homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 


    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












8/17  26−29℃  雨のちくもりのち晴のち雷雨のちくもりのち雨  北北西1
■昨日は、YouTube で、ポツダム宣言受諾の8月15日後の、8月16日から9月2日までの、緑十字飛行隊と徹底抗戦派とのギリギリの鬩ぎ合いを見る。おもしろかった。学校で教える歴史は、約半分はウソだな。

8/16  26−35℃  晴  南1
最多情報局@tyomateee
父を亡くした牧場で働く女性、悲しい感情を感じ取ったのか近くに寄り添う2頭の馬…
https://twitter.com/i/status/1558800430196748288

8/15  26−33℃  くもり  風なし
■いつも同じやり方で生きていると上手くいかない。ルーチンはマンネリになってダメだな。新しい発想!

8/14  24−32℃  くもり  風なし
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(12−11−11−32)
 熱帯低気圧で馬場が読めず、関屋の逃げ馬が読めず、苦しい1週間だった。早く忘れたい。

関屋記念は新潟マイル、稍重。
 レッドライデンが逃げない宣言をして、2番手から楽に好位抜け出せそうなウインカーネリアンが、関屋に断然強い外枠を引いて、絶好のチャンスだったが、何かが逃げるかどうか丁半バクチのようなものだった。けっきょく、ハナへ押し出されるとマイナスが大きいから◎をやめたが、シュリが逃げて2番手。これで勝ちは決まったようなものだった。
 スローで、上がりは 108-106-116。春の新潟マイルの谷川岳Sを勝ったときが、108-109-117 で、あれよりも楽な展開で、遅い勝ちタイムで勝ちを拾ったようなものだった。
 ダノンザキッドは伸びてくるが勝ち切れない。イルーシヴパンサーは岩田望来が乗れなくなって、急遽、木幡功になって、その時点で希望は消えた。先行屋の木幡功では、差し馬の工夫はできない。丸田や津村のほうが、はるかに良いのに。
 好スタート切ったのに、ズルズル下げていって、内外どちらも同じ日なのに、内を嫌って、手間かけて外へ持ち出そうとして、もう何馬身も損して、スローの上がりの競馬なのに、ムダ脚ばかり使って、予定どおり終わった。
小倉記念は小倉二千、良。
 マリアエレーナが好スタート。そのまま好位のインへ。ジェラルディーナは出たら狭くなって、それならインの中団や後方よりも、少しでも中伸び馬場だから馬群の中へ入れようと、馬群に入れていった。福永としては苦労して工夫した騎乗だった。
 やや、遅めの平均ペースで、前有利。マリアエレーナにはピッタリの展開で、抜け出したら、どんどん離して大楽勝。スタートから向正面まで完璧に行ったとはいえ、大楽勝で強かった。クロフネ×ディープの先行力とスピードが完全に嵌まったか。
 ジェラルディーナはキレイに中割りしてきたが、残念ながら、出てもたついた分、2着の写真はハナ差負けた。私には勝っているように見えたが、悔しかった。
 ホーはノーザンファームの馬同士だが、騎乗予定の馬を乗り替わって、先週の勢いがやはり生きた。慣れてきて良い馬が回れば、やはり外国人は上手い。人氣がなさ過ぎ。

8/13  25−28℃  雨時々くもり  南3  台風8号980hPa静岡上陸
■台風の前方に雨が降るから、新潟などは、くもり良→雨稍重→雨重→くもり重となって、最終レース頃は晴れているとラジオのアナは言っていたが、今夜のシミュレーションを見ると、また夜中から朝にかけて雨だという。今年の関屋は、サッパリ読めない。こういうときは、嫌いなダノンザキッドでも来るのだろうか? 満月と新月の頃は苦手だ。

8/12  27−32℃  晴のちくもりのち雨  南5
■株は、葬儀屋、建設コンサルタント、物流倉庫、商社、特定技術者派遣にして正解。決算無事通過。でも、先物やってやられる。もう、為替もNYダウも商品市況も読めない領域になってきた感がある。

8/11  27−34℃  晴  南南東4
■このクソ暑いのに、まだ、皆がマスクやっている。プールでマスクして泳いでいる人がいっぱい居るって、おかしいと思わないのか。

8/10  27−36℃  晴  南南東4
■テクニカルチャートのメルマガをやめる1年前くらいから、EコマースのAmazonの倉庫のような巨大な見上げることもできないような高さの、ロボットで片付ける立体倉庫を設計するダイフクがあるのだけど、テクニカルチャートばかりやっていて、忘れていた。今日思い出して見てみたら10倍になっていた。これで10倍(テンバガーと言う)は、ダイキンとダイフクの2つになった。倉庫株が好きで、住友倉庫や三井倉庫で上手くやってきたのに、DXの肝腎のシステムを組むダイフクを忘れていた(やれやれ、笑)。
 前に8年住んでいた池上はダイキンのエアコンが2台もあったというのに。やはり、株は銘柄数が膨大に増えてくると、いつも探してないと追い付かない。
 しかし、日本株は好決算と悪決算に2極化しつつあるが、好決算のほうのPERが低い。外国人が良い株のほうの底値を買いまくっているのだろうなあ。また、ソニーや武田薬品みたいに、次々に実質外国の会社になっていくのだろう。

8/9  27−36℃  晴  南南東3  台風7号海南島へ。
■人口動態を毎月見ながら、日本一の葬儀屋の株を買ってきたが、どんどん葬儀が増えていくのに減益。売られて、半分売る。IRに社名が昭和の時代だから、ナウい名前に社名を変えないと客を奪われ続けると訴えると、いちおうの賛同を得る。あとは経営のトップの判断だが、社名変えないと、まずダメだろう。
 日新が驚くような好業績の上方修正。しかし、超割安なのに、2円しか上がらない。これも、社名が悪い好例だ。これでは大昔から上場しているのに、よほどの練達でないと、なんの会社かすら分からないではないか。

8/8  26−35℃  晴  南南東3
■大沼Sのアイオライトと、マリーンSのフルデプスリーダーは似たようなもので、追切り良かったアイオライトにするかという思いもあったが、やはりマリーンSのほうがメンバーの層の厚さが上だったから、アイオライトがせっかく覚えた差しを捨てたら勝てないな。反省。
 今日は8月8日。西に海が見えるのが松山あたりの予讃本線の特徴。浅海駅で一時停車しているとき、西に見える瀬戸内海に沈む夕陽を視ながら、中3の8月8日に、ふと悟った思い出の日だ。

8/7  23−32℃  晴  南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着。今年の「軸馬指数」(12−11−10−31)
 今週の「軸馬指数」は1レース半くらい的中できると思ったが、なかなか1勝1敗が多い。まあ、やり直しだ。
 今週は6レース予想して5レースが券内。どうしても券内パーフェクトにならないのが悔しい。1995年頃の競馬通信社のマルチメディア予想の頃は、毎週7レースやって連対パーフェクトは何度もあった。全部外れも何回もあったが(笑)。
 同じような成績だが、あの頃と比べて堅実さは上回ってきたが、勢いがない。

レパードSは新潟ダート千八、良。
 日曜朝一に見たら、タイセイドレフォンが土曜の3番人氣から、1番人氣に上がっていて驚いた。ノーザンで川田となると、こうなるか。体重が12キロ増だったが、どっしりして元々500kgはないとおかしい馬なので、分厚くなって良かった。
 ハピ、ホウオウルーレットも良く、カフジオクタゴンも巨体が締まって見えて凄い貫録で外国人向きだなあと思うほど良かった。
 レースはハイペースで始まったが、内枠のタイセイドレフォンは、いつも好スタートで好きな位置がとれる、まさに新潟千八向きの馬。今日はペースが速く、川田が少し下げたが、ここがベストか、もう1列前がベストか、ここでも良いからワンテンポ早めに仕掛けるべきか、3つの頭の使いどころがあって、なんとも言いようがないが、難しい位置どりだった。
 けっきょく、直後の馬に差されただけに、そのへんの微妙さで、完璧ではなく99点の騎乗だったかもしれない。あと1%は、他の騎手ならそれでいいのだけど、リーディング取りたい騎手だから私はそこまで要求するのだが、難しすぎて答はない。藤田伸二はどう言うか。
 大外枠のカフジオクタゴンは、ホーが150m行ってから何か思ったかリズム付けながら、かなり動かして前へ。外を回さずに、早くから意識して馬群の真ん中へ入れていった。けっきょく、向正面ではタイセイドレフォンのすぐ後ろになって、勝負態勢としては絶好の位置だった。このペースで大外から積極的に動かしたのは、人氣薄とはいえ巧技だった。
 ハピの藤岡佑は、今日は後方一氣ではムリとみて、早めに行って中団をとった。正解というか、関係者全員の願った作戦どおり。ただ、新潟千八は、どうせこの馬向きのコースではないだけに、中団とったら馬群の中でジッとしていればいいのに、少しずつ動かし続けたのが最後に止まった原因だと、私は思う。動かしたら、直線で簡単に差し切れるように見えて伸びなくなるのは、よほどのA級馬でなければ競馬のセオリー。あのへんは度胸が据わってないといけないと思う。
 ビヨンドザファザーは離された4着に追い込んできたが、これは軸馬指数のミスで、いくら追い込み一手でも血統は良いのだから、3着にこられたら困るので、35点は採点しないといけなかった。減点しすぎで、これが最大の反省点だった。4コーナーで、かなり不利があっただけに、ゴール板過ぎて恥ずかしくなった。東京マイルなら、北村友が元氣になれば、もう少し走ると思う。
エルムSは札幌ダート千七、良。
 パドックはフルデプスリーダーとアイオライトが良く見えた。さすがに勝ってきた馬だけあって、肩の出が悪い馬が、やたら多い中で、きちんと好調持続だった。
 アイオライトが好スタートでハナへ。これはまずい流れ。この馬は差しを覚えてきたのでハナはウェルドーンかロードエクレールに譲らないとおかしい。せっかく差しが板に付いたから◎にしたのに。どんどん氣分良くハナへ行くのだから困った人だ。これでは馬が競馬を覚えないよ。
 差しの流れになって、フルデプスリーダーが差し切り。まあ、こういう流れなら、人氣がなさ過ぎて怪しいとは思っていた。体調万全、好位差しがキレイに決まって、これならアイオライトはフルデプスよりは堅実さで上回るとみたが。まさか、フライングのようなスタートでロードエクレールに逃げさせないとは、元の木阿弥ではないか・・・。2択を失敗した。

8/6  22−29℃  くもりのち晴  南南西2
■今日も、<ワイド総流し>は、12番人氣と、14番人氣を連れてきて、いやあ楽ですねえ。成績が、いちばん良いのがダートのフルゲート。次が、芝のフルゲート。その次が、1番人氣の飛びそうなフルゲートでないレース。です。
 それらのレースで、◎の3着内率が50%超えていればよいのですね。
 ワイド総流し以外の、もう1つの券法は、簡単なのは単勝。単勝配当が安いときと、勝てそうにないときは、3連複。このまま推移すれば、そうなりそうです。

8/5  22−26℃  くもり  北1
■電力会社が経営安定していた頃は、原油が上がれば価格転嫁し、原油が下がれば価格を下げて、成長とか増益とか、あまり言ってなかった氣がする。株主は配当利回り5%で安定しているから株買いたい人は買っていた。株価はいつも同じくらいだった。
 ところが、最近のガスやプロパンの会社は、価格転嫁に成功して増益だとか増配だとか喜んでいるが、ちょっと違うのではないかという氣がする。公益企業なんだから、安定供給するだけの基盤の利益は出し続けないといけないが、べつに毎年利益成長する必要などないし、増配するくらいならユーザーに価格の値下げで還元すれば良いのでは。
 何か、ヘンだと思うけどなあ。欧米など、イギリスだっけ先日、儲けすぎた石油会社から懲罰課税取ると決まった。

8/4  24−26℃  くもり時々雨  東南東2
■さあ、抽選でレパードのメンバーが決まった。今週も無心だな。

8/3  27−36℃  晴  北北東1
■土木株は資材高騰で売られ始めた。住宅株も含め全部ダメだな。損切りでもいいから投げ。とすると、一部商社とか、一部損保とか、日本も、ついに欧米のように、優良銘柄が限られて来始めた感が強い。あと10年、20年生き残るのは、企業もたいへんだな。
 ババアのパチンコのように相場やるのも、為替はもう読めないし、コモディティFやアメリカ株はドル建てだし、FXは混沌状況、やることないがな。
■昨夜から台所の湯・水給水栓が壊れて、閉栓しても水が垂れる。何年もネジ回してないのでドライバーで回らない。夜中にTOTOにネットで修理申込。朝来て治る。疲れるなあ。4年前に直したのに、また? 修理代で儲かるなあ。株買おうかな(笑)。
■今日は円安(笑)。土木株が下がって、持ち株も損。こういうときは、裕福な人が羨ましい。1億円くらい降ってこないかなあ。

8/2  26−38℃  晴  北1
■とうとう1ドル130円台に突入した。つい先月、FXで、137円で買って、140円は付けないだろうが、138円台で売るか139円台で売るか悩んでいたのが嘘のよう。欧米の鉱工業生産が落ちているから、そうなるんだろうけど、そのうち日本も落ちたらどうなるのか? 来年から米価は上がらざるをえないだろう。
 やはり、葬儀屋と土木でポート組んだのは正解だった。他に蓄電システム構築会社も持っている。都競馬は全面安の今日も上がっている。秋頃からは農業関係かな。
■今日も小笠原高気圧がどっしり居座っていて暑い夏の日。今は太平洋高気圧と呼ぶそうだが、太平洋高気圧ってアメリカ近くまであるんだよね。日本に関係するのは小笠原高気圧で、子供の頃から中心が小笠原諸島から全くズレない。よくできている。
 ちなみに、フラットアース説は私は信じない。

8/1  27−36℃  晴  南南東2
■今日もドル安。これでは外国株も買えない。ファンドも買えない。値が上がっても為替の損で相殺される。コモディティがまた少し上げているが、コモディティFも買えない。ドル安のときは日本株の内需株を買うしかない。
 もっとも、私はドル高の頃から、アップルやアマゾンやウォルマートや日立やソニーなど見もしないで、葬儀屋と建設と海運だけど。今の建設株は国土強靱化案件が回ってくる地味な中堅に高配当銘柄が多い。そういう人の好まない銘柄ばかりだから、今年の世界同時株安も関係なかった。海運は売ってしまったが、葬儀屋と中堅建設株なんてやるのは生まれて初めてだ。
 大井競馬場の大家さんの都競馬も、ネット投票が伸びているかぎりは持っているつもり。
 何かの知恵を、毎週、捻り出さないと。競馬も競馬以外も。
■クイーンSのウォーターナビレラの武は「特に思い当たることはないんだけど」だそう。馬が疲れているんだよ。トラックマンがズラッと◎を打つのは信じられない。血統屋は、だいたいの人が◯だった。それに比して、トラックマン諸氏が◎とは、私には信じられない。
■週刊誌のブックが出る。月曜は、これがいつも楽しみだ。アイビスのヴェントヴォーチェは福永曰く「終始、左に逃げていて外へ行きたくても行けなかったです」だそうで。そうか、福永のミスではないな。これでは仕方ない。外にさえ行ければ、ラストの300mで、外ラチ沿いはグイグイ伸びるのだけど。内ラチのほうに4頭も行ったから馬が氣が引かれたかな。

7/31  26−36℃  晴  南南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(12−10−10−30)
 クイーンSは勝春のインを開けたミス。1番人氣のウォーターナビレラは、予想で哲学をぶって評価を落としたから、正解だった。
 それに力を入れすぎて、得意のアイビスは6,7、8枠は10点プラスとしたが、このメンバー構成と枠順だと、内ラチのほうへ行きそうな馬が内に揃ってしまい、8枠は20点プラスで、7枠は10点、6枠は5点だったなあ。得意なレースだから簡単に考えて処理したのがミスだった。
 シンシティの格も直千だけの格にして、5点追加。福永は直千だけの手腕として10点やり過ぎた。福永先生はまじめに乗りすぎるから、こういうズルさがほしいレースは、逆に減点か零点だよなあ。

アイビスSDは新潟直千、良。
 パドックのシンシティとビリーバーが凄く良く見えて、いやあ、シンシティを◎にすべきだったと見て悔やんだ。枠連は88から87、86で勝負したから、予想の範囲内ではあった。
 シンシティは今日は8枠だから、今までのように外に邪魔な馬がいなくて、スイスイと行けた。今日の勝ち時計は速くなかったが、韋駄天Sよりも0秒5くらい更新しても当たり前だった。
 ビリーバーは、伸びない内枠をいつも引くので競馬にならないが、外枠では強く、2年前は6枠で同タイムの3着だった。今日は8枠だから指数は伸びないが、枠連88は買い忘れないように、午後、すぐ買っておいた。やはり8枠は楽だ。とくに追込みだけに外へ回り込まないで済む。
 ヴェントヴォーチェはパドックは良かった。内に4頭行ったので、カメラが遠くからしか映さないから、よくわからなかったが、最近はダッシュ力がなくなって、すぐ前が、どっと出して行く弱い馬たちの壁になって、開くまで時間がかかりすぎて、終わってしまった。さっさと、いつも杉原たちがやるように、外ラチへ少しでも寄せて回り込んでいけば、外ラチ沿いの馬は伸びるから、たいてい前が開いて差せるのに。
 福永は直千に乗らない騎手だから、そのへんが分かってない感じでまっすぐ走らせていた。それで前が壁になった氣がした。前がおかしくなれば、外に寄せるのがセオリーなのに。3歳5月時よりも時計が遅いなんて信じられない。

クイーンSは札幌千八、良。
 ローザノワール以外に先行馬も居ないというメンバーで、内枠だし楽にハナへ。ペースが、12.7-12.2-12.4-12.1 と2ハロン目が重賞にしては珍しい超スロー。これをやったから馬群が縦長にならなかった。あそこは11秒3くらいで行って、そのあと124を3ハロンくらい続けて、あと800から一氣に行くと、追走馬も脚を使っているから、そう簡単に伸びてこない。
 でも、最初がスローすぎて、追走が楽だから、伸びる馬は伸びてきた。
 ゴール前も逃げ残りを狙うのに、内を開けるという、ベテランらしくない逃げで、あれはもったいなかった。あそこを閉めておけば、1枠引いた追込みのテルツェットは苦労するという、誰もが懸念していた展開になったのに。
 サトノセシルはフランケルだから1ハロン距離短縮はプラスで、昨年もクイーンS3着だから、これは想定内だったから△が打てた。
 ウォーターナビレラは「軸馬指数」で書いたように、休ませるべきだね。フォトパドックだけでなく、パドックも細く見えて元氣もなく4角で止まった。幸四郎さん、あれでは、秋までに立て直すのがたいへんだよ。

7/30  26−34℃  晴  東2
■オランダやイギリスやカナダで、脱農業で温室効果ガス削減を言い始めているが、どうやら本氣のようで、来年の日本は食糧が高騰するかもしれない。資源や食糧の高騰は、まだ終わっていないということだろう。南アジアから北アフリカまでは、砂漠跳びバッタの大繁殖で大騒ぎだし。
 2030年までに日本は生き延びられるか。統一教会と政権与党、なんて話をしているのだから、たいへんかもしれない。

7/29  24−35℃  晴  南南西1
■円安なんだと思っていたら、急にドル安円高になってしまった。こうなると、輸出企業は手持ちのドルを一斉に売り始めるから止まらない。
 中国は不動産バブルが弾けて元氣なし。というわけでインド株専門に外株投資していて正解だった。
 コモディティはもう読めない。為替もこうなると、もう読めない。ビットコインは寝息を立てて寝ている。アメリカ株が、このまま騰がり続けるとも思わない。次はなんだろう?

7/28  26−33℃  晴のち一時雨  東南東2
■かつての安定配当株は電力株で、5%配当だった。今はゼロ金利だから5%配当あれば上等の大上等。となると、NTTの4%は魅力だったが、皆気付いて買われた。次は何か考えていたが、建設株だな。建設ラッシュは反動が怖いが、今はラッシュというほどでもない。そういう大きな渋谷あたりのビルは大手ゼネコンに任せて、国土強靱化対策などで予算が回ってきている中堅建設株に安定経営で5%配当が何社かある。これが今の時代の電力株かな。

7/27  26−33℃  晴のち一時雨  南南西4
■コロナ対策予算が80兆円。けっきょく、誰かの懐に入って、いまだに2類でPCR検査ばっかりやっているから、世界中で、東アジアだけは終わらない。
 私の懐には10万円の給付金だけは来たけど。10兆じゃないです、10億でもないです、10万です。

7/26  27−29℃  くもり一時雨  南2
■日本人は思考力も失いつつある。世界陸上もプロ野球も、アホらしくて。
■勤務医団の本音@JPN_Doctors
「父親が危篤で東京から東北に帰省した知人。折角行ったのに、その日のうちに帰ってきた。
「東京からコロナを持ち込むな」「早く帰れ」「葬式にも出るな」と言われたと。
「高齢者を守る」「大切な人を守る」と言いながら、亡くなりゆく親にも会えない社会。一体何を守って何を失っているのでしょうか。」

7/25  25−34℃  晴  東南東1
■東京はたいへんですね、だって。何が? べつに普通ですけど。マスク・マンが多いだけ。そういえば、また仕事仲間が亡くなった。1人、入院もした。あとは、暑くて静かなだけ。

7/24  25−33℃  晴  南南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と3着。今年の「軸馬指数」(12−10−9−29)
 今週は3着が2つ。1つ半くらい連対できると思っていたが、両方とも3着とは。3着はワイドで馬券は損しないが、予想としては全然ダメ筋。やれやれ、クソだ。

中京記念は小倉千八、内伸び、良。
 スローで始まって、ベレヌスが内伸び馬場で逃げ込めるかという流れになってしまった。川田のファルコニアは早めに追い上げたが、もっと楽な流れで流れ込む馬だから、これだけキツい流れになると爆発力が足りない。
 こうなると、カテドラルとミスニューヨークの切れが決め手となる。ミスニューヨークも馬群を割って、よく伸びてきたが、最後にファルコニアとカテドラルの間が狭くて、追えなかった。
 ジュライSのケンシンコウは白面のムラ馬で、今日は追い込まずに早めに流れに乗れたのは成果だったが、ハイペースだっただけに、3コーナーから田辺が少し溜めていたら、よかったのに。潰れるとしか思えない前を潰しにいってしまって、後ろの馬にやられた。もう一つ難しい困った人と馬だ。

7/23  25−33℃  晴  北西3
救急隊員のツイート。
I KE@ikeikeike0812
夜中の3時に発熱と咽頭痛での救急要請
数十件病院を探すも見つからず…
患者「早くしろよ!」
私「申し訳ないです。日中の時間にご自身で 病院かクリニックに行くのがよろしいかと…」
患者「あ?てめー俺が死んだら責任取れんの かよ?」「コロナだったらやべーだろ!」

初めてキレそうになりました


 日本は既に、風邪で熱が出たら死ぬかもしれないと真剣に思ってビクビクする人で満ちあふれている。ちゃんと教育をやっている国なのか?

7/22  26−31℃  晴一時雨  南南東2
■最近、ほんとうかどうか調べてないから知らないが、自動販売機で、飲料水を買う人を見かけなくなった氣がする。知り合いのお子さんが、スポーツドリンクのデカボトルを毎日何日か飲んだら、具合悪くなって救急車で運ばれて亡くなった。医師が、そんなに飲んだらいけないと言っていた。
 私も、かつては、いくら暑かろうが毎日のように出かけたから、けっこう、自販機で飲料水買って飲んでいた。今は見る氣もしない。果糖液糖ブドウ糖なんて字を読むだけでうんざり。梅干し1個食べながら、白湯を飲むのがいちばん良い氣がする。

7/21  25−31℃  晴のちくもり  南南東1
■渋谷の東急百貨店跡が36階建てのビルになるというが、もう頭の中では、既に分からなくなってきている。スペイン坂のあたりは、どの細道も裏道も目を瞑っても歩けたのに。渋谷くらい変化した街も珍しい。東急ハンズまでなくなるとは。ここまで変わると、別世界だなあ。1つの世界を生きて終えた寺山修司式が良い面もあるなあ。

7/20  24−34℃  晴時々くもり  北北西6
■暑い中、30分歩いて散髪と医者へ。タウリンや酪酸菌欲しさに医者に行くなんて、こういう変人は、まあ、めったに居ないだろうな。これなら、下水から排泄されて海に流れていっても、プランクトンは喜ぶ物質だなあ。降圧剤を血圧学会にダマされて、自覚症状もないのに上の血圧150以下で飲んでる高齢者は、地球の破壊者じゃ。そういうことくらい考えて生きてほしいな。血圧下げるサプリなんて山ほどあるけんな。
■ゲノム編集魚2種類 が 厚労省で認可され販売可能になったそうな。マダイとトラフグだって。回転寿司屋が2社ほど漁業に参入し、遺伝子組み換えの魚の開発をするという。回転寿司って1回しか行ったことないから、わしゃ関係ないな。知らない奴と食べたい奴が行きゃあいい。
 鯛の浜焼きも食べ納めかな。

7/19  25−28℃  くもりのち雨  北西2
■大西洋のプランクトンが80年で9割減らしい。世界中で魚が捕れないどころか、炭酸ガスの循環もおかしくなって、地球に生物が住めなくなるという科学者が多い。なるほど、抗生物質、麻薬、抗ガン剤、マイクロプラスチックなどなど、あらゆる人間が生み出した必要の無いものが、下水→川→海へと流れ、弱アルカリ性が弱酸性になり、炭酸ガスの循環がおかしくなり、生物が住めないとな。
 一度、生物が消えれば、また海は正常化され、棲息できるようになるらしい。まあ、その頃は生きてないから私はいいけど。どこか、他の星か、5次元にでも行きたいなあ。

7/18  23−33℃  くもり  南東2
■@aFm1lgRgTmPaG5v
那須の山が太陽光パネルでやばいことになっているって誰かの呟きで見たからグーグルアースで確かめてみたら那須塩原や白河あたりの山の中が太陽光パネルでとんでもないことになっていた。写真はほんの一部。本当にパネルだらけだから見てみて。早いうちになんとかしないと大変なことになりそう。
https://pbs.twimg.com/media/FXiuUdhagAU6bCZ?format=jpg&name=360x360

 日本は国土の面積に占める山林の比率が先進国一だったはずなのに、これではソーラーと禿げ山だらけだ。取り返しが付かないのでは。山の樹を切って、土石流の原因を増やして、地球のための再生エネルギーって、わけわからない。
 神宮外苑の樹も1000本切ると言って、外国人女性が署名集めている。8万人超えたそうだ。樹を場所替えて植え直しても、過去の例から見て、上手くいくとは思えない。

7/17  23−30℃  晴のち夕立  南3
■「メルマガ」「通算予想成績」「エッセイ」を更新しました。函館2歳Sを自選集に入れておきました。
◆「軸馬指数」は1着と2着。今年の「軸馬指数」(11−9−7−29)
 今週はブトンドールが思っていた以上の楽勝。トピオやシービークインを思い起こして予想するなんて、私くらいのものだろう。Vatout や Prince Bio や Bois Roussel や プリメロやマンノウォーの特徴などは、私はほんとうに良く頭に叩き込めている。中1週で凄い強い併せ馬も心配だったが、終わってみると感動的ですらあった。会心の◎だった。
 補足するなら母の父のスウィフトカレントは、17年前に入れ込んだアサクサデンエンの弟だ。牝系を遡るのが私だけがやる血統論だが、レースで追い込んでくる姿を見て、荒れた馬場の安田記念で2着までブリッシュラックを追い込んだアサクサデンエンを思い出した。よく似ていた。あれも10番人氣の◎だったなあ。
 記念のマイネルウィルトスは減点材料がなく、90点以上の馬は何度も書くが、ほとんど連対しているし、20点差以上の馬もそうだ。これは90点で25点差だったが、こんなに楽だとは思わなかった。まあ、スタミナ抜群で、歩いているのを見てもツナギが立ちぎみなのが分かるような馬だから、雨がやまないから重馬場と決まっていて楽だった。
 降るか降らないかが大の苦手だが、重馬場だと決まっていると楽だ。

函館記念は函館二千、中伸び、重。
 雨が降り続いて、なんとか重馬場になった。
 スタートでマイネルウィルトスが前が狭くなって下げざるをえず、なんと最後方。ハヤヤッコの後ろくらい、サンレイポケットの隣の8番手か9番手で競馬したかったから、6馬身は損した。これで勝てそうになく、2着か3着という流れになってしまった。
 幸運といえば、洋芝の函館の最終週なのに、重馬場にしてはハイペースでレッドライデンとジェネラーレウーノがハナへ行くから、その分、なんとか助かった。ハヤヤッコが好位インから4角先頭。マイネルウィルトスは、あと900mから動いて、4角手前の、あと400mで、ハヤヤッコの後ろまでゴボウ抜き。これをやると、ゴールまで200mあたりでバテるのだが、レースが3コーナーから、逃げて競りになった前がバテ始めたので、ゴボウ抜きと言うよりは、前がバテて勝手に抜いていけた面も半分あったか。
 ハヤヤッコは日経賞の稍重で0.4 秒差だから、印は打っておいたが、何もかも上手くいったし、ダート馬だっただけに重は上手だった。札幌記念に白毛3頭くらい揃わないかなあ。
 マイネルウィルトスは実力。3着のスカーフェイスは、もう少し早くミルコと一緒に追い上げたら、掻き込む馬だけに最後まで伸びたと思う。全盛期の岩田康なら行っただろう。もったいなかった。
 サンレイポケットは鮫島でも伸びそうで伸びず、こういう馬になってしまったか。凄い重馬場だから、私ならブリンカー付けないかな。

7/16  22−26℃  くもり  北北東1
函館2歳Sは函館千二、中伸び、小雨稍重。
 ◎ブトンドールは今回も好スタートから横を見て、行きたい馬はどうぞという顔をする。前走と同じだ。それで控えて、あと400mから仕掛ける。そうするとグイグイ伸びて、伸び方が2歳馬の初夏とは思えないほど安定している。
 中1週で調教やりすぎでなければ負けないと思っていた。そう書いた。トピオのことは37年ぶりだが、意地の1750字をこの馬だけに割いた。ミスターシービーの母シービークインも、オークス好走など、重の鬼だったのを書き忘れたくらいだ。全部書いていたら、20代と30代の競馬の日々の回顧日記になってしまう。
 私が意地で血統の昔話を書き始めると、たいてい来る。23歳から29歳までは、転職の職探しの中1年を2回除いて、毎日を夜中まで競馬に捧げた。日本で私よりも競馬に詳しい人は居ないと思って専門紙に入ったが、それは間違いだった。大川慶次郎さんが、そうとうな人だった。あの人は、血統の凄い良い本まで出しているからねえ。
 で、また、意地の予想が来てしまった。ミスターシービーと違って、フックラしているじゃないかという人がいると思うが、それはサクラバクシンオーからテスコボーイに至るサイアーラインだから。おもしろいですね。サイアーラインがテスコボーイで、母系にトピオがあって、これだけ姿が違う。でも、重の鬼は同じだ。まあ、こちらはバクシンオー経由だから、三冠とはいかずにマイルまでの勝負だけど。
 阪神JFや桜花賞は距離的にギリギリだが、雨が降ってほしい。

7/15  23−28℃  くもり一時雨  北2
■NYは一服した。こういう時期は見ていてワクワクする。1ドル=1ユーロに3回、瞬間なったが定着しない。私から見れば、欧州に未来があるとすれば、ウクライナで停戦するしかないが。マクロンがそれを提案したのは頭良かったが、マクロンはワクチンパスポートの議案を提出して、圧倒的多数で負けて政治生命を失ったようだ。となると、ウクライナに停戦はないかな。せめて、ウクライナの小麦を黒海通して輸出できるようにしないと、たいへんだと思うけど。皆、意地と利害が絡んで、どうにもならないか。とりあえず、中国の不動産バブルが破裂しないことを願うか。

7/14  23−26℃  くもりのち雨  北東2
■商品が片っ端から暴落していっている。手仕舞いだろう。リスクオフというやつだろう。6月の高値の半値になっても、まだ、コロナ禍の始まり頃の価格だから、どこまで下がるかなんて読めない。けっきょく、品不足になった商品以外は、下げて元に戻り、いろいろな理由で手に入らなくなった商品だけ、少し高く終わるのですかねえ。日銀が円安を止めるのは、日本以外の外部要因だろうか。
■今週から生まれてこの方、やらないと決めていたFXをやり始めた。なぜって、あまりに流れが単純だから、指くわえて見ているのも、もったいない氣がしてきた。そういう単純な流れだから簡単に進んでいるが、まあ、ババアのパチンコだから適当でよい。こういうのは若い人がレバレッジ利かせて、大儲けを狙うのに最高の商品だ。むかしはドルのMMFを買うくらいしか手がなかったからなあ。

7/13  22−27℃  雨のちくもり  北3
■タバコは害だけでなく有益さもあるらしく、喫煙率が激減しているのに、肺ガンは激増している。私は1日ショートホープ60本のヘビースモーカーだから、計算してみると、禁煙してからの代金で、今の家を買ったことになる。その代わり、有益さは享受できなくなったが、まあ、火の元は不用心だし、禁煙してよかったよ。
 禁煙のコツなんてない。タバコと灰皿とライターを捨てて、机に向かうと、ボールペンや禁煙パイポを吸っていただけだ。禁煙パイポは美味しかった。もっとも、コンビニの前を通るたびにチョコレートを買っていたから、1日に何枚もチョコを食べて、たいへんだったが。。
■コモディティは、あいかわらず暴落。世界的に不況に入るという予測が次々に出始めた。でも、利回り8%以上のインド国債のファンドや、日本の葬儀屋や蓄電池の会社の株も買っている。

7/12  25−28℃  くもりのち雨・95mm  南南東2
■とうとうドイツは電氣不足で、コロナどころではなくなった。欧州はどしゃ降りの雨で、アジアの良い季節かと思いきや、中国が感染拡大とかで中国株も冴えず、アジア全体に波及。世界中、不景気になるという理由で、原油やレアメタルがズルズルっと下げている。
■雨が降りそうで降らないときにゴミ置き場の掃除。ヤマトの荷物が誤送で遅れて、雨の間に到着。予想もこうなれば最高だが、今週は重賞2つとも雨か。

7/11  25−33℃  晴  南東1
■原油が入らなくなったスリランカが国家破産したと。EUも天然ガスがないから、景気がどうのこうのどころではない。今日も株は下げている。アルゼンチンも豪州も良い話はない。立憲民主党が負けたと言うが、勝てると言った人を見たことがないし、自民党は2つに別れたほうが良いと思うし、政治はどうでもよいというか、若い頃から興味がない。しかし、この投票率の低さはなんなんだろう。これで消費税19%なの? また大衆の可処分所得が減っていく。呆れて言葉がない。

7/10  24−33℃  晴  南南東4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着。今年の「軸馬指数」(11−9−7−29)
 福島・函館の季節は競馬がおもしろい。おもしろすぎて難しくて毎年あたらない。おもしろいのと、あたるのとは話は別だ。早く、アイビスサマーダッシュが来ないかなあ。新潟・札幌になると、ガラッとあたりやすくなるんだけど。毎年そうで、ほとんど例外がない。
 とはいっても、「通算予想成績」をつけていて、どこをどう切っても、同じ成績なんだよねえ。何十年やってもこうだ。不思議な氣がする。これでも、他の人の重賞成績は記録しているけど、わたしは頑張っているんだよねえ。
 まあ、北京も〇クチソ強制を撤回したし、豪州も未接種者の入国を認め始めたし、マスクを外し始めて、世界的に少しずつ世の中も良くなっているのだから、8月になれば、商品も下落してインフレもそろそろ天井ではないかという希望は捨てていない。NASDAQバブルも破裂すると言ってきたが、商品だって上がったものは、いつかは下がるさ。

七夕賞は福島二千、中伸び、良。
 1コーナーで速くなったが、すぐペースが落ちて単騎逃げ。飛ばしているようで遅め。あと800mの3コーナー寸前で仕掛けるのが福島の鉄則だが、さすがに勝春は慣れているから、ピッタリ動き始めて、4コーナーであっという間に先頭に並びかけて、最近は積極的でよく乗っている。江田照とか勝春とか馬が揃えば、競馬を知っているだけに走る。
 エヒトは坂路で50秒くらい軽く出せる馬で、ときどき併せ馬で、強い馬と併せて目立ったりするが、調子は良さそうだ。森厩舎は最近冴えないが、これくらいの血統馬なら好走するということか。
 ヒートオンビートはスタート後にごちゃついて、欲しい位置よりも1列後ろになってしまった。3コーナーでも動くのが遅くて、最後は脚が残っているから伸びてきたが、脚を余している。関西の騎手だから仕方ないか。
 アンティシペイトの武藤は何の問題もない騎乗で、2着との1馬身差は馬の力だろう。ミルコのヒュミドールはスタートして行き場がなく、内枠が裏目で、インに閉じ込められ最後まで動けなかった。福島鬼のヴァンケドミンゴには時計が速すぎる。
プロキオンSは小倉ダート千七、稍重。
 メイショウウズマサが好スタート。エアアルマスやユニコーンライオンが、それに次ぐ好スタート。ところが、メイショウウズマサの力なら、ハナへ行かせればよいのに、エアアルマスは砂を被るのを意識しすぎたか、強引にハナを奪って、トップウイナーも外から来て、ハイペースの競り。
 これだけ速いと、ゆっくり外を回さず中を割ってマクリに行った川田の腕の差で、キレイに抜け出して快勝。サクラアリュールも追込競馬になれば、格はあるから後方から馬群を割って嵌まって差してきた。上がりが、12.4-12.9-12.4-12.7 というズブズブの差し競馬で、時計も速くもなく、川田の腕で勝ったようなものか。
 エアアルマスは直線半ばまで踏ん張ったが、あれでは潰れる。ラーゴムは外回して、位置も取れずに、ああなると格がないから、もたないのかな。

7/9  22−31℃  晴  南南西1
■ゴールドスミスが逃げ切ったくらいじゃ驚かないが、なんで、それと競りになっている勝春の馬が、逃げ逃げで残るのだろう。さっぱり、わからん。難しすぎるなあ。

7/8  24−31℃  晴  北北東1
■便の嵩を増したい人はタケノコですかね。嵩が増すと、腸の掃除になるのかな。デトックスは仙人食と言われてきた松の葉だと言われますね。
■今日が金曜だよな。2日後が投票日か。

7/7  23−30℃  晴  北2
■今日のツイッターは、ジョージアのガイド・ストーンが爆破されて、パワーシャベルで撤去している映像だらけ。あとは、オランダが、農家が出す窒素酸化物半減策に農民が抗議してストライキ。スーパーは空っぽだ。窒素も炭素も炭酸ガスもダメらしい。そうすると酸素だけが良いことになるのだろうか? 植物はどうなるのだろう?
 政治家になるのは、どうやら世界で1億人くらい、なれそうな人が居そうだな。
 一酸化窒素は副鼻腔で作られ、咽喉や肺のウイルスや悪玉細菌を殺すという。副鼻腔を振動させると良いみたい。

7/6  24−30℃  くもり  北3
■笠雄二郎の Wikipedia が削除されていた。数日経つと復活できないという。よけいなお節介する人は多い。こんなところ毎週チェックなんかしてられないよ。誰かが作ってくれて始まったのだけど、最初に作って頂いた人、また作っていただけないかなあ。
 人の命を助けるのも、地球の平穏を願うのも、何かやろうとすると、代価は必要だなあ。
■昨夜のNYで、商品暴落。アジアからも資金の大量流出。ほとんどの商品は、やはり前に書いたように、手仕舞われている。いったい、どこに行くのだろう?
■要するに、EやCのメールはするけど、電話はしなきゃいいのだ。最近は、電話のほとんどは、0120だけど、インフラの整理が終わったから、それも掛けなくなるか。

7/5  24−29℃  晴のち雨  南3
               台風4号996hPa沖縄から長崎に行って消滅。
■昨日の料金計算は足し算が違ってました(汗)。
 そして、NTTに聞いたら、安心プランで0570へも掛け放題と言われたが、それはサポートの間違いだそうです。出る人によって、無料超過分が3分いくらかも違う、やれやれ。詳しい人に代わってもらって、細かい点まで聴き直したので訂正して、追加します。
 そして、安心プランは00年代から時々使っていたけど、初めて、最良の申込方法を聞くことができた。月中の終わり頃に電話して、当月末日から安心プランに入りたい、と言う。でないと、翌月からお願いします(普通はNTTも、そう誘導する)、とか言うと、翌月1カ月は無料範囲が適用されないそうです。オイオイ。
 ●また、間違えていると申し訳ないので、ご自分で再確認を、お願いしますね m(_ ._)m
---------------------------------------------------------------------
  ●家電で、8時間掛け放題やると
◯プロバイダー 朝日ネット(評価・ほぼ毎年1位)   ¥ 858
◯NTT光ネット・メンバーズ割り引き(サポート最速) ¥5530
◯NTT光電話安心プラン・月1280円分(約8時間)までは、
   ケーブルTVとかも含め03とかの局番相手には無料。
    (安心プラン超過分は3分7.92円)(未使用繰越しなし)
    (0570、ケータイは対象外)        ¥1540
◯AUケータイ・基本料金プラン(キャリア中で最安・サポート最良)
  Cメール、データバックアップOK
  −(マイナスすること)auクレカとのセット割引  ¥1078
※別料金(光電話は、0570へは有料、ケータイへは1分17.6円)
※別料金(ケータイを、かけると30秒22円)
 ネット・電話・計 ¥9006(クレカのキャッシュバックで ¥8916)
------------------------------------------------------------------------
  ●●ケータイのほうで、掛け放題をやると、
◯プロバイダー 朝日ネット(評価・ほぼ毎年1位)   ¥ 858
◯NTT光ネット・メンバーズ割り引き(サポート最速) ¥5530
◯NTT光電話基本プラン               ¥ 550
◯AUケータイ・基本料金のケータイプラン+電話かけ放題(通話定額2)
   Cメール、データバックアップOK
   −(マイナス)auクレカとのセット割引     ¥3058
※別料金(光電話は、3分8.8円。
          0570へは有料、ケータイへは1分17.6円)
 ネット・電話・計 ¥9996(クレカのキャッシュバックで ¥9897)
----------------------------------------------------------------------
  ◆最安プラン?
◯プロバイダー 朝日ネット(評価・ほぼ毎年1位)   ¥ 858
◯NTT光ネット・メンバーズ割り引き(サポート最速) ¥5530
◯NTT光電話・基本プラン              ¥ 550
◯AUケータイ・基本料金の<ケータイプラン>
   Cメール、データバックアップOK
   −(マイナス)auクレカとのセット割引     ¥1078
※別料金(光電話は、3分8.8円。
     基本プラン550円と安心プラン1540円の差額は、
     300分≒900円分。これだけ、家からは基本プランでかけられる。
          0570へは有料、ケータイへは1分17.6円)
※別料金(ケータイを、かけると30秒22円。
     だから、外でケータイするときは一言。あとはCメールで済ます)

ネット・電話・計 ¥8016+α(クレカのキャッシュバックで ¥7936+α)
------------------------------------------------------------------------
■まだ、財布に新品のテレホンカードが入っている。使えるかどうか(笑)。
■香港の出生率が64%減というのは凄いな。

7/4  25−29℃  くもり一時雨  南南東2
■AUは3日目で、また朝にダウン。
 ネットと電話の最安値で、最高品質の組み合わせが完成した。8月からやろう。
◯プロバイダー 朝日ネット(評価・ほぼ毎年1位)   ¥ 858
◯NTT光ネット・メンバーズ割り引き(サポート最速) ¥5530
◯NTT光電話・月8時間かけ放題(0570も込み)  ¥1540
◯AUケータイ・基本料金プラン(キャリア中で最安・サポート最良)
   Cメール、データバックアップOK
        −¥187、auクレカとのセット割引 ¥1078
  4Gガラホで京セラKYF41は最優良機種
 ※別料金(ケータイかけると30秒22円だが、0120以外は一言で終わり)
  ◆◆◆通信費・計 ¥8148(クレカのキャッシュバックで ¥8067)
------------------------------------------------

■パソコンのメールと、ケータイのCメールとで、0120以外の電話を極力かけないプラン

◯プロバイダー 朝日ネット(評価・ほぼ毎年1位)   ¥ 858
◯NTT光ネット・メンバーズ割り引き(サポート最速) ¥5530
◯NTT光電話・基本料                ¥ 550
◯AUケータイ・基本料金プラン(キャリア中で最安・サポート最良)
  Cメール、データバックアップOK
         −指定クレカとのセット割引¥187 ¥1078
※別料金(NTT電話をかけると、3分8.8円)
        0570へは有料、ケータイへは1分17.6円)
※別料金(ケータイをかけると、30秒22円)
 ネット・電話・計 ¥8016(クレカのキャッシュバックで ¥7936)

■ラジオNIKKEIの石橋脩は、やはり1列後ろだったとのコメントが週刊誌に載った。そもそも、福島や中山の千八は、少しは積極的に1コーナーまで行かないと、1列後ろになるんだけど。ラッキーライラックで、まともな騎手に成長しかけたのに、スミヨンやミルコに乗り替わられて、G1を3つも勝たれて、あれで元通りになったか。

7/3  26−33℃  晴のち小雨  風なし
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と着外。今年の「軸馬指数」(11−8−7−28)
 なんとも難しい重賞が続く年で、ラジオNIKKEIは上位5点差に7頭。CBC賞は上位10点差に7頭と、頭が痛い。
 指数出していて、あまりに凄すぎて、暑さも忘れる。「軸馬指数」にも本格的に枠目論でも使うしかないかもしれないなあ。

ラジオNIKKEIは福島千八、中伸び、良。
 平均ペースで1分46秒7の好タイム。メンバーにしてはタイムはよかった。ボーンディスウェイは凄い調教で、大外回して伸び切ったから、本番でも差しも利きそうで自在に乗れそうだと、騎手も厩舎も嬉しそうだったが、差しを意識したか、スタートもまあまあだったが、少し下げぎみ。あれは、ちょっとおかしい。そういうことしていると、向正面に入る頃には、1列後ろになるのが通例。今日の石橋も1列後ろになってしまった。おかげで、3コーナーからマクリに行って、4角大外をぶん回して、途中で止まるパターンに陥った。後ろのゴーゴーユタカにも交わされる始末。
 レースはショウナンマグマが逃げ残って、フェーングロッテンがイン差しして勝つという、氣が抜けるようなレースになった。
 サトノヘリオスは、フォトパドックも今日も細く見えた。3着に来たから毛ヅヤが良かったように馬は元氣なのだろう。ソネットフレーズは先行して見せ場を作って、やはり素質はそうとうある。でも、キ甲が抜けてないので今日も幼く見え、あそこまで。秋への成長に期待か。夏は休ませる英断がほしい。
 ベジャールはデカ馬で間隔が開いて、ピリッとしなかったのかもしれない。

CBC賞は小倉千二、内中伸び、良。
 レースラップが、11.4-10.0-10.4-10.9-11.1-12.0 という超ハイペース。テンの3ハロンは、31秒8という頭がおかしくなるようなラップ。最近の千二は、どんどん速くなってきているけど、それでも、33秒台前半でハイペースの重賞という感じ。31秒8だと新潟直千よりも速いかもしれない。
 騎手の今村は今年デビューの★。18勝上げているが重賞に乗って楽勝とは。逃げも追い込みもしないオーソドックスな有能新人だが、今日は逃げるわ逃げるわ。重賞でイマイチだったから、アネゴハダをどうするかで頭がいっぱいで、小倉千二で楽勝しているし48キロだから△は打ったが、軸にはムリだった。
 こんなラップでは、普通の逃げ騎手では逃げられない。今村は才能あるというか、宇宙人みたいな騎手になれそうだ。1日中惨敗しても平気な顔しているところも凄い。1分5秒8の日本レコードとは。
 小倉は福島と違って、開幕週らしくイン有利で、そこは私の考えの執念が足りなかった。49の3歳牝馬のアネゴハダが千二で付いて行けなかったので割り引いたが、3着になったとはいえ、やはり、これが◎だったか。
 ファストフォースは1分6秒0で勝っているけど、スタート直前で蹄鉄の打ち替えが利いたか、行き脚が付かず押しまくっても付いていけなかった。パドックは体重減だったが悪くは見えなかった。

7/2  26−35℃  晴  南東2
■AUが朝通信加熱でダウン。9時にアンテナに「×」が点いていてダメだったが、10時にショップが開く時間にかけたら、アンテナは立っていて電話もかけられた。でも、音がせず接続しなかったが、30分後にやったら、また「×」だった。
 たぶん土曜の朝に皆起きてきて電話して、修理が終わる頃に、また負荷がかかったのだろう? 殺到・加熱すればダメになるのは、ケータイ以外でもよくあること。黙って見ておく氣がないんだな。今でも、掛け続けている人が多そうだな。

7/1  25−36℃  晴  南1
■アマゾンで4Gガラホの最高レベルの製品とにらんだKYF41の中古を買ったら、未使用品だった。超安価で助かった。IMI情報もネットで検索したら、業者の言うとおり◯。
 ただし、ドコモとソフトバンクはSMSをネット経由でやってないから。保存されてないが、AUのはネット契約でやっているから、過去分データがカードから復元できない可能性があったが、サポートの人と汗水流して、全部OKだった。
 でも、ネット契約を外して毎月の料金を使い放題の中で最低にしたから、SMS(Cメール)を打てない。これも、機能のリセットなど複雑なこといろいろやって使えるようになった。SIMフリーだが、キャリアによってハードルがあるんだなあ。

6/30  26−37℃  晴  南南西1
■エアコン切って節電しろとかうるさい。野村総研がエアコン切って、TV見るほうが電氣代が1.7倍かかるとレポート出したら無視されたらしい。植草氏が居た会社だからなあ。24時間TVなんていう、くだらない番組観ていると、脳は退化するし、電氣代食ってしかたないよ。
 熱中症で救急搬送されると、PCR検査やって陽性なら病名は「コロナ」になって熱中症にならない自治体が多いらしい。医学がそんなことでよいのだろうか。
 電氣が足りない足りないと言っているが、火力発電所は正解だ。私の小学校区域には海辺に火力発電所があって、60年前の小学生のときに、父と見学に行ったことがある。みごとな設備で、見てきて驚いた。あんなりっぱなものを焼け野が原になった後の戦後11年目で造れたのは凄い。
 フィルルターも改良を重ねたのだろう、粉塵もないし、漁業関係者から苦情ゼロ、田んぼで米作りやっている人から苦情ゼロ、蜜柑の産地で山は蜜柑畑だったが蜜柑農家からの苦情はゼロ。そばに住宅街もあったが苦情ゼロ。調べてみると、日本の火力発電所の技術は世界最高レベルらしい。どんどん、造ればよいのに、今は減らしていっている。バカみたい。山林から出る酸素が減っていく。炭酸ガスを再呼吸するマスク社会みたいなものだ。
 ソーラーなんて、山の木は丸裸に切られるし、大雪や台風で崩れるし、日本の大きな特長である山林面積比率が壊されていく。全然、エコじゃない、国潰しじゃん。

6/29  25−37℃  晴  南南東2
■電力自由化での会社が40数社も廃業して、私の「あしたでんき」も廃業して、東電に契約移行し、開始のたった2日前に閃いて、やはり東電は高いから急遽キャンセルして、安い自由化業者で、東電と一部サービス提供関係の経緯があるから、廃業しそうにないだろうところを選んで再度申込。廃業日に、あと8日というところでギリギリ間に合って綱渡り。
 次はLPガス料金が高騰してきて、安いところに客がコロコロ移動するから、2年しばりで値下げ提案してきて、2年もたてば原油は再暴落しそうだから長いが、まあキャンセル料も勘案して、受け入れる。少しは安いままで、目先はかなり得。
 西友からウォルマートが引き上げるという。川の向こうまで西友は配達区域になって、川を越せばカードが使えると言うところだったが、ウォルマートは西友を見切った。セゾンのウォルマート・カードを用意周到に作って持っていたのだが。クレカが廃止になる代わりにお詫びとして、某社のゴールドカードをプレゼントしてくれた。さすがはウォルマートの太っ腹。
 次に Amazonが prime カードを(前は送ってこなかったのに)今度は勝手に送ってきて、これも1%くらいポイントの得をした。
 次は、光のセールスで、ああだこうだとやっていたが、私の光とプロバイダーは日本一だから、料金も数十円しか違わない。サポートが日本一速いから今のまま。
 次は、ケータイ会社が、povo や ahamo やOCNモバイルワン・カケホーダイなど、安い会社がいろいろ出てきて、ややこしいことになったが、まあ、20年使ってきた会社が、100円ほど高いだけだから、まあ良しとして、ネットの契約切って、電話のかけ放題+Cメールだけにする。
 今年の春は、そういうすべてが見直しになって、〈まぐまぐ〉も、読んでいる複数のメルマガのメルアドを整理して、やれやれ、雑用も、やっと終わったかな。
 今日は持っている日本一の葬儀屋の株が急騰して、ほくほく。今日だけで、ケータイを氣に入っていた新しい機種に買い替えることができた。私も毎月、人口動態を見ているが、死者数が増えてきているということと、大人数の社葬も回復するという読みだろう。株主報告書の分厚い冊子が一昨日届いたが、攻めの経営に転じて、葬儀会館も増やして増額予想を出し始めたのが受け入れられたか。
 問題は食糧価格と原油相場の読みで、コモディティ関連の投資をどうするか、だな。コーンと原油が、さっぱり読めない。

6/28  24−36℃  晴  東1
■配送の人はマスクしてくる。このクソ暑いのに。かわいそうだ。自分で判断するわけにもいかないのだろうな。

6/27  23−35℃  晴・夕立  北北西1
■毎日、暑い。35℃の日々ではねえ。なかなか、世界は破綻しない。4Gケータイに替えるときは、運良く0円だった。今、もう1台使って、使い分けしたいが名案が浮かばない。

6/26  25−34℃  晴  北2
日刊競馬の飯田正美さんが退社するそうで、ラジオも今日が最後だった。最近のG1は難しくなったし、それでも平場レースには敵がいないほど抜群に強いから的中率がダントツで、社内で交代する人も、どこをどう探しても、いなかっただろう。そういう数字を出しているときにやめるのも正解だろう。お疲れ様でした。
 私よりも1つか2つ下だが、70年代の専門紙で編集上がりで予想やる苦労は、私も経験して知っているだけに、予想出したのは、84年か85年からだっけ?、よく頑張ったと思う。あの頃は早朝から調教を見るトラックマンでないと、会社の隅のほうで小さくなっていないといけないような時代だったからなあ。本も雑誌もない時代に自分で勉強して、編集出身で、トラックマンたちに勝つのは、ほんとうに凄い努力が必要だったのだ。
 私が40歳代に筆を折っていたのに復帰したときに、木曜の確定出走メンバーを、水曜夜に家に電話して教えてもらったりしたこともあって、お世話になりました。裁判の校正もやっていたから、知るのが半日違うだけで助かった。また、どこかに出てくるでしょう。出てこなくても、のんびりするのも人生よ。

■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(11−8−7−26)
 ケータイの電話帳のVCFファイルが、3Gまではバックアップしたり操作することができたけど、4Gになったらできない。空っぽのフォルダに電話帳のバックアップをするのは虚しい。gmail だと読めると検索で出たが、gmail と LINE は、まったく使う氣がしない。
 それと、かけ放題の料金プランが、今までのユーザーは得になっているのに、HPの記載がおかしな書き方で、これを変更したり戻したり、疲れた。不正表示だと文句言ったら、誰も反論できなかった。
 もう、いっそ、ケータイの会社を変えようかと思って、いろいろやったが、クレカも一緒に変えないとご褒美割引が付かないから、どうしようかと思って、10回くらいサポート受けて、やっとVCF形式でない、圧縮ファイル形式のバックアップ法を知り尽くしている人と出会って、やれやれ。なんで、他の人は知らないのだろう。
 レースは難しいし、相場はあらゆる商品を手仕舞ったり買ったり売ったり、疲れました。まあ、数十年、忙しいのは得意だから、そうなろうがなるまいが、予想にはあまり関係ないですけど。忙しくて疲れたのだけは、たしかだった。

G1宝塚記念は阪神二二、内中伸び、良。
 土曜の雨は、雨量 0mm と、ほとんど水分なしの雨。おかげで、馬場の硬度は、10.2 と土曜よりも良い馬場になった。
 スタートは内枠のタイトルホルダーがフライングぎみの絶好のスタート。1ハロン目が遅かったから、そうとう得をした。馬場は今回の阪神は雨も少なく、内中伸びで、3枠でごちゃつくと思ったが、全然関係なく1頭だけスイスイと先行。
 パンサラッサは逃げたくても、ハナに立てず、苦しい展開。2ハロン目と3ハロン目が凄いハイペースのは、パンサラッサが意地でハナを奪ったからだが、好スタートから先行したタイトルホルダーには関係なかった。
 これで、後方の馬は付いて行けず、完全な平均ペースで逃げる馬だから、追いかけた馬もバテる有り様で、もう、3コーナーで競馬は決まってしまっていた。
 ディープボンドが意地でマクリに行って、4着に粘ったから、適距離とも思えないし、かなり強い競馬だった。
 ヒシイグアスは好調教で、輸送だけがカギだったが、好スタートから少し下げて余裕に追走ができた。内々回って凄い手応えで、距離損はしないし、良いレースだった。イマイチ生彩を欠くレーンだが、今日は上手に乗った。できれば、結果論だが、最初のスタンド前で行きたがったように、もう少し前めに進出してもよかったかもしれない。
 エフフォーリアはパドックは普通。かつての貫録はなかった。レースもチャンスはなかった。G1を勝ちまくった馬が、古馬の中距離になってブリンカーをするようでは、何か、おかしいなと思う。王者という者が、マスクしてリングに上がるような感じだ。そういうパドックだった。やはり、ダービーが最高のデキだったと思う。
 アリーヴォは普通に出たが、速いと思ったか下げてしまい、最後方から。いくらなんでも、内回りの二二で最後方は、ないと思う。最初のスタンド前で、既に、ガックリした。武とノリが美学を演じ始めると、成功するときもあるが、たいてい失敗する。そういう意味としても歴史に遺るのは残念ではある。
 ポタジェはゲート出て、少し外に振られ、位置が後方になったので、この馬も、前が潰れるかどうかだけの勝負になってしまった。

6/25  26−36℃  晴  南西3
■江の島Sは東京の中伸び馬場。川田が出遅れ。内々回って損。ルメールも2枠引いて、内を走って損。ミルコとレーンは中や外から来て、いちばん良いコース。田辺は、内にも外へも行けたのに、なんということか、内へ進路を切ったので、止まった。田辺がいたところを外へ出して行った吉田豊のクロミナンスが2着へ届いた。田辺がミルコの外へ出そうと頑張っていたら、クロミナンスは内へ行かざるを得なかったのに。このハナ差は頭の中身だろう。どうしても田辺は東京は割引だなあ。中山の外マクリしか買えないか。
 勝ちタイム1分57秒7は、中から外めの馬場が良いからだ。内が荒れてきても、ダート番組で保護しているから、中や外は伸びる。どうして、外へ行こうとしないのだろう。内を先行してきた2枠のルメールでさえ、1頭分でも外へだそうとしているのに。
 疲れた。ミルコから入るのだったか。二四を使ってきたのが信じられなくて、いやだったのだけど。

6/24  23−33℃  晴  南3
■風邪で死ぬのが怖いって、80歳超えたら言うことを、80歳以下の人が言いまくっている。それが恥ずかしいとも思わないみたい。
 そもそも、死んだら、あっちへ戻るだけなんだから、怖がっても仕方ない。それとも、あっちへ戻りたくない理由でもあるのだろうか?

6/23  21−26℃  くもり  東北東2
■藤原直哉がツイッターで、計算して載せていたけど、過去1年間の高値と現在の比較は、アップル25%安、テスラ42%安、アマゾン42%安、アリババ54%安だって。まだ、PER高いんだけど。まあ、成長株はPER高くてあたりまえだけど、投げ売りで投げる人いるから下がっていることもあるんでしょうねえ。上がるものは下がるし、下がったものは上がる。これは必ずそうなる。
■高校生までの医療が無料になるそうだ。とても賛成できない。若い者が、外科はともかく、内科や心療内科に行くようになったら、世の中、お先真っ暗だ。糖尿病だ、高血圧だ、腎臓が悪いとか、子供達が騒ぐんだろうなあ。

6/22  22−25℃  くもりのち晴  南東1
■相場は、安定したと思って買う人が多いが、読みようがない。金利上げて、不景気になれば企業業績も悪くなる。というわけで、景気と関係ない葬儀屋や、相場でドッタンバッタンやるネット証券株と、ネット馬券投票システムが好調な東京都競馬を買っているだけ。他は、昨秋から売ってきたから無い。
 ここは、コモディティがどうなるか、円安がどうなるか、が見えてくるまで、“休むも相場”。
■月に1回、30分歩いて駅まで行く日。雨が降りそうで降らなく、晴れてきた。晴れ男だから。
 血圧は、2年間、130−140の間を行ったりきたり。GABA(γアミノ酪酸)を飲んでいるから上がらない。

6/21  24−26℃  くもり  北東1
■先週末に、原油、天然ガス、コーン、小麦をはじめとしてコモディティが揃って暴落。全部売り切ったが、1週前から売っていたから、プラスで逃げられた。買うのが遅かったと書いたが、それでもセオリーに反して買ったけど、東京で売れればよいが、NYは時差が大きくて、鋭角に下がるから、冷や汗ものだった。
 ドルを買って円を売っていたが、これも分からないから手仕舞う。日本の債券も先物売るファンドを買っていたが、手仕舞う。円ドルなど、25年前は、3日で20円以上動いて凄い騒ぎだった。それらを手仕舞って、PER10倍以下で、増益で、配当利回り5%以上で、テーマ性のある割安株を2銘柄買う。
■宝塚の予想はいちおう終わった。脳ミソ溶けるかと思うほど、ややこしいファクターがあって、阪神内回りはたいへんだ。あと、追切りと、追切り後馬体重と、枠順と、日曜の大阪の天氣予報だ。

6/20  21−31℃  くもり  南2
■消毒消毒、農薬農薬、これで鳥類は激減した。昆虫も減るだろう。人間にも、ややこしい肺炎とかの原因となる。WHOがやめろと言ってもやめない。そのうち、人間も減るだろう。細菌がいなくなると、人類は生きていけないのが分からない人も多い。

6/19  20−31℃  晴  南南東2
◆来週は宝塚と、パラダイスか江の島のどちらかですね。千四は競馬ではないという主義なので、こればっかりはなんとも。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と着外。今年の「軸馬指数」(11−8−6−25)
 今週は、「軸馬指数」だけはやれて、悪くても、また1勝1敗かと思ったが、スルーセブンシーズはパドックの歩様がイマイチでガッカリした。人氣も下がったから、見た人は同じことを考えたのだろう。
 ユニコーンはめちゃくちゃな大混戦になってしまった。ああなると、デキがモノを言うし、菅原は上手に乗って勝った。

ユニコーンSは東京ダート・マイル。
 インダストリアが出遅れ。ハセドンは下げたのか二の脚が付かなかったのか後方から。
 ペースは速くなって、馬場も乾いていたし、ジュタロウには向かない流れだったか。そういう何かの懸念は付いて回る馬だろう。馬名もイマイチだったか。
 勝ったペイシャエスはパドックがピカピカで張りも良く凄いデキだったが、最後まで良く伸びて強かった。これは実力だろう。
 コンバスチョンはペースが速すぎて、ムリせず好位追走したけど、いつもよりも1列後ろで、いちばん砂を被る位置で、この馬の弱点である砂を被ってやる氣が失せたかな? 1週前の追切りが芝での本馬場追いみたいな凄い時計で、あれが速すぎて、ちょっと調教もキツすぎたか? それにしても、この馬体を見ていると、一度、芝のレースを千八でも良いから使ってほしい。
 セキフウやバトルクライなど10着くらいまでは、もう混戦としか言いようがなく、やるたびに着順が変わるような氣がする。セキフウのミルコと、バトルクライの戸崎はイン差しを狙って、巧妙に狭いところを縫ってきた。勝負勘が良かったし、馬もよく言うこと聞いて反応した。
マーメイドSは阪神二千、内中伸び。
 スローになったが、なぜか1枠のスルーセブンシーズは行き脚が付かないのか、ペースを間違えたか、後方から。それで四角で外回すようでは、何もかも誤算。イン差ししないと軸にする氣は、ないよ。
 この遅いペースで内が伸びる馬場だからか、今年は軽量馬が来なくて、54か55kgの好位の格上の馬が活躍した。
 後方の軽ハンデの馬は、このペースでは鋭伸もできず、手の打ちようがなかった。

6/18  19−26℃  くもり  南南西1
■江田照がテリオスベルでダート二一を逃げ切ってしまったが、もう天才だよね。どんどん押してハナに立ったら、ペースを落として平均ペースに。ときどき仕掛けて、少しずつ後続に差をつけていく。芸術だ。強い逃げ馬に乗せて、G1に出続ければ、そうとうやれるのに。

6/17  18−28℃  くもりのち晴  北北東1
■相場の神様と言われるウォーレン・バフェットのポートフォリオは、45%以上をアップルが占めるに至った。これでは、彼の投資会社であるバークシャー・ハサウェイはアップルと変わりがないということになる。これはおかしい。
 ビル・ゲイツや、アマゾンのベゾスや、テスラのイーロン・マスクが、株で大損しているらしい。どういうことか、さっぱり分からない。だって、普通はゴールドマン・サックスや、モルガンやブラックロックなどのプロがアドバイスしているに違いないと思っていた。そういうところがアドバイスしていたら、これは強い。
 してないのだろうか? とすると、自分の会社がPER80倍まで買われていたら、感覚が狂うかもしれない。
 片や、新興国相場の頃、大騒ぎだった中国株など、例えば当時の1番人氣のペトロチャイナなどは、今やPER5倍、配当利回り年6%などという低迷ぶりだ。10年以上経つと、こういう感じに姿を変えるのだろうか。
 逆転はしなくても、双方が近づくことは有り得るのではないか? そんな氣がするのだが。問題は、「いつ」そうなるかだ。これが分かったら苦労はしない。もう、ちょっと、頭が良ければよかったのだが・・・。

6/16  17−23℃  くもり  南1
■昨夜のNYは、特大幅の乱高下を2回も繰り返して、けっきょく上げて終わったが、朝から急騰して始まった日本株にも売りが出てきて、アメリカに次いで高パフォーマンスを誇ってきたインドも頭打ち、商品市場も頭打ち、強かったドルまで売られ始めて円安は一服。またまたNYに大量の先物売りが継続して入ってきている。仮想通貨も軒並み安。
 何が良いって、良いものは何もない。強いて言えば、株の先物売りと、金銀パラジウムが、わずかに高い程度。要するに、何が起きているかというと、昨年までの大活況の相場のすべてが、手じまい売りに押されているということ。世界中の人たちが、ポジションをゼロ近くまで縮小しようと、必死に手仕舞っているのだ。
 私も昨年11月頃から株を売り始め、先週からはドルや商品ファンドまで売り始めている。主として残っているのは、キャッシュ、先物売り、ゴールド、商品ファンドを少し程度に、債券の売りポジションがわずか。
 手仕舞いの6月として、世界史に残るかもしれない。
 問題は、いつ買うかだが、ババアのパチンコだから、あまり興味も湧かない。ウォールストリートの諺にあるように、落ちてくるナイフを手で掴もうとしないことだ。
 そのうち、レバレッジを効かして相場を張っていた人たちが、真っ先に一文無しになって、相場から撤退するはず。その次は、レバレッジを効かさずに普通に投資していた人たちが、投げることもできなくなり、大きな含み損を抱えたまま、身動き取れなくなるはず。まだ、そこには至っていない。
 大底に来たら、大金持ちたちが秘かに買いを入れ始めるだろう。彼らは、人の投げ捨てた物を買うのだ。江戸時代の米相場以来、相場は、オランダのチューリップ相場も、1930年のアメリカの大暴落も、世界中、いつでもそうだ。私は冷笑家ではない。歴史は同じことを繰り返してるだけだ。
 もし、そうならないとすれば、それは歴史に遺るような大きな買い場ではないだけだ。

6/15  15−19℃  雨のちくもり  風なし
■昨夜のNYも下げて5日続落。わたしの候補のポートフォリオに入っている銘柄はマズマズ。上げたのが、フィリップモリス、ペトロチャイナADR、シスコ、アーチャーダニエルズミッドランド、下げたのがコンソリデーテッドエジソン、コカコーラ、プロクター&ギャンブル。まずまずか。
 アップルみたいな株になってしまったバークシャーハサウェイは下げ止まらない。あれだけアップルを買ったら、バフェットの威厳もなくなるな。相場のメルマガを再開したいけど、週に3日書いて送信するのはキツいなあ。

6/14  17−18℃  くもりのち時々雨  東2
■NYは3日連続の大幅下落。フィリップモリス、コカコーラ、中国株だがADRで上場している懐かしのペトロチャイナは、こういう波乱のときだから強かった。シスコやコンソリデーテッドエジソンは、さほど好感されなかった。もう、この歳だから、馬券と同じでババアのパチンコだから、どうなろうとさほど違いはないが。ドル高もそろそろ危ういのか。まだ、少し持っているが悩ましい。コモディティFも少し残っているけど。
 週末のマーメイドSの指数を出したが、デリケートなレースだから、障りのないようなポートフォリオにしておかないと氣が散るな。

6/13  15−26℃  晴のちくもり  北1
■アメリカ株が下げ続けている。読みどおりだ。騰がりすぎたものは必ず下がる。my ポートフォリオには8銘柄くらい載せているが、今のところ、特に買いたい銘柄がない。ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイも、アップル依存度が半分くらいあって、あれではアップルを買っているのと変わりはない。バフェットも引退時期が近い氣がする。
 シスコと、フィリップ・モリスが、もうちょっと下がれば買うかもしれないが、為替利益期待の面があって、ドルが暴落するようだと、アメリカ株どころではないし・・。疫病→戦争→食糧危機→金融危機か。

6/12  19−25℃  雨のち晴一時雷雨  北北東3
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と着外。今年の「軸馬指数」(11−8−6−23)
 北海ハンデのメモリーレゾンとか、函館2歳Sのナムラクレアとか、3歳牝馬は買いだというのが、この季節の競馬の狙いどころ。
 両方とも快勝して、今年もセオリーには変わりはなかった。
 函館の重賞など、追込みのダイメイフジまでグイグイ伸びてきて、もう3着争いは大混戦。でも、ワイド総流しだと、何が来ようと心配などいらないから楽だ。「荒れろ、荒れろ」と心が騒ぐだけ(笑)。
 最近は、◎の複勝を必ず買う評論家も何人か出てきたが、複勝じゃ、万馬券ワイド取れないから、相対的につまらんと思うけどなあ。相手には13番人氣、14番人氣など、当たり前のように来る時代になったのだから。

エプソムCは東京千八、中外伸び。
 夜中に雨が降ったのは予報どおり。やや重で始まって、乾いてくるかと思ったが、1時すぎに雷雨があって、重に変更。
 スタートはゆっくり出て競らない。トーラスジェミニが行く構えを見せると、好位差しでも勝ったことのあるノースブリッジは、岩田康が一生懸命、抑え込んで好位から。好判断だった。
 その後は平均ペースで流れて、追込競馬の雰囲気ではなかった。ジャスティンカフェは下げたのか、ポツンと最後方から。この馬場では後方鋭伸はムリだから、下げすぎだろう。
 午後のレースは時計も速く、ここも雷雨があったとはいえ、1分46秒台だから、切れない流れだと、ガロアクリークみたいにジリ脚の馬の流れだ。ジリといっても、やや重だった皐月賞で3着なんだよねえ。
 最後方から4コーナーでインを通って距離得して、あっという間に前に追い付いたジャスティンカフェだが、3〜4コーナーの内側は、泥が跳ねて荒れているから、その作戦は、策に溺れたとしか言いようがない。他のレースも中伸びというよりも中外伸びといってもよいくらいだった。
 そこへいくと、<東京のルメール>は上手で、必ず、直線のいちばん良いところを通ってくる。そこから逆算して向正面の位置を決めている。だから、いつも着順が1つ前になってくる。今日も、距離損もしない、伸びるラインという、最善のところを通っていた。
 ノリは美学に溺れる性癖があるから、今日はルメールにすべきだったかもしれない。雷雨があったせいで、クビ差、ルメールのほうがノリの馬に先着した。そういう力の順番じゃないと思うけどねえ。ザダルは、あのラインでも良いのだが、パドックを見ると完調にはとても見えなかった。そんな感じかな。

函館スプリントSは函館千二、内中伸び。
 テンが32秒8の超ハイペース。3番手追走でも、全然追わないで付いていって、4コーナーを前にいた馬の外を回りながら、簡単に抜いて回った。あとは追ったら突き放すだけ。桜花賞から5キロ減は恵まれすぎていて、いくらなんでも51か52だろうと思う。5キロ減の50だと、裸同然の牝馬だ。そりゃ来るよ。
 ビアンフェは、それほど悪く見えなかったが、デカ馬だから、それでも太いのか、しんがり負けだった。
 13番人氣のタイセイアベニールは印を迷うところだが、ハイペースを利して3着に追い込んできた。まあ、最後は先行馬はナムラクレア以外はバテバテだから、届いたか。このあたりは難しいが、ワイド総流しだと氣にならない。

6/11  20−23℃  くもり時々雨  南西1
■今日は3レースとも自信があったのに結果はそうはならなかった。たいてい、自信があるときは来たり来なかったり。自信がないときは、あまり来ない。不公平だ。自信がないときも、けっこう来てくれると嬉しいのに。
■北海ハンデの3歳牝馬・メモリーレゾンは自信があったけど、11Rをやめて、10Rをやるというのは異例だから予想対象にできなかった。メインの11Rのリトスも3歳牝馬だ。函館は3歳牝馬を買いたくなる。「北海ハンデ」というのは、私にとっては夏の名物レースだ。「日本海S」みたいなものだ。そういう理屈を立ててやろうかとも思ったが、やはりレース選択でややこしいことはしたくないので、できなかった。よほど、名物レースでもなく、中身もつまらないレースは飛ばすこともあるのだけど。悔しいねえ。斤量差が大きいからリトスでもよいかと思ったが、少し前に行きすぎたか。

6/10  18−25℃  晴のち一時雨  南東1
■短距離馬の血統と、その走りについて、今週は約20時間ほど考えた。うーむ。短距離と長距離は異端だ。

6/9  16−23℃  晴のち一時雨  東2
■人の親の葬式に、 香典送った。それで終わり。それでええじゃろ。  そうですか。じゃあ、香典なんてどうでも良いもの送らないで、個人宛てに手紙でも書いて送ればいいのに。一種の唯物論者なんだろうなあ。わたしは、自分の葬式はやる氣なし。生きることからして、目的が違う。

6/8  14−20℃  くもり  北東1
■親戚の目上の人の家は、仲の悪いきょうだいが居て、反対側の味方をすると、反対側の偉ぶる人には、話し中でもガチャンと電話切られる。わたしは相手が目上だから抗議もしないで我慢して生きてきた。
 そのくせ、自分は病氣で伏せっている姉が、こういう状態だからお歳暮送るのたいへんだから、やめさせてもらうね、と言ったら、「わしと縁を切ると言いたいのか」と言って大問題になったけど、本人は、その発言の問題点も分からないみたい。
 今日も、母の葬儀に、(笠家の喪主が好きな人だけに連絡しているのはおかしいし不愉快に思うから)、「あなたには連絡あったんですか」とだけ聞いたのだけど。わたしの母の葬儀に、お香典送ったから、あとは内々でやると言うから、それでいいんじゃない、と言うから、兄弟でも知っている人と知らない人が居るのはおかしいけど、あなたは知っていたんですかという話をしたら、また、いろいろそこの兄弟の仲の悪い人の悪口言って、ガチャンと切られる。
 頭に来たから、また電話して、大きな声で、論点は何か、それでなんでガチャンといつも何度も切るのか、言いたいことの数%をはっきりと言っておいた。親戚付き合いも、人によっては、もう、うんざりだ。
 ちなみに、その“仲の悪い人”というのは、そうとう笠家と交流してきたのに、喪主が葬儀の段取りの連絡もしないし、間に入る家の従兄が問合せきても無視するから、頭に来て、この人たちとは絶交するというメールがわたしに来て、当事者たちに回覧送信するように、先週頼まれた。葬儀の公平な通知や周知がないのは、初めて聞いたなあ。母の葬式も、時代が変わって、本氣で追悼する氣のある人は既に少なくなった。母は長生きしすぎて損したな。今だけ、金だけ、群れるだけの時代らしい。

6/7  15−20℃  くもり  北東3
■仕事仲間が毎月1人ずつ亡くなっていく。やめた仲間だった人の奥さんも脳溢血。細かい仕事は長生きできないな。
■今だけ、金だけ、群れるだけ、だって。今の時代の代名詞は。3次元は飽きたなあ。

6/6  15−16℃  雨  東3
■ソウルラッシュは馬群の中で、前が壁で一度も開かなかった。ブック読んだら、やはりそういうコメントだった。無念だ。時計も遅いし、たいした中身のあるレースではなかったから開いたら抜けただろう。今日は雨で寒い。いやあ、寒い。

6/5  18−24℃  くもりのち雨  東南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と着外。今年の「軸馬指数」(10−8−6−22)
 鳴尾は難しいと思ったが、併せ馬で追い切れるようになった成長分を買って、的中。安田はあてる自信はあったが、馬群の中で動けず。競馬は生き物の上に生き物が乗って走っているので、予想どおりには動かない。

安田記念は東京マイル、中伸び。
 スローで流れて、上がり勝負。上がりが、11.2-11.0-11.4 で、力差ない馬が揃ったので、馬群はダンゴで直線へ。少し外めへ出して、中伸びの馬場に合うように乗れないと苦しい。
 スタートして向正面で、シュネルマイスターの位置の内に、枠が外のソウルラッシュが入って、あれは逆だ。案の定、ソウルラッシュは直線に入って馬群の真ん中で周囲が壁になって動けず。そのまま入線して競馬をしていない。浜中は東京で乗るのが減って、7枠だと外へ行きたくないと思ったろうが、スローで流れたことも重なって、上手にロスなく乗ろうと、馬群に入れてでも距離損しないように乗って、裏目だった。戸崎を乗せればよいのに。
 ソングラインは最高のパドックで見ているだけで感動したが、直線は外めの、少し前めに付けられたので、キレイに抜け出した。
 シュネルマイスターはマイルは常連だが、調教後馬体重も18kg増で、パドックでも10kg増で腹目に少し余裕があった。でも、中が開いたらスイッと伸びて、サリオスやセリフォスみたいな中途半端な力量の馬と違って、力のあるところを見せて2着は確保した。強かった。

6/4  16−26℃  晴  北北東1
■昨日は近所に落雷して停電。昔のパソコンなら、ISDNで電話線からも雷の電気が流れてパソコン破壊とかあった、だから、雷除けのグッズを今でも持っている。でも、今は光回線だ。電氣のコンセントから、電流が入ったらしく、一時へんな感じだったが、寝るときに見たら、バカになって2%くらいしか充電できないバッテリーが、後ろに飛び出ているので、2万円台の中古パソコンだし、バッテリーが場所とるから捨てようかと思ったが、捨てないでいた。それが寝るときは満充電になっていた。2年ぶりかなあ。雷鳴大好きとメルマガだっけ書いたから、雷が喜んだか、奇跡みたいなことあるんだね。雷は、ほんとうに人間にとって正氣にさせる力があるそうで、大好きだ。
■今日は3レース予想して簡単な日だったが、ババアのパチンコ馬券は鳴尾記念だけ。5頭流しで、ワイドと馬連を買って、両方で3種類的中して、資金3倍になった。こういう楽な日ばかりだといいんだけど。
鳴尾記念は中京二千、晴良、中伸び。
 意外とハナに競って60秒くらいの千メートル通過。重賞だと上がりが速いから時計は速くなる。
 ヴェルトライゼンデは屈腱炎の長休明けだったが、すばらしい調教だった。でも、速い時計の競馬の経験がないから軸にしづらかったが、好時計で快勝。屈腱炎前よりも、成長分もあったりして、強くなっているんじゃないか。
 軸にしたジェラルディーナは、読みどおり、切れ勝負で最後にグイッと伸びて、やはりレースは合っていた。それと、併せ馬でビシビシ追えるようになって、調教内容が一変したのが効いて、サンレイポケットに仇は討てた。やはり、このプラスは大きかった。母がジェンティルドンナだから化ければ重賞くらい勝てるだろう。

6/3  18−26℃  晴一時雷雨  北1
■今日は予想していたら落雷で停電。うーむ。雷だけは、なんとも文句の言いようがない。パソコンが使えても、ノートが読めない。困るなあ。全部、暗記しているわけじゃなし。

6/2  16−27℃  晴  南南東3
■仲が悪い奴が複数いるから、その家は葬式に呼ばないって、聞いたことない。とうとう、呼ばれなかったそこの家の、80年可愛がってくれた従兄が、笠家と縁を切ると言い始めた。当然だろうな。うちの家は、そうとう劣化しているからなあ。
■アマゾンの日時指定便が、入荷遅れで、時間指定から1時間10分後に到着する。お急ぎ便とかやりすぎる。それを利用する人も多すぎる。利用者が多すぎると、パンクしてしわ寄せが発生するわなあ。わたしなんか、お急ぎ便は、そういう理由で絶対に使わない。もう、めちゃくちゃだ。少し考えて使えばよいのに。
 おまけに時間指定しても、その時間帯に家にいないで、再配達する率が30%以上だというから、日本は、そうとう劣化している。

6/1  18−27℃  晴  北東1
■皆、ラッシュアワーで混んだ電車に乗って2年半も通勤しているのに、まだ電車の中はマスクって、マスクの効能は欧米では既に否定されているのに日本は選挙が終わるまでは、やめると言いそうにない。子供のマスク着用も一律に求めないって言うけれど、濃厚接触者にされたらどうするんだろう。
■札幌の施設にいた母が亡くなって、札幌で葬儀やって、何分の1以下の価格で、四国で納骨法要。30分くらいで終わりで、いちばん大事な近くの馴染みの親戚から1人も呼ばなかったってことで、今頃、まだ揉めている。あそこの家は仲の悪い奴がいるから呼ばなかったというけど、葬式なんて仲のよくないやつがいっぱい集まるところに決まっている。もう、バカバカしくて、わたしは家の墓に入る氣がしない。散骨することに本決定した。瀬戸内海がいいな。粉々に砕いてもらって、海の藻屑と消える。いいなあ。

5/31  16−22℃  雨のちくもり  北1
■数日前に、明治神宮の樹を1000本切ると書いたが、神宮外苑でした。失礼。
 でも、1000本切るのに変わりはない。何を考えているのか、さっぱり理解できない。むかしは草野球するのは、早朝の東京タワーの下か、神宮外苑か、羽根木公園だった。その3箇所しかやったことはない。よい時代だったなあ。
 南青山の交差点近くのシナリオ研究所に行くのに、新宿駅南口から、新宿御苑の南西の塀のそばを通って、神宮外苑を横切って、歩いて通っていた。なぜか、行く日は雨が降らなかった。最後の年のアルバイトも、南青山の帝国興信所で、ここはよく雨に降られた。
 けっきょく、渋谷の百軒店のジャズ喫茶通りから、東口の東急のプラネタリウム、場外馬券売り場、寺山修司の天井桟敷、オーラ透視のクリアサイト・ジャパン、ハンズやパルコができた宇田川町、渋谷区役所、岸体育館や国立競技場、原宿の竹下通りから東京一の鉱物ショップ「コスモスペース」、その横道を入って表参道へ、角のソニーのホロスコープやっていたビル、一時アルバイトしていた今はなきセントラルアパート、神宮外苑、南青山、新宿御苑、ジャズと映画館と中古レコード店が溢れていた新宿、競馬専門紙は御苑の北側の丸ノ内線御苑前で、アルバイト仲間の下宿屋が四谷三丁目の大木戸(「競馬最強の法則」の出版社の近所)、四谷三丁目から、四谷、碁の日本棋院や大日本印刷のあった市ヶ谷あたりが、私の東京のふるさとだ。なんか、あのあたりに固まっているんだよねえ。全部、偶然なんだけど。
■死んだら、絶対、散骨がいいな。墓地反対主義者ですから。このまま行ったら地球は墓地だらけになってしまう。海の藻屑と消えるのがいちばん。お墓なんか入っても誰も拝みにくるわけでもないし。葬式も戒名も要らないな。

5/30  17−26℃  晴のちくもり  東南東4
■ドウデュースもノーザンファームなんだよねえ。デイジュールとシアトルスルーの差はあるよね。

5/29  16−32℃  晴  南南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favotrites & the Go」「エッセイ」「プロフィール」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(10−7−6−21)
 葵S、ダービーと楽に的中して、今週は6レース予想して、券外も1レースしかなく、楽だった。でも、目黒記念は混戦すぎて、手が届かなかった。ウインキートスから入るべきだったというのが総括ですけど。でも、やはりパラダイスリーフかな。
 まあ、1番人氣が来ない大乱戦の年で、一時、G1が冴えなかったが、なんとか的中し始めて、これで、だいたい例年どおりになってきた。

ダービーは東京二四、晴良、中伸び。
 デシエルトが、岩田康だから、やはり逃げて、速めの平均ペース。どうせ逃げるなら皐月賞でこそスンナリ流れて勝負の逃げをしたかったろう。12秒を切るようなラップを、とうとう最後まで続けて、ダービー・レコードになってしまった。驚くべきレースだった。
 イクイノックスが大外からどう乗るかだが、全然行かせず、後方から3番手、それも前の馬から3馬身後ろだった。あれは作戦かもしれない。4角までインを通って、直線で斜めに外へ出して、4角大外を回さず馬群の外へ。前にドウデュースがいるところへ持って行き、あまりに巧妙で、ルメールとしては考えに考えて、読みどおりだったとしか思えない。負けはしたが、ドウデュースと一緒に2頭だけ33秒台の脚を使っていて、馬体のバランスが最高で、ブラックタイド系のりっぱな後継種牡馬となるだろう。
 2番手追走のアスクビクターモアが弥生賞みたいに先行抜け出して粘るので、やや疲れて外へヨレて、ドウデュースもやや外へふくれ、イクイノックスは斜めに内へ、今でもややカマボコ型の馬場の斜面を降りながら差すのがいちばん勢いが付くが、ちょっと損した。
 そうでなくてもドウデュースが勝っていただろう。直線で外へムリなく出していて、狙いどおりという位置から伸びて、ダービーは何度も勝っているから、これでいいのだという乗り方。さすがにダービー男だ。ドウデュースは馬体から胴が短いから二四がどうかという評論家が多かったが、わたしには全然短く見えなかった。あまり騒がれるので、物差しで測ったが、全然胴長だ。名前は書かないが、何を考えて競馬をやっているのだろうかと驚いた。首差しの角度も、ドウデュースとプラダリアは中距離OKだ。ジオグリフの背中の短さや、ダノンベルーガの「軸馬指数」にも書いたトモ高のバランスの悪い体形のほうが氣になるけどなあ。
 ダノンベルーガで体形以外に不満なのは、川田が普通の重賞のように馬群の真ん中で直線に入ってきたが、出すときにインへ行くしかなく、何か物足りなかった。それと比べて、さすがに、武はゴール板前から逆算して最後のコーナーを回ってきているし、そこから逆算して最初のコーナーを回ってきている。さすがだと思った。
 アスクビクターモアはトモがもう少し厚みがあれば、勝ち負けになったかも。
 レーンは、ルメールやミルコや戸崎と比べて、日本の中央競馬が理解できていない感じがする。どこかで1馬身以上の“得”をしなきゃ。

5/28  16−27℃  晴  風なし
葵Sは中京千二、良、内中伸び。
 馬場が乾いたから、やはりハイペース。テンが33秒2で、差し競馬。外差しが決まると思ったが、アイルハヴアナザーは買いにくいので、ブレスレスリーから入ったが、ハナ差の3着。
 まあ、ワイドは9番人氣を連れてきたので高配当で満足。戸崎は東京の午後だけで6勝したが、戸崎は馬に恵まれてないからねえ。あれだけ乗れるのに、どうしたんだろう。

5/27  19−25℃  雨のち晴のち雷雨  南南東3
■忙しくて、コモディティ・インデックスファンドを忘れていた。昨秋から3倍になったのに。いくら、歳でババアのパチンコだといっても、年末か正月に、これくらいは空気を吸う程度の努力で、いっぱい仕込めたのに。

5/26  18−25℃  くもり  南南東4
■食べ過ぎると消化できないし、食べないと腹が減るし、適度がない。55kgまで減った。

5/25  17−26℃  晴  南2
■神宮外苑で草野球やっていたが、そこが商業ビルになるという。もう、渋谷が再開発だらけで商業ビルだらけになるのに、そんなに再開発して、誰が利用するのだろう。味気ない町になっていきそうだ。

5/24  17−25℃  晴  南2
■明治神宮の樹齢100年の樹を1000本切るって、どういうこと?

5/23  15−25℃  晴  北2
■今年のオークスは横一線だったけど、ダービーはメンバーが薄いなあ。

5/22  15−23℃  晴  北3
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favotrites & the Go」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(10−6−6−20)
 どうせ、難しいなら、オークスの軸はプレサージュリフトにするべきだった。それは悔いが残る。そうすれば見せ場はあったし、枠連はとれていた。まあ、そこまで言えば切りがないが、今年のG1は難しい。1番人氣と2枠が、天に嫌われている。
 6枠もVマイルは来たが嫌われている。8枠は、もう6回も出ている。バカラ式なら8枠は攻めるべきだったか。
 しかし、まじめな話、どう見てもスターズオンアースはスマートストライクが出てなく、馬体がスタミナ型に見えるんだよなあ。1週間ずっと氣になっていた。祖母のドイツ血脈と、ダイナカール≒Fioravanti 4×5が凄かったか? 社台らしいガーサントを使ったニアリー・クロスだ。血統は奥が深い。血統と馬体の関連性を、もうちょっと深めないといけないか。
 まあ、サークルオブライフが出遅れなかったら、この2頭の決着だったとも思うけど・・・。

オークスは東京二四、晴良、中伸び。
 放馬した馬が捕まらず、大幅な時間延長。そのせいか、放馬した馬の隣の1番人氣のサークルオブライフが、前に進むどころか上下動を繰り返して、完璧な大出遅れ。
 ニシノラブウインクが大逃げしたが、それでもスロー。パーソナルハイ以降の馬群は超スローだった。上がりの競馬になって、しんがりからの競馬になったサークルオブライフはお終い。どうせ、ああなるなら、ノリみたいにヤケクソにイン差しするしかなかったが、ミルコはそういうことができない。
 11.6-11.3-11.7-11.8 という上がりの競馬になって、真ん中より後ろの馬は関係ないレースになった。
 軸を迷ったプレサージュリフトは、枠を氣にしていた戸崎が巧妙に6番手を進んだが、直線で内へ入れすぎ。アートハウスよりも内でなく外へ行かないと勝てない感じ。馬もスタミナ不足の感じもあったが、超スローで、ナミュールやプレサージュリフトでもソコソコ走って掲示板に載った。
 勝ったスターズオンアースは春秋の東京の良馬場が好きなルメールが久しぶりに、ちょうど良いラインを通って、レーンを交わしたのは、日本のレースへの慣れの差もあるだろう。ルメールがスタミナがあると言っている点と、馬体がマイラーに見えなかったので、母がファピアノのクロスのコントレイルだって菊まで勝てるのだから、スマートストライクがあっても我慢できると見るべきだったか。馬体がマイラーに見えないんだよねえ。悩ましい話だけど。

5/21  18−20℃  くもり時々雨  南東1
■オークスの前日だというのに雨になっている。府中もやや重くらいになれば、オークスは楽しいのに。
■■平安Sは中京千九、くもり良。
 途中からスローになって上がりの競馬。テイオーケインズが59kgで楽勝した。G1勝つような馬は、G3だと59まではこなせないとおかしい。60以上はともかく、59はこなせないとおかしい。昔からそうだ。芝も同じ。
 メイショウハリオとの一騎打ちみたいなレースだったが、スローになった分、差しは届かなかった。

5/20  13−24℃  くもり時々晴  南1
■昨日一昨日と、体重を増やそうと山ほど食べたら、消化できずに腹が張ったまま。しかたないから、ビタミンとミネラルと乳酸菌とタウリンを飲んで、静かに原稿書いて過ごす。食糧危機がくると言うから、少食にしなきゃ。

5/19 13−26℃  晴  南南東3
■今日は雑用で時間なくなった。オークスの枠順見たが、2択かな。ここも難解だ。今年の牝馬は差がないしなあ。

5/18  12−25℃  晴  南南東2
■狭い山野を削って、山の峰にソーラー敷き詰めて、あれは台風でやられるだろう。凄い光景になっている。報道もされることはない。
■給与の半分くらいを、年金や健康保険や雇用保険で引かれて、消費税は上がっていく。そのうち、息が止まってしまう日がくるのか来ないのか?

5/17  13−17℃  くもり  風なし
■海への散骨が増えているという。そりゃそうだ。でも、汚い東京湾でなく瀬戸内海がいいよ。葬式も不要。戒名も不要。散骨だと墓参りに誰かがくる必要もない。
■「ガッテン」やめ。「紅白」やめ。「国会中継」やめ、だって。公共放送を謳い文句にするNHKは、TVないなら視てないけど、ちょっと舵取り間違えている氣がする。NHKとフジTVは退職増えているという。さも、ありなん。

5/16  13−16℃  くもり一時雨  北1
■食糧危機だとか、肥料危機だとか言って、今日も小麦が急騰しているが、新潟の農協関係の話を聞けたが、肥料は撒く人出がないし、暖かいから、肥料やらなくてもスクスク伸びるし、米離れが凄くて慌てることは何もないそう。輸入依存のパンやパスタやうどんは困るかもしれないが、コメは余っているくらいだから、食べる人が増えれば、ちょうど良いとのこと。
■野菜と果物にはビタミンB12が全然入ってない。だから、ベジタリアンは欠乏症になりやすいのは要注意。わたしは海苔の乾燥しているのを、振りかけて食べている。おにぎりに巻いているような奴だ。だから、足りている。完全栄養食品の煮干しでもいいんじゃないか。ベジタリアンが煮干し食べてもおかしくはない。

5/15  16−20℃  くもり  南東2
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favotrites & the Go」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と2着。今年の「軸馬指数」(9−6−6−19)
 今週も荒れまくって難しいレースばかりだった。先週は、40060円のワイドが獲れなくて泣いたが、Vマイルの今週は、勝春のローザノワールが18番人氣で、3着とハナ差に粘ったので、これが3着なら22000円ワイドが的中だった。ワイドにも意地があって、けっこう楽しい。軸馬が3着の馬券券内に来てくれれば、楽しみは十分ある。

Vマイルは東京マイル、くもり良、内中伸び。
 12.5-10.8-11.4-11.6 というラップで、1ハロン目はゆっくり出たが、それならわたしは譲らないぞと、勝春が押してハナへ。おかげで2ハロン目からはハイペースで、終いは 11.7-11.1-11.3-11.8 と、4コーナーからの2ハロンも速くて、凄いきついレースになった。この流れを好位から堂々と抜け出したソダシは、フットワークも良くて、凄い強さだった。直線が長いかと思ったが、阪神マイルの桜花賞も好時計で勝ったし、芝のマイルなら、どこの馬場でも一流だと証明することになった。
 ファインルージュは枠も6枠と最高で、絶好の位置で追走したが、この馬は4コーナー手前からの勝負どころの反応が、ほとんどのレースで(ほんのわずかに)悪い。この馬はオークスで折り合い欠いてクビ上げて負けた以外は、全部勝負になっているのだが、勝負どころの反応がイマイチの分、G1が勝てない氣がする。でも、2着に来てくれて、G1で◎を打ちたくて仕方なかっただけに嬉しかった。
 直線の坂を上がるときに、前のクリノプレミアムだったか、が外へヨレて前を遮り、邪魔になって躓いた。レース後のコメントでも、ルメールはそれを悔しがっていた。その後は、前の馬が、まだフラフラしているので、まっすぐ進むのを諦めて、内の開いたところへ入って馬群を縫って急ぎ追い上げたが、33秒4の脚で2着。あのトラブルがなければ、1馬身以上損しているから、ソダシの2着は、半馬身くらいの僅差だったと思う。
 でも、まあ、今年の春の良馬場の東京は、やっとルメールが来てくれた。
 レシステンシアは横山武史の好騎乗だ。土曜も緑風Sで好騎乗を見せて、これで彼も立ち直れるている氣がする。まあ、横山一家の血筋だから腐ったりはしないかもしれない。
 デアリングタクトはマイルの馬とは思えない。
 ソングラインは、やはり1週前に500kgで、当日は486だったが、何かなっとくできない仕上げだった。あと1週あったら良かったか。サウジあたりにいって、どうでもいいような距離を勝ったところで、こういうVマイルのような栄誉の高いレースを勝てないようでは、ムダな海外遠征をしている氣がして仕方ない。
 ここでソダシに負けたという事実は、どういう事情があろうと、永遠に消えないわけだ。わたしなら絶対にこういう海外遠征はしない。日本のG1のほうが、はるかに価値がある。

5/14  19−26℃  雨のち晴  北西2
スプリングCは、メイケイエールが勝ったが、行きたがっていた。あれでは、マイルはムリだ。今日はメンバーも手薄だったから勝ったが、メンバー強いと、千二でないとムリだろう。
■今日は、アルビージャもタピオカも連対して、3レースだけどパーフェクトだった。こういう日もないとねえ。

5/13  17−19℃  雨  北西2
■自閉スペクトラム症の子供が、カラスと仲良くなっていたというニュースがネットで流れていた。鳥もかなり利口だから、流山にいたときは、窓の外に餌を撒く時間も覚えているし、鳥によって食べる順番も決まっていた。カラスは特に飛び抜けて頭が良かった。

5/12  14−23℃  晴のち雨  南南東
■母の葬式が戒名料、読経料なども含め凄い金額。わたしは葬式出さないし、戒名いらないから火葬して散骨すれば10万ちょっとですむ。それでいこうかなと夢を見て起きた。位牌も作る必要もない。死んだら、最大の問題は、3次元に再生するか、5次元に行けるかだけだ。他のことは余分なことだけど。
■寺山修司のことを書いたブログを見たけど、彼が40歳頃に競馬場で何回か見た。あれからすぐ死ぬとは、ずいぶん早駆けしたものだなあ。

5/11  11−23℃  晴  東南東2
■@Oda_Rena
マクドで初めて「客は神様だろ!」って怒鳴ってる人見たんだけどその怒鳴られてる店員が即答で「他の神様の御迷惑になりますので」って言って一瞬で論破してて思わず笑ってしまった。
■3次元世界は飽きたかもな。

5/10  10−22℃  晴  北北東2
■最近は電子書籍ばかり読んでいるが、菊池寛の『大衆明治史』も、ところどころ読み進めているが、なかなかおもしろい。さすが、菊池寛だ。

5/9  13−15℃  くもり時々雨  北3
■小学校の3年頃から読書狂いになって、今でも毎日活字を読んでいる。馬渕睦夫氏の『道標(みちしるべ)』を読んでいて、芥川龍之介の日本文化への鋭い考察を読んで驚く。そんなに凄い人だったのか。

5/8  16−22℃  晴時々くもり  北北西4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と着外。今年の「軸馬指数」(8−5−6−19)
 今週は、やった特別もやらなかった特別も荒れまくって難しいレースばかりだった。的中率がグンと上がる新馬や未勝利で成績を稼げるとよいのだが、そういうレースはやらないから、こういう週は辛い。競馬場皆勤賞の頃は午前のレースで2つか3つとって軍資金を貯めるのが普通だった。
 NHKは火曜に9択だったが、恐ろしいようなレースで、とにかく軸を当てればワイド総流しは儲かると分かっていただけに、懸命にやったが、それでもやはり難しかった。外枠引いたらマテンロウオリオンでいいかなと思っていたが、最内枠を引いて、「軸馬指数」にも書いたが、スタートが下手だから減点。この枠順が出たときはガックリした。
 結果論だが、この馬からワイド総流しなら、40060円のワイドが獲れてウハウハだったが、その狙いは金曜の午前の枠順発表で潰れてしまった。
 ダノンスコーピオンは東京完敗がどうしてもNHKマイルだと氣になる。それで減点。
 押し出されるように、レーンのインダストリアが◎になったが、馬よりもレーンを信用できてないから、頼りなかった。結果はレーンは普通に乗ったが、馬が切れ負けした。
 今年のG1は一筋縄ではいかない。また、出直しだ。

NHKマイルは東京マイル、晴良。
 唯一の逃げ馬のジャングロは出遅れ。先行態勢の弱い馬が固まってのハナ争いが続いて、速めの平均ペース。先行勢に付いていったセリフォスは付いて行っただけ損。戸崎のトウシンマカオが一枚上手でハナ。まあまあ力があるから、4コーナーでも加速して直線へ。
 好スタートと出遅れが混じるマテンロウオリオンは今日は出が悪い日。最後方に下げて外へ。こうなると、昔の外伸び馬場での東京マイルのノリの真骨頂。
 ダノンスコーピオンはちょうど良い位置から抜け出しを見せ、セリフォスが早めに行って勢いがないのをずっと後ろで見ていたし、セリフォスはそういう馬だ。強い馬が周囲にいないまま直線へ。手加減して悠々と抜け出していたが、外からマテンロウオリオンが追い込んでくると本氣で追い出して勝ち切った。
 共同新聞杯で東京で見せ場がなかったので減点したが、あれは、よほど調子が悪かったようだ。レース後に、あの時とは状態が違ったとコメントされても・・。困った話だ。あの敗戦がなければ2番人氣で、NHKマイルに圧倒的に強い外枠を引いて、絶好の軸だったのだが。
 速いペースに巻き込まれてセリフォスが止まるくらいなのに、インダストリアは伸びがイマイチだった。今のところ千八がベストで、マイルは慣れないと忙しすぎる感じだった。
 来週は運が向くことを期待するしかない。

5/7  14−21℃  くもり  東南東1
京都新聞杯は中京二二、晴良。
秋山が 12.5-10.9-10.6 という3ハロン目が異常に速いハイペースでハナを死守したせいで、後方の岩田望来と酒井がじっくり構えて、4コーナーから追い込んでアスクワイルドモアが快勝。2分9秒台のレコードとは恐れ入った。
 レーンは好位に付いて行ったが、時計持ってないな。あれを追走したら潰れるだろう。岩田望来はインの後方から馬群を割って、最短距離で中に持ち出して快勝。みごとな騎乗だった。重賞を騎乗98レース目に勝ってから、吹っ切れたか。
 札幌2歳S2着だが、あのレースを勝ったのは皐月賞馬のジオグリフで、洋芝とか時計がかかるレースだけでなく、レコードで勝つとは、あのレースの価値がまた上がったか。

5/6  14−25℃  晴  南南東3
■わたしは墓地に反対です。70億人が自分のお墓を作ったら、世界の土地は、お墓だらけになります。一度お墓になった土地は、どの宗教であろうと、再利用できません。文京区のマンションに住んでいた頃に、そこから眺めると、もう、そこらじゅう、全部、お寺か墓地なんですね。外壁塗装やっていた中国人が言ってました。こんなことしていたら東京は墓地になってしまう。中国では山の中にしか作らないと。上海のそばの抗州の人たちだったと思います。まさに、至言。

5/5  13−26℃  晴  南3
■今日は夏みたいに晴れて、でも、ゴミ当番だ。プラゴミの日だが、掃除に行ったらゴミが残っている。おそらく、収集終わってから出したのだろう、イヤミなこった。
 帰りに庭を見たら、まだ小さな草が若葉を出している。一戸建ての借家は世田谷で8年、新松戸で7年、流山で4年借りていたが、毎年2回くらい除草剤撒くと、2年で生えなくなったが、まだダメだ。来たとき1年半も(脱腸だったから)草むしりもせず、ヒマワリ畑みたいに豪快に草ボウボウにしていたのが響いているのだろう。
 この町はGWでも出かけない人が多い。来たとき、東京まで行ってくるとか言うと、驚く人が多かった。べつに、駅まで行けば、あらゆる文化が揃っている東京まで40分だけど(笑)。
 そういえば、裁判の校正しているときは、正月もGWもお盆も、年中休みなく校正ゲラが出て、締め切りは1週間後だった。競馬も毎週あるから、泊まりがけで出かけたのは、36年で1回しかない。毎週、朝から仕事ばっかり。だから、午後少し経つと、公園巡りや、鉱物ショップ通いや、碁会所通いをしていた。
 まあ、若い頃、あちこち通って故郷に帰っていたから、今さら観光氣分もない。映画やジャス喫茶に通い続けてきたし、出張校正でいろいろな出版社に通ったから、繁華街に出なくても、心が錆びるほどのこともない。皆勤賞だった競馬場も行かなくなったし、もうええやろ。

5/4  9−25℃  晴  南南東2
円暴落は止まるのか止まらないのか
 そもそも、通貨は強いほうが良いに決まっている。プラザ合意後の急激な円高などのとき以外では。

5/3  8−20℃  晴  北西1
■NHKマイルの「軸馬指数」をやった。休みもクソもないな。なんと、◎は9択だ。こんなG1は初めてだ。おまけに、この9頭で馬券買っても、獲れるとは限らない。

5/2  10−17℃  晴のち雷雨のちくもり  南2
■4/21の副鼻腔ハミングは、感染力と書いたのは書き間違いで、感染力→感染抵抗力に直しました。副鼻腔を振動させると、一酸化窒素ができて、それに殺菌力や抗ウイルス力があるらしいです。
マスク強要の罪
■電力自由化のエース「あしたでんき」は東電の子会社かと思っていたら違っていた。契約していた5年ほど、すっと子会社だと思っていた。自由化の数社がどんどん撤退・廃業して、電氣難民になっていく。まだ、増えるだろう。わたしは廃業通知メールが来て、すぐ故郷の四国電力の自由化子会社に、住んでいた縁で懐かしいからと言って、申し込んだら。そうですか、うちもも値上げや廃業が凄いかもしれないから、東電にしたほうがいいですよと親切に教えてくれ、すぐ東電に電話して手続き終わった。それ以来、聞きたいことがあって何度電話しても東電は電話が込んでいるというアナウンスだけで、電話が通じない。やれやれ、電話の時間のムダから助かったか。
 ということで助かったから、NHKマイルの難解さに挑もうと思ったら、今日はPCの調子が悪く、Win7の32bit でやったりしていたが、Win10も修理していったら、なんと、起動もしなくなったから、裏技起動して、セーフモードで立ち上げたり、BIOS 書き直したり、復元操作したり、セーフモード起動したりしているうちに、不思議に使えるようになった。やれやれ。3時間も浪費した。パソコンはもう9年も2台の中古を使って、2台で5万円という安さ。
 凄い中古サイトを見つけたりするのは得意技だから、安くすむのだけど、何しろ中古だから、最初に買った人から見ると、もう12年くらい経っている機種なので不具合が多い(笑)。あっちがダメ、こっちがダメ、それでも16台目のマシンだから、中古でサポートもないけどネット検索で直し方を見つけては、直す。もう満身創痍だ。でも、ホームワークとか言って、今のPCは値段が目玉が飛び出るほど値上がりしていて、あんな価格で新品買うのは癪に障る。私は中古でも、CPUだけは実測値が速いのを選んでいるから、まだ使える。もう少しインフレが収まるまでは我慢しよう。世の中、めちゃくちゃだけど、わたしみたいに人類絶滅願望がある人間には、ちょうど良い時代だ。
 株は今日も小動きで、もうやる人も居ない。私もポートフォリオ最小で、葬儀屋の株と食糧危機の銘柄が下げないので、楽しみにしている。一部の政治家が言うように、人口が過激に減るとなると、絶滅の日も近くなるかも。太陽フレアも活発だ。もう、地球の3次元は飽きた。

5/1  11−14℃  くもりのち一時雨  北西2
口呼吸の方法
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着。今年の「軸馬指数」(8−5−6−17)
 今年のG1は一筋縄に行かないが、我慢に我慢して2勝目。こういう年は、取れるときは我慢。攻められるときは攻める。それしかない。それがどこまで、できるか。
 青葉賞のレヴァンジルは、追切りの判断だったか。難しいな、今年の仕上げは。名調教師たちに文句言うわけにもいかないが、どうにも今年は仕上げがややこしいと思うよ。

天皇賞春は阪神2マイル、晴やや重。
 ずっと小雨が降っていて、レース前に晴れてきたから乾くわけではない。
 スタートでシルヴァーソニックが落馬。隣のタイトルホルダーは一気にハナへ。この馬は、菊も日経も中盤でペースを落とすが、今回も落として、3コーナーからスパート。いつものパターンだった。
 クレッシェンドラヴのベテラン内田が牽制しに行ったが、そこまで。それ以上の力はない。それに、落馬した空馬が絡んできて、好位勢は乗りにくそうだった。中盤は、空馬が壁になって、タイトルホルダーはペースを落として楽をした。
 3コーナーで逃げ馬がスパートして同時にディープボンドも仕掛けたが、その瞬間にテーオーロイヤルの菱田が外に膨れて、ディープボンドの和田は泣いた。まあ、それがなくても勝てなかったと思うが、もう少し見せ場はあったと思う。
 他の人氣馬は、ちょっと後ろすぎて、逃げ馬がペースを落として中だるみになるのに見せ場を作れなかった。外回りから内回りに行って、少しずつ忙しくなるのだから、ちょっと縦長すぎた。
 横山一家は、これで3代で4人目の天皇賞制覇。おめでとう。1代目がいちばん好きだったが、まあ、皆好きなほうかな。私と相性の良い一家だ。横山和は先行馬以外はあまり買わないが、タイトルホルダーはそうとう上手に乗っているなあ。おめでとう。

4/30  7−18℃  晴  東北東2
青葉賞は東京二四、良。
 馬場は、晴れて乾いてきて良になった。
 先行馬はいるが逃げ馬がいないレースで、まあ、スローが普通。
 川田のロードレゼルが好スタートで出て、行く馬がいないので、抑えて困っていたが、外から戸崎が強引に行って戸崎だけハイペース。他は中だるみの平均ペース。こうなると、好位差しが利くのだが、中距離が鬼の池添のプラダリアが、内枠から好位にいて直線外へ出して、キレイに伸びて差し切った。ロードレゼルが残って2着。
 レーンのレヴァンジルはスタートしても、少しだけだが行く感じを見せるし、ハナに押し出される心配が無くなっても、ドッシリしてなかったので、直線に入って伸びようとしたら、プラダリアがすぐ来て、並ぶとヨレたりして抵抗は全くなかった。
 最終追切りで身体が汗で真っ白になっていたが、気性が難しくて子供だなあ。秋までに、どう気性が成長するかだろう。

 横山武史は少しはG1連敗の悪影響が心理的に利いているような気がする。馬の体調不完全や枠が、ほとんどの敗因だったのに、かわいそうだ。
 桜花賞は、スローで内の馬が残りそうだったから、途中で動いたのが裏目で、直線で止まって後ろの馬にも交わされたが、ああいうときは、マイラーズCのソウルラッシュみたいに、出が悪く後ろからとかになったら、居直って後方でじっとして、末脚に賭けて2着狙いのつもりで乗るのがいちばん結果は良い。浜中のソウルラッシュは、後方で居直って突き抜けて勝ったが、横山武史は、もう我慢できない感じで、動いて止まった。動けば、とくにG1のメンバーだと止まる。ちょっと、春は、心理的な壁ができたかな?

4/29  11−15℃  くもりのち雨  北北東1
■石集めは、20年間、たいへんだった。糸魚川の青翡翠を最後にして、もう集める氣が失せた。母が亡くなったせいだろう。私も死ぬことを思うと、石好きの子供を持ってないと、集めてもゴミになるのは石にかわいそうだ。
 どなたか、100個単位で、私の石をまとめてもらっていただけないでしょうか。
 時々眺めていたい10個くらい残して、全部、無料で差し上げます。メールください。先着順です。50歳以下で、ノー・〇クチソの方がいいです。子供さんが石が好きならなお良いですが、誰からも申し出がなければ、そこは問いません。

4/28  15−19℃  晴  東南東3
■電力自由化で、東電の子会社の「あしたでんき」で電気を使っていたが、めちゃ安くて助かった。1月頃から新規加入受付停止と書いていたから、損が出たかと思っていたが、今日の朝のメール・チェックで「廃業」とのこと。いやあ、参った。
 故郷の四国電力の自由化子会社にしようと思って電話したら、自由化の企業群は価格抑制力がないから、電力の売買市場で力が発揮できないから、資源価格が下がるまでは値上げ圧力がかかるので、やめたほうが良いですよと親切に言うので、原油安になるまでは東電に戻ることにした。朝は電話が空いていて早い者勝ちで助かった。午後は質問あって、また東電に電話したら繋がらなかった。
 同期が四電の原発に居たんだよと言ったら、いろいろ教えてくれた。小学校の近くに発電所があって、四電の寮の子がエリートの子だから、ハイカラな女の子が混じったおもしろい田舎町で育ったのだ。あの頃が懐かしいなあ。

4/27  19−27℃  雨のちくもり一時晴  北北西3
■今日は川越駅周辺に用事があって出かけたが、欧米とは違うんだな。マスクしてない人は1人しか出合わなかった。先週も長身の美女・1人だけだった。わたしは、人混みではシェディング対策用にマスクして、人が居ないところでは外す。

4/25  12−27℃  晴  南南東3
@Core_Pride_Uw
無農薬野菜は虫食いで
形が不揃いのが当たり前と思ってた。
けど、勉強家な農家さんと話したり
実際に農業に携わり肥料を学び始めて
違うのに氣づいた。笑
土の栄養を使い切ると肥料が必要。
適切な時期に適切な量の肥料を使う。
窒素が多いと虫が湧く。
Caが少ないと細胞壁が弱く野菜が脆くなる。

4/24  17−19℃  くもり一時雨  北北東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(8−4−6−16)
 あいかわらず重賞は難解。6番人氣のソウルラッシュは狙いどおり。フローラSは単純に考えて、パーソナルハイかと思ったが、少し足りない。でも騎手の好騎乗できてしまった。土日でワイド主力でも儲けは簡単だったから、まあ、いいか。

フローラSは東京二千、良。
 少し雨が降って、良馬場発表だが、馬場は渋った感じにはなっていた。
 行く馬がいなくて、吉田豊のパーソナルハイと、ミルコのシンシアウィッシュが、スローでハナへ。一時は競りになりかけて、吉田豊は意地があるから、ミルコが控えて、パーソナルハイの単騎逃げに変わって、ペースダウンさせて中だるみのペース。
 好位に付けた福永先生のルージュスティリアは、向正面でペースが落ちると好位で折り合いを欠いていた。もう少し、居直って行かせるしかなかったが、結果論だろう。距離の守備範囲は広そうだが、中距離はベストではなさそうな感じだ。
 ルメールのラスールは、中団から外差しになって型どおり乗ったが、距離が怪しいと書いたが、やはり二千以上は威張れないタイプだ。止まった。ヘイローのクロスは怖くて好きになれない。
 戸崎のルージュエヴァイユは、ゆっくり出て、1枠がアダでインの後方と最悪の位置。直線は内が混雑していたので、馬群を割って斜めに外へ出そうとしたが、前がすんなり開かず時間がかかって、最後は伸びて上がり最速の脚を記録したが届かず。二千ならラスールよりは上というレースは見せた。
 けっきょく、好位からイン差ししてきたエリカヴィータが、逃げた同じ2枠のパーソナルハイを差して、シンシアウィッシュも3着に残り、11.6-11.4-11.8 のレース上がりで、東京二千の内枠有利が、そのまま出てしまった、権利を取った馬たちの騎手は上手に乗ったわけだが、味のないレースだった。

マイラーズCは阪神マイル、やや重。
 天氣予報が怪しかったが、少し降って、少し湿る馬場という予想は的中した。
 レースのほうは、ベステンダンクが元気よく逃げて、馬場状態を考えれば、マイル重賞らしいハイペース。
 とはいっても、行く馬は少なく、好位のホウオウアマゾンやファルコニアが粘る中、スタートでヘンな感じで出て、好位差しが板に付いているのに今日は位置どりが後方になってしまった浜中のソウルラッシュが、直線で外へ出したら渋った馬場が向いているせいもあって、グイグイ伸びて3連勝したとおりの快勝を、重賞でも続けることになった。
 エアロロノア、エアファンディタは渋った馬場でフォームが悪く、伸び脚がなかった。

4/23  15−27℃  晴  東南東2
■日曜競馬の「ホースレター」のタイトルが、フローラSでなく皐月賞になっていました。申し訳ないです。夜中、起きてマイラーズCを、暴落しているNYダウを見ながら3時間考えていて、直すのを忘れました。

4/22  13−27℃  雨のち晴  南南東1
■今日は夜糞出て、朝起きたら仕事したり、ああだこうだで1日終わる。メシ食って寝るのか。もう、人生も長くなると、毎日やること同じで飽きます。

4/21  10−20℃  くもり  南南東1
■鼻呼吸でハミングすれば一酸化窒素が出て、感染抵抗力が増すらしい。といっても、ときどきハミングするのも忘れてしまう。ハミングなんか、普段やってないもん。

4/20  9−14℃  くもり  北北西1
■G1は今年は、せっかく1番人氣の死角を見つけても、正しい軸を外す。とうとう皐月は、簡単な外伸びという、そのことだけで決まってしまった。レースというのは、1万種類以上やっていると、たいていのパターンは何度か出尽くすわけだけど、それが認識として残らないのは、新しく久しぶりに出くわすパターンに、頭が付いていかないということか。とすると、知り尽くし、やり尽くすしかないか。まだ、「軸馬指数」と「枠目論」の融合までに至らない。

4/19  9−20℃  晴  南西2
@manomano_farm
最近知ったのですが「動物の数え方は死んだ後に何が残るかで決まる」って話がすごい。牛豚は「一頭」、鳥は「一羽」、魚は「一尾」つまり食べられない部位、残る部位で呼ぶらしい。そして人間は死んでから「名前」が残るから「一名」なんだって。これみんな知ってた?目から鱗だったのでシェアします

4/18  11−16℃  くもりのち雨  北北西1
■横山武史は、馬のデキでG1連敗してきて、とうとう出遅れとは。運が落ちると近寄らないほうがよいのか?
■校正の仲間が毎月1人亡くなっていく。校正の仕事はしないほうがよい。けっしてお勧めできない。納期は厳しいし、見落としは許されないし(とくに、わたしのやった裁判とかレースとか)、目が悪くなるし、徹底的に疲れる。平均寿命が10年は軽く違う氣がする。

■ジオグリフの馬体はムダ肉がないと言って褒めないといけないのか?

4/17  7−17℃  くもり  南3
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は1着と着外。今年の「軸馬指数」(7−4−6−15)
 今週は笠家の終わりを考えて、集中できなかったかも。もう、地球は飽きた。

G1皐月賞は中山二千、乾いて良。
 朝はやや重で始まって、良に乾いてきたが、連続2開催の最終日らしく、内が乾いてこない。そのへんは甘く考えてしまった。
 でも、そうすると◎はドウデュースになるのだが、ドウデュースは武が後方から行きすぎて、届くような競馬ではなかった。
 キラーアビリティは出遅れがすべて。この馬場でインから立ち回りの巧さを買って評価したのに、出遅れたら、インの後方という最悪の位置。これではいけないと、武史がスタンド前で少し押して位置を上げていったが、それをやるといけない馬。どうせなら後方から外回してドウデュースみたいな競馬に賭けるしかない。
 この馬は濃いだろうが後方だろうが、急かせると引っ掛かってしまうから、動かすとダメなのだ。武史も1番人氣でG1を連敗してきたから、原因は馬の仕上げのせいだが、負けてきたという心理的なプレッシャーで勝負勘が落ちてしまったか。向正面に入っても馬が行きたがって、その時点で終わっていた。
 イクイノックスは外枠好きのルメールが悠々と好位の競馬。でも、福永のジオグリフが、ルメールを見ながらの競馬で、3コーナーの勝負どころからピッタリ・マークに入って、ゴール前でグイと出て測ったように差し切った。
 こうなると、円熟味を増してきた福永、春のルメールが、追込み好きの武や、連敗の焦りでスタートまでしくじった武史よりも上手に競馬して、パドックは抜けて良くも見えないのに、荒れ馬場になったせいか、外差しで、ツナギも立っている2頭の競馬になってしまった。
 そのわりに上がり 114-115 で、全体時計1分59秒8では、他馬では手も足も出ない。

4/16  8−19℃  晴  北北西3
■「軸馬指数」とか、わたしのやろうとしている予想は、血統だけではなく、競馬の全てのファクターを扱おうとしている。競馬サイトだと、どれか1つのファクターだけで、わたしはプロとして扱われる権利があるから、18人分のプロの仕事をしているとも言える。月曜に週刊誌をダウンロードしてから、月火水とレースのデータを計算していって、木曜に最終追切りと最終メンバーを見て展開を決め、夕方から主力馬の血統を書き始める。金土は予想原稿を書いたり消したりして送信して一日終わる。そして、日曜はレース後も数十年分の成績整理や、レースデータの整理、他の評論家の予想成績まで計算して、レース回顧を書く。タイミング合えば、レース後の騎手談話もインターネット・ラジオ「radiko」で聴く。
 日曜夕方だけで最低2時間はかかるのです。ぜひ、メインレースの「レース回顧」は読んでください。数年前から、1つ1つのメインレースに命削って書いてます。未だに、発見することや、計算方法の閃きなどあって、努力は尽きることはないのです。尽きることはまずないな。
 血統論だけで、20世紀で総合的な配合論は世界で、知っているかぎり、わたしだけですから。ケン・マクリーンなど、書いたことに中身があまりないですから。おまけに分子生物学の成果だとか故意に見え見えのウソを書いて、シロウトを引っ掛け得ようという策略までした。ほんと、呆れますよ。
 アーリントンCは、阪神マイル、良。
 投数多いから1番人氣からでもワイドの総流しすれば、人氣薄を連れてくると思ったら、なんとも実力や実績のある馬ばかり掲示板に載って、狙いは果たせなかった。あんなものなんだけど、すべてのレースが、ああなれば簡単なのだが。
 中山の下総Sのカフェスペランツァは7番人氣で、しめしめと喜んで買ったけど4着。4着というのがいちばん悔しい着順でガッカリするねえ。1週間の努力が、3着と4着では、全然違うよね。死んで再生するたびに、こんなこと繰り返して、もうね、地球は飽きたから、次から、地球やめようかな・・・。どうしよう。
 好きなスモーキー・クォーツが欠けていて、価値がほとんどないけど、スモーキーの色と透明度が、私が人生で見たスモーキー5000個くらいで、いちばん綺麗。誰も見向きもしない欠けた安いこれを買って持っているんだけど、このすばらしい色を眺めながら、私の生き甲斐は4着なのか、と、しみじみ考えてしまった。
 さあ、サツマイモでも食べようか。

4/15  9−11℃  雨・くもり  北2
■コロナ〇クチソの治験が、2013年1月までと聞いていたが、2014年2月に伸びたそうな。なぜだろうと考えたが、わからない。皐月賞を考えないといけないので時間切れ。肺の常在細菌と、腸内細菌は連絡を取り合っているという。そういう信号説は昔から論文にあって、だから、肺の常在菌を増やしたかったら、腸内のビフィズス菌など、多種類の菌を増やせば良いということになるらしい。

4/14  13−14℃  くもり  東南東1
■高校時代の友達の息子が熱発して検査して、コロナで入院(まあ、普通の風邪かオミクロンかわからないが・・)。かねてより言っておいた治療法で、隠れて飲んだら著効。3日で退院してきた。やはり、私が言ってきたことは、この場合は今のところ、正しかった。

4/13  13−27℃  晴  南南東1
■今度は、昨日か、11日、インドネシアの反政府デモ だって。世界中、凄いね。日本だけ平穏だわ(寝てる? w)。

4/12  13−26℃  晴  西1
■今日は東レの検査不正が発覚。35年前のバブル開始以前から組織的にやっていたとさ。最近も、三菱電機、日立金属、日野自動車・・・。大企業は片っ端からだ。嘘だらけ。笠の家も同じ。
 わたしの感覚では、日本がいちばん正直で淡々とやって、国民も淡々と生きていたのは、70年安保の熱が冷めた1973年頃から1985年のプラザ合意までの、10年ちょっとだ。あの頃は、貧乏だったけど、こすい奴や、ひきこもりも居ないし、正直者ばかりで、関東平野の郊外の町々も、皆、人出と活気に溢れ、個性もあったし、ほんとうによかった。
■嘘つきは泥棒の始まりと言うが、例がないほど高い倫理を誇った日本人も、もう、最近は嘘だらけ。TVの娯楽番組とスマホのゲームばかりのせいでは? そろそろ、地球も清算してもいいんじゃないの? 50年後は、どうなっているんだろうね?

4/11  11−25℃  晴  南東2
■相場は冴えない。まあ、半導体の原料まで輸入できなくなったら、日本は物作りもできないからなあ。私の持っている株は、昨秋から景気悪化の読みでポートフォリオ組んでいるから、今年になってからも、トータルでは、毎日あまり動かない。いざとなれば、北海道は中ロに、沖縄は中国にあげればよい、なんて書くと怒る人がいるんだろうなあ。こういうのは手遅れになったら、もう、どうしようもないんだけど。

4/10  11−27℃  晴  南南西
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(6−4−6−14)
 週刊誌を買って、NZTをやったら、的中できるなと思ったが、NZTはG3にしようかという話もあるほどで、だから、そこまでしてやると恥ずかしい。アカイトリノムスメは◎にする氣がなかったが、取り消してワイドの配当が減ってしまった。
 桜花賞以外の5レースは全部券内に来たのに、これだけは、どうしようもなかった。
 逃げ馬不在で、武英智のダートの逃げ馬を出してきたから、エイヤッと武豊の2番手抜け出しを狙う手もあったが・・。ちょっと展開やアヤや枠順で、15点あげても指数が足りない。ある程度、流れると思って、外枠の追込みは減点しなかったが、武一族の智慧まで相手にしないといけないから、競馬は難しいなあ。
 パドックでナミュールを見ると、426kgと4キロ減。もう腹が巻き上がってギリギリだった。完調でないことはたしかだ。パドック見て、たぶんダメだと思ったが、まあ、今年のG1は毎週難しいなあ。1番人氣のレシステンシアやエフフォーリアをけなして、話の筋の真ん中へんまでは読めているのだが・・・。皐月賞も難しそうだし人生はなかなかたいへんだわ。

G1桜花賞は阪神マイル、良。
 武英智のダート千四の逃げ馬を出してきたのは、武一族のタメだろうと思ったが、まあ、そうも書けないが、やはり逃げて途中でペースを落として、千通過が58秒8と3歳マイルのG1としては、のんびりしたペース。
 そこに武幸四郎厩舎のウォーターナビレラが“桜花賞の武豊”で出てくるから、怖いなと思って、「軸馬指数」にはヤケクソで乗ったら怖いと書いたが、要するに書き足りなかったが、人氣の追い込み馬が揃って外枠を引いたので、3枠から好位抜け出しで勝負してしまえば、それだけで競馬の鉄則に入ってしまう。
 案の定、途中からスローになって馬群はダンゴ。こうなったら、デビューしてから20年、桜花賞と言えば武を勝っていれば良いとまで言われたユタカだから、嵌まってしまえば決まってしまう。前走は休み明けで8kg増で、今回は14kg減。パドックで、アルーリングウェイ、ベルクレスタと並んで、いちばん輝いていた。
 直線に入って、もう嵌まったと思って、凄いレースになったなと思ったが、武の後ろは、2枠の藤岡佑のアルーリングウェイ(8着)と、その後ろが川田のスターズオンアース。吉田豊(6着)もそのへんにいて、まあ、この連中は武豊マークを狙ったなと後で思ったが。
 ペースが緩んだときに、3コーナーでナミュールは1番人氣だから、まずいと思ったか動き始めた。隣のミルコのサークルオブライフは、それを見て手綱を引っ張って抑えた。最後のこの2頭の差は、その分の差でしかない。
 サークルオブライフは我慢させて追い込みに賭けただけに、33秒3の脚で迫ったが、ペースは緩いし、大外を回すしで、差せなかった。
 展開がすべてだった。人氣が外枠の追込みだから、内枠から先行して抜け出して、あとは Flower Bowl の〈4分の3同血クロス〉で、11.1-11.5-11.5 の上がりのレースを粘ってやれという武一族の作戦は正解だった。これで勝っていたら、歴史に遺るレースだっただろう。
 スターズオンアースもクイーンCで粘りに粘ったから、ミスタープロスペクター4×3で好位差しなら、力はある馬なんだな。まあ、クイーンCで負けたから、狙う氣はあまりなかったが。

4/9  8−24℃  晴  南南西2
ニュージーランドTは中山マイル、良。
 ジャングロは逃げ切るかどうかの一発勝負だから、豊が乗ってあれでよいのだが、マテンロウオリオンは、やはり1枠がアダで、下げて外に出す手間の分、位置どりが下がってしまい、最後は抜けた脚を使ったが逃げ切られた。
 エンペザーは読みどおり、外から楽な流れになって、一時は逃げ逃げもあったが、少し力不足だった。
阪神牝馬Sは阪神マイル、良。
 パドックはアンドヴァラナウト、デゼル、メイショウミモザが良く見えた。アカイトリノムスメはチャカチャカうるさくて、外傷で取消になった。マジックキャッスルは元氣が全然なく氣合不足の5着。ジェラルディーナはケツから行ったが、あれで全部差し切れるほど強くないから、パドックでも、まだ力不足に見えた。
 ゆっくりスタートして、次第に速い平均ペースになる競馬。
 内枠は皆、好スタートで好位に付けられたが、福永のアンドヴァラナウトは付いていったが、デゼルは下げた。走っているうちに、少しずつ位置どりが下がるというのは、ラップにもよるが、リーディング・ジョッキーになりたい人のやる競馬ではない。これを説得するには1000字か2000字必要だから、少し誤解されるだろうが、とにかく末脚勝負にしようというのは、よほどの決断が必要だ。前のレースをプログノーシスで後方一氣を鮮やかに決めたから、もう一丁と思ったのだろうが、こちらのレースはプログノーシスと違って、力差は微少だからなあ。
 だから、そういう乗り方は、見ていてゾッとする。
 福永も褒めなかったが、藤田伸二に叩かれてからガラッと良くなって、今は褒める。川田の今は、いつも褒めないのは、そういうことが大きい。
 べつに恨みがあるわけではないから、変心すれば褒めたい。

4/8  10−21℃  晴  北2
(「軸馬指数」の訂正)

 デゼルの母は、Hail to Reason の母の父と は薄い〈全きょうだいクロス〉を2重に持つ。 ということで、ダンスールファビュルー≒Ajdal 3×4の〈4分の3同血クロス〉ということ になっている。

4/7  11−16℃  くもり  南東3
■明るい性格だった藤子不二雄Aさんが88歳で亡くなった。若い頃、「トキワ荘」で漫画書いていた人たちは、たいてい60代でなくなったみたいだ。徹夜仕事や根を詰めた仕事は寿命を縮める。
 わたしの仕事仲間も、最近は月に1人ずつ亡くなっていく。暗めな職場で、小さめな時の校正とか、酒飲みながら朝方まで仕事とか、そういう連中は同じ団塊の世代でも、ほとんど逝った。10人衆といわれて、あと3人だよ。

4/6  11−21℃  晴  南南東3
■今日も散髪に行く日は晴れ。いつも、バス降りると止むし、家に入るとザーッと降り始める。最近は30分かけて駅前まで歩くのだけど、晴れる。
 人出がなく誰も歩かないド田舎だから、マスクしないで出かけるが、氣に入らない人が多いみたい。駅前の交差点で、マスク無しのさっそうとした背の高い美人がいてホッとする。これでマスクしてない人と擦れ違うのは1年半ぶりだ。WHOも、とうとう2月末に、マスクしても感染予防効果はないと言って、アメリカなど、さっそくマスクを外し始めた。こういうこと言っても、理解できる人が居ないのが寂しい話だ。スマホ流行ってから、特に、皆、何も考えなくなってきている氣がする。
 エクソソーム? ADE? そんなこと誰も知らないよ。

4/5  8−18℃  晴  北2
■とうとう寝床で、うつらうつらしながら、大阪杯の3頭の「軸馬指数」を算出していった。眠りに落ちる頃には、レイパパレが、わずかに最高点だった。

4/4  6−10℃  雨  北北西4
■高松宮で大好きなレシステンシアを1番人氣でも、フォトパドックで嫌い、大阪杯で大好きなエフフォーリアを1番人氣でも、フォトパドックで嫌い、それであたらない。
 夜間に少しだけ降るという予報だったから、レイパパレだったか。たしかに、馬体で5点あげなかったのはミスだ。そうしておけば、プラスで5点あげて、いろいろ加点できて、人氣2頭は減点すれば足りないことはないけどねえ。重賞未勝利でも要注意なのだから、そこまでやらないといけない年か。

4/3  6−9℃  くもり時々雨  北北西2
◆そうなのか。ジャックドールは右トモ落鉄だって。悔しいなあ。

■「メルマガ」「通算予想成績」「エッセイ」「血統論」「ブログ」2つを更新しました。
◆「軸馬指数」は3着と着外。今年の「軸馬指数」(6−4−5−13)
 ダービー卿は頭使いまくって4択は成功。大阪杯は最初から2択だと思ったのが油断か。高松宮も最初から3択だと思ったのがヘソか。今年は強い馬がいないから、もっと手を拡げないとダメかもしれない。たいへんだわ。

大阪杯は阪神二千、くもり良。
 パドックはジャックドールとポタジェが抜けて良く見えた。
 レース1時間前に、ラジオで騎手のインタビューを流していたが、横山武は「エフフォーリアは八分のデキにはきた」と言っていた。普通は、G1だと九分というものだが、八分は、ダメだということ。やはり、何かあったと思う。秋華賞のアーモンドアイのフォトパドックも怪しいと書いて、ずっと◎だったアーモンドアイをけなして、◎を打たなかったら、レース後に、点滴を打っていたと告白された。あれくらいなら、わたしにも見抜ける。このエフフォーリアも、ずっと◎だったから、わたしがけなすということは、よほど悪いのだ。絶対に良くない。今はTV捨てたから細江純子さんも聴けないから、ラジオの京増真臣さんしか参考にする氣ないが、パドック解説の誰も褒めない。きょうそうさんは、最良の押しはポタジェだった。やはりなあ。今日のポタジェは良かった。
 スタートは横一線。ウインマリリンが二の脚が速く、1コーナーまでに速い流れになった。ウインマリリンは抑えたが、ジャックドールとアフリカンゴールドが行って、123-103-120 というややこしいラップ。
 「軸馬指数」に書いたが、わたしなら、こうなったら控えて3角先頭を狙う。2ハロンめの10秒3はないよ。先週の高松宮のレシステンシアが、121-103 で、これで1番人氣がハナというのも速すぎると思った。昨年のアイビスサマーダッシュのライオンボスが、117-102 で2番手だったくらいだ。金鯱賞のジャックドールは、125-110 だ。今回のほうが、0.9 秒速い。5馬身くらいだ。千メートル通過が58秒台と聞いてダメだと思った。2番手から勝ったことがあるのだから、東京戦か前走で2番手から試すべきだったと思う。
 レイパパレはスッと前に行けたが、後ろから強引にアフリカンゴールドが来たら譲った。国分恭介など何するか分からないから、相手にしないほうがよい。
 そういうわけで、絶好調のポタジェが勝った。パドックが良かった。吉田隼人も長距離では、けなしたが、やはりマイルから二五までの騎手だ。そのへんの距離は一流だ。
 ポタジェはスイッと好位に付けたが、エフフォーリアはゲート出て最初から手が動いていた。八分のデキでぶっつけとはねえ。

4/2  2−12℃  晴  南南東2
ダービー卿CTは、大乱戦で、4択の中で枠の巧拙が2頭にあったので、なんとかダーリントンホールを◎にしたが、なんと内枠の馬が、下げて外回して差し切ってしまった。そういうことは騎手のとっさの閃きなので、到底読めない。フォルコメンは自在だから△にはしたが。じんせい、たいへんだわ。
■今日は頑張ったのに。コーラルSは、2番人氣の川田のボンディマンシュが大楽勝気味に直線に入ったが、ペースは速いのに意外と逃げ先行馬がバテず、前も斜め前も、まったく開かず、持ったままで直線をずっと走ってきて、その間に、外から16番人氣のメイショウアリソンなどが、トロい脚で伸びてきて、負け。穴ワイドを取り逃して悔しい。

4/1  4−11℃  晴  北北西5
■石集めをやめたら、観葉植物がほしくなった。花粉症とかの人は、細菌と十分に共生してないから、部屋に観葉植物や土をたっぷりおくと良いらしい。そういう科学があったか。




-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←