homeに帰る←






   日  記       レース 回 顧   3 × 4・5




(冬の井の頭公園)


デューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味がない」と言った。
村上春樹は「意味がなければスイングはない」と言った。
わたしは「意味とスイングがなければ競馬じゃない」と言おう。

今日も無限の叡智を求めて …。





─────────────────────────────────────────


 飛んだ 
朝早くから仕事して、午後は予想法を研究しながら公園巡りしていた頃。
昼の井の頭の弁天池で、通りすがりの人とシャボン玉遊び。
夢は、はるかに飛んでいく。(2006)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
学生時代は下北沢の思い出がいっぱい(2005)





                   *



 ♪ 学 生 時 代 
30代に住んでいた松原の近くの羽根木公園で(2016)




─────────────────────────────────────────






 Oh!

私の血統論の簡潔な集大成のようなエルコンドルパサーのクロスの美しさ






                   *




─────────────────────────────────────────
ホームページ作成は楽しみで'98年にテキスト・エディターで html のタグを全部手書きして作りましたが、いくらわたしのモットーが「シンプル イズ ベスト」であっても、あまりに殺風景なのと、コンテンツに対する迷いがあってupしませんでした。
その後、3年くらいして、女子大の夜間講座を受講してトップ・ページを作りました。でも、Word で作ったせいで重くてうんざり。おまけにその授業が挨拶抜き冗談抜きで始まって終わるというものすごさで、あまりにつまらなくて、制作の熱が冷めていました。
今回、長年自分のなかで温めてきた造り・レイアウト・コンセプトをほぼ実現し、競馬通信社にいた鈴木利勝さんにトップページの css をやっていただいたおかげで、エイヤッと。人生、いつもこんなものですね。できないときはどうやってもできないのに、できるときはタイミングよくできる(笑)。
─────────────────────────────────────────











─────────────────────────────────────────

 笠雄二郎は「国際子供友好協会」を支援しています。   ←click here

運営費に困っているくらいのNPO法人のほうが良いと思って、2019年に変更しました。






 最初の発見  Umidwar = Udaipur 3×4の スズガーベラ(オークス2着)に、競馬も血統も教わった氣がする


 最初の成功

 ブーサック 
 ブーサックばりの名配合。Jock = Orlamonde 3×4の ロッキラインは浦和の新馬を、やっと能力試験をパス。当時、家でも夜中まで血統表をいちいち調べて書きまくっていて、専門紙の血統コラム・特注馬に、新馬戦でブーサックばりの名配合とベタ褒めして、浦和のトラックマンが早刷りを見て昼寝せずに、地方だってまじめな競馬なんだ、ふざけた仕事をするんじゃないと、会社に怒鳴り込んできた。ところが、翌日は当然の最低人氣。でも、快勝。翌年の東京ダービーも浦和出身で制覇。なんなんだこの若造は、と、南関の調教師や厩務員に絶賛されたと川崎のトラックマンに教えられた。
 当時、こんな5代血統表を調べられる者は、一部の熱狂的な生産者以外はわたしだけだったに違いない。地方の本紙予想も、新人なのに頼まれて、多い日で1日2レースくらい書いていた。



                  Oh!



●●●●● サラブレッドの血統表の、父系の中にAがいて、母系にBがいて、
AとBが全兄弟姉妹(A=B)なら〈全きょうだいクロス〉
AとBが 約 4分の3同血(A≒B)なら〈相似な血のクロス〉or〈4分の3同血クロス〉
ということです。
そういうニアリーなクロスはふつうのクロスよりも威力が大で、それがわたしの血統論の核の一つです。

◆この理論は1988年に完成した競馬通信社の血統ソフト「熱血」を使って、実証は終えていた。各馬の賞金額もJRA−VANからダウンロードしたら、全きょうだいクロスの有効性などは、ものの数秒で、1994年当時、既に、獲得賞金的に数値化して完璧に実証されていた。数値化して実証される(断片的でない)“包括的な”血統論が、他にありや?



サラブレッド配合史』を、ぜひ、お読みください。これは配合史を通説することで自論を立証しようとした血統論です。めちゃくちゃ革命的な血統論になっていて、これを読むと、他の人の血統論は、断片的な呟きでしかなく、読めないと思います。

書き下ろしの『血統論』 も「血統屋」から、『サラブレッド配合史』とともに発売中です。『サラブレッド配合史』が難しすぎるという意見もあったので、理解の助けのために書きました。簡潔で勢いのある血統論だと思っています。

ケヤキの向こうの「血統論 のページ(「チーム4分の3」と共著)は必ず読んでください。

2014年に「サラブレ」に6回連載した「血統表の見方」は生涯3回目の血統論で、これは、表現も構成も美しさにおいても自信作で、平明で包括的で、しかも本格的な血統論になっていると思います。
『サラブレッド配合史』と並ぶ 生涯の会心作だと、自身はまったく迷うことなく、そう思っています。(2015/4, KADOKAWA/エンターブレインからのムックPOG・クラブ馬選びに役立つ 走る馬の見方がわかる本(1500円)に収載されたので、1冊で読めるようになりました。


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

●●●●● 血統の ポータルサイト 「血統屋」に参加しています。 ●●●●●



メンバーは、血統評論家の栗山求、望田潤、早野仁などです。




上のほうの「ショッピング」 (← click ) というタブをクリックすると、わたしの本が4つ出てきます。

サラブレッド配合史
       (『血統論』とセット販売で1700円)

血統論』のみ。(500円)

血統あれやこれや1985年復刻版』(500円)

週刊競馬通信80年代血統コラム復刻版』(400円)


─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●● 競馬通信社 〈メルマガ「週刊競馬通信」〉に参加しています。 ●●


無料メルマガ競馬なんでもデパート の 連載を担当します。
会員登録しても、無料です。

執筆メンバーは、佐藤洋一郎、望田潤、斉藤空也、大恵陽子、合田直弘、石川ワタル、斎藤修、須田鷹雄、原良馬、青木義明ほか各氏です。

(2019年、執筆内容で意見の相違があり、降板しました)

─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


 おお、若いなあ  2002年

予想法思考中断時に、新聞や雑誌掲載の写真撮り



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────





●●●●● 〈まぐまぐ〉サイトから発行している メールマガジン  ●●●●●


ここからでも、簡単に、登録できます。



有料メルマガ
笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」

 ◎2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」5位入賞

    入賞 
   読者(リピート率平均98%)の皆様の推挙のおかげです。
   他のメルマガ2誌を休刊にして「軸馬指数」に注力中です。
   1995年の新聞以来とかの読者がまだいらっしゃる。


有力馬の血統批評にかぎらず、多面的な切り口で競馬の19種類のファクターを指数化し、軸馬を抽出します。競馬に関する認識や叡智を振り絞った筆者の入魂の仕事になっています。原則として、毎週2レースを配信します。過去に、有馬の◎ゴールドアクターや、宝塚の◎マリアライトなどを軸に選定しています。成績や自選集は、「メルマガ」コーナーに掲載しています。

料金は、月 8レースか10レースで、455円(税込み・月500円)ぽっきりです。

ご購読は、

こちらから 】、申込可能です(「ホースレター」も可)。
   ↑ click here. 

◆一度講読して、再購読の手順が上手くいかないと
「軸馬指数」登録
ここから、登録へすすむ→すでにアカウントをお持ちの方はこちら、
で、行けると思います。


◎有料メルマガの購読方法は下記(下のほうの欄)をご覧下さい





無料メルマガ

メルマガ購読・解除
血統・競馬研究家・笠 雄二郎の「ホースレター」
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 

上記の申込フォームからも、申込可能です。


 ◎ 2020年度まぐまぐ大賞「趣味・娯楽部門」3位入賞

    入賞 





・2014/2/19 日現在、「今日の一言血統論」は休刊中です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────



〈まぐまぐ〉の有料メルマガの購読方法


有料メルマガ購読には、まぐまぐのアカウントを作成して、Web Shop のように決済用のクレジットカードを登録しておくだけです。
有料メルマガ購読の方法(ヘルプ) をお読みください。


〈まぐまぐ〉アカウント作成はこちらから、できます。


規定によりご購読申込月は無料です。初月無料です。
無料ですので、どんどんお試しください。
最初の月は無料ということの説明 です。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────




●●● 他の有料メールマガジン も発行しています ●●●


「テクニカル・チャートで株の天底やトレンドがズバリ
わたしは90年代の大暴落でも儲けて(東洋経済から執筆の話が来たほどです)、株で資産を増やしてきましたが、資産蓄積のスキルに欠かせない、テクニカル・チャートを扱っています。日経平均先物ミニを1枚買って、日経平均が40円上げたら、4000円の儲けです。この購読料は世間の半分以下になっています。5つものテクニカル・チャートを使いこなして総合判断するのはわたしくらいでしょう。しかも、日本のシロウトに好まれている「一目均衡表」だけは絶対に使いません。あれを使って中長期に儲かっている人を見たことないです。
(2018年3月末日をもって、いったん休刊します。2月3月暴落は、ほぼ完璧に的中しました。休刊理由ではありません。これだけ書いて週3回はきついです。2019/5 廃刊登録申請しました。「軸馬指数」にエネルギーを集中します)。



軸枠・軸馬決定法「枠目論」】
(2017年9月末日をもって、いったん休刊します。「軸馬指数」に努力を集中します。解析ノート『枠目論』の販売は続けます。解析ノートお申し込みは、笠宛てにメールください)。
破天荒な、絶対に誰も発見できない飛躍的な発想を展開して、軸枠選定をするという方法論です。枠連時代の研究ですが、軸枠が決まらないと、他の券種も的中できません。ですので、今の時代でも、十分有効です。だから、G1は軸馬を書いていますが、キチンと的中実績があります。
◆ 枠目論研究所 です。





植物は、いつも黙って何かを語りかけている。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


●●● 予想法のメソッド 4部作 の 電子書籍化 ●●●


──────────────


※ 2019年7月をもって、DLMarket サービス終了につき、その後は、わたしのメルアド宛に、購入申込をいただきますと、銀行振込をお願いし、入金確認後、添付ファイルかオンラインストレージで送らせていただきます。)

◯普通のPCだと、[PageDown]キイ を使って、ページをめくってください。

『AJG予想法』『時計理論におけるスローペースの簡単補正法』『G1データ・最強の発想』3冊セットのお申し込みは、2000円とさせていただきます。
『枠目論』を加えて4冊セット4000円と、させていただきます。(2019/12/13)
 『G1データ・最強の発想』の、14/15,26/30 という記載は、左は軸馬の、右は連対馬2頭の該当数字です。毎年の加算で、数値が1くらいズレている可能性がありますが、全体の意図に問題は生じません。


──────────────


  DLマーケットから販売しています。

・購入用の独自のIDを作ってもよいし、ツイッターID、楽天ID、アマゾンIDでも購入ログインできます。
・決済は、クレジットカードや、銀行振込や、コンビニ払いや、楽天ID決済、電子マネーなどいろいろ選べます。
・PDF保護機能が透かしで入っています。

AJG予想法(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:500円(税込)
予想や馬券には「軸」が必要です。その軸の特性は の3種類しかありません。その証明と具体的な3択の絞り方を書いています。

時計理論におけるスローペースの簡単補正法
定価:800円(税込)
時計理論はスローペースでは、そのまま使えません。それを、馬場補正のように、しかも、それよりもっと簡単に、電卓すら必要としない スローペース補正の方法を考案して、20年間、使ってきましたが、今、公開に踏み切ります。

G1データ・最強の発想(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:1000円(税込)
G1予想のわたし独特のデータを、22レース全部、公開します。こういう発想は珍しいと思います。わたしのものの考え方は、他の人とは全然、発想のスタート地点が違いますね。データ更新して、一部を捨て、最新版は、2021年5月版(第7版 補足)です。

『枠目論』(← 青字のところはクリックするとジャンプします)
定価:2000円(税込)
誰も氣付かない、1973年から研究してきた、目からウロコの軸枠決定法です。
枠目論研究所は、「ブログs」ページからも入れます。



─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


血統論も、予想論3部作も、まったく独特の、一からものを考えた発想になっています。


●●● 生涯の会心作は

血統論は、『サラブレッド配合史』「血統表の見方」で完了。
  DNA解析などにかかわらず、未来永劫に理論の骨格は崩れない。
  既に、理論の有効性はコンピューターで計算して数値で実証ずみ。
  両方とも上級者向けにも、初心者向けにもなっています。

予想論は、「予想論 電子書籍の 4部作」です。

予想コラムは、
  「ケイシュウ」の「血統から」は1975年当時、
  「週刊競馬通信」の「血統あれやこれや」予想号 は1985年当時
     (「血統屋」から発売中の『血統あれやこれや1985年復刻版』に掲載)、
  「デイリースポーツ」の「笠雄二郎の血統展望」は1995年当時
      (「デイリー」コーナーに掲載)、
  メルマガ「ホースレター」は2004年(あの頃は文字数や話がめちゃ多かった)
    当時においては、世に例のない会心作でした。(「メルマガ」コーナーに掲載)。
  2014年からメルマガ「笠の血統批評と全馬の「軸馬指数」」で、
    また新たな発想・新形式で、統一理論が完成するかどうかに挑戦しています。
         (「メルマガ」コーナーの、「軸馬指数」自選集に掲載)。

競馬論・人生観は、ホームページ「ケヤキの向こう」が、それそのもので、
        永遠に建築を続けるアントニオ・ガウディのバシリカみたいなものです。



 わたしはわたし 

わたしの予想の理想郷は、全ファクターの統一理論 の完成です

 (血統論、相馬眼、レース解釈、時計理論、ラップ分析、
   調教観察、騎乗論、レース展開、レイティング理論、データ解析、距離適性、
   能力指数論、単純出目論から、枠目論や独自の予想法など、
   ありとあらゆる独自の方法論を創造し駆使して、それらを全部、統合しよう
   と試みています







─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────

 入賞     入賞 

(ホームページのデザインは、Firefox に合わせてデザインされていますので、他のブラウザでも見られますが想定どおりには表示されない可能性もあります。わたしの愛用は、Firefox です。
日記」は、どの日も下から上に読んでください。)












6/19  20−21℃  雨  南南東2
■まったく、迷惑な話だね。コロナ脳って信じられない。なぜ、コロナが怖いのだろう。生まれてから100回は風邪ひいてきたし、12年くらい前の新型インフルエンザよりも、小学生の頃はやった2回のパンデミックのほうが、たくさん日本でも死んでいるけど、べつに、毎日休まず学校へ行っていた。日本酒飲んだりタコ食ったりすれば風邪のウイルス死ぬんだから、タコを肴に日本酒飲んでりゃいいのでは。
■@poisonspit1234
おーい。マスクしているそこの君。
マスクを付けてる方が感染するという結果が明らかになったよ。
今すぐマスクを外すのだ。それ逆効果ですよ。
#拡散RT希望
マスク関係なし
■今日は、格上挑戦のロータスランドは勝ってくれたが2番人氣とは驚いた。4番くらいだと思っていた。マーメイドSのイズジョーノキセキなんか、わたしがダウンロードした新聞では、9番人氣か10番人氣だった。驚いて腰抜かすかと思ったよ。ファンは、レースによっては専門家よりも詳しいね。
 予想は2択の裏目ばかり。今月はこういうのが多い。「軸馬指数」だけは、年始の7連敗以降は5割の戦いをやっているが。
6/18  18−27℃  晴  南3
■プラスティックやビニールの、パーティションとかいう遮蔽物を置きまくっているけど、あれが逆効果だと出たらしい。あたりまえ。武田邦彦は虎ノ門チャンネルで前から言っている。
 わたしだったら、遮蔽物取り払って、絶対に換気扇つけて回しっぱなしにするよ。世間は退歩しているんじゃない。

6/17  19−24℃  晴一時雨  北3
■東洋経済のメルマガに、原宿の表参道の交差点のラフォーレ原宿の話が載っていて驚いた。電話して、そこに40年くらい前にSONYがホロスコープをコンピューター解析する場所がありませんでしたかと聞いてしまった。
 たしか、ビルの前に大きな樹があったから、ラフォーレの前だったと思う。樹は2年くらい前に原宿に靴買いに行ったら、倒木の恐れがあるといって伐られていた。SONYはユニークなことばかりやっていて、最初は銀座のソニービルの1階で解析やっていた。コンピューターの流行り初めだ。遊びにしてもスケールが大きくて、凄い会社だなと思っていたら、ウォークマンとか出してきて大ヒットしていった。
 その向かいのセントラル・アパートも、中の会社で学生時代にアルバイトやっていたので懐かしい。その後、バブルの頃に閉鎖して、GAPが入るT's 原宿が建った。そのGAPも今はなく、今は東急プラザが建っている。
 転職して、渋谷区役所の隣のビルに通勤していた頃は、地下鉄の原宿で降りたら、代々木体育館や岸体育館の前を横切って歩くほうが、渋谷駅から宇田川町の坂道を、セゾンの前を通って登っていくよりも楽だった。
 原宿には日本一の鉱物ショップがあって、女子高生みたいに竹下通りを抜けて歩いて行ったし、いろいろ懐かしい。
 もう、渋谷よりも原宿だと思うけどなあ。裏通りが寂れるのは耐えられないが・・・。

6/16  21−25℃  くもりのち雨  南東3
■新聞は購読したことがない。夕刊紙を買ってしか生きてこなかった。TVは35年くらい競馬以外は視たことない。今日は朝、知人のFB覗いただけで、ネットも接続しないで日が暮れた。近所で話す人もいないし、電話もかかってこない。9時間考え続けて、途中で午過ぎに風呂に入って、発声を忘れたらいけないから(笑)風呂で童謡を歌った。
 脳ミソだけ考えて一日終わるなんて最高だ。35年間、一度も株買ったことないトヨタとNTTと郵船を春に買ったら、そろい踏みで上がって、不思議な感慨。これくらい儲けても仕方ないんだけど・・・。大型株で、資産があって低PERで、配当利回りが良くて、成長戦略がしっかりしていると、外国人が買ってくるだろうという読み。あたった。
 トヨタはバブルの崩壊の時に暴落した1700円で買おうと思ったことが一度だけある。あそこでトヨタを大量に買っておけば、大金持ちだった。だから、1万円超えたからって感慨はないの。マーメイドSのソフトフルートは逆らおうかな。
 さあ、メシ食いながら Twitterで情報探そうかな。

6/15  19−28℃  晴のち夕立  南東2
■アミノ酸の5−ALAという成分で、コロナは全滅する。長崎大学が実験して成功した。ところが緊急事態宣言で酒を出すなと言う。しかたないから、コンビニで買って立ち飲みが流行ると、コンビニに酒を置くなと言う。5−ALAは幸せなことに、赤ワインよりも日本酒だ。日本は恵まれているから、毎晩、飲食店で夜中の11時頃まで日本酒だけ出すようにしたら、酒蔵も儲かって一息つくのに。
 父は開業医だから、朝から日本酒飲んで患者の診察をしていたが、風邪引いたの見たことない。感染症に強いから知っていたのかな(笑)。
 読者に酒蔵に転職した人いるが、かわいそうだ。イベルメクチンは安価すぎるせいか日本は認可しないし。安価で困るなら、薬価を10倍にして認可すればいいのに。

6/14  20−25℃  くもり一時雨  南南東2
■友達は、主に仕事仲間が、311のあと数年で、バタバタ斃れて逝ってしまった。仕事が厳しかったから60代で逝くのだろう。もう半数以上逝った。
 高校や大学時代の仲間を大事にして、おれが先に逝くのがよい。残されるとつまらんよw、ほんまに。

6/13  20−26℃  くもり  南東1
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は2着と券外で【12−8−6−22】。
 たいてい、レースの午後には、2つ連対の感じが7割、1つ連対の感じが3割なのだが、それで5割の争いになるから競馬は難しい。
 ザダルが順調なら簡単なレースなのだけど、どのレースにもそういう問題はあるから、なんとも言えない。
 松葉茶でも飲んで、気分を変えよう。五輪に併せて7月末から競馬の番組が軽くなるが、五輪やるの? わたしは毎年、アイビスからダッシュする夏秋男なのだが、番組が氣になるなあ。福島競馬はおもしろいからやるの大賛成だけど、その後、五輪頃がうっとうしい。五輪やめないかな。

エプソムCは、Cコース、中伸び。
 10レースから雨が降ったが、馬場が良いから関係ない。
 スタートでファルコニアは腰を落として出が悪い。2ハロン目までスローで行って、3ハロン目から速めの平均ペース。かなりキツいラップを踏み始めたが、アルジャンナは最初がスローだから好位に行ったが、ペースが上がり始めてルメールが行くなと指示を出したが、口を割って言うこと聞かなかった。千八は合うと思ったがマイルのほうが合うのかもしれない。
 3ハロン目からが、11.4-11.7-11.8-11.4-11.1-11.4 という、めちゃくちゃ緩みのないペースで、こうなると、最後の1ハロンは12秒4のバタバタになって、ザダルやサトノフラッグのような末脚勝負で、届くかどうかが問題だった馬たちが、生き生きして伸び切った。
 ザダルは順調なら東京千八は鬼だろう。サトノフラッグは、まだ適性が分からないが、今日はこういう流れになったら、格上を見せつけることができる。戸崎も狙いすましたような乗り方だったが、石橋脩がまっすぐ走らない騎手なので、前が狭くなって伸び切れなかった。札幌記念にでも行くのか?

函館スプリントSは、札幌のAコース。
 カレンモエが好スタート。パドックが硬すぎて良く見えなかったので諦めかけていたが、これで際どい2着になった。テンが32秒8のハイペースで、ビアンフェは少し太いかと思ったが、あれだけデカイ馬だと太いかどうかもよく分からない。開幕週のインを逃げて粘り通した。カレンモエは4コーナーを回るときに手応えがあったのか、前走を考えれば勝ったと思ったか、待ちすぎたが、あれは裏目だったかもしれない。微妙な話だ。好スタートがなかったら3着だった。
 ミッキーブリランテは馬群の中で闘志を出す馬で、今日も馬群の中を選んで、直線でグイグイ伸びてきたが3着までだった。コントラチェックは安定してないから、勝った次はああなっても不思議はない。

6/12  18−29℃  晴  南南西2
■大野はやはり巧くないな。インが開く意識が続いている。さっさと外回せばいいのに。札幌でイン差しした馬だけど、あの感じではインは開かないと思うよ。
■東京は6月15日頃は晴れることが多い。6月に3回引っ越したから分かっている。

6/11  20−28℃  晴  南南東4
■札幌も気温を見ていると、今週は暑かった。これでは、北海道に行っても夏馬が活躍しそうだ。

6/10  18−30℃  晴  南南東2
■東京は半分くらいしか接種しないみたいだけど、地方は中学生に打つと言ったりして、聞くところによると摂取率90%とかもあるそうだ。地方のほうが同調意識が強いのだろう。感染すると、近所からいじめられて住めなくなった人もいたし、今度は打たないと、暴言吐かれたりするのだろうなあ。まあ、地方にいると、個性は潰されたりするし、TV視ることくらいしかすることない人も多いから。

6/9  18−30℃  晴  東1
■大塚家具は、また赤字で、ヤマダHDの完全子会社になる。あそこの家具良かったけどね。

6/8  19−30℃  晴一時夕立  西南西1
■@bansyousan
自然音を左脳で聞く日本語の凄さ
世界中で日本語圏だけ別
日本語脳

6/7  20−29℃  雨のち晴  南南東1
■「週刊競馬ブック」で必ず、レース後の談話を読む。何十年たっても、どんな仕事に転職しても、月曜にやることに変わりはない。ルメールは、グランアレグリアは今日は手応えが前走とは全然違っていたと言っている。あの、チンタラ調教で2着に来るのだから怖いほど強いのだが、まあ、軸にしなくて正解だった。そのほうが◎インディが4着でも氣持ちはすっきりする。福永が「追い出しも待てたように」と言っているが、待つなってw 並ばれて差し合いになったら勝てない馬なのに。

6/6  20−25℃  くもり一時雨  南1
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
◆「軸馬指数」は券外と4着で【12−7−6−21】。
 「今年のG1」は、4着で【5−3−1−2】。給付金詐欺事件で頭に来てワールドプレミアを◎にしないと決めていたのが痛恨で、天罰は落ちないみたいで、あれが◎なら(6−3−1−1)だった。公約どおり毎回書いてやる。宝塚記念で軸になる指数にならないように祈っている。
 今日は、ダノンキングリーが突然復活しなければ、上位3頭は読みどおり。安田の「軸馬指数」に書いたが、とんでもない難問が発生して、考えに考えて競馬どころではなかった面もある。うまくいかないものだ。

安田記念は、Cコース、中伸び。
 日曜の雨もわずかで、ほとんど良馬場のお湿り。
 パドックはサリオスが断然良く見えた。京増(きょうそう)真臣氏と同じ見解だった。それでも、スタートの出が悪くて、インで後方からだと苦しい。やはり、この馬はマイルの馬ではないと思う。マイルCSで◎にしたから、そういう氣がしている。千八か二千だろう。
 先行馬が少ないので遅めの平均ペースで始まる。少しずつペースが上がって、11.5-11.4-11.2-11.0-11.7 という上がり。早め先頭も苦しく、最後方も苦しく、中団差しのラップだ。
 インディチャンプは予想どおり輸送で減って484kgで出てきたが、馬体は良いが気迫がなく、さすがに6歳という感じだった。あのデキなら、馬なりで先頭に立って、あと250mまで追い出すのを待ったのは疑問だ。福永は勝ったと思っただろうが、わたしは早く追い出すべきだったと思う。
 最後はグランアレグリアとダノンキングリーが来て、差し切られてしまった。東京マイルでA級レースとなると、差し馬が追い出しを待ったらダメだ。前が壁で脚が溜まるのは最高なのだが、前が開いていたら追い続けるしかない。
 わたしはそういう考えで、フローラSもミルコがユーバーレーベンを、あと350mまで追うのを待って負けた。府中は400か450は追って負けたら仕方ない、軽い高速の芝だが、タフなコースなのだ。
 グランアレグリアは馬主のHPに書かれたというから、爪の問題はやはりあったと思う。調教がだらだらで、やっと維持して出てこれたという感じで、レース後のルメールの談話も、息ができてなく苦しかったと言っていた。下げて外回してぶっちぎりといういつものマイルのレースではなかった。それでも2着に来たのだから強いということだろう。馬券的には、これが消えても、あるいはダノンキングリーがここで復活しなくても最高の結果だったが。
 ダノンキングリーは川田の追い方がみごとだった。

6/5  20−24℃  くもり  南東3
■由比ヶ浜特別は3歳牝馬同士の逃げ逃げ決着。51だから、もう少し考えないと予想ミスだな。
鳴尾記念は、乾いてきて内中伸び。あいかわらずインでも伸びる。
 13.1-11.9-13.0-12.6 の超スローで始まって、11.5-11.1-11.1-11.9 で終わるという超スローの凡戦。先週の目黒記念も酷いスローだったが、これも凄い。ただでさえ、中京はギベオンが逃げ切ったりして、中京二千なんて、何をやっているのか分からない競馬。
 最後の直線は、差し馬は横一線に並んで、皆同じ脚。レースがバカみたい。
 やはり、直線を長くするのは間違い。競馬会の人は競馬が分かってない。直線は400m以上にするのは違法としないと。今からでも作り替えたほうが良いと思うけど。

6/4  19−23℃  雨  南南東4
■岡山の総社市で、12歳以上の生徒に集団接種と発表されて、ツイッターや電話で反対意見殺到して、市長が方針撤回を表明。子供の新型コロナは無症状になるだけだから必要あるまい。

6/3  18−25℃  くもり  南東3
■@yurumazu
中国で人類初のH10N3(鳥インフルエンザ)のヒト感染が確認されました。中国当局は感染拡大リスクが少ないといっているようですが、武漢ウイルスの時も最初同じことを言っていたので早急な国境閉鎖を検討した方が無難でしょう。
https://t.co/hNY8PPwEHg?amp=1

豚コレラの次は鳥か。

6/2  19−25℃  くもり  南3
■今日は散髪して、2カ月ぶりに内科へ。酪酸菌やタウリン(母乳や網膜を筆頭に、全細胞に存在している)をもらってくる。どちらもただ同然の薬価だ。六味丸ももらう。待合室に畳のような硬いソファーあるから、大の字になって寝て待っていたら、傍の人が、傍から離れて遠い席に移動する。おそらく、わたしが30分歩いて行ったので大の字になっていたから、コロナ感染を気遣ったのだろう。日本も、どんどんへんな人が増えていく。症状もない人を怖がったら、毎日が恐怖だろうなあ。家から一歩も出なきゃいいのに。
■日曜のダービーをオークスと書いてしまいました。わたしの場合はテキストエディターでホームページ書いているので、カットアンドペーストして直すの忘れ、でした。おっちょこちょいなので、Yさんに教えていただきましたが、ぜひ、また教えてください。日曜は、各種データ整理と、レース見直して、ラップ見て回顧書いて、だいたい必死で飛ばして60分以上かかります。先週は目黒記念が最終レースだったので、成績がまとまらず90分もかかりました。脳ミソ溶けそうです。

6/1  16−26℃  晴  南東2
■変異株が怖いと言うが、だったら、物流以外は鎖国すればよいだけ。

5/31  17−25℃  晴一時夕立  南東4
■良い時代が終わっているのか、悪い時代が終わろうとしているのか、どちらだ。面倒だから、各色のダイヤの原石を買ってしまう。なんか、どうでもよくなってきた。ほしい人、差し上げますよ。他の鉱物も。

5/30  19−25℃  くもり一時晴、夕方雨  東1
■「森のココロ」は掌に吹き付けて舐めても大丈夫だとメーカーが言うから、少量だけど、何度も舐めたが平氣だった。コロナも死なないかな(笑)。
■@gold
森や林の森林浴が爽快なのはフィトンチッドのせいだと思います。「森のココロ」という消臭スプレーを10年くらい使っています。化学成分でなく、森の木から出る精油ですから、きれいに サッパリと衣類の臭いが消えます。 あれだと思いますよ。
フィトンチッド
引用ツイート
@bGu5tD5dei6lme7
山や森で遊ぶとなんか元氣になる、その様な経験ある人多いよね。 それは土壌菌のお陰だよ。山や森は土壌菌が空氣中に浮遊してるから、口から入る土壌菌で元氣になる。納豆菌なんかも元土壌菌。なんか山や森に行きたくなってきたなって人は準備しよう。土の上で、氣を元に戻してください。

■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
目黒記念は、12.5-13.3-13.2、こんなスローで始まって、11.1-10.6-11.1 こんな32秒台の上がりじゃ、届くわけないよ(笑)。
◆「軸馬指数」は2着と4着で【12−7−6−19】。
 「今年のG1」は、2着で【5−3−1−1】。給付金詐欺事件で頭に来てワールドプレミアを◎にしないと決めていたのが痛恨で、天罰は落ちないみたいで、あれが◎なら(6−3−1−0)だった。公約どおり毎回書いてやる。宝塚記念で軸になる指数にならないように祈っている。
 昨日の日記に書いたが、単勝1倍台はやり過ぎ。強い実績を誇るが、そこまで強いと言い切れる馬でもない。2着でもいいのだけど、と書いたが、やはり2着だった。ノーザンの馬以外は来そうにないので、ワイドの総流しはやめて、今日は馬連。でも、グレートマジシャンに氣がありすぎて、少し損をした。でも、年間プラスを狙って馬券を買っているのだから、半返しや元返しを、どれだけやるかが最後の勝負になるからね。年間プラスなど狙わない人には、何言っているか分からないだろうけど。

ダービーは、今週からCコース、中伸び。内ラチが外へ移動してくるから、少しずつ、外のキレイな芝の上を追い込めるようになってきた。これで開幕週よりも6m外寄りになった。
 パドックは、エフフォーリア、グレートマジシャン、サトノレイナスが良く見えた。ラジオのパドック解説は、やはり先週のおかしなこと言う人でなく、また昔の人に戻っていた。きょうそう・まさおみ、という人だ。あの人がいいよ。
 レースは好スタート。エフフォーリアとシャフリヤールの二の脚が目立った。12.2-10.6-12.2-13.0。行くだけ行ったら、コーナーからスローになって、外枠のサトノレイナスまで好位になった。インの好位がエフフォーリア。武史は出して行く騎手だから凱旋門賞に行かせたい。エフフォーリアの外がサトノレイナスで、後ろが引っ張りきれない勢いでシャフリヤール。
 直線に入るときは、エフフォーリアもシャフリヤールも位置が下がってしまった。サトノレイナスは早々と先頭で、これは誤算か行きすぎか。遅めの平均ペースで行ったのに、今日の馬場は、条件戦でも凄いタイムの出る日で、上がりが凄いことになってしまった。
 わたしが狙ったのは、グレートマジシャンだったが、外から凄い切れで伸びてきたが、長い脚が使えないのか止まってしまった。でも、馬体は良化余地があるから、これからの馬だろう。レースの上がりが、11.4-11.5-10.8-11.6 という猛ラップだから、止まらなかったエフフォーリアは強かった。
 エフフォーリアはインからどう出すかが問題だったが、少し下げて中を割った。みごとだった。ただ、割るときに、すぐ前を田辺が外へ出したので、前が邪魔になって、余分に外へ出したのが誤算で、さすがの度胸が据わっている横山武も、やや惰性で外へ斜めに走りすぎた。内ラチ沿いにいたのに、馬場の真ん中まで行ってしまった。あのロスがハナ差負けに繋がった。
 あと、もう1点は併せ馬になって、最後の50mはムチを打たずに追いまくってほしかった。ダービーみたいな緊張感の凄いレースは、ベテランでもなければ、ムチを打ちすぎると腰や膝の追う力はなくなる。これは人氣のない馬でダービーを勝った、天才・中島啓之が言っていたことだが。
 シャフリヤールは福永だから、いつも褒めるが、ムダなことは何もせず、直線で進路が無くなったが、伸びないワンダフルタウンの傍が開いて、まっすぐ追ったら、馬も脚が溜まっていて、エフフォーリアの内へまっすぐ伸びて行けたのでブレーキ掛ける必要もなく、ハナ差差せた。福永は運は強いね。進路がなくなって脚が溜まるなんてねえ。 ワンダフルタウンが伸びていたら進路はなかった。藤田伸二に本でボロクソに書かれてから、急に良くなった。一生、恩義に感じるだろう。

5/29  17−28℃  晴  風なし
■真弓小児科・真弓定夫「汗をかくということ、今の言葉が大事。汗をかけなくなってる。ということは体温が下がってるということなの。昭和20年までの日本人の体温というのは2歳までがだいたい38度台だったんですよ。それ、成長がさかんですから。で、6歳くらい、小学生から中学生くらい、12歳ぐらいまでが、昭和32年に、東京都の小学生3000人の温度の調査をしてるんです、厚生省に頼まれて。その時に、6歳から12歳で、37度台なんですよ。高校生ぐらいになると初めて36度台になる。」
 そうか、わたしの小学生時代は、37℃台だったんだ。今は低体温時代で低音癌多発の時代だからねえ。
■最近、地球に飽きた感があって困る。
■エフフォーリアの単勝・180円なんて、どうやっても買わないな、わたしは。今年のG1は、こういう馬は危ない。武史、大丈夫かなあ。2着でもいいんだけど。そう言うわけにもいかないし。
■葵Sは内中伸びの馬場。インが荒れないで速い。モントライゼとヨカヨカは隣にいたけど、内外が逆。ルメールは府中でないと安心できない。13番人氣と9番人氣が残ったのだから、行き場がなくなって内に詰まったルメールの負け。ヨカヨカの進路を通れば2着は楽にあった。ああ、悔しい。

5/28  14−27℃  晴  南南東2
■ユーバーレーベンは右前軽靱帯に熱があって、調べたら炎症は起きているようだが、悲観するほど重くはないらしい。でも、まあ、一生でいちばん勝ちやすいレースがオークスなのだから、あとは氣楽にやればよいと思う。間違っても秋華賞とかは行かないでほしい。神戸新聞杯から→菊かJCだよ。エフフォーリアは中距離馬だと思っているから、今年の牡馬陣なら菊を気楽に乗ればおもしろいかもしれないな。

5/27  20−15℃  雨  南2
■ふとんを夏の羽毛にして、肌着を半袖にしたら、涼しい雨になってしまった。しょうがないから、暖房を入れよう。ダービーは、エフフォーリアが極端な枠に入ってしまった。武史の心中やいかに。

5/26  16−26℃  晴  南2
■編集プロダクションに意見書を出したら、代表役員の厚生年金の掛け金が、月20万円だって。凄い特権階級になっている。減らそうとは死んでも言いそうにない。
■また、医師会とか政治家とか、外で飲食がばれる。そろそろ、政治資金パーティーも忙しくなりそうだ。

5/25  17−27℃  晴  南南東2
■ミルコはレース後談話で、パドック見て、ユーバーレーベンに乗りたいと思った、と語っている。つまり、デキが良く見えたということだ。わたしも見て、お疲れの様相か心配していたが、すばらしいデキだった。やはり、騎手は馬を見る眼があるね。ソダシは1週前はすばらしかったが、パドックでは堂々としてなかった。自分の血統と、その日に走る距離が分かっているかのように。

5/24  16−26℃  晴  南2
■「宅校」のことを、わたしの編集プロダクションでは「託校」と最近言い始めた。知らない人たちが、会社を手にすると常識が通らなくなる。会報に7項目の意見書を載せておく。

5/23  15−25℃  晴  南3
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
「メルマガ」の自選集に今日のオークスも入れておきました。
◆「軸馬指数」は2着と1着で【12−6−6−18】。
 「今年のG1」は、1着で【5−2−1−1】。またまた、1番人氣でない馬での◎でした。
 給付金詐欺事件で頭に来てワールドプレミアを◎にしないと決めていたのが痛恨で、天罰は落ちないみたいで、あれが◎なら(6−2−1−0)だった。今年は予約どおり毎回書いてやる。農水省の競馬監督課に電話して、氏名くらい発表したらどうかと言ったが、みごとな態度ではぐらかされて、つつく隙も見せなかった、
 今日はワイド総流しが、上位3頭以外は差がないメンバーだから、なんでも来ると思って力が入った。おかげで、16番人氣のハギノピリナが3着に入って、そのワイドは24940円も付いた。楽だねえ。
 それ以外の券法は、もうマリアライトやゴールドアクターの時のように、全種類近く買ってやろうかと思ったが、ミルコがミスると、また2着か3着に脚余すから、単勝と馬連だけで我慢した。
 韋駄天Sのワイドが◎アルミューテンが4着になって涙。津村が人氣薄で歴史的・超名騎乗をやって勝ったのに、ワイド万馬券は涙。でも、そういう力の入らないレースはともかく、1年前から、ユーバーレーベンはオークスだと言い続けてきて、北海道まで電話して岡田総帥に言っておいてほしいとまで言ってきたのだから、血統屋として感無量。これが競馬なのさ。札幌馬主協会の会報の連載は、誰かに、いちゃもん付けて降ろされたが、競馬やるなら、血統の勉強くらいしてほしい。
 私が若い頃は、血統なんて誰もやらなかったから、中長距離レースは儲かりました。私が言っていることは、血統ファンなら簡単に想像できるでしょ。美味い汁吸ってきたのです。昔はそういう時代でした。今は血統知っている人が、めちゃくちゃ増えたから、面白味は減りました。
 今日は、わたしのよく知っている血統屋は、近しい方から5人は、全員、ユーバーレーベン◎は居なくて、1人だけ○がいただけでした。小回りの札幌2歳Sも、マイルの阪神JFも、ソダシと僅差だったが、雨は降ってなかったよ。わたしもミスはよくするから、こういう時の成績は、大きな字でノートに特記しておこう。いつ何言われるかわからんから、もう長い間、他人の成績はノートしている。

オークスは、Bコース、内中伸び。
 パドックは、圧倒的にユーバーレーベンが良く見えた。1頭だけ胴長で筋肉量が大で、落ち着いて踏み込みよく、堂々としていた。フラワーCの前の疝痛の後遺症・雰囲氣も消えていた。体重も戻って輸送でも減らず、調教後馬体重と同じだった。JRAビュアーのパドックを見ながら、ラジオを聴いていたが、パドック解説が有力5頭に入れなかったので、そうとうな無能だと思った。交代させられた前の解説者は一流だったから、聴きながら勉強していたのに。今度の人は胴の詰まっていた馬まで褒めまくっていた。そのうち、ファンが文句言っていなくなるだろう。恐ろしい時代になったものだ。あれでは、ファンのほうが上の人が10万人は居るだろう。
 TVのワイドショーと同じになっている。
 雨は土曜に一時霧雨が降ったが、21時の雨予想は埼玉に降って、東京には降らなかった。馬場の硬度は日曜は、9.4 で変化はほとんどなく、昼間晴れたから、もっと乾いていった。
 レースは各馬、好スタート。いちばん目立ったのは、二の脚も付かないユーバーレーベンが、今日はスイスイと出ていって、1ハロン行ったら中団だった。そこから少し控えて、下げて向正面の3コーナー手前あたりで、外へ出して、ゆっくり馬自身が上がっていった。ほっとした。
 ペースは遅めの平均ペースで、千通過が 59.9 秒とやや遅い。それで縦長にならなかったので、スタートを成功したユーバーレーベンは下げて外へ出したのはロスだけど、それほど損をせずに、馬群に付いて行けた。4コーナーで既に9番手くらいの外め。上がりは、11.3-11.7-11.9 と速い上がりの競馬になったが、1年前から言っているように、この馬は凄いスタミナがあるから、いくら仕掛けても止まらないのだ。
 ミルコが前走のように追い込むと、脚を溜めすぎて脚を余すのが最大の心配点だったが、今日は中団から、直線に入ると追い始めて、グイグイ伸びて、坂を上がったら、もう相手はいなかった。何かが伸びてきたら、もっと伸びただろう。この馬は1回しか、それもハナ差でしか、勝ってないから、先頭へ立つと戸惑っていた。
 何度も言うが、牡馬とやって揉まれるのはプラスだから、秋華賞でなく菊かJCに行ってほしい。もう、マイラーのクロフネ牝馬と走ることは二度とないだろう。相手は、そうではないのだ。

5/22  19−20℃  くもり  北東2
平安Sは、スタートは横一線で、オーヴェルニュが出脚良く出て好位でジッとする。アメリカンシードは大外枠だから、勢い付けてハナを奪ったら、7.1-10.8-11.0 というハイペースで始まってしまって、中盤も 12.3-11.8-12.1 と勢い付きすぎて、さすがに速すぎたか。◎だから、1着はもうムリだな、2着争いだなあと思っていた。
 好位でジッとしていた福永が、最近はムダなことしないでジッとしているから、脚が溜まって、直線でグイグイ伸びてレコード勝ちしてしまった。さすがに追い込みは届かない馬場だから、力差もあるし、ハイペースでも後続は伸びず。

5/21  18−20℃  くもり一時雨  北東1
■スピネルを12色揃えた。なに、やってるんだろうねえ。

5/20  16−21℃  くもりのち雨  東1
■オークスの枠順が出る。天気予報は変化して、土曜の雨が晴に変わった。雨降ってくれないかな。土砂降りでもいいよ。

5/19  16−18℃  くもり一時雨  東1
■バビットが浅屈腱炎で休養だそう。千八の中山記念がピッタリだと、◎を打ったが、3秒以上も大敗した。なぜ、あの時点で判明しなかったのだろう。セントライトを勝って、菊と有馬を使って良いところはなかった。ナカヤマフェスタはステイゴールド系だから、長いところもと思ったのだろうが、母に少しのスピードが入るのは許容だが、母が、Thach =Special 4×3の全きょうだいクロスで、ここまでスピードをクロスさせると、スピードが強すぎる。菊と有馬は過酷だっただろう。連対を外したことのない馬が、大敗を重ねるのだから、何かあるはず。ラジオNIKKEI勝ったら、普通は二千前後でやるけどねえ。血統知らないんだねえ。
 騎手や牧場を指数化したのだから、調教師も指数化したほうが良いかもしれない。

5/18  16−18℃  くもり  南1
■日本人って寝ちゃってるな。TV病か。

5/17  18−24℃  くもり  北西1
■天気の読めない1週間になりそうだ。足のツボ・足三里と内関か。

5/16  18−21℃  くもり時々雨  南4
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
「軸馬指数」の成績が、また何かへんなので今週も成績を計算し直して、やはり計算ミスでした。校閲の引き継ぎで時間かかりすぎたか。
◆「軸馬指数」は4着と1着で【11−5−6−18】。
 「今年のG1」は、1着で【4−2−1−1】。
 今年も単純出目は成功でした。朝の1Rから競馬場に行ったら、出た枠が1つずつ消えていくのが楽しみで、こういうこと知らない人が、私には不思議だ。競馬は、全ファクターをやらないと、どうにもならないと思うよ。
 今日はワイド総流し以外に、馬単を6点流して、両方ともプラスになった。吉田隼人様々だ。来たなあと思ったけど、前が壁で開かない分、ヒヤッとしたが。

 今日の軸馬は簡単だったが、今年は桜花賞も皐月賞も、高松宮もNHKマイルも、1番人氣に◎を打ってない。だから、内容的にも健闘していると思う。血統屋や有名評論家の成績は毎年付けているけど、問題にしてない。給付金詐欺で意地張ってクソ頭に来たからワールドプレミアを指数計算前に大減点したのがアダ。あれがなければ(5−2−1−0)だった。
 今年は1年間、この話を書いてやろう。

NHKマイルは、Bコース、内中伸び。
 リアアメリアが出遅れ。あとは、マイルG1らしく、速めの平均ペースで淡々と流れて、グランアレグリアは外の中団。直線に入っても、坂上がっても、ラップ 10.9 の地点でも追い出そうともせず、やっと、あと260mで追い始めたら、4馬身ちぎった。最後の2ハロンは、10秒9−10秒7くらいの脚を使っている。安田に行くだろうから、あと80mまで持ったままで追わない手もあった。そうすれば、最高の良い調教代わりになっただろう。ここよりも安田が大事に決まっているのに。
 レシステンシアはG1連対したから2番人氣だが、「軸馬指数」に書いたように、千四ベストでレコード出して、千二へ距離短縮でもいけると◎を打ったので、マイルにまた距離延長では意地でも印は打てない。これが、たいていの新聞で○か▲だから、ああ、氣持ちよかった。
 その代わりに、マジックキャッスル、ランブリングアレー、マルターズディオサという臭いところに印を回せた。
 愛知杯でマジックキャッスルと叩き合いになって3着以下をぶっちぎって、ああマジックキャッスルが◎だったと、レース回顧で、後日に何回か反省を書いた。ひいきのヴァンケドミンゴやボッケリーニに勝ったカシオペアSも強かった。
 この3頭も勝ち馬と同じディープインパクトだからなあ。東京マイルのディープインパクトはレースがきれいだ。
 サウンドキアラは加齢ですね。
 驚いたのは、デゼルが弱すぎたことくらいか。でも、33秒2で伸びてはいるので成長すれば足りるだろう。
 ランブリングアレーは、あと5点上でしたね。△は打ったからよかったけど。指数が伸びないので驚いていた。5点間違えていました。私のG1データは、こういうレースは、軸馬のデータと、連下に狙う馬のデータが違うというのが、他のデータ屋との大きな違いです。そこが私の発想のツボ。まあ、今日これを書いたので、誰か「ああ、そうか!」と、マネするでしょうけど。まあ、勝手にマネしろ。

5/15  18−25℃  晴  南4
スプリングCは、内中伸び。
 ゆっくり目に始まって、途中から緩みのないハイペース。2番手を行ったラウダシオンは千の競馬になって、スピードを生かして勝ってしまった。時計は、それほど速くなく、他馬が走らなかった感。ビオグラフィーのハナを切った5着の三浦の好判断のラップでの逃げだった。
 付いていったカイザーミノルやミッキーブリランテは同じような脚色になってしまって、伸びず。いや、伸びているのだけど、タメが利いてないから交わせない。
 トゥラヴェスーラは高松宮好走したが、今日はタメが利いて一氣に伸びた。鮫島駿の好騎乗。ミッキーブリランテは馬群で闘志が湧くタイプで、阪急杯の再現を狙ったが、東京は直線が長すぎて、脚をダラダラと使ってしまった感。4角で溜めて外めへ出して、他馬と並んでいたら、伸びたのではないかどうかというところ。次走で分かるだろう。

5/14  16−28℃  晴  東北東2
■NY反発も、NASDAQはわずかしか上がらず。もう、エイヤッと調整したら? もう、ろくなことないんだから。電車減便したら、満員の混雑になって、慌てて元に戻すんだって。密はいけないと言ってきたのだから、やる前から分かるだろうに。

5/13  15−17℃  くもり  北北西2
■この機に中小企業や中小店舗を淘汰すると積極的に言う人も多いが、なんでとばっちりを食わなあかんのやろ。
■豪商の館 田中本家博物館@tanakahonke
峠の釜めしの「おぎのや長野店」が、8月末をもって閉店するそうです。
新型コロナにくわえ、今年は御開帳もなくなってしまいました。当館もふくめ、観光施設には支援がありませんからね。町の飲食店とも違いますし。北信からなくなってしまうのは、残念です。
#長野 #おぎのや #コロナに負けるな

5/12  13−20℃  晴  南東3
■また、今日も日本株は大幅ジリ安。中国と欧州は、まったく影響なし。
■首都圏のJRや私鉄は減便したが、6日から満員大混雑ということで、また元に戻した。当然そうなるわな。現場もダイヤをいじったり戻したり対応するだけであほらしくなるだろう。

5/11  15−19℃  くもり  南東1
■米国株は、買われる物の流れが変わる変化時だと言うことで、前から言っているが、上げすぎてきたNASDAQが下げていく、当然だ。それにつられて日本も暴落。これは意味不明。というか、信用評価損率が良すぎて、いつでも利食いが入る水準だから、売って逃げる勢いは速い。世界中で、ワクチンが行き渡るにつれて株は上げてきたが、接種が何億人になろうと患者が増える一方なので、いつか疑問に思った売りも出るだろう。問題は、その後だ。

5/10  15−25℃  晴  南東3
■@masahitosasaki
血中ビタミンD濃度が30ng/ml以上の方は新型コロナにほとんど感染せず、さらに重症化しないそうです。
マグネシウム欠乏はビタミンDの効果を無効にします。
マグネシウムをサプリメントで取るのは難しいのですがワカメなら少量で十分なマグネシウムを摂取することが可能です。
https://tanaka-cl.or.jp/health-column/

真偽はともかく、マグネシウムやビタミンDは生きていく上で必須の栄養素です。わたしは、ずっと海藻と緑茶と言っている。コロナ騒ぎが収まっても、これは同じ。

5/9  16−28℃  晴  南南東2
■「通算予想成績」「メルマガ」を更新しました。
「軸馬指数」の成績がへんなので「メルマガ」に並べている成績を計算し直して、やはり計算ミスでした。1着を1つ増やし、2着を1つ減らしました。どうも、1着率が体感よりも悪い氣がしてきたけど、そういうことだったか。
◆「軸馬指数」は1着と1着で【11−4−6−17】。
 「今年のG1」は、1着で【3−2−1−1】。

 先週の天皇賞は、給付金詐欺が憎たらしいから、ワールドプレミアには◎を打たないという大減点で指数を出し始めたので、天罰も降りずにガッカリした。G1年間馬券内パーフェクトがかかっていたのに、そういうときに天罰期待減点なんてダメだね(笑)。
 今週は普通にやって、編集の仕事の引き継ぎでくたびれたが、なんとか3択指数同点のレースを、2つとも1着で正解だった。上位馬が強くてワイドが安いので、NHKの単勝を買えたのは、別券法としては正解だった。重賞の単勝は、3.3 倍超えると買いやすい。
 3択の競馬が続くが、来週も相場張りながら、なんとか・・。

NHKマイルは、内中伸び。
 馬場の硬度は日曜も 9.0 だったが、高速馬場だし、先行馬が多いので時計は32秒前半くらいとみていたが、予想したよりも速かった。速いといってもソングラインが激走したので、それに追い付く意味で、勝ち馬の時計は速くなったので、シュネルマイスターが高速馬場向きという意味ではない。
 スタートでバスラットレオンが落馬。それでも、逃げ先行馬が多く、ランドオブリバティまで石橋で突進するから、12.2-10.2-11.3 とハイペース。
 こうなると、読みどおり、グレナディアガーズは抑え込めないと苦しい。第1回から言われてきたが、千四も強いマイルの馬よりも、千八か二千に強い馬が優勢だ。
 というわけで、ハイペースでもグレナディアガーズが、外目を回していやいやしながら四角先頭になって、あれでは、最後は垂れる。バスラットレオンが落ちなくても同じだっただろう。どうせなら、タンクみたいな好馬体だし、一度は千二のG1を使うべきだ。
 ソングラインはソニンクの牝系で、楽勝で連勝して、前走の桜花賞は不利があって度外視。馬体に10点あげて、追い切りも最高で、おもしろい穴馬だった。
 シュネルマイスターは、Suleika の名牝系で、この一族は日本の競馬に合う。Salde の父の3×1は凄い配合だ。外国産でもノーザンファームだった。

5/8  12−26℃  晴  南2
■今日は校閲の仕事の引き継ぎで3時間もああだこうだと、メールしたり電話したり電話が来たりして、もう疲れる話だ。理屈がへんだから、やりたくないからやりたくない。それだけの話だ。2年前から予期していたことだから、方針は、いくら言われても変わらない。おかしなこと言ってきたら、その仕事は請けない。人材派遣業みたいな役員が増えたから、もう、かつての栄光の会社ではないし。世代交代でグチ言う相手もあまりいないし。競馬の仕事だけやってみたいよ。やっても同じなんだけど。重なる週は心構えが違ってくるだけか。
京都新聞杯は、内伸び。
 中京は降らないと馬場は速い。おかしなコースだ。
 レッドジェネシスは腰落としてゲート出たが、馬は必死で出た感じで、いつもよりは、あれでも良いほう。ルペルカーリアは好スタートから、逃げ切りの利く馬場だから、福永が逃げてしまった。でも、2分11秒2だと時計が速すぎて、途中で1
ペースダウンしたが、やはり逃げ切りは難しい。微妙な話だ。
 レッドジェネシスは前走と同じ、長く良い脚を使って差すという狙いで、今年の川田はムリのないレースが多い。最後はキッチリ差し切った。
 マカオンドールはゴールドシップだから前夜の雨も多くないから、母の父に切れのダルシャーンが入っていても、あそこまで。

5/7  15−20℃  晴  南東2
■国立公文書館newsの校閲をやっていたのは わたしです。親王殿下と内親王殿下の違いを 直したり。徳川家光と徳川家斉の違いを直し たり。それを今日、ドタバタ劇の末に降板す る。安いのに、めんどくさいことばかり。こ れで、しばらく、競馬に専心できます。生ま れて初めての競馬専従です。来週からどうな りますか。

5/6  15−24℃  晴  東2
■日本の種子(たね)を守る会@SaveSeedsJapan
種子法廃止後、地方議員や市民グループが動き画期的な種子条例を制定した長野県が(一部例外はあるものの)県内生産者には今まで通り許諾不要で県登録品種の自家増殖を認める方針。農家の権利を守るこの決定をできれば条例で各地に広めたいです。
地域で守る #命の安全保障
種苗法改正に伴う長野県の対応

5/5  13−20℃  くもり時々雨  南5
■今日は30分歩いて散髪と買い物。同窓会は、コロナ恐怖症が居てお流れ。行きと帰りだけは、雨は降らなかった。あいかわらず晴れ男だ。
■@shinsoukyuumei
欧米では電波を使用するBluetoothヘッドホンの危険性を警告されてます
重点訳
有害なEMF波にさらされ脳中枢に蓄積されます。
英国の現代研究によると、1998年以降の癌の40%の上昇にも責任があります。
ワイヤレスよりコードを使用する方がはるかに優れてます。
■フィフィ@FIFI_Egypt
五輪に言及すると、これまで練習を続けてきた選手達の気持ちを考えて!なんて言われますが、例えばこれまで練習してきたバレエや、ピアニスト、舞台役者…そんなアーティスト達も大事な公演を中止しています。他にも、留学や起業など夢を諦めた方も沢山います。五輪は特別なんて見方は違うと思います。

5/4  9−25℃  晴  南東2
■聖火リレーの選手がバスで移動するときは、めちゃくっちゃ混んだバスの中で、誰もマスクしていない。こういう不公平なことが多いねえ。
■そうか、不確定理論も、位置と速度が決まれば、不確定でなくなるのか? よくわからん。
■枠目論も負け、わたしも春天は負けましたが、ブログに書いたように、「6の孤立枠」です。5も6もありますが、かなり珍しいです。孤立枠は、8、1、3の順に多く、そこまでで十分です。2と、5と6はめったに出ません。メルマガ書いているときに、よく書きましたが、わたしは孤立枠は大嫌いです。

5/3  10−21℃  晴  西2
■今週からの3場開催は、すべて左回りだ。それで、関東馬で阪神遠征する馬がいたということか。まあ、心臓は左にあるから、右回り専用馬というのは、基本的にあまりいないのだろう。直線の長さとか、そういう問題はあるだろう。左の3場は、すべて直線が長い。よく考えたわけではないが。
 中京は小回りでやれば良かったのに。小回り時代の中京のほうが3倍くらいおもしろかった。今の中京はギベオンが逃げ切ったりしてややこしい。力が出し切れる競馬場には思えないが。

5/2  13−22℃  晴時々くもり  北西4
◆「軸馬指数」は着外と4着で【8−5−6−17】。
 「今年のG1」は、4着で【2−2−1−1】。
 今日は馬券は失敗。競馬で4着というのはインケツの最悪だから。どの券種でも巧くいかない。G1の3着内は、1.000 が続いて気持ちよかったが、それも終わった。春の問題の、NHKとVマイルをどう凌ぐか。

G1春天皇賞は、内伸び。
 今年の阪神は、ダートばかり使ったので、芝は傷まなかった。土曜の雨も止んで、日曜に降るかもしれないという微妙な話だったが、降らずに晴れてきて乾いてきた。
 レースは、マズマズのスタート。ワールドプレミアは出が悪かったが、落ち着いて中団にまで追い付いた。ペースは速めの平均ペースで、縦長の馬群。
 中盤で少し緩んだだけで、速いペースだった。カレンブーケドールは積極策で抜け出したが、ディープボンドやワールドプレミアが襲いかかって、最後の1ハロンは13秒0の消耗戦。各馬がスタミナを使い果たして、力を出し切った。
 こういう流れで、とくに不利を蒙った馬もいないので、カレンブーケドールとアリストテレスは距離が長いということだろう。アリストテレスは、今回は馬体が絞れて良いデキだった。やはり前走は馬とケンカしたのが問題だったということ。それと、ねじ伏せるような強さがない。
 土曜から極端に追い込みは利かない馬場なので、いくら速めのペースでも後方からはムリだった。ウインマリリンは外からまくるような形になって、あれではイン差しするいつものスタイルではなかった。この馬も中距離ならやれるだろう。
 ワールドプレミアは給付金詐欺をやったという話は確定している関係者の馬だが、逮捕される人もいるのに、ここで何億円も賞金もらって不愉快だ。最初から、この馬だけは◎を打ちたくなかったから仕方ない。今の世の中は公平性とかは、とっくに失われている。

5/1(GW)  12−20℃  くもり一時雨  南南西6
■また、石の配布をしますから、ほしい石があったら、言ってみておいてください。考えておきます。
■今日のワイドは18番人氣を連れてきて2万1000円馬券になったり、11番人氣を連れてきたり、相変わらす、ワイドは楽です。
青葉賞は、パドックが良く見えたのは、レッドヴェロシティとワンダフルタウン。レッドヴェロシティにすべきだったと思ったが、もう遅い。遅めの平均ペースだったが、アオイショーの大野は、スイスイと好位へ。直線先頭に立って勝ったと思っただろうが、もう少し抱えていかないと、皆が追い付いてきて、差し競馬になっちゃうよ。
 やはり、直線の短い小回りの騎手だったね。わたしの判断ミス。最近はG1の裏の「軸馬指数」はこんなことばかりやって、もったいないですねえ。

4/30  14−26℃  晴  南東3
■石はもらっていただきました。どうも、ありがとうございます。
■GWはお出かけください。家に籠もっていたら経済は縮小するし、身体の免疫力は落ちるし、精神的に荒廃した人も増え事件も増えます。良いことは何もないです。

4/29(祝)  15−19℃  雨  南5
■中学高校6年制だったが、毎日2時限が終わると雨の日以外は校庭を走っていた。走るのが取り柄の学校だった。そのせいか、中学高校時に風邪を引いた級友の記憶がない。よくわからないけど・・。大学に入って上京したときも、69年の新型インフル・香港風邪を引いたが、それ以外は引いた記憶がない。風邪引き始めたのは、隙間風の入る部屋に引っ越した26歳からだと記憶している。それ以外は、風邪ひかなかったよなあ。

4/28  10−22℃  くもり  南東2
■日本政府はサッカーと野球のスポーツ賭博の合法化に向け検討を開始した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が事情に詳しい匿名の関係者2人を引用して報じた。(Bloomberg)
市場規模7兆円だってさ。ギャンブル大国になるね。困った話だ。

4/27  6−19℃  晴  南4
■家電量販店とパチンコ屋は営業するそうだ。大阪府の職員は会食を繰り返していたとの報。無言の抵抗なのか、市民無視で遊んでいるのか、どちらなのだろう。

4/26  9−17℃  晴  北北西6
■先日の石の写真の、フローライトの140という表記は、あれ石の値札ではないです。フローライトと書くために、雑誌の角を切り取ったときの、雑誌のページナンバーです(笑)。
■香港のQE2世Sを勝ったラヴズオンリーユーは忘れな草賞から◎にして好きな馬。ノーザンファームのディープインパクトで、母がストームキャット×ミスタープロスペクター×ヌレイエフで、牝系が名牝ミエスク、百点満点で、どこにもキズがない。一時スランプだったが、最近復調してきて有馬も荒れたインで下がったが最後まで伸びて評価した。それで、また今年は◎を打っていた。こんな凄い血統が勝てば、海外勢もビックリするだろう。ディープインパクトのA級配合が勝つのが、いちばん氣分がすっきりする。牡馬だったらなあ。
■フローラSのミルコは、あと500mまで仕掛けを待った。それで脚を余した。札幌の戸崎は、あと900mから一気に先頭へ並びかけて、400m以上踏ん張った。この馬の個性を考えれば、両者の中間とって、あと650くらいから動かないと困る。

4/25  9−21℃  晴一時くもり  北西4
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。メルマガのタイトルが「ホースレター」でなく「軸馬指数」になっていました。すみません。
 石もらってくださいね。きれいに加工して角の取れた手触りの良いものばかりです。
◆「軸馬指数」は1着と3着で【8−5−6−15】。
 ユーバーレーベンの2着か3着かは、馬自身のオークス出走も大問題だが、私の成績にとっても大きなハナ差だ。悔しいね。
 今日も14番人氣を連れてきてくれて、ワイド総流しは快調な週だった。あと一つの券法は、全レースは買わないが、昔からやってきた単勝と枠連が私に合っているかも。
 さあ、天皇賞だ。G1年間券内パーフェクトを続けたい。

フローラSは、内中伸び。
 ユーバーレーベンが2着になってオークス出走を確定するかが焦点のレース。
 12.5-11.4-11.3-12.1-12.9-12.8-12.6 というスロー。これで、ミルコは中団やや後方で、外へ出したがって他馬と接触したので、ハミを噛んだかもしれない。恐がりな馬だそうで、これはマイナスだったし、このペースなら、ハミ噛んでも仕掛けを早くしないと届かない。
 これでも上がりは、11.3-11.0-11.5 という高速なので、いっそう悔やまれる。札幌2歳Sは、あと900mで戸崎が仕掛けたら馬がガーッと行ってしまったが、最後までソダシに食いついていた。スタミナがありすぎるような血統だから、今日のペースなら、4コーナー手前の、あと700か800で仕掛けないとまずいだろう。そのとおり、人氣薄のスライリーが先行残りで、それを差せないという哀しさ。スライリーは札幌2歳で14着だよ。これを差せないとは・・・。ビデオは全部見て乗っているのだろうから、あれは騎乗ミスだ。それとも、阪神JFの記憶だけで乗ったか。
 勝ったルメールのクールキャットは、先行したり追い込んだり、読めない馬だが、今日は自然に好位へ付けて、ジッとしていたから楽勝だった。
 オヌールと、エアロロノアは、馬体が若いというか本格化してないと思う。
 日本に来て、最近チヤホヤされて騎乗が全然冴えないミルコよりも、東京の新馬と、札幌2歳Sで連対した戸崎がベターだろう。最近の戸崎は嫌われすぎだ。
 レース後に、調教師が「二千がOKだと分かった」と言っていたが、そんなもの配合決めたときから血統見れば大丈夫に決まっている。何を4月の今頃、シロウトみたいなことを言っているのだろう。馬主と調教師と騎手に恵まれてない可哀想な馬だ。

マイラーズCは、内中伸び。
 ◎のケイデンスコールは岩田康が乗り替わりで古川吉になったが、古川なら自然な乗り方する騎手だから、G3の強い馬なら、べつにマイナスはない。
 浜中のベステンダンクが逃げてハイペース。12.5-10.2-10.6-11.2 だから、後方の外側にいるのが正解。内にいたエアスピネルは直線で前が壁になったが、外にいたケイデンスコールは少し邪魔されただけで、スイスイ追い込んで差し切り。2着争いは横一線だが、アルジャンナの福永が後方で悠々としていたから脚が余っていたので、ハナ、アタマ、クビ差の2着争いを制した。
 ケイデンスコールはノーザンの普通に優秀な馬で復調すれば、こんなものだろう。今年のマイラーズCは凄い馬も出てなかったし。

4/24  8−22℃  晴  南2
■また、石のコレクションを減らそうとしていました。親族に石好きが皆無だから、石の後の面倒を見ないといけない(笑)。
 石好きな人や、枯渇しつつある地球の資源を持ちたいという人は、お申し出ください。なるべく、手間なので、お一人で全部一緒を希望します。先着順です。石代は無料です。宅急便の日時指定(GW中か直後のご希望日)での着払い(交渉可)ということで。おまけに浄化用のさざれ(アメジスト、クリア水晶、消しゴム状のセレナイト)を、あまり持ってないので少しだけ、お付けします(写真の水色のポーチの中。ご自分で自立しない原石をお持ちのときは容器に入れて立てておくのにも使えますw)。石は全部外国産です。
 いらないのは捨ててしまうという方は、申し訳ありませんが、ちょっとご勘弁を。捨てずに、誰かほしい人にあげてください。石や花は、ペットと同じだと思っています。
 手放すのだから1つ1つは超凄いことはないけど、カットに工夫していたり、色や形や模様が珍しかったり、私が目を付けて買ったのだから何かの取り柄はあります。
●グリーン・トルマリン。仕事運や人脈運に良いと一時人氣でしたが、最近は見向きもされなくなりました。年々石が減っていくし、仕事に注力する人も減ってファンもいないのかな? このうちの2つはA級ではなくC級の小さなカット石です。でも、木の葉の形にキレイに彫ったリーフ模様のが2つ入っていて、これは丁寧にリーフ模様に彫られた小さな小さなA級品です。ポケット・ストーンや鞄の中向きです。これもまだ持ってますが、集めすぎましたので。
●タイガーアイ。虎目石です。タンブル3個。石買ったときにおまけでもらったA級品です。模様と輝きが、写真で簡単に撮れないほど、めちゃきれいです。きれいなタイガーアイは世界にまだ豊富にありますが、このクラスは、昔も今も、これ以上キレイなものは探せないので、いちおうA級と呼んでよいでしょう。ゆっくり減っているので、そのうち、これも世界から無くなるのでしょうね。
●フローライトの丸く加工した平べったいもの1つ。クリア、緑、パープルの3色が層状に入っていて珍しい品です。今でも世界にかなりいっぱいあるフローライトですが、四角い結晶にゴツゴツした母岩が付いた原石や、適当な形のタンブルが多いけど、多色層状のもまあ珍しいほうですが、キレイな丸い円形状にした加工品はまず見ないです。
●アクアマリン。これは普通のタンブルや丸玉です。そこらによくある普通のアクアです。他に小さな丸玉付きです。この程度のアクアは、今もあります。
●ブラックトルマリン。普通の石です。御徒町にブラジルの鉱山の権利を半分持っていた、たぶん卸もやっていた店主が居ましたが、風呂に入れるブームが終わったのか、邪氣除けのブームも終わったか、鉱山も手放したようなかんじで、その店の大きなブラックトルマリンもラピスラズリもやたら巨大すぎたのか(1m近くはあったかな、そんな大きな石を個人が買ってどうするの?)どこかへ売って? ひっそり商売しています。私のこれくらいの大きさのも、そのせいで今はあまり見なくなったのです。
◯以上をまとめて全部(今の市場で買うと4000円強くらいかなあ?)引き受けて、ずっと持つか、誰かにプレゼントするか、いずれにしろ捨てないでいただるなら、時価6500円くらいの、ブラックトルマリンインクォーツ(水晶の中にブラックトルマリンの針が入っている。原石でなく、きれいに加工したもの)1個か、1mmくらいの大きさのスピネルを10個弱、の、どちらかご希望のほうをプラスさせていただきます。(希望の指定がない場合は、こちらで2択から選びます)。
 ブラックトルマリンインクォーツは、まだ世界にありますが、少しずつ減ってきて、少しずつ価格が上がってきています。昨日見た同等品が6500円でした。スピネルは、1mmくらいのピンク主体に何色か(ブラックやブルーとかはないです。)が揃って、こういうセット売りはほとんど見ませんから時価不明です。いちおう写真を載せておきます。左に持っているのがブラックトルマリンインクォーツです。
 Oh!

■京橋Sは、馬連2点買って見ていたが、順調に来ているイズジョーノキセキだったなあ。失敗予想でした。
■最近はフルゲートくらい頭数がいたら◎が1番人氣でもワイドの総流し。福島牝馬Sは1番人氣が◎で、7番と10番人氣を連れてきて馬券は楽勝。ハナ・クビ・クビ・クビ・ハナ・クビ差の激戦だが、見ていて悠々。4着の12番人氣が来てほしかったくらいだ。
 ドナアトラエンテは川田の仕掛けがワンテンポ遅かった。それでハナ差は痛い負けだ。これで、デビューして10戦全部が千八だが、いつも書くように、こういうレース選択はおかしい。マイルや二千を、たまに使って適正見ないとおかしいよ。

4/22  11−24℃  晴  北北西6
■Oricquen@oricquen
“館山ファミリーパーク、閉園へ 「台風乗り越えたが…」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル”
館山ファミリーパーク閉園
渋谷のライブが閉店

4/21  13−24℃  晴  北北西4
■第一生命の詐取は、やった社員が1人じゃなくて3人もいたというから凄い。これでやめなくてよい社長って、どういう顔をしているんだろう。もっとも10年以上前からの社長が全部責任あるわけだけど。郵便局が腐敗していったのはバブルのせいと、民営化のせいだろう。第一生命のほうは、自分がやっている仕事に奉じる精神が消えたのだろう。給料もらって退職して、ゴルフとかやりながらの年金生活するくらいしか、生き甲斐が見つからなかったのだろう。
■天皇賞の予想を始められるけど、今からやるとコロッと変わるから怖いな。春天、Vマイル、NHKと3つ乗り越えれば、今年の春のG1はなんとかなる氣がするが・・。
■サトノレイナスがオークスやめてダービー参戦って、もったいない。エフフォーリアは、まだ弱いと思われているみたいだなあ。まあ、これでオークスの悩み事が1つ減ったけど。

4/20  7−24℃  晴  南南東2
■第一生命が、またもや元社員が顧客から超の付く大金を、騙し取ったことが発覚。郵便局と同じで、こういう古い世界はインチキだらけだと思って、うまい話があっても信用しないほうが良いのに、まだ、分かっていないね。日本のビッグ3の生命保険会社は昔は良かったけどねえ。
 もう、仕事の美学なんてないかもよ。ほとんどの人はゼニだけ。国全体が悲しいくらい凋落したのだ。
■今日は日銀が株を買うのをゼロにしたので、NYは揉み合いだったが、日経平均は2%近く急落した。日銀が買わない日は、外国人も国内証券自己も買わないから買い手不在。買い手は、年金と物好きな個人だけで、どうしても下がるわ。凄い国だね。まともな人間は、どこへ行っちゃったの?

4/19  9−21℃  晴  北2
■G1的中すると、読者の方からメールいただく。ありがたい。とくに、馬連や馬単や3複などを的中する人は、買い方が参考になって助かる。先日も書いたように、ワイド総流しに、もう1つ別の券法を(レースによるのだが)組み合わせられたら最高だ。参考になりますので、私の◎が連対したときだけメールください。何を買って取ったか教えてください。連を外したら愉快でもないからメールはいりません(笑)。

4/18  12−20℃  晴  西北西5
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。
◆「軸馬指数」は着外と1着で【7−5−5−15】。
 「今年のG1」は、1着で【2−2−1−0】。まだ、年間馬券圏内パーフェクトを目指せます。
 今日は3レースやってワイド総流しだから、ワイドで的中馬券が6つ。おまけにエフフォーリアが2番人氣になったので、単勝も買って、的中馬券は7つになった。株の先物相場に比べればお金の比較にもならないが、競馬の血統の深み、相馬眼のこと、馬体の美、レースのはかなさ、歴史性や思い出のキレイさ、ゲーム性や予想法のおもしろさなど、映画もジャズも現代詩も滅んで鉱物コレクションも石が払底し、世に何も文化がなくなりつつある中で、競馬だけは最高だ。

G1皐月は、内中伸び。
 今年の阪神は、ダートばかり使っていて、芝が全然傷まなかったが、中山もしぶとかった。
 今日は重馬場で始まって、午から、やや重へ。泥は跳ねていたが、あまり内外のない馬場で、乾いて行くにつれ、判断がややこしい馬場になっていった。
 1番人氣を取り合っていたダノンザキッドとエフフィーリアは好スタート。最初のコーナーまでスローだったが、好位へ取り付いて積極的な競馬。
 1コーナーでも泥が跳ねていたが、アドマイヤハダルのルメールは、ロードカナロアで馬場が渋るのはプラスマイナスゼロなので、少し下げて外へ出せたら出したいという表情。でも、開幕週の良馬場でも好時計なのに泥が跳ねていたから、泥が跳ねることに反応しないことが肝腎な連続開催だった。そして、ルメールは内枠を引くと、どうも、いつも判断を誤って捌けなかった。
 今日も、4コーナーでエフフォーリアの後ろにいたから、そのまま進めば、3着になったステラヴェローチェの進路は無くなるから、2着か3着だったが、外へ出して裏目だった。
 ルメールのイン捌きは東京だけはそうとう上手なので、春の良馬場の府中に期待するしかないか。
 向正面で速くなって、逃げ切り狙いの格好のペースを作ったからタイトルホルダーの田辺は褒めたい。あの2コーナーからペースを上げる展開でないと2着に来なかったと思う。ドゥラメンテの子で買いにくいが、6代母が、Royal Charger の全妹ということだけが取り柄だが、5代母からのレディジョセフィンのスピードは威力があると証明してくれた。
 エフフォーリアは◎で自信があった。前走のトキノミノル記念も◎にしたが4番人氣だった。シーザリオ≒ハーツクライ2×2という、最近いつも褒めている<サンデーサイレンス+ノーザンダンサー>の〈組み合わせのクロス〉の威力は次々に証明されつつあって、血統論者としては楽しいことだ。こんなのが、単にサンデーサイレンスのクロスの時代だ、なんてことで済ませられるわけないよなあ。サンデーサイレンスとかヘイローとかは軽いからなあ。重厚な何かが必要で、ディープインパクトの牝系の奧のようにハイペリオンがいちばんで、しかしハイペリオンの時代ではないからノーザンダンサーを使うしかない。競馬ブックのコラムよりも、わたしが正しかった。
 今日は横山武史も自信があったのだろう。好位のインでジッとしていて、4コーナーで躊躇せずに外へ出さないで内から抜けたのが凄かった。午頃の二二のレースでもそうだが、内でも良いのだが、二二は前有利だから、参考レースのあまりない番組日程で、インを迷わず突くのは勇氣のあることだ。この人は北海道でリーディングをとった頃から自信満々で、なんの不安も持ってなかった。
 「軸馬指数」に書いたように、自身と祖母の持つクロスは美しい。シーザリオやシンボリクリスエスも渋った馬場は強そうで、しかも、力強く馬場を掴んで走るストライドはみごとで、やや重の不安はなかったのだろう。
 筋肉はみごとだし、フォームも良く、好きなタイプだ。このまま、新興勢力が出て来なければ、3冠は取れそうな氣がする。
 ダノンザキッドは好位にいて惨敗。アーリントンCのホウオウアマゾンが朝日杯のレース後に、脚部不安でレースにならなかったそうで、そういうのを知っていたら簡単に20点は上がって◎になったのに。今日のダノンザキッドは、ホウオウアマゾンのそういう問題がなければ、やはりわたしが見たとおり大物感はないということ。ああいう馬体を見て判断するから、年間50%がかかるホープフルSで◎にすればいいのに◎にしなかったわけです。あの馬体だからだ。あの馬体のせいで、外ラチに突進して落馬する馬を◎にするはめになった。わたしは岡田繁幸さんよりも馬体を見る自身はある。あのドテッとした馬体は繊細なサラブレッドの美とは違うと思う。それが私の意地だ。

4/17  13−17℃  くもりのち雨  南東3
■9Rの馬連と、10Rのワイドは順調。また、11番人氣でとれた。ワイド総流しと組み合わせた、もう1つの券法を完成させれば良いわけだ。なんとかしよう。
アーリントンCは、雨の重馬場。今年の阪神は、ダートばっかりやって芝を保護したせいか、凄い良い馬場。この雨でも、ぬかるんで差しの利かない馬場になったが、時計は速い。
 となると、展開や重馬場適性で、ホウオウアマゾンで断然でしたね。ジュリオは出遅れて好位どころか、後方からで中団にも行けず。若さが露呈してしまった。
 ホウオウアマゾンは、キンカメ×アグネスタキオンの重血統。大型馬でドッシリしていて、休ませて良くなっていたし、2番手からの貫録勝ちでした。
 阪神牝馬Sのマジックキャッスルと、アーリントンCのホウオウアマゾンは、普通にやって的中させないレースでした。どうも、G1の裏が3週連続でダメですね。それもとらないといけないレースばかり。

4/16  7−17℃  くもり  南南東3
■昨日、お気に入りに入れてあるネットの鉱物ショップを片っ端から見ていくと、半分くらいが閉店してサイトが消えていた。ツーソンのショーは世界一だが、2年前のを見ると、まだ良い鉱物もあるが、誰も買う金を持ってないのだろう。大金持ちは、そういうことには興味ないし。中産階級は日米欧と全滅しているし。

4/15  6−16℃  晴  南東2
ユダヤ人を救った多くの日本人
 戦前は、敵国の捕虜や、日独同盟下でもユダヤ人を救ったり、こういうりっぱな日本人がいっぱい居たんだよ。

4/14  14−20℃  雨のちくもりのち雨  北3
■マネックスの株価が360円は安すぎると思って、晩秋に300株買っていたが、動きがトロイのと、マネックスで扱っているビットコインを買おうと思って、注文しようとしたら、スマホ・アプリのみということで断念。これでは株は上がらないと、株を売ったら、なんと、誰も注目してなかった株が、ビットコインの値動きにつれて急騰し始め、急騰するから皆が氣付いて乗ってくるから、あっという間に1100円になってしまった。ビットコインは暴騰するし、勘の悪さに踏んだり蹴ったりだ。競馬は、ロマンとゲームの側面もあるから、ババアのパチンコ程度で良いが、株はロマンってわけにはいかない。

4/13  12−17℃  くもりのち雨  南5
■「予想論&通算予想成績」を、より見やすく分かりやすく書き直しました。
 普通の予想家は、集中力が途切れたり、直観力が脳の高齢化で劣化するわけだから勘が悪くなって成績が悪化して引退していきます。師のような大川慶次郎さんとわたしは、そういうことは無縁です。普段の脳の鍛え方が念入りだから。

4/12  7−19℃  晴  南東3
■大阪杯のコントレイルは、この位置では届かないと思って、あと900mから仕掛けて、ゴール前で止まった。桜花賞のサイトレイナスは、届かないよという位置にいたが、前は捨てて最後の脚に賭けた。それで、32秒9の脚を使って、クビ差の2着まで来た。福永よりもルメールのほうが正しい。
 中だるみのスロー以外で、早めに動けば必ず止まる。メイケイエールなどはスタート前から、ほぼそうなると思われていたが。最初に良い位置を取って、あとはジッとしている、というのが基本的に正しいことは昔から証明されている。最後の脚さえあればだが・・。
■@touyoui
学校での常時マスク着用、週二回のテストが義務づけられているドイツでワイマールの家庭裁判所で、学校でのマスク着用義務、テスト義務、ソーシャルディスタンスの即時停止の判決が出た。子供の健康や心身の発育に悪影響を及ぼすため、即刻停止するようにということだ。

4/11  5−18℃  晴  北西2→南東1
■月曜だか20年着ているお氣に入りのウインドブレーカーを、アイロンの温度を間違えて焦がす。悔しい。ネットで買い替えたが、最初のは、指定したのと違う色のが届いて返品。新しいのを注文したが、これが色が悪くて、ダメだけどサイズは良いから我慢。上着だけはネットで買うのは難しすぎる。しかし、ネットの上着類は安いけど良いものはない。デザインに金かけないから安いのだろう。そういう1週間だったが、桜花賞は間違えようがないようなレースだった。
■「メルマガ」「通算予想成績」を更新しました。「血統論」のリンクを直して行間が詰まったところは直しました。
◆「軸馬指数」は着外と2着で【6−5−5−14】。
 「今年のG1」は、2着で【1−2−1−0】。
 阪神牝馬Sはマジックキャッスルだったなと後悔。まあ、年に10回は後悔しているから、30年で300回か。もう、慣れて、悔やんで氣分が変わるというほどでもない。
 桜花賞は2択で、2頭の指数が離れていたから、2頭の本線で、なんでも買えば的中という感じだった。単勝だけは五分五分だから買う氣がなかったが、2頭の単勝を買えば的中はできた(笑)。
 これで今年のG1は好スタート。年間券内パーフェクトは、まだ狙えるが、狙えるうちは狙いたい。

G1桜花賞は、内中伸び。今年の阪神は、AコースでもBコースになっても、雨の翌週でも、馬場が良くて、けっこう内も伸びていた。
 ソダシはパドックも良く、スタートして二の脚が凄くて、すぐに先頭は2頭になって、後続は離れた。あれで、折り合い欠いてハナに行く心配はない馬だから、既に勝ったという感じだった。
 サトノレイナスは、いつものように出遅れて最後方から。さすがに前の好位置に白毛が見えるから、外を回しては間に合わないと、一か八かで、600m行っただけの時点で、馬群の中に入れていった。
 直線に入ると、前が開いたので、ソダシはすぐ抜け出した。早すぎると危ないと思っていたから、そう書いたが、ゴールまで踏ん張った。
 サトノレイナスは、5頭ほど抜いて直線へ。時計が速すぎて前が強いから追い付かないが、前の壁の馬が伸びたので、その横が開いた。最短距離の出し方ができて、外へ行ったときのルメールらしく、それから馬も32秒9の、ハイペースにしては凄い脚を使ったが、もう少し足りなかった。
 まあ、あのスタートの差だから、中身は完全に勝っている。◎で後悔はしていない。冠名でなければ勝っていたと思っているけど(笑)。
 12.1-10.8-11.2-11.1-11.6-11.2-11.2 と、3ハロン目から凄いペースで行ったから、最後は11秒9かかったが、それでも、マイルで1分31秒1だと、速すぎて追い付かないね。付いていくだけで、バテるのが普通だ。この4着までの4頭は、後ろをちぎったが、強いということだ。
 クラシック初制覇というけど上手な吉田隼人は、ひいきの騎手だから、優勝おめでとう。ほんと嬉しいよ。田辺や三浦よりも、はるかに巧いけどなあ。勝利騎手インタビューをJRAのHPで見たけど、騎手がマスクしていると喜びが全然伝わらない。インタビューしている人が、したければマスクすればいいんだよ。だって、パドックでもレースでも騎手はマスクなんかしてないよ。

4/10  6−15℃  晴  北北西5→東1
■@satomihiroshi
皆さん、1月に照射されたジャガイモが茨城県のスーパーで売られていると連絡がきました。急に暖かくなったので、芽がでないと売られてます。表示を見てください。照射で危険な成分が出来ることが判っています。他県の方もお気をつけください。

十勝産に限らず、ジャガイモなんか危なくて食べるか。

ニュージーランドTは、Bコースの中伸び。
 バスラットレオンは3F目からスイスイペースを上げていって、逃げ切り狙いのラップの踏み方。これで大楽勝だから、ソダシの評価も上がったかなあ。
 タイムトゥヘヴンは上手に乗って、これが、わたしの◎だったな。
 アヴェラーレは体重がまた減って、内枠で揉まれて下がってインの後方。最近のルメールはインが好きだが、インの後方からは伸びないよ。もう、イン伸び馬場は終わっているって。とくにレースを重ねた夕方は。それでも、伸びようとしたが、ぶつかって馬がひるんで終わり。明日のルメールは外枠だから今日とは違うかな。

阪神牝馬Sは、Bコースの中伸び。
 スタートで、リアアメリアは出遅れて終わり。デゼルの後ろから行って、差し勝ちするわけもない。予想が好スタートと決めすぎた。
 デゼルも追い込んだし、マジックキャッスルは実力どおりだった。大野は狙いにくいけど、最近は引き合いが多く評価が高いなあ。騎手点や展開点を献上して◎だったよな。

4/9  5−15℃  晴  北4
■@You3_JP
米国メディアは、コロナの感染対策が厳しい州(ミシガン、ペンシルバニア等)ほどコロナの感染拡大が激しく、コロナ規制を撤廃した州(テキサス等)でコロナの感染者が減り続けている点を指摘。
感染対策が逆効果になっていることを隠しきれなくなってきているようだ。
ロックダウンは悪化させるという報告は山ほど出ている

4/8  7−17℃  晴一時雷雨  北2
■@rhwtsh
朗報!
【文科省「子どもが息苦しい時はマスク外してOK」】
学校・幼稚園のコロナ対策運営ガイドラインおよび
衛生管理マニュアルを出している、文科省の初等中等教育局に電話して確認とった(担当は健康教育・食育課)

「息苦しくてもマスクを着用させろとは通知・案内していません」とのこと!

4/7  7−17℃  晴  南東2
■日本熊森協会東京都支部
@kumamoriTOKYO
東北の方から
受話器
クマの絶滅を止めたいだって?!

 もう無理だよ。

東北の山を見てみなよ。メガソーラーでどんどん潰されているよ。 クマだけじゃない、色んな生き物たちの生息地だったんだ。
東北は今、酷いことになっているよ。 すみかを失った生きものたちは右往左往さ
これでは禿げ山よりも危険。台風の大雨はどうする。

4/6  6−14℃  晴  北東2
■@David_R_Stanton
●中国、イランの海で乱獲に精を出すの巻
4月2日。イラン南部のジャスクにて。
「中国の漁業会社が使う大電力の電気ショック漁法の結果とし海岸に流れ着いた死んだ魚たちの映像。その漁法は海洋生物を破壊しつつあり、そして地元の漁業従事者達は生活のてだてを無きものにされたまま取り残されている」
引用ツイート
@HeshmatAlavi
April 2 Jask, southern #Iran
Footage of dead fish that reached the shore as a result of Chinese fishing companies using extreme electrofishing (pulse fishing) methods that are destroying the marine life & leaving locals who rely on fishing without any way to make ends meet.

日本でも電氣でウナギ取るとか禁止されてい たような記憶があるが。

■@tyomateee
チンパンジーの映像記憶能力が常軌を逸していて凄まじい
https://twitter.com/i/status/1379078914530627590

チンパンジーにレース予想させたら凄いかもしれない。

4/5  14−16℃  くもりのち晴  北北西5
■ギリシャ北部と釧路地方が、どんどん潮が引いているらしい。氣持ち悪いなあ・・・。地震警戒か?

4/4  12−20℃  くもりのち雨  南3
◆「軸馬指数」は着外と3着で【6−4−5−13】。
 レイパパレの単騎逃げは何度も考えたが、やはり3強のうち、どれを◎にするかのレースで、レイパパレやブラヴァスは、ヒモで買うしか、しかたないと思っていた。◎のコントレイルが3強の中で、いちばん強い競馬をして、3着は着順が1つ悪いけど、まあ、券内に入ったから、しかたないと思うことにした。
 そうでも思わないとやってられん。

大阪杯は、内中伸び。雨が降って、直前に重に変更になって、インは伸びていた日だが、大阪杯になるとインを避ける馬が多かった。
 レイパパレの単騎逃げのレースだが、スタートはゆっくりしか出なくて、それでもハナへ行く馬がいないから、最初はゆっくり始まって、3F目からペースを上げて、コーナーを回ると、あっという間に縦長になった。重で、12秒1を重ねたので、けっこうキツいペースだ。
 12.4-11.1-12.1-12.1-12.1-12.8-12.2-12.1-11.6-13.1 というラップ。1000m通過後に少し息を入れて、それでラス前の11秒6の瞬発力で引き離したから、川田の会心の騎乗だった。
 コントレイルはパドックで、もの凄いデキ。馬体は全部成長分だった。でも、スタート後、行く感じもなく、出の悪かったレイパパレが前を横切ったら、カメラに次に映ったときに、4馬身ほど離されていた。あれは、アクシデントでもなければ、控えすぎだ。あとでパトロールビデオを観たら、外へ出そうと、斜めに外へ走っていた。
 その氣持ちは分かるけど、わたしはディープインパクトだから、それほど馬場は苦にしないと思う。せっかく外へ出したものの、けっきょく向正面からは縦長になって、いつでも自由に外へ出せたから、最初の工夫はムダになった。2列前に行けたはずで、3馬身は損をしている。レース後の談話で、中距離を使ってきたので馬が行く氣がなかったと言っているが、弁解じみている。あの外へ出したのは軽いけどミスだ。
 おまけに、今日の阪神も、けっこう前が残る馬場だったから、レイパパレとグランアレグリアの両方をマークする必要があるはず。福永のミスだろう。
 縦長になっていたので、あと900mのところから動いていって、あの乗り方では、ゴール前に必ず止まる。G1ホースでも止まる。縦長にしてしまったのだから、もう逃げ馬は諦めて2着取りで乗って、巧くいけば逃げ馬も差せるという感じで良いのに、最近は、腹がくくれない騎手が多いなあ。あと600mより先に動けば、止まるに決まっている。
 あと800mでグランアレグリアの外に並びかけ、ゴールまで2頭の叩き合い。壮絶な2頭の争いだが、コントレイルは馬場は氣にしてなかった。
 グランアレグリアは、早めに外から被されたので動かざるを得ず、一緒に動き始めたので、瞬発力は発揮できなかった。コントレイルの強さを言えば、あそこから動いて、グランアレグリアを最後の最後で差し切ったのは意地だろう。
 そういう争いを尻目に、ワンテンポ遅らせて動いた勝負師の池添が、最後のバテバテ競馬を差し切って2着に入った。
 サリオスは内ラチ沿いをずっと回ったが、内伸び馬場でも、メーンの前に重馬場に変更になって雨脚も強かったから内は避けるべきだった。レイパパレでさえ、向正面からは内から3頭目を逃げていた。今日の川田は会心だろう。
 レイパパレは、クロフネやタリヤートスや、戦後最強の重の鬼・トサミドリが入っているので、川田が言うほど悪くなく、馬場はプラスだと思う。

4/3  12−20℃  晴  南東3
ダービー卿CTは、内中伸び。
 マイスタイルが果敢に行って、12.3-11.0-11.0-11.3 のハイペース。3F目からペースが速くなったので、好位に行ったスマイルカナやソーグリッタリングも巻き込まれてしまった。
 ルフトシュトロームはパドックのデキは良かったが、向正面で外へ出せたから、出すかと思ったが、内の馬場が良いからか、ルメールがインに拘って動かなかった。皆がインに寄ってくるから、あの位置からでは前は開かない。ハイペースでバテて下がってくるスマイルカナやソーグリッタリングも邪魔になった。ルメールのスランプは深刻だ。
 ということで、テルツェットとカテドラルの差し勝負で、あっけなかった。あれくらいなら、ルフトシュトロームは加われると思うけど。

4/2  13−18℃  くもり  東2
■マスクしないと罰金とる国と、マスクすると罰金する国と、両方登場してきた。そもそも、ウイルスはマスクの目の100分の1くらいだから、どうやっても通過するし、そもそも無症状者から感染するということを証明した科学者は居ない。情けない人間ばかりになってきた。
■「血統論」のリンクが外れているのを直しました。

4/1  12−21℃  晴  東北東2
■西洋医学が中途半端なものであるということを知らない人は、苦労を選択することになるだろう。


-------------------------------------------------------------








─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────
─────────────────────────────────────────


[2021 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2020 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2019 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2018 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2017 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2016 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2015 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2014 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2013 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2012 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2011 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2010 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2009 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2008 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2007 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。
[2006 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。

[2005 年 1 月 から 12月 の 日記 ] ←─ は、こちらをクリックしてください。


─────────────────────────────────────────




 早くても 花、遅れても 花 





-------- 2005年の、ホームページ作った頃の日記は、節分のここまで。--------------


2/3・芝や坂やケヤキやカーブの形状のことで府中の造園課長の矢島さんに取材。毎年、造園課に取材しているし、松戸にいた頃は庭に芝を植えて中山の乾き具合を推測したりしていた。今回は府中のいろいろなことについて深いお話を授かって内容充実だった。長時間にわたりありがとうございます。得た認識や知識は、いずれ少しずつメルマガで使っていきます。「優駿達の蹄跡」の掲示板で遊ぶ。

2/2・山本一生さんと電話で競馬の活字世界のいろいろな話。出版近いとのこと。おめでとうございます。そのときはこのHPであらためて紹介することになると思います。とにかく山本さんという人はいつもわたしの書いたものをきちんと採り上げようとしてくれる人。そういう姿勢から教えられることが多い。わたしは〈全兄弟クロス〉とか中黒のクロス表記とかをマネするなとは言っていない。存分に批評してからお好きにどうぞ、という方針だが、山本さんみたいに血統論としてきちんと批評して扱ってくれる人は何人もはいなかった。じつは一生さんとは18歳の時にちょっとだけ行き会っているみたいだが、それも奇遇(向こうは今もそのことを知らない)。わたしの人生は不思議な人の縁ばかり。鎖の輪のように時に繋がって縁が続いたりする。だから人生、人に対しては曲がったことはできない。

1/31・今週の特別は難しいレースが多い。なんとかしたい。今日の「GALLOP」は応援してきた藤田伸二の特集がおもしろい。一読の価値ありです。

1/30・今年のメルマガの◎が[13-8-0-11]。堅いレースが多かったとはいえ3着がないのが嬉しい。3着に来る馬を◎にすると、それはスランプということだから。でも、昨日のパリブレスト、今日のエイシンサリヴァンは最後まで◎かと迷った馬。◎か○かは微妙すぎて呼吸法とか座禅みたいな世界だと思う。うーむ、負け惜しみを言ってはいけない、ああ悔しい。

1/27・大好きなトロットサンダーを書いた原稿を見つけたので「回顧」に追加。最後の段落の詩情も、函館が札幌の前に開催されるようになった今となっては懐かしい。「競馬論」にロバーツの話を追加。

1/22・ディープは強かった。3馬身と思ってたら5馬身。ストライドが大きい。G1決まり。

1/21・トップページもエディターで手書きしていじくりまくっているのだけれど、Me&IE5.5のわたしの環境でOKの書き方をしてXP&IE6の環境の人から見るとメニューが崩れる。昨夜からそうだったみたいだけど 笑、また鈴木さんに指摘されて感謝。Macはフォント対応が未知数だし。。機種によって化けてたら、どうか御手数でもお知らせください。あ、そうだ、今年は宝くじの1等があたるのだからXP買おう。

1/20・ディアデラノビア、ディープインパクトとわたしのG1候補が毎週出てくる。今週も楽勝したら「長期予想」でもupしようかと。着差1馬身以下なら頭が痛いから、しばらく すっぽかそうかと。。。
・「プロフィール」書き加える。 ブラウザの設定によっては、等幅フォントで見られるとトップページの体裁が崩れるので、[MS Pゴシック]でのみ開くように書き換える。ひょっとするとわたしが普段見ている人の顔は、景色は、人によっては違って見えるのだろうか? 地球は丸くないのか? うーん、布団かぶって寝よう。

1/18・もうやることないと思っても、朝、HPに向き合うといじりたくなる。わたしのページだ、隅から隅までいじくりまわさないと損だ 笑。ページによっては文字色、字の濃さ、字の大きさ、行間、版面の幅、タイトルの字下げ、署名など変更。「プロフィール」を大きく加筆。
・ナリタセンチュリーは絶好調でないから4角での脚がイマイチだというのが結論か。上がり目の93%のデキと、現状維持ないし下がり目の93%のデキでは打つ印を変えないといけないかも。相場と同じでトレンドフォローが大事だ。レベルではなくトレンドの向きか。

1/17・2日前のびしゃもんさん、お名前遅ればせながら記載しました。HP拝見してるだけで元氣な方だとわかる。もの書いてて読者の方に元氣もらっててどうする笑。でも、インターネットは人が繋がるわけですからねえ。。。グリーンできれいなリンク貼っていただいて感謝です。そうかあリンクバナーも必要だなあ。
・夕方、仕事抜け出して森林浴でcool down。頭のリセットも成功。うな丼にワサビ塗って食べる。美味!

1/16・コンテンツの「配合史」に重複ですが1本追加。継続して原稿を追加していきます。home back デザインを変更。index.htm の最下端の署名を大きくして薄い金文字に。コンテンツ・メニューの右端にカーソルがきた途端にオレンジになるように改善。
・「ウェブ カラー クリエイター」のプログラマーである武藤祐子さんに連絡したら、なんと、競馬でも相互リンクにしていただけた。「リンク」に載せたガスールのクレイを使っているとのこと。ガスールとかクレイ使う人とは縁がある。またまた不思議な縁だ。人生みな何かの縁だが。リンク先で「大人を感じる素敵なデザイン」と書いていただく。アホみたいに単純だけれど、シンプルな造りの狙いを理解していただき、ほんとうに嬉しいです。ありがとう。この色指定のソフトはほんとに最高です。

1/15・12/26の日記に書いたディアデラノビア快勝。牡馬かと思ったとあちこち書きまくって、ここらで負けたら恥だが、勝つと思っていたから心配してなかった。昨年の「ホースレター」もわたしがわあわあ騒ぐときましたからねえ笑。あの重心の低さは、床を回転しながら機敏に這い回るおもちゃを思い出す。脚で地面をしっかり捉えているし。それにあの母系の奥の〈全兄弟クロス〉、ホースレターに書いたとおり。馬はフワッとせず前方にむだなく進むのはいい。
・リンク貼っていただいた dotechaさん、メビウスさん、(馬家のPAGEの)びしゃもんさん、「リンク」に貼らせていただきました。ありがとう。皆さん、楽しそうに書いているので負けないように書かないと。馬太郎さん、リンクと再upお疲れさま。いつかシンガポールでTと一緒に麻雀と競馬ができるといいですね笑。
・デイリーのAJCCを書き直して入稿。

1/14・昨日からデイリーのAJC杯を書こうとするが書けない。1時間でエイヤッと書いたが全然なっとくできない。トップページのレイアウトを1ミリ、いや1ピクセル単位で動かして修正し憂さ晴らしする。

1/13  リンクお願い   メルマガの宣伝メール解除の件
・相互リンクでも片側でも声かけていただければ嬉しいです。組織or個人不問、競馬でなくても何でもOKです。
・メルマガサイトからの宣伝メールが嫌いな方が多いようですが、たいていの宣伝メールは最初の設定でいらないとするか、御手数でも1通ずつ宣伝メール末尾記載の要領で、サイトにジャンプして送らないように変更してください。e-dream だけは広告メールを断れなかったと思います。
・[クリック・アール]というキャラクターを作って遊ぶ。あほか。
・WinXP & IE6 の環境だと、カウンターを貼る場所によってはレイアウトが崩れることを発見。XP の鈴木利勝さんと電話でアドバイス受けながら改善とupを繰り返して解決。感謝。ちなみにわたしは Me & IE5.5sp2 なので、Mac や Linux でおかしなことあったら、お知らせいただければ助かります。
・7日のメルマガの中の不適切な日本語表現を訂正した。

1/11   シンガポール
・正月は10日で4日開催、その間、デイリーを2本書いて、メルマガを2本発行。メルマガで予想した◎は11レースで [5-2-0-4] とスタートはマズマズ。
・ん十年シンガポール在住の学生時代の友人Tからメール。学生の頃、下北沢の下宿屋で、ずいぶん一緒に死にものぐるいで麻雀やった。半荘6回くらいほとんど口きかずに打ってた笑。その他、いろいろなジャンルの思い付きそうなことはあそこで全部やり尽くした。まさに梁山泊だった。ホームページ見つけてメルアド知ったとのこと。検索エンジンのグーグルは神様です。あちらでは4連単で2614倍をとったことあるという。うーん、これはどのくらい穴なのか人氣なのか、すぐにはピンとこない。地球のどこに行って住んでも、やるやつはやってるわ笑。今年もがんばるか、という氣になった。
・森林浴でcool down。頭のリセット成功。

1/10  半年ぶりの全休日
・アグネスウイングはエンシェントヒルと同じで単独のクロスでもダート馬ならいいか、とホースレターに書いたが、ダートでも4連勝後に壁にぶち当たるから、ダートではいいとしても少しだらしない。やはり爆発力を生じるには〈4分の3同血クロス〉でないとだめということか。
・リンクにネットの血統表サイトを書いてたが、そのせいかどうかアクセス増えて重くなる。これでは仕事にならないので涙を呑んで紹介をやめる。

1/8・起きたら中耳炎だ、耳が遠い。ついに過労が弱点の耳にきた。わたしの机は優しいから、昨夜、わたしにもう休めと言ってくれたのだろう。それなのに2時まで起きていた。反省。机よ、ありがとう。優しい戦友だ。
・森徹也さんに読んでエネルギーを感じると言っていただく。非常に嬉しいが、じつはわたしも自分でupのためにまとめていくつもいくつも読んで、過去に書いた言葉が頭の中を駆けめぐって、、、今週のホースレターは燃えずにサラサラとお茶漬けになってしまった。困ったな〜。森林浴でもして調整しようかな。うまく書けない。

1/7・今日のメルマガに、自分の机と椅子とPCはほぼ完璧の品だ、ここ1ヶ月座りっぱなしで、昨夜椅子をいとおしくて愛撫したと書いた。そしたら、ついさっき、机の脚のローラーが取れてしまった。その瞬間、乗せてたPCを一旦OFFにしようとしたら、電源スイッチが利かなくなった。PCは単なるエラーで復旧したが、机が哀しくて心が痛む。この机は似たのがないのだ。哀しい。非常に哀しい。机とPCも遅ればせながら愛撫してあげるからね。

1/6・伊与田翔さん、重賞回顧を一緒に隣り合わせで書いていた頃が懐かしいですね。ヘリオポリスとガルフストリームの〈4分の3同血クロス〉に、はい、はまっています。お元氣そうで何よりです。いつか、きっと、また。。
・リンクを増やす。文字色とかを微妙に濃くする。「デイリー」のところの色帯をタイガース・カラーに変更。原色だとまぶしいので、ちょっと渋い色合いで。そして、これでそれぞれ全部、コンテンツのイメージに合った色にできたかな。

1/5・今年最初の◎はジュニアCのロードマジェスティ。で、勝ったが、4番人氣とは驚いた。京都はまたヘリオポリス。プリメロ、テスコボーイ、ヘリオポリスは任せといてください。

1/4・毎日午後まで編集の仕事。そのあと昨日夜に書いたデイリーを読み直して入稿。で、また書き直して再入稿。最近一度でピシッと書き切れない。終わってメルマガを書く。出走馬を見ると狙い馬が回避続出。メルマガの送信も今年から自分でやっているが、某サイトは画面に提示されている配送予約時刻と表示されている時刻が、既に5分ほど過ぎた時刻なので、配送予約したが送られない。という原因がついに解明できて、22時過ぎに再度送信にいく。ああ、一日は短い。
・山田康文さん、メールありがとう。いつもなっとくの文章が書けるといいんですけどねえ。それが、なかなか。。。

1/3・栗山求さんからメール。競馬、血統、インターネットに見識ある人だから、ご丁寧な感想頂戴すると作ってよかったと思う。彼のような優秀なホースマンは、彼に限らず、やはりめんどうでもホームページを作って過去の力作を並べてほしい。
・80年代の原稿も載せるように言われるが、そうだなあ、でも手が回らないなあ。今回の選び漏れを、また千くらいはある原稿をPCでめくって探さないといけないし。。考えてみますね。
・坂本健さんから読んだとメールいただく。彼は Windows3.1とDOSであった頃、徹夜で血統表のプログラムを書いてらしたが、わたしが電話して朝まで autoexec.bat や config.sys の一行一行のマニアックな書き方とかいろいろしつこく教えてもらったり、わたしのPCの先生みたいなもんだからHP作ってメールもらうと当時を思い出して感慨深い。

1/2 ・初詣。神社の参道の屋台で甘酒飲みながら見ると、トルコ人がパンみたいで平べったいものを焼いている。これは何ですかと訊くと、ナンだという。なんだ、知らなかった。いろんなものを挟んでくれて食べると、うん、うまい。おみくじに「朝日の昇るがごとし」とか「家を造る」とある。昨年もこれと同じのを引いて大晦日までにホームページを作った。感謝。今年は同じ home でも、豪邸かな? ふっふっふ。

2005/1/1  晴   HAPPY NEW YEAR!
・コンテンツの前文の中に、新聞社、メルマガサイト、書店、出版社に直接ジャンプできるようにリンクを埋め込む。

─────────────────────────────────────────
12/31  23:00全部up  雪→星空
・3ヶ月で5kgのダイエットに成功。70を超えたときはズボンが全部おシャカかと焦った。禁煙、禁酒、ダイエット、血圧低下、睡眠時間の短縮と全部成功。
・「プロフィール」や「エッセイ」のページの前文を書き直す。色を根本的に変えるがもう時間がないので途中で諦める。「競馬論」「デイリー」をup。ついに全部だ。うーむ、23時だぜ。疲れたなあ。公開してメルマガ「ホースレター」で知らせることにしよう。
・「ホースレター」送信すると雪はやんでいて雲一つない山奥で見るような満天の星空が祝福してくれた。太陽も月も星も好きだ。眺めていて飽きない。新年もよいことがありますように!

─────────────────────────────────────────
12/30・「リンク」「メルマガ」「重賞回顧」をup。年内、あと1日しかない。間に合うか。うーむ。

12/29・雪だ〜。[404 not found] のエラーメッセージのページを作ってサーバーに設定。いろいろなパソコンによっては、思わぬところが改行されたり、狙ったレイアウトにならないので修正する。すべてのマシンで、うまくいくかどうか。「配合史」「エッセイ」upする。

12/28・プロフィールと更新日記と血統論の色を変更。ブルーグリーン、オレンジやシルバー、ゴールドが好きだなあ。きりがないなあ。「予想」をup。

12/27・「プロフィール」と「更新日記」をup。
・鈴木利勝さんが koji.htm を送ってくれる。感謝じゃ。3億円ほど送ってほしいが、これはこない。

─────────────────────────────────────────
2004/12/26(日)  晴●  寒い。 初めてup。

・夕方、有馬記念の直前に、突然upする。「トップページ」と「血統論」の2つ。
・有馬はずれる。upは成功。記念すべき日だが、有馬が残念でupの実感が湧かない。あっちのヘリオポリスだったか。
・そしてそのまた直後、突然、デイリースポーツに原稿入れたなかで、明け3歳展望のレースパイロットとディアデラノビアを牡馬と書いたが牝馬だと氣づき、デスクに連絡して間一髪セーフ。いつも突然、啓示が降ってくる。予想もこうならいいのだが。。新馬勝ったばかりの馬は見てるし血統表も見ているのに、まだ精査してないから性別を間違えちゃった。おっちょこちょいなんだなあ。あいかわらず。ディアデラはへー、牝馬だったか。強いなあ、あれ。
・寒い中を電車で某駅売店まで行き夕刊デイリーを買うとレースパイロットはめんどうだから削除、ディアデラノビアは牝馬の段落に移動され、わたしの希望どおりに訂正されている。降版まで何しろ5分くらいしかなかったのだからデスクのまさに神業だ。そして行数調整までしているのだから、組版もコンピューターの時代でよかった。デスク様は神様です。感謝。感謝。
・わたしも英字新聞社(バイト)、競馬新聞社、夕刊新聞社、スポーツ新聞社など何カ所かで働いて新聞の降版直前の殺氣立った戦場のような緊張感が大好きだが、えれ〜迷惑をかけてしまったもんだ。それで刷り出しが遅れて売店に新聞が来るのがいつもより約二電車遅かったのかな〜。寒い夜に首都圏のキオスクで有馬の結果が載ったデイリーの夕刊を待っていた読者の皆様、はい、わたしのせいです。ゴメン。
・ほっとして、イタリアントマトにふらっと入って、ひとり大好きなココアを飲んで祝杯。ん?、祝杯でいいのか?、ま、いいか。
・帰るとリンク・エラーでレンタル・サーバーのイラストが表示されるが、わたしの趣味と合わないのでガックリ。望田潤さんに見てもらったら、ま、自分で書いたイラストでないんやから、ええんじゃないですかと、京都訛りで慰められる。ドメイン格安だった業者さんだから、ま、いいか。
・一日泣いたり笑ったり。いつも、こうなんだけど。 まあ、いいや。じんせいなんとかやるやろ。
─────────────────────────────────────────



homeに帰る←