homeに帰る←






   日  記            レース 回 顧




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「ペシャワール会」を支援しています。 

けっきょく、最初に戻りました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠雄二郎の「血統批評」と全馬の「AI軸馬指数」】。
(2023/6 までの旧タイトルは【笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」】)

 ◎まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」で上位入賞

    入賞 


    入賞 


    入賞 

   読者(リピート率平均99%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月に週末競馬は4週か5週ですから、8レースか10レースで、月500円(税抜き)ぽっきりです。


ご購読は
こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「AI軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

----------------------

※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)


AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












4/13  10−22℃  晴  東北東2
■今日の馬券は、下総Sはワイドで、◎の2択だったストライクを入れて3頭のボックスにしたら、3頭で3着まで占めて、ワイド3点全勝。アーリントンCは総流しで、15番人氣のノリが来てくれて楽に7000円のワイドが取れた。言うことなし。ワイドだけで回収率が300%を軽く超えるのだから信じられない人には信じられないだろう。
 アメリカの高金利も円安になって良いし、ビットコインを半減期が近付いたから少し買ったら下がっているのが読みが外れたが。半導体もダメで米国株が下がったのも読みどおり。半導体は中国だって必死で、市場は拡大しても競争が激しいから。半導体メーカーやソーラーや電氣自動車には近付かないことにしている。
アーリントンCは阪神マイル、良。
 ディスペランツァは胴が詰まって筋肉質。パッドックも最高。あれを見ていても、やはりマイラーだと思う。
 直線はモレイラが馬群の中でジッとして、内にも外にも生きたくない感じ。前が開いたら、瞬時に差し切った。
 これで、マイルで連勝したから、もう、ずっとマイルを使うだろう。

4/12  11−19℃  晴  北東1
■ゴールドが1400$突破した。いずれ下がるだろうが、その前に、何カ国かくたびれ果てるかもしれないし。仮想通貨も上がるかもしれないし。50年に一度の経済情勢かもしれない。日本は30年もデフレ漬けだったから、ある面では助かっているのかな? アメリカの家賃は5割以上も高騰したら、払えないよな。

4/11  6−19℃  晴  南東2
■CPIの発表があって米金利が高騰。皆が年内3回の利下げの方向で相場をやっていたが、私は今月初めから書いているように、物価が下がらないから利下げはできないだろうという読みで、動いてきた。1970年代の再現だ。もう、皆が半世紀前のことを忘れ始めている。相場には記憶力は大事だ。
■藤岡康太が、なんと意識が戻らず、あの世へ行ってしまった。ナミュールの追込みは未だに信じられない神業だが、今回はつまらない馬に乗ってしまったものだ。ゲート出て躓いたところで落ちてしまえば良かったかもしれない。ああいう馬は、落ちないことだけ考えて乗るしかないのかなあ。騎手の事故は、かわいそう。

4/10  7−17℃  晴  東北東1
この男の人にハッピーバースデー。
■中国人は金を買い、インド人は銀を買い、遂に日本株は、日本人の個人とアメリカの一部になったか? 少し勢いがなくなってきた。米インフレ統計の発表が今夜あるせいか?

4/9  16−19℃  雨のちくもり  西北西5
■桜花賞はまだ悔しいから、皐月賞はあてたい。1番人気の騎手はいつ決まるんだろう。決まらないなんて、どういうこと?

4/8  14−22℃  くもり一時雨  南南東1
■ハイパーインフレのジンバブエが金本位制デジタル通貨を採用した。ジンバブエがやらなくても、世界の流れは、そういう方向だから、ゴールドやビットコインが買われるのではないのか? そんな氣がするが。世界の大きな国で、日銀だけは、ほとんどゴールドを買ってこなかった。知らないよ。
■自動車メーカーはアメリカもドイツも、EVを避けようとし始めた。トランプも演説で、EVに対する補助金は打ち切ると言っている。流れはハイブリッドだ。私も氷点下20℃で雪原の中で動かなくなるEVは、今冬のような中国やアメリカの大寒波で運転できなくなる事故が続出したから、消えると思ってきた。ガソリンエンジン車のプラグやセンサーに強い会社の株を売らずにおいて良かった。

4/7  11−23℃  晴  南南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「血統論」を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と4着。今年は(8−10−1−11)。
 G1は(1−1−0−2)になった。

 今週は指数のとおり、「AI軸馬指数」は自信があって、問題は桜花賞の(馬でなく)枠だけだった。6枠なら簡単に勝っていたなあ。「メルマガ」に載せている直近1年間の成績表は、4着までは着順を書くが、3着や4着は久しぶりだった。馬の力で負けたのではなく、枠で負けた感じだから、非常に悔しい。
 なんで、こんなに強いのに6番人氣なのかと、不思議で不思議で仕方なかったし、馬券は3着に入れば、どうやっても儲かるという、楽なレースだった。楽なレースのはずだった。
 皐月賞の大乱戦でやり返すしかない。

桜花賞は阪神マイル、良。
 良馬場。内から外まで、展開次第で、どこでも伸びて、クッション値 9.3 という時計も出る絶好の馬場状態。
 パドックが良く見えたのは、スウィープフィート、テウメッサ、チェルヴィニア、ステレンボッシュの順だった。
 キレイなスタート。スウィープフィートは、また出遅れると予想していたのだが(笑)好スタートで、4枠だから馬群に包まれてしまった。外へ出したいから、最後方まで下げたが、なんとその外の坂井のライトバックが、わずかでも位置を上げようと動きそうで動かない。後方一氣の決め打ちをしていたようだ。
 四角も大外の最後方は坂井のライトバックで、これが邪魔で武は外へ出せない。進路がないから、仕方なく、中割りを狙いに行ったが、外側の壁の隙間を抜けられる時には、既に坂井は加速が付いて追い込んでいくところだった。200mは何もできなかった。
 ああなるのなら、最初から好位に自然と出して行ったら、シカゴスティングの隣には行けたのだが、出すのが好きな河内ならそうしただろう。そうなると直線がキツいが、なんとか開くと思って行くしかないかな。私なら河内やルメール式でやるけど。
 今年は混戦で差がないから、中が割れるような雰囲気でもなかったから、チューリップ賞のように、外へ出して追い込むという作戦に出た武豊の判断も仕方ないと思う。足りなかったのは運だけだ。
 外へ出したら勢いよく伸びたが、ライトバックが最後方から追込んで2着とクビ差なら、武の馬が3角で最外だったら、もっと早めにマクれる馬だから、楽勝だっただろう。今日は220mしか競馬してないが、700mは動ける馬なのだがねえ。
 坂井は最後方から直線一氣という決め打ちだが、武の馬は、そんなことしなくても、勝負どころから外マクリできるのだから、楽なのだが。
 4枠を引いた時に、「6枠なら」とふと思ったが、そのとおり、内外の逆が、最初から直線の、あと220mまで、ずっと響いた。枠のファクターは、指数の点数を上げすぎると裏目に出た時に痛すぎるが、大きなファクターなんですけどねえ。

4/6  9−15℃  くもり  北1
ニュージーランドTは、エコロブルームが競り勝った。シンザン記念2着だったから、これが◎でないとおかしい。ミスった。この馬はNHKマイルか。
阪神牝馬Sは、マスクトディーヴァが快勝。追い込みが利かない日だったが、関係なかった。Vマイルに行くに決まっている。
■世界中が注目の米雇用統計が出たが、やはり昨日書いたとおり金利は下げられないようだ。これで中高金利時代が続くという時代になりそうだ。それにしては米国株やインド株や日本の半導体株は、PERが高すぎる。株価が下げて是正されるか、株価が上がったままPERが高い時代が始まるかを、考えなければいけない。
 ゴールドは続騰。引っ越しの前後に、下げたところを満足いくまで買ったから含み益ができた。ドルが崩れなければ、ドルMMFなんか良い時代かもしれないと、買い始めているのだが、大統領選もあるし、アメリカの将来はどうなんだろう。

4/5  14−9℃  雨のちくもり  東南東1
■日経平均は暴落。昨夜起きて、NY見ながら、明日の東京は崩れるなと思って、先物を売りまくって、また寝たが、起きたら大正解。アメリカは不景気の徴候があるから金利を下げたいだろうが、物価が高くて下げられないだろう。1970年代と同じだ。
 日本が下がると思ったのは、東京エレクトロンとか半導体株で熱狂相場になったが、予想PERが50倍なんて異常だ。既にずっと前から下げ続けているアップルよりも割高だというのだから、ファンドマネジャーや、証券アナリストは頭の中が、10年に一度の病に冒されているのだろう。なぜか、証券界は10年に一度くらいのサイクルで、異常なことが異常とされなくなる。
 半導体のような値がさ小型株は日経平均に対する寄与度が高すぎる。

4/4  11−19℃  くもり  南1
■武豊の家が、空き巣でなく強盗なの? なんか、やられたらしい。かわいそうに。奥さん思いなんだろうに。怖い目に遭ってたいへんだったろうが、好騎乗を見せてほしい。ルメールも骨折で肺に穴が開いたらしいし、競馬界も災難続きだ。

4/3  9−13℃  雨  北西1
■今回の相場急落もテクニカルチャートのスロー・ストキャスティクスなどはあたっている。信用評価損率が、−5%よりも良くなるという異常事態だったが、やはり下げた。信用評価損率がプラスになったのは、一度も見たことがない。
■「メルマガ」の自選集に、高松宮記念と大阪杯を入れました。

4/2  7−19℃  晴  南西3
■あっという間に日経平均が41000円まで急騰したから、もう買う銘柄がなくなってきて、機関投資家が売るので、4万円超えたら売る人のほうが新年度入りした今は多い。
 ゴールドは上げ、仮想通貨は一服している。米国株は日本人がNISAで積立などで買い続けるから上げ続け。もっとも、生成AIとかアメリカの新規技術は凄いから買うなと言っても、普通は買いたくもなるでしょうね。ここで揉み合いに移行すればホールドで良いけど、少しは先物ヘッジでもしておきたい。
 それにしても、ドバイでルメールが骨折したから、考えることが多いよね。

4/1  12−18℃  一時雨のち晴  南1
■「週刊競馬ブック」を見て、有力馬の指数を7頭ほど出したら、桜花賞の◎が変わってしまった。まあ、変わるのは良い傾向だ。

3/31  10−27℃  晴  東北東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬、「血統論」を、更新しました。ベラジオオペラとローシャムパークは、ずっと以前から好きな馬に入っていました。血統論のリンクが飛ぶのがズレていたのも直しましたが、時間がなくて全部は大量すぎて未確認です。
◆「AI軸馬指数」は1着と2着。今年は(7−10−1−10)。
 G1は(1−1−0−1)になった。

 今週は指数のとおり、「AI軸馬指数」は自信があって、問題は大阪杯の2択だけだった。
 大阪はワイド2点に馬連が取れてOK。ダービー卿もワイド2点に単と枠連がとれた。これで「AI軸馬指数」は6割に乗って、5割の貯金は6つになった。あと9カ月あるから、年に貯金が24できるかもしれない(オイオイ)。
 ルメールがドバイで負傷したのは氣になる。G1になると、なかなか代わりがいないから、どうするかだなあ。

大阪杯は阪神二千、良。
 パドックはベラジオオペラとハーパーが抜けて良く見えた。ローシャムパークは「AI軸馬指数」に目付きがきついと書いたが、チャカチャカしていた。馬体も、調教後馬体重から大きく輸送で絞れて、おまけに薄く見えた。飼い葉食ったのかな?
 8Rの2勝クラスが1分58秒7。インが少し掘れるが、馬場はマズマズ。
 スタートでベラジオオペラが好スタートから2番手へ。ローシャムパークは挟まれるような格好になって下がったが、二の脚も付かず、ムリに左右の馬と競り合う氣もなかった。インの中団後方へ下げて、午過ぎのレースで戸崎は内から伸びなかったし、外へ回す意識が強く見えた。
 テンがスロー。12.4-10.9-12.5-12.6 だから、好スタートから2番手のベラジオオペラは勝ったような展開だった。向正面で戸崎は我慢せずに、外へ出せて、スルスルと上がっていって、1000mのハロン棒で60秒2の遅めペースだが、3番手に取り付いて息を入れることに成功した。
 コーナーから 11.5-11.5-11.4-11.4-12.2 のロングスパートの上がりの競馬。マッチレースになったが、ロングスパートが凄すぎて、最後は2頭とも止まりぎみで、ルージュエヴァイユとステラヴェローチェが追い込めたが、なんとか2頭は凌いだ。
 ローシャムパークは輸送で馬体はしぼんだし、チャカチャカしたし、内から外へ出して早めに追い上げたから、実質的には楽勝ぎみの力を見せつけたが勝てなかったのは残念だ。
 戸崎は、ゴール前で叩き合いになると、片手で追う、ムチを入れたりしながら追うが、ムチ使う時は使い、追うときは両手で追うのが、私の好みだ。戸崎はレースの流れに乗るのが巧いから、ひいきだが、その追い方だけが、巧く言えないが、しっくりしないのだけど、どうなんだろう。藤田伸二にまじで聞いてみたい。そこが、外国人や内田博よりも良いとは言えない氣がするのだが。

3/30  10−20℃  晴  北東1
◆「AI軸馬指数」は1着。今年は(07−09−01−10)。5割の貯金は5になった。明日、的中すれば6割になる。
ダービー卿CTは中山マイル、やや重。
 エエヤンとパラレルヴィジョンが好スタート。ハナはエエヤンでミルコが大逃げ。今日からBコースだが、雨上がりの中山は、追い込みが利きにくい。だから、ミルコは大逃げ。
 パラレルヴィジョンの戸崎も、出たらすぐ二の脚利かして出して行って、積極的に2番手をとる。2番手を進んで、最内は避け、逃げ馬を外から差す態勢にして、内を開けて最内はセッションに譲る。
 直線は、ミルコも内から4、5頭目へ。戸崎も4頭目を回して、逃げ馬の外から差すように外めへ誘導。キッチリ差し切った。
 アスクコンナモンダはパドックが超抜群だったが、脚質的に内めから追い込んで3着に来たが、岩田望来は恵まれない中、よく乗っている。先々は楽しみだ。
 ディオは雄大な馬格で、パドックでも、かなり褒められていたが、私の眼では大きければよいというものではなく、もっと締まりがないとおかしい。これから先に、オープンのフルゲートでギシギシに揉まれて良くなる馬だろう。
 ひいきの戸崎で、単、枠連、ワイド2点と、知恵が働いて4つとって、馬券もマズマズ。

3/29  9−21℃  雨のち晴  西2
■「メルマガ」コーナーの自選集に、高松宮記念を掲載する。
■今朝起きる時に、ふと口から出たが、まだ全文を記憶できていた。ネットで作者を調べたら、中国の孟浩然の漢詩だ。
「春眠暁を覚えず
処々、啼鳥を聞く
夜来風雨の声
花落つること知る多少」
 これを中学で学んだ時は、いつも授業中に将棋の本を読んでいたが、これだけは吸い寄せられるように覚えた。化学のイオン化傾向と同じだ。
 今は、漢文も古文も子供に教えないようになっていると聞く。私たちとは違う日本人が増えてくるのだろう。徒然草も枕草子も読んでないのだ。それで、地域によっては、ハングル語を教えるという。あほらし。教師というのは幼稚園に入ってから60歳で定年まで、学校以外で育ったことがない。それはマズいよ。

3/28  4−14℃  くもり  南東2
■卵を給食から追放して、コオロギを食べさせるとか、教育界は何を考えているのやら。

3/27  4−15℃  晴  北西6
■紅麹が問題になっているが麹は良い物だ。卵も悪いものではなく、ノドで窒息した子供がいて、給食から追放されようとしているが、卵は和食の大切な一つだから、業界を守るべきだ。子供は、親が窒息しないように噛んで食べるように躾けるべきで、何も教えなければ、飲み込んでしまうだろう。餅も食べられなくなりそうだし、チョコレートだって噛んでからノドに入れるだろうに。でも、そのうちチョコレートやハンペンで窒息する子供も出てきそうだ。最近の人間はバカバカしい話が多い。

3/26  9−10℃  雨  北3
■ヘッジファンドは、割高な米国株を売って、割安な欧州株を買っているという数字情報が入った。ザッカーバーグもビル・ゲイツも米国株は売ったらしい。でも、SP500は直線的に上がり続けている。ネット証券に電話して、日本人が新NISAで買い支えているんじゃないの?と聞いたら、けっこう買ってますねえとのこと。
 ということは資金が切れる年度後半は危ない。2年くらい続いて、来年もそうだろうと思っている。
 今の私は米国株はゼロだ。オールカントリーもゼロ。凄い人気だが、あまり上げないインドのファンドも昨日売った。ムンバイのラッシュアワーの映像見てイヤになった。日本のラッシュの全盛期の何倍も凄い。ザッカーバーグやゲイツが買っていそうなものしか買わない。

3/25  10−12℃  雨一時くもり  北1
■マッドクールとナムラクレアは、これで3回の叩き合いをやったが、この2頭の交配が実現すれば、凄いことになる。
 Machiavellian ≒Coup de Genie の全きょうだいクロス4×4。
 トライマイベスト≒デインヒル6・4×5。  Gold Digger ≒Roberto 6×5。
 Sadler's Wells ≒Nureyev 5×5だ。
 父と母が似ていて父母相似ぎみだ。これは、安田記念くらい勝てるかもしれない。
 ユーバーレーベンが1戦しかしてないのに、牧場に電話して、オークスに行けば勝てると伝えてほしいと言ったりしたし。マッドクールは種牡馬入り後の配合まで、予想文に書いて穴馬を◎にするとは、まあこういうのは私くらいなものだろう。
 子供の頃から夢中になると遊びにのめり込んで勉強なんかしなかったし、まあ、性格だから。
 相場が荒れまくっていて、会社四季報が18日に出るから、それを読めるだけ読んで、来期業績の数字を読み、買いと売りの銘柄探しをして、それを人より先に決断しないといけないから1週間ずーっと続けて、目が霞むほど、くたびれたが、(メルマガの書き忘れの追加・再送までしたり)凄い1週間だった。

3/24  1−15℃  くもりのち一時雨  東南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を、更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と1着。今年は(06−09−01−10)。

 今週はボッケリーニとマッドクールが◎候補だったから、5割貯金が6つになるかもしれず、ワクワクして過ごしたが、なんと、土曜のボッケリーニが、あと700mから動いてノリ警戒が、いき過ぎて負け。あれがもったいないが、ああいう軽い騎乗ミスで予想が外れるのは、しょっちゅうあることだから仕方ない。
 成績がムラだからと人氣が落ちて、単勝も連も好配当で嬉しかった。来週の相場もキチンと頑張ろう。
 「ホースレター」の最初の1勝、「AI軸馬指数」の最初の1勝も、プロ野球の開幕時と同じで、やはり氣になって力が入って、たいへんなのだが、予想を出さない人には分かってもらえないかもしれない。松井だって、江夏だったか星野仙一だったかも、そのような超一流でも、そんなことを言っていたから、一年終われば、それなりの数字は出るのに、年の最初は皆、氣になるのだろう。
 これで、G1も1勝したから、あとは毎週G1で、氣楽にバットを振れる。良い予想を披露しながら、貯金が増えればいいなあ。

高松宮記念は中京千二、小雨重。
 中京は京都工事中は酷使したが、京都が完成して休みがちで、今開催はクッション値も堅いから高めで、パンパンの良馬場で内伸び馬場だった。今週で中京は終わり。日曜は7レースも芝のレースをやったから、少しずつ伸びるラインが中に寄ってきたが、それでも最内だけは伸びていた。芹沢コースと言うほどで、内ラチ沿いは最後まで荒れないことが多い。大外からの外伸びの追込みは、どのレースでも見ることはできない馬場だった。
 香港のビクターザウィナーとウインカーネリアンと、マッドクールとナムラクレアが好スタート。
 ビクターザウィナーがハナ。ウインカーネリアンが続く。マッドクールは最内。ナムラクレアはゲート出てから、好スタートだが、少し下げて脚を溜め、好位の後ろあたり。そこから4コーナーで最内狙いの、一か八か、2着や3着はもうほしくもない、1着しか興味ないという乗り方。
 ビクターザウィナーのところが午後は伸びてきたが、でも、逃げ切りはたいへんだから止まった。内と決めていたらしい坂井は、もう一流騎手で安心感がある。浜中もダービージョッキーであることを忘れてほしくないし、そのわりに良い馬が来ない。土曜はボッケリーニで日経賞を早めに動いて止まったミス。その意地もあってか氣合が入っていた。
 最後の100mは叩く暇もないほどの追い合いで、凄い叩き合いになった。ナムラクレアは1週前追い切りが物足りなく、ほんのわずかに疑念が湧いた。調教師もそう思っていて、最終追いもCWで調教師が乗って、やり直した。それでキッチリと立て直した。あの長谷川師は正直で腕もある。
 マッドクールは「AI軸馬指数」に書いたとおり、一戦一戦が全部説明が付く勝利と敗戦。人の評論はメチャクチャだったが、そのムラな成績で人氣が落ちるので嬉しかった。レース中に落鉄して楽勝する馬はめったにいない。ルガルはけっきょくはアグリくらいにしか勝ってなく、弱い4歳世代だから割り引きが必要だったという結果となった。
 けっきょく、私が3回連続で千二G1で◎を打ったナムラクレアと、スプリンターズSでナムラクレアに 0.2 秒伸び勝ったマッドクールの勝負だった。ナムラクレアは内めを割って伸びてくるかと思ったが、最内を突いて、その浜中の意地のコースが読めなかったが、他はだいたい読みどおりだった。

3/23  0〜7℃  雪のちくもり一時雨  北2
日経賞は中山二五、小雨良。  マテンロウレオのノリが意表を突いて、ノリらしい大逃げ。向正面からボッケリーニの浜中は手を動かしぎみで、前残り警戒の走り。
 情けない。ああいう逃げ馬は捨てて掛かるのが1番人氣の差し馬の鉄則だ。3コーナー手前の、あと700mで動いてしまって捕まえにいったが、そんなことしなくても止まるのに。そこで脚を使ったから坂を上がってから鉄則どおり止まった。
 シュトルーヴェは当然のような一氣差しの勝利。浜中も落ちてきたなあ。明日の◎にはしてないけど。
毎日杯は阪神千八、くもり重。  メイショウタバルは先週のスプリングSに出てきたら、◎にするか迷っていたが、フレグモーネで回避。ところが、ここへ出てきて圧勝。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉で、重のゴールドシップ。来て当然なのだが。この経緯だと◎にはできないよ。

3/22  −1〜12℃  晴  北5
■前にもメルマガに書いたが、「つみたてNISA」なんてやめたほうがいい。ドルコスト平均法と言うけれど、毎日一定金額買い続けるのだから、上がろうが下がろうが、儲からないに決まっている。日銀がETFを買い続けて日経平均を何年も支えてきたのと同じで、買い支え役をやらされているだけみたいなものだ。だから、人氣で、多くのエコノミストが横並びで推奨している、日経平均やインド株や、アメリカのS&P500やITビッグ7銘柄(FANG+)やオルカン(オールカントリー)とかは、お金が殺到しているが、アメリカの富豪たちは売りまくっている。
 インドも先に買った人たちは売っている。私も2年前にいっぱい買ったが、今回は鼻くそ程度しか買っていない。今も日本の好業績、好配当、低PERの方向を満たしている有名銘柄しか買わない。

3/21  1〜9℃  晴のちくもり  北西4
■千葉の北西部(東葛地方)に住んでいたから分かるが、茨城の筑波のあたりの地震が、メチャクチャ多い。東葛なんか、いつも地震だった。今朝も地震。あちこちで、直下型が来るとか、千葉沖に頻発しているのが大きいのになってくるとか大騒ぎしているが、まあ、私は興味ない。東京直下とかの大型地震が来たら、道路は寸断され、何日も物流は止まり、餓死者が続出するのは明らかだ。来たら来たでお終いだから、今朝も揺れたがなんとも思わずに寝ていた。

3/20  0〜12℃  晴のち小雨  北西6
■お彼岸だというのに、墓参りにも行かず。母方の東京のお墓参りをしていたが、親戚の誰も行かないので、母も言うからやめた。自分の骨は散骨しよう。

3/19  2〜12℃  晴  北東1
■日経平均が急騰。ドル円がジリ高。凄い。AIや水素の時代の相場か? 1999年のITバブルに少し似てきたか。

3/18  7〜11℃  晴  北北西9
■今朝は最低氣温が暖か。でも、歩いてJRの駅前に行こうと家を出ると、北北西の寒風が強風となって吹いている。やれやれ、吹き飛ばされるよ。髪を切れるだけ切ってもらう。私の頭は左右に出っ張っていて、両横を切りすぎると、髪が寝ないで飛び出して不格好になる。だから、刈り上げまくったが、両横だけは我慢。困った髪だ。あちこち回っているうちに、公文書館の平安時代の読み物の特集の冊子をどこかに置き忘れた。公文書館に塙保己一の蔵書が残されているとかは読んだが、その後は未読。もったいないことした。

3/17  6〜19℃  晴  南3
■さあ、YouTube で今日も藤井颯太の将棋を見よう。あの人の超天才的な手を見ていると、人ごとながら爽快でスッキリする。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と1着。今年は(05−09−01−09)。

 今週は火曜までに指数を出して、追い切りや枠順を待ったが、もう、このまま◎を変えずに行こうかと思うほど、曜日が進む何日かの我慢比べのような週だった。追切りも枠も、2レースとも普通で、今年少なかった1着が2つ出る番。こういうのは順番だから。毎週こういう感じの、人氣薄狙いをやるかどうかだけの我慢比べでもよいのだが。
 スプリングSは、10頭立ての1番人氣からでも、ワイド総流しも儲かるほどの大混戦。3連複を一頭軸流し7頭へで15点買いになるけど、わたしの好きなほどほどの点数。それでも楽に儲かる競馬。ワイド総流しだけだとバカだと思う人もいるので、オッズ見ながら何かの券種を買うが、阪神は枠連でも良いし、まあ、株ほどではないが、なんとかなるさ。そういう私流の馬券の買い方で、転がり込んでくるような幸運を待つというのも、馬券ではアリだと私は思うけどねえ。
 競馬の問題の99%は、「軸馬」なのだと強く信じる。2頭軸とかは、もう何十年やっていて有り得ない。それも一つの競馬の考え方だろう。
 さて、これで今年の貯金は4つになった。

スプリングSは中山千八、良。  今週の中山は馬場が乾いて良馬場。クッション値も高く、コーナーの内は掘れて泥が飛ぶが、速い時計が出るレースもあった。
 12.7-12.2-12.6-12.7-12.9 という新馬戦並みの超スローで始まって、上がりが 12.0-10.9-10.8 というメチャクチャな上がりの競馬。好位追走がいつもできるシックスペンスが上がり33秒3の脚で突き抜けて楽勝。パドックも良かったし、キズナはどんな馬も出すが、地味な好馬体が目立った。けっこう凄い種牡馬だね。
 これでは追込みは、まず届かない。好位差しは今の時代の競馬の王道だ。

阪神大賞典は阪神三千、雨稍重。  まったく予想してなかった雨が降って、このレースらしい稍重になったが、あまりに人氣がないから訂正メルマガを送って追加したメイショウブレゲは重が得意ではなく、朝の苦労は空振りだった(笑)。送ってから見たら雨が降っていて驚いた。
 ハナ争いはムルザバがムリしない人だから決着ついて、離れた好位にディープボンドとテーオーロイヤルという流れで、淡々と進んだ。これで、折り合い付くから直線まで苦労もなく、抜け出して楽勝。並んで進んだ渋った馬場がベストのディープボンドとは、2年前の春天のように叩き合いになるかと思ったが、ディープボンドの7歳は、過去データどおり、やはり歳でした、という結果。
 川田がしびれ切らして途中から動いて2着。

◆ 「AI軸馬指数」の阪神大賞典は追加送信しました。

3/16  8〜18℃  晴  北北西5
■今日は物足りないレースが多かったが、ワイドを一日いっぱい買って、計80円の負け。株やFXに比べれば小さいなあ。1着がほしいけど、今年は何か月経っても1着が少ない。毎年、予想成績は平均せず、どこかに偏るから、こういうことは氣にしないが。
フラワーC。パドックでいちばん良く見えたミアネーロが快勝。カンティアーモは脚はあったが、内から外へ行って、詰まってまた内へ行ってと距離ロスが大きく2着を逃した。最近のルメールは重賞弱いなあ。
若葉S。勝ったミスタージーティーはパドックが圧倒的に良かった。ノーザンファームのドゥラメンテで、マズマズの良い馬だ。道中、ずっと内ラチ沿いを走り続けた3頭が3着までを占めた。外をぶん回したアドマイヤテラはその分、足りない。阪神大賞典は内の前にいるのはどれか。どう乗るのか。悩ましい。
ファルコンSのソンシは凄い筋肉量だったが、内で包まれた。筋肉はあっても瞬発力が足りないのかな。内田博は騎乗姿勢良く逃げ残り。手塚師でなくても私なら内田には乗せるが。

3/15  3〜17℃  晴  南南東3
■前も言ったが、つみたてNISAで毎日同じ銘柄を買い続けるなんて、儲けるためにはあり得ない。平均されるだけじゃないの。

3/14  1〜15℃  晴  南南西2
■NY市場は10年ちょい上げ、10年揉み合い、10年上げ、と来たから、今度は揉み合いの時代でも別に不思議ではないが、よく、わからん。AIとか水素とか未来の技術が多すぎて、時代の進歩が読めない。
■酪酸菌もビタミンB群を造るし、腸内細菌も造る。だから、ビタミン剤を毎日摂ることはない。

3/13  7〜11℃  晴  北西8
■スプリングSも阪神大賞典も、例年よりも、まるで1枚下のレベルだ。

3/11  −1〜13℃  晴  南南西1
■月曜だから週刊誌を読むと、コラソンビートの横山武は、やはり最終追切りが強すぎたから調子イマイチの感じで乗っていたみたい。1週前を強くして、最終を軽めという手もあったが、いずれにしろ、体重減こそなかったが、あの馬体は細いと思う。
 単勝一本かぶりはないと思うなあ。

3/10  −1〜10℃  晴  北北西4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と4着。今年は(03−09−01−09)。

 今週は中山牝馬Sは軽量が強いからと、ククナを斤量で減点したのがミス。あの馬は重賞は勝てないが、強すぎる。でも、6レースやって、すべて◎か2番手で決まったから、2択の問題には入っていて、あまり悔いはなかった。
 2択の問題なら、システムの問題ではないから、大幅な修正は不要だから。
 まだ、5割の貯金はルメールに頼らずに2つある。

フィリーズRは阪神千四、良。  バウンシーステップは出遅れ。これで菱田が乗った4レースは全部出遅れ。パドックで少しうるさかった問題はあるにしても、鮫島を乗せられなかった時点で、和田とか他の騎手を探すべきではなかったか。今年の菱田は券内か券外かの大事な勝負も、し損じているのだから。
 ゴドルフィンのエトヴプレは、千四が鬼のシーキングザゴールドがサイアーライン。アホヌーラも入っているから、インの前が強い馬場でもあるし、テンに行かせて正解だった。
 コラソンビートは早め入厩で体重減はなかったが、やはり腹目は細く見えたから、桜花賞は辛いのではないか。今日は距離得したが、マイルで中差しは、どうか。もう、ずっと栗東にいたほうが良いと思う。

金鯱賞は中京二千、良。  内伸び馬場。今年の中京は京都が開催され、たっぷり休んだので、パンパンの良。
 中京二千は逃げ残りが多いから、前が競って、速めに進んだが、3コーナー手前から急にペースダウンして、11.9-12.5-12.0-12.0-11.2-11.5 の上がり。プログノーシスはドゥレッツァを見ながら内を進んでいたが、ペースが落ちると、スイスイ上がってイン差し。好判断がキレイに決まっての快勝だった。
 ドゥレッツァのルメールは毎年、スロースターターだが、今年はまだ火が点かない。ぼんやりと進んで、直線は前が馬群になって、外へ出したら、後方にいたハヤヤッコのイン差しにまで抜かれる始末。外へ出して伸び始めたが、内伸び馬場だから、何かおかしい。それからは伸びたが、まったくの手遅れ。
 終わってみると、ルメールが3コーナーから少し動いてインを上がっていったとしても、1着は好勝負までで、快勝というレースではならなかったかもしれない。大阪杯に行ったら、どうなるのだろう。

3/9  0〜9℃  晴  北北西6
沢田研二75歳、まだ元氣だぜ。カネのために生きてるんじゃないからな。鳥山明は死んだが、沢田研二よ、まだ、死ぬなよ。
■阪神のコーラルSは福永厩舎の初陣レオノーレは、1カ月で口向き修正したとか言っていたが、わざわざ乗せた武豊が逃げて、何も癖の悪さを見せずにハナ差の2着。福永もやるなあ。福永洋一の息子というだけでたいへんなのに騎手で成功し、今度は調教師か。凄い男だね。
中山牝馬Sは中山千八、やや重。
 少し乾いて、午後の途中からは追い込みも利くようになった。ククナがすっと外を回って追い上げてきて2着。軸はククナだったな。ハンデ53か54が強いレースで、追い込みも利かないのかと思ってしまった。ククナで55はハンデに恵まれたか。

3/8  0〜9℃  雪のち晴  北2
■学校で古文を教えるのをやめたら、皆の教養がなくなるのは間違いないのではないか。古文や漢文くらいやれよ。

3/6  0〜10℃  雪のち雨のちくもり  北3
■アメリカの富豪の何人かが株を売りまくっていたが、ビットコインかゴールド、あるいはその両方を買っているのかな。タイミングは、ちょうど合っている。まさか、株を売って銀行に預けているとも思えないが? 国債とも思えないが・・。さて?

3/5  3〜7℃  くもりのち雨  北1
シダーの大木の中を流れる音楽

3/4  0〜14℃  晴  北西2
■今週のAI軸馬指数は、昨年と違って、金鯱賞とフィリーズRのG2を2つやります。
■大乱戦とか、馬場が掘れている時は、『AJG予想法』は使わないようにするかどうか、しばらく試行錯誤をやってみます。

3/3  −2〜13℃  晴  南3
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を更新しました。好位や中団から鋭伸するのは好きな馬です。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年は(03−08−01−08)。

 今週は、また馬場状態読みが難解で、小倉は避けたが、案の定、小倉連続開催最終日は稍重でも外伸びでなく、内も伸びて何頭か逃げ残って難解。チューリップは混戦。弥生賞は3強だったが、どちらも複雑な競馬になってしまった。水曜から、毎日、何かの発表があるたびに◎を替えていったが、準OKという感じで、ベストOKには辿り着けなかった。
 56年も予想して馬券を買い、66年も競馬を見ていると、こういうことはいっぱいあるなあ。わたしの「予想成績」は、どの切り口でも、どのメディアでも同じだけど、第100回ダービーまでには、なんとかしたい(オイオイ)。これでも最近、数年は、G1主体に、ジリジリと成績は良化しています。
 5割の貯金は、あと2つか・・・。

弥生賞は中山二千。  馬場は、朝は稍重で始まり、晴れて風が吹き乾いて良。午後からはマクリ勝負の連続になった。
 午後のレースの、4ハロン目からのラップと、JRA発表の四角の位置どりも書いておくと。
6R未勝利2000:12.6-12.7-12.3-12.3-12.2-11.6-11.9。四角1−2−4
8R2勝C1600:12.0-11.6-12.0-11.5-12.1。四角2−1−4
湾岸S2200:12.7-12.3-12.6-12.4-12.1-11.8-11.3-12.0。四角5−2−2
弥生賞2000:12.8-12.4-12.2-12.1-11.7-11.4-12.0。四角2−5−1
 あと600mから、坂下のあと200mまでの2ハロンを勢いよく外マクリした馬の勝負が続いた。その後ろから追い込んでも、今日の午後の直線は、差しが利かないのだ。マクった者勝ちの日。
 となると、弥生賞の3強もスローだから、マクリ合いかと思ったら、あと700mでミルコが一氣にマクって、3強は付いて行けなくなった。
 ということで、コーナーは動けるけど、その後はラップが速くなって追い付かないという日。これで直線で、馬群は入れ替わることなく流れ込んで終わり。
 ミルコは天才でした。

3/2  3〜8℃  晴  北北西6
オーシャンSは中山千二、やや重。
 トウシンマカオは馬体重が輸送して12kg増だったが、輸送前から、それくらい太いと調教師は言っていたから許容。パドックでは腹目の余裕はまたくなかった。
 馬場は内が掘れて差しも利いた。
チューリップ賞は阪神マイル、やや重。
 阪神も金曜の雨でクッション値はやや悪化。重賞勝ちがいない手薄なメンバー。厩舎や騎手や馬のキャリアを考えたら、1番人氣のタガノエルピーダは、まず軸にできない。
 ミラビリスマジックは輸送のせいでパドックでチャカチャカしていて、好スタートから行きたがり、抑えて馬とケンカになって、最後まで伸びようとしたが、折り合いつかなかった分、足りなかった。パドックで少し不利は明白だったが、それでも田辺の場合は、返し馬のスキルの問題をなんとかしてという以外は仕方ないし、言いようがない。
 スウィープフィートは永島から武豊に乗り替わったが、吉田善哉さんが「デットーリだと5馬身は違う」と言ったが、永島と武も5馬身は軽く違った。負けたレースも良い脚を使ったり能力の片鱗は見せていたから、指数にもっと工夫をすべきだったか。来そうな氣はしてマークはしていたが。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉はこういうときは頼りになる。
 2着も重上手が来て、まあ、許容範囲のレースではあるが、難解すぎて、軸を武の馬にしていればワイド総流しが万馬券でおいしいが、そうしない場合は枠連しかとれないな。

3/1  3〜15℃  雨のち晴  北北西6
■日経平均のザラ場最高値が39990円となった。凄い騰がる。どこかで12%安とかあるのだろう。世界の大事によっては、20%安とかあるのだろう。まあ、ときどき、そういうことが起きないと、騰がりすぎてバブルとなって、1986年のNTT上場の発狂相場みたいになってしまう。それも、さて、困ったことだ。
 この相場は、最初はコロナのパンデミック明けの景気回復相場とか言われていたが、 どうやら、ここへ来て、1999年のITバブル(最初はドットコムバブルと言っていた)みたいになってきた。
 ホンダが水素+燃料電池車を発売したり、JRが6年後に水素で電車走らすといったり、トヨタの全固体電池とか、三菱重工のタービンや、ホンダはロケットまで開発すると意氣込んでいるし、半導体は倍々ゲームになると言うし、将棋界など完全にAIと解説合戦やっていて、めちゃくちゃAIの将棋ソフトは強くて藤井聡太くらいしかAI将棋に太刀打ちできなくなっている。未来スキルなんだろう。ということはAI医療とか、AIレントゲン診断とか、出ますよね。そいう企業が、ここ2年くらいの景気回復相場を主導してきたのだろう。
 思い出すと、1999年もコーヒー店舗ネットでドトールだ、コイン駐車場でパーク24だ、とか未来はこうなるよという技術の銘柄群が騰がった。あれから、20年経って、次の新しい技術の時代を買うのかな。

2/29  0〜11℃  晴のちくもり  東1
■ホンダが水素+燃料電池車を投入。一氣に進み始めた。水素も燃料電池関連企業も、私は打診買いを始めていたところだから大賛成。

2/28  4〜13℃  晴  北西7
■ファンドを減らす。米統計とスーパーチューズデー見てから再構築だ。
■乱視が進んでいるようで、毎年のようにメガネが合わないから、ちょっと視力調整の裏技を試してみよう。

2/27  4〜10℃  晴  北西16
■生まれた町は、密柑山も漁師町も、火力発電所も国鉄の駅もあって、その真ん中は農地で米と麦の二毛作だった。歴史的にも、私が小学校の頃まで瀬戸内は塩の産地だったから、皇室に塩を献上していたとかの話がある海岸で、四国八十八カ所のお寺も2つあったし、壮大な走り神輿の神社もあった。海水浴場は県内随一だったし、ない物を探すのがたいへんな小学校区で、あそこで生まれたのは幸せだった。今日は「勝岡八番宮」で検索したら出るじゃないか。勝岡八幡宮は、思っていた以上に由緒があったようだ。秋祭りの神輿はおそらく四国一だと思う。愛媛に地震があったので(伊方原発は避けたようだが)思い出した。
■今日は低気圧が東海上に抜けた後、発達してめちゃめちゃな強風。まあ、こういう日もあるだろうな。友達がバタバタ死んでいったから、こういう風なんか、なんとも思わない。

2/26  5〜11℃  晴  北西7
■ジオグリフでくたびれ果てて、夜中も何度も目が覚めてジオグリフのこと考えていた。もう、何年も積み上げはできないから、何をやってしまうかだ。相場は海外から大型株にマネーが入り、日本も主婦がファンドを買いまくっている。ネット証券に電話がめったなことでは通じないから、主婦が初歩のことを自分で勉強せずに証券マンに長電話で、仔細に聞きまくっているのだとすぐ分かる。
 ということで、新NISAが始まる正月前から、マネーが殺到すると見越して先に課税でも買っておいて正解。バブルだろうがなんだろうが、マネーが逃げ始めるまでは買っておけば良いという脳天氣。主婦が買いまくったのは1987年のNTT狂想曲以来だ。
 50歳だったら、有り金の90%はぶち込んだだろうから、大儲けで熱海に別荘が買えたかもしれない。ババアのパチンコみたいにやっているから、買いすぎないようにしていたら、バフェットのバークシャーも途中で売ってしまって、その後暴騰して大儲けし損なった。まあ、もう余興だな。
 AI軸馬指数は、なんとかしたい。これを考えていたら、読書の時間がなくなるんだけどねえ。弥生賞は月曜なのに結論がもう出そうだ。そのあとの調教や枠や天氣に掛ける時間が、以前より長くなったのだが。

2/25  3〜4℃  くもり午後から雨  北北西3
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と3着。今年は(03−08−01−06)。

 今年はG1がないと、日曜重賞2つは土曜送信で、熟考している。そのせいか、ミスは京都金杯の1つだけだ。
 今週もアサカラキングはあんなもので完全読み切り。ジオグリフは考えに考えて、馬の追切りが物足りなかったが、それ以外のファクターは完全に言うことなしで、戸崎も合うし枠も良いし、思い切って◎としたが、ノリのイン差しは△を打っていただけに、2着になれなかったのは馬連ファンには申し訳なく、悔しかった。他はイメージしたとおりにレースは流れたのだけどねえ。
 でも、金曜に送信しないのは良いことですね。5割の貯金は、まだ4つある。皐月賞でイクイノックスを破ったジオグリフがソーヴァリアントと同じような人氣だから燃えますね。
 ワイド総流しは、相変わらず、人氣薄を連れてきてくれる。

 秋山真一郎が今週で引退した。フォームがキレイ。ムチを使ってもパッと手を戻すから体勢が崩れない。フェアプレー賞の常連。逃げようが先行でやめようが、どうでもいいという乗り方で、ハナ争いとかに興味がないようで、ラップは崩さないし、「私は私」と併走でも平氣。ほんとに不思議な騎手だった。ムーアが武の次に巧いと褒めたそうだが、ありえないことではない。
 カレンブラックヒルのNHKマイルの逃げ切りは、東京マイルのG1ではあり得なかった逃げ切りの仕方で驚いた。カレンが中山記念に出たら、3番手から抜け出して楽勝しただろう。毎日王冠とか千八はベストだった。
 カレンのせいもあって、タツゴウゲキで小倉記念と新潟記念と人氣薄で◎を打って連勝した。阪神JFのローブティサージュも5番人氣の◎を打った。
 最近は骨盤粉砕骨折をやって、フォームが悪くなったと嘆いて引退したそうだが、依頼される馬が酷すぎて、あれでは、他の騎手みたいに、馬上で暴れないと動かないだろう。惜しい騎手を失った。さようなら。

中山記念は中山千八、やや重。
 ジオグリフの戸崎が二の脚が速くて前へ。ハナはドーブネ。テーオーシリウスは行けずに、ゆっくり始まる。
 12.7-11.2-11.7-11.6-11.4-11.9 と、やや重なのに向正面で速くなったが、ジオグリフはノリのマテンロウスカイに前に入られたので、2コーナーで前が競らないので前へ行こうとしたが、ノリとラチの間で狭くなって、6、7番手まで下がったのが痛恨だった。1コーナーで譲らず2番手でも良かったのではないか。中山は1月がCコースだから、インは完全にグリーンベルト。いつもノリがあそこを狙って、昔から日本一、中山のグリーンベルト使いの天才なのだ。だからノリには譲らないのが正解。
 戸崎も今日は5勝と乗れていたが、おかげで四角で、内からでなく、外へ出して外からノリを差しに行かないといけなくなり、そのわずかなロスで、ドーブネを差せなかった。
 「AI軸馬指数」にも書いたが、土曜から外を回しての追込みはムリな馬場で、ソールオリエンスは格上だが届かない。

阪急杯は阪神千四、重。
 重にしてはハイペース。アサカラキングは逃げると決めているのだが、16番枠からハナへ行くのに、頭数が多くて、たいへんだった。その分、重にしてはハイペース。直線は全馬バタバタにバテたが、それでも巨体で押し切るレースを変えず、今日もハナ差で首の上げ下げで惜しかった。
 ウインマーベルは重は少しはマイナスなのだが、開幕週の内伸び馬場で、我慢した。

2/24  0〜9℃  晴  北北東2
■秋山真一郎のメインの勝負は、なんと逃げの手。逃げ馬不在と見ての勝負だろう。ところが、逃げ馬でないのに小崎が競ってきて、やれやれ邪魔なんだよなあ。
 馬場は先週日曜と同じで、内も外も同じになった。で、外からでも伸びるのだから、好位差しくらい狙えばよかったのに・・・。

2/23  2〜3℃  くもり時々雪  北3
■今頃になって寒い日。中国のモリオンがなかなかキレイ。寒いせいでもないだろうが。

2/22  7〜5℃  雨のちくもり  北東2
■日経平均が39000円を付けて史上最高値。バブルのザラ場高値の38957円を抜いたが、1万円の10%は1000円だが、4万円の10%は4000円だから、今後はグイグイ伸びてもおかしくはない。マイナス要素は、疫病、食糧危機、天災、アメリカの内戦くらいだ。
■伊藤貫のキッシンジャー評論を4回に別れているのを全部聴いた。欧米も1960年頃までは教養の時代だったということが理解できた。

2/21  12〜7℃  くもりのち雨  北北東2
■YouTube の伊藤貫は、めちゃおもしろい。ああいうのが教養人というのだろう。相手している有名人が、子供みたいに見える。

2/20  13〜23℃  晴のちくもりのち雨  北3
■暑いと思ったら、最低氣温が13℃もあった。これでは春だ。株は、増益で外国人がマネーをどひゃっとぶち込めそうな、ある程度大きな株を買っているから、どんどん上がる。2007年の頃の中国株みたいだ。マネーをドボンとぶち込むには、小型よりも大型が良いに決まっている。

2/19  3〜16℃  くもりのち雨  南3
■風が流行っていると言うが、タバコのヘビースモーカーだった私は、40代でタバコをやめるまで、ほとんど風邪を引かなかった。過労のときに冷房とかで冷えると、ハナがグスグスいう程度。今でも喫っている周囲の人は、皆元氣だ。広島大の論文で、タバコすう人はコロナに罹らないというのが出たが、ある程度言えるのかもしれない。
■1週間ほど、雨か雪の予報だから、散髪に行ってくる。耳鼻科の前を通るときに覗くと、1年半前から毎日満員で椅子に座って順番待ちしている。花粉だろうが風邪だろうが、けっきょくは免疫力の増強しかないのだけど。私はある年に強度の花粉症になってしまって、3日か4日で治した。耳鼻科には1回も行かなかった。スキルなんか、ネットに山ほど載っている。けっきょく検索力しかない。

2/18  8〜17℃  晴  南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と券外。今年は(03−07−00−06)。

 フェブラリーSはウィルソンテソーロが1週前追切りを軽くしたから、やはり何かあったのかな。そこを想像しようとしたが、それで減点しても、凄い次の馬がいなかった。
 初ダート馬と、重賞連対なく初マイル馬の決着では、ムリ。ヒモにしてとるまでのレース。やはりウィルソンテソーロが、せめて券内に来ないと。
 前走、大井で逃げたのが裏目なのか。松山に替わって先行するのがどうなのか、松山乗せるくらいだから先行作戦だったのか。1週前追切りは何があったのか。さっぱりわからない。この厩舎は注意マークだなあ。
 AI軸馬指数の5割の貯金は、まだ4つある。

フェブラリーSは東京ダートマイル、良。
 ドンフランキーの逃げ。ドゥラエレーデが2番手で、12.0-10.8-11.1-11.7 のハイペースで始まり、最後はズブズブの追込みレース。
 何を考えたか、松山のウィルソンテソーロは2番手へ追走して、東京マイルが分かってないし、時計を持ってないのかペースが読めていない。あれで坂上まで粘っていたのだから、5番手くらいなら勝ち負けだったか。パドックではゼッケンの裏に白い汗をかいて、かなり悪く見えた。2週前の追い切りが良かったからOKとしたが、1週前の追い切りを軽くしただけに、何かあったのかもしれない。そして、前に行ったのは松山の凡ミスだ。
 遠慮がちに6番手に付けたルメールのオメガギネスはパドックも良かったが、この位置でも完全にバテた。ロゴタイプだから先行競馬が合うのか。
 勝ったペプチドナイルはパドックが良かったが、馬も前に行く馬だし、藤岡佑が前に行きすぎて、あれではバテるペースだが、バテずに伸びて驚きの勝利だった。シアトリカルまで入るスタミナ勝負の馬だったのか。重賞も連対がなく、ああいう馬は私にはムリだ。
 惜しかったのはインを通ってイン差し狙いで距離損を解消しようとした石橋脩のタガノビューティーが、勝てたら世紀の名騎乗だったが、キレイに中割りが成功して距離得したが、3着までだった。1歳歳とりすぎたか。
 ガイアフォースはダートも行けそうな血統で、強いのが海外へ行って混戦だから、◎に抜擢も考えたが、軸馬指数だと指数が伸びない。ヒモで取ろうとしたが、東京マイルの安田で最後まで伸び続けた根性で、今日も最後まで伸び続けて2着に入った。
 セキフウは武が時計を持っていてペースを読み切っていたが、ペプチドナイルが前に行って残ったり、ガイアフォースが初ダートで快走したりで、勝てずに3着までだった。そこまで武も読めなかっただろう。

小倉大賞典は小倉千八、良。
 晴れて馬場は乾いてきた。ホウオウアマゾンは落馬。
 中山金杯で◎にしたエピファニーは、負けたが後悔していないと言ってきたが、真ん中から一氣に伸びて快勝。もう一度、追い掛けるべきだったか。前走の敗因はピーヒュレクだとわかっているんだけど。『AJG予想法』の該当になれないので、その点が引っ掛かった。東京千八の強い馬が毎年集まる、むらさき賞やメイSを好走したトーセンリョウやエピファニーは強いのだけどね。
 クリノプレミアムは内へ内へ入り、あそこを通るとマイナスだ。勝浦も良い馬の依頼が来なくなってスッキリ乗れていないなあ。

2/17  4〜12℃  晴  北1
■レイチェル・キングは長距離が得意だそうだから、ダイヤモンドSをどう乗るか(彼女だからと買う氣になれないが)見ていたが、全然おもしろくなかった。坂を4回も超えるコースだから、あんなに積極的に前に入ったらダメだよ。東京の長距離は、スタミナではなく、息の入れ方だから。
京都牝馬Sのナムラクレアはあんなものだけど、スローぎみで始まった分、前にいたソーダズリングのほうが有利だった。決め手はペースだった。浜中のせいではない。
 コムストックロードは16番人氣だったが、ムルザバエフは好きだから、△にして正解。二の脚がつかず、ケツからの追込みになったが、ワイドがまた万馬券になってくれた。

2/16  8〜12℃  晴  北北西9
■日経平均が4万2000円を超えたら、もう2点天井とか、チャートのフシがなくなるので、率にして1割なら4万6000円、2割なら5万円と、急加速していくわけだ。今持っているのを、将来性のある銘柄だけにし、ホールドする努力しかない。最近は日経平均先物を買い始めた。これなら、NISAとか税金とかも、あまり関係ないし、自在に動こうと思えば動ける。

2/15  3〜19℃  晴  東北東1
■半導体関連は今は低迷期で立ち上がりのサイクルに入りつつあるが、いつまで経っても買ってくる。アドバンテストをPER30倍で、もう持てないと売ったら、80倍まで上がっている。これではエヌビディア以上ではないか。けっきょく、半導体と、増益か、自社株買いの超大型株が、外国人買いを呼びやすく、わたしも好きな葬儀屋やカップ麺ではなく、儲けの過半は超大型株になってきた。やれやれ。つまらん。ビットコイン銘柄でマネックスでも買っておくべきだったか。まさか、ドコモがマネックスを買収するとは思わなかった。

2/14  0〜18℃  晴  南南東1
■世界同時株高の高値警戒で、いちばん氣を付けないといけないのは外国株や外国ファンドだ。その日に売れないからだ。暴落や暴騰のときの1日の差は大きい。

2/13  −2〜16℃  晴  北北西1
■今日は日経平均が一日で1000円以上暴騰。新NISAで個人が買っているのだろう。人気のファンドを見ると、残高が急増してきている。あと1000円で史上最高値だ。1990年の正月明けに、最高値の2日後と3日後に、1銘柄残して持ち株を全部売り払った。皆には、バカか吉外のように見られていた。でも、2月末から世紀の大暴落が始まって、私の判断は正しいことが証明された。残した1銘柄は逆行高で1カ月半で3倍になったが、バブル崩壊で数年後には倒産した。懐かしい思い出だ。あれから、34年目か。毎日毎日、思考を続ける真剣勝負の日々だった。言葉にならない。
 今年の世界の相場は、さっぱりわからない。2カ所で戦争もしている。いつでも、日経平均先物を売れるように、準備はしているが。上がるものと下がるものが2極化する氣もしないでもない。よくわからん。急騰相場なんてのはクソみたいなものだ。

2/12  2〜11℃  晴  北4
■朝起きて、相場を見ると動いていない。ああ、そうか、今日は休日なんだ。最近は休日ばっかりだ。若い頃は祝日が少なく、土曜も半ドンで午前は出勤だったので、祝日が待ち遠しかった。あれだけ、よく働いていたものだ。エアコンもなく、夏の電車はエアコンもないから、ワイシャツは汗みどろだった。おかげで、健康だったが。

2/11  2〜11℃  晴  北4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と2着。今年は(03−06−00−05)。

 先週の反省を1週間続けて、なんとでもなるような氣はしていた。やはり、そのとおり決まって、5割の貯金が4つになった。先週、きさらぎ賞を普通にやっていれば、貯金は6つだったが、まあ、あの失敗で反省したのだから、仕方ない。
 「軸馬指数」以外も、雲雀Sはわけの分からない乱戦だったが、他は2着が4つで、方法論修正は成功している。
 社台Fの吉田照哉さんと同じで、まだまだ努力は諦めない。

共同通信杯トキノミノル記念は東京千八、良。
 千までが超スロー。12.8-12.2-12.3-12.7-12.7 という遅さで、好スタートのパワーホールはペースを味方に3着に粘った。
 上がりが、11.4-10.9-10.8 という、めちゃくちゃな速さで、普通に差しては届かない。ジャンタルマンタルは折り合いが問題だったが、少し行きたがったが川田が折り合いつけた。ジャスティンミラノの戸崎は、ジャンタルマンタルが折り合いを欠くなら、すぐ後ろでマークして差せる。折り合いがなんとかなれば、自分が前に行ってしまえば、追い掛けてくると折り合いを欠くから追い掛けてこないだろうという乗り方で、少し様子を見ていたが、スローペースと川田の折り合いを見て、前へ行く選択。この判断がズバリ決まった。動くに動けない川田の問題を逆手にとっての勝利。
 ジャンタルマンタルは最後は伸びてきて2着だが、皐月賞の二千は危ないことが分かったからNHKマイルに行くだろう。その前に、もう一度、千八のスプリングSか、スローになりやすい弥生賞を使ってみる手はありかもしれない。
 エコロヴァルツは前走は出遅れて追込みにしたが、以前は前に行っていた馬だから今日は行きたがって、たいへんだった。なんとかなだめて5着だが、これはNHKマイル行きで決まりだろう。
 ベラジオボンドは出遅れて、早めに押し上げたが、中途半端な競馬。騎手を替えるか?
 ディマイザキッドは出遅れて、最短距離の選択で、レイチェルの好きなイン差しを貫いて4着まで持ってきた。この女性騎手の腕は男並みだ。女だ男だと言うとマズい時代らしいが、もう、銭湯の女性側に男が入って女性の身体に触れて、警察は、男か女か捜査すると言っているが(どうやるの?)、日本では芸能界は宝塚ではないが、ホモとレズだらけで誰も差別なんかしてない歴史があるのだから、今までどおりで良いのだ。そのうち、牝馬が皐月賞に出てくるらしいから、ジャンタルマンタルも自分は牝馬だと言い張って桜花賞に行く手はあるが。
京都記念は京都二二、良。
 好スタートのバビットを交わしアフリカンゴールドが大外から意地の逃げ。でも、ペースは速くなかったから、アフリカンゴールド以外は、前に居る者勝ち。緩い馬場で、12.3-11.6-11.8 の上がりだから、最後までプラダリアをベラジオオペラは捕まえられなかった。

2/10  −1〜11℃  晴  東1
■洛陽Sは好きなレースで、楽よう。今年はなぜか人氣がないマイルはいつも好時計のトランキリテを◎にしたが、しんがり一氣で2着。浜中も後方一氣を狙っていて12番人氣で3着。最近はフルゲートとか人氣薄以外は、ワイドはフォーメーションで買っているが、これは総流しで楽に儲かった。
クイーンCは東京マイル、良。
 デイリースポーツの社杯だが、東日本版に連載していたから、2つのうち、こちらが私の担当の社杯。まったく、ほとんどあたらなかったので、デスクも私のコラムは毎年、諦めていた。
 平均ペース。前走で大出遅れのテリオスサラを今回も◎にしたが、戸崎は好スタート。でも、前に行きすぎて、最後は後方で脚を溜めた馬たちのズブズブの差し競馬。このレースは、何年経っても一筋縄ではいかないねえ。
 ルメールのアルセナールがアッサリ勝っている競馬だったが、前のテリオスサラが邪魔になって、待った分の負け。ややこしい。アルセナールはどこのトライアルに行くかだ。

2/9  1〜10℃  晴  北東2
■やはり、啓蟄になると春らしい。松山で言えば椿祭だ。その頃になると、プロ野球のキャンプが来て、松山球場に見に行くと、すっかり春だった。須賀田君と行ったなあ。ドラゴンズの選手はスタンドから見ていると、フライを捕るとボールをスタンドに投げ込んでくれたものだ。須賀田は、もう亡くなったんだよなあ。なんで人は死ぬのだろう。せっかく生まれてきたのに。何をやっているんだろう。

2/8  −2〜11℃  晴  北2
■昔の仕事仲間の生き残りと話して、戦後の2大作家は松本清張と手塚治虫で一致する。
■日本全体の重心は、能登半島の珠洲市の東沖にあるらしい。翡翠はダイヤの次に硬いが、重い糸魚川翡翠が、糸魚川沖に溜まっていたりして(笑)。

2/6  1〜6℃  みぞれのち雨のちくもり  北1
■坂口智康調教助手が障害騎手免許を取得したそうだ。凄いねー。こんな話があるとは・・。絶対、応援しなきゃ。
 細江純子の調教師免許も楽しみに待っている。JRAよ、免許やれば。馬を見る目は凄いと思うなあ。
■今日は決算発表で、日本を代表する会社として持っている3社のうち、トヨタと重工が場中に上方修正発表で5%以上の急騰。もう1つの商事も減益だが5000億円の自社株買いを引け後に発表したから、まあ、下がらないだろう。
 最近は、ずっと持っているカップ麺や葬儀屋だけでなく、AI医療の会社も2つ拾い始めた。AI医療とか、自治体のDX関連とかは、不景気がないから突然の下方修正がないから好きだ。
■昨日は損保会社から、あなたの地域は豪雪警戒3、というメールが来たが、あのみぞれで雪は積もってないのですが。

2/5  3〜4℃  くもりのち雪・みぞれ  北3
■今週の軸馬は、京都記念と共同通信杯です。たぶん、両方とも土曜送信です。
■@kkkfff1234k
やってみたら 出来ました??
脳に異常なし

2/4  3〜9℃  雨のち晴  北北東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年は(03−04−00−05)。
 今週はなすすべなく終わった。2重賞とも2択だったが、2択の相手が、きさらぎは1着。東京新聞杯は両者同じで、きさらぎは好みでないピーヒュレクが勝って川田が不利があって脚を余したのだから、どうにもならない。

東京新聞杯は東京マイル、良。
 マスクトディーヴァが大出遅れ。この馬は4角から早めに仕掛けられるのが取り柄の馬なので、1秒は損をしたのが大きすぎる。早めに追い上げたのも脚を使ったし、普通に出たら、順当に勝ち負けだった。
 あとは2月の東京の内中伸びの流れで、平均ペース。こうなると昨年と同じで、ウインカーネリアンのチャンス。追切りが抜群でパドックも良かった。
 サクラトゥジュールとアスクコンナモンダのどちらをイン差しで狙おうかと迷ったが、両方△だったか。
 ジャスティンカフェは昨年と同じで前が壁。この馬は、もう1列か2列、前で勝負する試みしかないのでは。
きさらぎ賞は京都外千八、良。
 ビザンチンドリームは後方から。予想どおりの危なっかしい追込みだったがハナ差届いていた。こういう騎手や馬が1番人氣だと、逆らいたくなるのは仕方ない。
 川田のファーヴェントは、直線に向いたら前がスラッと壁で、仕方なく内へ行ったが、シヴァースが内へ斜行して、挟まれて川田が立ち上がってしまった。前からのパトロールフィルムを見ても、あれは斜行で降着だろう。ああいうのを降着にしないのは、最近は多くて困るが、裁決はパトロールを見ていると思うが、甘いのではないか。
 ウォーターリヒトは伸びるなあ。毎回、△にするしかないか。

2/3  3〜10℃  晴  北北西4
■@7Znv478Zu8TnSWj
わたしが好きなタイのCM。何度見ても泣けてくる。
支払い済み ■ルメールの馬は下馬したようだけど、太かった氣もする。もう少し選んで乗せてほしい。春・秋しか、ルメールはパッとしないけどねえ。

2/2  3〜8℃  晴  北東2
■今週も「AI軸馬指数」は2レースとも金曜には送信しませんので、よろしくお願いします。

2/1  4〜15℃  晴  北北西7
■カップ麺の会社は、昨日発表の決算が会社の予想どおりだったが、四季報予想より悪いと昨日暴落。しかし、会社の予想は辛めなので、今日は大急騰。あたりまえだ。為替想定141円だから上方修正されるだろう。機関投資家なんていいかげんなものだ。

1/31  −1〜14℃  晴  風なし
■能登地震の被災者は、食も寝るところも恵まれてない人が多い。駐車場の金を取るとか、2次避難所で食事が有料だとか、何か指揮系統がおかしい。もう、理解できないよ。

1/30  0〜12℃  晴  北北東2
■IQは世界平均が100で、国別に高い順は、
1 シンガポール 108
2 香港 108
3 台湾 106
4 韓国 106
5 日本 105
6 中国 104
7 スイス 102
8 オランダ 102
だそうで、東アジア全体が多いなあ。どうなっているんだろう。

1/29  0〜11℃  晴  北2
■XをやっていたらIQテストがあったのでやってみた。30問を制限時間3分だったかな、の半分で、急いでやったので、難しい数字の問題は思考時間が足りなかったが、全人平均のトップから12番目くらいで着地。早く寝たいからぶっ飛ばしすぎたか。子供の頃のIQは、まだ記録的な数字で誰にも負けてない。空間認識とか数字の問題とか、競馬に慣れているから少し楽か。100人で12番くらいだから、まあ、どうってことないか。制限時間いっぱい使ったら7番くらいか。どうでもいいな。東京新聞杯をあてたほうがいい。

1/28  0〜10℃  晴  北2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と1着。今年は(03−04−00−03)。
 今週の「ホースレター」など全予想6レースは、すべて1着。週に(6−0−0−0)だった。2着までの連対パーフェクトは久しぶり。競馬通信社の本紙予想担当のときは、1日7レースが多かったけど、それでも何度もやったんだけどね。1着だけのパーフェクトは生涯初めて。相性の悪い川田と手が合えば、まあ、こうなるかなと。
 これで、先週から8レース連続で◎の連対継続中。8レースで、1番人氣馬は4つだから、氣分は良かった。まあ、たまにはこういうこともあるだろう。
 何度も言うが「AI軸馬指数」はテリオスサラは大出遅れで、エピファニーは仕方ない。ピーヒュレクの位置どりの問題だ。レイチェルなら来ていたと思う。だから、ミスは何度も言うが、アルナシームだけだ。
 今年は自分で乗りたい馬に加点しているからかも。自分の思いどおりに騎手が乗っていれば、もっと良くなるかもしれない。今年の外国人Jはイライラする。レイチェルだけは勘が良いし下半身が動かずに嵌まる一流で、10R節分Sの川田のクルゼイロドスル−ディオスバリエンテは◎◯だったが、馬連1680円とは、まだレイチェルがマグレくらいに思われているのだろう。

根岸Sは東京ダ千四、良。
 ハナ争いするほどの馬もいないから、やや遅めの平均ペース。直線に入って、すぐ 11.4 のラップだから、エンペラーワケアをピッタリ・マークしていた藤岡康のサンライズフレイムも、再び離される始末。追い込み一手ではたいへんだと、少しでも早めにと追い上げたタガノビューティーやアルファマムも、平均ペースだから35秒の脚を使っているのだけど、同じ脚色だから、まったく届かない。
 このレースは得意なレースだが、フルゲートになると、追込み−追込みのズブズブは、乱ペースになるとかでないと、めったなことでは決まらない。土曜は追い込みはまったく利かなかったので、今日は早め競馬が多くて差しも決まっていた日曜だが、さすがに重賞で、ハナ争いもなければ、どうやっても1秒も速い脚は使えないわけだ。1秒速いと34秒を切るくらいだから、芝ではないからムリ。
 サンライズフレイムはパドックで凄い馬体をしていたから、石坂師が同じ状態でフェブラリーに行けば、まだチャンスはある。乗り方に問題はなかった。あとはペース次第だが。

シルクロードSは京都千二、良。
 京都千二の重賞。徹底的な内枠有利で、めったなことでは外枠は来ない。
 こういうことには、私は逆らわない。競馬で、「裏の裏」や、「裏の裏の裏」を読むとかが大嫌いだから、こうなってこうなるから、こうなのだ、という論理思考しかしない。だから、外枠は、皆、片っ端から減点して遠慮しない。
 内枠のルガルが好スタートで二の脚が速かったから、ゆっくり抑えて、押しまくってハナへ行くテイエムスパーダをすんなりハナへ行かせて、3馬身差の2番手。これなら、アグリよりは有利だ。
 直線は内が荒れていて、捨て身の逃げ馬が内へ行っただけで、他の馬は外めへ出す氣分で、スイスイ伸びて、3強対決で決まった。アグリとエターナルタイムの差は、力の差だろう。

1/27  2〜11℃  晴  北北西6
■今日は3レース予想して、全部1着という珍しい結果でした。自分だったら、どの馬に乗るかという考えを手放さずにやったんだけど。騎手も、自分が乗りたいなあ(笑)。

1/26  0〜10℃  晴  北北西7
■昨日は日記を忘れました。秘書のせいです。
■芸能人を叩いているが、あれは芝居だ。ほんとうのことは別にある。TVは捨てたほうがよい。

1/25  −2〜8℃  晴  北西8
■能登はたいへんだ。まず、最初からマイナカードで対応してほしいと言うけれど、電氣も機械もないのにマイナカードでどうするの? 海外には30兆円もばらまいたのだから、家屋の建て直し資金は潤沢にあるはず。どこへ使うかだ。なんで、私の血統の4分の1は石川なんだろう。南海トラフの大地震が来たら、日本は終わるね。

1/24  2〜6℃  晴  北西6
■仁堀連絡船の夢を見た。と言っても、もう誰も知るまいが。呉線の仁方桟橋なんて知っている人もいないのだろうなあ。大林宣彦が育った尾道あたりは好きな場所だ。日大全共闘のバカまじめだった秋田明大は呉線沿線で鉄工所やっていたなあ、と思い出す。
■冬至も過ぎて日が長くなり、大寒も過ぎて、今日明日がいちばん寒い季節。笠家の人たちの誕生日とか命日が並んでいる1週間だ。グランベルナデットは横山武だから◎だったなあ。今頃、簡単に気付いても・・。

1/23  3〜12℃  晴  北北西5
■環境だ、太陽光だと言って、日本の自然はソーラーパネルだらけ。釧路湿原も阿蘇の外輪山も、ソーラーで敷き詰められている。理解できない。

1/22  3〜13℃  晴のちくもり  北東1
■風が弱くて暖かいから、散髪と医者に行ってミヤBMをもらう。酪酸菌の一種だが、腸内細菌が免疫の基本だ。最近、やっと脳腸相関とか言われるようになった。でも、エキソソームの働きから言えば、どんな細胞も信号を出しているはず。これからの医学は、このへん目当てか。今頃、そう言われても、恩恵には浴せないが。

1/21  5〜12℃  雨のち晴  北西3
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と2着。今年は(01−04−00−03)。
 今週は、どちらかは1着だと思っていたが、先週と同じで、また2着が2つだった。でも、どちらも◎◯の本線的中。天気が荒れて考え込んだが、まずまず簡単でよかった。
 フェアリーSは大出遅れが敗因だし、中山金杯はあれで悔いはない。今年の失敗は京都金杯だけだ。
AJC杯は中山二二、不良。
 不良馬場のまま。逃げ馬不在だから遅めに始まって、マイネルウィルトスがハナへ。チンタラチンタラ流れる。こうなると後方の馬では、中山二二はムリ。いちおう、有力馬は前半分に。
 その後、そういうコースの特徴を意識して押し寄せるから、息の入らないキツい流れで直線へ。
 そのまま、前の馬で決まったが、最後の坂で、各馬が息切れして、二四や二五に強いハーツクライのチャックネイトが差し返した。レイチェル・キングも前々で積極的な競馬ができて、短期免許5人衆では抜けて上手だ。最後まで諦めないし、今冬の5人衆には珍しく、膝や腰が崩れない。他の4人には乗せないほうがよいだろう。
 ボッケリーニは外枠から荒れた内を走らなくてすんだし、中山二二だから前に付けられたが、それでも外々回る分の差で2着になってしまった。浜中の乗り方には問題はなかったが、多少、体力を消耗して追い負けしたか。歳だと言われないように、身体鍛えてほしい。でないと、必要以上に舐められるかもしれない。ひいきの騎手だけに頑張ってほしい。
東海Sは京都ダ千八、重。
 スタートして、遅めのペースなのに、外の7枠から一氣にウィリアムバローズが2番手へ。それを見て、5枠のオメガギネスが負けじと前に行かせたら、ウィリアムバローズの外へいかざるを得ず、おまけに口を割って折り合いを欠いてしまった。
 戸崎は一生懸命、折り合いつけて、無事に4コーナーへ入ったが、上がりが速くなって、勝ち時計も1分49秒2。そのまま1馬身の差が追い付けなかった。この差は、千八適性の差としか思えない。
 それ以外は、力通りの大混戦での入線。もったいなかったのはミッキーヌチバナで、凄い行きっぷりなのに松山が抑えすぎたら、位置どりが後ろになりすぎ、直線に入ったら前が壁で、抜けそうで抜けなかった。坂井も松山も前に行くのが得意だけど、坂井のほうが腹をくくって前に出していけるのが強味だろう。

1/20  大寒 6〜6℃  くもり時々雨  北西1
■ツイッターXで、昭和の水銀体温計は、どうやって元に戻すかという質問。まあ、私は一生、1本の水銀体温計ですますつもり。デジタル買ってもしょうがないよ。

1/19  5〜13℃  晴  北北東1
■「AI軸馬指数」の2重賞は明日送信します。
■屋久島に行ってないなあ。

1/18  1〜15℃  晴  東1
■子供の集団疎開とか言うけど、勉強のためと言っていたけど、なんだ、自習らしい。自習なら親と一緒に暮らしながらやればいいのでは。仮設住宅の建設も東北震災時よりも遅すぎるし、石川県はかわいそうだ。

1/17  −1〜11℃  晴  北北東1
■正月早々、中国の投資家が日本株を買ってきていたらしい。新NISAは長期投資向きなんだけど、アメリカ株が軟着陸できるかどうかが読めない。SP500のインデックスを買うのが新NISAの人氣らしいが、そんな皆が買うものなんか危なくて買う氣になれない。わたしは増益で、予想PERが安めな株が好きだ。こればっかりは、自分の流儀を通さないと誰しも居心地が悪くなる。人によって好みは違うが、株だけは金額が大きいから、自分の好みのスタイルでやってないと、落ち着きを失いうまくいかない。

1/16  −2〜6℃  晴  北北西8
■『感染症は存在しない』岩田健太郎の Kindle を速読。ダイヤモンドプリンセスに乗り込んだ神戸大の医師だ。「こととしてのインフルエンザ」と「ものとしてのインフルエンザ」は違う。この考えはややこしいが、まあ、そうかなあと。インフルエンザの症状を起こすウイルスは、インフルエンザウイルスは半分以下だとか、ややこしくて紹介もできない。

1/15  −2〜10℃  晴  北北西7
■今年の重賞は6つ終わって、大混戦だらけで、まだ1番人氣に1回しか◎を打ってない。それで5割ならよしとするか。2月の東京は得意だし、まあ、オーサムアゲインを買っていれば・・。終末は雪予報との戦いか。
■今日は冷え込んで風が強いので体感温度は低い。オーサムアゲインだ。

1/14  0〜10℃  晴  南南東3
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と2着。今年は(01−02−00−03)。
 今週は難解Gが2つだったが、夜3回歯を磨くが、そのたびにも考え続けて、今年唯一後悔している京都金杯のアルナシームのミスを繰り返さないように氣を付けて、よかった。金曜に京成杯を送信していてもアーバンシック◎だったが、まあ、焦って送ることもないか。
京成杯は中山二千、良。
 アーバンシックは出遅れで最後方から。この癖を直さないとG1で1着になれるかどうか怪しい。
 スローで上がりの競馬。アーバンシックは横山武が、2コーナーから少しずつ位置を上げていくという微妙な競馬。でも、それが奏功して、4コーナーも大外ぶん回しをせず、中割りから、最後は凄い脚で、先行馬群を一氣に全部交わした。
 でも、勝ったノリのダノンデサイルが、前走は出し抜けを食ったが、今日は馬も緊張していたか、アーバンシックが隣に来たら、また伸びた。レースの上がりが、11.9-11.3-11.6 だったが、この馬は、器用な競馬ができるし、Gold Digger ≒Roberto や、中距離のシアトルスルーや、底力のストームバードなどが全部利いて、競馬上手で二千に強い馬だろう。便利な血統をしている。
 バードウォッチャーは形を作れたが、伸びようとしたら10kg増の馬体で腹目に余裕があっただけに伸びなかった。
日経新春杯は京都二四、良。
 「AI軸馬指数」のヒンドゥタイムズはルメールでなく、ルメートルでした。削除してください。もう今まで3回くらい間違いそうになっていたが、とうとうやってしまった。
 ディアスティマが逃げたが、最初が速くて競りぎみになってハイペース。外枠からサヴォーナが4番手まで行ったが、川田のサトノグランツのように、途中で速いと見て下げるべきだった。坂の上がりで好位4番手だが、少し開いた5番手のサトノグランツのそばでよかったのに。最後が1馬身差だっただけに少しもったいなかった。
 ブローザホーンは心房細動の次走は捨ててしまうことが多いのだが、体重は戻り、今日は二人引きで氣合も良かった。重馬場なら心房細動だろうがなんだろうが狙いの一頭に入れるのだが、少し柔らかい京都とはいえ、良馬場では狙いづらかったが、長いところは強い。
 騎手時代も調教師としてもG1を勝った中野栄治師は来月引退だが、自厩で春天に出したかっただろう。
 ハーツコンチェルトはあれで来なかっのだたら、やはりズブい。もっと、追切りで切れが出て前進気勢を見せないと。
 サトノグランツは一瞬来たかと思った競馬だが、やはり重賞2勝でハンデが重すぎた。

1/13  2〜10℃  晴  北東1
■短期免許の外国人は、あいかわらずレイチェル・キングだけが前へ前へと積極的で成功していた。他の人たちは、スタートはゆっくりだし、位置を上げようともしないし、直線があと400mあれば届くのに、という競馬が好きで、2週目だとモレイラでも目が覚めてレースに合わせられるのに、全然、何も考えていない。ゴール板すぎてから勝ち馬に並びかけるのが好きみたいだ。軸にするのも印を打つのも、名前見ただけで、ちょっと腰が引ける。
愛知杯は小倉二千、良。
 開幕週で、馬場は内伸び。川田はムリもせず、スイスイと走れて余裕の楽勝だった。コスタボニータは、内でもまれたけど、わずかに距離が長いか。千八がベストだ。格で勝っているけど、距離で負けている。

1/12  −4〜14℃  晴  南1
■今週の「AI軸馬指数」は日経新春杯と京成杯ですが、両方とも明日送ります。
■株は外人買いが続く。株がいちばん簡単だ。今期来期と増益で、高配当で、予想PERが低いのを買っていれば問題は少ない。もう一つ加えるとテーマだが、テーマのある派手な株は、機関投資家が既に手を付けているけどね。
■今朝は冷えた。年齢的に体調万全という日は少ないし、予想のあいかわらず難しい。< br>
1/11  1〜7℃  くもり  北北西3
■新NISAは、儲かっても何年も無税だからそりゃやらなきゃ損。中国人も、中国市場が低迷しているから、日本株のETFを買って参戦しているみたい。
 ただ、証券会社のHPの説明が、言葉足らずで、読んでも「積立NISA」の細部までは理解できない。おかげで、別の用事で正月明けから証券会社に電話しているが、いつも30分待ち以上で、諦めていて、返事も聞けない。バブル以前からやっている私が理解できないのだから、ほとんどの人は細部まで理解できていないと思う。
 本氣で皆が新NISAを買い始めたら、バブルが始まった頃の主婦が皆株をやりまくりはじめた頃に、時代が、一時期だけかもしれないが、戻るかも。
 これで消費税を廃止すれば、日本は立ち直れるのに。もったいない話だ。

1/10  −2〜12℃  晴  西1
■国は被災者に20万円貸し付けるんだって。

1/9  −3〜9℃  晴  風なし
■金町にあった「ジャズ38」が亀有にあるのを発見。ついでに検索したら、下北沢の「マサコ」が、ウェートレスの人がレコード譲り受けて店を出そうとしていたけど「場所がなくて」と泣いていたが、立ち退きになった元の場所の近くで再開しているのを発見。
 まあ、八代亜紀さんが亡くなるし、悲喜こもごもだけど・・・。

1/8  2−9℃  晴  北西5
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬と好きなJazz喫茶を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は着外3つに1着。今年は(01−00−00−03)。
 上位混戦の重賞が4つ並んで、たいへんだった。3日目のシンザン記念は、最初はエコロブルームのつもりだったが18頭立ての京都の山越えの7枠、もう意地になって、3択を徹底的に比較していったが、差はなく、ほんのわずかな差で、3番人氣の川田に期待した。17番人氣を連れてきたから、ワイドは万馬券で、パドックを見て500円の単勝まで勝負したから、今年の回収率は、ワイドの配当がつきそうな「AI軸馬指数」の3レースだけやって、200%を軽く超えてしまった。
 嬉しいような哀しいような、難しい重賞の並んだ週だった。フェアリーSも大出遅れがなかったら勝っていたと思うけど。
 外国人短期免許の5人は、日本の競馬にかなり慣れないようで、レイチェル・キングだけが生き生きと活躍していた。センスがあるな。

シンザン記念は京都マイル、良。
 ゲート出て、18頭もいたから少し速めのパース。ノーブルロジャーは手を動かして追い掛けていったのは正解。あれだけ行かせても、折り合い付くから、ややこしいことにはならない。
 ルメールのエコロブルームは出して行って好位。インに拘って10Rは前が詰まって人氣を裏切ったが、それでも内が伸びるからと、シンザン記念も内を狙ったが、前を横切られた。それでも、このレースは通路が開けたので、そこを伸びて計算どおりの競馬ができたが、「AI軸馬指数」に馬体に大物感がイマイチ、追って伸びるかどうか、と書いたが、やはり爆発力がソコソコ止まりだった。重馬場の新馬で負けたが、クッション値が、もっと硬い馬場のほうがベターかも。
 ショーマンフリートは18kg増で、パドックは太く見えなかったから、レース間隔からの成長分か。使われてないせいか、反応がイマイチでダラダラしか伸びなかった。トモは良いから、東京二千くらいのほうが良いような氣がする。中距離血統だもの。
 ノーブルロジャーは内から外へ、難しい進路取りになって、最後の直線は、内へ寄せていって3着のウォーターリヒトと違って、やや外へ向かうくらいの乗り方で、馬場がよく読めていた。2日目も外からの追い込み一氣も決まっていたが、あまりの内伸び馬場で、今日も皆が毎レース、内へ行って、内は進路がなくなったりするし、木曜の小雨で馬場が良のわりに緩かったから、腹をくくって外へ行ったのは好騎乗と言えた。
 ジャンタルマンタルと同じような馬体で、この父は種牡馬として成功するだろう。

1/7  2−12℃  晴  北4
フェアリーSは中山マイル、良。
 テリオスサラが何馬身もの大出遅れ。外へ回して0秒4差まで追い込んだ脚は良かったが、まあ愚痴を言っても、どうしようもない。嵌まったレースだったけどなあ。
 キャットファイトはハナへ引っ掛かっていき、あいかわらず読めない馬だ。
 スローで始まって、その後が速くなり、その後中盤が緩んで、上がりの速い競馬という、普通でない展開で、イフェイオンはフラフラするような馬だが抜け出した。
 後方からマスクオールウィンがマクってしまって2着。スティールブルーは後ろ目に付けたが、やや後ろすぎたか。変則乱ペースに翻弄されたようだ。
 このレースは、たいていの年が参考にならないが、今年も参考になるとは思えない。

1/6  −1〜15℃  晴  北1
中山金杯は中山二千、良。
 スローで始まって、途中からゴールまでが、速めの平均ペース。
 いつも後方一氣だったリカンカブールは展開的に狙いづらかったが、なんと、津村が好位にいて、楽に抜け出して快勝。津村の先行は嵌まるとキレイだ。
 エピファニーのピーヒュレクは、レース後談話で、もう少し流れてくれないと展開的に難しいとか言っていたが、ピンぼけのコメント。日本の競馬に慣れるのは、モレイラでも1週目は合わないくらいだから、欧州から来たら、何週か掛かるかもしれない。初日から◎を打つほうが間違いだなあ。
京都金杯は京都マイル、良。
 凄いハイペース。一生懸命、抑え込んだ岩田康のコレペティトールが、彼の好きなラチ沿いのイン差し。キレイに決まった。
 セッションは坂井が前に行かせたが、このハイペースでも粘ってしまった。
 まあ、後方追走馬も、このペースで脚を使わされて、全体がバテているのだけど。坂井の勘が冴えているのか、乗れているなあ。鮫島と坂井の差は大きくなっていくのか。
■30日から7日連続で「AI軸馬指数」の予想して、株の年末に出た四季報をパラパラ見て、つみたてNISAに向いた銘柄を探した。事件も多く、不可解なことも多く、起きている時間中、ずっと忙しかった。そもそも、ロシアのドローンが焼け焦げた輪島の町を撮影して流してくれたが、どうしてロシアのドローンは航空管制が不要なのだろう。どうして、日本の政府やメディアはドローンを飛ばさないのだろう。ドローンなら静かだから、生き埋めの人の合図がかき消されることもなかろうに。日本の自治体にはドローンもないのかな。私だって、もう使ったのに。

1/5  −1〜11℃  くもり  北1
■日本株は買われ、米中の株は売られた。20代で民間の健康保険に加入すれば、月々の掛け金は、年齢的に、ただみたいなものだ。その次に、新NISAは有効な施策で、若い人は、つみたてNISAで、高配当施策の会社の株を20年持っていれば倍にはなるだろう。なるべく世界同時株安の年に多く買うことだ。家を買うのに手を付けるのは3番目だろう。

1/4  6−14℃  晴  北西7
■株は、アメリカがアップルやメタが売られ、へたった。日本は新NISAで、225はダメだが、高配当銘柄に買いが入った。それとは別に、私のドラッグストア2社と、カップ麺2社も急騰。
■高須克弥@katsuyatakasu
着陸なう
高須が個人でヘリで行っているのに。
311のときの菅直人は300機、翌日の空から飛ばせた。
まだ民主党のほうが優秀だったとは。やれやれ。
■台湾の救助隊を断ってしまったが、まだ、生き埋めの人はいる。スマホからの発信は全部助かってない。もったいないなあ。

1/3  0〜10℃  くもり  北北東1
■3日の日は、日本最古のアーケード街のある北九州市の古い商店街が、また火事だ。最近、しょっちゅう燃えている。三が日は終わるから、明日からは何もないことを祈る。
■能登を教訓に、これからは、家庭に1台の大容量蓄電池が売れていくだろう。わたしも前から買いたかったが、安くなるのを待っていた。
■中山金杯の予想。
■今日も掃除。大掃除などしないが、普段と何も変わらない。パソコン内部に埃が溜まっている予感。裏蓋開けて、掃除機の弱で吸うが、基板の上だから怖い。キーボードの底は復帰が面倒そうだから開けなかった。22本の充電池の充電。最近のはメモリー効果が無いらしいので、小まめに充電してマイナスだということはないらしいので半年に一度はやる。

1/2  0〜7℃  晴  北1
■@Yqkzp0IPY8rU9sY  #能登地震 #地震 
永遠に走ってくる??
日本もまだまだ捨てたもんじゃないな??

現場は超一流。
政治家が三流。
能登地方に駆けつける近畿地方の消防車たち

ツイッター(X)には、家族が生き埋めになっている場所の番地や、家の間取り図のどのあたり、助けに行きたくても道路が走れない、というツイートが溢れる。それで、大阪あたりの消防に助けられ、何人か助かっている。ツイッターは必要だよ、イーロン。

■母の母の故郷・七尾は震度6+だったらしい。<災害が起きたときの直接寄付窓口>というのを作っておけばと市役所の人に電話で言うと、そうですね、考える、とのこと。

1/1  9〜11℃  晴  北北西8
 あけまして、おめでとうございます
■午前遅く起きる。夢うつつで考えたが、今生はあまり人の親切に応えてないな。反省しながら起床。最初の排便は成功。掃除して、お湯で身体拭いて(慣れると風邪引かない)、洗濯して、京都金杯のイヤらしいレースの予想。ツイッターで新年の挨拶。年賀状はあまり書かない主義だが、多いときで30枚に満たなかった。もう、どんどん死ぬし今年は10枚に達しない。
 夕方、母の母の故郷・七尾の近くで地震、震度7。我が家は震度3。朝・昼メシは、味噌汁だけ。夕食は普通に食べる。You Tube 見て、21時過ぎに寝るのは不変。虫歯はシステマEXのイエテボリ法で1週間で治してしまった。前回はGUMデンタルペーストだった。

12/31  4〜13℃  晴  北東2
■大晦日か。年越しそばは、とくに食べない。おせちも食べない。85年くらいまではコンビニもなかったから正月は食糧難だった。昔は定食屋チェーンなどという(1回入ったが、まあ、食べ物だなあというくらいの場所)ものもなく、商店街は三が日は皆閉まっていた。
 独身だと、引っ越すとすぐ定食屋を探しまくって、1キロ半くらいの中に、美味しいところを見つけるから、中華料理屋とか、日本ソバ屋でカツ丼とかの食事もほとんどしなかった。家庭料理を食べさせる定食屋が、道の裏とか地価の安いところには必ずあった。
 20代の調布は、食い物ないから帰省することも多かったが、正月三が日は駅前にケーキの箱入りを並べて売っている母子がいた。30代は定食屋のおばさんが、私にだけは、おせちを3折作って持たせてくれて、独身者としては贅沢な正月が送れた。今から考えれば、ありがたい話だ。40代は元日以外は定食屋が店を開けていた。
 食べ物がダメになると身体が老化するかもしれない。定食屋があった20年前までは、白髪も少なく若々しかった。ホームページの写真などそうだが、老け顔でもないし、10歳は若く見られた。56歳から、食べ物が貧相になって老化しはじめたかな。ガンにもなった。
 最近は、もう、腹を満たせられれば御の字だ。
 いつもの正月はパソコンいじりだが、最近はパソコンも飽きてやらない。相場も半身だし、今日はフェアリーSやった。元旦はどちらかの金杯だ。
■相場は、アメリカが株で儲かってない個人は、もう借金まみれで、貧富の差が激しく、金利低下はリセッションではないかと思う。株も23年は上げたが、24年はテスラ株とかバブルではないのか?
 日本株は、あいかわらず葬儀屋。あとはドラッグストアとカップ麺の会社くらいしか買いたい物がない。インボイスやデジタル化で儲かる会社や、兵器産業も時代に合うから買っているけど、普通の会社はなぜか興味が湧かない。
 では、良いお年を。

12/30  1〜11℃  晴  北西1
■シンザン記念の予想が終わりそうだが、凄いメンバーだ。
■自動車がEVだけになる日は来ないと、ずっと言ってきたが、やはり欧米メーカーも、設備投資を延期しはじめた。テスラが儲からなくなる日も近いだろう。中国の独壇場になりそうだが、今の大寒波で、立ち往生するEVは多い。雪原で立ち往生したら生死に関わる。世界の自動車が、皆、EVになったら、と思うだけで怖い。水素や固体電池は、ある程度流行ると思う。

12/29  −1〜14℃  晴  北2
■「週刊競馬ブック」を恒例のダウンロード。週刊競馬ブックを創刊から溜め込んできたM行は、ホープフルS号はアナログが休刊だったから、全部溜めるのは不可能だったから、これを機に何十年と溜め込んでいたのを捨てるんだろうな。
 もっとも、昔は、東のブックと西のブックは、内容が別々で、表紙の色も東洋水産のカップ麺みたいに赤と緑だった。どうしても西のが読みたいときは、東京駅の新幹線ホームの入場券を買って、新幹線が関西から到着すると、すぐ列車に乗り込んで掃除する前の座席から、西のブックを拾って帰っていた。あの頃の新幹線の上京客には競馬狂が多かったよ。神戸新開地のM原のおやじさんも、府中まで勝負に来ていたし、新橋にあった軽種馬協会に本を買いに来たりしていた。

12/28  2−10℃  晴  北2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着。今年の「軸馬指数」(24−17−14−51)
 今年のG1は(5−5−4−10)。

 今年の「軸馬指数」は昨年とほぼ同じ。「ホースレター」は少し良かった。G1は券内15レースが年間目標だが、14だから、まあいいか。12月の競馬がチョロチョロ荒れて困ったが仕方ない。
 最後の最後のファイナルSは、4番人氣のムルザバを◎にして、3着の券内に来てくれて終了。朝日杯の日曜から、ホープフルSの最終日までの4日間は、予想法を微修正したが、1番人氣の◎が5レースで、総計は(3−3−3−3)だから、サンプル数が少なすぎるが正解だったか。
   来年も、ワイド総流し+少し何かの券種、で生きるのだろうなあ。永遠の工夫・微修正でいきます。

G1ホープフルSは中山二千、良。
 最後のG1を勝ったのは、またノーザンファームだった。驚いたことに、1勝馬のレガレイラはパドックで1番人氣になってしまった。454kgだが、ゆったり大きく見せる馬で、「軸馬指数」でも馬体も褒めておいたが、良い馬だ。何事もなければ、オークスは決まりなんだろう。
 有馬で2番手まで上がっていったルメールは今日は末脚勝負。私も1勝馬だが強いと思ってどんどん指数を上げていったが、とにかく前走の勝ち馬のモレイラが、後ろのレガレイラをチラチラ振り返りながら斜行して邪魔したので、あの敗戦は度外視できるほど。
 後方から大外は回さずに中割りぎみに外へ出して、距離損を避けるというルメールらしさで、最後は前残り馬場を一氣に差し切ってしまった。
 来年のモレイラは来日しても、今年より依頼馬のレベルは下がるのではないか。
 シンエンペラーはドイツのヒーロー・ムルザバエフを矢作師は乗せてきたが、先行馬場なので正解の指名。正攻法の競馬で、競ると強い馬だから、並ばせないで単独で先頭に立つのが少し早かったくらいで大きなミスはなかった。勝った馬が強すぎた。
 どうでもいいかもしれないが、最後は単純枠目で年後半に出ていなかった7枠がついに出た。もっと早く出ろよ。

12/27  2〜12℃  晴  北北西5
■今日は受渡日が来年となるので、新NISAで買えるので、また買う。どうせ、NYで波乱が起きたら、1時間も掛ければ全部売れるから氣にしない。あと、何十年も生きるわけではないから、NISAで20年も持っている必要も意図もない。

12/26  0〜12℃  晴  南東2
■来年は新NISAで、個人がどっと買いに来そうだから、先回りして、NISAでない資金で少し買っておいて正解。

12/25  −2〜11℃  晴  北北東1
■起きて「週刊競馬ブック」をネットで買いに行く。月曜の朝の恒例の行事だ。ところが、価格が「0」になっていて、システムでも壊れているのかと、ブックに電話すると、今週は木曜開催の1日だけなので、中身が薄いから、無料でサービスだって。嬉しいダウンロードになった。でも、「一物2価」は商慣行に反するから、コンビニや駅売りは無料で配るのかと聞いたら、アナログの雑誌は休刊だそうな。なるほど。今週は忘れずにダウンロードしてください。
■今朝も冷えた。暖冬予想ではなかったか。まあ、中国の大寒波に比べれば20℃は余裕があるが。

12/24  −1〜10℃  晴  北東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は3着と券外。今年の「軸馬指数」(24−16−14−51)
 今年のG1は(5−4−4−10)。

 有馬は終わった。ドウデュースの武は、有馬以外でもG1全部の歴史に遺る名勝負だった。あれは武でないと、まず勝てなかっただろう。ストロングエイトの中島啓之や、カネミノブの加賀武見みたいに騎手の魔術だ。凄いものを見せてもらった。この人は、1日の騎乗数さえ減らせば、歩けなくなるまで乗るだろう。G1に100勝しても驚かないようにしよう。

G1有馬記念は中山二五、良。
 ○タイトルホルダーがハナを死守して逃げ。ラップが同じ中山二五の日経賞を楽勝したときが、6.9-11.7-12.0-12.9-12.6-13.1-12.9-12.7-12.8。今日の有馬は、7.0-11.3-11.9-12.0-12.0-12.2-12.5-11.9。千メートル通過が60秒3。G1のメンバーだけに、後続に脚を使わせるのは良い作戦ではあるが、その中間の、123-123-123 くらいで、少し楽して行ったら、逃げ切ったかもしれない。○にしたが、インの前が強い馬場で、◎にするべきか考えたが、飛ばして逃げて、最後の最後に捕まるかと思って、◎をやめたのは正解だったが、3着でも良かったか。
 ◎のタスティエーラは伸びてはいるが、仕掛けが遅いからジャスティンパレスに前を横切られてブレーキを掛ける始末。ムーアでも中山二五は理解できてなかった。それでも、ダービー馬らしく最後まで伸びてきたけど、先に仕掛けないと、前の強い馬場だと、差し合いになる有馬は勝てないよ。
 勝ったドウデュースは後方からではムリと思って切ったが、武豊が、ゴールまで650mで一氣に仕掛けた。スピードシンボリで有馬を連覇した名手・野平祐二は、有馬は、あと600mで仕掛けないと勝てないとキツく言っていた。650mだと、わずかに早すぎて最後に止まるのだが、どう見ても追込み合戦になりそうな流れだったから、先に行かないとタスティエーラみたいに前が詰まってしまう。さすがに、G1を81勝もしている武だから、自然に頭と身体が動いていく。みごとだった。
 これは歴史に遺る名騎乗だろう。
 タスティエーラ、ソールオリエンスは仕掛け遅れ。ジャスティンパレスも心配していたとおり位置どりが後ろすぎ。いかにも最近の横山武らしい。これは読めた。
 ▲スターズオンアースは大好きな馬で、8枠でなければ◎だったと思うが、外から先行して2番手へ行ったのはルメールらしい好判断だが、外枠から行くとそうなりやすいが、直線で内へもたれたとルメールは言っていたが、武が来たときに、タイトルホルダーとドウデュースの間に進路を取らないと行けないのに、そこで内へもたれて外へ出しづらかったのかもしれない。
 前からの全周パトロールフィルムを見ると、そういう感じもする。タイトルホルダーの外へ出して抜け出さないといけないのに、苦労していた。外の武は、勝負事だからギリギリだが狭くはしたが、さすが武だけにフェアに乗って、被せてまでは閉めようとしなかった。タイトルホルダーが外へ膨れて狭くなったのが牝馬だけにキツかったか。枠が3枠あたりなら快勝だったか。武は、早仕掛けが最後の最後まで幸運を呼んでいた。思い切った名騎乗をしたものだ。
 シャフリヤールは、やはり見どころありだった。インを回って、あと650mから一氣に仕掛けたが、伸び負けたのは内が狭かったからだが、エフフォーリアと叩き合って勝ったダービー馬の貫録は見せたということか。

12/23  −3〜9℃  晴  南西2
阪神Cは、アグリがルメール得意の中割りで距離得して来たが、まさか外回したグレナディアガーズにハナ差差されているとは。有馬を前に、言葉ないよ。有馬と逆の結果なら良いのに。

12/22  −1〜9℃  晴  南東2
■友達が死んでつまらん。編集プロダクションの内紛が終わらず、内部告発者を応援する。日本一の編プロだったが、92年の内紛で分裂して2位になったが、今度は、おそらくジワジワと没落していくだろう。人材がいない。

12/21  0−12℃  晴  風なし
■害虫だらけで、不可能と言われた無農薬リンゴを世界で初めて栽培に成功した木村秋則氏の『今すぐしなくてはならないこと』をAmazon Kindle で買ってあっという間に読了。私は普通の文庫本は40分で速読できる。だから、もう4000冊くらい本は読んだし、Kindle も、ちょうど500冊目だった。この本はおもしろい。無農薬の成功のカギは、何兆個もの細菌だらけの土だった。
 人間の皮膚にも何兆もの細菌が膜を作っている。口中や咽頭もそうだ。タモリが風呂入って石けんも使わないで洗うと聞いて、私もボディソープをやめた。シャンプーとかは毒ではないかと思って30年前にやめていた。だから、土を細菌と雑草で元気づければよいという考えは、素直に受け入れられた。

12/20  3−13℃  晴  南西1
■昨日訃報が来たYは、大学で教えながら本ばかり書いていた。「俺と笠だけがまじめになったよなあ」と言っていたのは5年前だ。まあ、私は氣が向かないと仕事はチームの仲間に回して、公園巡りして予想論やったりして、それが氣晴らしだったが、彼は生真面目だから、そういう氣晴らしをしなかったのだろう。まじめすぎるのも損だなあ。
■団塊の世代の仕事仲間は10人居て、残りは、私を入れて2人だけだ。校正の仕事は神経をすり減らさないとできない。昨年肺ガンになって、放射線と2週に1回の抗ガン剤の点滴をやっていた友人は電話したら快方に向かっていて生きていた。アルバイト時代に、御茶ノ水の音楽喫茶「丘」の最上階の特等席で、1週間缶詰になってフランス語を教えてもらった。40時間の特訓だった。おかげで辞書持ち込みのテストで、全部完璧に訳せた。一時、未来社にいたが、ふと三池に行って、その後、丹後の山奥の離村してひとりぼっちの村で、田んぼと畑作って、炭焼きやりながら漆器製作をやっていてマスコミにも変人として照会されたことがある。春になったら、雪の下からヨモギが出てきたら食べるそうだ。あれは万病に良いという。

12/19  1−10℃  くもり  北北東1
■高校時代のYの訃報が届く。一瞬、ウソかと思ったが、ほんとうらしい。今年は大学の下宿や家に遊びに行った友人が、2人逝って、やるせない。

12/18  1−10℃  晴  北北西4
■急冷の日、朝から用足しで9カ所回る。なんで、急に冷えるのか。

12/17  10−12℃  晴  北西7
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外が2つ。今年の「軸馬指数」(24−16−13−50)
 今年のG1は(5−4−4−9)。

 今週は迷いがあって、土曜はやり方を変えたがダメ。日曜は戻して、いつもの通り。もう、今頃になって、予想法を変えようとするのはムリか。4割の攻防を続けるしかないのかな。残念。

G1朝日杯FSは阪神マイル、良。
 大外のシュトラウスは出遅れ。前に壁がないから、追い付こうとしたら、一氣にハナへ。これでマーカンドのレースは終わり。おかげで、レースもハイペースのスタミナ勝負になってしまった。誰も乗りたがらない馬だが、そうなりそうで、そうなった。乗れるのはモレイラくらいか。
 ジャンタルマンタルは好位差しの王道競馬。そのまま押し切ってしまった。時計が物足りないし、追切りだけ凄かったタガノデュードが追い込んでくるから、メンバーが薄い点もあったのだろう。
 ダノンマッキンリーはジャンタルマンタルの後ろにいて普通に伸びてきたが止まった。馬体が凄い筋肉なので、千二のG1を狙うしかないかもしれない。
 下河辺のエコロヴァルツは Burghclere ≒ハイハット3×6が絶妙に生きた。千八が圧勝だったから、これとタガノエルピーダは褒めておいて良かった。

12/16  9−19℃  晴朝一時雨  北北東2
ターコイズS。ヒップホップソウルは、またもや横山武が、内伸び馬場なのに後方一氣を狙う位置。秋華賞以来、何を考えているのかわからん。古馬に乗ってきたルメールにするべきだったか。

12/15  7−12℃  晴  北1
■明大前の「マイルス」は閉店していたと思って行かなかったが、やっていたらしい。惜しいことをした。30代は、明大前と東松原と梅ヶ丘の中間の丘の上に住んでいた。あそこには、Cecil Taylor の candid のボーナスアルバムの裏面の名曲があって、他の店には、そのLPはなかった。わたしの好きなベスと10の一曲。マイルスのママは2019年にお亡くなりになっていたそう。昭和の頃の好きな人は、もう山ほど他界した。

12/14  3−13℃  晴  北北東2
■小学校、中学校と図書館に通い、本を借りまくって読んでいた。あの頃は、世界は魅力的で、夢があるようだった。あの頃が良かった。

12/13  9−14℃  晴  北北西4
■北米は小学生の学力低下と、病氣だらけだそうだ。入院の待ち時間28週間なんて、信じられない。

12/11  8−14℃  くもり  北2
■日本になかったもの。湯船に浸かる。アイスコーヒー。回転寿司。道路に置いてある自動販売機。

12/10  4−19℃  晴  東1
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は1着と4着。今年の「軸馬指数」(24−16−13−48)
 今年のG1は(5−4−4−8)。

 阪神JFは7枠が単純枠目で出そうだから、つい◎にしたが、ステレンボッシュとは差がないし、上位5頭の競馬で、印も5つしか打たなかった。他では弱いか距離が合わないかで勝負になりそうになかった。そういう意味では、阪神JFは好きなレースだけに、レースはある程度読めていた。

G1阪神JFは阪神マイル、良。
 キャットファイトが好スタート。抑えて下げたが、中盤がペースが落ちたので、そのへんで折り合ったので、また前に出して行くと折り合いを欠くだろうから、じっとしていて伸びず。そういう馬だと思っていたからレコード勝ちだが危ういとは思っていた。
 サフィラはパドックが抜群で、土曜午前の3番人氣が、とうとう1番人氣になったが、悠々と後方ぎみ。中盤がスローで、4コーナーが速い上がりになったが、いちいち反応できずに、直線では後方すぎて、伸びてきて4着までは全馬抜いたが、伸びるのが遅すぎた。マイルは短く、これでは二千以上でないと軸にしにくい。
 アスコリピチェーノは前めから鋭く抜けて快勝。新潟2歳Sでは褒めて◎にしたから、こういうこともあり得る範囲。Flower Bowl の超A級の〈4分の3同血クロス〉は使わない牧場が多すぎる。
 ステレンボッシュは一度は◎にしたが、中途半端で乗りにくいから迷ってしまった。ルメールで人氣がないから◎にすべきだったが、ルメールも混戦だみたいな雰囲気のコメントで、まさに混戦だったが、馬群を中割りするのに進路を左へ右へと探して距離ロスした。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉だから、堂々として落ち着いているのがよい。
カペラSは中山ダ千二、良。
 パサパサの白いダートなら、行った者勝ち。なかなか差せない。だから、良馬場得意で、内外の差も好転したテイエムトッキュウを◎にしたが、絵に描いたような逃げ切り。ペースも33秒台の逃げなら、いつもやっていること。
 リュウノユキナはカペラSは1枠ばかりだったが、今年は外枠になって、その分損している。
 タガノクリステルは読みどおり湿った馬場の差し馬。追い込んではきたが、パサパサの良では追い付かない。

12/9  3−16℃  晴  南東1
中日新聞杯の中京二千は、力が発揮できているのか、できていないのか、全然はっきりしない。直線が長すぎるよ。

12/8  5−17℃  晴  西1
■今年最後の米雇用統計が今夜出る。需要がないからリセッションだと思うが、人手不足で求人倍率はけっこうあるかもしれないと思っている。飛行機の操縦士や、軍隊の兵役も足りないと言うから。
 まあ、いずれにしても今夜発表だ。でも、年明けまで、まだ明確な数字が出ないかもしれない。

12/7  4−18℃  晴  風なし
■NYは金利低下。でも雇用が伸びない。リセッションではないのか。中国もドイツもそうなっている。日本は、どうなるかだ。

12/6  7−16℃  晴  東北東1
■昨日も腹痛。今日は少しマシ。とは言っても、毎日普通に食べている。どうせ、1日1食だから。イクイノックスが引退し、ボンドガールがアクシデントで回避。1日先も読めない。

12/4  1−13℃  くもり  北1
■NTT法なんてあったらしくて、国民不在で廃止だって。通信大手各社が一斉に反対している。一斉というのが凄くて感動した。ネットの時代だというのに。
■緑茶をチビチビ飲んでいたら、葉が傷んだらしく、土曜に次いで腹痛。とうとう吐く。チビチビ飲むと、1袋が1年近くかかるから傷むわな。やれやれ。

12/3  0−14℃  晴  南東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外が2つ。今年の「軸馬指数」(23−16−13−47)
 今年のG1は(5−4−4−7)。

 チャンピオンズCは盲点と盲点が1、2着。あれでは、手が出ない。3着のドゥラエレーデは反省反省だが、3着でも良いから狙うべきだったか。3万円ワイドが的中だったのか。いやはや。3歳だし、ダートのキャリアは2戦しかないから、指数は甘く出さないといけなかった。

G1チャンピオンズCは中京ダ千八。
 大外のレモンポップが外向きに出たが、決めていたようで容赦なくハナへ。外々を回りたくなかったのだろう。スローで始まって酒井の決断は正解ぎみ。中盤の3ハロンがペースアップして速い。これで、レモンポップが逃げるなら差し勝負でもやるかと決めた後方の馬たちが、位置どりを上げようとし始めたが、ペースが速くなって、追走で手が動く馬も多かった。
 最後の3ハロンは、前残り。酒井の名レースになった。
 ウィルソンテソーロだけが追い込んできたが、この馬は強いのは分かっていて白山大賞典など楽勝だったが、肝心の中京戦で負けていて、おまけに前走のJBCが砂が深くて前残りになって差せなかったが、メイショウハリオあたりと同じくらいの成績では、攻め馬が軽いだけに、セラフィックコールを差し置いてまでは、推しにくい。
 ドゥラエレーデは指数算出のミス。大差勝ちがない点はダート、2戦のみだから仕方ないとも言え、札幌戦は3着以下は大差に千切っていたからOKとすべきだった。時計が足りないのも、UAEダービー2着が時計算出できないので良しとすべきだった。こういう先行レースに強いムルザバエフだし、前走18キロ増と太めだったからプラスはあるし、血統はサンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉で、ノーザンテースト2つだけに、底力は十分だ。サザンヘイローまであるから、3重ぎみの〈組み合わせのクロス〉だった。

12/2  0−12℃  晴  北2
葉牡丹賞は読みどおり、トロヴァトーレが狭くなったが抜け出して楽勝。東京も経験したいだろうから、次は共同通信杯で、クラシック有力になった。トライマイベストの〈全兄弟クロス〉はリバティアイランドと同じだが、リバティやトロヴァトーレの馬主になるなんてのは、ほんとうに簡単だ。
ステイヤーズSはキングスレインが2.8倍で売れすぎ。そうだろうと、月曜だったか、メルマガの傑作選からキングスレインのレースは削除しておいた。スローで縦長。途中でまたスローに落として、きれいな逃げ切り。後続は策なし。
チャレンジCは、ガイアフォース2.4倍が売れすぎ。それほど差はない。ベラジオオペラが九分程度、仕上がっていれば勝てるレースで、そこに賭けるべきだったか。勝てばアッサリと書いたのだが。

12/1  5−11℃  晴  風なし
■不織布マスクってプラスチックだと知らない人が多い。それで被れる人が居るんだけど、洗える布マスク使うしかないよ。

11/30  3−15℃  晴  北1
■昨夜は良い夢を見た。わたしの仕事が完成したということだったけど、一つだけ足りないものがあって、それに氣付くと、しばらく氣持ちが落ち着かなくなってしまった。足りないものがある・・・。

11/29  2−16℃  晴  北西6
■アマゾンは Prime で定額収入を得て、お急ぎ便で儲けようという戦略だろうが、食料や薬ではなく普通の品を、お急ぎ便でなく日時指定便で配送したほうが、ドライバー不足問題にも対応できるし、社会的にも好まれると思うが。アマゾンで日時指定できないから、他のサイトで注文するケースが増えて、アマゾン利用は激減した。不思議。

11/28  6−19℃  晴  東北東1
■@kokorozashi_17
経鼻毒と観葉植物
空気からの毒素の流入は鼻をダイレクトに脳にダメージがあったりと以外に厄介。
経鼻毒や柔軟剤、有機溶剤の問題は閉鎖空間では対策しておきたい。
簡単な対策はNASAが発表している毒素の吸着をしてくれる観葉植物を置くこと。
古くから言われているが、観葉植物が簡単な方法

11/27  4−14℃  晴  北東1
■先週は京阪杯を忘れて追加再送で7レースやった。(3−1−2−1)だから、先々週の悪運を取り戻した。券外の1つはモレイラが得意の内捌きをやったら包まれて出られなかったもので仕方ない。今週はチャレンジCをやります。

11/26  4−9℃  くもり  北北東2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は3着と1着。今年の「軸馬指数」(23−16−13−45)
 今年のG1は(5−4−4−6)。

 今週は、JCで、どういう印を打っておくかという問題しかなかった。専門家のほとんどが印を打ったダノンベルーガとタイトルホルダーを自信の無印にして、ほっとした。こういう馬に△を打つか無印にするかとかが、専門家として問われたレースだったと思った。いちおう、褒めた4頭で4着までを占めて、ほっとした。こういうシンプルなレースは、別の意味でけっこう疲れるんですよ。いつも完璧にやれる人間は居ないに決まっているから、どうでもいいといえばどうでもいいのだけど。そういうところまで神経遣うから、けっこう疲れるんです。
 個人ファンは、G1レースで何を買おうが自由で羨ましいが、印を打って生きているホースマンは、印にマネーだけでなく、語らずとも思想も込めないといけないのだから、そういうわけにもいくまい。
 何度も書くが、今でもスペシャルウィークが楽勝したダービーで、彼を◎にしなかったことを一生の仕事の瑕疵だと恥じていて、思い出すだけでメシまでまずくなる。わたしにとって、あのレースはほんとうに、めちゃくちゃ突出した大悪夢だ。恥ずかしい。

 単純枠目でG1を眺めていると、今年の後半戦は1枠と7枠が死に目だったが、出始めると出ることが多いから、出目的にもゾロ目大好きのわたしには、枠連(11)は記念で買うには嬉しい目だった。前半戦も、2と3が出なかったが、NHKマイル以降の6レースは、すべて2か3が絡んでいた。後半戦は、あとは7枠が12月は怪しいな。単純枠目を言うと、こいつバカかと怒る人が多いから、このへんでやめておこう(苦笑)。

G1ジャパンCは東京二四、良。
 3ハロン目から速めの平均ペース。上がりの速い勝負だが、レースラップはパンサラッサのものだから、想像するしかない。  有力馬は出遅れもなく、想像通りの位置。ドウデュースは差し勝負を意識して、戸崎が故意に抑えた。それも、勝負の意思だろう。
 イクイノックスはステッキ1回で、最後は流したから、有馬に出てきそうな感じがする。
 スターズオンアースはパドックでも完調に見えなかったが、東京二四だけに、よく伸びて3着だったので、ずっとジャパンCを夢見てきたわたしとしては嬉しかった。
 ウインエアフォルクやチェスナットコートは大きく遅れて入線したが、進路妨害がなくて良かった。まあ、進路妨害しようにも、スタートから力関係が違いすぎるから別世界でレースをしていて、邪魔にもならなかったのはよかった。むかし大橋巨泉で問題になった「大レースに出なくても良い」発言事件は、当のレジェンドテイオーが秋天2着の戦歴もあるソコソコの馬だったから、言われた田村調教師が怒ったのは至極、当然、当たり前の話だったが、今回はいくらなんでも、と驚いたが。

京阪杯は京都千二、良。
 トウシンマカオは開催最終週の外伸び馬場で、キレイに読み切って外から差し切った。馬場が馬場なら、ルガルやシングザットソングも、もう少しやれただろう。

11/25  6−12℃  晴  北北西5
京都2歳Sは京都二千、良。
 速めの平均ペース。川田のサトノシュトラーセは外から早めに好位を取りに行ったが、先行馬が多いのは明らかなのに、これでは早仕掛けだ。差し勝負にする血統だよ。
 モレイラのシンエンペラーは引っ張ってまで抑えて、インの後方。まっすぐ走らない馬だから、矯正するのはモレイラの得意だけに、後方で言うこと聞かせて、後は少しずつ上がって、馬群の中割り狙いへ。
 直線はサトノシュトラーセが早め先頭に立ったが、最終週で内めよりも外めが伸びるだけに、内へ寄ったのは間違いだと思う。モレイラがキレイに中割りして、外からプレリュードシチーとダノンデサイルも伸びて2着争い。
 川田は2着の写真でなく、モレイラとの1着の写真にしないと、乗り負けているとしか言えないだろう。わたしと川田の相性は、ほんと最悪だ。

11/24  6−21℃  晴  東2
■フラットアース説が広まっているが、さっぱり分からない。

11/23  7−20℃  晴  北東1
■昨夜は楽しいというかカラーの派手な夢をいっぱい見た。起きたときに、ああ楽しい夢だなあと思った。でも、哀しいことにすぐ忘れてしまった。最近は、もう登場人物も筋書きもマンネリみたいな、つまらん夢しか見てなかった。どちらがいいのかなあ。

11/22  3−18℃  晴  北東1
■明日は祝日らしい。勤労感謝の日らしい。若い頃は、半ドンといって土曜は午前中は仕事で出勤していた。祝日も少なかった。あの頃、土曜も休日だったら、土曜も競馬場に皆勤になるから、たいへんだったろうなあ。仕事を年中していたから、インフルエンザとか風邪引く暇もなかった。インフルなんか、19歳から58歳まで引いてないものなあ。中学校以来は記憶があるが、インフルは2回だけだ。13歳から26歳までは、軽い風邪も引いたことがない。少しは忙しいくらいのほうが、鍛えられて良かったと思うけど。

11/21  4−16℃  晴  南2
■シュトラウスは千八がベターと書いたが、新馬から全レース見直して、やはりマイルがベターですね。千二から千六までか。千二も、ずひ使ってほしい。

11/20  5−16℃  晴  北北西6
■@soraotobitai777
出産するクジラをサメから守るイルカたち
鯨とイルカ
■今日は散髪。北風が凄い。でも、晴れて、毎日が晴だ。空は青い。ありがとう。

11/19  3−18℃  晴  南南東3
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と券外。今年の「軸馬指数」(22−16−12−45)
 今年のG1は(4−4−4−6)。
 荒れに荒れた週。G1マイルCSも荒れた。
 2択だとは思ったが、どうも少し氣乗りのしない2頭で、減点しようと思えば減点できるから、思い切ってジャスティンカフェが背伸びすれば同点くらいになるので、3番手としたが、いやあ、これが◎だったか。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉で、褒めようはいくらでもあった。一瞬は◎も考えたのだが。
 京都のマイルCSが、そこまで荒れるとも思わなかった。思い込みが強かったか。

G1マイルCSは京都マイル、稍重→良。
 馬場は乾いて中伸び。晴れてパドックは皆、毛ヅヤが輝いて、フォトパドックと同じく、皆、凄いデキの良さだった。
 1番人氣のシュネルマイスターは、パドックでもこぢんまり見えて、どうにも貫録がなかった。追切りやフォトパドックは減点しまくればよかった。ゲートも巧く出られず、ケツから行ってレースも平凡だった。
 セリフォスは、トライアルを使えず、ぶっつけになったが、やはり一叩きがほしかったか。調教は抜群だったが、急仕上げぎみで、スタートしてすぐうるさくなって、騎手とケンカしていた。
 ナミュールはパドックで凄い氣合の入り方で、唸っていた。レースも前が壁で抑えることになったが、前走の富士Sでモレイラが前が壁で脚を溜めたら斬れたので、ああいう競馬がダイワメジャーが入るので合うのかもしれない。最初に惚れていたときのチューリップ賞みたいだった。
 ソウルラッシュは自在性を生かしてあんなもので、レースも馬の良さを踏まえて、モレイラが上手に乗っていた。
 ジャスティンカフェがパドックが凄くて、一目見て、これがいちばん良く見えた。レースも中割りをしたら、馬群がばらけて、突き抜けるかと思ったが、重賞勝ちを、もう1回くらい経験していれば、際どく勝ち負けだったか。

11/18  5−15℃  晴  西南西1
東スポ2歳Sは東京マイル、良。
 千通過が59秒くらいなのに、凄い縦長になって、後方勢はやる氣がないのか、馬がその氣がないのか。勝ち時計も平凡で、デイリー杯に次いで平凡なレースになった。
 シュトラウスはパドックが良くて良化が見られた。モレイラも早め好位で、順当に流れ込んで楽勝だった。モレイラ効果もあったと思うが、マイルよりも千八が合う面もあるのだろう。フォルラニーニはパドックで踏み込みが極端に弱く、最初から、やる氣が見られなかった。
 シャンパンマークも見どころゼロで、パドックがあまり良くも見えないが、レースも平凡だった。見どころのある馬だが、光るところはないな。

11/17  10−14℃  雨のち晴  北西3
■アメリカは債務肥大。中国は不動産バブル崩壊。欧州はインフレ後の不況? 日本が、多少円高になっても、あくまで相対的にだが、いちばん良いかも。ロシアも良さそうだ。「ロシアは経済制裁で苦闘」と言い続けてきたウォールストリート・ジャーナルが、ロシアは豊かになっていると、コロッと言うことが変わった。ということは、そうとう良いのだろう。早く、ロシア株を買えるようにしてほしい。アメリカの金融関係者は既に買っているという噂もあるが。

11/16  5−16℃  晴のちくもり  風なし
■NYは毎日のように株が騰がっているが、金利低下期待で上がっても、それは不況入りということだから、まったく追随する氣になれない。どうなっているのだろう。

11/15  8−13℃  くもりのち晴  北2
■NTT光が2年割の700円割り引きと、メンバーズクラブの500円割り引きを来年から廃止する。どういうことか、サッパリ理解できない。通信会社は強すぎるのでは?

11/14  3−16℃  晴  北北西3
■マイルCSは予想終了。終了と言っても、まだ追切り、追切り後馬体重、逃げ先行馬の出否、枠順、馬場状態と、◎変更要因は毎日続くが。この過程で印が変わる公算は3割以上あるけど。

11/13  7−14℃  晴  北北西4
■J−COMを買収した?KDDIのAUひかりの営業が、他のことをインタホンで言って玄関先に引っ張り出して、ケーブルの線がどうのこうのとか、うるさい。けっきょく、なんてことはない営業で、光とケーブルTVとケータイを、KDDI系に統一したいという営業。もう何年も同じことを言いやって来るが、べつにauひかりにしてもいいのだけど、そのやり口がイヤで変更しない。
■海外ショッピング・サイトは日系がいいかな。

11/12  9−13℃  くもり  北東1
■「メルマガ」「通算予想成績」「My Favorites」の好きな馬を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は券外と1着。今年の「軸馬指数」(22−16−12−43)
 今年のG1は(4−4−4−5)。
 今週は武蔵野Sでペリエールに拘ったのがミス。この馬では頼りないから、強い馬があまり出ない重賞であるデイリー杯にしたが、武蔵野Sでドライスタウトにしておけばよかったのだ。選択ミス。おかげで、デイリー杯は中身が?なレースになってしまった。
 エ杯は、ブレイディヴェーグが出遅れて最後方から外回して後方一氣を決めるか、まあまあのスタートで内捌きができるかだけの話。過去の経験では、こういうことは(馬がボケてないときは)心配しすぎないほうがよいので、◎にして正解。◎にしたら、あとは前残り勝負の馬を△にしておけばよいので、それも自然な流れ。考えるときに余計なこと考えなくて済むのは良いことだ。

G1 エ杯は京都二二、良。
 パドックでうるさかったジェラルディーナは調教も一息だったが、氣合が空回りして出遅れ。ブレイディヴェーグも立ち上がって出たが、最内枠なので内に馬がいなくて、挟まれることなく、なんとか中団くらいに取り付けた。こうなると、切れ勝負だと段違いの脚を持っているので、最初のコーナーで、もう勝っていた。
 ロードカナロアやディープインパクト系が強い日で、ロードカナロア産駒は母系が出るが、配合も良いので、桜花賞前から褒め続けたアーモンドアイに次ぐくらい、強い、切れの凄い馬だと思う。Chop Chop まで使った Storm Bird ≒Gazeria 4×4は美しい。Storm Bird ≒ノーザンテーストみたいだ。さすがはノーザンファームだ。中距離重賞では頼りになる。
 最初がスローで、アートハウスがやはり前勝負。ハナを奪って逃げ、4コーナー回っても誰も来ないから、騎手が後ろを振り返るほどの余裕だったが、さすがにサンデーサイレンスだけのクロスだと軽すぎてダメだ。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉にしないと意味がないのが、誰の目にもよく披露されたレースだと思う。
 直線は、ブレイディヴェーグは抜け出して決まり。ハーパーも前でよく頑張ったが、4コーナーで既にブレイディヴェーグに追い付かれているようでは、切れが違うだけに勝負にならない。
 内で脚を溜めていたルージュエヴァイユが抜け出してきて2着。ジャスタウェイにフランケルは、いろいろな器用なレースができて守備範囲も広い。
 ジェラルディーナは「AI軸馬指数」に書いたが、どこが目標なのかはっきりしない。ここを叩いて有馬で変われるかどうかか。

福島記念は福島二千、良。
 中伸び馬場。もう、インは伸びない。先行馬も多く、外からの差し狙い。テンは速く、コーナーから落ち着いて平均ペース。ホウオウエミーズは七夕賞3着で、福島実績があり、斤量も当時と同じ54だから格的にも足りている。ゆっくり出て、外めへ出して、3コーナーから、外マクリで上がっていって快勝。ロードカナロアとして、まあまあの配合で順当か。

11/11  13−15℃  くもり  北北西6
デイリー杯2歳Sは京都マイル、良。
 遅めの平均ペースで、どちらかといえば上がりが速かった。でも、稍重で時計は1分34秒5。持ち時計と言えば、フルレゾンが1分33秒3を持っていたが、オルフェーヴルで稍重も悪くないのに、行きたがって、ムーアが引っ張ってケンカをしたら、直線に入って、まったく伸びなかった。
 ダノンキラウェアも新馬は上がり33秒2と切れたが、今日の上がりは35秒5。まったく理解できない後方ママだった。
 ジャンタルマンタルはソコソコの馬で、まあまあ伸びたが、楽勝すぎて意味不明だった。
武蔵野Sは東京ダート・マイル。
 ドライスタウトは実力を発揮して楽勝だった。ペリエールは、このメンバーでは格が足りなかった。◎にしたのは予想ミスだ。

11/10  11−15℃  くもり一時雨  北北西2
■借金で拡大してきた先進国の経済は、金利低下で株価上昇を起こすのか? わたしは起こさないと思う。逆に危険だ。先日、またアメリカの小さな銀行が破綻した。破綻ラッシュが怖い。

11/9  13−21℃  晴  東1
■アルゼンチン共和国杯のゼッフィーロはフォトパドックでは良く見えず、撮影角度が斜めにずれているせいかどうか悩ましかった。パドックでも良く見えなかった。ディープインパクトらしくない緩んだような馬体が、かえって東京二五というディープインパクトに弱いコースに幸いしたのかもしれない。このレースで悩んだ最大の問題の一つでもあったが、そうかもしれない。次に同じことが起きたら、やはりマイネルウィルトスのほうを◎にすると思う。自分が見た目が悪いと思う馬を重賞で◎にするには、背徳の可能性を感じるからだ。

11/8  14−21℃  晴  北北東3
■やっと、夏日や、朝の暖かい日が終わった。

11/7  21−23℃  雨のち晴  北2
■連絡もまだ無いのに、カード・サイトの請求額一覧から、不正請求分が削除されている。なんで、こんなこと2週間以上も、やっているのだろう。電話はほとんど毎日パンク状態。よほど、不正請求のトラブルが多いのだろう。3Dセキュアの画面をワンタイムPWで決済確認すれば、それでOKではないのか? 
 生成AIを組み込んだ全銀システムがパンクして銀行間送金が停止するし、おかしなことが多い。後進国だな。

11/6  17−25℃  一時雨のちくもり  南4
■今週は昨年と違って、メンバーの質が全然違うので、「軸馬指数」は武蔵野Sをやめてデイリー杯をやります。
■大手カード会社のカードが不正取引で再発行。スマホ・ユーザーを考えた仕様になっていて、PCユーザー向けのワンタイム・パスワードさえない。ガラホのSMSにURLを送ってくるから迷惑この上ない。スマホ・ユーザー用にPW作成アプリをダウンロードさせるくらいなら、全員、3Dセキュア用に、ワンタイムPWを登録メルアドに送ればよいだけなのに。何を考えているのだろう。サイトの案内画面も、出てくる絵がスマホの画面ばかり。どちらが古くからやっているかもわからんか。

11/5  17−22℃  くもり  北西2
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「AI軸馬指数」は2着と1着。今年の「軸馬指数」(21−16−12−42)
 今週は「AI軸馬指数」の対象レースが悩ましかった。意図しなかったが、結果論で、◎の両馬とも横山武だから、まあ、どちらかは連対するだろうとは思ったが、両方とも連対して、マズマズ満足できた。
 アルゼンチンは頭が痛いほど勝てそうな馬がいないレースだったが、血統批評を5頭書いたが、その5頭で決まって氣持ち良かった。
 今年は、「AI軸馬指数」もG1も「ホースレター」も、3つとも昨年よりも内容が良いのは、評価してほしい。バカじゃないから、これでも努力は続けている。競馬は、準OPあたりが、今年はメチャクチャ難しくて、ほんとに疲れます。

みやこSは京都ダ千八、良。
 キレイな平均ペース。中盤で少し速くなったので差しが利く流れ。セラフィックコールの圧勝だった。3歳だから、ここが壁でどういう競馬をするかと思ったが、モノが違った。ハルーワソングの牝系は名牝系だね。遡れば、バラードの名牝系だけど。
アルゼンチン共和国杯は東京二五、良。
 最初が少し遅い始まりで、あとは平均ペース。上がりも速いラップなのに、インでジッとしていたモレイラのゼッフィーロが鋭く抜け出して快勝。時計も良かった。
 マイネルウィルトスは7歳ともなるとスタートが出て行かない。でも、距離損しないように内に寄せて最初のコーナーを回り、あとは、ゆったりした向正面で、すかさず外をジリジリ上がっていって、直線で抜け出すという横山武の積極的な競馬。勝ったかと思ったが、モレイラに差された。出が悪かったのに、通ったコースや距離は、いちばん長かったから勝ったような内容だった。
 今週の騎手のメンバーだと、関東はモレイラと横山武のどちらかという、他に考えようのないような一騎打ちになったが、モレイラはさすがだった。馬の背中にピッタリ身体をくっつけて、動いているのは手だけという美しい騎乗だった。
 日本人は膝が強い特性があったのに、騎手は外国人の膝のほうが圧倒的に強いのは悔しいね。もう、畳の上で育つわけでもないから、日本人の特性も消えていくか。武士のように、畳の上にあぐらをかいていて、手も使わず、身体も捻らず、すっと立てない子供が増えているんじゃないかなあ。

11/4  11−24℃  晴  南1
京王杯2歳Sは東京千四、良。
 ジャスパーノワールが積極的に逃げたが、平均ペース。千二重賞組はスタミナ切れに繋がったようだ。マイル経験馬が好走した。
 スワーヴリチャードにナスルーラが入るオーソドックスな配合のコラソンビートは、前走も千四で快勝したが、距離適性で一枚上だった。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉で、レコードタイムで勝ってしまった。
ファンタジーSは京都千四、良。
 バロンはゲートを出なくて大出遅れ。ペースはスローぎみに始まって、中盤が速くなると言う逆のパターンだが、18頭のフルゲートと賑やかだったせいもあり、内枠有利で、直線も内伸び馬場。1枠のドナベティはキレイに抜けてきた。
 強かったのはカルチャーデイで、直線は独走。サンデーサイレンスとノーザンダンサーの〈組み合わせのクロス〉で、ノーザンダンサーは Nijinsky だった。

11/3 10−25℃  晴  東南東1
■アジアンドキュメンタリーズ@asiandocs_tokyo
3000羽のカモたちが特製の”バス”に乗って水田に出かけ
笛が鳴ると一斉に”バス”に戻って家に帰る!!
無農薬で稲作をする、自分の道を進むソムヌック
自然への畏敬とカモたちへの愛情が伝わる
ドキュメンタリー映画 「ダック・アカデミー」
日本初公開/配信中!
カモによる自然農法・カモの教育

11/2  11−25℃  晴  東北東1
■昨日は学生時代から54年の付き合いの旧友がガンになったのを知って、日記は書けなかった。京都の丹波の山奥で、陶芸と炭焼きやっていて新聞とかに紹介された男だが、西洋医学を信奉しているから放射線治療を受けているらしい。飲尿療法は、古代エジプトのパピルス、インドのアーユルヴェーダ、カナダの原住民、キッシンジャーなどによって、広く知られている。いちおう、紹介しておいた。ヨモギ茶も。



-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2023 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2022 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←