがに、この血統は母系がドイツやハイペリオンやドナテロで、〈4分の3同血クロス〉あり、〈全兄弟クロス〉ありで、読者の人と不着や何かでメールやり取りしていると、やはり皆さん血統見るから好きなのですね。最後は底力でしょう。といっても大した脚ではなかったが、サトノフラッグが調整の工夫が実らないと、あとは凄い馬もいないので、地力の差で3着へ来たという感じ。もっと、強いと思っているんですが、父がディープでもないし本格化は遅いのでしょうね。
 サトノフラッグは馬体重は絞れていたが気配が足りず、中間の攻め軽め方針の効果は出なかった。あとは14着のヴァルコスあたりまでダンゴで、各馬、あまり差はなかった。1頭だけ強いダービーで、予想で苦労したけど、やはり相手はいなかった。

5/30  16−27℃  晴  南4
■ダービーは、さんざん考えたが、コントレイルにはプラスはない。でも、これが来ないと、もの凄い低レベルの年ということになりそうだ。困った話だ。

5/29  14−26℃  晴一時にわか雨  南3
実は日本人には新型コロナウイルスの免疫があった
 まあ、ツイッターでは2月から、日本バイオデータが遺伝子解析をして、そういう説を出していたが。

5/28  19−24℃  晴  南南東3
■中国がダメだというのでインドへ移す企業がいるが、とんでもない。インドはイナゴの被害、熱波、サイクロン、慢性的な水不足など凄い。もう、日本に工場戻してAI化すれば、made in Japan で売れるんじゃないの。まじめに造る力が今でもあればだが。

5/27  18−25℃  くもり  南東3
■マスクが値崩れだと報じられているが、普通の町でも食品店とかがマスクも売って損を取り戻そうとかいう目的なのか、マスクを取り扱って裏目に出たりしている。かわいそうだ。値崩れで、ざまあ見ろみたいな視点で報じるのもおかしいと思う。
世の中には、いろいろなおもしろい人がいる らしい。

5/26  19−23℃  くもり一時雨  南東3
■緊急事態宣言が終わって、やっと終わったと思ったら、東京はまだなの?
 いやあ、観光業界にはお金ぶち込むのに、ライブハウスとかカラオケとか、どうするんだろう。いやあ、驚いた。

5/25  18−26℃  晴  南東3
日本の持つ膨大な資産。まあ、話半分としても6000兆円あるということか。なんだろうねえ。真水100兆円なんて簡単じゃない。

5/24  17−24℃  晴  南南東4
◆「軸馬指数」は1着と1着で【12−9−3−18】。
 とうとう、5割復帰だ。4月がコロナばかり考えていたせいかスランプだったから、5月は考えることもなくなり当たりまくり。2008年以来、春はスランプという連続だが、今年は裁判の校正を33年でやめたせいか、締め切りに追いまくられないから、その点が気が楽で、5割くらい当たらないと、バチがあたるだろう。春のG1は苦手だが、今年は桜花賞みたいにアホみたいなヘマをやっても(4−1−1−3)だ。
◆「ホースレター」は(4−1−0−1)で【36−20−17−56】。
 中谷雄太の引退で、新潟2Rが勝負だったが、土曜は騎手で嫌われて人気がなかったが、日曜はさすがに専門紙は人気がなかったが、距離短縮は読みどおり正解で、また出遅れたが2着には来た。
 外出自粛が終われば、もっとあたるだろう。アメリカなんかロックダウンで毎日2万人ちょっと感染者が増えるという日の連続で、数字を見て怯えて、ウツになったり薬漬けになったり、自殺者が急増している。TVばかり見ている人はたいへんだ。

オークスのパドックが良く見えた馬は、デゼル(11着)、クラヴァシュドール(15着)、リアアメリア(4着)、ウインマリリン(2着)、デアリングタクト(1着)だった。
 馬場はBコース。良の内中伸び。
 レースは、平均ペースで流れて中だるみ。上がりが速くて、上がりは、11.2-11.2-11.8 だったが、クラヴァシュドールは一旦先頭も止まった。ジャイアンツコーズウェイが入るので距離はダメなのだろう。
 とすると、ノリがイン差しを狙ったウインマリリンが快勝と見えたが、デアリングタクトが後方一気でゴボウ抜きしてしまった。
 ウインマリリンはミモザを勝った馬はフローラSは勝てないものだが、両方を連勝したので強いとは思った。あとは距離だけだが筋肉マンでもないから、ああいうスクリーンヒーローはこなせると見て、馬券はリアアメリアとウインマリリンが勝負だったから、巧くいった。
 松山は先行馬で一流になったが最近は時々追い込みが冴えてきていて、今日も前の壁が開くのを待つだけという度胸の良さで、あれが正解だったが、一瞬、開いた穴を5枠の馬に入られそうになったが、その瞬間の瞬発力が凄かった。桜花賞は1週前の写真が腹目に余裕があって嫌ったが、今日は枠も追い切りも天気でも、何が起きても嫌う気はなかった。

5/23  15−21℃  くもり  南南東3
■アメリカは労働者の4人に1人が既に失業したが、医療関係者も暇で解雇されている。これは秋から、凄いことになるだろう。日本株はどうなるかとか証券会社から来るメールはうるさいが、どうにもならないだろう。
■ヤフーショッピングのエンタメゴルフの洗える3層マスクは、今日も手洗いしたが、なかなか渋太い。洗えるマスクに慣れると、洗えないマスクは、もったいなくてイライラする。安いので何枚か買ったから、30回くらい洗えると、効率が良いかな。
■平安Sは人気3頭はいずれも太かったが、オメガパフュームがいちばん腹周りがすっきりして見えた。レースはそのとおりで、腹周りの差が大きな着差となった。
■中谷雄太は新潟で引退の週を迎えた。10Rは出遅れ。メーンレースは、まあまあの馬だが中谷だからか人気がなく、7番人気で外から追い込んでクビ差2着。もう少し前なら勝てるんだけど、最近の中谷は位置どりが2馬身ほど後ろに下がっている。まあ、来ただけいいや。明日は2R勝負だ。どうせまた人気がないだろう。

5/22  12−19℃  晴  北東2
■中谷騎手が今週で引退だそうだ。

5/21  10−21℃  くもり  北東1
■体力の無いホテル業者がホテルを投げ売りして、それを体力のあるホテルや不動産屋が買い叩いている。こうなると思っていた。
 埼玉の郊外のバス会社が倒産。これで住民は脚がなくなった。自粛での損失金全額を政府が補填しなかった意味が、私には皆目、理解できない。
 来年秋くらいに一旦終息しそうだが、その後は、昨年までの日本とは様変わりしていると思う。絶対に元には戻らない。

5/20  11−17℃  雨  北東2
■私の住み家は東京の郊外だが、駅から1日バス2便だ。今はほとんど誰も乗らない。こういうことに自民党政府は金を出して経営や路線を守ろうとしない。あの人たちは、地元の庶民のことなんか考えないようになってきているのだろう。田中角栄はいないのは、どうしようもないな。

5/19  18−20℃  雨  北北東3
■欧米にはロックダウン反対派が増えてきたが、日本には増えてこない。学校の休校は急病人減少時には不要だと思うけどなあ。義務教育には、教育を受ける権利があるだろうに。

5/18  19−21℃  くもり  南東3
■零細商店や、個人商店、中小商店など、今後は消えていくだろう。大規模店舗法の規制撤廃で、郊外の町は駅前が全部シャッター街になって全国的に寂れた。
 残るは大都会だけだったが、バブルの崩壊で、ずいぶん寂しくなった。その頃、もう終わった気がしていた。2008年のリーマン・ショックがとどめを刺した。今回の新型コロナで、残る店も消えるだろう。残念だ。大臣が「これで持たないところは消えるしかない」などと発言する国だ。
 消えていく店・・・映画館(松山国際)1985、クラシック喫茶(丘)1985、ジャズ喫茶(DIG)1993、駅前の古くさいスーパー(西友)2000、都心の普通の旅館(きらく)2000、チェーン店でない食料品店2005、個人喫茶店2005、場外馬券売り場の傍のTV見せる喫茶店(天井桟敷)2005、どの町にも無数にあった定食屋(いなだ)2005、碁会所(三鷹道場)2010、どの町にもあった銭湯2010、椅子のあるチェーン店でない立ち食いそば屋2015、鉱物ショップ2020。他にもいつ消えたか、小さなビヤホール、コロッケ揚げている肉屋、手打ちのパチンコ屋、個人店主の時計店、チェーン店でない花屋、コインランドリー、金物屋、朝の5時からやっているようなガテン系メシ屋。何もかもなくなった。2006年に中央線沿線に住んだ頃が、消えゆく最後だった。
 今は、あの店の名前は何だったかとか、何を買ったかとか思い出す日々。「My Favorites 」にも書いたが、そういう日々になっていく。私の場合は思い出す物や人が多すぎるのが愉しみになって良かったか。

5/17  16−27℃  晴  南南東3
■新型コロナは、普通のコロナに罹っていると、免疫ができるという説が出てきた。これは良いことだ(こういうウイルスは変異も激しいし、諸説出てくるから、何とも言えないが)。BCGもビタミンDも、旧型コロナも、なんでも免疫があれば喜ばしいことだ。
■アーモンドアイは8分のデキってことはないな。9分はある。何よりも落ち着いて堂々としていて踏み込みも良かった。順調にいけば秋は凄いかもしれない。
◆「軸馬指数」は2着と1着で【10−9−3−18】。
 今週はステルヴィオが難しかったが、何とか雨が降ってノド鳴りも気にならなかった。サーデーレーシングだから、ノド鳴りが酷いと手術するだろう。
 ステルヴィオもアーモンドアイもスタートが良くて、出てホッとした。ほんと、出遅れだけは、致命的でおもしろくもなんともない。
 単純出目は春のG1は、昨年の死枠の8枠ばかり出るが、出てないのは、3と7だ。どこで買うかだ。競馬の引きだしは多いほうが楽しい。
◆「ホースレター」は(2−1−2−1)で【32−19−17−55】。

Vマイルのパドックが良く見えた馬は、プリモシーン(8着)、ダノンファンタジー(5着)、アーモンドアイ(1着)、ノームコア(3着)だった。
 馬場は、今週からBコース。乾いて良になって内伸び。
 レースは、アーモンドアイは好スタート。プリモシーンとノームコアは出遅れ。馬場が土曜の雨でも1分20秒を切るくらい硬い。マイルで出遅れたら、届かない。
 アーモンドアイはローテが昨年暮れに騒乱の香港に行くとか言い始めてからメチャクチャ。グローバリゼーションが鎖国化しているのに、海外へ出かけたくなる気持ちがわからない。今回も仕上げは8分程度。それでも熱発とか身体が太いとか細いとかはないから、まあ、なんとかなるかというところ。パドックも張りは足りないけど堂々として見えた。
 4番手の追走から追い出さないのに、追いまくっている他馬を尻目に、馬なりで抜け出して、騎手は外の後ろを振り返って警戒していたが、何も来ないから、馬なりのままゴールイン。レースの上がりは、11.1-11.2-11.1-11.6 で、45秒0。これを馬なりだから強い。安田か宝塚を使うだろうな。
 何度も何度も言うが、オクテのリスグラシューが引退してしまったが、この対戦は絶対に見たかった。つまらん引退の仕方だと思う。VマイルとJCと有馬で対決すれば、歴史は凄いことになったと思う。

5/16  19−21℃  くもり一時雨  南4
■レナウンが倒産。無念。私の着ている服は、レナウンとゴールデンベア(コスギ)とクロコダイルが主。これで、コスギとレナウンが倒産した。なんかなあ、懐かしい物が皆買えなくなっていく。もう、買うのやめよう。服買わなくても間に合いそうだし。間に合わなかったら、作務衣でも着るのよ。
スプリングCのパドックが良く見えた馬は、グルーヴィット(3着)、レッドアンシェル(11着)、タワーオブロンドン(8着)、ステルヴィオ(2着)、ダノンスマッシュ(1着)だった。
 馬場は、今週からBコース。重の内伸び。
 レースは、大外のダノンスマッシュが一気にハナへ。セイウンコウセイしか行く馬がいないので、遅めのペースで始まって、競りはないと見たレーンの好判断。
 馬場はBコースに替わって内伸びで、ラチから1頭分開けて走ったが、上がりは重で、10.9-10.9-11.3 だから馬場はそうとう速い。ステルヴィオも好スタートを切れるようになって好位に付けた。ノド鳴りもサンデーレーシングが手術しないほど少しだけだから、雨降って湿気があったから何とかなった。好スタート切ると強い馬で、昔は後方一気で◎にしていたから、今日のような競馬で自身の上がり33秒0だと楽だ。
 直線は上がりが速いので追い込みは届かず。タワーオブロンドンは好位の後ろに付けたが、重も上手でないし、溜めないと伸びないから中途半端な競馬で完敗。まあ、1番人気にする理由はないが。
 レッドアンシェルも良馬場希望。淡々と流れて、速い上がり。これでは淡泊な結果だがしょうがないところ。明日のVマイルで1分30秒台でも出るのだろうか。恐ろしい。

5/15  13−27℃  晴  南南東3
本当にPCR検査は必要か? という説。この病院の言うことは説得力あるのだが、どうなんだろうか。
 さっさと自粛解除しないと、長引けば長引くほど解除後が怖くなるよ。そりゃそうだ。ちょっと考えればわかるよね。ロスは8月までロックダウンするそうだが、ロスの秋は怖いと思うよ。遊びになんか行かないほうがよい。

5/14  14−27℃  晴  南南東2
■30の県で解除のようだけど、元に戻ることはないだろう。かつてジャズ喫茶やクラシック喫茶や、映画の3番館とかが消えたように、もう、個人商店や個人の喫茶、鉱物ショップ、碁会所など、東京からも消えるだろう。元に戻ることはない。

5/13  17−27℃  晴一時雹  北北西5
■NYも公園は晴れていると、薄着の人たちが日光浴でごった返している。トランプは許容のようだ。日光浴でビタミンDができるのが人間の身体の仕組みで、それで免疫は高まると教えてやればいいのに。

5/12  19−23℃  くもりのち晴  東南東2
■感染者が増え続けているロシアは、ついに12日からプーチンが仕事再開を決めた。感染者は減らない、仕事は失われる、自殺者は増えるでは、良いことは何もなく、居直りは正解だろう。スウェーデンやチェコやアイスランドは何もしないことを基本として、まあまあの結果を生んでいる。陽に当たるかどうかだけで、人間は変わるんだよなあ。

5/11  20−29℃  晴  南3
■日本は何もしないのにワクチン開発ばかりやっているかんじ。世界は、相手を非難するだけで、ロックダウンの世界。経済は大恐慌みたいなレベルへ。異常気象は毎月世界のどこかで、記録的な数値を叩き出している。なんなんでしょうね。

5/10  14−26℃  雨のちくもり  南5
◆「軸馬指数」は4着と2着で【9−8−3−18】。京都は馬場が荒れていて、外差しが利くから、藤岡康は焦って早仕掛けだった。NHKは凄いペースで行って上がりも速く、全体時計も1分32秒5だから、時計が速すぎる。速きゃいいってものじゃないけど。
◆「ホースレター」は(1−1−1−3)で【30−18−15−54】。
 新潟大賞典でエアウィンザーを内枠で嫌ったのは正解だが、ブラヴァスかアトミックフォースかの2択を失敗。新潟二千はアトミックフォースなんだけど、重賞の前残りは嫌いなんだよねえ。直線が長すぎると、差せなくなるから、競馬はつまらなくなる。

NHKマイルのパドックが良く見えた馬は、タイセイビジョン(4着)、レシステンシア(2着)、ギルデッドミラー(3着)、ルフトシュトローム(5着)だった。
 馬場は、良の内伸び。
 レースは、シャチとルフトシュトロームが出遅れ。差しの利かない馬場で、これで終わり。
 レシステンシアが予定どおり溜めずに逃げたから、ラウダシオンがかからずに2番手で案外と楽な流れになった。ちょっとプレッシャーかけておいたし、ミルコの好判断だった。
 タイセイビジョンの石橋脩は追い込まずに、スッとインの好位がとれて上手に乗ったが、ペースが速すぎるせいか馬の爆発力が足りない。福永のギルデッドミラーはインであまり下げずに、もう一度行き直して上手に乗った。福永はやはり藤田にボロクソに書かれてから、巧くなっている。
 ルフトシュトロームはレーンが外を回すのはムリと見て、ど真ん中を割ってきたが、この馬場ではあそこまでか。中間、咳が出て体調を崩したのだから、私の馬なら迷わずダービーに行ったけどね。胴長だし、キンシャサノキセキは二千四百は、ひょっとしたらこなせる。
 ウイングレイテストは凄い脚だが、ケツから大外回したら、ああなって凄い脚でも届かない。

5/9  11−22℃  くもりのち雨  南2
北里や花王のアルパカ抗体。これは凄いですね。政府が各方面から支援すべきですね。現時点では世界一かもしれない。日本人はこういう研究が速いんですよね。これで終息したら表彰ものですよ。
 アビガンも、もう42カ国からの要請にこたえて贈ったし(国内では認可が遅いけど)。アルパカ抗体も、今の政府が早急に支援すれば、だが。
■京都新聞杯は、京都の馬場は冬に使って春は荒れているから、もう少し溜めて中差しを狙うべきだった。あれで勝ったと思ったようだが、そうはいかないのだよねえ。

5/8  8−22℃  晴  南南東4
■日本とフィンランドの共同研究の成果・・・地球は寒冷化の方向だが、地球温暖化の主原因が、宇宙からの高エネルギー粒子(銀河宇宙線)が雲量を増加させ、地球に日傘効果をもたらしているためであることをつき止めた、そうです。CO2ではないとのこと。

5/7  13−21℃  晴  北北西5
■決算の数字は各社悪い。秋は恐慌だろう。在宅勤務が終わって会社へ行くと、机がなかったりするだろう。「あれ私の机は?」「2m以上間隔開けないといけないので撤去しました」「じゃあ、どうやって仕事するの?」「派遣に人に頼みます。彼女は仕事速いですから」なーんてね。
 自粛延長はやり過ぎ。国民は大不況になってから後悔するだろう。もう、5月なのだ。遅すぎた。

5/6  15−20℃  くもりのち雨  東3
■日本のヴェンチャー企業がPCRの自動検索機を開発し、フランスに輸出したら、フランスが大いに気に入って感謝状をくれたそうだ。その感謝状をネットで読んだ。日本でできないのに、フランスでばかりやるのが不思議で不思議でしょうがないから、メーカーに電話して聞いたら、フランスは試薬の許可が下りて使えているが、日本は「試薬の認可」が厚労相から下りず、その高速自動検査機は使えないそうだ。まるで、後進国を露呈。メチャクチャな国になっている。

5/5  17−25℃  晴のち一時雨  南東3
■stay home で肉体はあまり動かない。精神だけで生きるとは・・。なんか、あの世に世界中が入っているかのようだ。あの世の練習?

5/4  17−20℃  雨のち晴  南3
■ほぼ毎日、新型コロナのこと考えてきて疲れた。アレルギー体質でもあるし、レムデシビルなんか試す気もない。漢方と生薬でいいよ。それでダメなら天に帰るだけ。それよりも、読者が債務整理したり解雇されたり客が減ったり、たいへんだ。
 株はもう1回下げそうな気がするし、第2派のあとくらいに恐慌になりそうだし。なんでこんな事態を見ないといけないのだろう。戦争に徴兵されなかっただけいいか。

5/3  16−27℃  晴  南南東4
◆「軸馬指数」は券外と1着で【9−7−3−17】。外を回すとダメな競馬が多く、天皇賞もフィエールマンが8枠で、外から伸びるから距離損していたが、14頭しかいなかったから、なんとかなった。
◆「ホースレター」は(2−1−1−2)で【29−17−14−51】。
 スイートピーSのデゼルは外を回して楽勝したから、上がり 114-109-112 を外を回して、32秒5の脚でアッサリ差し切ったから強い。もっとも馬群を割ろうにも、馬群に隙間は全然無かったが。

天皇賞春のパドックが良く見えた馬は、モズベッロ(7着)、トーセンカンビーナ(5着)、キセキ(6着)、シルヴァンシャー(14着)、フィエールマン(1着)だった。
 馬場は、良の内中伸び。
 レースは、スローで始まって、キセキが我慢できずに1周目のゴール前でハナへ。それからは淡々と平均ペース。北村友は離れた3番手で絶好位。北村友は馬群をさばきさえすればセンスのあるジョッキーだ。今日のようなレースを多頭数の内でもできれば、堂々とした一流ジョッキーになるだろう。かつては北村宏だったか北海道で差し競馬やっていたから、べつに先行しないといけないわけではないから、ちょうど良い位置だった。フォトパドックが凄く良く見えたから印を打っておいたが、パドックは見慣れてないから、とぼけてのんびり歩いていたので強調しなかった。
 フィエールマンは平均ペースで緩まなかったから、中団で差しやすい位置で楽勝かと思ったが、一頭頑張ったのが前にいて、最後は、たいへんだった。

5/2  14−29℃  晴  南南東3
■もう、インしか伸びないというか買えないというか。長距離の天皇賞がどうなるのか。

5/1  12−26℃  晴  南東3
■アメリカは失業者増大で5000万人がフードスタンプ対象になるかもという予想も。日本も困窮化 が進んでいて、10万配ったくらいでは、どうにもならない。







-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつも私の書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。私は〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。私の人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5の私の環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトと私のG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとすると私が普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。私のページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元気な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元気もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」も私がわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみに私は Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人気なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という気になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。私の机は優しいから、昨夜、私にもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつは私も自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元気そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人気とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、私が電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、私のPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと気づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、私の希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・私も英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺気立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、私のせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、私の趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←